2007年 11月 18日 ( 1 )

銀座で「串揚げ」を戴いて

a0041150_1545358.jpgこの時期、つまりクリスマスにかけての銀座は素敵だ。もちろん銀座は最も好きな場所の1つ。余裕がなければ楽しくない町という辺りが良い。わが家はクリスマスツリーは新調して、11月1日から飾り始めたが、昨日はちょうど鳩居堂本店前の飾り付けで右往左往していて何とも楽しい。それはそうといつまでも暑かったのに、いつの間にか風も冷たくなって、コートがいる季節になっているのも不思議な感じだ。

銀座で打ち合わせがあり、「神戸・串乃家」に行く。名前の通りで神戸が本店、あとは銀座とベルリンに支店がある。もともと串揚げは大坂のもので、元来大阪で食べたほうがうまいものだ。東京だと揚げ物ならトンカツのほうが良いし、何となくもたれてしまう微妙なメニューだという認識だ。その関西でもトップを争う名店の1つで、デパートにも入店している。そして社長さんは知る人ぞ知る「1000人のチェリスト・コンサート」の主宰者で、ご自身もチェロを演奏なさる。

銀座の「串乃屋」はまず場所が難しい(笑)。おまけに店は超お洒落な雰囲気で、高級な隠れ家といった風情なので、はなから銀座でここに来ようって思うのはかなり凄い通人だと誉めてもらえそうだ。串は30種類ありとても食べきれない。ソースだけでなく5つの味わいで食べていく。ナスやこんにゃくは田楽味噌が最初からついている。またワインもこだわりの品揃えだという。グラスで戴いたがセレクションもこちらの好みに合わせてくれた。

しかしどんなにうまい!とか言っても、メニューとしては単調な感じは否めない。つまりドカ食いするものではないってこと。最初からこれとこれと決めて、常連として行くのでなければ少しキツイだろう。ネタは新鮮だし、高級店だけに落ち着いた大人の雰囲気は覚えておいて良い店。元来串揚げは賑やかに食べてこそのメニュー、静かにいただくギャップもユニークだ。

またここの串揚げは20本食べてラーメン一杯のカロリーだそうな。すぐに夜中にはお腹がすくと思いきや、そこは揚げ物。いつまでも重かった~(笑)。夜食いらずで大変結構だったよ。満足。

a0041150_1535491.jpga0041150_1541354.jpga0041150_1543142.jpg
と、もたれたわけではないが、さすがに翌日はさっぱりしたものが食べたくなった。今回初めて知ったのだが、土曜日は名店がほとんど休みの人形町だが、行きつけの「たぬき鮨」は、第1第3土曜は通常通り営業しているとのことだ。今夜のメインは白魚。青森産でさすがに味わいが違っていた。それとあなごも「しっかり焼かないでね」と注文をつけ、ふわっと戴きおいしかった。実はここのところ知らない店で、お刺身を食べる機会が多かったのだが、やはり普段おいしいものを戴いていると、なかなか難しいものがある。気取らないでおいしいものが食べられるのは、やはりそれは嬉しいこと。いつもながら今夜の「トロ」も最高だった。

a0041150_1524986.jpga0041150_153440.jpga0041150_1532785.jpg
by masa-hilton | 2007-11-18 01:58 | 趣味&グルメ