スーパートリオ常陸太田市公演終わり!

いやぁ、とても楽しく素敵なコンサートになった。「大人のエンターテインメント」と言ってはいるけれど、肩の力が抜けていて、それでいてもし誰かが代わりにやったら、実はとてもハードなことをやっていることに気がつくみたいな。こういうコンサートだから、お客様の質もとても良い。良い空気、良い時間を楽しんでくださる上質なお客様だ。ホールの響きも良かったし、申し分ない。随分前にコンサートをやったことがあったので、それを覚えてきていらしてくださったお客様もいらした。ありがたいことだ。スーパートリオは絶好調。今年も良い年だった。

ちなみに楽屋のお弁当は水戸の鈴木屋の弁当。これがなかなかうまい。東京駅の弁当もこのぐらいであったら、何の文句もないのにね~。この鈴木屋の弁当の中に「そぼろ納豆」がはいっていて、地元ではおなじみのものらしいのだが、何と私は初めて戴く。これが超うまい!!大好きかも(笑)!「しょぼろ納豆」とも言うが、これは納豆に切干大根を入れてそれぞれの特製のタレ(しょう油等)に漬けたものだ。わからない方のために言うと、しっかりした味の納豆に細く刻んだ甘めの沢庵をまぶしたような感じ?気に入ったので買って帰ったのだが、ご飯にかけて&お茶漬けにしてと、どうやってもうまく(笑)、あっという間になくなった。

a0041150_2323444.jpgこの日は上野から出発したのだが、ちょうどお昼だったのだが「レカン」で食べている時間もなさそうだったので、学生時代よく通ったアメ横の入り口にある「松住(松ずみ)」に行ってみた。30年ぶりか?以前は鰻をメインにしたお店で、特別に美味しいわけではなかったのだが、学生時代には手ごろな値段だったし、お刺身なんかも食べられたのでよく通った。お店は広く改築されていて、戴いた「大名ご膳」は小さな鰻などもついてまあまあOKなお味。お値段が1600円とお安いし、コンサートに行く身には色々なメニューが少しずつで、もたれなくて大正解の選択。

女将さんに「30年ぶりぐらいに来たんですよ」と言うと「じゃ、私の母の時代ですね」と言っていた。そのすぐ近くでは次代の女将さん?らしき娘さんも働いていて、何ともあたたかい気分になる。休日限定の天丼や海鮮丼はそのボリュームで大人気だとか。また通ってみるか。隣りには以前このブログにも書いたカレー店「エース(正しい名称は「クラウンエース」だった)」が健在だった。こちらは400円とかでやっているし、相変わらずのお味なんだろうな~(笑)。上野はゆっくり歩けば私の思い出ある光景がゴロゴロと転がっている町だ。

寂しいのは「上野タカラホテル」がなくなっていること。卒業と同時のころに取り壊された。あの地下のレストランで毎日のようにフレンチ(とは言えないくらいリーズナブルにアレンジされていた)のランチを、若かりしころは美味しく戴いていた。
by masa-hilton | 2009-12-13 23:52 | 日々の出来事
<< 懐かしの上野のもう1軒は・・・ ここんところ >>