慣れるということ

a0041150_2152283.jpgやっと新しい携帯に慣れてきた。写真もまあまあに撮れる。しかし電池のなくなり具合が早いような気がする。まだ新しいのにこれでは困る!とショップに行けば、メガネの男性店員が「最近の電池は慣らすことが大事なんです。頻繁に充電していますと、やがてなくなり方も遅くなってくるんですよ、昔の電池とは違うんですよ。」という説明。どうです皆さん?ソニーのピアノの会に行って聞いてくるか(笑)。その説明で正しいのかな~私はイマイチ納得がいかないけど(笑)。人形町のauショップは信用できない店かもと思いつつある。買った時に無理矢理いらないサービスの契約もさせられた。そういうのって本当はいけないんじゃないの?やはりメガネ君の説明についても、裏づけ調査が必要だね。

慣れると言えば、私ぐらいの歳の人間は「タルトのケーキ」に慣れていない。最近のケーキの多くは下がタルトのものが多いよね。下はスポンジ、それもカステラに近い濃いスポンジでなければ駄目だ。昔懐かしいスポンジ対応のケーキがあっても味わいが薄く、やはり最近の好みに媚びている。大昔「クローバーのショートケーキ」なんて本当に美味しかったと思うんだけど、考えてみればイチゴ&生クリームがしっかりとしたカステラの上に乗っていた。このように人の好みなんて、その人の歴史に大きく左右されるものだ。ちょっと立ち寄った銀座「ウエスト」で、いつものシュークリームではなく昔懐かしい風情のモンブランを戴いたが、これも何となくうすっぽい印象だった。そんなこんなで最近はほとんどケーキを食べなくなった。
by masa-hilton | 2009-12-19 02:33 | 日々の出来事
<< 「大和田」で音楽評論の真嶋雄大さんと 懐かしの上野のもう1軒は・・・ >>