ザンファルディーノさん無事終了!

ナポリ民謡コンサートも無事終了した。普段はロッシーニを軽く歌うテノールということもあり、さすがに前半は全開ではなく慎重な構えだったけど、後半に向かってノリノリ!予想通りの踏ん張りで(笑)大変な盛り上がりだった。皆様ありがとうございます。

外国人だったら普通のことなんだろうけれど、悲しいかな日本人で高音をあれだけ思い切り張れる人はまずいないだろう。日本人・・・・栄養状態もいいのだけどね(笑)、お相撲と言い、外国人には絶対勝てないジャンルがあるね~。というわけで、思い切り歌っていただけると気持ちが良かった!スカッとした~。ソロの選曲もお客様に大変喜んでいただき、カーメン・キャバレロ風にアレンジした「旅情」は「CDないんですか?」と随分お問い合わせを戴いたとか。ありがとうございました。何よりもザンファルディーノさんご本人にとても喜んでいただけたし、大変楽しいフレンドリーな時間で幸せだった。

ここのところ絶好調のようだけれど(笑)、このあとの本番は新しいものが多いので、当然お尻に火がついている。アチチチだ。時間がないので美味しいものにもありつけないが、しばし我慢だ~。がんばります!
by masa-hilton | 2009-05-25 17:38 | 日々の出来事
<< 「ガブリエル」のランチの「カニ... ショパン6月号 連載の第2回目... >>