2017年 11月 02日 ( 1 )

アラカルトは楽しいね

前々から行ってみたかったお店、管理人さんもお友達と行って美味しかったと言っていたし、とてもリーズナブルだと(笑)。それで行ってみました銀座のポルトガル料理「ヴィラモウラ」です。超有名店ですね。

お洒落な、いかにも凝った感じのお店かと思いきや、昔ながらのお店というか、家庭料理ぽいというか、温かみのある感じのお店。タイプとしては、フルーツカレーの「ア・ヴォートル・サンテ・エンドー」のような緩い感じ、チョット意外だった。でも、もともと家庭料理だと言っているし、この温かさは悪くない。そしてアラカルトでとっていったけど、確かにリーズナブルな感じで、気軽に伺える店という感じだ。まずはバカリャウ(バカラオ、バッカラ)という「干し塩だら」は食べないと。コロッケにしたものを戴きました。バカリャウコロッケ!これは美味しいじゃないですか!
a0041150_02094517.jpg
「トリパシュ」はイタリアンのトリッパのお料理みたいなもので、うずら豆と煮てあります。ポルトガルの名物と言うことですが、どこの国の料理にもある感じのお味ですね。食べやすい。
a0041150_02100514.jpg
ムール貝のクリーム煮も美味しい。もともと白ワイン煮だったメニューをバージョンアップさせたらしい。ムール貝は処理が悪いと臭いけれど、美味しいところのは非常に心地よいお味となる。ミルクともよく合うんだよね。
a0041150_02101986.jpg
イワシのオーブン焼も食べるべきメニュー。美味しいのは間違いないけど、そうはいってもイワシです。イワシ以上のものにはなりません(笑)。
a0041150_02103815.jpg
豚トロのパプリカ煮、これもトマトのソースになるから、どこにでもある感じ。
a0041150_02105339.jpg
再訪した管理人さんと話しているうちに、特徴のあるものは逆に避けちゃったので、冒険しないメニューで終わり。でもこれ満足。

普段からアラカルトでとることが多いけど、そのために美味しいものを外すこともあるし、肝心なものを食べないこともある。でもその方が楽しいね。今回はハズレがないのだから上々。でも次回はせっかくだから、普通にコースにしてもいいかなと思ったり(笑)。

デザートはここで選ばずに、よく行く喫茶店「銀座で一番おいしいモンブラン」でおなじみの「銀座みゆき館」。ここで「ル・ポム」を戴きました。ホット・アップルパイですね。甘すぎず良いです。
a0041150_02110606.jpg
グルメなプロデューサー氏と行ったのは八丁堀「レトノ」。本当はレ・トノーが正しいのかな?種類としては私の苦手なバルなのだけど(笑)、ワインを飲む人にとっては、希少ワインが思う存分飲めたりと、ワイン蔵の上に建っているようなビストロなので、予約がとれないほどの大人気店だ。

メニューの種類が少ない?やはりワインの店かなあ~等と思っていたら、1つ1つの量が凄いし、つけあわせもボリュームが豊か。1つ1つのお料理が充実しているという印象だ。凝っているのではないけど、お客さんのことをよく考えて「満足のいく食事ができるように」という心遣いが感じられた。東京屈指のビストロと言われるだけのことはある。カウンターもあるし家からも近いので、これからもぜひ伺いたいお店。さすがプロデューサー氏のセレクション!この彼が絶対にアラカルトしか頼まない人だから、またメニューが決まるまで時間がかかる(笑)。基本的にそんなにメニューの数があるわけではないので「お任せでいいんじゃないの?」と言っていたのだけど、結局アラカルトになった(笑)。基本的にとてもリーズナブルだし!その方がやはり楽しい。驚くほどだ。

大人気の生ハム・リエットの盛り合わせも、十分すぎる量がある。
a0041150_02112395.jpg
取り分けてもこんな風だ。
a0041150_02114124.jpg
アワドリと白レバーのテリーヌ。こちらも美味しい。
a0041150_02115925.jpg
ラザニア。これも980円とまるでデニーズ並みの値段。
a0041150_02121458.jpg
子羊のローストをメインの1つに。「瞬間スモーク仕上げ」を選択。瞬間スモーク!出来上がってすぐのものを見せてくれる。
a0041150_02122835.jpg
これをこのように盛り付けてくる。すごい豪華な感じだ。
a0041150_02124477.jpg
これを一人ワンピースずつ戴いたのだけど、普通より大きいよね。
a0041150_02130094.jpg
第2のメインに「ホロホロ鳥の詰め物」を頼んだのだけど、ホロホロ鳥が売り切れ。海老のローストなど詰めてあるのだけど、これにフォアグラなどを加えるので、鶏でということ。いずれにしても普通はウズラだよね、鳥の詰め物は。
a0041150_02131597.jpg
中身はこのように。
a0041150_02133373.jpg
海老は詰め物としてはちょっと臭いがあるから、私はあまり適さないように思ったり。フォアグラが入ってむしろ良かったね。お料理全部で大体一人3000円ちょっとの計算、本当に良心的だ。私のように飲めない人が行ったら、お店としては採算が合わず困ってしまうだろうけどね。でもまたぜひ伺いますね(笑)。すんません。

by masa-hilton | 2017-11-02 21:42 | 趣味&グルメ