4月の総括(笑)

生活が乱れに乱れているので、あまり食べ物の記事も書けないのだが、そうは言ってもいつも行く名店にはお邪魔している。4月はあわただしく過ごし、でも多くの方にお世話になった月だった。

a0041150_23174842.jpg個人では鮨に行くことが多い。もちろん「太田鮨」なら最高だ。時折季節の移り際で看板の「煮ハマグリ」が入荷なかった日もあったが、今の時期「鯛」とかおいしいね。「鯛」「ひらめ」「かんぱち」等をいつもおいしく戴いている。

ところで皆さんはあさみちゆきさんという歌手をご存知だろうか?この方が歌う「鮨屋で」という曲がじわじわと人気を上げてきている。この「鮨屋で」という曲のプロモーションビデオが、実は「太田鮨」で撮られている(笑)。本当に正直なところ、昔のシブガキ隊じゃあるまいし、「コハダがどうの~」と始まるこの歌は冗談ソングの1つかな?ぐらいに思っていたのだ(ごめんなさいね!)。でも親子の別れを歌ったテーマが多くの人の心を動かして、ヒットしているのだそうだ。昨日もワイドショーで取り上げられていたし、ここまで来たら是非紅白に出て欲しいと応援している次第!世の中何がヒットするかわからないけれど、何事も一生懸命なことが大事だよね!

お気に入りだったイタリアンの「ヴェリッタ」は、名前も変えてリニューアル。いずれにしても応援しているお店!きっと不況下でいろいろあるのだろう。大変なのだろうけどぜひがんばってほしい!

a0041150_23335815.jpga0041150_2336477.jpga0041150_23344417.jpg
a0041150_2335259.jpg老舗というのはさすがで、いろいろ乗り切ってきて現在があるわけで、いつも変わらずにおいしい。いつもの「太田鮨」「中山」、そしてトンカツの「宇田川」も。やはりお気に入りは豚テキ(ポークソテー)だ。これはね、いつ食べても感激する。焼き方のうまさも絶妙だし、お肉自体がすばらしく良質だからだ。本当にうまい!でもバタバタしていて「宇田川」まで歩いていく時間がないのよ。4月は1・2回だったな。悲しいよね~。

でも家の前には「ぐるとん」が!ここなら毎日行けるね(笑)。何回も書くけれどここの「ビーフシチュー」はすばらしい!超うまい!特に私にとってはこの付け合せのお野菜も好き。ポーランドの味がするんだよね(笑)。ポテトサラダにソースをかけたりすると、懐かしいコロッケのような感覚が・・・・!ランチで食べられるのは土曜日だけだけれど、夜はいつでも!うれし懐かしの味で大満足。

夜に食べはぐっても馬の専門店「仲巳屋」がある。夜12時ぐらいでも平気だ。何だかんだ言ってもやはり刺身系でしょう。でもここのは本当にうまい!九州で食べるよりもうまい感じだから、やめられない。最近は馬刺しの鮨も超うまい!幸せだ。4月は2回ぐらいお邪魔したかな。

あとは(笑)。これは書きすぎだから今回はパスしておこう。

a0041150_23513866.jpga0041150_23515947.jpg夜遅くと言っても寝るのが朝の7時だったりするので(笑)、2時3時におなかがすいてしまう。この時間の散歩というのがまた雰囲気があり楽しい。3時までやっているラーメン屋の「天下一」は、一時期ちょっと空いていたけど最近盛り返している。夜遅くまでいつも賑わっているのだ。私は「天津丼」が好きだ。高校生だった頃に「悟空林」という中華屋さんで初めて食べて癖になった。甘酢のソースをご飯にドップリかけるなんて・・・と最初は気持ち悪かったのだが、食べてみたらハマッた(笑)!高級店に行くとかに玉は甘酢で出すくせに、天津丼はサッパリ塩味で出すところも多いがそれは許せない!「ちょっとゲテモノ?でもカニ玉だし」みたいな天津丼がとても素敵!サイドメニューの唐揚はちょっと味が濃いのだけど、レモンいっぱいかけて何か良い感じ。夜中にきっと、体には悪そうだね。

中華といえば、お世話になった方が東京に赴任した来られたので、歓迎会の意味でお気に入りの中華「維新號・甬江」に出かけた。この日は満席で個室に追いやられたが、コレドのおしゃれな開放的な感じが好きだから、本当はフロアが良かったんだけれど。でも会としてはこのほうが良い感じ。そしてここは相変わらずおいしいね。どちらかといえば日本人に合った味付け。本格的というよりは食べやすい感じなのだが、私はこういうのも大好きだ。前菜のうまさはいつもながら格別!そして「北京ダック」はピカ一だ。以前も書いたが「おいしい」北京ダックってあまりないから大満足。あと「巻湯葉と気仙沼産ふかひれの煮込み」もおいしかったが、「鴨肉の四川炒め」がチョイ辛でとてもうまかった!

a0041150_018394.jpga0041150_0182279.jpga0041150_0185556.jpg

a0041150_0281112.jpga0041150_0484797.jpgこんな私も食欲がないときもある。そういう時はいつも「小春軒」に行く。「小春軒」は人形町を代表する老舗で、テレビでも何回もとりあげられるような店だけれども、そういえば一度もここで紹介したことがなかった。実はよく行っているのである。で、主だったメニュー全部食べてから一気に載せようと溜めてあった。ところがなかなか「カツカレー」を食べることがなくて・・・・「カツカレー」好きなんだけれど、お店に入ると他のもの注文しちゃってね(笑)。「カツカレー」待ちだったんだけれど、もうやめて一気に紹介しようかなと思っている。ここの人気メニューは「特盛り」。特製盛り合わせ定食だ。ご覧のようにてんこ盛りだが、私はさりげないホタテのフライが好きだったりする。ある意味とても普通な料理だけど、それを普通に出してきてくれるところが非凡な感じのお店だ。

また行ったことない店にブラリ寄るのも楽しい。飲み屋さんのランチはイマイチの場合が多いけれど、天麩羅の「かき揚げ重」はあまりハズレがない。近所の「おおいし」もそこそこだし、鰻の心天の斜め前の「三佳」という小さな古い感じの飲み屋の「かき揚げ」も850円のわりにはなかなか。海老や貝柱の入った小さなかき揚げが2つ乗っている。ここはお父さんが家族にやや乱暴な態度(笑)で、お母さんがするりとかわしているお店。お茶のことを「おぶ」と言うのが味わい深くて時々行く(笑)。

a0041150_2361216.jpga0041150_2362426.jpg喫茶店に入るよりは・・・・とケーキ屋に行くこともあるが、最近はケーキを食べなくなった。おいしいと思わなくなったというのが正しい。年齢的なものもあるのだろうけど、昔は「クローバー」のシンプルな「ショートケーキ」とか、とてもおいしかったと思うのだが、最近はしっくり来るものもない。モンブランも大好きだったのだけれど、最近のはあまり。近所にはその「モンブラン」で有名な「東京洋菓子倶楽部」というお店があるのだが、ここのも私にはイマイチ。でも大変人気のある品だから、私のほうが悪いのだと思う。お店の中でも食べられるから、紅茶を飲みながら「アップルパイ(写真左)」などを戴いている。もちろんまずいわけがない。普通においしく普通に満足。ちょっとパン屋さんのパイに近い感じだけど(笑)、それでも凝ったケーキよりは今の私には合う。落ち着くひと時である。

昔は気取ったデートの帰りに、よく寄った銀座の「ぶどうの木」。その頃はとてつもなく高い気がしたけれど、今行ってみるとそうでもない。1500円ぐらいでケーキセットが食べられるから銀座では普通の値段だ。若い頃は背伸びして通っていた店に行くのはなんか恥ずかしい気もする。個人的にも関係があってコンサートを後援していただいたお店である。こちらでもアップルパイ「タルト・オ・ポンム」を戴く。目の前で火を入れてくれるし、上品なおいしさで最高。こちらは豊かな休息というべきか。ただ、今の私はどちらかといえばフルーツケーキやプリン、それも昔ながらの感じのヤツが好き。・・・っていうのは、もう相当な爺さんだという証明だろう。悲しい。

今月はフォアグラを食べていないかな!食べたかもしれないけど、昨日NHKの海外の取材でフォアグラ特集やっていて、それはそれはうまそうだった!ラビオリにしたりしてた~おいしそ~!ゴールデンウィークはフォアグラのソテーを是非!
by masa-hilton | 2009-04-30 23:53 | 趣味&グルメ
<< 夢の中に生きること ペルシャ料理の専門店「アパダナ... >>