スパゲッティ・ミートソースはママの味

a0041150_11315483.jpgアニメで主人公が「おれ、これ毎日でもいいや~」と言いながら、肉にかじりつくシーンがあったが、私も毎日でもいいと思うメニューはたくさんある。鰻、トンカツ、すき焼き、お鮨、天麩羅や中華だって!そうだ!焼肉やステーキはもっと毎日食べたいではないか。あは、おいしければ何でもいいって感じだが、そんな中「スパゲッティ・ミートソース」はかなり毎日食べたいメニュー。というのも子供の頃よく母親が作ったからで、しょっちゅう食べていた。もともと「ボロネーゼ」はイタリアでもママの味だ。ここでも書いたが、人形町の交差点角の喫茶店「ロン」のソフト麺による「スパゲッティ・ミートソース」は、そんな懐かしい味を思い出させてくれるもの。若い人は食べられないやもだし、スパゲッティというよりは「うどん」かも。それも炒めてある。これがまた良いんだよね。確かに美味しいというものではないのかもしれないが(笑)。でもうまいのかも。おじさんはまたフラフラ行ってしまうのだった。おまけに650円は安い。

人形町で最も好きな「ミートソース」は生パスタの専門店「孔雀の舌」のものだ。これは一言で言うと「幸せを呼ぶ味」とでも言おうか、甘めのトマトソースの味っていうのが最高に良いのよ。嫌いな人もいると思うけど、それは最近の若い人だろう。これは懐かしさを呼び込む素敵な味わいだ。生パスタ専門店というわりには(だからなのかもしれないが)パスタはけっこう柔らかい。これがまた若い人には不評のようだ。全然関係ないのにな~、たっぷりとスープのようなソース!これが最高だから。そして熱い(笑)。口中やけどは必至。翌日はひと皮むける感じだね。

「孔雀の舌」と言えば、昔は代々木のほうにあった行列店だったそうな。人形町に移ってきたのは「静かにやりたい」というマスターの意向があったようだね。最近はメニューの数も減っているようだが、さらに残念なことがある。以前はここのミートソース、ミートソースの上に「ポークピカタ」が乗っていて、これがまた何ともうまかったんだけど、なくなっちゃった。「ピカタ乗せ」は夜だけだから、ランチで行っても食べられない。他のものにはあまり興味がないので、夜にこのミートソースだけを狙って通っていたが(笑)、普通にミートソースだけになっちゃったのよ。でもそれでも十分にうまい(写真下左)。多分仲良しのお客さんにはビーフシチューとかも作ってくれるらしいので、予約すれば裏メニューわんさかアリかも。いずれにしても大好きなお店だ。

a0041150_1148574.jpga0041150_11491612.jpgだから「ミートソース」はちょっと甘めなのが大好きなわけだが、ちなみに「スパゲッティ・ミートソース」は、数少ない私も作れるメニューだ(写真右・笑)。正しくは、珍しくおうちで食べたりするメニューということだ。私は料理はしないから、結局ありきたりの缶詰のソースを使うのだが、これもほとんど食べつくしている(笑)。その中から私が選ぶのはけっこうお安い、どこでも売っているもの。これに黒毛和牛の挽肉を最大で150グラム加える。普通はブタか合い挽きだろうが、牛を入れることで牛の臭みで缶詰の臭いが消え美味しさ倍増!このときにガーリックをふんだんに入れることを忘れない。いったん冷ましてからもう1度火を入れ、あとはぶっ掛けいただきます!これもうまい!食べた(食べさせられた)人は絶賛してくれているのじゃ。

じゃミートソースなら何でも良いのかと言うとそうでもない。最近は薄いトマト味だったり、肉は大目でもソース自体は乾いた感じだったり、塩系だったりすることもある。もちろん駄目だ(笑)!でもそれなりに美味しいとは思うけれど。新大橋通り沿いに「DO~MO」という怪しい名前のイタリアンがあって、入るとスタッフ全員インド人という(笑)、さらに怪しい店がある。言葉もあまり通じないし(笑)。でも味はそこそこにうまい!ただ「ミートソース」はトマト系にあらずで残念。写真(下左)を見てもこれではミートソースとはわからないだろう。パスタの硬さとかはきっと誰が食べても問題ないだろうし、こちらのわがままの問題だ。この店、ピザというよりはナンのようなピザ(笑)を食べている人も多いし、ランチのハンバーグも美味しそうだ。インドならではのカレーもある。ハーブ・ダイニング・バーとあるので夜も割りと遅くまで開いていた。

a0041150_1221379.jpga0041150_1224283.jpga0041150_123198.jpg
また新しいマンション(リガーレ)のところに日本橋から越してきた「南欧食堂、トノー」も最近の人向けのライトで薄い感じ。「ミートソース」(写真中)も私的には残念なタイプ。でもまずいということはない。ここのお店、ランチのイチ押しは「ボール」のような球体ハンバーグ「トノー風」。「ビストロ周」のに似ているけれど、ボリュームはこちらのほうがある。味は「周」かな?小さな店だからランチで混むと居心地が悪いが、客足は多分それほどではないと思うのでちょっと心配。ミートソースにしてもハンバーグにしても、あとスープにしても何かコクがない感じがするのは「南欧」というイメージと合わないのでは?もし「喫茶トノー」という名前だったら、ものすごい良い店だったりすると思うのだが。

さ、今日はどこの「ミートソース」を食べようか?ちなみにコンビニのでは「サンクス」のが好きだった(笑)。
by masa-hilton | 2009-05-15 12:15 | 趣味&グルメ
<< 特捜大作戦! 上野の「ブラッスリー・レカン」に行く >>