料亭の雰囲気?呑み屋の「十四郎」のランチ

日本橋小学校から人形町の通りに行く道、中華の「華子」の隣りに料亭風の佇まい、いかにも高そうな雰囲気のする店「十四郎」。「一回行ってみたい」と皆さんも思われるのでは?凝った料理が出てきそう。でも名前の「十四郎(とおしろう)」とは素人のことだし(笑)。良いことにここはランチをやっている。そしてお客もいっぱい。やはり店構えに釣られて入って来たのだろう、目がハートの女性客も多い。入るとそこはカウンター、2階はお部屋となっている。ランチは「おまかせご膳」の1000円。

a0041150_4413554.jpga0041150_4415730.jpga0041150_4421252.jpg
この店構えで「おまかせ」なんて言われると期待しちゃうじゃないの~!で、出てきたのが「サバの味噌煮」(笑)。おいおい。お味は高級志向の店構えから想像通りの薄味。ちょっとした小皿もあるけど大したものではない。とても普通。「サバ味噌」ならもっとうまい店が山とあろう。まあ、1000円だから仕方がない。ゴハンはグチョグチョ柔らかい(笑)。前に「柊」に行ったときもそんなんだったが、呑み屋さんは夜はご飯を出さないから、これも仕方がないんだね。「和食」の店と「呑み屋」の識別は、ここでできるとある人が教えてくれた。

「呑み屋」のランチでは「川治」や「山葵」が良いと思う。特に「川治」は夜も豪華な料理で凄い!そして店構えも凄い(笑)。
by masa-hilton | 2010-01-08 04:44 | 趣味&グルメ
<< 焼肉ランチでブラブラと お正月はもちろん「田佐久」でしょう >>