カテゴリ:ニュース( 180 )

月刊「ムジカノーヴァ」12月号の特集記事

a0041150_22544999.png

今月の「ムジカノーヴァ」の特集というか、「今月の曲」であるギロックの「ガラスの靴」について原稿を書きました。とても簡単な曲なのに、ここまでとりあげてみんなで論じてることが何しろ面白いですね。人気があるんですね。

ギロックの作品は良い曲だ、楽しい、美しい・・・・そういうことは別において、ギロックばかり弾いていては、上手くなろうはずがありませんよ。逆にこうした作品以外は嫌がって練習しない子供は末期症状ですから、救えないと思います。どんなつまらない曲でも嫌いな曲でも、良い曲にしてみせるという意欲と才能は、実は誰にでもあるものだと信じて頑張りたいものですね。

やはり舞曲を知るうえでもバッハの作品は欠かせない。そしてソナチネで様式を学ぶ。これがつまらない!というんだったら、すでにやる価値はない。さあ、どうする?・・・・

ま、みんな通る「道」ですよね。かく言う私自身も通りましたよ~~。

最近の子供たちは小さいときから「コンクール漬」なので、大体が1年に手掛ける曲数が少ない傾向にありますよね。そういうことも実は大問題なのです。

by masa-hilton | 2016-11-20 23:03 | ニュース

クラシックニュース/8月9日~15日版に

クラシックファンにはおなじみのクラシックニュース(メロディが聴こえるウェブサイト)に、3大ピアノのCDが紹介されました。おかげさまで各誌で大好評を戴いておりまして、それ以上に聴かれた皆さんがとても喜んでくださったことが、とても嬉しいです。たまにはエンターテイメント系なクラシックも楽しいですよね。

来年のコンサートは9月になりますが、また杉並公会堂にて面白い企画を練りたいと思います!
by masa-hilton | 2016-08-11 14:21 | ニュース

ピアノ講師ラボに登場しました

藤拓弘さんが主宰されている、ピアノ教室の運営法やピアノの先生たちの悩みなどに対応されて活動している「リーラムジカ」のピアノ講師ラボという、やはりピアノの先生の向上委員会のような教育ツール、こちらに協力いたしました。対談CDがあちこちに配られた模様です(笑)。

実際非常に多くの方が関わっているんですね。ここに登場したことで、多くの方からお声がけをいただきました。悩み多くがんばっていらっしゃる先生方が多いということですね。
a0041150_2342366.jpg

大切なのは基礎、それを徹底的に教えるのみだと思うのですが、この基礎が実はほとんど教えられていない(身についていない子が多い)・・・クラシックの場合、問題はこれですね。
by masa-hilton | 2016-07-04 23:46 | ニュース

アーカイブCD第2弾!NHK放送録音集CD、6月25日にリリース

デビュー35周年を記念して作りましたCD「79年のリサイタル」が、おかげさまで予想を超えた反響を呼ぶことができまして「まだ他にもあるでしょ?」というようなお話にもなり(笑)、アーカイブ3部作を制作していくことに決めました。皆様、応援ありがとうございます!

今回はその第2弾!NHKのラジオで弾きました放送録音をセレクションしたものです。

そしてこちらがいよいよリリース!若き日の写真もまた第2弾ですね(笑)!
a0041150_1285456.jpg

メフィスト・ワルツ、イスラメイ/斎藤雅広(ピアノ)
     ………放送録音セレクション(1978~1986)………


「2017年にデビュー40周年を迎える斎藤雅広の20歳から28歳までの録音!
 トレードマークのように弾いていたメフィストやラフマニノフ、また放送直後
 評判となったイスラメイ、当時あまり演奏されていなかったプロコフィエフの
 第6番のソナタなど、あの当時を反映させた名曲の数々!」

●リスト・メフィストワルツ第1番
●バラキレフ・イスラメイ(東洋風幻想曲)
●プロコフィエフ・ピアノソナタ第6番 イ長調 作品82
●ショパン・幻想ポロネーズ 変イ長調
●ショパン・マズルカ第27番 ホ短調
●ラフマニノフ・練習曲集「音の絵」第5番 作品39-5
●リスト・超絶技巧用練習曲「マゼッパ」
●プーランク・夜想曲第4番 ハ短調

2016年6月25日 リリース予定 ナミレコード WWCC-7812  2,500+税

by masa-hilton | 2016-06-25 01:00 | ニュース

モーストリー8月号、音楽の友7月号にて記事掲載

a0041150_11411232.jpga0041150_11512379.jpg今月は音楽誌での露出が多くなっています。

モーストリーではすでに告知いたしましたように、宮本文昭さんの対談コーナー「宮本文昭の気軽に話そう」のゲストとして登場いたしました。開口一番「どこのギャングかと思った」みたいな(笑)楽しい感じで進み、ほとんどが食べ物話で終わりましたが、記事はちゃんとまとまっています。多謝。宮本さんのお父様は宮本正さん、藤原歌劇団の創成期を支えた名テノール歌手です。つまり私の父親バリトンの斎藤達雄とは同じ立場の仲の良いお友達であり、共演者でもあったわけです。なので宮本文昭さんとはもっと早くにお会いできれば、いろいろ楽しく活動もできたでしょうにと思いますが、今回お目にかかれてホントに良かった。懐かしいお話をすればきっとキリがないほど色々なことがある感じでした。

さて音楽の友は、「ピープル」のコーナーで大きく取り上げられました。ちょっと行き違いがあって色々誤ったことが書いてありますが(笑)そこはご愛嬌。私のデビュー時から写真を撮ってくださっている竹原伸治さんの写真が上手!で満足。竹原さんの撮影は「ずっと見守ってくださっている」ということと同じですね。お会いできるだけで嬉しく泣きそうになります。

ちなみに音友、隣のページは広瀬悦子さんでしたが、今回の私の「放送録音コレクション」CDに彼女の推薦文をいただいています。というのは、彼女はバラキレフのピアノ曲集をCDにしているから、私の「イスラメイ」を聞いてもらって「どう?大丈夫?」と相談したわけ。そこで「超スゴイ!」とか褒めてくれたのが運の尽き(笑)、推薦文を書くはめになったというわけです(笑)。彼女については常々「私がお金を払ってでも聞きたい数少ないピアニスト」と激賞しているのですが、ほらほら!ドンドン評価が上がってきていますね。ショパンの対談にも出てもらっています。仲間たちの発展も私にとっては大いなる喜びです!
by masa-hilton | 2016-06-23 12:23 | ニュース

「コミュかる」に掲載されました

杉並区の芸術文化の情報誌「コミュかる」の5月vol.25の一面にインタビューが掲載されました。
a0041150_0413472.jpg

以前も書きましたが18万部も読まれているんだそうです!!
by masa-hilton | 2016-05-28 00:43 | ニュース

5月25日に無事リリースいたしました。

告知をしましたように、3大ピアノのCD無事にリリースされました。こちらタワーレコードです。
a0041150_3272736.jpg

また放送セレクションのほうもネットで予約が開始されました。併せましてよろしくお願い申し上げます。
by masa-hilton | 2016-05-27 03:30 | ニュース

お知らせ・インタビュー記事が続きます

以前にも告知しましたが、CDがリリースされたこともあり、各雑誌のインタビュー記事などが続きます。「ぶらあぼ」では5月号にプレ・ステージで大きく取り上げていただきました。
a0041150_1321682.jpg

今月6月号は広告なども載っておりますが(笑)、4月号にサントリーホールでの広告も載りましたので、華やかなアクティヴ・モードな展開でした。
a0041150_13221790.jpg

「CDジャーナル4月号」「音楽現代5月号」「レコード芸術5月号」ではプロデュースさせていただいた益子さんとのCDが、大変好評を頂戴いたしました。厚く御礼申し上げます。プロデュースばかりでなく、自分の演奏でも存在感を示すことができ、企画として成功いたしましたことを、関係者の皆さんに心から感謝いたしたいと存じます。

現在、月刊「ショパン」の6月号にインタビュー記事が載っております。来月には「音楽の友」や「モーストリー」などにも登場していきます。引き続き一歩一歩がんばります!どうぞよろしくお願い申し上げます。
by masa-hilton | 2016-05-23 13:35 | ニュース

3台ピアノのCD!いよいよです!お待たせいたしました

昨年から取り組んできました3台ピアノのCDがいよいよ5月25日にリリースされます!ここまで盛り上がりましたのは、本当に皆様のおかげです。どうぞよろしくお願いいたします。
a0041150_1545840.jpg

豪華絢爛、百花繚乱、荘厳美麗、綾羅錦繍等々、どんな美辞麗句を並べた
ところで、このディスクの前には朧と霞んでしまうに違いない。─真嶋雄大

Suginami Koukaidou presents
杉並公会堂・華麗なるピアノ3重弾!斎藤雅広と仲間たち

近藤嘉宏 熊本マリ 松本和将 三舩優子 関本昌平 須藤千晴 高橋多佳子 冨永愛子

●ホルスト:惑星より「ジュピター」(直江香世子・編曲)
●ドリーブ=ドホナーニ:コッペリアのワルツ
●ムソルグスキー:展覧会の絵より「ババヤーガの小屋」「キエフの大門」(斎藤雅広・編曲)
●リスト=ホロヴィッツ:ハンガリー狂詩曲第15番「ラコッツィ行進曲」
●ベルリオーズ:幻想交響曲より「断頭台への行進」(轟千尋・編曲)
●シャブリエ:狂詩曲「スペイン」(橋田波子・編曲)
●ビゼー:アルルの女より「ファランドール」(斎藤雅広・編曲)
●アントニオ・カルロス・ジョビン:ボサノバメドレー(斎藤雅広・編曲)
●リスト:愛の夢 第3番
●サン=サーンス:死の舞踏(サン=サーンス・編曲)
●レスピーギ:ローマの松より「アッピア街道の松」(轟千尋・編曲)
●J・ウィリアムス:スターウォーズのテーマ(石川芳・編曲)

2015年4月 杉並公会堂/録音セッション ナミレコード WWCC-7806  2,500+税


なお楽しいレコーディングの風景アーカイブはこちらでどうぞ!()、()、()。
by masa-hilton | 2016-05-19 02:00 | ニュース

月刊ぶらあぼ・5月号のことなど

月刊「ぶらあぼ」5月号の巻頭のインタビューのほうに取り上げていただきました。(写真はディスクユニオンさんからお借りしました、学生時代から通っているCDショップです)
a0041150_3252945.jpg

まだまだ老け込んではいられない(笑)。未来に向けて頑張ります!

また同時に、プロデュースさせていただいた益子さんとのCDも、各紙にて大変好意的な評をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。本当にありがたく皆様からお力をいただきまして、若い人との内容のあるCDの制作も、一つのライフワークとして続けてまいります。

そしてあらためまして、九州の地震、お見舞い申し上げます。地震おさまらず、想像を超えた大災害に膨らみつつありますね。私たちの職業、私たちの存在は、皆様の幸せの上に成り立っていますので、このブログで活動状況などを書けば書くほど、空気が読めていないような誤解を受けそうな感じもあります。通常の「これ食べた」みたいなノー天気な記事はしばらく自粛したいと思いますが、こういうときこそ、それぞれの立場で自分のできることを、全力でやっていくしかないとも思うのです。ですので活動のことやイヴェントごと、対談のご報告などはいつも通り、前向きにアップしていこうと思います。また私で被災地にお役に立てそうなことは、ここで報告することはなく、個人的に考えていきたいと存じます。

情報としてテレビなどでも全く言っていませんので、有効なものを1つだけ。エコノミー症候群は私も長い旅があります上に、血圧の問題なども抱えていますので、いつも注意と準備を心がけていますが、アスピリン(バイアスピリン錠など)を飲むことが有効です。もちろん健康に良いかどうかは別問題、副作用もありますので大きな声で言えることではありませんが、エコノミー症候群による不慮の死は回避できるので、ピンポイントで私は必ず服用しております。これは友人のお医者さんが「裏技として」教えて下さいました。
by masa-hilton | 2016-04-20 23:26 | ニュース