カテゴリ:趣味&グルメ( 437 )

マンチーズ・ダイナーのハンバーガーは人形町ではピカイチ!

リガーレの裏の通り、「喜久川」や「おか吉」と人形町と逆方向に行くと、小さなグリーンの看板のお店が。何の飲み屋か?と思ったらハンバーガー屋さんだ。「マンチーズ・ダイナー」さん。
a0041150_04312879.jpg
ハンバーガー屋と言えば家の近くに「ブラザース」という有名店がある。私の印象では自分の営業・チラシなどの配布の努力で、認知されてきた感がある。オープンしてすぐ「ぐるなび1位」とか言ってしまい、それに引っかかる客で賑わう店もあるので、やはり営業努力や作戦は大事だ!それはむしろ偉いと思う。でも肝心のハンバーガーが、食べに行くとパサパサしているし、持ち帰るとベチャベチャで私の好みには合わない。それにお高い。ハンバーガーを食べたいときは御徒町まで行って「TGIフライデーズ」で戴いていた。味も良く、良い感じにボリュームもあるのであそこはお気に入りだ。

「マンチーズ・ダイナー」さんは目立たない立地だし、一見英語の看板も「ムンチーズ?」とか読めて、よくわからない感じがする。そう言いつつ「マンチーズ」という店はあちこちにあるから、チェーン店なのかとも思ったり。なかなか記憶に残らず行っていなかった。オープンして6年ということだし、ニューヨークのテイストいっぱいの店内も楽しい。
a0041150_04321248.jpg
よくは知らないが夜はパブ系の飲み屋になるのかな?お酒もしっかり種類がありそうだし、ホットドッグもあるからソーセージなどもつまみになる。パスタもあるしメニューは万全だ。今回は「チーズバーガー」を。1100円とはお安い。
a0041150_04355582.jpg
普通の「ハンバーガー」が1000円。それに何でもトッピングさせるという感じ。美味しい!まずバンズも柔らかいし、肉はジューシー!ソースもしっかりした味わいで、これはゴキゲンだ。「かぶりつけるサイズ」というのも私には重要だ。これはもうしょっちゅう行きますよ。他のメニューも試してみたいし、当然テイクアウトもできるので便利。

「うちの近所のブラザースより3倍くらい旨いね」とオーナー兼シェフの女性に伝えると、しみじみとした感じで「ありがとうございます。うれしいです」と真顔で感激してらした。世間の評価はまちまちだが、ここのバーガーは間違いなく一生懸命に作った「心こもった手作り」のお味。ホントに世間の評価はあてにならないし、私の好みもあてにはならないけれど(笑)、私は今後も通いまくる!大いに応援したいお店!!美味しかった!幸せ。

by masa-hilton | 2016-11-14 03:29 | 趣味&グルメ

「呑舟之魚」「萬福楼」に行ってみた

人形町はお店ができたり閉じたりのサイクルが早い。家の近くの「おみっちゃん」は残念ながら閉店、ビルの立ち退きにあった「はしや」さんは馬喰町近くに移っただけだったので良かった。イタリアンやフレンチのバルがいっぱいできているから、そのサイクルの短さは驚くほどだ。

オシャレなフレンチが消え、そのオシャレなビルごと似合わない飲み屋になってスタートした「呑舟之魚(どんしゅうのうお)」。お客さんが多いのか少ないのかわからないし、そのビル自体にイメージが合わないので怪しさ満点のお店だ(笑)。内容は完全な「飲み屋」でこれまたビックリ。オープンして間もなくからいきなり「ぐるなび」1位とか(笑)。近所だからお客さんいなかったの知ってるし「営業努力の小細工じゃないの?」という噂もあった。噂は噂だから信じないとしても、地元民はあまり行かない。そうした営業努力は近所のバーガー店も同じで、「継続は力」でいつの間にか有名店になっていたりもするから、やったもん勝ちなのかもね?お寿司屋でも疑惑の店があるよね(笑)、お江戸の心意気にはチョイ反するけど、そもそも味なんて個人的なものだから。

で、「呑舟之魚」さんは「夜は飲まないわけにはいかない」店だから、ランチにしか行ったことがない。このランチもメインが「サバ」とか「ぶり大根」みたいな、まかないのような代わり映えしない時には行かない。ただしこれに「お刺身」や「海鮮の混ぜご飯」もあり980円でお得かも。きれいな店構えにオシャレな女性のお客さんにも良さそう
a0041150_11553122.jpg

2階もこんな風。私が行ったときは「金目鯛の煮つけ」があった時だ(笑)。金目なら良いよね。さすがに小さいけれど(笑)お味は悪くなかった。
a0041150_1156458.jpg

お刺身も少ないけれど、まずまず。
a0041150_11571441.jpg

お味噌汁もひと工夫ある。これは嬉しい。
a0041150_11574771.jpg

「いくらご飯」というのも嬉しいよね。これも美味しい。
a0041150_11582239.jpg

というわけで何も文句はない。ランチとしてとても良かった。ただし好きなメニューがなかなか出てこない(笑)。ランチタイム、まずはこの店の前を通ってみるのだが「ああ、またぶり大根か~」と素通りしてしまうことが続いている(笑)。

最近よく行く中華は「萬福楼」さん。こちらはランチに行ったことがない、夜専門だ。安くて美味しくて最近のヒットかもしれない。お気に入りだ。

人形町交差点を久松警察のほうに行き、新しい焼肉屋さん「肉の切り方」を富沢町方面に左に曲がるとある。昔コンビニのampmだったところだね。外から見ると閉店しているように暗く、お客さんもいなさそうなのだが、入ってみると明るく賑やかで広い。そしてお客さんもいっぱいだったりする!大宴会ができる広さだしね。何しろ安く飲み物も破格のようだ。

お料理は普通のお皿が480円、そんな中でいつも頼むのは「牛肉とニンニクの芽の炒め」、チンジャオロースのにんにくの芽バージョンだね。
a0041150_11593856.jpg

意外に深い味で、しょっぱいこともなく、旨味の甘みを感じさせてくれる。「鶏肉のカシューナッツ」も美味しい。チンジャオロースとは違った味で嬉しい。
a0041150_1225510.jpg

「海老マヨ」はお菓子のように甘いけれど私は好み。
a0041150_1231768.jpg

「特製の焼きそば」、萬福楼やきそば?って言ったかな?これも凄く美味しい。さらに「餃子」が旨いから良いよね~、「餃子」が美味しいのは大事だよね?お店選択の条件になるし。この辺りが定番。
a0041150_124175.jpg

a0041150_1242665.jpg

「チャーハン」は野菜が多くて家庭的な感じ。「酢豚」もそんなような家庭的な感じで、中華では普通は「酢豚」を一番に頼むんだけど、この店では後回しになる(笑)。
a0041150_125174.jpg

a0041150_1251786.jpg

ラーメン類はまだ食べていない。でも「冷やし中華」は食べた。これも悪くない、そしてとても面白い。
a0041150_126794.jpg

つけ麺風というか、ツユが別に来る。私はぶっかけて食べたよ。
a0041150_1265436.jpg

こういうもののサイドには「春巻」が合うね。
a0041150_1273674.jpg

注文を取りに来るのは若いお兄さんとお姉さん。で、メモを取らず注文は全て暗唱している!中国人エリートの経営店だったりして(笑)。
by masa-hilton | 2016-09-19 12:07 | 趣味&グルメ

イタリアン2で1お寿司、何のことやら(笑)

行き当たりばったり生きているので、毎日同じものを食べたりもしますし、続いても平気。美味しければいいのさ。

同級生であり優れた鍵盤楽器奏者である武久源三くんの紹介で、杉並公会堂の近くにあるとても家庭的なイタリアンに行きました。メンバーはピティナ事務局のグルメ向上委員会のお二人(笑)。お店は本格的と言えば本格的、我流と言えば我流、でも個性はあって温かな雰囲気、都心にはなかなかない雰囲気。楽しかったです。オステリア・クアントバスタさん、武久君のおすすめメニューと私の好みで頼んじゃったから、どうも牛ハラミとかが旨かったらしいのだけど(笑)それは食べず。でもお肉の料理は肉質とソースの勝負で大体は想像はつくので大丈夫(笑)。今度行くことがあれば食べてみましょう。まずは武久くんオススメの前菜。イタリア風な南蛮漬です。
a0041150_18334988.jpg

さすがお酒大好きな彼の選択ですね。それにこのお店、イタリアンなのに芋焼酎があります!
a0041150_1834934.jpg

田舎風なテリーヌとトリッパを戴きました。文字通り、洗練されたイタリアンという感じではない、家族で囲む食卓に出てくるようなぬくもりがあります。トリッパ自体は良質で、味は濃厚!好きなタイプです。
a0041150_18351761.jpg

武久さんオススメのチーズのパスタ、レモン味。ゴルゴンゾーラのペンネのような定番のお味が、しっかりレモン味に!CCレモンのような(笑)。ちょっとジャンクな感じですが実に旨い。これで焼酎飲むんだろうなあ(笑)、なんか合うような気も。
a0041150_18355441.jpg

ボロネーゼ風なパスタも食べてみました。工夫されていますね。
a0041150_18365420.jpg

メインはサルシッチャと鶏のカツ。このカツも武久氏オススメ。見た目はシュネッツェルのような感じですね。
a0041150_18372835.jpg

a0041150_1838027.jpg

創意もあって、飾らない優しい心が見える良いお店でした。こういう普段使いの美味しいお店をたくさんレパートリーにしていると、人生も楽しいですよね。

次は代官山。今度は少しオシャレな感じのレストラン(笑)。予約でいっぱい・・・・デートに使うんだね。女子会も良いね。いずれにしても女の子はこういうところだよな。代官山自体がオシャレな場所ですが、そこに目立つい怪しい建物は結婚式場でした(笑)。最近はこの手の豪華な洋館風みたいなのが多いですね。
a0041150_18274788.jpg

a0041150_18281068.jpg

リストランテ・ヤギはこの式場のすぐ近く、すぐわかる場所にありますね。入口からして豪華でオシャレ。メニューもスタイリッシュで枠からはみ出ることはなく、完成度が高い感じですね。ツィメルマンのピアノのような雰囲気です。それもそのはず、オーナーシェフはフィレンツェの「エノテカ・ピンキオーリ」でプリモを担当されていた人。

まずアミューズはタルタル、続く前菜は「アナゴのパイ包み焼」と「水牛のロビオラチーズ」を使ったサラダ仕立て。
a0041150_1829248.jpg

美味しいイタリアンの上級なお味、定番ぽいですが、その中でもこのチーズが絶品でした。これは旨い!ご一緒したのは武蔵野のグルメなプロデューサー、アナゴがお気に入りのご様子でしたね。
a0041150_18294873.jpg

a0041150_1830114.jpg

真鯵とサルデーニャ産のカラスミを使ったパスタ。上品な味わい。
a0041150_18303686.jpg

やはり肉系のパスタのほうが好きかな。サルシッチャのショートパスタ。でも結局はおまかせだから、私が嫌いなタイプのパスタが出てこなくて良かった。
a0041150_18305322.jpg

メインは豚の肩ロース。最高の肉質と、見事な火加減で美味しい。
a0041150_18311410.jpg

デザートはマスカルポーネを使ったマンゴー。
a0041150_1832522.jpg

代官山はさすがに見た目からオシャレな店が多いですけど、そのオシャレな雰囲気だけ!っていう店もあります。基本を失わない、しっかりとした美味しいイタリアンで大満足でした。

さてこの日の夜は一転していつもの「太田鮨」。イタリアンに飽きたわけではなく、美味しいお魚が良いな~と!これまた行き当たりばったりのこと。でもいつものお店だから、いずれにしても頻度は高い。
a0041150_20484456.jpg

a0041150_2049890.jpg

なんてったって「太田鮨」、お魚がでかい!これがバランス悪くなくて超旨い。他所のお寿司屋さんはケチケチ小さく握り過ぎだよね。これだからさすが、不滅の人気を誇る太田さんなのである!
a0041150_20492314.jpg

そしてアナゴだ。日本一のアナゴ!旨し!このツメたっぷりが良いんだよね。
a0041150_20494712.jpg

スルメと車エビを巻いてもらって、大満足!巻物の具も大きく豪快(笑)!「かんぴょう巻」なんか、太田さん以外では食べられないよね。
a0041150_2050123.jpg

これで幸せな私の二日間(笑)、たわいもないお話でございました。
by masa-hilton | 2016-08-22 21:50 | 趣味&グルメ

お気に入りの新しい和食「やま田」

人形町、ドンドン新しい店ができて、つぶれていく店も多し。私は銀座の「さの」がなくなって以来、ちょっと気軽に美味しく通える和食を探し倦んでいた。普通に鮨に行ったり、天麩羅、鰻にも行くのだから、十分和食は足りているのだけれど「落ち着きたいなあ」と思うとき、和食の店の出す雰囲気が恋しくもなる。人形町高くて美味しいと言われている店はいくつもある。でも普段使いで行きたいのだ。と言って、飲めないのに飲み屋の片隅でつまみばかり食べるわけにもいかない。

最近人形町、日本蕎麦の店が乱立、それもリーズナブルなお店だ。どこも十割蕎麦をうたっているが、そんなに簡単にお安く作られても、かえってまずいという悪循環。大好きな「うさぎや」さんなどは、これはもう和食と言ってよい佇まい。ただ蕎麦屋だから、毎日季節のもので対応するというわけにはいかないよね。その点、同じ蕎麦でも極上の天麩羅を出してくる「かねこ」のほうは、より和食に近い。確かに天麩羅旨いんだよね。稚鮎の天麩羅。
a0041150_13514766.jpg
うにの天麩羅とかも。中はレアな感じでシソに巻いてあって、とろけそう。美味しいよね。
a0041150_13540421.jpg
ただここはお蕎麦が軟らかい。これがポリシーでそうされているのだから、硬くしてちょうだい!とも言えないので困るよね。でも、人気らしいんだよね、「腰のない」柔らかいお蕎麦。どこが旨いのかさっぱりわからないし、最近の「顎が未発達」な甘えん坊が食う未熟な料理にしか思えないんだよな。フニャ蕎麦は苦手なので、そうめん(冷や麦?)を注文。これも柔らかく、水に浸かってないのがいけない気がする(笑)。
a0041150_14005337.jpg
というわけで、一部のファンからは「極上の店」と讃えられている「かねこ」さんはやっぱり行けないなあ。それに気に入ったメニューを頼むとかなりなお値段になってしまうし。

で、焼き鳥?串揚げ?だったかの店がつぶれて、なんやら高級そうな店が甘酒横丁の「魚久」本店のはす向かいの地下に出来た。ここに行ってみたら、リーズナブルな和食だった。和食のダイニング「やま田」である。夜中の2時までやっていて中も広い。
a0041150_14054930.jpg
リーズナブルだし居心地も良く、私の好きなメニューが揃っている。で、すぐお気に入りになって、続けて2回も行ってしまった。酒は飲まずとも1000円のつまみがついてくる。これも美味しいので良しだ。「名古屋コーチンの茶わん蒸し」仕立て、蟹の酢の物を「蟹しゃぶ」ということで。そして「アナゴの南蛮漬け」。良いバランスだし、お味がとても良い。
a0041150_14062249.jpg
どれも美味しいね。これはきっと月替わりなのかな?「たいの塩辛」こちらも美味!!飲まないでも食べられるっていうのは相当旨いんだよ。
a0041150_14081346.jpg
刺身は「たこのおどり」「海老のおどり」を戴く。どちらも旨し。九州の甘めのお醤油で戴くのだが、これがさらに良いっすね。気に入った。
a0041150_14093060.jpg
a0041150_14093597.jpg
もちろん海老も美味しく大感激だが、たこが超旨い!生だこ大好きだからね。足のほうは生きて動いて出てくるのかも思いきや、ちょっと調理されている。でもこれがまた美味しいので許す(笑)。そして「のどぐろ」の塩焼。
a0041150_14094155.jpg
超旨い!最高だね、この塩焼きは。そして甘いお味噌がわきにあって、それと戴くとまたオツ!!これは毎日でも食べたいよ。
a0041150_14095437.jpg
〆は釜飯で。「いくらと蟹の釜めし」、これも美味しかったなあ。別にコースでとったわけでもなく、アラカルトで戴いたのに、サービスでコーヒーとデザートも付く。
a0041150_14100853.jpg
これで6000円、この日は初めてだったので調整できなかったのだけど、たぶん5000円以内で楽に食べられると思う。2回目は管理人さんとの打ち合わせに使う。ホントに3日後ぐらいに行ったので、ほとんど変わりないメニュー。この日は日曜、少し働くお店の人も少ないし、てんてこまいしていて、ウィーク・ディに比べると段取りは悪かったかも。確かにここは全国展開のチェーン店らしくもあり、だからこそできるリーズナブルさなのだろう。広いカウンターで食べられるゆとり感が、良い時間を作ってくれるのかもしれない。さて、今回も先付は前回と同じ3品だ。
a0041150_14103100.jpg
アナゴの南蛮漬けって、美味しいものだね。普通は鯵ですよね。
a0041150_14104535.jpg
蟹しゃぶは薄味で美味しい。茶碗蒸は卵の殻に入っているので、取扱注意だ。
a0041150_14103850.jpg
「のどぐろ」の肝和えを戴く。飲まないし、これはなくても良かったかも(笑)。
a0041150_14111028.jpg
今回も「たこのおどり」は再注文、やはり旨い!!これは外せないなあ。
a0041150_14112363.jpg
そして「石ガレイ」、わざと熟成感を出した香り豊かな刺身。
a0041150_14112956.jpg
そして定番「のどぐろの塩焼」はもちろん絶品の旨さ!毎日でも飽きないな。
a0041150_14105497.jpg
「鱧の柳川」、鱧自体も美味しいけど、柳川のお味が良い。これも定番にしたいなあ。
a0041150_14111612.jpg
「釜飯」は「たこ」で。私の好みでは前回の「いくらと蟹」のほうが好きかな。
a0041150_14113424.jpg
そしてコーヒーとデザートのサービス。デザートはチョコレートの羊羹。これもなかなか良い(笑)!
a0041150_14101962.jpg
というわけで、ここはオープンしてくれて嬉しいお店だ。またすぐすぐ行く~~!

by masa-hilton | 2016-08-14 14:20 | 趣味&グルメ

人と会って美味しいものを

暑中お見舞い申し上げます。暑い。暑い中、あっという間に「せともの市」も終わりました。
a0041150_14403640.jpg

そしてオリンピック始まりましたね。ブラジルお金ないとか、いろいろ間に合わないとか、日本人はバカにしていた様子でしたが、立派な開会式で素晴らしかったですね。考えてみれば治安が悪いのだって今に始まったわけじゃないし、毎年リオのカーニバルをやっている国だから、侮っちゃいけませんね。4年後、日本はできるんでしょうか?歌うのは嵐?アムロ?AKBの総出演で葉加瀬くんが弾いてたりするのかなあ?お疲れさまです。歌舞伎とかをやってほしいなあ。ま、あわてて日本橋の上に高速架けちゃうような国だから、期待はしませんが・・・・競技のほうも、マスコミが期待を持たせ過ぎですよね。結局ふたを開ければ外国人強し。選手だけはわかっているのでしょうね、大変だと思います。お祭りでもお祭り騒ぎをしていてはいけないのです。

そういう私も「油断の大王」ですから、気を引き締めて!ここんとこは色々な方に会いつつ、先を模索しています。うちの近所には日本最高のヴィオラ奏者のお1人川本嘉子さんもいます。ホントご近所なのに、宴会の1つもしてなかったのでご飯食べようということに。「お蕎麦好き」というので「うさぎや」さんにお連れしました。いつもの蕎麦酒を飲んでいただいて、飲めない私も酒のつまみは食べる。「サメ軟骨」に「蕎麦味噌」、これ旨いんだよなあ、大好き。
a0041150_14414052.jpg

a0041150_1442773.jpg

絶品の「鴨の陶板焼」。
a0041150_14424291.jpg

いつもの天麩羅。また早く「牡蠣」の季節にならないかなあ、あれ旨いよね。
a0041150_14431937.jpg

お蕎麦、美味しくておかわりしちゃいました!!
a0041150_14434744.jpg

こんな近所でも、行っている店が全然違っていて面白い。またお会いしてそれぞれのレパートリーを交換しましょう(笑)。で、二人の共通のレパートリーのお店だったのは「ラ・シゴーニュ」。お互いに頻繁に行っていても会わないのも面白いね。「ラ・シゴーニュ」、ここでは1回しか報告していませんが最近お気に入りでよく行っていますよ、良いお店だと思います。ランチがまた素晴らしい。管理人さんと打ち合わせ。まずは謎のジュース。
a0041150_14445450.jpg

ウソウソ、これお気に入りです。最近健康に良いジュースを出す店多いですね。「山盛りサラダ」です、ところが!
a0041150_1447759.jpg

野菜の下にはキッシュなどが入っているのです。そしてお味が良い!
a0041150_1447527.jpg

フランス風のピザみたいな「タルト・フランベ」、人形町もこれを出す店が増えてますが、何軒か行ったけどここが一番旨い!!2種類きます。
a0041150_14483923.jpg

a0041150_14494556.jpg

お魚のポアレ、これがまた良いお味だ。妥協しない海外のレストラン的なお味で、そのポリシーが好きだ。旨い!
a0041150_14502024.jpg

コーヒーは近所の「征四郎コーヒー」ブランド。で、当の「征四郎コーヒー」のお店が閉店になっちゃったらしいんだ。
a0041150_1451223.jpg

閉店と言えば豪快ランチの「おみつちゃん」も閉店、安いトンカツの一押し「はしや」も建物を壊してたなあ。「はしや」はどうなるんだろう。

レコーディングを前に中村あんりさんとのリハーサルも開始。プーランクのソナタ、クララ・シューマンなどはもう見えたが、「クープランの墓」のオーボエ版が超大変だ。最近ヨーロッパで流行っているらしいが、完成度の高いアレンジとは言えない部分もあり、直しながら。頑張ります!トリオはまだ手がついていない、やれやれ!そんなリハーサルの後は「トーキョー・パスタ」へ。癒しの空間だ。夜は宴会されていてちょっと落ち着かない、騒いでいるアホな客も多いので。「何で騒ぐのかなあ?公共の場所で!頭おかしいのではないか」と下戸は思うのだけど(笑)、酒を飲まないやつが悪いんだよね。それこそ大盛のサラダ。
a0041150_14544484.jpg

いくら少なく頼んでも、大盛で来てしまうんだよね(笑)。「アヒージョ」と「蟹コロッケ」。「コロッケ」のほうは、中村あんりさんのリクエストで仕方なく。この店ではもっと他のものが旨い。
a0041150_14554747.jpg

a0041150_14561691.jpg

〆は「ミートソース」。私は大好き。これしかない!人形町四天王!!でもあんりさんはしぶしぶ(笑)かな?甘いミートソースは好みが分かれるね。
a0041150_1457846.jpg

昨日は近藤嘉宏さんがやってきた。なんかね、豚肉が大好きだそうで。宮谷理香さんからも「近藤くん、豚しゃぶの時はテンション高い」という情報は聞いていた(爆笑)。だから「宇田川」で「トンテキ」!最高なんだよね。
a0041150_14575162.jpg

もちろん「ヒレカツ」だって美味しい。
a0041150_1503410.jpg

旨し!「トンテキ」の焼き加減も最高だったね!近藤さんも大満足のご様子。

彼は昔のピアニストやオペラのことなど、オタクレベルで詳しい。私とはオタク同士だから、わけのわからない話で盛り上がってしまって、超楽しく。そのうち往復書簡みたいな形で、オタク本を出版できたらと思うんですけど(笑)、いかが?で、そのまま「クラブハリエ」で、いつもの「バームクーヘン」。定番中の定番ですね。
a0041150_1515956.jpg

近藤さんは、私が夏の制服「甚平」を着てたので、珍しがって写真撮ってくれました(笑)。
a0041150_1524444.jpg

男二人のスイーツでの長話、三越のデパ地下でも注目集めていました(笑)。人に会って美味しいものを食べる。これは人生の喜びですね。
by masa-hilton | 2016-08-08 15:09 | 趣味&グルメ

人形町、ガッツリ・ランチはチェーン店が多い?

前に「天麩羅の中山」のおじさんが「人形町は安くて美味しいもの町。高くて美味しいなんて当たり前だよ。やはり安くなくちゃ」って言ってましたが、そんな感じありますね。美味しくても高い店は苦戦してますし、中途半端な値段の店は閉店に追い込まれてます。

特にランチはね、安くて美味しければなお結構。それがガッツリであれば男子は喜ぶ、女子だって最近は遠慮しませんよ。

私がガッツリ系で好きなところは「大市」の「すき焼き」かなあ。久しぶりに食べると、特に美味しく感じます。750円。
a0041150_22501711.jpg

最高の上等な肉でなくても十分に旨い。量的にも満足ですね。
a0041150_2252747.jpg

さらに量的に文句なくのガッツリは甘酒横丁ドトールの後、チェーン店の「おみっちゃん」。ここの「から揚げ定食」が良いよね。ヘビーだけどお気に入り。
a0041150_22592345.jpg

大体、焼き鳥屋さんの「から揚げ」は美味しい。例えばシティホテルで迷ったら「ハヤシライス」を食べればまちがいない・・・・そんな感じだよね。「おみっちゃん」も大きくて旨いよ。お蕎麦がついているし、生卵も自由に食べて良いし。750円。
a0041150_22594275.jpg

冬場は温かいお蕎麦だったけど、冷たいお蕎麦に変わった。良いね。味も悪くない。
a0041150_2302267.jpg

周りは「もつ煮込み定食」の人のほうが多いね。これも旨いのかもしれない。これ、かなりガッツリだけどもっと凄いのは「ザ・築地」というお店、これもチェーン店だね。日本橋小学校寄りの地下鉄のエレベーター近く。
a0041150_23271323.jpg

凄いのは「鳥天丼」。以前は天麩羅とかにやや作り置き感があったけど、最近はアツアツ、良いことだ。
a0041150_2312799.jpg

これは完全に「鳥天」(笑)。「鳥天」と言っても、多くの店が天麩羅でないことが多いから不満なことが多いけど、ここはしっかり「鳥天」でボリューム凄し!だね~。プラス250円でお刺身もつけられる、それで1000円ぐらい。
a0041150_2315849.jpg

このお刺身もバカにできない。結構いけます。「海鮮丼」も大人気だから頷けますよね。ここは昔大好きだった「フグ料理」の店「関とら」の姉妹店だったから、魚も悪くないわけだ。「トンカツ」も薄目だけどデカくて素敵。お味も悪くないよ。
a0041150_23258100.jpg

トンカツとお刺身は良いコンビだよね。これが「カツカレー」になるとさらなるボリュームが。
a0041150_2341244.jpg

一番こってりは「豚天丼」、これはね、美味しいけど相当な脂っこさ。トロトロしています。
a0041150_2364854.jpg

海鮮丼」は酢飯のほうが好きなので、最近は食べなくなってるけど、上に乗っけるお魚もいろいろ選べて楽しい感じだ。夏痩せが気になる人は、ぜひ行かれたし(笑)!!

そのすぐ近くに出来た焼肉のチェーン店「ここから」。ここにも最近私のお気に入りのランチがある。「ハラミカツ」だ。これがとても旨い!要するに「ビーフカツ」ですよね。
a0041150_2371563.jpg

ソースではなく甘めの独特なタレで戴くんだけど、これがとても良い感じで美味しいのだ。
a0041150_2375035.jpg

焼き肉の小皿も追加できるから、これにホルモンを足すのがお気に入り。これでガッツリ・ランチの出来上がり。ただし合わせて2000円、仕方ないね。
a0041150_2385892.jpg

わりとモクモクしますね(笑)。なかなか楽しい。
a0041150_2392151.jpg

「ここから」は、人形町では新規のお店ですがリーズナブルなので賑わっているようです。私ももちろん再訪します。いずれにしても太っ腹にできるってのはチェーン店の強み!なのかもしれないね。
by masa-hilton | 2016-07-10 23:09 | 趣味&グルメ

怪我の功名か!でもダメだよ(笑)

大変大事な打ち合わせがあって、わざわざ人形町にいらして下さるというので、ちょい珍しい「のどぐろのしゃぶしゃぶ」が食べられる「新越」さんで設定。予約もわざわざ足を運んで確認したのだけど、「のどぐろのしゃぶしゃぶは当日で全然大丈夫」みたいな風なのですっかり安心していたのが、あちゃーである。

この日お客さんがとても混んでいて、着くや否や注文したのにもかかわらず、よそのお客に振舞ってしまって「1人前しかない」と謝られた。これはね、謝って済むことではないよ。「新越」さんは私の大好きなお店だし何より美味しいので、喧嘩はガマンでしなかったけれど、こういうことは少なくても一流店ではありえないことだから!お店的にも良くない!大きな大きな釘を刺しておきます。ブスッ!

一応お店は気を遣ってくれて、ものすごい大ぶりな「のどぐろの塩焼き」「のどぐろの煮つけ」を代わりに出してくれた。要するに「生食できる」のどぐろが品切れだったわけだ。非常に不機嫌そうにこれを了承したのだけど、何とこれが涙が出るくらい旨い(笑)。「これもいいじゃん」と思って、ホッコリしてしまった自分が情けない(笑)。しかしマジ旨い、次回も食べたい・・・・ううう。「新越」さんお酒も旨くて「ゴリのお酒」なども皆さんとても喜んでくださった。

というわけで、富山方面の珍味も旨く。「もずく」「タコの柔らか煮」「ホタルイカの沖漬」「生ダコの酢の物」。
a0041150_22354037.jpg

a0041150_223666.jpg

ワインで漬けた「らっきょう」これ大好き!超旨い!
a0041150_22364961.jpg

お刺身は「サスのこぶシメ」「白海老」「バイガイ」。「バイガイ」はそこら辺の「つぶ貝」よりも美味しい品質。
a0041150_22392241.jpg

そして1人前しかなかった「のどぐろのしゃぶしゃぶ」。残念無念。とはいえ1人前あったので皆さん2切れぐらいは食べられたかな?
a0041150_22371579.jpg

代わりに登場、焼かれたのどぐろクン。これが超でかいんです。そしてトロトロで旨い!
a0041150_22375098.jpg

そして、煮られてしまったのどぐろクン。顔が「勘弁してくれ~」と謝っている風にも(笑)。
a0041150_2239536.jpg

メチャメチャ美味しかったけど「のどぐろの炙り鮨」が食べられないので、ちょっと中途半端。それでは!ということで、ここから「太田鮨」にハシゴしました。皆さん飲み屋さんをハシゴされることはあっても、飲めない私のように寿司屋や焼肉屋をハシゴすることはあまりないご様子で(笑)、何となく楽しんで下さいました。良かったよ~~。

もちろん「太田鮨」は旨いですからね、そこは大満足。それぞれ適当に握りをつまんで。
a0041150_22405281.jpg

「赤貝」「カンパチ」「あじ」「いわしのシメ」
a0041150_2241181.jpg

a0041150_22414314.jpg

とどめは「煮ハマ」ですね。皆さんはアナゴなども食べていらっしゃいました。日本一のアナゴですから!
a0041150_2242990.jpg

というわけで、ヒヤヒヤだった打ち合わせ会も無事終了。「2軒行けて良かった」とおっしゃっていただけたので、ホッといたしました。

皆さんはそのあと新宿で1時半ぐらいまで飲んでいらしたとか。私は家に帰って爆睡してしまい、気がついたら翌日のお昼でした。三越に出かけて行って「迎え酒」ならぬ「迎え鰻」ですね(笑)。「いづもや」さんのイートイン、ほんとはもっと旨い「鳥かど家」まで行きたかったのだけど暑くって。私にとっては朝ごはんだから、「いづもや」さんでも十分。小さめの「竹」にしておきました。
a0041150_22482366.jpg

つくづく感じましたが、鰻は「半身」って見た目が悪いですね、何かに似ている(笑)。味も一本調子に感じました。実は前回、この大きさが良いかと思ったんだけどダメだ。やはり次回からは1匹で。
by masa-hilton | 2016-07-09 00:05 | 趣味&グルメ

日本一の「かきたまうどん」東嶋屋

ピティナのステップから帰りました。疲れました。ヘトヘト。場所が遠いとかそういうことではなくて、私は普段レッスンなどしていないので、人の演奏を聴くのが何よりも疲れるんですよ。自分が弾くのは何時間でも大丈夫ですけどね。このレポートはまたゆっくり書きます。

そんで、湿度が多い東京に戻って、さらににわかに体調不良になりました。お医者さんに行って「目が覚めるようなのを一発注射してくれ」とお願いしたら「そんなもんあるわけないだろ」と怒られて(笑)漢方薬を飲まされました(笑)。他に戴いた漢方薬も食後服用でしたから、こんなに気持ちが悪いのに「なんか食べなきゃ」です。

そこで思い出した!「東嶋屋」さんの「かきたまうどん」。具合が悪いときはこれですよ!このブログにも何回も登場しています!私、ホレ、こんなにヨレヨレ(笑)。
a0041150_3305342.jpg

そして来ました。この色、この味!関西人には絶対無理の「かきたまうどん」!ホントに美味しいです!
a0041150_3314140.jpg

元気になってきましたよ。しかし!よく考えてみるとマジ美味しく感じます・・・・こんなに食べられないようなときでも大丈夫。普段でも大好きです。特に「東嶋屋」さんのは余計なショウガも入っていませんし、ナチュラル!昔ながらのお味ですからね。

味は確かに濃いですが。これより薄かったら不味いと思いますし、これ以上濃かったら食べられません。まさに神の御業!ともいうべき驚異のバランス!お江戸のお味の神髄の1つ!神の愛に満ちた750円の至芸!(笑)

普通のお蕎麦屋さんかもしれませんが、甘酒横丁「東嶋屋」さんの「かきたまうどん」は日本一のお味です!感謝!
by masa-hilton | 2016-06-28 03:31 | 趣味&グルメ

私限定?

銀座で打ち合わせ、またはリハーサルがあるとき「お昼ってどうしてる?」と宮谷理香さんに聞かれたんですが、うちは銀座は近所だから、普通に美味しく手軽なランチを狙って行くのみ(笑)。

色々あるけど、そのうちの1つは銀座・岡半の「ビーフシチュー」だな。この間も打ち合わせで使いましたし、このブログでもおなじみ。岡半さんは新橋の金田中の鉄板焼のお店。有名店でもあり混んでいて、昼は予約ができないので並ばなければならない。

そして戴くのがビーフシチュー。サラダ付き。
a0041150_1395721.jpg

a0041150_13102966.jpg

お肉は、夜に出す高級肉の切り落としだからね、トロトロで最高だし、何といってもデミグラスソースの味が良い。私の好みドンピシャ。ところが(いつも書いているけど)お店で食べてる人ほとんどいない。これって私限定?皆さんはお肉の鉄板焼。もちろん美味しいんでしょうけど、肉は薄いしさ(笑)、どこにでもあるよ。ホント、ビーフシチューを食べないなんて、申し訳ないけどアホだなあ(笑)。アホは私のほうかもしれないけど、まあここは「なんとアホの多きことよ!」って気分で食べられるビーフシチューを楽しむことにしよう、ニャハハ。

あとよく行くのはショコラ・カフェの「ブロンデル」、スイスの160年の伝統を誇るチョコレートの名店。こちらのカフェが超旨い!ここでお茶をするのが私の定番。あ、お茶じゃないや(笑)、ホット・チョコレートだね。
a0041150_13115274.jpg

ここが混んでは困るんだけど、全然認識されてない感じだよね。でも混んでは困るのだよ(笑)、それであまり書いていないけど、いつもここで楽しく美味しくやってます。美味しくてお客さんが少なくて私にはありがたい。ここも私限定?(笑)
by masa-hilton | 2016-06-07 13:13 | 趣味&グルメ

銀座で爆買いしないけど、浅草で爆食いします

大きなキャリーケースを転がしながら銀座で爆買いの中国の人も、すっかりおなじみになってしまって違和感もありません(笑)。それに対抗したわけではありませんが、浅草で爆食いシリーズ。普段おとなしく、上品に健康志向の管理人さんは時々「餃子が食べたい」「肉を思いきり食べたい」と不思議なテンションになります。そのテンションならまかしとき。私はいつもそのテンションですから(笑)。「特に餃子はガンガン食べたい!」というのはよくわかるよね。太田鮨の妹さんをはじめ、他の友人からもそんな話を聞きました(笑)。

餃子、最近よく行くのは浅草にある「餃子の王さま」です。ここは旨いですね!特に野菜餃子の「王さま餃子」は私の好みにドンピシャリ。お店自体はとてもディープな感じです!行列の時もあります。
a0041150_4559100.jpg

餃子は表面はカラッと、中はジューシー!いくらでも行けますね。
a0041150_464815.jpg

肉餃子もありますし、水餃子もある。でも野菜餃子の「王さま餃子」が好き!ドンドンおかわりしちゃいます。
a0041150_471033.jpg

餃子以外のものの評判はさまざまで、人によっては得手不得手があるようですが、とても「昭和な感じ」ということなんだと思います。私には結構合います、好み!「ソース焼きそば」とかね、何とも良い感じですよ。
a0041150_475794.jpg

「チャーハン」とかもきっと、パラッとしていないのだと思います。それが昭和!高級中華のチャーハンより、ちょっとべとつくぐらいのほうが好き(笑)。これもそのうち食べてみますね、楽しみ。次に行ったとき「ピータン」と「天津丼」食べました。これも旨かった!
a0041150_482387.jpg

a0041150_48393.jpg

私は「天津丼」大好きですが、このシンプルなお味はかなりお気に入りです。それがまた餃子によく合います。幸せだぞ!
a0041150_49290.jpg

餃子を焼いているお父さんの厳しい表情が素敵ですね。そして仕事の手際がとてもきれいなんですよ。ピアノで言うとカサドゥシュの演奏のようです。至高の境地だ。ここは何度も再訪することでしょうね。

「餃子の王さま」の向かいには鰻の名店「小柳」があります。浅草は鰻の老舗が多いですが、全部が全部美味しいわけではないんですよ。「小柳」は役者さんや落語家さんなど、浅草ゆかりの芸能人も御用達のお店。こぎれいな感じのあっさり系の鰻ですね。もちろん悪くないです。
a0041150_49345.jpg

肝吸いは塩気が強い。
a0041150_410091.jpg

値段が割とお安いから、少し小さめ薄めでも文句ないです。「銀座鳴門」に似た感じの鰻ですが、あちらのほうがタレが濃いから好き。さらに私はボリュームがほしいので、「小柳」再訪はないかもしれません。

ボリュームといえば「いきなりステーキ」浅草店。前回、結構満足したので。
a0041150_4103985.jpg

立ち食いステーキのお店ですが、ここは座れるので良いですね。今回のお肉、総グラム450グラム也。
a0041150_411648.jpg

大根サラダ、見た目は雑な感じですが、美味しいです(笑)。
a0041150_4113261.jpg

意外に楽勝でしたね。ヤバいなあ。最上のお肉ではありませんが、量食べる目的で行けば、かなり満足できるかも。人形町にもあるといいなあ。

爆食いをした後は、京急の入り口近くの「クローバー・カフェ」がお気に入り。ここのシフォン・ケーキが美味しいのです。
a0041150_4132732.jpg

これで大満足!爆食いはぜひ浅草で!ね(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-11 23:42 | 趣味&グルメ