カテゴリ:日々の出来事( 834 )

高松に行ったりと

ダイエットをしているとリバウンドがあるわけですが、それも一応なく進んでいます。ただ宴会や打ち合わせが入るので、ダイエットの進行は速くない。でも何となくひもじいのか(笑)、思いつきでいろんなものが食べたくなります。

で、食べたくなったのが「ジャンボ海老フライ」。そこそこに大きいのではなく、名古屋で有名なような、赤ちゃんの腕ぐらいの大きさのやつ。我が家の周りでは「海老フライ」なら断然「小春軒」です。海老も美味しいし3本だし、1400円は他所の店よりお得。値段のほうは現在わかりません、ここの所、行ってないんですよ。

甘酒横丁の入り口にあった唐揚げ屋さん「とり多津」が閉店になって「かつ竹」というお店が出来ました。同じ資本らしいですね。唐揚げもイート・インはイマイチだったから、店が変わるのもやむなしです。「かつ竹」さんはランチには安いカツもあって、一部では「紙のように薄い」という評価もあるし、値段からいけばそれが当たり前でしょうから。ここで「海老フライ」を食べてみました。お味噌汁でなくて肉団子汁というのは面白いね。
a0041150_10411895.jpg
a0041150_10414502.jpg

でも海老はヒョロヒョロしてますね。衣の感じも苦手なタイプ。これで1300円は嫌かな。再訪は無しでしょうか。

検索すると上野・御徒町に「ジャンボ海老フライ」というか特大の海老フライで有名な洋食屋さんがありました。これは行けますね!「宝亭」さんです。ランチタイムでも特大エビフライ食べられます。2200円!2本ついてくるから・・・・ま、そんなもんかな。
a0041150_10421837.jpg

確かに普通よりは大きいし、腕も確か。美味しいと言えば美味しいのだけど、求めているものとは違う。少し太めの大きめの海老。人形町には美味しい洋食屋さんもあるので、わざわざここまで食べにくる理由もナシかなあ?この海老フライならば「ボントン」さんで良いね。

そんな中、高松にレッスンに行きました。土曜に移動だったので混んでいましたね、空港。いつものように崎陽軒の「シュウマイ弁当」にしようかと思ったのですが、ふと気まぐれに空港特製の別の「シュウマイ弁当」。以前これ、ものすごく不味かったんですよ。最近どうかなと思って。
a0041150_10424637.jpg

あああ、ヤバイ。見るからに不味そうや!
a0041150_10430832.jpg

やはりかなりイケませんでした。私には買ってはいけないお弁当の1つかもです。そういえばどこかの給食で、生徒たちが不味いと言っている上に異物混入のニュースがありましたね。ガキンチョに身勝手に生意気を言わせるのは良くないと思うのですが、これは話が違う!子供の時には美味しいものを食べるべきですよ。文化を理解できない大人に育ってしまいます。大体、癒着しているのか何だか知らないけど、不味いものを出す業者って(笑)ダメでしょう?他の業者に切り替えるも、遠慮して?力関係で?引き受けてくれないとか・・・・こういう話には腹が立ちますね~。

さてレッスン、なんか久しぶりな感じ。というか、久しぶりに自分じゃない人のピアノを聴いた感じで、ちょっとショッキング。別に突き詰めて上手じゃなくても良いけど、音楽に対してずさんな受け止めが不思議(笑)。音楽は最終的には素敵なものなんだし、もともとはそれが好きでやっているわけなんでしょうから、そういうことを感じないで弾いている人がいる!というのを、久しぶりに思い出しました。大事なことは、音楽にほれ込んでいるということですよ。フランスに一緒に行った子なんかは、一皮もふた皮もむけて成長。やはり文化的な環境というのも必要ですね。

お昼はいつもの「水仙」に行きました。ここで「極み」という「海老天丼」があって、それを「海老フライ」にしてもらいます。常連の特権。1本1200円!これを2本(笑)。
a0041150_10433610.jpg

これはでかい!かなり満足!満足なんだけど、もっと太くて大きい海老も食べたことがある。なかなか望み通りにはいかないけど、ま、いいか。

夜はこちらもお気に入りのイタリアン「ミオ・パエーゼ」。創作イタリアンという感じで、個性的なメニューでハズレがない。高松で一番のお店だと思いますよ。本当に美味しい。今回はここの「ピザ」が目当て。いわゆる「おつまみピザ」みたいな感じなんだけど、これが本格ピザに負けないくらい旨いんだなあ。とりあえずダイエット中だから、何を頼むかは熟考して。

で、地元のコウイカの種類のハリイカの「朴葉バター炒め」。美味しいね!食感も素晴らしい。
a0041150_10440199.jpg

朴葉の香りが豊かで、生臭さやバター臭さなど嫌のものが何もなく、お味もマイルド。好みで言うとニンニクがジャガイモのようにローストして入っていてもいいかな?って感じだが、それなら!次は「アヒージョ」。地ダコとムール貝を使ったもので、これもまた絶品。
a0041150_10442932.jpg

ムール貝の臭みもなく、そして何とガーリックもあんまり感じない。感じないのに味わいが良くて、本当に旨い!素材との相性もバッチリだ。たぶん女性客のために臭わないニンニクの使い方をしているのだろうけど、それをうまく補えるっていうのがお見事
!さすがだ。そしてお目当ての「ピザ」。
a0041150_10445545.jpg

さぬきの夢という地元の小麦を使っているのだけど、その生地がマジ旨い。4種のチーズにしたけど、それも正解。チーズのバランスも最高だった。

今回は「クレメント・ホテル」で、この辺では一番の良いホテルできれいだけど、こうして外で食べるには遠いんだよね。歩いた歩いた。このホテル、いけないのは朝ご飯が不味いことだ。正しくは1階のバイキングが不味い、だからお昼に来ても不味さは一緒。地方に来たら必ず食べる「朝カレー」も、ふた口しか食べられなかった~参った。
a0041150_10451535.jpg

唯一良かったのは、このあたりだと朝ご飯に「讃岐うどん」が置かれているんだけど、薬味のほかに天麩羅も置かれているのは、なかなか良いね。
a0041150_10455286.jpg

昔はパンの種類がいっぱいあったんだけどね、最近はこれもショボい。でもダイエット中だからオッケー。

二日目のお昼はまた「水仙」に行きました。この日は「天麩羅の盛り合わせ」。普通のサイズの海老ですが、とても美味しい。やはり大きければ良い!というわけではないね(笑)。
a0041150_10461780.jpg

サイドにとったのが「アジの三杯酢」。お刺身ぽい生のアジの酢の物を考えていたのだけど、何と!塩焼きサイズのアジが3尾!のどに骨が刺さった!(笑)
a0041150_10464227.jpg

美味しいけど、ちょっと・・・これはもういいかな!って感じだった(笑)。「こちらではアジの酢の物はこんな感じなんだよ。驚いた?」って女将さんは楽しそう。

東京に帰って、時間ぎりぎりで「江戸浜」さんには入れた。「江戸浜」さんは先日の「下校時間のクラシック」にもいらしてくれて、そんな話で盛り上がる。お寿司は相変わらず美味しい。高松の帰りに「江戸浜」というのは、わりとあるパターン。まずは「カニの酢の物」。酢の物はやはりこういう繊細な感じがいいね。
a0041150_10471168.jpg

「トロ」と「サメガレイのエンガワ」、サメガレイは珍しいから嬉しいね。旨い!
a0041150_10473723.jpg

「大トロ」「たい」、いつもの「サザエのつぼ焼き」。
a0041150_10475222.jpg
a0041150_10475850.jpg

「江戸浜」さんならではの美味しい貝を色々。
a0041150_10482876.jpg

これも珍しい「トゲシャコ」、下仕事が難しいということだけど、新鮮でおいしいね。「アジ」「アイナメ」等々。大満足。
a0041150_10485355.jpg

一応これで「海老フライ」中毒は収まりました。それを証拠に「富士㐂」ではトンカツ!
a0041150_10502265.jpg

いつもの厚切り。お値段にしては美味しい。ま、ささやかに幸せ。
by masa-hilton | 2017-10-20 11:02 | 日々の出来事

いろいろ比べるのも良いかも?

最近は良いよね、何事もセカンド・オピニオンという言葉で、昔で言えば「見積もり」が万事出しやすくなっています。医療の場合の診断だってそうなんだから、買い物はもっと楽チン。

今マンションの掲示板に、お風呂のガスボイラーの交換の表示が出ていて、マンションで「みんなで頼むから安くできます」ということだ。実は我が家では1年近く前、時期を外して調子が悪くなったので個人で交換。みんなで注文する場合でも35万とかだから、個人で変えるときは38万とか40万とか言われ、さらにガス屋さんが推奨するそのメーカーじゃないと、電気系統に故障が起きやすく、床暖房にもつながらないと説明された。で、一般のリフォーム業者に聞いてみたら鼻で笑われ「この最先端の時代、一流メーカーなんだから他のメーカーだって全然大丈夫!」と言う。正論です!おまけに費用も15万から20万ぐらいで交換できるとのこと。驚きついでにお風呂場ごとリフォームしてみようと、わざわざお高いガス屋さんにも見積もりをもらってみた(笑)。リフォーム自体で50万円もの差が出たので、もうこれはお話にならないね。マンションの管理組合にこの話をしてみても良いのだけど、責任問題にはされたくないので個人主義を貫くけど、なんかお気の毒。我が家は1年になるけど、床暖房も使えるし調子はすこぶる良い。それにしてもガス屋さん、この調子でぼったくりも恐ろしいので、自由化を良いことに、お支払いも別の会社にチェンジいたしましたよ。

比較できるというのはありがたい。それで何が正しいとか美味しいとかもわかる。でも比較だけで「これが良い」と決めるのも危険!良くないと思う。いつも柔軟であることが大切なんでしょうね。

アルザスに行って「タルト・フランベ」食べましたが、普通に食べても、日本のものとは比較にならないほど美味しかった。「タルト・フランベ」は閉店してしまった人形町の「ラ・シゴーニュ」がとてもお気に入りだったけど、今だったらわからない。随分違うかも。でも食べたくなってきたので、浅草橋で大人気のアルザス料理「ジョンティ」に行ってきました。お店の雰囲気は良い感じ。外国的な空気があるのは間違いなく、人気があるのもわかりますね。
a0041150_13405880.jpg

アルザスワインは管理人さんによると、安いものはかなり不味い(爆笑)との感想。
a0041150_13402224.jpg
ま、それは仕方がないでしょう。アルザスでおいしく飲めたものも、こちらだと倍ぐらい。どこもそうでしょうけど。メニューもアルザス風をうたっています。
a0041150_13410787.jpg
前菜はアルザス風であるかどうか、そこは全く不明ながら、これはお味は美味しかった。というより普通ですね、家庭的というか。満足です。
a0041150_13394756.jpg
エスカルゴは味はまあまあ、でも殻がないのがちょっとなあ。私は人工的であっても殻アリが好き。殻がないとガーリック・バターが早々に固まってしまいます。
a0041150_13384934.jpg
タルト・フランベ、見るからに(笑)、これはかなりショボい。基本的にこのお店、すべてがショボいですね、お値段を抑えるためのことでしょう、でもいくら薄く具をのせると言っても、これは味に深みがないです。
a0041150_13381567.jpg
羊の肉を使った「ベッコフ」。これも現地との差がかなりある。簡単に言うと「アルザス風のポトフ」ですが、ほんとに普通の「ポトフ」みたいだった。
a0041150_13373953.jpg
肉はむしろ臭みもある羊の肉で、これは好み。
a0041150_13370790.jpg
とにかくいろいろ考え方にもズレがありました。前菜の盛り合わせの中身を聞いても「シェフがこれから考えるからわからない」という答えが返ってくる。つまりこちらのメインに合わせて考えてくれるという良心的な理由なんですが、前菜をどうするかでメインも決めたいんですよ。行き違いもあったね。すごい評判の高いお店だけど私はダメかもだ。「シュークルート」が人気のようですが、それはあまり興味がないし。いずれにしてもせっかくの外食、もっと高くてもショボくないほうが良いと思います。

さて「タルト・フランベ」は人形町でもまだあるんですよね。こちらも大人気のお店「ユニオンサンドヤード(UNION SAND YARD)」。野菜が新鮮で豊富ということで、女子には特に人気がありますね。それなのに、ここもダメだったです。好みというのは仕方がないことですね。きっと私はそれほど野菜にこだわらないし、好きでもないのかもしれませんね。まずは最初からテンションが違います。食べログの写真なんかきれいに撮れてますが、私のこのやる気のない写真にすべてが象徴されていますよ。

まずはお手製の野菜ジュースが振る舞われます。皆さんおかわりしてますね。
a0041150_13562316.jpg
私はふた口ぐらいだったな。野菜類は確かに新鮮で、この写真よりずっと豊富にあります。
a0041150_13563472.jpg
キッシュなんかも丁寧な作り、お肉もハラミ肉などを上手に使い、自家製のハム、そしてソーセージなど・・・・今どきのお店ですね。とまあ、やる気のないレビューですみません。酒のアテなら旨いのかも?
a0041150_13564417.jpg
a0041150_13565343.jpg
a0041150_13570088.jpg
何でなんでしょうね?美味しいとは思うけど「オザミ」には行きたくないし、「オー・バカナル」なども苦手ですからね。お酒飲まないからでしょうね?お洒落な店は好きなんだけど、苦手なタイプのお洒落な店があるというか、素材の蘊蓄が多いお店は苦手!「素材が好きなら草でも食ってろ」とは誰の言葉でしたっけね?そこまでではなくても、作りこんだお料理やシェフの腕がモノをいうお料理が好き。さらにお江戸下町のお育ちだから上品でもないし。カレーも(笑)。
a0041150_13570901.jpg
別に悪くはないのですが、普通のが好きですね。
a0041150_13571888.jpg
「タルト・フランベ」は美味しいとは思わなかったなあ。でもとても人気のお店です。ハッキリ合わないというのは、逆にピッタリ合う人もいる!ということですから、ぜひご自身で試してください。でも本場で食べたものは旨かったよ、追ってレポートしますね。

ところでフランスでよく食べたのが「コルドン・ブルー」。これってカツのような揚げたお肉にハムやプロシュートを合わせて、チーズもふんだんに・・・ソースはお店によりいろいろと。もともとはスイスのシュニッツェルらしいですね、ウィキによると。いずれにしても食べやすいうえに飽きの来ないお味で、毎日食べていました。で、「コルドン・ブルー」ではない!とは思うのですが「ぐるとん」の「チキンチーズパン粉焼き」がとてもよく似ています。これは私のお気に入り。今日も美味しいですよね。

a0041150_13554422.jpg
ご主人は有名ホテルのシェフでもあった人ですから、これってマジで「コルドン・ブルー」のアレンジなのかもしれませんね。「ぐるとん」の奥様に聞いても笑っておられるだけでした。これは毎日でも行けます。
by masa-hilton | 2017-10-08 13:26 | 日々の出来事

All you need is ウナギ

いつも行っている大好きな鰻屋さん、新橋の「鳥かど家」さんですが、ご主人は根っからのビートルズ・ファン。私の「下校時間のクラシック」 に1966カルテットが一緒だったのを見て、「この人たちのCDも持ってますよ~。」っておっしゃっていました。1966カルテットは何と全員鰻好き!なので、それならばと連れておしかけました。ご主人大喜び!!
a0041150_08270932.jpg
さすがにうまくメンバーが全員揃うとは思わなかったので、これはラッキーでした。ご主人のビートルズのコレクションが凄い!これは全部リアル・タイムでの収集品です。
a0041150_08273460.jpg
伝説の武道館での来日プログラムもチケットなどもきれいに保管。これは見事なコレクションです。高嶋社長も興味を持たれていましたね、今度お連れしないと。彼女たちのサインもお宝に加わりましたね(笑)。
a0041150_08275099.jpg
普通に「鰻重」を戴こうと思ったのですが、特別コースを用意してくださいました。ま、もともと普通の「鰻重」と言っても、普通ではない大ぶり&リーズナブルなお店なんです。「煮こごり」的なオリジナル「鰻の汽車ポッポ」。
a0041150_08280315.jpg
江戸前の卵焼き、少しあっさり目で関西人のメンバーも美味しいと絶賛。卵焼きばかりでなく、この梅クラゲのような珍味がまた旨い。
a0041150_08281600.jpg
出ました!「鳥焼き」。これは絶対に注文しないとね、メチャ美味しいです。
a0041150_08283053.jpg
そして大満足の「鰻重」です。これぞ鰻。現在は鰻がいないということで薄不味い店が多く、おまけにバカ高い!でもここは違うんです、鰻はこうでなくては。お見事!1966の皆さんも大感激!
a0041150_08284987.jpg
ランチの1600円の丼だって満足できますからね~。でも食べるならやはりお重。大きいからついつい裏側からも撮ってしまう(笑)、これも恒例ですね。重なっているんです。
a0041150_08290846.jpg
美味しかった~~~。楽しく大満足でした。帰りに「アイリッシュ・タイムズ」にはしご、で、彼女たちとギネスで乾杯(笑)。

by masa-hilton | 2017-10-05 23:44 | 日々の出来事

杉並公会堂の3大ピアノ・コンサートも大成功でした

杉並の3大ピアノのコンサート、今年で9回目でしたが、今回も大成功!いらしたお客さまにはとても喜んで戴けました。内容も充実していて、選曲・編曲も成功でした。本当に皆様のおかげです。ありがとうございました。
a0041150_07554677.jpg
今回のメンバーも海老彰子さん、實川風さんとお二人とも抜群な実力を誇ります。相手が上手なほうがとても楽なのです(笑)。こちらも思い切り行けますし、コンサート自体に心配や心遣いがいらない。テンションを上げて楽しむだけです。このコンサートが9回続いてきたのも、そういうバックグラウンドがあってこそです。ただ複数のピアニストが集まったというだけではないんです。

實川くんのリクエストのカプースチンの「マンテカ」も大成功。私は常々カプースチンなど、表面はカッコいいんだけど、誰が弾いてもあまり変わり映えがしない曲には否定的で、今回もそういう意味では参ったなあと思っていたのですが、それは思い違いというか、やはり「個性を考えて弾けば弾きようがある」のだとわかりました。何でも譜読みしてみるもんですね。ただ完璧に機械のように弾いて、曲の面白さだけに頼ってしまう演奏があまりにも多いというだけでした(笑)。私のイメージで原曲に近いファンキーなスタイルに舵を切ったのだけど、二人とも大満足で良かった良かった。このあと盟友の三舩優子さんともこれをやることになりました(笑)。ドラムスも入れるので、やはりこの方向性でさらにガンガン行きたいな~~と思っています。ぜひお楽しみに!

さてリハーサルでは、それぞれのピアノに慣れて、弾く順番や段取りを覚えます。どのピアノも非常に状態が良いので、弾くのも楽しいですね。楽屋弁当はルミネで購入の「鰻弁当」です。これ、わりとお気に入り。
a0041150_07555751.jpg
1600円だからお高いけど、このサイズの小さめの鰻になります。でも味はなかなか。
a0041150_07561139.jpg
常連さんをはじめ、「トーキョー・パスタ」さん、「太田鮨」さん、ピアノの上野優子さんも来てくれていました。大盛り上がりで終わって、暑くもなかったのでゆっくり電車で帰りました。東京駅で大好きな「果実園」に。
a0041150_07562681.jpg
シャイン・マスカットのパフェとかを期待したんですが、それはなく、メロンのパフェ。定番ですが高い!1800円!!鰻より高いじゃん。でも以前よりは安くなっています。待ち時間が多く、私は前日は徹夜だったので、この待ち時間で疲れた。大人気店だから仕方がないね。
a0041150_07563759.jpg
でも美味しい(笑)、だから許す。おおお、ダイエットの体に浸みわたります。でも8キロ減まで来ましたよ。

その後人形町に戻って、パフェ食べちゃったから、軽くおかずだけ・・・・で、焼肉「バル」の「やまと」に行きました。上質なお肉で一人焼肉もできるお店。今回は座った場所が悪く換気が良くなくて、管理人さんが煙を頭からしっかり浴びて凄いことになりました。他人事ではなく私も(笑)。
a0041150_07564984.jpg
トマトサラダ、これはとらなくても良かったかな、味がなくてつらい。
a0041150_07570189.jpg
確かにお肉の質は良いですね、とも三角、かた三角、カルビ、レバー、みすじ。
a0041150_07571436.jpg
a0041150_07572664.jpg
a0041150_07573687.jpg
a0041150_07574805.jpg
a0041150_07575917.jpg
でも前に来た時ほど良いと思わなかった。私のような江戸のおじさんは、もっとタレがバッチリからんでないと。極端に言うとお肉の質よりタレの味(笑)!上野の「太昌園」のランチとか(笑)。いやぁ、ホルモンは味噌ダレでしょ~~~。物足らない。
a0041150_08001720.jpg
若い人には良いだろうね。でも物足らなかったので翌日は浅草の「いきなりステーキ」に行ってしまいました。大根サラダも良いですね。ドレッシングも好き。
a0041150_07581066.jpg
お肉は300グラム。もっといけそうだったけど、ダイエット中だからね(笑)。浅草店は椅子もあるし、輸入牛でも美味しく食べられるんだなあ。普段和牛にこだわる管理人さんもここは大丈夫ですし、お気に入りです。メンバーズカードも持ってますよ(笑)。
a0041150_07582335.jpg
とにかく大きなコンサートが二つとも大成功で良かった。さ、次に行きます~~~。

by masa-hilton | 2017-09-26 23:53 | 日々の出来事

杉並公会堂の3大ピアノコンサートのリハーサル

いろいろ構成から作ったティアラこうとうのコンサートが無事に終わって、皆さんに喜ばれてひと安心。良かったです。でもすぐに杉並公会堂の3大ピアノのコンサートのリハーサルになりました。今回は2回やりました。こちらも無事進行中です。
a0041150_02193947.jpg
今回の3大ピアノのほうは巨匠の海老彰子さん、そして若手男性ピアニストのトップを走る實川風さんという組み合わせ。毎回人選をするのも楽しい。なるべく普段会わないような顔合わせで考えていますので、実際にアンサンブルが上手く行くかは、リハーサルで初めてわかります(爆笑)。様子見しながら弾いていますが、これがけっこう楽しい。笑いが絶えません。ピアニスト同士ってなかなか面白いのですよ。
a0041150_10364937.jpg
つい最近もアルゲリッチと同じようなレパートリーでやってきたばかりの海老さんは、第一人者で大先輩でありますが、とてもキュートでかわいらしい人です。ピアノに向かうと音楽がはじけるように弾み、周りの空気もキラキラと輝き出しますね。さすがです。實川くんは、群雄割拠の日本の若手男性ピアニストの中で1つ頭が抜けた感じで、今やスター!貴公子的なイメージですけど、とても自然体で大らかなお人柄も良くて、音楽にも表れてきます。最近は手軽なユーチューブのせいでしょうか、音が軽く音量も出ないピアニストが多いのですけど、音の芯がちゃんと聞こえてきてとても心地良い。やはり実力者との共演が楽しいですね。そして和気あいあい。
a0041150_02195025.jpg
少しやせたと思っていたのですけど、まだまだですね。一応7キロは落としたんですが、もう7キロぐらい落とさないとダメみたいだな。リハーサルだから流していたのですが、海老さんが「斎藤さんみたいに音楽があふれている人は日本にいたら勿体ないわ。もっと海外に行きましょう!」と褒めて下さり恐縮至極。いつもの通り本番になると、みんなさらにガンガン行くので(笑)、お互いにワクワクです。

初日の帰りは管理人さんとも合流、打ち合わせとお礼参りを兼ねて鰻の「青葉」さんに行きました。いつもながら美味しい!
a0041150_02185833.jpg
a0041150_02191401.jpg
さすがですね。関西風なのですが味わいも深く、お味も濃く!大好きです。先日コンサートにも来てくださった女将さんとの一枚!
a0041150_02192739.jpg
宝塚で活躍されていたということもあり、姿もよろしい素敵な女将さん!また行きますね。

2回目のリハーサルは早く終わりましたので、逆に時間が中途半端。ダイエット中ということもあって、反動かな?ガッツリと「カレーライス」を食べたいと思い、ちょうど良いので喫茶「ロン」に行きました。ここなら通しでやっています。レトロな喫茶店「ロン」のカレーは格別で、辛くもなくコクもあるわけではなく・・・でも時々食べたくなるんですよね。何だろう?シチューのようなカレーと言いますか、好きなんですよね。
a0041150_02200602.jpg
とても上品で古風な感じでしょ?良いです。具だくさんのカレーって実は苦手なんですが、ここのはOK!やはりシチューぽいんですよね。脱力感のある旨さを満喫!
a0041150_02201991.jpg
具だくさんなのはカレーだけじゃないのです。この横についているスープ、これが凄い!オニオンと大きなシイタケがふんだんに!美味しい!
a0041150_02203149.jpg
これで650円は申し訳ない。「ロン」と言えば「ミートソース」もソフト麺ですが大好きです(笑)。また行こう!
a0041150_02204282.jpg
なお、コンサートの曲目は以下の通りです。ぜひぜひお楽しみに!!

●リスト~ホロヴィッツ/arr.直江香世子  ハンガリア狂詩曲 第2番(全員)

●ヒナステラ  アルゼンチン舞曲集より第2曲、第3曲 (實川)

●ミヨー  スカラムーシュ (海老・斎藤)

●斎藤雅広  シャンソン・メドレー (全員)

おお、シャンゼリゼ~ラ・メール~ミロール~パリの空の下~セ・シ・ボン~パリのお嬢さん


●グァスタヴィーノ  サンタフェの少女たち (斎藤・實川)

●カプースチン  「マンテカ」の主題によるパラフレーズ (實川・斎藤)

●ショパン  夜想曲 第4番 作品15-1 (海老)

●ルトスワフスキ  パガニーニの主題による変奏曲 (海老・實川)

●スメタナ/arr.直江香世子  モルダウ (全員)


by masa-hilton | 2017-09-22 23:47 | 日々の出来事

下校時間のクラシック第3回、大成功にて

告知をして参りましたティアラこうとうでの「下校時間のクラシック」コンサート、おかげさまで大成功にて終えることが出来ました。当日は台風が接近するということでしたが、リピーターのお客様をはじめ、熱心なファンの皆様がいらしていただき、とても楽しく温かい雰囲気を作っていただきました。会場からのパワーを頂戴して、盛りだくさんの良いコンサートが思い切り出来て幸せでした。ありがとうございました。心から厚く御礼申し上げます。
a0041150_07282406.jpg
高嶋音楽事務所のアーティスト総出演のコンサート、色々活動のジャンルも異なっていたりで、アレンジは毎回考えどころです。今回も1966カルテットとの「ラプソディ・イン・ブルー」など、よそにないテイストで大成功だったのでは?とても楽しかったですね。めでたしです!
a0041150_07284365.jpg
ホワイエに降りていきましたら、大好きな鰻の名店「青葉」の女将さんがいらしていました。コンサートのお知らせしてなかったのでビックリ。とても嬉しかったです。そして「太田鮨」さんの妹さん、「トーキョー・パスタ」 シェフのご夫妻、お寿司の「江戸浜」さんと次々お目にかかることができて、もう大感激。人形町の名店がオンパレードでした。本当にありがとうございます。すぐお店に行きますね!!

終わってからは近くのイタリアン?バル?「三ツ星村」にて、全員参加の打ち上げ会でした。こちらも楽しく。このお店ではよく打ち上げがあるそうですが、確かに!そんな感じのお店でしたね。お世話になりました。
a0041150_07271319.jpg
リエットなどが美味しい。
a0041150_07273162.jpg
濃いゴルゴンゾーラのピザ、明太子入りのアヒージョ(笑)、若い人向きかもですね。
a0041150_07275173.jpg
a0041150_07280854.jpg
肉に卵の黄身をかけていただく・・・これは名物のようですね。
a0041150_07313264.jpg
次の日曜日には杉並公会堂があります。こちらは楽しげに見えて、実は難曲ばかりで(笑)。さあ大変だ!頑張ります。

by masa-hilton | 2017-09-18 23:39 | 日々の出来事

ティアラこうとう「下校時間のクラシック」3のリハーサル

ティアラこうとうでリハーサルに行ってきました。コンサートのほうは17日日曜日の3時からです。ぜひお楽しみになさってくださいね。子供のころ学校放送で昼休みや下校時間に聞いた名曲を集めて贈るコンサート!いらして下さった方は必ずほっこりしていただける楽しいコンサートで、私の最近の企画のヒットです(笑)。ティアラこうとうでの「下校時間」は加羽沢美濃さんとのデュオ・コンサートがきっかけになって、膨らんだものです。1966カルテット、山田姉妹を中心に毎回楽しいゲストをお呼びしています。今回はニューヨークから伊熊啓輔さんおなじみの古川はるなさん、米津真浩さんです。

リハーサルは忙しいメンバーが集まらないので1回。5時間もかけて丁寧に。楽しかったです。
a0041150_09434320.jpg
a0041150_09435780.jpg
a0041150_09440970.jpg
リハーサルの結果、担当する曲を1曲入れ替えました。ちょっとプログラムの記載とは変わりますのでご了承くださいね。前回、ビーチボーイズのアレンジ版を共演して、これならいけそうだと思った1966カルテットとの「ラプソディ・イン・ブルー」もイケイケに楽しい感じ!めでたしです。

リハーサルがガッチリ時間がかかりましたので、ダイエット中ながらしっかり食べようと、茅場町の「パリカリ」に行きました。
a0041150_09442523.jpg
「パリカリ」さんはカフェ・ダイニングとありますが、ワインをたくさん置いていて、飲み放題では15種類も試せるようなお店。「渡り蟹のパスタ」や「アヒージョ」、自慢の肉料理が大人気!
a0041150_09444441.jpg
そんなこんなで、お店はお洒落な女子でいっぱいです。良いね(笑)!パンはテイストの味わい深いオリーブ・オイルで。
a0041150_09445941.jpg
定番の「アヒージョ」。もちろん美味しい。
a0041150_09451492.jpg
海老で頼みましたが、砂肝やマッシュルームも美味しそう。イイダコのトマト味の「アヒージョ」もあって迷いました。

お店のイチオシではないかもしれないけれど「ミートソース」!!!何とこれが旨かった。そして私の好きな「パッケリ」のパスタだ。想像通りを外さない、誰もが好きなお味で出してくるお店、好きだなあ。
a0041150_09452964.jpg
美味しかった、大満足!しかしこれでダイエットが止まってしまったと思いきや、1キロ進み7キロ減に突入していた。昨日は暑かったから、それが良い効果になったかな?

コンサートも頑張ります!
a0041150_17514137.jpg

by masa-hilton | 2017-09-14 10:24 | 日々の出来事

ダイエット作戦は?

というわけでダイエット作戦、実行中なのですが、あまり減りませんね。一気に6キロまで減ったのですがここからが大変ですね。そうは言っても、あまり食べないことにしてしまっては体力が持ちません。

基本的に炭水化物ダイエットです。ご飯とかパンとかの量を減らしています。パスタとかもね。困るのは鰻ですね。富沢町の「喜久川」さんの小さいものならば、小さくてもふっくら美味しいので二重丸。他所だと小さな鰻は食べられませんよね、不味くて。
a0041150_03555065.jpg
お寿司も気を付けないとね(笑)。秋葉原のヨドバシカメラの上の話題の回転鮨「まぐろ人」をちょっと覗いてみました。マグロの3貫盛!確かに悪くない感じ。
a0041150_04060626.jpg
鰻を1本焼のお寿司。
a0041150_04063383.jpg
ぶっかけ鮨(笑)。これだけで結構なお値段に行きましたね。食べようと思えばきりがなく食べちゃうかも。
a0041150_04061959.jpg
だから、やはり本格的に美味しいもののほうが良いんだよ。というわけで「太田鮨」さん。いつもいっぱいなのですがたまたま入れました。マグロ、カンパチ、赤貝ともう身の厚さが違う、違い過ぎる(笑)。美味しい。大満足!
a0041150_03595418.jpg
a0041150_03591248.jpg
a0041150_04003336.jpg
焼き物は粕漬け「ゲソ」。これが旨いんだよね。幸せです。
a0041150_03584652.jpg
看板の「煮はまぐり」、こちらも最高。
a0041150_04001011.jpg
ウニ、2種類のウニを出してくれました。そして日本一のアナゴです。
a0041150_04005316.jpg
a0041150_04573167.jpg
〆はもちろん「かんぴょう巻」。江戸っ子の伝統の美味しさです。最近は外国のお客様が多いということで、語学を勉強して、いろんな国の言葉で接客している太田さん(笑)。これが、なかなか面白いんです。
a0041150_04011961.jpg
博多の天ぷら「ひらお」を食べそこなって、人形町でも「中山」さんがいっぱいだったので「てん作」さんで。
a0041150_04044459.jpg
博多の「ひらお」を偲んで「しおから」をとってみました。そして天麩羅をたくさん!
a0041150_04055288.jpg
a0041150_04053618.jpg
美味しいんだけど、そうは言ってもリーズナブルな、カレースタンドのような天麩羅屋さんだから、じっくり天麩羅と向き合うと物足らない感じもある。それは仕方がない。やはり天丼が旨いかな。
a0041150_04040018.jpg
この天丼はかなり美味しいよね。いろいろトッピングして食べるのがおすすめ!!

さて「でらじろう」さんも気に入っていてよく行きます。こちらも「揚げ物」ですね、ダイエットにはどうでしょうか?(笑) でも美味しい。
a0041150_03573337.jpg
お味がいいんだよね、先付けも美味しい。シラスが絶妙です。そして「アジのミリン焼き」これ最高!
a0041150_03574632.jpg
豆アジに味しめて(笑)「から揚げ」も行きました。これもなかなか。
a0041150_03580457.jpg
そして「串揚げ」です。全部旨いんだけど、「玉子」好き!旨い!
a0041150_03582019.jpg
飲み屋さんだけど、ランチで行って気に入った「東八」さん。ここも良いね。この先付けがチョイ、カレー味でジャンク(笑)。こういうところも好き。
a0041150_03562063.jpg
お刺身はぶつ切りで、美味しい。こちらはカンパチ。
a0041150_03563414.jpg
「レバテキ」、半生で旨し!お酒のアテには最高でしょう。
a0041150_03564689.jpg
お昼で美味しかったから「から揚げ」も。大振りでカリッと揚がっています。そういえば「ザ・築地」さんの「から揚げ」も旨かったね。2軒とも時々行きたいお店だ。
a0041150_03570057.jpg
最後は「おでん」。なんかね、ちょっぴり甘くて超美味しい。というか好み!これは良いなあ。また来ちゃうよ。お昼の「サバ味噌&コロッケ」もお気に入りだし。
a0041150_03571289.jpg
いやいや、さすが人形町!飲み屋さんのご飯の実力が、レベル高いよね~~。お味が良いんだよね。「大市」さんの「牛すき焼」のランチだって、ついつい食べに行ってしまいます。
a0041150_04453927.jpg
さ、ダイエットは出来るのかな?(笑)

by masa-hilton | 2017-09-06 23:47 | 日々の出来事

さささと福岡に行ってきました

何かと雑用に追われる日々。ピアノを落ち着いて弾きたい。という感じなんですが、ブログの方もとても書いている場合ではないような。インスタ、ツィッターと皆さんマメですけど、よくできるなあという感じ。ヘトヘトです。そんな中、急に博多からSOSが入って、室内楽のレッスンをしてきました。急きょ夜に博多に飛んだので、いつものような美味しいもの三昧ではありません(笑)。

そして現在ダイエット中。最初の1週間で4キロスルスル落ちましたが、そのあと1キロずつって感じで時間がかかっています。今6キロ減。でもまだデブです。そういうわけで最近食事はそそくさでもあります。

レッスンのほうは大丈夫。全部合わせて4時間ぐらいかな?ま、落ち着いてやんなさい!とハッパをかけてきました。到着の日は既に時間が遅かったので、私のセレクトで中州にある「馬肉ダイニング・さくら家」さんに行きました。もっと最近の小ぎれいなチェーン店の呑み屋かと思いきや、なんと個人営業ぽい、それも中洲の割とやばいところにあって(笑)、外国の屋台系の感じも。これは失敗したかな?と思いきや美味しい。良かった!
a0041150_04303871.jpg
まずは馬刺し盛り合わせで二皿、馬肉の様々な部位がふんだんに。新鮮で柔らかみもあり、お味も良く大満足です。
a0041150_04395016.jpg
待ってました!のレバ刺し!!これが最高に旨い!ここに来て良かった!!
a0041150_04302473.jpg
続いてはハツ!こちらも美味しい。
a0041150_04301187.jpg
餃子などもあります。羽根餃子で、この羽根の部分はとんこつラーメンのスープで作るんだとか。当然旨いっすね。
a0041150_04303194.jpg
ユッケ!お肉はもちろん、味付けがとても上手。これは超大満足です。
a0041150_04295215.jpg
初めていただく馬の焼肉!これも美味しかった。サッパリしていて味は良い!まずは玉ねぎ!この玉ねぎと脂の風味を肉にしみこませるんですね。私は赤身の部分が特に気に入りました。
a0041150_04291612.jpg
a0041150_04283159.jpg
a0041150_04284033.jpg
全員でゴキゲンです。
a0041150_04411109.jpg
牛肉ですが、わさびで「たたき」。生肉は好きだなあ。美味しい。
a0041150_04281658.jpg
珍しい馬のテールの部分。こちらも刺身で戴きます。
a0041150_04280039.jpg
いや~幸せ幸せ!大満足でめでたし!ちなみに「さくら家」さん、お隣の怪しすぎるコスチュームのお店も同時経営しています(笑)。

翌日はブランチの感じで、私の希望で天麩羅の「ひらお」に行ったんですが、大行列!!相変わらずの大人気ですね。私も大好きなんです。でも!これを並ぶと時間がない!ということで急きょ「すき家」(笑)。せっかくなので鰻を食べてみることにしました。
a0041150_04274427.jpg
マーケットで売っているような中国産の鰻?紀文の鰻?みたいな感じではありますが、4000円が当たり前の鰻重が「牛すき」までつけてリーズナブルな訳ですし、吉野家のゴミみたいな鰻(ごめんなさい!)に比べたら、全然大丈夫!機会があったら、他のものも味見してみましょう。
a0041150_04272793.jpg
帰りの空港ではソフトクリームを戴きました。まだまだテンヤワンヤ!大変な9月になりそう。

by masa-hilton | 2017-09-03 04:47 | 日々の出来事

編曲、原稿書き終わりました

いやあ、焦った焦った。でもやっと編曲できました。編曲がねえ、フランス滞在中にやる予定だったのですよ。シャンソン・メドレーだし。でもバタバタしていたのと暑いのとで、結局1音も書けずに帰国しました。帰国すれば、それこそ山のように仕事と雑用がたまっています。これに十分に振り回されまして(笑)、やっと編曲完成に至りました。ホッとした。

粛々とやるにしても、創作活動だからやればできるというものでもなし。またお相手もいる3大ピアノの編曲ですので、早く楽譜をお渡ししなきゃと焦るし、3台ですから1小節書くのも3人分で(笑)、ま、当たり前ですが、大変です。おまけに原稿なども結構あって。まだ1つ残していますが、こういうのが仕上がらないとピアノの練習ができないわけですよ。とても困る。

私は天才だから大丈夫!私は実力あるから大丈夫!・・・・と自分を暗示にかけると成功するよ~みたいな本、いっぱい出ていますよね。あれ、嘘ですから。1つ1つ積み重ねていかなきゃ何も終わらないし、舞台はなまやさしいものではありません。

徹夜も続きましたが、ようやく整理もついて完成!さ、これからピアノというときに歯が痛くなり、神よ!なぜこのように多くの試練を下さるのでしょうか?あの~もうそろそろ爺さんなんで、お手柔らかにお願い申し上げます。

というわけで準備もできて楽しみです!みなさまも是非お楽しみになさってください。
a0041150_05461306.jpg
海老さん、今も海外にいらしてアルゲリッチとデュオをやっていて、その勢いでこのコンサートにやって来るんですよ(笑)。やり甲斐があり過ぎます!

そしてプログラムはこちら。最近3台4台のコンサートは多いですが、うちが元祖ですから(笑)よそにないものをご用意していますよ。

リスト~ホロヴィッツ編  ハンガリア狂詩曲第2番 (3大ピアノバージョン)
ヒナステラ        アルゼンチン舞曲集より (實川)
ミヨー          スカラムーシュ (海老&斎藤)
シャンソン・メドレー   おおシャンゼリゼ~ラ・メール~ミロール~パリの空の下で
             ~セ・シ・ボン~パリのお嬢さん (3大ピアノバージョン)

グァスタヴィーノ     サンタフェの少女たち
カプースチン       マンテカによるパラフレーズ (以上・斎藤&實川)
ショパン         ノクターン第4番作品15の1 (海老)
ルストワフスキー     パガニーニの主題による変奏曲 (實川・海老)
スメタナ         交響詩「モルダウ」 (3大ピアノバージョン)

by masa-hilton | 2017-08-23 23:51 | 日々の出来事