カテゴリ:趣味&グルメ( 430 )

私限定?

銀座で打ち合わせ、またはリハーサルがあるとき「お昼ってどうしてる?」と宮谷理香さんに聞かれたんですが、うちは銀座は近所だから、普通に美味しく手軽なランチを狙って行くのみ(笑)。

色々あるけど、そのうちの1つは銀座・岡半の「ビーフシチュー」だな。この間も打ち合わせで使いましたし、このブログでもおなじみ。岡半さんは新橋の金田中の鉄板焼のお店。有名店でもあり混んでいて、昼は予約ができないので並ばなければならない。

そして戴くのがビーフシチュー。サラダ付き。
a0041150_1395721.jpg

a0041150_13102966.jpg

お肉は、夜に出す高級肉の切り落としだからね、トロトロで最高だし、何といってもデミグラスソースの味が良い。私の好みドンピシャ。ところが(いつも書いているけど)お店で食べてる人ほとんどいない。これって私限定?皆さんはお肉の鉄板焼。もちろん美味しいんでしょうけど、肉は薄いしさ(笑)、どこにでもあるよ。ホント、ビーフシチューを食べないなんて、申し訳ないけどアホだなあ(笑)。アホは私のほうかもしれないけど、まあここは「なんとアホの多きことよ!」って気分で食べられるビーフシチューを楽しむことにしよう、ニャハハ。

あとよく行くのはショコラ・カフェの「ブロンデル」、スイスの160年の伝統を誇るチョコレートの名店。こちらのカフェが超旨い!ここでお茶をするのが私の定番。あ、お茶じゃないや(笑)、ホット・チョコレートだね。
a0041150_13115274.jpg

ここが混んでは困るんだけど、全然認識されてない感じだよね。でも混んでは困るのだよ(笑)、それであまり書いていないけど、いつもここで楽しく美味しくやってます。美味しくてお客さんが少なくて私にはありがたい。ここも私限定?(笑)
by masa-hilton | 2016-06-07 13:13 | 趣味&グルメ

銀座で爆買いしないけど、浅草で爆食いします

大きなキャリーケースを転がしながら銀座で爆買いの中国の人も、すっかりおなじみになってしまって違和感もありません(笑)。それに対抗したわけではありませんが、浅草で爆食いシリーズ。普段おとなしく、上品に健康志向の管理人さんは時々「餃子が食べたい」「肉を思いきり食べたい」と不思議なテンションになります。そのテンションならまかしとき。私はいつもそのテンションですから(笑)。「特に餃子はガンガン食べたい!」というのはよくわかるよね。太田鮨の妹さんをはじめ、他の友人からもそんな話を聞きました(笑)。

餃子、最近よく行くのは浅草にある「餃子の王さま」です。ここは旨いですね!特に野菜餃子の「王さま餃子」は私の好みにドンピシャリ。お店自体はとてもディープな感じです!行列の時もあります。
a0041150_4559100.jpg

餃子は表面はカラッと、中はジューシー!いくらでも行けますね。
a0041150_464815.jpg

肉餃子もありますし、水餃子もある。でも野菜餃子の「王さま餃子」が好き!ドンドンおかわりしちゃいます。
a0041150_471033.jpg

餃子以外のものの評判はさまざまで、人によっては得手不得手があるようですが、とても「昭和な感じ」ということなんだと思います。私には結構合います、好み!「ソース焼きそば」とかね、何とも良い感じですよ。
a0041150_475794.jpg

「チャーハン」とかもきっと、パラッとしていないのだと思います。それが昭和!高級中華のチャーハンより、ちょっとべとつくぐらいのほうが好き(笑)。これもそのうち食べてみますね、楽しみ。次に行ったとき「ピータン」と「天津丼」食べました。これも旨かった!
a0041150_482387.jpg

a0041150_48393.jpg

私は「天津丼」大好きですが、このシンプルなお味はかなりお気に入りです。それがまた餃子によく合います。幸せだぞ!
a0041150_49290.jpg

餃子を焼いているお父さんの厳しい表情が素敵ですね。そして仕事の手際がとてもきれいなんですよ。ピアノで言うとカサドゥシュの演奏のようです。至高の境地だ。ここは何度も再訪することでしょうね。

「餃子の王さま」の向かいには鰻の名店「小柳」があります。浅草は鰻の老舗が多いですが、全部が全部美味しいわけではないんですよ。「小柳」は役者さんや落語家さんなど、浅草ゆかりの芸能人も御用達のお店。こぎれいな感じのあっさり系の鰻ですね。もちろん悪くないです。
a0041150_49345.jpg

肝吸いは塩気が強い。
a0041150_410091.jpg

値段が割とお安いから、少し小さめ薄めでも文句ないです。「銀座鳴門」に似た感じの鰻ですが、あちらのほうがタレが濃いから好き。さらに私はボリュームがほしいので、「小柳」再訪はないかもしれません。

ボリュームといえば「いきなりステーキ」浅草店。前回、結構満足したので。
a0041150_4103985.jpg

立ち食いステーキのお店ですが、ここは座れるので良いですね。今回のお肉、総グラム450グラム也。
a0041150_411648.jpg

大根サラダ、見た目は雑な感じですが、美味しいです(笑)。
a0041150_4113261.jpg

意外に楽勝でしたね。ヤバいなあ。最上のお肉ではありませんが、量食べる目的で行けば、かなり満足できるかも。人形町にもあるといいなあ。

爆食いをした後は、京急の入り口近くの「クローバー・カフェ」がお気に入り。ここのシフォン・ケーキが美味しいのです。
a0041150_4132732.jpg

これで大満足!爆食いはぜひ浅草で!ね(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-11 23:42 | 趣味&グルメ

とりあえずの朗報!

ワシントン条約の事務局の発表で、マグロとウナギが絶滅危惧種から外れた。とりあえずの朗報です。だってよく食べるものの2つがなくなるのはキツイ。しかしながら将来的なことはわからないが。

週3日をウナギにしている私としては、ウナギが制限されることほど悲しいことはない。下手すると私の健康を保っているのは、ウナギだけかもしれないので死んでしまうかも(笑)。あまりにしつこいのでブログにもアップしていないけれど、ちゃんとウナギは食べ続けています。マーケットの不味いウナギでさえ食べますよ。あれは卵かけごはん、さらにトロロと「たらこ昆布」をご飯にまぶして、その上で鰻丼にすれば食べられます。「吉野家」のウナギも然り。でもやはり鰻重は「鳥かど家」!「松」でなくても「竹」でも十分すぎる大きさ。下手な老舗じゃ6000円するよ。
a0041150_15344716.jpg

先日、浅草の「前川」でテレビが入っていましたが、それこそ6000円の鰻重です。以前食べてあまりの貧弱さにびっくりしましたが、タレントさんも食べ残していましたね。あれは確かにひどい。品薄とは言いますが「鳥かど家」さんを見習うべきでしょう。そこへいくと「いづもや」さんは立派な鰻。最近よく行く三越イート・イン。
a0041150_15374217.jpg

上質ではあるんだけど、ちょっと柔らかすぎるのと、やはりタレの味が何とも薄い。頻繁に食べると物足りなさも膨らんでしまいますね、それにお高い。タレの濃さの旨さから行けば、松坂屋のイート・イン「銀座鳴門」。ここはよく行きます。特に休日はありがたいお店。
a0041150_15384949.jpg

やや鰻は小さいけど、許容範囲。普段使いは「喜久川」さん。どちらかといえば、ふっくら感の強い富沢町の「喜久川」さんだと、お安い鰻重でも満足でます。
a0041150_15393614.jpg

2500円以内で戴けるのは今時ありがたいよね。ちょっと閉じこもり気味で編曲や練習したたから、通しでやっているのも有り難い「喜久川」さん。リガーレのほうにもよくお邪魔している。通し営業といえば「三崎丸」。いつものように「大トロ」や「シマアジ」などなど。
a0041150_15404897.jpg

a0041150_1541712.jpg

「焼サバ」も食べてみましたが悪くない。
a0041150_15432778.jpg

「イカ天麩羅」は山盛りで安い。お気に入り。
a0041150_1544125.jpg

そういえばリーズナブルなお寿司屋さん「まこと寿司」さん、壊していたな~。なくなっちゃうんだろうか、それともただの工事か。そしてお休みでも開いているのは「江戸浜」さん。こちらも相変わらず美味しいね。何気に出される一級のお寿司です。「大トロ」・・・なくなっては困りますよ。
a0041150_1546149.jpg

「ほたて」「たい」「赤貝」「ヒラメ」「みる貝」「白いか」など。
a0041150_1547234.jpg

a0041150_15482235.jpg

というわけで、ワシントン条約(笑)一安心なんだかどうだかだけど、また明日あたりウナギにしようかと。
by masa-hilton | 2016-05-03 16:06 | 趣味&グルメ

丸善のハヤシライス

私はハヤシライス好き。一流ホテルに行って無難に食べたいときは「ハヤシライス」に限る。そうは外れない。私のお気に入りは精養軒の。こちらは日本におけるハヤシライス発祥の地という説もあるし、松屋デパート銀座ではステーキがついて、大好きだ。

しかし日本ハヤシライス発祥の地はもう1つ説がある。それが日本橋の丸善。このカフェにあるハヤシもまた旨い!本家ハヤシライスはポーク、デリシャスにビーフと玉ねぎを煮込んだものもある。その合いがけ!サラダもついています。
a0041150_01336.jpg

a0041150_004885.jpg

やはり美味しいね。特に元祖のポークのほうが好きだ。これは旨い!

メニューで気になったのは「シーフード黒カレー」。こちらはイカ墨のカレーだった。マイルドで美味しい。もちろんサラダ付き!
a0041150_015377.jpg

a0041150_022233.jpg

デザートに看板の「レモン」のケーキを頂いた。これはお高い!クレームシブーストの皮のあたりの苦みが素敵。
a0041150_025190.jpg

その値段の価値があるかどうかはわからないけれど、そもそもこのカフェ、空気が良い。おじ様たちの「紳士の接客」も素晴らしいし、インテリな空間(笑)。そもそもカフェって、ちょっとそんな小難しい空気の上に、温かさがあるのが最高なんだね。上品にあってほしい場所なのですよ、だから最高。また行きます!
by masa-hilton | 2016-05-01 23:44 | 趣味&グルメ

中華二題

何だかんだで中華も食べることが多いですね。私がセレクトしていくところは限られています。とにかく偏食ですから(笑)。

まずはCD制作の打ち合わせで行ったのは、いつもの銀座「全衆徳」。ここは美味しいですね、というより何よりも私好み。慣れているせいもあって、お店の中国の人も親切にさばいてくれます。とてもお気に入り。

昔は絵のように並べて出してきましたが、最近はシンプルに出される前菜。でも品数は多いし、こちらのほうが良いかも。どれも深く現地的な味わいで。赤酢が効いていて旨いです。
a0041150_18495211.jpg

特にチャーシューとか、こういう本格中華ならではの味わい、うれしいです!スープはフカひれの姿煮、もちろん美味しいに決まっています。フカひれがどうこうというより、基本の「味」がさすがなんですよ。大好きです。
a0041150_18502731.jpg

カニと海老の炒め物。写真にはうまく撮れていませんが、実はカニなど餡をからめて細工してあります。そして海老の質がまたよいので、絶妙なバランス。旨くないはずがありません。
a0041150_18513693.jpg

そして北京ダック登場!切り分けていただきます。
a0041150_1852086.jpg

a0041150_18521234.jpg

まずは皮に砂糖をつけて、超旨いですよね。おなじみの食べ方でも肉の質と量がが違うので、別物のように美味しい。
a0041150_18524928.jpg

a0041150_1853727.jpg

ここの「汁ソバ」は昔は過激なほどに現地の味で、ちょっと好みが分かれるところでした。が、最近は大丈夫。ダック尽くしのソバで、それに絡む太いヌードルが美味しい。
a0041150_18533385.jpg

デザートもそこらの中華コースとは全然違う。こちらも深い味わいなのです。
a0041150_18535786.jpg

a0041150_18541357.jpg

そして昨日のことですが、親友の三舩優子さんとピティナの福田さん(奥さまのほう)、實方さん、マネジメントでもお世話になっている黒木さんというメンバーで、何とこれはお仕事をはなれた純粋なる宴会(笑)。ある音楽事務所のメンバーとは、真嶋さんのお誘いでご一緒してますが、今回のメンツも強力です、そして楽しい!普通の音楽家はこういうのやらないからね。みんな仕事絡みになってしまうし。

場所はサンシャイン・シティ。最近はあまり行かない場所、ちょっと懐かしいというか。昔は大泉学園に住んでいたこともあって、池袋はよく行っていたのです。昨日はサンシャインビルが突出して高いイメージではなくて、「あれ、こっちだったっけ?」という感じでキョロキョロしちゃいました。場所は「ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク」の池袋店。とってもお洒落なお店で嬉しかったです。

宴会とても楽しかったのですが、三舩さんによるインタビュー形式で(笑)「下ネタ」から「ためになる教育論」まで、気がつくと例によって私が一人で喋りまくっていました(笑)。今さら反省しても遅い。まずは「前菜4種盛り合わせ」からです。
a0041150_1855508.jpg

a0041150_18561244.jpg

若い人向けかな?肉のソースなどは辛口でヒリリ。クラゲの酢の物は超旨い!全体的にはスッキリ系。「うちはニューヨークの中華ですから」とお店の人が説明に来ていましたが、いわゆるスタイリッシュなお店です。創作中華みたいな感じがしますね。

こちらで有名なのは「小籠包」。次にその「Joe's 特製・蟹肉入り小籠包&豚肉小籠包」が来ました。看板メニューということですね。
a0041150_1857672.jpg

a0041150_1857304.jpg

とても濃厚で美味しい。普通の小籠包より大きめで具の入り方も充実した感じです。確かに美味しいですがその一方で、普通に中華のスタンダードの店で、もっと美味しい小籠包もあると思います。人気だということでの看板でしょうけど、例えばクラシック、特にベートーヴェンなどは才能にあふれアイデアに満ちた演奏ができて誇らしく思ったりしても、結局は伝統的な解釈で上手に弾かれたら絶対に敵わない。お店の人も「ニューヨークの中華ですから」とまた言いに来ましたし(笑)色々考えさせられます。

次は「フカヒレ入りカボチャのポタージュ」。
a0041150_1858522.jpg

これも創作モノ(笑)。ここからはもう中華を離れて少し不思議なお味へ移行・・・ポタージュとは思わなかったです。「フカひれ」もかぼちゃ味になってもったいないような(笑)ですが、食べたことのない感じのお味だったから、これは楽しいかも。面白かったね。
a0041150_21383074.jpg

「大海老と根菜の唐辛子」、しっかり唐辛子が乗っています。私は食べませんでしたが、そのものズバリは、かなり辛かったそうな(笑)。そりゃそうだ。やはり現代感覚のお店ですね~。そして「ポークと根菜の林檎酢酢豚ミルフィーユ仕立て」。これも個性的、でも好き!大体が「酢豚好き」ですからね。
a0041150_21402721.jpg

見た目が「揚げ餃子」のような「スィートポテト」のような面白い形。これに似たロシア料理があります。「ジャーリェナヤ・クーリッツァ・ス・ヤーブワカミ」。甘いリンゴのソースで戴く鶏の焼き物、鶏肉の中にもリンゴが詰めてあるんですが、こっちは酢豚だから(笑)豚肉だし。思い出したのはお味が林檎酢だったからですね。純粋な中華ではないですがその分、華やぎがあって、宴会にはぴったり、ナイスなお店の選択でした、感謝。
a0041150_2141323.jpg

「ズワイ蟹入りレタス炒飯」、これも最近は多いけど「レタス炒飯」って昔はなかったよ。今じゃ我々が若いときにあった、汚~い中華で親父がまん丸く作る「炒飯」・・・ホントに「ヤキメシ」という感じのアレ(笑)を探すほうが難しかったりですね。
a0041150_2143882.jpg

一人では行かないお洒落なお店や、自分のイメージとは違う場所や知らないところにも行けるのは楽しいし、自分の主観と違う話も聞けて有意義。それって当たり前のことですが、あまりに私は気ままにわがままに生きているので(笑)、ほっておくと完全に自分色になりがち。人前で演奏していく上では、それは良いことではないし成長もしない。「芸のためには遊べ」っていうのは、こういうことを言うのだなあと・・・・都合良く考えて宴会はゴキゲン。
by masa-hilton | 2016-02-17 21:59 | 趣味&グルメ

困ったときの「鳥元」さん 人形町3丁目

株はやらないので興味はないのですが、株が大変なことになっていますね。戦争だの北朝鮮の核実験など、お正月から何たることやら!でも音楽界ではクラシックではブーレーズ、ポピュラーではナタリー・コールが亡くなりました。大ショック。ナタリー・コール大好きだったけど、ここ最近は歌のほうに、思わぬ衰えを感じていました・・・・でも亡くなるとはね、悲しいです。

お正月あけて早速「ミートソース」を食べたくなって「トーキョー・パスタ」さんに行けばランチ売り切れ。早すぎる!食べたいものがなくなって、ウロウロしてると「鳥元」さんの前。このお店、昔は人形町はほとんどのお店が土・日はお休みだったので、困ったときの「鳥元」さん!などと言っていました。人形町3丁目のほう、久松警察方面。チェーン店の強み!ということで、休日にはありがたいです。
a0041150_16163389.jpg

最近はファミレスでもチェーン店でも、そこそこのものは必ず出てきますよね。「こんな不味いもの」と思うようなことはなくなってきたように思います。そんな安心感もあって久々「鳥元」ランチへ。

まずは、メニューの多さにビックリ。そしてお客さんも多いのですが女子の多さにまたビックリ!グループあり、お一人もありで、女性が多いですね。やはり品数が多いせいでしょう。お店も汚くないし、ハンバーグからお蕎麦までストライクゾーンも広いからでしょう。お値段もリーズナブルです。この日は「鳥のすき焼き」920円。
a0041150_16171248.jpg

味噌だれ?かなと期待してたら普通のでした。鶏肉は普通に美味しく、お味は甘さが控えめ。トロロもついているしヘルシーな感じかな。実はこれ、昔に食べたとき味が濃くて食べられないほどでした。味が濃かったのは人形町一丁目の「鳥元」だったので、お店で味が違うんですかね?今回のは、とにかく改善されています(笑)。
a0041150_16173724.jpg

ただ、甘いほうが好きだから「大市」さんの「すき焼き」ランチのほうが私は良いです。さらに安いし。卵もどっぷりつけていただくほうが好き。でも悪くはありません。そんなことで気になるメニューを毎日試しました(笑)。次は「親子丼」。こちら、お味はとても普通でした。
a0041150_16182374.jpg

不味いことはないけどね、特徴はない。お肉ももうすこし入っていてほしいかな、850円。「親子丼」も私は「大市」さんだな。さて、一番期待していた「鳥天丼」です。これはイメージと全然違ってビックリ。見た目から「ソースがかかってるの?」と思ったぐらい!ちゃんと丼タレで一安心。お味は不味くないけど、なぜにキャベツ?
a0041150_161851100.jpg

鳥も柔らかくて良いのだけど、これは天麩羅じゃないしな~。想像してたのと違う残念さが満載になってしまったけど、まあ、750円だから。

この4日間のランチのうち、一番良かったのは「牡蠣ショウガ蕎麦」。これは旨かった!牡蠣が5粒です。
a0041150_16193267.jpg

ショウガすりおろしたお蕎麦、例えば「かきたまうどん」とかでも、そのようにされちゃうと涙が刺激されちゃって食べられない。そういう意味では小さな切れっぱしがはいっているだけだったので、私にはとても良かった。これは毎日でも食べたいような!そんな感じで幸せ!

チェーン店だしお値段も安いし、それなりのものだけど、メニューはさらにお肉料理もあるし、限定メニュー、日替わりまで多数。やはり困ったときの「鳥元」さんですかね。昔は「豚の味噌焼」とか「牛タンの味噌焼」・・・味噌焼が好きでしたが、今のメニューにはないようです。
by masa-hilton | 2016-01-08 16:19 | 趣味&グルメ

スタンダードに普通であることは偉大だ

お互いバタバタ動いている間ではあるけれど、三舩優子さんが遊びに来る。ホントに遊びだけで来るのだけど、ピアニスト同士では珍しいことらしい。私のところには彼女だけではなく、遊びだけに来てくれる人が多くてとても楽しいね。

音楽的な話は今更って感じで、もちろん業界の動向や、誰が今こんなことになってしまっている(笑)みたいな、とてもここには書けない話題が(笑)。遊びに来た割にはお互いに時間がなく、ごはんはそそくさ&豪華に「ぐるとん」さんで無理言って、ランチなのに「ビーフシチュー」!これは実は最高!大好きなメニュー!
a0041150_202529.jpg

旨いね、そして「オムライス」。ここのオムライスが一番「品が良くて」好きだな。玉子はきちんと巻いてなくては風味が落ちる。
a0041150_2033072.jpg

と楽しいお時間だった。私も色々言ってしまうけど「オムライス」って・・・最近なんか特別視されているけど、普通のものだよね。普通に美味しいのが一番で「とろとろ」玉子とか、ヴァリエーションになればなるほど音痴っぽい。冷静になればイマイチのような気がするんだなあ。「オムライスの名店」「ナポリタンの名店」・・・これらは普通であることが大事ということを教えてくれている(笑)。「名店」とかじゃなくて、きちんとしているというか(笑)そういうことでしょ~、ね。

ここでもきちんとした「オムライス」が!
a0041150_2035554.jpg

これは銀座の「ア・ヴォーテル・サンテ・エンドー」さんだ。イタリアンだけど、とても日本的な懐かしい雰囲気を伝える。それも日本の「文化」っていう感じ(笑)。ちょっと昭和の香りもあるこのお店が、若い人に大人気なのも嬉しいですね。「オムライス」は絶品と言われているけど、「ぐるとん」などの美味しいものも食べているから,私には普通に感じます。それが良いのです!普通でなければいけないんです(笑)!

有名なのは「フルーツカレー」!これは普通ではなさそう(笑)。「ステーキカレー」とかのほうが私には良いのかな?辛いの苦手だから二の足を踏む。そこで「ホタテのカルパッチョ」(笑)。
a0041150_2043474.jpg

やはり人気の「ヒマラヤカレー」はこちら。ニンジンが凄いですね。ごはんとは別に来ます。
a0041150_2051435.jpg

a0041150_205299.jpg

これは管理人さんが食べたのだけど、「ヒマラヤ」というよりはやはり日本の香りがするとのこと(笑)。その折衷感が良いのだよね。思いっきり辛くはないそうで、ちょっと塩きつめの感じでスパイシー。ネパール人のスタッフの方が作った家庭料理のカレーということで、見た目からしてどことなく「ぬくもり」がありますよね。

こちらで文句なく美味しいのは「ピザ」。これも今様の本格的ピザというよりは、私たちが食べてきた日本の「ピザパイ」の香りがする。懐かしい!実は大好きなんだ。この種のピザは「ボンテ」とかに行っても食べられるけど、こちらのほうが断然旨い!きっと若い人が食べても十分に美味しい!と思うのでは?
a0041150_2055875.jpg

このピザはお野菜などがてんこ盛りの「プロヴァンス風」何とか・・・だったが、絶対「銀座風」だと思ふ(笑)。銀座のモダンな心意気を感じさせるお店。若い人に行かせては勿体ない(笑)ような小粋な心意気!良いお店だ。

若者にはお手軽&お洒落で良い店だと思ったのは「トラットリア・オルトレ」。ランチはメチャ安い。安いがために(だと思いますが)すべてシンプル。サラダは雑な感じだけど野菜大盛だからね、これは許されるでしょう。
a0041150_2062938.jpg

「ミラノ風カツレツ」もね。これは当たり前すぎるトマトソースがかかっていて。どこにもありそうな感じ。まさに普通だから良いともいえるけど、ありふれていてはつまらないんだよね。
a0041150_207334.jpg

何も不満はないけど、やはり夜のメニューを見ていても、私の苦手そうなイタリアン・バルの感じだった。でも接客の良さと何とも言えないシンプルさは、例えば大学なんかの近くにあって、パパパと食べたりするカフェのような感じだね。私は再訪はないかなあ。

そうそう、学食とか社員食堂といえば「魚久」のイートインもそんな感じがする。お食事処、雰囲気はあまりにも普通の空間(笑)。でも「魚久」は何度も行く。やはりお魚、これがスタンダードだ!そして焼いてもらえるのが嬉しい。値上がりしてましたね。味噌焼の「カレイ」がランチから消えた。そうなると「ギンダラ」かな?これもスタンダード!
a0041150_2073597.jpg

やはり旨い!このころよりはかなり値上げした分、付け合わせは良い感じ。
a0041150_208094.jpg

通常はここでランチは終わりなんだけど、私のような地元民は「売り場」にあるお魚を単品で焼いてもらうのだ。「カレイ」もそれなら食べられる。本日は「さば」!
a0041150_2083992.jpg

「魚久」の「さば」?って思われるかもですが、これが美味しいのだよ!これを焼いてもらえるのはさらに美味しい。それに「さば」だから(笑)追加しても高くない。切ってくるからシェアもできるし。ぜひお試しください。
by masa-hilton | 2015-12-11 20:12 | 趣味&グルメ

松坂屋ってたくさんポイントたまるんだから(笑)

先日お蕎麦の「かねこ」で超旨い「牡蠣天」を食べて思い出した。「三友」さんも「牡蠣フライ」の季節になっているはずだ。というわけで行ってみると、あったあった。
a0041150_20251718.jpg

美味しい美味しい!でも、まだ季節の初めだからね。今は小さい牡蠣が8個から12個使用されている「ギュウギュウ詰め」状態で(笑)、これがさらに良い時季になると6個ぐらいで、このときが超美味になるってわけよ。でも今でも十分、毎日でも食べたい。「カツオ」のお刺身も頂いて大満足!これが昨日のお話。

a0041150_20232319.jpg

昨日は雑誌「ショパン」の皆さんとウナギを昼に頂いて打ち合わせ。渋谷の「松川」。少し脂が飛んでる感じがしたが上品なお味。お昼時だから焼いて「すぐ」ではないのかもしれない。
a0041150_20224660.jpg

もう少しジューシーなほうが好き(笑)。ワイルドなウナギ好きです。

別件で「日曜にウナギを頂いたから今週はちょっと」というお話があったけど、私はここんところ毎日ウナギだ。週3回は守られている。上野の松坂屋の「銀座鳴門」。ちょうどさっきも頂いてきたばかり。マジ続いてます。
a0041150_20351948.jpg

「銀座鳴門」はイートインだけにスタンプサービスがあって、10回行くと1000円引いてもらえる。今日はまさにその日だった。ラッキー!実は3日前にも行っていた。
a0041150_2022455.jpg

松坂屋のカードのポイントもたまって、いろいろ買い物もできた。「ウナギさまさま」であ~る。

明日は公開講座、飛びこみも大歓迎です。楽しくできるとよいなあ!
a0041150_20202629.jpg


by masa-hilton | 2015-10-15 20:35 | 趣味&グルメ

好き嫌いは、しかたないんですよ

おかげ様で日本橋の有力なグルメブログにされているようですが、私はグルメではなく偏食なだけです。だから世間で絶賛されていても、全く美味しく感じないような店も多いし、流行りのバルやワインバー的なイタリアン&フレンチは大嫌い。メニューは少ないし、ワインが主役だから料理の技術もイマイチ、さらに客層が悪いのです。最近大声でバカ笑いしているような人たち、多いですよね。あれじゃ子供が行儀が悪いなんて叱れませんよ、自分のウチじゃないんだからさ・・・・(笑)。

小伝馬町、馬喰町に近い、東日本橋のイタリアン「トラットリア・リンシエメ」も、レストランじゃなくバル系のお店でした。選択ミス。お店の人がとても優しそうな感じなので、酔った客にナメられちゃうんでしょうね。大騒ぎの人たちに辟易しながら、気になっていた「ボロネーゼ」を戴きました。
a0041150_6361273.jpg

お味は普通です(笑)、けっこう美味しい。ミートソース風でもあって、きちんとした「ボロネーゼ」になっています。前からお店の前のメニューでこの「ボロネーゼ」が気になっていたのでした。

あと戴いたものは「テリーヌ」、お味は「リエット」のようです。とても普通ですね。どこもこんな風・・・最近はそういうの多いんです。
a0041150_6372023.jpg

「海老のトマトソースのパスタ」も戴きました。
a0041150_6374562.jpg

こちらは「イル・バンボリーノ」でもおなじみのパスタ。「バンボリーノ」さんのほうが、何と言っても「手長海老」だしソースの味も立っていて、ずっと美味しい。「リンシエメ」のほうは総じて優しいお味で、不味くはないけどすべて想定内な感じです。「自家製ソーセージ」も、もっと「自家製ならば」の強い個性があるほうが好きですね。
a0041150_6405298.jpg

普通なお味で、あんな騒ぐお客もいたんじゃ、とてもじゃないけど私は再訪ナシ。お店のせいじゃない部分もあるから、かわいそう。騒ぎたい人は「個室のある店でおやんなさい」と言いたい。しかし、騒いで一体何が面白いのだろうか?メニューはもっと多いほうが良いですね。

私は辛い料理が嫌いだから、東南アジア系のレストランはほとんど行かない!そう言いつつ、お蕎麦の「志な乃」の隣にあるタイ料理の「ラララ食堂」に行きました。ここは大変評判の良いお店です。感じも良いし、現地っぽい良さがお店に入った途端に感じられます。人形町の「ピーナッツ食堂」などタイ料理の良い店がこの辺りに結構あるようですね。

それで結論を言うと、やっぱりダメだった。再訪はナシ。理由は簡単、辛くないものを食べたんですよ、チャーハンとかね。ここで一句「タイ料理、辛くないは 旨くない」ってことか(笑)。チャーハンならば中華が良い、そんな感じです。でも現地で屋台で食べたらこんな感じなのかも?ですね。もともと嫌いだし香辛料で「あたる」のが怖いので、今まで食べたところは高級ホテルばかり。和食やフレンチで考えればわかるけど、高級ホテルは「素材は良くても味は無難でつまらないことが多い」から、きっと私の知っている味もあてになりません。それを勉強したいとも思わないし(笑)。音楽で「すばらしく良い」と言われても、ロックのコンサートには絶対行かないのと一緒ですね、やめておけば良かった。ランチでしたので、粗雑な感じのサラダつきます(笑)。も少しきれいでも良いよね?
a0041150_6421527.jpg

米粉のヌードル(辛くない・笑)。そして目玉焼き付きのバンコック風のチャーハン、900円ぐらい。このお値段で文句を言っちゃいけないよ。
a0041150_6424059.jpg

a0041150_6425479.jpg

でも何となく・・・・見るからに苦手ですね(笑)。ごめんなさい。基本的にはとても評判が良いお店です。居心地も良く楽しいお店。お店は何にも悪くない!私が悪い。ぜひ皆さんは行ってあげて下さいね。

人形町、トルナーレの後ろに新規お蕎麦屋さんがオープンしています。こちらも評判がよろしい。「かねこ」さんです。
a0041150_6432149.jpg

見るからに高級蕎麦屋。でもカレー蕎麦などもあります。ツマミもそれほど高くありません。出来る感じの大将と女将さん?女性スタッフもとても感じが良いです。そんな心遣いがきれいなお店に反映されていますね。
a0041150_643414.jpg

「天せいろ」2200円を注文。才巻海老など、高級厳選素材で上等な天麩羅です。「お塩で」と言われましたが、私は「お塩で」と言われるのが大嫌いです(笑)。天つゆが良いんですよね。そこは作ってもらいました。
a0041150_6445525.jpg

高級素材は小さい。一口サイズです。ここでお蕎麦が登場。人形町の名店(閉店しました)「仁行」を思わせる極細。全く腰のない最近のお洒落なお蕎麦屋さんのスタイル。ツユは濃い、でも甘さは少なく辛くなく、ひたすら濃厚な感じ。
a0041150_6453710.jpg

私、苦手ですね。最近の人はあごの骨が弱いからこういうのを好むのでしょうかね(笑)?好き嫌いだし、人気のスタイルですから文句はありません。ただもっとジャンクで土着なイメージ?・・・・昔ながらの良さ、コシの強さとか、私は欲しいですね。お蕎麦は凝り過ぎて水で食べたり・・・・いろんな人がいますね。アマチュアの人が研究熱心にいじりすぎて、全く摩訶不思議なピアノを弾いたりするのと、何か同じ臭いがしちゃうんだけど(笑)。何事も普通であることは基本、大切です。追求派の「仁行」ならば誠実な姿勢を感じる「うさぎや」さんが好きだ。

ここで「アナゴの天麩羅」登場。これはメチャクチャ旨しです。天麩羅食べにくるんだったらアリ!かな。
a0041150_647934.jpg

面白いのは1年中「冷麦」があって、蕎麦の代りに注文しても良いんだそうで。もしかすると「再訪はない」と思いまして、注文してみました。ザルで来るんですね。
a0041150_6475481.jpg

旨いです!これは良いです。汁は薄めながらしっかり味があり、蕎麦はツユが少なめに来て足りませんでしたが、こちらは大丈夫。細い蕎麦と冷麦、食感があまり変わらないかも。冷麦専門なら再訪アリ、天麩羅旨いし。見ると「白子」や「牡蠣」の天麩羅が単品であります。「牡蠣」を注文しました。一粒800円。
a0041150_6482683.jpg

新鮮で立派だから、不味かろうはずがない!超・旨いです!!幸せ。
a0041150_6485824.jpg

大将はとても良い感じの人で、お話も出来たので、「大将の主義に反すると思うのですが、太めの腰のある蕎麦もメニューに加えて下さいよ」とお願いしてみました。「ま、極細で勝負してるからね(笑)」とにこやかに。「でもそういうの自分嫌いじゃないんで、余裕が出来たら打ってみます」とのこと。「田舎蕎麦」名前で別メニューがあっても良いですものね。しっかり主義を持ちつつも、こういう柔軟な姿勢が素晴らしい。プロフェッショナルを感じました。また行きます(笑)。満足!

滅多に行かないお店を、今回は特集している感じですが、今度は老舗。三越の斜め前にある「天松」さんです。実は何回か行ったことがあります。夜に行くと9000円ぐらいは覚悟するお店ですが、私はランチばかりでして、「天丼」や「定食」を戴いています。老舗の力、普通に技アリに旨いです。
a0041150_6493649.jpg

最近の「軽い衣」の店ではないのです。しっかりとした衣だけど重くない。庶民的な天麩羅と高級天麩羅のちょうど真ん中にあって、場所柄の風情のある趣ある天麩羅が食べられて、とても良いですね。
a0041150_650944.jpg

どれもこれも美味しいというよりは、風情を感じる。これがこのお店の良いところ。感じは良くても媚びることのない凛とした職人さんのお人柄が、沁みています。
a0041150_6512366.jpg

この微妙な衣の按配が「かき揚」にちょっと影響しています。特にランチの「かき揚」だからなんでしょうね、やや衣の重さが邪魔をしてしまう感じがあります。
a0041150_6515599.jpg

「かき揚」のないほうのメニューを選んで、他の一品ものを追加されたほうが満足は高いと思います。通の食べ方ですね。この雰囲気はいつまでも守ってほしいお店です。もちろん再訪アリ。

結局いつも行くお店で同じものを食べることになる私。食べ歩きは実は趣味ではないのかも。
by masa-hilton | 2015-10-14 06:56 | 趣味&グルメ

「くしや」はどこか温かいお店

私の家から一番近い食事と言えば「吉星」だけど、普段利用するお店でということならば、まず「ぐるとん」16歩ぐらいかな?(笑)、美味しいし重宝しています。
a0041150_3285570.jpg

ランチだとこの「チキン、チーズのパン粉焼」だけど、洋食屋さんならではの「ビーフシチュー」が!美味しいんですよ。けっこう頻繁に通っていますね。

同じく15歩かそこらで行けるお店に新規「くしや」が登場。関西風な「串揚げ」のお店で庶民的と思うけど、バーの居抜きなのでお酒飲めないと行けない感じもあります。ランチもあります。

もともと「吉星」さんの旧店舗跡なので、そちらの関係者かと思いきや、小伝馬町のほうから引っ越してきたお店のようですね。まず「串揚げランチ」はめっぽう安い680円。揚げ物は日替わり。量はとても少ないので、追加で串揚げを頼みます。1本100円目安だから大丈夫。
a0041150_3294755.jpg

何かお肉とかより、「竹輪」とかのほうが旨かったりします。あっさりとした脂なのでもたれないのが良いところ。「赤ウィンナー」とか「シューマイ」の揚げものもノスタルジックで良いですよね。

「マグロのぶつ」とか「生姜焼き」の定食もありますが、「牛すじカレー」もあり。「お金払うからご飯にカレーをかけて」とお願いしたら、ご主人はかなり渋ってましたが、中から感じの良いお母さんが出てきて「何でも言って」みたいに応えてくれました。ラッキー!このお店、手作り感というか、家庭料理的な臭いがするのは厨房にいるこのお母さんだ。切干大根などのサイドもさり気なく美味しいし、何となく量が少なく小ぎれいなのも、いかにもお母さんがサササと作ってくれている感じなんだね。
a0041150_330479.jpg

そして「カレー」普通に美味しかった(笑)。大体カレー食べている人が多いですね、男性陣。量の問題かな?

山形牛の「ステーキ丼」もお味はサッパリ、そしてとても小さかった(笑)。安いしね、文句はない。
a0041150_331231.jpg

そういう時は追加で串揚げ。この日は「ウズラ」と「竹輪」でした。
a0041150_3322125.jpg

頻繁に通うかはわからないけど、先日の台風の日などは、本当に便利に伺えました。ランチ、12時45分を過ぎると珈琲が無料でついて来ます。お母さんともっと仲良くなれたら、何でも作ってくれそうです(笑)。
by masa-hilton | 2015-09-13 03:36 | 趣味&グルメ