人形町「冷やし中華」大作戦~途中です(笑)

(さらに後日記)2012年は華子はなくなるし、龍盛飯店も不味くなっちゃって、途方に暮れています。中国人の店は平気で質を下げてきますよね。ちょっと驚きますね。今は普通に「日高屋」で我慢。そのうちまた「佳華」と「福(中華厨房)」にいってみようかなと。

(後日記)ここでナンバーワンにした「大衆」の冷やしが、最近(2010年7月)麺とかすっかり変わってしまってダメになっちゃった!あ~~残念なご報告だあね(泣)。ま、仕方がないか・・・・さて2011年は「龍盛菜館」のが好きで通ってます。また続編はこちらに

#########################################

夏と言えば、冷やし中華。私は子供の頃から「冷やし中華」が大好き。以前、人形町の寿司屋を全店制覇したように「冷やし中華」全店制覇を目指して始めたのだが、数が半端じゃない。どこの場所までにするか、ファミレスや日本蕎麦屋の冷やし中華だってあるし、さすがに夏ばて防止のメニューで充足感はない食べ物だから、毎日食べていたら病気になりそうになって来た(笑)。とりあえずここらへんで1度アップしてみようと思う(本文中のピンクはわかりやすくするためで、リンクではありません)。

ご近所ではまだ「生駒軒」「紅菜館」には行っていない。そういえばメインストリートにあるのに「生駒軒」って行ったことないかも。不思議だ。そのうち補巻ということで追記してもいいかな。浜町付近の「崋山」「燕慶園(冷やしはあるのかな?)」とかも領域かもしれないし、新大橋通りは超えていないのでロイヤルパークや「翠蓮(姉妹店の四川亭も)」も含めて行っていない。「雲海閣」は昔の「味中味」時代にはゴマ味しかなかったから覗いていない。まだまだ全然駄目だね。(その後の続きはこちら

好き嫌いは個人的なものだからあてにならないが、「冷やし中華」は特にあてにならない(笑)。まずお気付きの方も多いと思うが、私は普段ラーメンをあまり食べない。1つには魚系のだしをとる店が多くなったからだが、麺を煮るときのあの湿度の高い感じ、生乾きの臭いみたいなのが嫌いなのだ。でも冷やし中華は好き(笑)で、餃子やチャーハンも、ギトギトした汚い店で出される何が入っているかわからないような、屋台的な味わいが好き(笑)。冷やしはしょうゆ系しか食べないが、しょうゆ系でゴマ味とミックスされているのは大丈夫。タレは濃く、甘さが強いのが好き。酢もほどほどに存在感があってほしいが黒酢は苦手。

a0041150_144518.jpga0041150_15190.jpga0041150_151050.jpg
私のこの好みにあっているのは人形町通りを小伝馬町に向かったところにできた比較的新しい「大衆」、清洲橋通りを馬喰町に向かっていくガソリンスタンドのとなり「中華厨房」の2店だ。2店とも面白いことに氷が入っている。暑いときには特においしい。とにかく甘めだ。私と同じく「甘めの冷やし」が大好きだという太田鮨さんの太田さん(笑)。早速「大衆」を教えてあげたら、大好きだ!と喜んでいた。

大衆」の「冷やし」(写真上左)の方は「しょうゆゴマ味」ということで、その分コクもあるし、具も玉子焼きがそのままだったりと何となく豪華。これはいいよ。とてもおいしい!ただ「大衆」はその他のお料理にはあまり惹かれない。お店の感じも何となく居住性が悪いし暑いときがあって、ちょっと閉口してしまうことも。

中華厨房」はお客さんが多いことでもわかるようにお安いサービスの店だし、他のお料理も手際よく、昔懐かしい中華屋さんといった味わいででてくる。こちらも甘い「冷やし」(写真上中)。ちょっと大衆に比べれば上に乗っている具が安っぽいかもしれないが、わびしいことはない。酢豚も戴いたが700円とリーズナブルでおいしかった。タマネギがややナマっぽいのが好き。これからも何回も通いたい店だ。

a0041150_23265165.jpga0041150_23275647.jpga0041150_23343913.jpg
続いて良いと思われるのは日本橋小学校近くの「華子」の「五目冷やし中華」(写真上右)だ。ここは大き目のプレート内で具が分けられて、海老やカニ等もトッピング。やや高級なイメージがする。特別に甘めの味ではないが、バランスの取れた濃い味でとても満足できる。具がやや現地っぽい中国的な味付けなので、そこで好みが分かれるだろう。他のお料理では「ピータン」や「春巻」等もおいしいが、「酢豚」はさすがの私でも味が強過ぎて食べられなかった。この日は「餃子」もなんかベチョッとしていたよ(笑)。これまでもよく調理人が変わる店なので、味も一定ではない。また丸テーブルなので、見知らぬ人と合い席になって静かに食べていないといけない(笑)。ただし冷房がガンガン効いているのは嬉しい。他のメニューも試してみたいね。

高級感があるのは表通りにある「明華園」の「冷やし中華」(写真下左)だ。何となく見た目もきれいで、具にしっかりクラゲなども入っていて嬉しいが、お値段はその分高め。味は酢が強い。スッキリする。お皿ではなくすり鉢の式のガラスの丼?で来るので、かき回すと味が麺に馴染む。悪くはない、むしろ良いほうだとおもう。私はこういうのも好きだったりする。ちょっとお金を足すとチャーハンがついてくるが、これがベチョッとしていた。たまたまかもしれないが、チャーハン頼まず大盛りにしたほうが良かったかな(笑)。

a0041150_2311249.jpga0041150_2340960.jpga0041150_23402171.jpg
有名な「玉ひで」の前にある喜多方ラーメン「くらしっく」は、地元ではおいしくないと評判だ(笑)。でも何回か料理人が入れ替わっているのでわからない。今は巨人軍「命」の原監督の背番号Tシャツを着ている人(笑)。私は以前ここで「冷やし」を食べておいしかった印象があったから再度訪問した。「冷やし中華」ではなく「冷やしラーメン」の表記(写真上中)。麺はプリプリしているし味も大丈夫。どちらかと言えばしょうゆが強い感じで、確かに「冷やしラーメン」というイメージがあっている。餃子も別にまずいということはなかった、大丈夫。ここが評価が厳しくなるのは「喜多方ラーメン」を名乗るからかもね。ラーメン通は厳しいもんね。

a0041150_23431567.jpga0041150_23433340.jpg人形町おなじみの店「あづま軒」の「冷やし」は薄かった(写真左)。薄いと言うよりはアッサリ感を追求したのであろう。酢が強いというのではなく、甘さとしょうゆが弱いという印象。それにしても具が貧弱だ。私はいつも紅生姜を除けて戴くのだが、「あづま軒」は紅生姜がメインになっている(笑)。「冷やし」に海苔が乗っているのも苦手。ここのニラレバや麻婆は大好きなんだけれど「冷やし」はパスかな。ごめん。

もう1つ同じく「菊水軒」の「冷やし」もパス。どちらかというと「大衆」のような味を目指しながら薄くなっちゃったみたいな感じ(笑)。きっとベースのしょう油または酢が原因しているのだろう。妙に味がぼけているし麺もボテボテしている。そうは言っても、ここはカレーライスをはじめ、おなかいっぱい食べられる面白い店で大好きなのだ。

お料理がおいしく、いつも「ピータン豆腐」「エビマヨ」「カニチリソース」「海鮮チャーハン」等々、好んで通っている「香港美食園」の「冷やし中華」(写真下左)もちょっとパスだ。細麺で本来はおいしいはずなんだけど(笑)水切りが悪いのか、薄まってしまっている。とても残念だ。サッパリ感はあるのだが物足らない。他のメニューは何でもけっこう好き。サイドで注文した「イカげそフライ」もとてもおいしかったよ。

a0041150_22592256.jpga0041150_22593891.jpga0041150_0482980.jpg
「明華園」ではないが、ランチだとチャーハンがついているという点では、今半の裏の「佳華」の「冷やし」(写真上右)がおすすめだ。このチャーハンは「冷やし中華」にもよくあう感じ。「冷やし」はわずかにピリ辛。それを除けばごくごく普通の感じ。実はここの「冷やし」は芸大の学食「キャッスル」(それも30年前だ!)の「冷やし」にとてもよく似ている。個人的には大変懐かしい味で時々行ってしまう。私にとっては昔ながらのスタンダードという感じだ。

まるで家で作ったみたいな感じなのは「佐々舟」。ここの「冷やし」は昔行ったときにはけっこう個性的な味で、それが原因でこの店に行かなくなった。今回行ってみたら何の違和感もない。ちょっと厨房が目の前なので暑く、湿度と麺の臭いは強い。でもここは本来ならば感じの良い人形町的な店。常連も多いし流行っている。久々に行って食べた「冷やし」(写真下左)も「餃子」もまさにお母さんの手作り風。上に乗っている具も家庭的(笑)、さらにそれが手作り風なのは「冷やし」なのに具が温かかったりするからだ。それが悪いということではまったくない。

a0041150_034129.jpga0041150_04632.jpga0041150_039969.jpg
やはりちょっと家庭食っぽい感じがあるのは清洲橋通りの「成暁」の「冷やし」(写真上右)。よく観察すると、ゴマが振ってあったりするせいかもしれないね(笑)。でもここは私の好きな濃い甘の路線であるし、一生懸命テキパキ働くお姉さんも含めて、とても好感が持てるお店。他のお料理も無難においしい。「冷やし」は去年より今年のほうがおいしい気がする。が、なぜか細かいことはあまり印象に残っていない。

チェーン店でおなじみ「日高屋」の「冷やし」(写真下左)はとにかく安い。具は別に来た。安い割には頑張っていると思う。きゅうりがぶつ切りなのはアルバイトでもできるようにという配慮か?「黒酢の冷やし」だがジャンキーなので黒酢は微量らしく(笑)ほとんど感じない。私にはそのほうが良い。以前は安かろうの悪かろうの餃子がだったけど、今回はそうでもなかった!やや改善されている。個人的に海苔はNG(笑)。

a0041150_23204010.jpga0041150_0194775.jpga0041150_01839100.jpg
天下一」の餃子(写真上中)も安い。でもここの餃子は好きなんだ(笑)。よくあるパターンの、ちゃんとお肉とかが入っていない感じのやつだが、こういうのってなぜかうまいんだよね。そしてさすがジャンキーの「冷やし中華」(写真上右)は「カニ風味かまぼこ」がてんこ盛りでちょっと臭いが強い(笑)。あとしょうゆが強すぎる感じで好みではなかった。去年のほうがおいしかったような。そういえば最近「麻婆」の味も変わった。ちょっとスパイシーすぎるのではないだろうか?前のほうがおいしかった。あいかわらず「天津飯」「かた焼きそば」等は好き。真夜中によく行く。

安い餃子と言えば「ピーコック」の隣の「ハッスルラーメン」の餃子も250円と安い。でもこれは値段相応でちょっとガッカリ。「冷やし」のほうは(写真下左)、しょうゆが勝った味で好みではなく麺が硬い(笑)。コシがあると言うよりは「硬い」という感じでビックリした。もともと「つけ麺」が売りのお店だから、こういうスタンスなのだと思う。

a0041150_23151839.jpga0041150_2313389.jpga0041150_2314839.jpg
桂園」の「冷やし」は特殊。韓国冷麺と冷やし中華を合わせたようなもので、これ自体は別にまずいとは思わなかったけど、冷やし中華と呼べるものではないね。別ジャンル。サイドで食べたモツの炒め物は大変おいしかった。

食べ比べてみると意外に違いがあるものだよね。シーズンが終わる前に「維新号」やロイヤルパークにも行ってみたいな~。
by masa-hilton | 2009-08-16 01:30 | 趣味&グルメ
<< では、今から寝ます(笑) 「ラ・リューン」再び >>