「からくり」を見た

a0041150_23562754.jpga0041150_2356402.jpg人形町にからくり時計の「櫓」が完成し動き出した。第1回目の昼12時、大いに賑わっていた。今時はこういうのは電気仕掛け?コンピューター制御なのだろうね。やはり申し訳ないがありがたみはかなり薄かった。でもヨーロッパの市庁舎のからくり時計等は文化の保存だけど、こちらは人集めなんだから仕方がないよ。子供たちは喜んでいたからそれで良いよね。

からくり櫓は2つあり1つは落語バージョン、もう1つは町火消の木やりの再現だ。その「木やり」櫓の向かいの店では、暖かそうなアルパカのセーターやベストがお安い値段で売られていた。「こりゃ良いな~」とよく見ると、そのベストにはかわいいアルパカの絵が描いてある(笑)。確かにそれは「アルパカのベスト」そのものだと感心!こちらのからくりは素敵だ。(本物か?)
by masa-hilton | 2009-11-08 23:59 | 日々の出来事
<< 福井ハーモニーホールでのコンサート 良い季節になりましたね! >>