「ガブリエル」のランチの「カニコロッケ」は最高!!

またまた人形町に「銀だこ」が復活するみたいね。いまやきそば屋になっているあの場所は、「銀だこ」の系列店ではあるけれど、ずいぶん何軒も入れ替わった。今度は表通りだし、あの場所ならオッケーのような感じだよね。みたら「てっぺん」と言う名前だったラーメン屋さんも違う名前になっている。中身も変わったのかな?ラーメンはほとんど食べないが、この辺では唯一(冬になると)通っていた店だったが。うまたま屋も閉めてたね。立ち食いのおすしも・・・・。その一方で、つぶれるかなと思った高そうな和食屋とかは頑張っている。場所が良かったり安ければ、多少まずくても繁盛するし、運とタイミングもあるよね。この業界もいろいろと大変だ。

こちらはとにかく忙しく時間がない。でもつまらない食事をすると何となく気分もすさむので、フレンチの「ガブリエル」のランチでリフレッシュすることに。相変わらずの強運で「ランチ」で一番人気だという「カニコロッケ」を食べることができた。だって次回の「カニコロッケ」は2ヶ月先になるかも?とか言ってるんだよ。そしてこれは超~~~うまいの!!

a0041150_094829.jpga0041150_01025.jpgこれはたまにランチで出すんじゃなくて、メインの看板メニューにしても良いぐらいのうまさだ。普通一流店の「カニコロッケ」は、良質のカニがふんだんに入っている分「カニ」の強いにおいが毒々しい場合が多い。かといって安いお店の「ほとんどウドン粉」状態みたいなのだとやりきれない。これはふんだんに上質のカニが使われていて、昔懐かしい洋食のクリームコロッケの風情も感じられる、とてもエレガントで文化的で、そして大衆的でもある絶品のバランスを持った数少ない銘品じゃ!何度も「これを夜にも出して!」とリクエストしてきたが、けっこう原価が高いのかレギュラーにするのは難しそうな対応だったね。「ガブリエル」は夜のメインがステーキ系に偏っているので、絶対あったら良いのにね。タルタルソースも大変美味しいが、普通のソースでも食べてみたい(笑)。

ところで「カニコロッケ」のランチの前菜は「エスカルゴ」。お昼のエスカルゴは「殻なし」で、にんじん等のお野菜といっしょにお料理されて出てくる。やはり「殻なし」だと何となく薄めには感じるけれど、これはお昼なんだから上等!コーヒーもとても美味しいし、ちゃんとした、お気に入りのレストランで食べるとやはり気分が良い~~~。
by masa-hilton | 2009-05-27 23:47 | 趣味&グルメ
<< 癒されて「中山」、そして「大和田」♪ ザンファルディーノさん無事終了! >>