いつものようにいつものごとく

私は食べ歩きが趣味といっても永井荷風式だ。どんどん新しいところにいってエリアを広げ、色々なものを食べようという目的はない。基本的に忙しいし、自分のお気に入りの店に入って「いつもの」という感じで、好みのものを決めている感じのほうが、ずっと心も休まる。ブログ的にはね(笑)、段々同じ店の同じ話題ばかりになってしまうから、良くはないのだろうけど、別に食べ物ブログではないので無理する気にはならない。

ちょっと更新の時間が空いていると「先生、元気なのかな?」とか言われがちなのだが、それほどストレスもないし、淡々と楽しく日々を暮らしている。強いて言えば今月はダイエットする予定だったけどかなわず!食べてしまった。

a0041150_2336925.jpga0041150_23342256.jpga0041150_23343381.jpg
a0041150_23304164.jpga0041150_23344268.jpgちょっと良いことがあったのでまた「アルポンテ」に出かける。するとランチタイムだろうが「いつもの」になるので、ガッチリと戴いてしまうのだ。「びわ」のデザートをもう1度食べたかったから、ちょうど良かった。今回はメインを絶対「鴨」にしてもらおうとねばり大正解!鴨うま~い!大好き。バルサミコのソースを作ってもらって望みどおりで満足。

前菜は前回おいしかった生ハムのシリーズ。今回は鶉のテリーヌがあってこれが絶品だ。パスタはいつもの通りゴルゴンゾーラとアマトリチャーナ(チーズをふんだんにかけて戴く)。今日はペンネとリングイネにしてもらった。デザートは狙っていた「びわ」。「最後の1つです」というだけに、やや漬かり過ぎの感はあったけど(笑)、それはそれで大人の濃厚な味。

夜にステーキの「仁」に出かける。おいしいものを食べると続けて同じようなメニューを食べる癖がある。どうしても「ミートソース」を食べたくて選択肢は喫茶「ロン」か「孔雀の舌」。でも「仁」に行けばサイドメニューで、おいしい「レバーステーキ」を戴けるな~と思って出かけたのだった。

a0041150_23591923.jpgマスターは顔見るなり「先生、今日は大盛りにしたよ」と「先付け」をスッと出してくれた。この「先付け」は多分ランチメニューの残りだと思うんだけど(笑)、いつもコロッケだったり酢豚だったりと奇想天外!そしておいしいの。今日はビーフシチューがメインだね~!「こりゃうまい」と戴いてしまってから気がついた。この「先付け」はステーキコースのメニューだった!というわけで「いつもの」である(笑)。「ホタテの上に乗ったフォアグラ」。今日また特に濃厚(笑)でおいしい。そして手際よく焼かれた「野菜焼」、昔懐かしい「伊勢海老のグラタン風のマヨネーズ焼き」。これも時々食べたくなるレトロなメニュー。もうここまで来れば開き直り!ガッチリ食べましょ!

そしてやはりなんか古風な盛り付けのサラダが続いて「お肉」だ。ここのお肉はおいしいよね。ランチで行ったら1500円だから超お得だと思うんだけどなあ。見ているとランチでは他のものを食べちゃって、お肉食べていない人が多い。そういう人が「仁」さんの評価が高くないみたいなんだけど摩訶不思議な話だ。お肉だよ、お肉!これを食べればこの店が大好きになっちゃうと思うんだけどね(笑)。なんてったってリーズナブルでうまい!って言うのはありがたい!そしてめっぽうキツい「ガーリックライス」。これがまた大好きなんだ。目が覚めるうまさ!と言うか。もちろん少し高く出して、「今半」の鉄板焼に行ってもおいしいものは食べられる。でもこういう「ガーリックライス」を出してくれるのは、この辺だとここと「宇田川」だけなんだよね。

a0041150_23483879.jpga0041150_23485576.jpga0041150_2349812.jpg
a0041150_2353314.jpga0041150_235414.jpga0041150_23542329.jpg
a0041150_015126.jpgもちろん「宇田川」にも良く通っている。「トンテキ」が大好きだが「カツ」ならヒレカツ専門だ。それもたっぷりソースをかける!女の子がいっしょだと「ひぇ~~」と引かれてしまうが、父親からの遺伝でソース好きなんだからどおしようもないでしょ~よ。

「いつもの」と言えばこの「宇田川」の帰りには、「三越」の地下に行って「クラブハリエ」のバームクーヘンを食べるのが日課だが、ここでも顔を覚えられてしまって「あ~ら、いらっしゃい、今日もおなかいっぱいなの~?」と女性スタッフに満面の笑みでお迎えして戴けるようになった。最近バームクーヘンだのロールケーキがブームで、あちこちで出すようになって、言ってみれば「先駆者」だった「クラブハリエ」は落ち着いてしまった感じもあるのだが、やはりここのバームクーヘンはとってもおいしい!特に焼き立てを戴く感じは最高だ。結構日本人はブームに弱くて右往左往するのが常だが、そのために損をしていることも多いのではなかろうか?

というわけで、動けないくらいに食べちゃったのだが、またそのあとで人を元気づけてあげようと思ってコレドの中華の「維新號 甬江(ヨンジャン)」に行っちゃたりなんかして(笑)。ここは前菜のクラゲとか、春巻、シュウマイとかがとてもおいしいんだよね。好みにドンピシャなんだ。「いつもありがとうございます」と支配人さんが挨拶に来てくれたが、ここはそれほどメニューは決めていない。流れで戴いていて、それを楽しんでいる。

いや、写真で見てもうまそうな前菜だ。このチャーシューの按配もとてもおいしいんだよ。エビチリも前に食べたときよりずっとおいしく感じた。ちょうどお店も空いていて空気も良かったし、他のお客さんはお洒落な女性客ばかりだったからかな?そういう雰囲気も大事だよね。チンジャオロースもよそとは違うまろやかさと思いきや、これは黄ニラだ。うまいはずだよ。岩のりがついたマナガツオの揚げ物もまたオツな感じで、何よりも味付けがわかりやすく食べやすいのが良い。何となく私が通うのにはむいている。また北京ダックを食べたくなったし。

a0041150_0312112.jpga0041150_031325.jpga0041150_0322345.jpg
a0041150_0314683.jpga0041150_0324073.jpga0041150_0324915.jpg
と言うわけで「いつもの」シリーズをまとめて更新。あとは天丼各種とかかな(笑)。ま、これじゃダイエットはできなくて当たり前だ~(笑)。

a0041150_1265942.jpga0041150_1303381.jpg天麩羅の「中山」に行けば常連の特権で出してもらえる「トマト」が時季でとてもうまい!また「たかべ」の塩焼きとかもたまらないね。これは天丼を食べる前の前菜のようなものであるが。

何回も登場するが、天丼はご存知「甲州屋」のお蕎麦とのセットが捨てがたい。あのとっても甘いタレの味が癖になると、時々行きたくなってしまうのだ。これは絶対冷たいお蕎麦とのセットにするべきで、細めの蕎麦もまたとても味わいがあるよね。

「天丼」は表通りの「松竹庵」のも、最近はよく食べる。これは「蕎麦屋の天丼」らしい味がするから好きなんだろう。懐かしい気分で無性に食べたくなる種類のものなんだね。明日も行くか。
by masa-hilton | 2009-06-23 00:54 | 趣味&グルメ
<< リハは「カン」で食事は「レカン」 7月7日と13日のコンサート! >>