シリつぼみ~!人形町冷やし中華大作戦!

この夏、人形町の冷やし中華を全部食べてみようと計画した「人形町冷やし中華大作戦」だったが、思ったよりも忙しくバタバタしてしまい、シリつぼみになってきたな~と思う間もなく、もうシーズンが遠ざかろうとしている。光陰矢のごとし・・・・ではなく(笑)、私のやることときたら「ま、いつもながらこんなもんでしょう」という感じ。そうは言ってもだ、ご近所の2軒に行かないのは失礼かな?と思い、急ぎ覗きに行ってきた。

a0041150_1331367.jpga0041150_1332676.jpg甘酒横丁の目立つところにある「生駒軒」。店に入ると「あづま軒」のように地元で個人の店で根付いた場所に漂う、とても良い「気」が流れている。私はここは初めて。というのは中華に行くと最初に戴くのが「酢豚」&「チャーハン」。ここは他のメニューに比べて「酢豚」が1700円と異例に高い。それでハズレだったら嫌だなと思いつつ現在に至った。でもお店はいかにも「チャーハン」とかがうまそうな気配が!次回はぜひ定番の「酢豚&チャーハン」でトライをしてみよう。「冷やし中華」はごくごく普通の、懐かしい感じのあるお味。もし食べ比べなぞしていなかったら、普通に何回も通ってしまうだろう。「餃子」も見るからにアットホームな手作り感のある感じ。もっと早くから来ればよかった。お客さんも多く定食等もあり、横目で見る限りおいしそうだった。
もう1軒の「紅菜館」はウラ路地にあるお店。このウラ路地にあるところが、妙に陰湿なイメージを与えてしまっているのだが、私はそこがお気に入り(笑)!実は何度もお邪魔している。こちらは中華といっても「ロースカツ定食」なんかがあって、カラーとしては「菊水軒」みたいに何でもアリの、例えば学生街にあったら大行列になりそうな重宝なお店だ。お店の売りは、何と言っても極細の麺だ。「冷やし中華」となると「香港美食園」もそうだったけれど、極細の麺は上品な感じはあるけれど、水切れが悪く薄味になり勝ち。ここもそんな感じはどうしても否めない。「餃子」はさすがにワイルドな感じでなかなかうまい!他のお料理も色々食べてみたいお店である。実は私がこの店が好きな理由は他にもあるのだ。

a0041150_1333872.jpga0041150_133477.jpga0041150_1335883.jpg
鰻の「大和田」ぐらいからこのウラ路地一体を縄張りにしている茶色の野良猫がいる。もう歳なのか?病気があるのかで、顔つきがややどんよりとはしているが、比較的会える機会が多いので、この辺を歩くと心なしにも探してしまったりする。私には一向になついてくれないのだが、HPの管理人さんには大変なついて、ゴロゴロ撫でられて気持ち良さそうにしていたりする。

この猫が夜の8時ぐらいになると「紅菜館」の入り口のところに現れる。「ニャー」とたまに鳴くぐらいで、客の出入りでドアがどんなに開こうが、中には全く入ってこない。餌をもらいにやってくるのだろうが、お店には迷惑をかけない仁義の心意気に泣ける。乗り物の中やレストラン等公共の場所で大騒ぎする子供たちや、マナーの悪い大人たち・・・・はるかに楚々として賢く生きていても、この猫は奴らよりは幸せではないだろう。「紅菜館」の人に「この子はお宅の猫じゃないよね?」と聞くと「ええ、この辺の子です。おなかがすいちゃったらしくてね・・・・」という反応。こうして暖かい人たちがいることが救いだ。今日のご飯はきっと私に出した餃子の残り。願わくば幸多かれと。

a0041150_13487.jpga0041150_1344354.jpgというわけで、私の中では冷やし中華のベストは「大衆」さんで決まり。その後も随分な回数、何度も戴いている。もう少しお店が涼しくて、赤ちゃんが泣いたりしてなくて子供が暴れてたりしないと良いんだけど(笑)。さらに可笑しいのは、私が食べに行く時間にも問題があるのだろうけれど、行くと必ずお店の人が煩雑に食事をしているのだ(笑)。ここは日本でなく中国の、屋台などが並ぶ下町ストリートだと思えば大丈夫だが・・・・それにも慣れた。ここの「冷やし中華」はとにかく甘い。「こんな甘ったるいの食べられないよ~!」という人が続出することも十分アリだと思う。でも「甘い」冷やし中華好きならたまらないうまさだ!絶対はまる。「太田鮨」の太田さんもはまった(笑)。だいたい江戸っ子は好きかもしれないね、こういう「濃い甘」!

今回サイドでとった「鶏カシュー」もとてもおいしかった。以前「天津飯」はイマイチだったから、多少のあたりハズレがあると思う。写真で見る限りでは「ワンタンメン」がおいしそう。ここもどちらかと言えば細い麺でやや柔らか。「冷やし中華」も暑い日に行ったほうが氷が入っていて、麺がしまっている。そんなことを言っているうちに、世間はもう秋だよね。マツタケの土瓶蒸とかが恋しくなってくる季節だ。


(後日記)そして2010年には大衆の味が変わっちゃってガックリ(笑)。あの麺はちょっとないよな・・・・。なぜ変えた?
by masa-hilton | 2009-09-23 14:13 | 趣味&グルメ
<< 第一楽器のコンサートに! めったにやらないこと(笑) >>