「ほっ」と。キャンペーン

良い季節になりましたね!

a0041150_0474823.jpg暑がりの私にとってはこの時期が一番すごしやすい。秋はコンサートシーズンだけれども、今年はピークが9月10月に終わってしまって、運が良いことに時間ができた。これを心から感謝してぶらりと浅草へ。

もうかれこれ20年近く行ってなかった鰻屋、明治初期創業の老舗「川松」へ。「中入れ丼」を戴いたが、私のように毎日のように鰻を食べていると、この程度ではボリュームは感じない(笑)。「こんな味だったっけ?」という感じで、甘さがなく、いかにも老舗風な小さめな脂が落ちた鰻。大体高級店ではこういう鰻が多い。一言で言うと言葉は悪いが「年寄り向き」というのがピッタリな上品路線。今や私も立派なジジイなのだが(笑)、同じ老舗でも神田「きくかわ」のような、鰻もタレもパンチのあるゴツイ方がやはり好きだ(笑)。

浅草に来るといつものコース。水上バスに乗って我が家のすぐ横の隅田川を通っていく。この季節、実に風が気持ちが良い。ぼーっとしながら浜離宮の茶店まで行って和菓子を戴く。都心の喧騒がうそのような静けさ、時が止まったような空気が心地よい。他のお客様はフランス人の皆さん、そして「はとバス」のツアー客。何か「はとバス」も楽しそうだったね。あれもちょっと浮世離れした時間なのだろう。チラ見したら5~6人しか乗っていなかったけどね(笑)。
a0041150_0491725.jpga0041150_0493115.jpga0041150_0495575.jpg
a0041150_118951.jpg我が家はとっくにクリスマスモードだけれど、日本橋の三越が例年のように美しいツリーを立てた。さすがにまだクリスマスソングでもないが、この季節の幸せな気分は大好きだ。デパートの方は人影もまばら。ゆっくり買い物ができる。

日本橋「コレド」もテナントが変わって、ややなじみが薄くなってしまった。でも行きつけの「維新号(維新號)甬江(ヨンジャン)」は行けば店長さんも顔見知り。「維新号」は支店によって味の印象はけっこう違う。このコレド店はとてもお気に入りだ。確実に言えるのは、少なくとも「銀座アスター」などよりずっとうまい。私の個人的な希望を言えば、これだけおいしいのだから、あんまり凝ったメニューにしないほうが良いのでは?と思う。前菜はクラゲのほかはバンバンジー等の定番3品で良いと思うし(これがホントうまい!)、わざわざ湯葉など出さなくても良い。こんなにおいしい海老料理なら普通にチリソースにしたり、チンジャオロースとか普通のメニューでむしろ正解なのでは?と思う。ちょっと健康志向にして、繊細な凝ったメニューを出すのは、きっと女性客を意識してのことだよね。営業のためには仕方がないか。今回はオーソドックスなシューマイや春巻、チャーハン等が抜群においしかった。

不景気ということで、人形町のお店も潰れたりで大変そう。楽しい年末になって欲しいよね。
a0041150_1192836.jpga0041150_1194222.jpga0041150_1195662.jpg
a0041150_1201240.jpga0041150_1202385.jpga0041150_1203871.jpg
by masa-hilton | 2009-11-07 01:22 | 日々の出来事
<< 「からくり」を見た 人形町3大珍味?いや、「3大名... >>