懐かしの上野のもう1軒は・・・

a0041150_2375782.jpg前回の書き込みで私の学生時代に通った店が登場した。「松住」や「タカラホテル」にならんでよく行ったのが、御徒町駅前の何でも売ってる不思議デパート?の「吉池」の上にあったドイツ料理のレストラン「ローターオクセン」である。ここは穴場というかいつもすいていて、ランチはけっこう美味しかった。久々に行ってみれば、もちろん今も「吉池」は健在だし、「ローターオクセン」から「放心亭」というおかしな名前に変えてはいるが、雰囲気もほとんど同じで営業していた。

ランチのおすすめは「タンシチュー」。無難に美味しく安いし悪くない。ジャンボエビフライは確かに大きめエビではあるものの、ゴキゲンなものではないね。でもこのエビフライこそハンバーグとともに昔から食べていたメニューの1つ(笑)・・・・のような気がしたのだが。あはは。ドイツ料理だからやはりクラウトとかポテトとか、ロールキャベツはうまい。うまいけれども本式と言うよりは昭和初期的な懐かしい系のもの。「ローターオクセン」改め「放心亭」は「神保町」にもあって、そっちのほうが有名なようなのだが、ここは確かに神保町の洋食屋の香りがする。

とにかく穴場であることは今も昔も一緒。下の「吉池」は思わぬ珍しい食材が売ってたりするし、ちょっと立ち寄って「ロールキャベツ」や「タンシチュー」のランチでも食べる分には良いのではないかな?客層も昭和の人々って感じで、こちらも懐かしい感じだ(笑)。

a0041150_2454937.jpga0041150_2421460.jpga0041150_242277.jpg

by masa-hilton | 2009-12-18 02:46 | 趣味&グルメ
<< 慣れるということ スーパートリオ常陸太田市公演終わり! >>