願いまして~は、「馬」と「鹿」で・・・・

a0041150_0584834.jpga0041150_17955.jpga0041150_172017.jpg
a0041150_173120.jpg冬になるとうれしいのは鹿肉のステーキが食べられることだ。ここのところは人形町イタリアンの「アルポンテ」で戴くことが多かったが、気軽に行くと上野駅の「レカン」のランチで食べられることを発見。うれしいじゃないの!とても運が良く、いつも大行列の上野「レカン」のランチに行ってスススと通されて、待つことなく戴けた。ここの大行列は「駅の中にある」という意味もあるので、客層もマチマチだから並ぶのはとても疲れる。ラッキー!

さすが老舗の「レカン」である(笑)。前菜はエビのフリットだがこのソースが何とも濃く重い。最近はライトな感じのフレンチが多いので、こういうオーソドックスなものが出てくると、思わず笑ってしまいたくなる。もちろんまずいのではなくて、ランチの前菜にこの「重さ」!なかなかのパンチがある。ビーンズをあしらったお魚は選べないが、メインはお待ちかねの鹿肉だ。うま~~い!こういうものは正攻法で戴くのが一番!!しっかりとしたソース。コレは気軽に食べられるランチにはとっても贅沢!大満足のメニューだ。デザートは色々選べるのだが、アイスクリームにしてもらった。

こんな美味しいコースを食べている人は割と少ない。確かに駅中だから電車の時間もあるから仕方ないにしても残念だ。いかにもセレブ風な人たちに限って、ライトなランチをそそくさにどうでも良い感じで食べていたりする。雰囲気もあるのにもったいない感じだね。

クリスマスの銀座に行けば人だかり?さすがに賑わっていると思いきや中国の方たちだ。何となくいつもの銀座と違う。人のことは言えないが、携帯写メで撮影している人ばかりで、そこに映らないようにと身をかがめて歩く。ホッとしているとテレビ局のクルーに遭遇、こちらはもっとやばいではないか(笑)。盛り上がっていたのはミキモトの前のツリー。さすがに立派だった。和光の入り口にあるツリーもきれいだったが、撮影禁止と(笑)。きっと写真だけで人が店先に溜まってしまうのだろう。撮影だけして有名店を回る中国客も多いのだとか、それは確かに迷惑だが、お店としては微妙な選択かも。この時期なのに感じはあまり良くない。

a0041150_129583.jpgさあてとどうしよう?と思うと、どうやら最高にお気に入りの和食の「さの」が閉店している。電話も出ないので心配だ。あんなにうまい店が・・・・!世の中お客さまあってのことだから、うまいだけでは駄目なのだろうが悲しいな。そしてやはり閉店した馬肉の「仲巳屋」。でも「仲巳屋」の後に出来た蕎麦屋の「石川屋」は同じ料理長の店。そんなこんなで顔を出ししてみた。

おおおお「馬刺」もあったよ。とてもうまい。そして随分安い!前より「たてがみ」は随分薄かったけど、この3点盛が1500円ならかなりお得!大満足!嬉しくてバクバク!基本は蕎麦と焼鳥の「呑み屋系」だ。以前「仲巳屋」の常連だった人たちはさすがに離れてしまったそうだけど、お蕎麦のつゆも毎日研究しているそうで、また応援したくなっちゃった。焼鳥の皮を使った「皮餃子」も美味!出来合いの「手羽先餃子」とはワケが違う。次回は「から揚げ」も食べたいぞ。メインのお蕎麦は「海老天せいろ」。何とエビ5本!!大サービスありがとう!でもお店がもともと海老が得意らしい。お昼の「ランチ天丼」も海老が大盛りならしい。天麩羅はライトに揚がっておつまみ系だったから、さすがに量が多かったのだけど全部食べちゃった。お蕎麦もこだわりが生きている。蕎麦つゆは私の好みよりはスッキリ系だったから次回は温かいお蕎麦を戴いてみよう。とてもリーズナブルな店に生まれ変わり!王子ホールの前、銀座ではありがたい店だ。

a0041150_1381267.jpga0041150_1384120.jpga0041150_1385980.jpg
by masa-hilton | 2009-12-24 23:58 | 趣味&グルメ
<< 休日は怒涛の鑑賞 その16 上大岡のコンサートで仕事納め >>