まとめ更新!ごめんなさい(笑)

a0041150_6121752.jpgだめだ~!更新するのがすっかり滞ってしまった。こういう職業だし、自己顕示欲の強い人間だと思われがちだが、本当に親しい人たちは静かな生活の好きな私をみなよく知っている。何かきっかけがあったり、力がわかないと重い腰が上がらない(笑)。それにネットよりも実生活のほうがずっと楽しい。だからちょっと怠け癖が顔を出すと、一気にPCから遠ざかってしまう。でも現役でいる限りこうしたことは良くはないと反省(笑)。

とりあえず仕事も完全に一段落。前回書いたように大したこともなかったし、その後はブラブラしていたのでご報告するようなこともなかったのだけど、「かわいいツリーだからアップしたら良いのに」とかね(笑)、そんなことも言われたので、まずはツリーを(笑)。ちょっとケーキみたいにも見えるけど(笑)、花の感じがアンティークな感じでもある。

私はそもそもクリスマスが大好きだ。そしてせっかく飾るツリーが1か月ぐらいしかピカピカしていないのが不満。最近は10月から1月の半ばぐらいまで飾る。お正月は飾る時季というのが運気にも左右するので、短くてもあきらめるけれど、クリスマスは誕生日なワケだから、終わったからと言ってすぐしまってしまうことは、とても義務的な感じがしてキライだ。ハロウィンの飾りつけはしない。それは何となくだ。
そして風邪をひいたっけね~。熱が出たりもしたんだけど、下に書いたように入浴療法ですぐ治る。インフルエンザでダウンしている友人もいるけれど、こちらはそんな大げさなものではなかった。少しは食欲は落ちて、そんな時に食べるのがご存知「かきたまうどん」だ。

a0041150_6151090.jpga0041150_6153328.jpg「松竹庵」のも濃厚で好きだけれども、後味の良さとしつこさが薄いので、体調悪い時はやはり「東嶋屋」に限る。以前も書いたけど、「東嶋屋」さんは温かいおそばは安くて旨くてお気に入り。地元では「昔はおいしくなかったよ」みたいな声もある。でもこの辺りで、むしろ「昔ながらの」おいしい味を感じさせてくれるのは、「東嶋屋」だと思う。「カツ丼」もそんな感じ。ゆるい雰囲気で大好きだ。大量のタマネギがゾンザイな感じで、卵の絡みも丁寧でないし肉も硬め。これこそが蕎麦屋のカツ丼だ。メインで大事に作っているような感じじゃイカン。昔の「カツ丼」は食後に蕎麦屋ならではのつゆの味を思い出させ、「次は天ぷら蕎麦でも食べるかな?」と思わせたものだ。いいね、この感じ。オススメして良いかどうかは知らないが、私は時々無性に食べたくなる(笑)懐かしい味。

a0041150_6253690.jpg懐かしいと言えば久々に銀座の「天國」で天丼を戴いた。実はこの日は柳貞子先生のリサイタルに出演した日。先生は77歳でいらっしゃるのに、全く疲れを見せずに存在感抜群で、楽しく味のあるステージを繰り広げていた。このコンサートは浜離宮だったし待ち時間もあったので、銀座まで歩いて「天國」まで行った。

ここの「天丼」はお昼の定番と言うか、いつでも混んでいるわけだけれども、超有名である割にはあまりおいしいなと思ったためしがない。お客様はわりと年齢層も高いのだが、けっこうやかましかったり、居住性が良くなかったりするのも1つの原因かな。でも久々に戴いてとてもおいしかった(笑)。たぶんこの日は休日だったので、ランチ天丼がなく、ちゃんとした天丼を戴いたせいかもしれない。1人でゆっくりしているお年寄りも多く、落ち着けたしとても良かった。

びっくりしたのは店長氏がとても親しげに「いやあ、お久しぶりですね。今日はありがとうございます。また今後ともよろしくお願いしますよ。そうそう、これお持ちくださいよ。本当はあげられないんですけど」と(笑)、なぜかお土産までいただいてしまって。おかしいなあ?私はここは常連ではないし、誰かと間違えたのかなあ?コンサートに来て下さってる人だったりして(笑)。それがあるからコワイんだよね~。謎だ。

銀座は良いよね。大好きな町だ。日本橋に買いに行くことがメインだけれど、何だかんだ生活品は銀座の松屋デパートに行くことが多い。松屋のデパ地下は小さいけど、「コダマハム」をはじめ私の好きな店が多く入っている。

a0041150_6301180.jpga0041150_6304217.jpga0041150_6311115.jpg
a0041150_6322520.jpga0041150_634588.jpg銀座「田中屋」(蕎麦)も、ちゃんと本格的に作ってくれる鰻の「宮川」も入っているので、松屋の上のレストラン街を覗いたりもする。そこには中華の「銀座アスター」もあって、よくその「酢豚ランチ」に釣られてしまう。実はある意味本格的なのだが、徹底「ばら肉」の酢豚なのでちょっと脂がきつい。「鹿児島黒豚の酢豚」とか書いてあるので、妙に期待が大きくなってしまうのかもしれないけど、いつも食べるたびにチョイ後悔する。そして何となくまた選んでしまう(笑)。前菜もついているしね、だまされても仕方がないって感じだけどね。さすがに「いいな」と思ったのは、スープが季節のきのこを生かした秋模様になっていたこと。これはおいしい。追加でとった春巻にもきのこがいっぱい。こういう小ワザは町の中華屋サンではこうはいかない。

レコーディングもあったので、時間は不規則。最近人形町に深夜までやっている「江戸久」という寿司屋がオープン。深夜だと史上最悪の回転寿司の「おたる寿司」(笑)ぐらいしかないので、喜んで出かけたのだが24時間営業の「すしざんまい」とかに比べて、かなり落ちると思った。おいしい寿司屋ひしめく人形町で、これはいけない。マグロだけはまあまあ。とろカマはこの日は国産ということでかなりおいしかった。これがお昼に「とろカマ丼」1000円らしいので、これは良いかもしれないが他のネタは回転寿司並み。ちゃんと食べると5000円ぐらいは行くからお金ももったいないよなあ。せめてもっと安くなくっちゃね。

a0041150_641611.jpga0041150_6413548.jpga0041150_642959.jpg
でももしかしたらこちらの味覚のせいかもしれない(笑)。何となく体力よりも神経を使うようなことが多いときは、むしろちゃんと食べないと調子が悪い。だからやっぱり焼肉とかの方がうまく感じる。「レバ刺し」なんかは特に疲れがずっと引いていく実感がする。久しぶりに「燈華」に行ったら随分メニューが変わっていた。豪華な感じにである。最近は色々な部位を出す焼肉屋さんが増えているからね~。となりのテーブルではデートらしく、豪勢に振舞う男性の姿が(笑)。

a0041150_6524474.jpga0041150_652269.jpga0041150_6581210.jpg
最近はいつ行っても混んでいるのがトンカツの「すがや」。割安な感じだものね。何回も書いているけど、私はここのエビフライが大好き。今回も大満足!意外に知られていないので残念。これを食べて、そろそろ牡蠣フライの季節なのも思い出した。いよいよおいしいものが続々登場する季節になってきたね~。

a0041150_705282.jpg大好きな鰻もよく食べている。大体はご存知「大和田」だけれど、やはりお気に入りの「ひつまぶしの備長」で評論家の真嶋雄大さんとピアニストの小川典子さんとゴハンした。ご存知のように小川さん、国内外で大活躍のすばらしいピアニスト!大変仲良しなのだが、会うのは本当に久しぶりだ。若いころ色々と苦楽を共にした戦友である。そして今、二人ともピアニストとして生き残っていることに乾杯。若いころ我々よりも成果を上げていた連中もほとんど消えた。日本でも活躍しているが、外国ではもっと活躍しているようなことを言って、実際には何もできてない人の話とかをリアルに聞くと、わかってはいるけれどこの世界の厳しさを肌で感じる。さらに気を張ってがんばろう!と旧交をあたためる。ファイト満々!近々ぜひ共演でもしようか?みたいな話もあってとてもとても楽しかった。華やかな活動の裏で自閉症の人のためのコンサート等、音楽家として心のある活動もなさっているとのこと、私もできることがあればお手伝いすることも約束した。

さて懸案の湯山昭歌曲集のレコーディングもとてもうまくいった。ホールでの一発録音の緊張感を得ると、曲のあるべき姿というか、日本歌曲独特の、ちょっとぎこちなく見えている部分もうまくカバーされる。澤滋先生の暖かい語り口が染みる、良い録音ができた。

a0041150_7113868.jpga0041150_7121955.jpga0041150_7124714.jpg
録音場所は三鷹芸術文化センターの風のホール。何度もレコーディングをし、コンサートでも演奏したことのある馴染みのホールだ。ここはニューヨーク・スタンウェイのクセのあるピアノが入っているのでも有名。今回はヤマハを使い最高の実力者花岡さんの調律を得て、きらめくようなサウンドに。これだったらここでピアノソロを録音したいな~みたいな気分になってきちゃった。来年は早速シューマン・イヤーで「謝肉祭」とかやるので録音しちゃおうか?みたいな(笑)。そしたら、何と!本当はヤマハを「風のホール」に持ってきちゃいけないんだって。ヤマハは小ホールに専用にあるピアノで移動不可らしい。今回は特別に私が「ヤマハ使う」って言ったので(そしてたまたま小ホールも空いていたので)、無理に対応してくれたとのこと。申し訳なかったけどラッキー!なのでヤマハが「風のホール」にある珍しい写真を!

このホールにあるカフェはなかなかおいしい。ホールといえば、普通どこでも「レトルト・レストラン」みたいな喫茶店しかないものだが、ここは良い!お昼もミニ・コースになっている。メインは本当は「若鶏のトマトソース煮」だったけど「ハンバーグ」に!肉厚でうまかった。

というわけで、相変わらずの生活。また明日からガンガン!更新も(笑)
by masa-hilton | 2009-10-29 23:25 | 日々の出来事
<< 幸せ感いっぱいの店 シェ・アン... 閑話休題 >>