対談が出版されています

a0041150_4465581.jpg以前、家田紀子さん、山本祐ノ介さんとごいっしょに対談したものが、本として世界日報社から出版されています。「文化力を研く」と題されたこの本には「古来、芸術は美の追求を目的としてきたが、さらに平和の使者としての重要な使命を内包する。国内外で活躍するアーティストの至言が、日本と世界の未来を照らす」という意義が掲げられています。文化人の対談ですから、政治的な思想の背景もなく、それぞれの方の考え方がダイレクトに伝わるという点で、全く安心して読めるものです。

私たちのほかも金田一春彦さん、宮田亮平さん、コシノジュンコさん、前橋汀子さん、天満敦子さん、鮫島有美子さん、平野忠彦さん、中野振一郎さん、壇ふみさん、伊藤赤水さん等々多士済々な顔ぶれ、あのロストロポーヴィッチやルイサダも参加しています。ルイサダさんは「なぜ暗譜で演奏するのをやめたのか」ということについてや、私も大好きなコルトーの興味ある話などをしていました。ご興味がある方はこちらをクリックですね(笑)。
by masa-hilton | 2009-11-22 05:01 | ニュース
<< 大成功だった福井のコンサート 月刊「ショパン」12月号 >>