「ほっ」と。キャンペーン

恒例 真夏の人形町はせともの市

今日のお昼は「太田鮨」に出かけたが、大観音寺わきをはいり「よし梅」を過ぎれば「芸者新道」という粋な路地になる(写真左)。今日はこの暑いのにスケッチを楽しむ人々が座り込んでいる。見ると皆さん大変お上手だ。でも絵の雰囲気は全員ほとんど同じ(笑)。私みたいな者はそうなってしまうと、何が楽しくて絵を描いているのかな?等と思ってしまう。きっと「絵」の云々じゃなくてそのサークルが楽しいのだろう。私だったら(特に絵なら)まずは純粋に絵がうまくなるほうが先と思うのだが(笑)。いずれにしても同じ先生の下で絵を習っているに違いない(笑)。

a0041150_32053.jpga0041150_323714.jpga0041150_324955.jpg
人形町は夏場の恒例のイベント「せともの市」で賑わっている。こちらもこの暑さの中で多くの人たちが!確かに物色は楽しい(笑)!せとものばかりではなくクリスタルや江戸切子も並んでいる。私は「マイセン」のイヤープレートを見つけて、お値打ち価格で買えてゴキゲン・・・・というのは大うそ!うそうそ!すみません!さすがに良い物は置いてない。この「マイセン」は買ったが「せともの市」ではない。

毎年思うのだけど、安いものは本当に安っぽい作りで魅力がない。定価1万円とか値札がついているのも怪しく、半額で売るための手段のようにも見える。デパートの繊細な切子に比べれば、ゆがんでいたりガサツだったりと。もう少しバージョンアップしてくれないとつまらないなと地元民は思う。ただ「京扇子」屋さんとかが便乗のバーゲンをやってくれるのはとてもうれしい!

a0041150_39841.jpga0041150_392440.jpg暑い中を歩いて見たので、夜はそのまま「大和田」さんに流れて鰻。私がとても暑そうにバタバタしていたので、ナスを出してくれた。そういえばナスは体を冷やすんだよね。昔ながらの粋な心遣いだ。そしてとてもうまい!もちろん続く鰻は最高!きょうは特にうまかった!っていつも言っているし(笑)。ふっくらと濃厚な味わいが絶妙!やっぱり大和田の鰻は大好きだ。

暑いせいか人形町の野良猫たちにも最近会わない。私は人形町の猫たちも大好きである。撫でさせてくれるのは1・2匹しかいないが、どの猫たちもこの都会の中で自分の世界を持っている。行商の魚屋がいても、商品には手を出さない。いろいろなお店がさりげなく餌を置いたりしているが、それぞれに来る猫も決まっている。街で飼っている気分。これがまた心地良い。

動物を愛する気持ちがない人は、人間ともうまく付き合っていけないだろう。人間とうまく付き合えないのに音楽を演奏するのは全く無意味だ。だってどなたかに聴いていただけるために演奏するのだから。ゆえにできるなら自分の好きな人たちとだけ付き合っていたい・・・と以前ここにも書いたことがあるし、願い思ってしまうわけだが、実際なかなかそうはいかないのが現実社会。それに伴って嫌なことがふえたり、逆に思わぬ喜びごとを拾うこともある。その辺りは運か(笑)。どこかの神様が後押しをしてくださると、最近は楽天的に考えることにしている。でも楽天的に考えていると良いことも多い(笑)。となると「絵」よりも「サークルが優先」なのはとても正しい。そして演奏家はみんな動物が好きだし動物と暮らしている人が多い。それも当然だ。あ~あ、今のマンションは飼えないんだよね。いずれはマンチカンでも飼いたいニャ。
by masa-hilton | 2009-08-03 23:58 | 日々の出来事
<< 9日 栃木市文化会館でのコンサート! 心休まる時間は、個人的なわがま... >>