いつもの店・・・・・心の味だね~「中山」「太田」「大和田」・・・・・

グルメ番組などのせいで、観光客のノリで人形町を訪れる人の多いこと多いこと、地元民は当然冷めてたりするわけだけれど(笑)、それ以上に可笑しいのは、そうは言ってもここは観光地ではないから、美味しい店のほとんどは土日は休み。土日に来ても全く意味がない(笑)。

人形町はここのところ新規オープンの店ラッシュ!ところが潰れていくのは新規店のほうが多い。この辺が伝統の街だからこそだろう。親子丼とか鯛焼きとかは、主にビジターのためのものであって、地元民はこういうところには行かない。せっかく人形町にいるんだから、この町の味が染み込んでいる味わい深い店に通っている。

やはり最も人形町的な店と言えば、何と言っても天ぷらの「中山」だ。この店の良さをわからない人も多いと思うんだけど(笑)、そこがまたありがたい。あんまり混んでしまっては我々が行けないではないの。一時期TVで氷川きよしが訪ねたことがあって、そのころはわんさかとお客様が集まり大変だった。やっと落ち着き以前と同じ、通の店に戻ってめでたしだ。ご存知のようにここの天ぷらは大変旨いのだが、家庭的なテイストだ。高級天ぷら志向ではない別ジャンル。もちろんそこら辺では食べられない「アワビの天ぷら」や「銀杏」みたいなのもあるし、黒いタレの「天丼」は日本一とも思える個性がある。その油でもたれることは一度だってなかったし、その辺の寿司屋も負ける旨~い刺身だってある。でもあくまでも家庭的であって、美味しさに真心の味というものがトッピングされる。食通の共演者たちを連れて行っても「こんな良い店が近くにあってうらやましい」とみんなが絶賛している。

a0041150_185321.jpga0041150_191795.jpga0041150_193192.jpg

普通に考えて、一流の天ぷらの味をリーズナブルに出せる店は、その理由で一般の評価も人気もきわめて高くなる。でも私はそう思えない。何か自分自身の限界を感じて悔しい思いがする。銀座の「近藤」とか通うと、「近藤」の超一流の輝きの前で他店のあからさまなランクの違いがわかる。お金の差額分は素材の差や旨さの差に歴然としている。確かにリーズナブルで一流の味わいを目指す店は貴重だが、結局「お金のために本当に美味しいものを我慢しているのだ」という惨めな気持ちになるでしょ(笑)。この辺りでも「みやび」に行くならコレドの「魚新」に、「魚新」なら「近藤」だとキリがない。「中山」の場合「近藤」とは比べようもないお惣菜系の「天ぷら」なのだが、だからこそ高級店が逆立ちしてもできないような何かがある。しみじみと旨い。行けば必ず幸せな気分になれる店。うまく表現できないけどわかる人にはわかるよね。

「太田鮨」もそういう店だ。旨い、仕事が良いだけじゃない何かがあって、幸せになれる時間。ここも常連は、心の味を理解し大切にしている人ばかり。その味1つ1つからにじみ出てくるような旨さは、高級店だからといって出せるものではなく、こちらも人形町ならではのお店なのだ。相変わらずお昼もいっぱいだが、お昼は頑張るサラリーマンのためにご飯は大きめに握っている。「シャリ小で」とお願いして「1.5(てんご)で」とお願いすれば、美味しいアナゴにもありつけるのを、けっこう多くの人がご存知。人形町はそれこそ安い寿司屋から高級店・老舗まで、「寿司屋の秋葉原」と言いたいぐらいに林立するが、人間的な「太田」の鮨はやはりどこよりも心に響く。最近は定番の「煮ハマグリ」もだが甘酢でしめた「海老」も気に入っている。もちろん関西系の人が、甘い玉子焼や濃いツメが苦手でもそれは仕方がない。逆に私は父親がこの辺りの出身なので、すべてが懐かしい味だ。

a0041150_1101850.jpga0041150_1103285.jpga0041150_1104512.jpg

a0041150_111397.jpga0041150_1111862.jpg懐かしいと言えば、鰻の「大和田」の日本橋の鰻屋らしい「柔らかいご飯」と「甘いタレ」が、私は歳とともにたまらなく好きになっている。「大和田」はこの鰻の大きさと美味しさから考えれば、他店より随分とリーズナブルだ。でも決して「野田岩」を目指したりしない、やはり人形町の店だ。鰻はホクホクとしていて脂も乗り、鰻を食べる充足感をどこよりも満足させてくれる個性的なもの。もちろん小さい鰻なんて食べちゃ駄目だよ(笑)。ランチで「小さな鰻だけどお手ごろで人気」なんていうのを時々見るけど、そんなのもともと鰻を食べる意味がないんじゃないかと思う。たまでも良いから、こちらのご主人と女将さんの厚い人情にも似た、厚い鰻をほおばる楽しみこそ、心を潤わせ幸せをもたらしてくれる。ぜひ大きな鰻を使った「うざく」も忘れずにね。

ちょっと時間ができていつもの店を回ると、とても幸せな気分になる。このブログでも何回も登場するお店なんだけれど、そんなこんなでまた書いてしまったよね(笑)。たまには自分のブログではなく(笑)、きのこさんの記事にリンクをしてみましょう(笑)。「天ぷらの中山」「太田鮨」「鰻の大和田」と・・・・・旨そうだ~~!じゃなくて、本当に旨いんです(笑)!
by masa-hilton | 2009-11-30 01:29 | 趣味&グルメ
<< 久々に「イル・バンボリーノ」に... 日本橋の「オーグードゥジュール... >>