2017年 02月 27日 ( 1 )

月刊「ショパン」3月号 対談は好調です

a0041150_18071797.jpg
月刊「ショパン」3月号、こちらは最近のホールのファミリーコンサートへの意欲などが書かれています。コンサートの企画は昔はマネージャーさんが頭をしぼってやられていることが多かったけど、今はホールがプロデュース。本当は演奏家がプロデュースするものが一番面白いはずなんですけど、演奏家の多くはついつい自分主体になり過ぎるので、そこがネック。プロデュースを依頼されたときは、他のメンバーがいかに光るか!ここを考えることが一番大事です。自分も出演していますが、メンバーが光れば鏡効果で自分も光ることが出来るんですよね。ここはチームを信じて!だから共演者は大事です。

コンサートと言えば、けっこう大事なものは著作権の申請。かなり面倒くさい事務的な処理ですけど、きちんと申請すれば問題なし。これが最近、音楽教室にも著作権がかかるというので大騒ぎしてますね。払うものは払いましょう。曲があるから音楽家は生きられる、感謝です。

音楽教室もですが、何よりもコンクール!ここは著作権料の取りどころではないでしょうか(笑)?コンクールは公開されてますし、音楽教室よりはずっとコンサートにも近い。近・現代の訳の分からない難しい曲にたくさんお金がかかれば、審査員をごまかすためにこの部類の曲を選ぶ人も減るでしょう。特にアマチュアの大好きな編曲物は大抵は駄作だから、聴くの辛いんです。ごっそり取ってくださいな、何の遠慮もいりませんよ。しっかりバッチリ徴収あるのみ!(笑)

さて今月の対談は評論家の真嶋雄大さん。ピアニストじゃない方は初めての登場です。でもピアノゆかりの人、これからは評論もですが、調律師の人とかもご登場いただきたいと思っています。トシローさん!心の準備しといてね(笑)。

お話は業界話を中心に、いろいろと。さすがに話術の達人ですから楽しいお時間でした。

真嶋さんとはお食事仲間というか、美味しいところ探検によく行きますので、お店選びは考えてしまったのですが、ちょうどヴァイオリニストの松田理奈さんが餃子を食べたい!と言っていたので、ご一緒に(笑)!日本餃子党・松田さんは隠れゲストです。
a0041150_20013893.jpg
餃子と言えば浅草の「餃子の王さま」です。大好き、この店!何しろ「王さまの餃子」が私の好みとピッタリ。一人で来るときは餃子に天津丼とかが定番ですが、誰かとくると、ひたすら餃子!餃子!餃子!になってしまう。
a0041150_20021021.jpg
水餃子ならぬ「湯餃子」、これも美味しい。これを行ったあとには、ほぼ致死量まで餃子を戴くんです!!
a0041150_20024054.jpg
a0041150_20030960.jpg
満足満足、大満足!対談次回はピアニストで京都市芸の教授、阿部裕之さんです。お楽しみに。

by masa-hilton | 2017-02-27 18:06 | 連載対談@お江戸で連談