松山にリハーサルへ行く

a0041150_1113679.jpgちょっと早すぎるが3月31日のコンサートのリハーサルのために松山に行く。曲目を完全に決めるためにも、実際に合わせて決めたほうがより良いものができるということである。

ここのところ朝はゆっくり起きていたので、午前中の飛行機ということで慌てたのか、朝マンションの浄化槽の囲いの中に階段の上からキャッシュカードを落としてしまい大弱り。この日に限って管理人さんがまだ来ていない。また管理会社に電話していては飛行機に遅れるし、ものがキャッシュカードじゃ置き去りにも出来ないし非常事態(笑)。当日の服装はいつものようにサングラスをかけていて怪しい。マトリックスじゃあるまいし、この姿で壁をよじ登ったり飛び降りたりして奮闘する姿を目撃されないで良かった(笑)。私はけっこう身が軽いと自負していたが、普段からピアニストのために重い荷物を持たないので、二の腕の力がまるでダメ!アクション映画にはとても出られないことを悟り、あちこち筋肉痛になりながら羽田へ。参った参った!

松山に到着すると気をきかせて、「鰻」か「フランス料理」のランチを設定していてくれたのだが、朝からそんなこんなだったから、何となく気分も重い(笑)。焼肉を食べたいとわがままを言って、チェーン店「じゃんじゃか」へ。ファミレス風のところだが今日の私にはこれが正解。椅子も広いしとても空いていて空気も良い。手足を伸ばしてのんびり出来た。回復回復!

リハーサルが始まりソプラノの塩野さん、そしてメゾの豊田さんと楽しく、けっこう時間をかけて色々試してみた。世界中の曲を取り上げるということなので、とても素敵なプログラムの出来上がりでめでたしめでたし!楽しみだね!NHKのFMにも出演することも決まり!

a0041150_137434.jpga0041150_1372272.jpga0041150_1374985.jpg
a0041150_1414970.jpga0041150_142215.jpga0041150_1421435.jpg
そして歓談会というか既に打ち上げというか、びっくりするような豪華な料亭「小椋」でお食事。いかにも懐石料理のお店といった風情。ちょっとレトロな感じもあるが椅子なので、明治時代の軍人が出て来てもおかしくない感じ。本当は私は例の馬肉の「仲巳屋」に行くことを熱望していたのだが、他の女性陣が何と言うかわからないということで、この料亭になったというのだが、後から聞いたら女性は全員馬肉好き!何だ~残念じゃと思ったが(笑)、このお店もとても楽しかったので満足!

京都のようなところは別として、地方の懐石料理はどうしても現地の素材が良いせいか、それに頼りすぎて技のほうがイマイチのことがほとんど。でもこの店は個性的でとても面白く不満なし。まずは道後温泉近くにあるということで、何となく温泉ホテルでよく出るあの大漁豪華なお膳のことも、ちょっと意識している感じもあるのだ(笑)。とてもおいしい素材を活かしたものをアクセントにして、意表をついて焼物は「きりたんぽ」だったりして「郷土料理?」みたいなニュアンスを出したかと思うと、和風ながらなかなか美味しい「ビーフシチュー」などが「煮物」として出される。海老グラタンの風味の伊予カンをくりぬいた蒸し物も、とても気に入ったのだが「ウニ」を使えば最高だったろう・・・・ってそれではフレンチになってしまうぐらい、洋風なのだ。ユーモアと温かみを感じさせて、お人柄がうかがえるお料理。あと味もとても良い。敷居の高そうなお店だが中身は違ってむしろ庶民的な味わいがあった。

a0041150_1532766.jpga0041150_1534797.jpg宿泊は「道後館」。名前は古めかしい温泉旅館のようだが、黒川紀章デザインのきれいなホテルだ。部屋も広くてとても良い。温泉も普通に楽しめる。深夜に1回と翌日の朝にもう1回入浴、そうそう、この日は筋肉痛だったからね~(笑)、ありがたかった。休憩所では深夜でもラーメンやアイスが食べられてグッド!

翌朝は温泉ホテルらしい立派なお食事(笑)。最近はこういう場所でもバイキングのところも多いようだが、昔ながらのお膳だ。ちゃんとお鍋までついていた。この鍋が一番美味しかった。こういう和食を食べていれば、動物性の脂分が少ないので健康にも良いのだろうけど反面、佃煮やミソ、お新香類も多いのでご飯の量が進んでしまい塩分も多いと思う。偏らない食事が一番なんだね。私には出来そうにないけど(笑)。

a0041150_2183631.jpg飛行機までの時間があったから松山城に登ってみる。私は観光にはことごとく興味がない。例えばすごく美しい庭園を見に行っても、夏の夜空に花火の大輪が上がっても「ふ~ん」という感じで、まことにつまらない人間だ。興味があることとないことに落差がありすぎる。松山は今、テレビでおなじみの「坂の上の雲」の地元ということでブームらしいのだがあまり知らなかった。

お城は以前に姫路城もすみからすみまで歩いたことがある。こちらも単純に空き時間に出来ることを考えただけだった。あちらは中にはあまり展示がないわりに「千姫の部屋」に蝋人形が立っていたりして、その日は観光客も誰もいなかったので、マジ妖怪の類かとビックリした(笑)。

さてさて良いお天気で良かった。松山城は山城なので歩く歩く。これは筋肉通の迎え酒みたいな(笑)。でもたまには運動もしないとね!アクション映画には出られないにしてもだ(笑)。最近は簡単には体重も落ちなくなってきた。この鎧を着れるぐらいになりたいものだ(笑)。コンサートのころは桜が満開になるという。今日はリハーサルだから本番のときにまたゆっくり?あまりの人出に気絶かもしれないけれど。

途中で「坊ちゃん」よろしく明治の衣装を着たマドンナさんが「いっしょに写真を撮りましょう」とサービスで呼びかけてきた。うううマドンナさん、日傘の骨が折れてますよ(笑)。

by masa-hilton | 2010-02-01 02:27 | 日々の出来事
<< 悩ましきかな 新年会その5 >>