「ほっ」と。キャンペーン

第一楽器のコンサートに!

a0041150_155064.jpg新幹線の生活が続くと(笑)、あたり前のことながら駅弁を戴くことが多くなるが、東京駅の駅弁の何とまずいことよ。東京駅には大丸があるからそこで買われる人も多いのだが、私からするとこのデパートのお弁当だって大したことがない。それに列車内で食べるとなると、普段はOKな柿安の牛肉弁当とかもやたらに喉が渇く。良いと言われているお弁当で失望するぐらいなら、まずいとわかっている中からマシなものを食べたほうが楽な気がする。それにしてもまずい。

今回の「トンカツ弁当」はまずかったな~。大きく分けてJR東海と日本食堂系があるのだが前者だ。どちらにしても消しゴムにソースをかけて食べるような覚悟がいる(笑)。そしてまずいけれどよく買ってしまうのに「チキン弁当」というのがある。薬品臭いようなチキンライスとカレー味とおしょうゆ味の鶏の唐揚とポテト。唐揚のほうも、まるで唐揚粉が微生物の毛のように、イガイガしたおぞましい食感を残してくれる。食べるたびに胸焼けだ。「じゃ、やめればいいじゃないか(笑)」と言われそうだが、これがとても懐かしい。このお弁当は私が中学生の頃、静岡から東京にレッスンに通っていたあの当時からあるものだ。そのころは確か「チキン鳥カツ弁当」という名前だったと思う。唐揚もカレー味なんてなくて一種類、もっと素朴な感じでお安く、そして同じようにまずかった。他の駅弁はいろいろ姿を変えているが、これは基本的には昔と一緒。だから懐かしい。あの当時の「ピアニストになるなんて夢の夢」と落ち込んだり胸膨らませていた思いを、この薬臭いチキンライスは、これから行くコンサートの前に胸焼けとともに思い出させてくれる。

今日は四日市の第一楽器さんの中にあるムーシケホールでのリサイタル。ちょっと前に赤坂さんもリサイタルに行っていたので、スーパートリオの認識もあってうれしかった。それよりも以前四日市でコンサートに伺ったときに、この第一楽器内でレッスンもしたそうな。ちょっと記憶になかった。そんなこんなで、最初から温かい馴染みの場所のような良い気分でいられたことに、何よりも感謝。また響きがすばらしい。楽器屋さんはそれぞれホールを持っていたりするが、ここは最高だ。こんな楽器店でレッスンを受けられるお子さん(大人も)たちは、本当に幸せだ。また名古屋から近鉄特急でここに来たのだが、その時同じ列車に乗っていた方が客席前列に座っていらして「あれれ?同じ列車に乗っていた方ですよね?」と大爆笑。最前列に座られた方は「名古屋のブルーノートに行ったんです」という方で、これもありがたいことだ。こうして幸せなことに温かい方々との人の輪が、音楽を通して広がっていくことがまさに人生の最大の喜び。社長、スタッフの皆さんにも支えられてとても楽しいコンサートになり、あらためて心から感謝。アンケートにも「体に気をつけて、ますます長生きして演奏続けてください」というメッセージが!大変うれしく感激!

コンサートのあとは移動だったのでややあわただしかったのだが、四日市の駅の前の評判のおでん店「もりなが」に連れて行って戴いた。どうも知る人ぞ知る店だったようで、何を食べても上質な味わいで満足。社長が私が「呑む」と思っての選択だったようだが、今までもそういう選択だとお料理の方はガタッ!と落ちる場合が多いが、ここは違う。先付けのハモやイチジクの小鉢、サンマの酢の物等もそれぞれにおいしく、刺身もよくよく吟味されたもの。おでん店という暖簾だったが、立派な割烹である。焼き物はサンマで「テリ」だが味は濃すぎずマイルド。ふぐの天ぷらがあり、いよいよメインのおでん。これが何と一品ずつお椀のように器で出される。がんも、シューマイ、こんにゃく、牛すじを頼んだが、普通は一緒クタでカラシをぶっこんで戴いてしまうが(笑)、それぞれ薬味や汁をひと椀ひと椀味を変えてある。聞いたところそれが関西スタイルなんだそうだが、初体験。見事なおでんだった。大満足。

a0041150_1531861.jpga0041150_1533121.jpga0041150_1534074.jpg
a0041150_1535251.jpga0041150_154269.jpga0041150_154115.jpg

翌日も第一楽器さんの関係。豊田市のキャッスルホテル内でのコンサートだったが、ピアノに触るやいなやそのひどさにビックリ。ホテル備え付けのピアノとはそんなものではあるが、これはちょっとないぐらいのもので、さすがに泣きそうになった(笑)。しかしである!調律師さんにもがんばっていただいたが、本番は思ったよりも弾きやすい(笑)。というのは、この日のお客様は100%ピアニスト&ピアノの先生。普段だったら最高に困るお客さんなのだが、さすがにこの日は1音弾いた瞬間に全員がピアノの事情を悟ってしまい(笑)、「こりゃ大変だ、がんばれ~!」と一斉に心の中で叫んでくれたようだ(笑)。何てありがたい!そして素敵なんだろう!やはりコンサートというのは、こういうように、いろいろな「気」や「空気」を戴いて成り立つものである。今日も感謝の楽しい1日だった。また今回は久々にお会いしたヤマハの方がアテンドで、これもまたリラックスした楽しい気分でうれしかった。
by masa-hilton | 2009-09-26 15:12 | 日々の出来事
<< よっしゃ!9月 シリつぼみ~!人形町冷やし中華... >>