カテゴリ:趣味&グルメ( 434 )

いつものようにゆったり、ほっこり

人形町は美味しいものがいっぱいですが、最近は系列店とか評価だけを狙ったような店も多く残念です。

そうは言っても心落ち着く店、ありますよ。いっぱい!お酒飲まないから大騒ぎしてるところは苦手。できたらマスターとおしゃべりできるところ、そんな家族ぐるみとなってくると、やっぱり天麩羅の「中山」さんだなあ。お江戸の香りがしますしね。座ればすぐにトマトとかも。
a0041150_21583030.jpg
日本橋ならではの「はんぺん」!
a0041150_22024288.jpg
お寿司屋さん顔負けのお刺身も良い!
a0041150_21593121.jpg
天麩羅はお母さんの温かさが沁みるようなお味!好きです。
a0041150_22015297.jpg
煮魚は天下一品。いつも美味しい。少し身を残すようにしていただいて、おつゆを作って戴きます。
a0041150_22033182.jpg
a0041150_22034107.jpg
名物の天丼。これだけしか食べてない人いるでしょ、勿体ないよね。
a0041150_22035208.jpg
天丼の注文が多すぎてご飯がなくなってしまうことも多いですが、その時は「磯辺巻」を作ってくれますよ。
a0041150_22024605.jpg
私がほっこりする場所、いくつもありますが「太田鮨」さんもです。太田さん入院から復帰され良かったです。太田鮨と言えばまずは「もずく」、美味しいです。
a0041150_22043769.jpg
太田鮨の最大の魅力は魚のデカいことです。身が厚く一口食べて大満足の味わい。なかなかないですよね。いわゆる高級寿司といわれるようなところって、迫力は全然ないですからね。鮨はもともと庶民の食べ物、オツにすまして食べるもんじゃないような。
a0041150_22044890.jpg
a0041150_22045963.jpg
a0041150_22052103.jpg
アナゴは絶対日本一ですね。旨い!これ食べたらよそに行けません。
a0041150_22050848.jpg
マグロの照り焼きも最高!ちゃんとした寿司ネタのマグロですから!とても贅沢です。
a0041150_22053017.jpg
a0041150_22054091.jpg
煮はまぐりも最高!ですね。こうして老舗は落ち着くのは当たり前かもしれないんですが、新規参入のお店でも良い空間を作ってくれるお店ありますね。「やま田」さんです。贅沢なつけ出し3つ。
a0041150_22065499.jpg
a0041150_22073421.jpg
a0041150_22070816.jpg
最近のオシャレな呑み屋さんは、豆腐類やカニのしゃぶしゃぶ風とか、美味しく作りますよね。お刺身もです。「かわはぎ」、肝もいっぱい。
a0041150_22080111.jpg
鴨肉とりつつ、大好物の「豚の西京焼」。豚の味噌焼って好きなんですよね。あまり外れはないような。でもここの西京焼は旨いですよ。
a0041150_22082384.jpg
a0041150_22084403.jpg
無理言って焼いてもらった「のどぐろの塩焼」、これも美味しい。時期を外れているので小さめではありますが。
a0041150_22083527.jpg
〆は「牡蠣の釜めし」、大好物ですね。デザートも凝っています。
a0041150_22085754.jpg
a0041150_22090768.jpg
ホントに新しいお店ですが、メチャ美味しいスペイン料理!「ラ・コシーナ・デ・ガストン」さん。ここは今までイマイチ!と思っていたようなメニューまで、美味しいんですよね。「スペイン風オムレツ」とか「ラタトウィユ」みたいなものって、特別に美味しいと思ったこともないけど、このお店に来るとメチャ美味しい。もちろんイベリコ豚のハム、ソーセージ類も絶品。さらに特製のポルチーニ茸を使ったコロッケが旨い!
a0041150_22055689.jpg
マッシュルームのアヒージョ。ただガーリックが強いみたいなアヒージョではないです。深い味わいがあります。
a0041150_22060527.jpg
イカスミをつかってヤリイカのソテーも美味しい。すばらしいね。
a0041150_22061422.jpg
いわゆる肉団子(笑)。サルシッチャのようなテイスト。好きなものばかりだね~。
a0041150_22062308.jpg
そしてパエリア!!とにかく旨い!
a0041150_22063215.jpg
常連の人も多くフレンドリーな感じ。あんまりフレンドリーにしちゃうとミシュランとか高評価組から、遠くなってしまいそうで心配。ミシュランの好きな店って何か静溢な空気というか、ピンとした?凛とした独特な空気があるでしょ?あれがないと美味しい店でもダメみたい。むしろ素人臭いというか、そんなの私からしたらどうでもいいようなもんなんだけど(笑)。変なの。

ワンちゃんOKで犬もいて、ワンワンガヤガヤと楽しい「マンチーズ・ダイナー」とかのほうが落ち着くね。この間伺った日は、たまたまオーナーシェフ(女性)の誕生日前日でした。「明日誕生日だから店休むんですけど、お赤飯炊いたんっス」ってお赤飯お土産にくれた(笑)。これがマイルドでとても美味しかった~~何か面白いですよね。
a0041150_22564735.jpg
この日は「テリヤキチキン」戴きました!これも旨い、大好き。お店もお客さん増えている感じがします。ここは良いお店なんですよ~~。ほっこりの憩いの場です。

by masa-hilton | 2017-03-03 23:10 | 趣味&グルメ

謎の横丁の人気店

富沢町と言えば私の大好きな鰻の「喜久川」さんがある。ここのお店もよく考えてみると、地下に降りていく変なお店だが、そこのすぐ横を入っていくと、これまた不思議な小さなお店があって、でもちゃんと営業していて人気店なのである。

その横丁も周辺のビルが建て替えになってきているので、いつまでこの状態であるのか心配だし、建て替えのせいで怪しさもやや薄れてしまって(笑)、せっかくの味わいが台無しだ。

まずは「喜久川」さんから入って手前側にあるのが「キッチン・ハタノ」。佇まいが怪しいのは横丁のせいかも。
a0041150_12413661.jpg
もともとはお肉屋さんで、その看板メニューがコロッケとシューマイだったらしい。まずはそれを戴こう。
a0041150_12421622.jpg
美味しい、というより、懐かしいお味というイメージ。特にシューマイの個性的&日本的なお味が良いね。ランチはけっこうな賑わいだ。何がオススメかと言えばハンバーグとかポークソテー?普通に洋食屋さん、底力に加えてキッチンパパのお料理のような素朴さと暖かさも、この店がこうして立派に続いている魅力の1つ。
a0041150_12431629.jpg
特別なものは何もないけど誠実さにあふれている。チキンのトマト煮?トマトソテーみたいなものを頼んでみた。
a0041150_12424653.jpg
良いよね、こういう感じ。嫌いな人は誰もいないと思う。ほっこりとしてしまう。

さてもう1軒はそのお隣。「おひげ寿司」だ。こちらは場所はここだけど、お店はとてもきれいだ。
a0041150_12445342.jpg
創業70年らしいね。立派な老舗だ。店主さんは代々「おひげ」らしい。中に入るとさらにピカピカ!「おひげ」だけど強面というよりは内気に秘めた情熱を持つ大将!仕事が丁寧だし、キリリ神経が通っている。
a0041150_12453201.jpg
表通りのお寿司屋さんよりはお安い設定で、お酒の置いている種類がハンパない。好きなお酒で寿司をつまむには最適な条件!人気があるのもよくわかる。
a0041150_12565964.jpg
ランチに伺ったがランチも人気で、さすがに1000円のランチはネタ数がそれなりなので寂しい風に見えた。2400円のお任せは12貫の他に巻物とお稲荷さんで、これは悪くない。高級寿司店のホテルとかデパートの支店って、これにちょっと似ている。
a0041150_12461633.jpg
ネタも厳選されているのが良く分かる。太田さんも写真を見て「良いアナゴだね」って言っておられた。太田鮨の亡くなったおじいちゃんは「おひげ」の先代とは仲良しだったそうである。
a0041150_12465745.jpg
仕事もとても美しい。
a0041150_12492777.jpg
「サービスです」と「ヅケ」を下さった。これがまた格別に美味しかったよ。
a0041150_12561982.jpg
人形町は美味しい店が多いから、わざわざここまで歩いて通ってくるか?と言えばそれはわからないけど、ご近所にあったら重宝する2軒。そして真心が通った暖かさ、そうしたものには偽りがないし、訪れれば心も癒される。

最近新しく、人形町では美味しい店がオープンして賑わっていて、グルメサイトでも次々高い評価を獲得、もう予約が取れない!・・・・なんてぇのが多いんだけど(笑)ちょっと嘘くさい&うさん臭くて行く気にならないんだなあ。人を騙すのはちょろい、味のわからないやつのほうが多いんだし、ネットの口コミさえあれば・・・・だいたいオープンして数か月で名店のわけがない。作為的商業的な臭い、旨そうなごたくを並べれば並べるほど素人に見えてくる。名店って年月で人が作っていくもんだよね。演奏家だってそうだ。だれも簡単にバックハウスにはなれないよ。こういう横丁のさりげない店こそ、大事にしなければいけないものだと思うけどね。

by masa-hilton | 2017-02-11 13:10 | 趣味&グルメ

おひとり様、万歳

編曲にこもっていたり、仕事に追われていますと、合間合間で「おひとり様ご飯」、ま、当たり前ですよね。ですから食べ歩きというよりは気分転換?または最初から美味しいとわかっているものを狙って行くのです。最近の「おひとり様」レストランのまとめ更新です。まずは鰻ですかね。

やはり頻度が高いのはご近所、リガーレの「喜久川」さん。タレも濃いので、鰻重食べたなあ~って気分になれる感じが良いです。上品な名店は苦手。
a0041150_01291385.jpg
上野松坂屋のイートイン「銀座鳴門」。ここのタレの濃さがまた好き。鰻は少し薄めかな。でも美味しい。
a0041150_01293271.jpg
日本橋三越イートインの「いづもや」さん。タレが薄いのが不満だけど、鰻は大きく上質。大きすぎるくどさは好き!
a0041150_01294040.jpg
最近仕事で用があったので出かけた新富町、そこで試しに伺った有名店「青葉」。こちらも好みだった。きれいで感じの良い女将さん!!で、肝心な鰻は私好みにギトッている(笑)。絶対また行く。
a0041150_01303435.jpg
a0041150_01304278.jpg
忙しくて今年はまだ「鳥かど家」さんとか「市松」さんなど、新橋方面には行っていない。鰻重・鰻丼と言えば天丼。天丼と言えばご存知天麩羅の「中山」さん。ここんところ続けて伺っている。
a0041150_01392550.jpg
a0041150_01391871.jpg
黒天丼も美味しいけれど、このお刺身がすばらしい!大人気のお店だから、夜行くともう「ご飯」がなくて閉めているときもあるんだけど、そこは常連、天麩羅だけでも戴いてしまう。
a0041150_01373551.jpg
ご飯の代わりに「磯部巻」を焼いてくれたりして、何か懐かしいのだ(笑)。
a0041150_01374143.jpg
天丼と言えば、太い海老でボリューミーな浅草の「葵丸進」にも行きます。でも最近は海老も細いし、ちょっと物足らない。それに高いしね。
a0041150_01401514.jpg
最近は浅草だったら「餃子の王さま」。餃子と天津丼がとてもよくマッチする。
a0041150_01403379.jpg
a0041150_01403962.jpg
酢豚のように濃い甘酢がご飯にかかっているなんて、とてもジャンクなのだけどこれが好き。浅草だけだはなく、深夜の人形町「天下一」での「天津丼」と「半餃子」も私の定番だ。
a0041150_01421108.jpg
a0041150_01421684.jpg
この「天下一」が店長さんが変わると味も変わって、一時期不味かった時もあったけど、最近は頑張っているよね。甘酢好きだから「酢豚」も欠かせないのだけれど、定番にしていた「龍盛菜館」の「酢豚」、ちょっと落ちた感じがある。前はもっとカリッとしていたんだ。
a0041150_01460293.jpg
サイドにとった手羽とかは、なかなか良いね。
a0041150_01462898.jpg
おひとり様で行くお気に入りに「焼肉屋」がある。もちろんランチだけれど。まずは「燈花」で定番の「かいのみ定食」です。開店時からお気に入りのお店です。
a0041150_01451140.jpg
上野の「太昌園」は休日に行くとお得!
a0041150_01351137.jpg
お昼は最上のお肉ではないですがボリュームがあります。
a0041150_01352276.jpg
さらにお安く追加ができるし。
a0041150_01352716.jpg
ホルモンとかもスペシャル価格。
a0041150_01353237.jpg
最近、人形町に焼肉バル「やまと」という「おひとり様焼肉」ぽいお店が出来ましたね。
a0041150_01320507.jpg
a0041150_01321861.jpg
カウンター、または小さい差し向かいのテーブルです。夜遅くまでもやっていて、お肉は「1枚から頼む式」。お肉屋さんの直営ですから、肉質はかなり良いかもです。ランチA5和牛焼肉セットは1300円くらい。
a0041150_01321254.jpg
美味しいけど、ある意味ダメです(笑)。1枚ずつ頼めるから結構追加を頼んでしまうんですよ、いいお値段になってしまいました。
a0041150_01323004.jpg
a0041150_01322632.jpg
ボリュームいっぱいにリーズナブルに食べられるお店もいっぱいありますね。いつもの定番は「大市」さんの「牛すき定食」
a0041150_01360551.jpg
a0041150_01360993.jpg
久々に食べたら美味しかった(笑)。「ほっとや」さんの「鳥カツ丼」は前に食べた時のほうが美味しかったけど。
a0041150_01370743.jpg
大きな「から揚げ」を追加するのも良いですよ。
a0041150_01371100.jpg
最近初めて行ったのは「ぶたいち」。ここは人形町通りのパパスの手前。以前は神田の有名オムライス店「美味卵家」とかもありました。私の嫌いなトロトロオムライスのお店(笑)。何が入っても長続きしない場所でした。でも今度は大丈夫かもね!北海道料理らしいのですが、昼は迫力の「豚丼」です。
a0041150_01314740.jpg
味は濃いですね。おひとり様は最後はガッツリ系になってしまうんですかね?おしゃれに?食べるとすれば日本橋丸善の「ハヤシライス」かな?
a0041150_01433246.jpg
a0041150_01433699.jpg
もともと酸味があるので、ステーキをトッピングしないほうが美味しいかもしれませんが、でもいい感じですよ。こんな感じでひと月を過ごしましたとさ。

by masa-hilton | 2017-01-29 23:29 | 趣味&グルメ

お好み焼ってめんどくさい

人によって趣味がうるさいのはラーメンとかカレーとか、ざる蕎麦もそうですよね。どちらかっていうと高級食材ではないというか、庶民の味?どうでもええじゃないかと思うものがどうでも良くないみたいでめんどくさい(笑)。お好み焼もそうですよ。お江戸にはお江戸の「ドンドン焼」スタイルがあるし、本家は大阪のほうだろうし、広島だって黙っちゃいませんよ(笑)。うるさいったらありゃしない。だからどうでもええじゃないかと思うのですが(笑)。これはおふくろの味みたいなものですね。私だってミートソースにはうるさいですよ(笑)。

ちなみに「お好み焼」、わたしはどこの場所のものも好きです。美味しいかどうかの判断は、地域の特性ではなくて私の好みによりますので、そこは異論があってあたりまえです。私は「銀だこ」だって好きですが、大阪の人はあれはイカンらしいですな(笑)。

人形町に新規のお好み焼屋さんが出来て、結構人気です。こちらは関西風と銘打っています。「英」です。田町にもお店があるようです。
a0041150_01012582.jpg
関西人も周りにはいっぱいいますし、美味しいものの対談をやっていますから、色々開拓も必要です。やっぱり関西風?味が薄いですね。ピンときません。つぶ貝のガーリック、牛すじも想像してたようなパンチには欠けました。でも美味しいですよ。
a0041150_01013758.jpg
a0041150_01014539.jpg
お好み焼きは具がいっぱい。いっぱい過ぎてぼけた感じです。私は再訪はないかなあ?
a0041150_01015369.jpg
一応関西人の管理人さんに意見を聴いたところ、美味しい!と言っていました。ただし「関西風でもない」ということで、ま、日本人の弾くベートーヴェンみたいというところでしょうか?ジャジャジャジャーン!

私の父から伝授された「ドンドン焼」というのはまた、具があまりないような、そもそもペチャンとしたイメージでしたね。「たいめいけん」の黒い人の先代、2代目がおっしゃるには「焼く際に上から木ベラでドンドン叩くから」ドンドン焼と言うらしいです。池波正太郎先生も言及されているので、これはお江戸のれっきとした食べ物であります。ま、うちの父のは「お好み焼」に近く、あれが正しいのかわからないけど、人形町の「さのや」さんなんかには、その香りがありますよ。私は普遍的な味だと思ったのだが、関西人は「あれはNO!」と言っていました(笑)。

対談がやりやすいかなあ?と思って探検で行ったのは、浅草の「つる次郎」というお店。外人が多い!ま、浅草だから(笑)。ゆっくり座れるし、自分で焼いても人が焼いても良いということです。サラダ、ドレッシングが濃い。ビールを飲め!ってことですね。
a0041150_01021777.jpg
里芋の先付は普通に美味しい。
a0041150_01022500.jpg
カリカリモダン焼を戴きました。見た目が美しいですね。とにかくソースが甘くて何気に好みです!美味しいじゃないですか。ただ、ソースもっとかけて欲しい。マヨーネーズももっとかけて欲しい!だくだく(笑)。
a0041150_01023569.jpg
明太子もちチーズ玉、これは予想外に旨い!見た目は不思議な感じですが、これは良いんじゃないでしょうか。こういう新種のものならば関西人ももちろんOK!広島の方も是非!
a0041150_01024202.jpg
外国人相手ということか、若者の酔っぱらいが多い客層からか、店員さんのテンションは非常に低いですが(笑)、それもわかるような気もするし、ダメなような気もするし。カウンターがあるから一人でも来れますね。そういう意味ではまた来るかも。

by masa-hilton | 2017-01-19 23:23 | 趣味&グルメ

スペイン料理の新しいところへ

三舩さんからお呼び出しがあり(笑)、レコーディングについての相談を受けた。楽しいお話し合いでドラムスの堀越さんとの新しいアルバムのあれこれ、何か参考になったかなあ?

で、行ったのが「レストランテ・スペイン・クラブ銀座」のランチ。久しぶりのスペイン料理で、なかなか美味しく頂いて、また色々行ってみたくなった。とにかく銀座はスペイン料理が多い場所である。昔からある老舗の「エスペロ」、最近も人気が高く頑張っているし、同じように近くに老舗の「びいどろ」があり、ともにパエリアのコンクールにも優勝している店だし、ここに新規で店を出すことが大変な場所であるわけだ。新しい交詢社にはミシュラン星もちの「スリオラ」があって、ここはいつか行ってみたい。

ところで私はあまり「パエリア」が好きでない。おまけに「スペイン風オムレツ」もチョイ苦手。じゃダメじゃん。というわけでスペイン料理には積極的ではなかった。でも「イベリコ豚のハム」は大好きだし、アヒージョ食べるならスペイン・レストランが一番良い風に思うので大丈夫。銀座の「スペイン・クラブ」はお店の雰囲気が良いので若いオシャレな人には受けるお店だね。
a0041150_21060041.jpg
a0041150_21071280.jpg
質の高い楽しいランチ、やはり「アヒージョ」さすがに美味しいね。
a0041150_21063763.jpg
そして見た目よりもずっと美味しかったお魚。この甘いソースが良いね。日本人は誰でも好きだと思う。パエリアも食べやすかった。
a0041150_21074741.jpg
a0041150_21082086.jpg
これがあったので、たまたまだったんだけど人形町に出来た新しいスペイン料理に行ってみた。ここは以前「ルナ」というフレンチがあって、行きたいと思っているうちにつぶれてしまったのだった。今回出来たのは「ラ・コシーナ・デ・ガストン」。近くに人気の焼肉「にくがとう」などがある場所。お茶の水のほうから移転されてきたというお話だ。
a0041150_21300700.jpg
こちらのスペイン料理が大当たり!私の好み的にピッタリというか、苦手な「スペイン風オムレツ」も「パエリア」もメチャクチャ旨かった!!とにかく何を食べても美味しいのである。シェフはスペインの人、シェフの顔を見た瞬間に「絶対美味しい!」とピンときた(笑)。イベリコのハムからスペインのオムレツまで、色んなものを前菜盛り合わせにしてもらって、これでノックアウトだ。こりゃ旨いね。人形町にまた、名店が出来たよ。
a0041150_21310945.jpg
a0041150_21320813.jpg
やはりハモンセラーノ!!美味しいね!アヒージョも旨し!まろやかだしシンプルだし。
a0041150_21325974.jpg
カニのパプリカで包んだお料理が最高だった。すごいな!もともとパイロットだったんだって!シェフ!現地スペインでも「スペイン料理の巨匠」には転職組が多いらしい。家庭の味、地方の味、その知識力が民族音楽の取材のように、味の底力となるんだね。お肉はもちろん豚!
a0041150_21334982.jpg
a0041150_21381864.jpg
パエリアが苦手なのは管理人さんもだった(笑)。で、二人であまりの美味しさにビックリしたのが、某・料理の鉄人に大好物と言わせたパスタのパエリア!これホントに旨い!絶対に食べてみるべし!!
a0041150_21542575.jpg
a0041150_21550206.jpg
ちょっと気まぐれなシェフ(笑)。疲れちゃうといろいろ作ってくれないらしいよ(笑)。まるで私みたいじゃないか!B型かも?・・・というわけではあるが、何としてもまた「パスタのパエリア」を作ってほしいな~~帰り際にそんなことをお願いしたら、「実はメニューにないんだけど、もっと美味しいパエリア色々作れちゃうんだよ」とスペインシェフ!面白いね。ちなみこういう性格(心意気)は人形町にピッタリだ。まさに江戸っ子気質!天麩羅の「中山」の親父さんとそっくり。必ずまた行きます!

by masa-hilton | 2017-01-18 22:03 | 趣味&グルメ

やはり「鳥かど家」、やはり「マンチーズダイナー」!

先日はマネージャーの川島さんに誘われて、打ち合わせ兼ねて新橋の鰻の名店「鳥かど家」さん。いつものお店です。大好き!なんてったって鰻がデカく安く旨い!この日はコースになっていました。戴いた珍味がことごとく旨いのです!
a0041150_12330665.jpg
梅しば?そんなもんじゃないんです。そして貝?わさび風味でこれまた絶品。買って帰りたかったよ。煮物もキクラゲなどが美味しい!
a0041150_12332093.jpg
a0041150_12333529.jpg
そして大好きな「鳥焼き」、江戸っ子はこういう味が好き。そして鳥は優しくジューシーだ。これも最高。
a0041150_12334682.jpg
「うざく」かな?単なる酢のものかと思いきや、またわさび風味にて絶品。旨いね。「玉子焼」も江戸風で甘くて合格!こうでなくては。
a0041150_12335910.jpg
a0041150_12341436.jpg
そして百点満点の鰻重!待ってました!これだ。毎日食べたいのだ。
a0041150_12342745.jpg
ふっくらと大きく重なっています。恒例になっています逆からの激写も(笑)。
a0041150_12344002.jpg
大満足でしたよね。この後はコーヒーが飲みたくなってテクテク歩いて「宮越屋珈琲」へ。私はシフォンケーキの美味しい「椿屋珈琲店」も大好きですが、この宮越の何ともレトロな控えめ感も良いもんですよ。銀座歩いていて、気は付くものの、ついつい入りそこなってしまう、そんなお店です。
a0041150_12345009.jpg
こちらは「チーズケーキ」がオススメ。懐かしい感じもあって、そして濃厚。昭和の喫茶店の定番の味。これは旨い!
a0041150_12345888.jpg
さて、別日ですが、ピアノの上野優子さんとオーボエの中村あんりさんが人形町に遊びに来ました。本当は遊びではありません。この二人がこのたび共演します。銀座ヤマハにて。ガッツリのデュオになるということで楽しみ。何しろフランス仕込みのお二人、上野さんはリストとかバルトークとかプロコフィエフとかの感じですけど、ホントはフランス物なんじゃないかな?と前々から思っていました。ブルグ先生仕込みの中村さんの流麗なフレージングと上手く絡み合って素晴らしいのでは?と期待大です。
a0041150_12365465.jpg
そしてこのお二人、オトボケキャラでもピッタリ!トークも面白そう。乞うご期待。で、この二人と行ったのが、私が最近毎日のように行っている「マンチーズ・ダイナー」さん、ハンバーガーのお店です。ここが美味しいんです。超お気に入り。まずは前回行って気に入った「コブサラダ」
a0041150_12373192.jpg
これ、本当に美味しいです。そして個性的な「アボガドのフライ」。しっかり固めに揚がったアボガドにトウモロコシの粉が降ってあって、これも気に入りました。珍しいものですが美味しい。定番にします。
a0041150_12380052.jpg
私はバーガー類は食べて美味しいとわかっているので、今回は「ホットドック」。これがまた絶品です。ピクルスが乗ったマクドナルド式のホットドックですが、ピクルスちょっと甘めで美味しく、パンはフランス・パンに近いバケットでこれもピッタリ。そしてソーセージがホワイト!香草も邪魔にならないいい感じですね。とても気に入りました。
a0041150_12381118.jpg
お二人もワイワイと楽しくしておられました。美味しいしアメリカンなお店が良いですね。さり気に上のほうにアメリカの兵隊さんたち(お人形です)がいたりして。

このとき、中村あんりさんが食べていたのが「照り焼きチキン」。本人が絶賛していたのと見るからに旨そうだったので、後日また行ってみましたよ。
a0041150_12355494.jpg
この「マンチーズ・ダイナー」さんは、ワンちゃんがOKなんですよね。で、この日は他のお客さんが連れてきた2匹の生後7か月の子犬が大暴れ(笑)。私は犬カフェのように遊んでもらいました。良い子たちで楽しかった。お店は色々心遣いがあって、それも嬉しいです。さり気にトイレなどもかわいらしい。

さて「照り焼きチキン」、900円とお安く旨い!ジューシー!
a0041150_12354475.jpg
食べてみると、ギトギトしていませんでアッサリ戴けます。大満足。そしてレジの後ろにある謎の冷蔵庫(笑)!ここにサンドウィッチやサラダ、お惣菜が売っているんです。この日はコレ。買って帰りました。
a0041150_12361889.jpg
ホントにお料理上手ですよね。美味しくいただけました。230円安いし(笑)。まだまだこのお店には通いますよ。

by masa-hilton | 2016-12-02 17:29 | 趣味&グルメ

マンチーズ・ダイナーのハンバーガーは人形町ではピカイチ!

リガーレの裏の通り、「喜久川」や「おか吉」と人形町と逆方向に行くと、小さなグリーンの看板のお店が。何の飲み屋か?と思ったらハンバーガー屋さんだ。「マンチーズ・ダイナー」さん。
a0041150_04312879.jpg
ハンバーガー屋と言えば家の近くに「ブラザース」という有名店がある。私の印象では自分の営業・チラシなどの配布の努力で、認知されてきた感がある。オープンしてすぐ「ぐるなび1位」とか言ってしまい、それに引っかかる客で賑わう店もあるので、やはり営業努力や作戦は大事だ!それはむしろ偉いと思う。でも肝心のハンバーガーが、食べに行くとパサパサしているし、持ち帰るとベチャベチャで私の好みには合わない。それにお高い。ハンバーガーを食べたいときは御徒町まで行って「TGIフライデーズ」で戴いていた。味も良く、良い感じにボリュームもあるのであそこはお気に入りだ。

「マンチーズ・ダイナー」さんは目立たない立地だし、一見英語の看板も「ムンチーズ?」とか読めて、よくわからない感じがする。そう言いつつ「マンチーズ」という店はあちこちにあるから、チェーン店なのかとも思ったり。なかなか記憶に残らず行っていなかった。オープンして6年ということだし、ニューヨークのテイストいっぱいの店内も楽しい。
a0041150_04321248.jpg
よくは知らないが夜はパブ系の飲み屋になるのかな?お酒もしっかり種類がありそうだし、ホットドッグもあるからソーセージなどもつまみになる。パスタもあるしメニューは万全だ。今回は「チーズバーガー」を。1100円とはお安い。
a0041150_04355582.jpg
普通の「ハンバーガー」が1000円。それに何でもトッピングさせるという感じ。美味しい!まずバンズも柔らかいし、肉はジューシー!ソースもしっかりした味わいで、これはゴキゲンだ。「かぶりつけるサイズ」というのも私には重要だ。これはもうしょっちゅう行きますよ。他のメニューも試してみたいし、当然テイクアウトもできるので便利。

「うちの近所のブラザースより3倍くらい旨いね」とオーナー兼シェフの女性に伝えると、しみじみとした感じで「ありがとうございます。うれしいです」と真顔で感激してらした。世間の評価はまちまちだが、ここのバーガーは間違いなく一生懸命に作った「心こもった手作り」のお味。ホントに世間の評価はあてにならないし、私の好みもあてにはならないけれど(笑)、私は今後も通いまくる!大いに応援したいお店!!美味しかった!幸せ。

by masa-hilton | 2016-11-14 03:29 | 趣味&グルメ

「呑舟之魚」「萬福楼」に行ってみた

人形町はお店ができたり閉じたりのサイクルが早い。家の近くの「おみっちゃん」は残念ながら閉店、ビルの立ち退きにあった「はしや」さんは馬喰町近くに移っただけだったので良かった。イタリアンやフレンチのバルがいっぱいできているから、そのサイクルの短さは驚くほどだ。

オシャレなフレンチが消え、そのオシャレなビルごと似合わない飲み屋になってスタートした「呑舟之魚(どんしゅうのうお)」。お客さんが多いのか少ないのかわからないし、そのビル自体にイメージが合わないので怪しさ満点のお店だ(笑)。内容は完全な「飲み屋」でこれまたビックリ。オープンして間もなくからいきなり「ぐるなび」1位とか(笑)。近所だからお客さんいなかったの知ってるし「営業努力の小細工じゃないの?」という噂もあった。噂は噂だから信じないとしても、地元民はあまり行かない。そうした営業努力は近所のバーガー店も同じで、「継続は力」でいつの間にか有名店になっていたりもするから、やったもん勝ちなのかもね?お寿司屋でも疑惑の店があるよね(笑)、お江戸の心意気にはチョイ反するけど、そもそも味なんて個人的なものだから。

で、「呑舟之魚」さんは「夜は飲まないわけにはいかない」店だから、ランチにしか行ったことがない。このランチもメインが「サバ」とか「ぶり大根」みたいな、まかないのような代わり映えしない時には行かない。ただしこれに「お刺身」や「海鮮の混ぜご飯」もあり980円でお得かも。きれいな店構えにオシャレな女性のお客さんにも良さそう
a0041150_11553122.jpg

2階もこんな風。私が行ったときは「金目鯛の煮つけ」があった時だ(笑)。金目なら良いよね。さすがに小さいけれど(笑)お味は悪くなかった。
a0041150_1156458.jpg

お刺身も少ないけれど、まずまず。
a0041150_11571441.jpg

お味噌汁もひと工夫ある。これは嬉しい。
a0041150_11574771.jpg

「いくらご飯」というのも嬉しいよね。これも美味しい。
a0041150_11582239.jpg

というわけで何も文句はない。ランチとしてとても良かった。ただし好きなメニューがなかなか出てこない(笑)。ランチタイム、まずはこの店の前を通ってみるのだが「ああ、またぶり大根か~」と素通りしてしまうことが続いている(笑)。

最近よく行く中華は「萬福楼」さん。こちらはランチに行ったことがない、夜専門だ。安くて美味しくて最近のヒットかもしれない。お気に入りだ。

人形町交差点を久松警察のほうに行き、新しい焼肉屋さん「肉の切り方」を富沢町方面に左に曲がるとある。昔コンビニのampmだったところだね。外から見ると閉店しているように暗く、お客さんもいなさそうなのだが、入ってみると明るく賑やかで広い。そしてお客さんもいっぱいだったりする!大宴会ができる広さだしね。何しろ安く飲み物も破格のようだ。

お料理は普通のお皿が480円、そんな中でいつも頼むのは「牛肉とニンニクの芽の炒め」、チンジャオロースのにんにくの芽バージョンだね。
a0041150_11593856.jpg

意外に深い味で、しょっぱいこともなく、旨味の甘みを感じさせてくれる。「鶏肉のカシューナッツ」も美味しい。チンジャオロースとは違った味で嬉しい。
a0041150_1225510.jpg

「海老マヨ」はお菓子のように甘いけれど私は好み。
a0041150_1231768.jpg

「特製の焼きそば」、萬福楼やきそば?って言ったかな?これも凄く美味しい。さらに「餃子」が旨いから良いよね~、「餃子」が美味しいのは大事だよね?お店選択の条件になるし。この辺りが定番。
a0041150_124175.jpg

a0041150_1242665.jpg

「チャーハン」は野菜が多くて家庭的な感じ。「酢豚」もそんなような家庭的な感じで、中華では普通は「酢豚」を一番に頼むんだけど、この店では後回しになる(笑)。
a0041150_125174.jpg

a0041150_1251786.jpg

ラーメン類はまだ食べていない。でも「冷やし中華」は食べた。これも悪くない、そしてとても面白い。
a0041150_126794.jpg

つけ麺風というか、ツユが別に来る。私はぶっかけて食べたよ。
a0041150_1265436.jpg

こういうもののサイドには「春巻」が合うね。
a0041150_1273674.jpg

注文を取りに来るのは若いお兄さんとお姉さん。で、メモを取らず注文は全て暗唱している!中国人エリートの経営店だったりして(笑)。
by masa-hilton | 2016-09-19 12:07 | 趣味&グルメ

イタリアン2で1お寿司、何のことやら(笑)

行き当たりばったり生きているので、毎日同じものを食べたりもしますし、続いても平気。美味しければいいのさ。

同級生であり優れた鍵盤楽器奏者である武久源三くんの紹介で、杉並公会堂の近くにあるとても家庭的なイタリアンに行きました。メンバーはピティナ事務局のグルメ向上委員会のお二人(笑)。お店は本格的と言えば本格的、我流と言えば我流、でも個性はあって温かな雰囲気、都心にはなかなかない雰囲気。楽しかったです。オステリア・クアントバスタさん、武久君のおすすめメニューと私の好みで頼んじゃったから、どうも牛ハラミとかが旨かったらしいのだけど(笑)それは食べず。でもお肉の料理は肉質とソースの勝負で大体は想像はつくので大丈夫(笑)。今度行くことがあれば食べてみましょう。まずは武久くんオススメの前菜。イタリア風な南蛮漬です。
a0041150_18334988.jpg

さすがお酒大好きな彼の選択ですね。それにこのお店、イタリアンなのに芋焼酎があります!
a0041150_1834934.jpg

田舎風なテリーヌとトリッパを戴きました。文字通り、洗練されたイタリアンという感じではない、家族で囲む食卓に出てくるようなぬくもりがあります。トリッパ自体は良質で、味は濃厚!好きなタイプです。
a0041150_18351761.jpg

武久さんオススメのチーズのパスタ、レモン味。ゴルゴンゾーラのペンネのような定番のお味が、しっかりレモン味に!CCレモンのような(笑)。ちょっとジャンクな感じですが実に旨い。これで焼酎飲むんだろうなあ(笑)、なんか合うような気も。
a0041150_18355441.jpg

ボロネーゼ風なパスタも食べてみました。工夫されていますね。
a0041150_18365420.jpg

メインはサルシッチャと鶏のカツ。このカツも武久氏オススメ。見た目はシュネッツェルのような感じですね。
a0041150_18372835.jpg

a0041150_1838027.jpg

創意もあって、飾らない優しい心が見える良いお店でした。こういう普段使いの美味しいお店をたくさんレパートリーにしていると、人生も楽しいですよね。

次は代官山。今度は少しオシャレな感じのレストラン(笑)。予約でいっぱい・・・・デートに使うんだね。女子会も良いね。いずれにしても女の子はこういうところだよな。代官山自体がオシャレな場所ですが、そこに目立つい怪しい建物は結婚式場でした(笑)。最近はこの手の豪華な洋館風みたいなのが多いですね。
a0041150_18274788.jpg

a0041150_18281068.jpg

リストランテ・ヤギはこの式場のすぐ近く、すぐわかる場所にありますね。入口からして豪華でオシャレ。メニューもスタイリッシュで枠からはみ出ることはなく、完成度が高い感じですね。ツィメルマンのピアノのような雰囲気です。それもそのはず、オーナーシェフはフィレンツェの「エノテカ・ピンキオーリ」でプリモを担当されていた人。

まずアミューズはタルタル、続く前菜は「アナゴのパイ包み焼」と「水牛のロビオラチーズ」を使ったサラダ仕立て。
a0041150_1829248.jpg

美味しいイタリアンの上級なお味、定番ぽいですが、その中でもこのチーズが絶品でした。これは旨い!ご一緒したのは武蔵野のグルメなプロデューサー、アナゴがお気に入りのご様子でしたね。
a0041150_18294873.jpg

a0041150_1830114.jpg

真鯵とサルデーニャ産のカラスミを使ったパスタ。上品な味わい。
a0041150_18303686.jpg

やはり肉系のパスタのほうが好きかな。サルシッチャのショートパスタ。でも結局はおまかせだから、私が嫌いなタイプのパスタが出てこなくて良かった。
a0041150_18305322.jpg

メインは豚の肩ロース。最高の肉質と、見事な火加減で美味しい。
a0041150_18311410.jpg

デザートはマスカルポーネを使ったマンゴー。
a0041150_1832522.jpg

代官山はさすがに見た目からオシャレな店が多いですけど、そのオシャレな雰囲気だけ!っていう店もあります。基本を失わない、しっかりとした美味しいイタリアンで大満足でした。

さてこの日の夜は一転していつもの「太田鮨」。イタリアンに飽きたわけではなく、美味しいお魚が良いな~と!これまた行き当たりばったりのこと。でもいつものお店だから、いずれにしても頻度は高い。
a0041150_20484456.jpg

a0041150_2049890.jpg

なんてったって「太田鮨」、お魚がでかい!これがバランス悪くなくて超旨い。他所のお寿司屋さんはケチケチ小さく握り過ぎだよね。これだからさすが、不滅の人気を誇る太田さんなのである!
a0041150_20492314.jpg

そしてアナゴだ。日本一のアナゴ!旨し!このツメたっぷりが良いんだよね。
a0041150_20494712.jpg

スルメと車エビを巻いてもらって、大満足!巻物の具も大きく豪快(笑)!「かんぴょう巻」なんか、太田さん以外では食べられないよね。
a0041150_2050123.jpg

これで幸せな私の二日間(笑)、たわいもないお話でございました。
by masa-hilton | 2016-08-22 21:50 | 趣味&グルメ

お気に入りの新しい和食「やま田」

人形町、ドンドン新しい店ができて、つぶれていく店も多し。私は銀座の「さの」がなくなって以来、ちょっと気軽に美味しく通える和食を探し倦んでいた。普通に鮨に行ったり、天麩羅、鰻にも行くのだから、十分和食は足りているのだけれど「落ち着きたいなあ」と思うとき、和食の店の出す雰囲気が恋しくもなる。人形町高くて美味しいと言われている店はいくつもある。でも普段使いで行きたいのだ。と言って、飲めないのに飲み屋の片隅でつまみばかり食べるわけにもいかない。

最近人形町、日本蕎麦の店が乱立、それもリーズナブルなお店だ。どこも十割蕎麦をうたっているが、そんなに簡単にお安く作られても、かえってまずいという悪循環。大好きな「うさぎや」さんなどは、これはもう和食と言ってよい佇まい。ただ蕎麦屋だから、毎日季節のもので対応するというわけにはいかないよね。その点、同じ蕎麦でも極上の天麩羅を出してくる「かねこ」のほうは、より和食に近い。確かに天麩羅旨いんだよね。稚鮎の天麩羅。
a0041150_13514766.jpg
うにの天麩羅とかも。中はレアな感じでシソに巻いてあって、とろけそう。美味しいよね。
a0041150_13540421.jpg
ただここはお蕎麦が軟らかい。これがポリシーでそうされているのだから、硬くしてちょうだい!とも言えないので困るよね。でも、人気らしいんだよね、「腰のない」柔らかいお蕎麦。どこが旨いのかさっぱりわからないし、最近の「顎が未発達」な甘えん坊が食う未熟な料理にしか思えないんだよな。フニャ蕎麦は苦手なので、そうめん(冷や麦?)を注文。これも柔らかく、水に浸かってないのがいけない気がする(笑)。
a0041150_14005337.jpg
というわけで、一部のファンからは「極上の店」と讃えられている「かねこ」さんはやっぱり行けないなあ。それに気に入ったメニューを頼むとかなりなお値段になってしまうし。

で、焼き鳥?串揚げ?だったかの店がつぶれて、なんやら高級そうな店が甘酒横丁の「魚久」本店のはす向かいの地下に出来た。ここに行ってみたら、リーズナブルな和食だった。和食のダイニング「やま田」である。夜中の2時までやっていて中も広い。
a0041150_14054930.jpg
リーズナブルだし居心地も良く、私の好きなメニューが揃っている。で、すぐお気に入りになって、続けて2回も行ってしまった。酒は飲まずとも1000円のつまみがついてくる。これも美味しいので良しだ。「名古屋コーチンの茶わん蒸し」仕立て、蟹の酢の物を「蟹しゃぶ」ということで。そして「アナゴの南蛮漬け」。良いバランスだし、お味がとても良い。
a0041150_14062249.jpg
どれも美味しいね。これはきっと月替わりなのかな?「たいの塩辛」こちらも美味!!飲まないでも食べられるっていうのは相当旨いんだよ。
a0041150_14081346.jpg
刺身は「たこのおどり」「海老のおどり」を戴く。どちらも旨し。九州の甘めのお醤油で戴くのだが、これがさらに良いっすね。気に入った。
a0041150_14093060.jpg
a0041150_14093597.jpg
もちろん海老も美味しく大感激だが、たこが超旨い!生だこ大好きだからね。足のほうは生きて動いて出てくるのかも思いきや、ちょっと調理されている。でもこれがまた美味しいので許す(笑)。そして「のどぐろ」の塩焼。
a0041150_14094155.jpg
超旨い!最高だね、この塩焼きは。そして甘いお味噌がわきにあって、それと戴くとまたオツ!!これは毎日でも食べたいよ。
a0041150_14095437.jpg
〆は釜飯で。「いくらと蟹の釜めし」、これも美味しかったなあ。別にコースでとったわけでもなく、アラカルトで戴いたのに、サービスでコーヒーとデザートも付く。
a0041150_14100853.jpg
これで6000円、この日は初めてだったので調整できなかったのだけど、たぶん5000円以内で楽に食べられると思う。2回目は管理人さんとの打ち合わせに使う。ホントに3日後ぐらいに行ったので、ほとんど変わりないメニュー。この日は日曜、少し働くお店の人も少ないし、てんてこまいしていて、ウィーク・ディに比べると段取りは悪かったかも。確かにここは全国展開のチェーン店らしくもあり、だからこそできるリーズナブルさなのだろう。広いカウンターで食べられるゆとり感が、良い時間を作ってくれるのかもしれない。さて、今回も先付は前回と同じ3品だ。
a0041150_14103100.jpg
アナゴの南蛮漬けって、美味しいものだね。普通は鯵ですよね。
a0041150_14104535.jpg
蟹しゃぶは薄味で美味しい。茶碗蒸は卵の殻に入っているので、取扱注意だ。
a0041150_14103850.jpg
「のどぐろ」の肝和えを戴く。飲まないし、これはなくても良かったかも(笑)。
a0041150_14111028.jpg
今回も「たこのおどり」は再注文、やはり旨い!!これは外せないなあ。
a0041150_14112363.jpg
そして「石ガレイ」、わざと熟成感を出した香り豊かな刺身。
a0041150_14112956.jpg
そして定番「のどぐろの塩焼」はもちろん絶品の旨さ!毎日でも飽きないな。
a0041150_14105497.jpg
「鱧の柳川」、鱧自体も美味しいけど、柳川のお味が良い。これも定番にしたいなあ。
a0041150_14111612.jpg
「釜飯」は「たこ」で。私の好みでは前回の「いくらと蟹」のほうが好きかな。
a0041150_14113424.jpg
そしてコーヒーとデザートのサービス。デザートはチョコレートの羊羹。これもなかなか良い(笑)!
a0041150_14101962.jpg
というわけで、ここはオープンしてくれて嬉しいお店だ。またすぐすぐ行く~~!

by masa-hilton | 2016-08-14 14:20 | 趣味&グルメ