最近流行?和風スパゲッティの店

いまさら和風スパゲッティでもない。もうすっかり「たらこ」や「梅しそ」のパスタは定番メニューだ。もう少し踏み込んで「和」のスパゲッティを得意とする店が近所に2軒ある。

日曜日もランチをやっていたので新規開店の「懐古亭」に行く。マツモトキヨシのとなりの新しいビルの「リビオ」の2階に「やきとり道場」ともにオープン。「懐古亭」は「お安いわりに良いものを出す」ということでけっこう人気があるようだ。新しい店ほど潰れやすい人形町、ぜひ頑張ってほしいよね。お昼も「マグロ丼」や「海鮮丼」「天丼」等が人気らしく、賑わっているとの情報だったが、私が行ったときは誰もいなかった。日曜日はそうした「和」の「丼ぶり」のほかに「和風のスパゲッティ」を出していて、何と「ミートソース」があったのでこれを注文。「お箸で食べるスパゲッティ」(笑)。和風といってもお肉もふんだんの普通の「ミートソース」(写真下左)で、普通においしいとは思った。が、ピリ辛だ。「懐古」という名前がついているなら、本来は甘い味にするべきでは?ピリ辛というのは最近の風潮である。厨房を見るとキリリとした年配の料理人がいたが、私は「カレー味」のものを出すフレンチとか、何でも少しピリ辛にする飲食店は、絶対に信用ならない店だと思っている。さ~てこの店はどうなのだろうか(笑)?次回は和食ものを食べてみよう!

a0041150_6521491.jpga0041150_6522636.jpga0041150_6523884.jpg
もう1軒は完全なスパゲッティ専門店「心」。これでココロと読む昨年ぐらいにできた店。ハシヤのグループ店なので多分塩味は濃い・・・等と考えずに、ご存知のように私はミートソース党なので、迷わず「ミートソース」を注文(笑)。ソースも時間をかけて作られたものだし、専門店のパスタならではの煮具合も楽しめる。色がくすんでいて、見るからに手の入った「ミートソース」(写真下中)の感じだが味はまろやかで、「和」のテイストが売りだとしても、普通のミートソースと違和感ないところも満足できる。意外に、得意そうに見えた「クリーム系」や「塩味系」のパスタの評判はイマイチのようだから「ミートソース」で当たりだったという事だ。サラダ(写真下右)のドレッシングもありきたりでないところも私は良いと思う。どちらかと言えば女性向きの味のレストランだと思うが、店員さんのキャラクターはそうでもなさそう。私は禁煙でないのがちょっと苦手だ。

いずれにしても「お箸でパスタを食べる」のは良いことは1つもない(笑)。両店とも私の好みをはずせば、そこそこおいしいのだと思われるし、何か「きつねうどん」をフォークで食べているのと同じ感覚は残念である。「和」のテイストとしても考えすぎだ。そうなるとやはり「ミートソース」だったら、それこそ昔懐かしい気分を満喫できる「孔雀の舌」「日勝亭」「ロン」のほうに行くだろう。ぐっと普通になるけど「ボンテ」とかで食べるほうが、落ち着いたりする(笑)。
by masa-hilton | 2009-11-26 07:03 | 趣味&グルメ
<< 日本橋の「オーグードゥジュール... 幼稚園児のためのコンサート >>