カテゴリ:日々の出来事( 841 )

リハーサルは池袋

バタバタしているというか、来月号の「ショパン」の原稿に手間取りまして、アップが滞ってしまいましたね。その間、博多のコンサートの練習に後藤姉妹が上京、三舩優子さんたちとの合わせもしました。

場所は池袋の「ノア」。24時間やっている貸しスタジオ。今の人はこれがあるから便利ですよね。私たちはなんかリハーサルをしようと思ったら、サントリーホール近くの榎坂スタジオでした。

さて練習が無事に終わってごはん!池袋では行きたいところがあります。「キッチンチェック」さんです。老舗の洋食屋さんで何でも美味しい。カウンターの狭いお店ですけど、お料理を作る姿が良いんです。なんか粋で、お江戸なんですよね。

断然「海老フライ」が美味しそう。そして「ポークソテー」も。でも時期だからカキフライにしました。ポタージュスープも懐かしく良いお味!最高です。
a0041150_03202653.jpg
a0041150_03205105.jpg
次回は「海老フライ」を狙いたいですね。

by masa-hilton | 2017-11-22 03:11 | 日々の出来事

博多にレッスン&リハーサルに行ってきました

12月の頭にあるコンサートのレッスンとリハーサルのために、博多にいってきました。後藤姉妹との共演です。博多もクリスマスモードでしたね。
a0041150_15150705.jpg
レッスンとリハーサルの合間にチョコチョコと天麩羅を食べに行きました。まずは天神にある老舗のお蕎麦屋さん「飛うめ」さんん。ここの天丼が有名らしいのです。
a0041150_15142813.jpg
海老が3本。東京浅草で修業のお店と聞きますので、お味に違和感はありません。「尾張屋」さんで修業でしょうかね?ちょっと見た目も似ています。
a0041150_15151204.jpg
でも東京の「天丼」だともっと衣は重く、海老は太めに作りますよね。あとタレも濃く液体という感じがしない(笑)のも特徴。
a0041150_15141824.jpg
お蕎麦は普通ですね。声は博多の味に合わせていると思います。「天麩羅」で博多と言えば「ひらお」ですよ!カウンターの立ち食い蕎麦屋のようなノリの天ぷら屋さん。でも美味しいんです。東京に来ないかなあ?絶対ウケますよ!
a0041150_15150023.jpg
濃い天つゆ、そして絶品の「イカの塩辛」などは食べ放題。
a0041150_15143897.jpg
a0041150_15143364.jpg
この塩辛、そしてもやしも旨いんだよね。
a0041150_15151853.jpg
「海老定食」は海老が都合4本来るのです。
a0041150_15152344.jpg
「豚肉天」追加、これも旨い!
a0041150_15142361.jpg
「ごぼう天」も欠かせません。野菜天麩羅は90円です。
a0041150_15145304.jpg
天神はバーゲン時期でもありますね。
a0041150_15144421.jpg
輸入雑貨が好きな私にはたまらないお店があって、そこでいろいろゲットですよ。
a0041150_15183135.jpg
どれが増えたかわからないくらいに、新しいモノたちはすでに我が家には溶けこんでいます。

by masa-hilton | 2017-11-18 15:13 | 日々の出来事

打ち合わせラッシュが続く

CDリリース前、特に重要なCDでもあるのでいろいろ相談、計画を練っています。もしかすると1か月遅れてリリースになるかもしれません。いろいろとプロモーションも考えて、丁寧に作りたいと思うからです。管理人さんは今、本業が忙しくこちらもなかなかつかまらない。いつも行かない場所や、逆に息抜きも含めて打ち合わせラッシュです。そういえばなかなか伺えずにいた「マンツォヴィーノ」にも連れて行ってくれたのも管理人さんだった。ついついこちらは引きこもりがちになっているからね(笑)。

さてさて、関西人からすると東京のお好み焼きは無理!というお話ですが、関西人の管理人さんにも合格!ということになった浅草の「つる次郎」さんです。私は結構お気に入り。どっちみちならカウンターで、焼いていただく方が楽だし、やはり上手ですよね。
a0041150_14145679.jpg
サラダや牛すじの煮込みなども良いけど、美味しいのは「ホタテのウニソース焼」!これは旨い!すばらしい!
a0041150_14151618.jpg
a0041150_14165884.jpg
a0041150_14172489.jpg
お好み焼きも程よく手際よく!ねぎの山だ!!
a0041150_14174601.jpg
「明太子チーズ」が意外に旨い!
a0041150_14190458.jpg
美味しい餃子を食べるために御徒町のディープゾーンにある横浜の中華(笑)「山海楼」さんに。ここの中華はなかなか美味しいのだが、なかなか一人では行けない中途半端な距離がある。行けて良かったね!まずは「ワンタンスープ」。
a0041150_14195322.jpg
そしてお待ちかねの餃子!!旨いね!餃子が美味しければワンタンも「シューマイ」も旨い?そりゃそうだ。
a0041150_14203244.jpg
a0041150_14233007.jpg
以前フルーツ酢豚も美味しかったので「天津丼」、これはちょっと味が濃すぎたかも。
a0041150_14235496.jpg
私が結構甘いカレーが好きだということと、管理人さんのお仕事の都合で神保町の「ガヴィアル」にも。欧風カレーのメッカですね。喫茶店洋食のような店構えにちょっとびっくり。サラダに続いて、チーズの乗ったごはん。
a0041150_14302219.jpg
a0041150_14302909.jpg
サイドにはポテト。別に出てくるのも良いですね。カレーの中に溶けるとドロドロしちゃうので、あまり好きじゃないですね。
a0041150_14303998.jpg
カレーは確かに甘い感じ。やはり好きでした。満足!
a0041150_14311327.jpg
a0041150_14305720.jpg
夜遅いときに便利なのが茅場町の「パリカリ」さん。こちらも大のお気に入りのお店だ。前菜のローストからして美味しいもんね!
a0041150_14314511.jpg
野菜関係は少し香辛料が強かったけど、管理人さんはOK。今どきの若い人はこういう方が良いんだね。
a0041150_14321596.jpg
シラスのサラダ!にグレードアップしてみたけど、こちらの方がやはり美味しいかも(笑)。
a0041150_14323722.jpg
アヒージョも文句なく、お肉はスペアリブに。これもメチャ旨い!
a0041150_14325615.jpg
a0041150_14331768.jpg
大人数で来ると量が少ない感じがするけど、2人だとちょうどよいね。これはシチリアのレストランでもそう思ったね。宴会コースの欠点かな。パスタはアルデンテの「ゴルゴンゾーラのペンネ」!こちらは大満足に旨い!
a0041150_14333956.jpg
音楽活動は一人ではなかなか出来ない。厳密にいうとできないことはないのだけど、音楽は他人が聴くものだから、自分の満足だけでは判断がつかないものだ。そういう時に信用に足る人がそばにいてくれるのは神様から与えられた幸運の1つでしょうね。大感謝!
a0041150_14335877.jpg
そしてがんばらねば!さらなる打ち合わせが続いていきます!(笑)

by masa-hilton | 2017-11-16 14:22 | 日々の出来事

三舩さんとのリハーサル

12月のコンサートに向けての三舩優子さんとのリハーサル。いつものように銀座です。彼女とだから、リハーサルと言ってもそんなにやらなくても大丈夫、というか会って話すことが楽しいというか。今回はお互いに時間が取れないからこんな早い時期になってしまった。こんな風に時期が早いと二人で譜読み大会になるから、実はあまり意味がない(笑)。カプースチンなどもあってどうなることかと思ったけど、結局「そりすべり」が一番難しかったりして(笑)。まだクリスマスの曲を弾くにはピンと来ないしね、そりを走らせるには早いわな。

このリハーサルのあと彼女は、真嶋雄大さんと合流してフルートの布能美樹さんとの合わせがあるということ、そのあとはお食事会になるからぜひ参加しよう!と言われたので、お店などの選定は私が引き受けることにして、ここに乱入。さらに上野優子さんまでが乱入して来たので、わけがわからないが「ま、いいか」みたいなお食事会になった。場所はシチリア料理の「カンティーナ・シチリアーナ」。銀座6丁目、コリドー街のほうのお店だ。こちらが本店みたいだから、やはりこっちが良いだろうね。ここで「真嶋さんと三舩さんのために」と最終的には「上野さんのために」が加わり「飲み放題」にしたコースを選択。底なしに飲まれる皆さんに「飲み放題」のシチリア・ワインは結構美味しかったらしく、めでたしめでたし!おまけにとてもリーズナブルだ。ゴキゲンだね。

思ったよりもお味が本格的で、スタイリッシュだった。前菜もカポナータなどをはじめ非常に良いお味だ。もう少し盛沢山な感じがあるともっと良いが。
a0041150_18172889.jpg
a0041150_18171476.jpg
a0041150_18174021.jpg
a0041150_18175274.jpg
パスタは定番の「ア・ラ・ノルマ」としらすのスパゲティ。どちらも美味しく、きちんとアルデンテ。やはりこうでなければ。旨い。
a0041150_18180474.jpg
a0041150_18181637.jpg
メインは豚にしたけど、思いのほかお味が良く大満足。ここは合格だね。
a0041150_18183075.jpg
次回は銀座4丁目の方にも行ってみようかな?ランチも1800円のランチは良さそうな感じだ。

この日のあわせは実は3時半ぐらいからだった。三舩さんと布能さんのリハーサルも割と短い時間で行われていて、私はゆっくり買い物などをして、のんびりとお出かけした次第。お昼は東銀座の「桂庵」さん。決して一流のお蕎麦ではないんだけど、結構この店好きなんだなあ。特にカツ丼のタレの甘さというか、玉ねぎとの絡み具合というか、懐かしい感じなんだよね。私には美味しい!750円のこのセットは銀座のかくれた好みのメニューです。ファンも結構いるみたいだね
a0041150_18450965.jpg

by masa-hilton | 2017-11-13 18:20 | 日々の出来事

CDリリースの準備、写真を撮りに行きました


新しいCD、タイトルは「ナゼルの夜会」に決定しました。とてもお洒落なんですけど、実は普通です(笑)、曲のタイトルですから。でも逆に言いますと、クラシックの大曲と向きあった、久しぶりの重厚なソロ・アルバムです。あらためてアーティスト写真も含めて、ジャケットも撮ろうと写真撮影をしてきました。カメラマンはご存知の天才!村尾昌美さんです。本当にいつも素敵な写真を撮ってくださいます。ちなみにこれは世間話をしながらの待ちのポーズ(笑)、本番ではありません。どこにも使われないからここに貼ってみました。今回はクラシックらしく、燕尾とタキシードで撮ります。CDジャケットはかなりゴージャスな仕上がりになりますね、お楽しみに。
a0041150_18372040.jpg
そして取材などの打ち合わせも、そろそろ。まずは「ぶらあぼ」さんからでしょうか。また今後もいろいろ動いていきます。打ち合わせはとても大事なのですが、親しい人とお会いして、なんやかんやお話をするのはとても楽しいですね。時間を見つけて銀座でランチでもしながら、というのが一番心も和らぎ、話も進みます。

最近銀座でお気に入りは、和食のお店ですが世紀末風な色彩の素敵なお店「夢屋銀兵衛・虎夢」。個室だし打ち合わせにもプライベートにも便利。実は新橋の飲み屋さんが出した上級店らしい。お料理の味が抜群で、かなり満足度が高いのです。

「夢冠」という、茶碗蒸のような卵豆腐のような前菜は、真ん中の部分はアルコールを飛ばしたワインのゼリーだ。とても美味しい。
a0041150_19244527.jpg
イベリコ豚の西京焼、巨砲の白和え柿酢、それに小さなお寿司。何しろお味が良いです。
a0041150_19252124.jpg
小鍋はブイヤベースのような味わいもある。
a0041150_19255695.jpg
ヒラメのお造りは、もちろん新鮮で美味しいが、お醤油がブロック状になっていてこれが面白い。白い方はポン酢。お洒落!
a0041150_19263093.jpg
フォアグラも戴ける。大根と合わせて和風な味わい。これも旨い。
a0041150_19270498.jpg
焼き物は海の幸と栗やイモなどを上手に組み合わせた3点もの。こういう手のこんだものが好き。
a0041150_19274269.jpg
口直しに芋のアイスクリーム。キャビアとの相性も抜群だ。
a0041150_19281240.jpg
京鴨ロースの治郎煮、これも良いね。鴨の味わいがなくなるほど柔らかくしてないし、こちらの味付けがまた良い。
a0041150_19303580.jpg
〆は中華風ピラフ。これが品の良い中華丼?麻婆じゃない豆腐丼?みたいな感じでおいしい。大満足。
a0041150_19310841.jpg
久々に見つけた和食の美味しい店。ここは通ってしまうなあ。
a0041150_19312931.jpg
そしてCDも素敵な仕上がりになりますように!さ、これからだ!がんばります!

by masa-hilton | 2017-11-11 18:15 | 日々の出来事

前橋のコンサート、なんとお客様から次のオファーが!

朴敬二さんとのコンサート、楽しく無事終了。お客さまが「同じのうちでもやってください」とオファーしてくださいました。彼のお人柄と、熱心な地元での活動が花開いていきますね。また楽しみです。
a0041150_19415302.jpg
このコンサート、会館の都合で13時開演になり、16時までに終わらないといけないということで、私も朝早くに移動。前橋での外国オペラの引っ越し公演の日とぶつかっちゃったらしく、駐車場などの混雑回避での配慮らしいです。もちろんよくわかるし、市をあげての文化事業だから(笑)、こちらもそれに従うけど、本末転倒かな?とも思いますね。地元の市民のコンサートのほうが、大事なんじゃないのかな?市民文化会館なんだから。外人オペラの皆さんは、ただの契約ノルマの消化公演ぐらいにしか思ってないはずですよ(笑)。税金の使い道はそれは大事だけど、誰から税金をもらっているのかも忘れてはいけないですね。がんばれ~!地元演奏家!!でももちろん、それはそれで仕方がないことでもあるんだけどね。

朝早くなっちゃって、前の晩の夜ご飯が深夜だったので朝になってもおなかがすかない。ダイエットが効いて、少食になってきたかな?前の晩は「龍盛菜館」でいつもの「酢豚定食」。閉店直前に滑り込み。
a0041150_00055832.jpg
いつもながら甘いお味は好きな感じ。でも以前よりお肉が脂身かも。景気が良くなっているとか言うけど、普通の中華には苦しく(笑)、こういうところにしわ寄せが来てしまうのだよ。
a0041150_00063677.jpg
睡眠は3時間ぐらいでもう朝7時過ぎにはお出かけ。え?ふつう当たり前。そうですよね。でも私は午前はないというか、午後2時とかに起きてしまう日もある。朝7時はこれから寝ようかな?みたいな時間。朝ご飯は高崎線でグリーン車に乗ってのんびり?と思ってとりあえず上野へ。でも駅弁に全然食指が動かず、とりあえず高崎線に乗りました。

そしたら爆睡しちゃったらしく、あっという間に着いたというか(笑)、目を開けたらもう高崎でした。まさに「おは~!」
a0041150_00070794.jpg
残念、オハ40なら「おはよん!」だったのに(笑)。ま、いいか。SLなんか走ってるんですね。超人気でしたよ。
a0041150_00073350.jpg
両毛線に乗り前橋へ。とりあえずおなかがすくといけないので、駅弁買いました。有名なお弁当?らしい。
a0041150_00080316.jpg
ホールについてすぐリハーサルと思ったのだけど、調律が終わっていない(笑)。しょうがないな・・・じゃ、朝ご飯か。お弁当戴きます。
a0041150_00093289.jpg
想像をしていたよりは美味しくない(笑)、期待したのがいけなかったね。安いんだから仕方がない。鶏肉も厚みがあるところ以外はパサパサだし、旨味そのものが少ないかな。でもこれはどうでも良いんです、本番前ですからね。とりあえず何か食べられて良かった。
a0041150_00111440.jpg
リハーサル時間もあまりなくて、1回しかリハーサルしていないけど、朴さんは平然とのんびりしているから(笑)、ま、彼がOKならばこちらは何も言うことはない。ソロの曲も全然弾く時間がなかったのに、彼は人格者というか大陸的な大らかさで、あくせくしないんだよね。そういうところに人が集まるんでしょうね。感心感心!

楽しくコンサートを終えて、打ち上げの宴会の前にコーヒー。彼が行きつけの「珈琲問屋」に行く。ケーキの切り落としやクロワッサンとかも美味しそうだった。
a0041150_00165008.jpg
オススメのエスプレッソのアイスを戴きながら世間話。同い年だから健康の話とかも多くなってきたね。
a0041150_00175353.jpg
打ち上げは焼肉の「あぐり」へ。農協のやっている焼肉屋さんだ。タン塩やカルビ。
a0041150_00184801.jpg
a0041150_00200718.jpg
ニンニクカルビが美味しい!気に入りました。
a0041150_00204638.jpg
香ばしいよね。
a0041150_00312495.jpg
もちろんロースや壺漬けホルモンも。
a0041150_00182118.jpg
a0041150_00210855.jpg
ホルモンが立派でした。冷麺も美味しかった。満足満足。
a0041150_00315534.jpg
行きは爆睡していたけど、帰りはしっかり起きていたので高崎線遠かった(笑)。帰りは新幹線にするべきだったな。帰ってからは12月にリリース予定のソロCDのいろいろ連絡事項など。すっかり夜中になってしまった。で、深夜の「松屋」さん。そこは男たちの巣になっていた(爆笑)。
a0041150_02062794.jpg
結構、美味しくいただきました。深夜だと旨いカルビ焼肉定食!まさに肉が多かった1日でしたね(笑)。

by masa-hilton | 2017-11-05 23:38 | 日々の出来事

朴さんとのリハーサル

前橋での朴さんとのコンサートが迫ってきましたが、リハーサル2回のつもりが彼曰く「1回で良いよ」(笑)。あ、そう!というわけで銀座で集中してやってきました。

久しぶりの再会だったので、ヤマハに近いという理由でイタリアン「イル・ピノーロ」でランチ。楽しかったですね。そしてこのお店はとてもリーズナブル。その割にはみんなが喜びそうなメニュー。気軽に行けるお店ですね。最初は一口のアミューズ。
a0041150_00161411.jpg
チーズは一口で戴かずに、フォカッチャ(と言うよりは「パン」っていう感じかな・笑)といっしょに。邪道でしょうか。前菜は小さく、カルパッチョなどの定番のものを種類は多く。
a0041150_00162475.jpg
本日のパスタ。これがちょっと良くないですね、丁寧さがないというか。イタリアンのお店のパスタにしては、食感も家パスタのようだし、お味にしてもあまりに平凡。もう少し凝ったものが出てくると良いですね。混み過ぎのせいかもしれません。
a0041150_00163446.jpg
基本的には良い意味でも、総じて平凡な感じでした。地方のシティ・ホテルの1階にあるようなイタリアンです。でもサービスの仕方がスタイリッシュだったり、場所も良い。人気のようですね、驚くほど満員です。それも97%は女性客。お買い物のついでにいただくランチとしては、お手ごろですよね。メインはロッシーニ。
a0041150_00164989.jpg
フォアグラ乗せで、お肉のほうは美味しい。ソースも悪くないです。忙しすぎてフォアグラの火の加減が良くないというか、さすがにリーズナブルには限界があるのか、ちょっと臭うかな?という感じもあり残念でした。結構老舗のようですが、今や美味しい店はたくさんありますからね。でもかなり無理して頑張ってくれている感じはありますよ。これで文句を言ったらかわいそうかもですね。
a0041150_00165990.jpg
デザートも小さく女性向き。便利には使えるレストランですが、私はわざわざは行けないかな~(笑)。え?何を厳しいこと言ってるかって。だってダイエット中だから(笑)、厳選しないと!なんですよ。すみません。

なんだかんだ用をこなして、新橋の「鳥かど家」さんでまた鰻。せっかく銀座に来たからにはここに行かないと(笑)。こちらはもう厳選されています。美味しい!そしてデカい!
a0041150_00171476.jpg
a0041150_00172496.jpg
別日、混雑時間に珍しく空いていたので、人形町で「中山」さん。こちらではお刺身!美味しかった!!最高ですね。
a0041150_00174319.jpg
「ぎんなん」も。料亭のお味。
a0041150_00175599.jpg
「天麩羅」もゆっくりと。ゆるぎのない癒しの空間です。
a0041150_00180582.jpg
この日は管理人さんと話し込みました。そろそろCDの件でいろんな人に会ったり相談したり、打ち合わせの日々が始まりますね。ダイエットは大丈夫か?その前に前橋のコンサート!楽しく参ります!!

by masa-hilton | 2017-10-31 19:30 | 日々の出来事

高松に行ったりと

ダイエットをしているとリバウンドがあるわけですが、それも一応なく進んでいます。ただ宴会や打ち合わせが入るので、ダイエットの進行は速くない。でも何となくひもじいのか(笑)、思いつきでいろんなものが食べたくなります。

で、食べたくなったのが「ジャンボ海老フライ」。そこそこに大きいのではなく、名古屋で有名なような、赤ちゃんの腕ぐらいの大きさのやつ。我が家の周りでは「海老フライ」なら断然「小春軒」です。海老も美味しいし3本だし、1400円は他所の店よりお得。値段のほうは現在わかりません、ここの所、行ってないんですよ。

甘酒横丁の入り口にあった唐揚げ屋さん「とり多津」が閉店になって「かつ竹」というお店が出来ました。同じ資本らしいですね。唐揚げもイート・インはイマイチだったから、店が変わるのもやむなしです。「かつ竹」さんはランチには安いカツもあって、一部では「紙のように薄い」という評価もあるし、値段からいけばそれが当たり前でしょうから。ここで「海老フライ」を食べてみました。お味噌汁でなくて肉団子汁というのは面白いね。
a0041150_10411895.jpg
a0041150_10414502.jpg

でも海老はヒョロヒョロしてますね。衣の感じも苦手なタイプ。これで1300円は嫌かな。再訪は無しでしょうか。

検索すると上野・御徒町に「ジャンボ海老フライ」というか特大の海老フライで有名な洋食屋さんがありました。これは行けますね!「宝亭」さんです。ランチタイムでも特大エビフライ食べられます。2200円!2本ついてくるから・・・・ま、そんなもんかな。
a0041150_10421837.jpg

確かに普通よりは大きいし、腕も確か。美味しいと言えば美味しいのだけど、求めているものとは違う。少し太めの大きめの海老。人形町には美味しい洋食屋さんもあるので、わざわざここまで食べにくる理由もナシかなあ?この海老フライならば「ボントン」さんで良いね。

そんな中、高松にレッスンに行きました。土曜に移動だったので混んでいましたね、空港。いつものように崎陽軒の「シュウマイ弁当」にしようかと思ったのですが、ふと気まぐれに空港特製の別の「シュウマイ弁当」。以前これ、ものすごく不味かったんですよ。最近どうかなと思って。
a0041150_10424637.jpg

あああ、ヤバイ。見るからに不味そうや!
a0041150_10430832.jpg

やはりかなりイケませんでした。私には買ってはいけないお弁当の1つかもです。そういえばどこかの給食で、生徒たちが不味いと言っている上に異物混入のニュースがありましたね。ガキンチョに身勝手に生意気を言わせるのは良くないと思うのですが、これは話が違う!子供の時には美味しいものを食べるべきですよ。文化を理解できない大人に育ってしまいます。大体、癒着しているのか何だか知らないけど、不味いものを出す業者って(笑)ダメでしょう?他の業者に切り替えるも、遠慮して?力関係で?引き受けてくれないとか・・・・こういう話には腹が立ちますね~。

さてレッスン、なんか久しぶりな感じ。というか、久しぶりに自分じゃない人のピアノを聴いた感じで、ちょっとショッキング。別に突き詰めて上手じゃなくても良いけど、音楽に対してずさんな受け止めが不思議(笑)。音楽は最終的には素敵なものなんだし、もともとはそれが好きでやっているわけなんでしょうから、そういうことを感じないで弾いている人がいる!というのを、久しぶりに思い出しました。大事なことは、音楽にほれ込んでいるということですよ。フランスに一緒に行った子なんかは、一皮もふた皮もむけて成長。やはり文化的な環境というのも必要ですね。

お昼はいつもの「水仙」に行きました。ここで「極み」という「海老天丼」があって、それを「海老フライ」にしてもらいます。常連の特権。1本1200円!これを2本(笑)。
a0041150_10433610.jpg

これはでかい!かなり満足!満足なんだけど、もっと太くて大きい海老も食べたことがある。なかなか望み通りにはいかないけど、ま、いいか。

夜はこちらもお気に入りのイタリアン「ミオ・パエーゼ」。創作イタリアンという感じで、個性的なメニューでハズレがない。高松で一番のお店だと思いますよ。本当に美味しい。今回はここの「ピザ」が目当て。いわゆる「おつまみピザ」みたいな感じなんだけど、これが本格ピザに負けないくらい旨いんだなあ。とりあえずダイエット中だから、何を頼むかは熟考して。

で、地元のコウイカの種類のハリイカの「朴葉バター炒め」。美味しいね!食感も素晴らしい。
a0041150_10440199.jpg

朴葉の香りが豊かで、生臭さやバター臭さなど嫌のものが何もなく、お味もマイルド。好みで言うとニンニクがジャガイモのようにローストして入っていてもいいかな?って感じだが、それなら!次は「アヒージョ」。地ダコとムール貝を使ったもので、これもまた絶品。
a0041150_10442932.jpg

ムール貝の臭みもなく、そして何とガーリックもあんまり感じない。感じないのに味わいが良くて、本当に旨い!素材との相性もバッチリだ。たぶん女性客のために臭わないニンニクの使い方をしているのだろうけど、それをうまく補えるっていうのがお見事
!さすがだ。そしてお目当ての「ピザ」。
a0041150_10445545.jpg

さぬきの夢という地元の小麦を使っているのだけど、その生地がマジ旨い。4種のチーズにしたけど、それも正解。チーズのバランスも最高だった。

今回は「クレメント・ホテル」で、この辺では一番の良いホテルできれいだけど、こうして外で食べるには遠いんだよね。歩いた歩いた。このホテル、いけないのは朝ご飯が不味いことだ。正しくは1階のバイキングが不味い、だからお昼に来ても不味さは一緒。地方に来たら必ず食べる「朝カレー」も、ふた口しか食べられなかった~参った。
a0041150_10451535.jpg

唯一良かったのは、このあたりだと朝ご飯に「讃岐うどん」が置かれているんだけど、薬味のほかに天麩羅も置かれているのは、なかなか良いね。
a0041150_10455286.jpg

昔はパンの種類がいっぱいあったんだけどね、最近はこれもショボい。でもダイエット中だからオッケー。

二日目のお昼はまた「水仙」に行きました。この日は「天麩羅の盛り合わせ」。普通のサイズの海老ですが、とても美味しい。やはり大きければ良い!というわけではないね(笑)。
a0041150_10461780.jpg

サイドにとったのが「アジの三杯酢」。お刺身ぽい生のアジの酢の物を考えていたのだけど、何と!塩焼きサイズのアジが3尾!のどに骨が刺さった!(笑)
a0041150_10464227.jpg

美味しいけど、ちょっと・・・これはもういいかな!って感じだった(笑)。「こちらではアジの酢の物はこんな感じなんだよ。驚いた?」って女将さんは楽しそう。

東京に帰って、時間ぎりぎりで「江戸浜」さんには入れた。「江戸浜」さんは先日の「下校時間のクラシック」にもいらしてくれて、そんな話で盛り上がる。お寿司は相変わらず美味しい。高松の帰りに「江戸浜」というのは、わりとあるパターン。まずは「カニの酢の物」。酢の物はやはりこういう繊細な感じがいいね。
a0041150_10471168.jpg

「トロ」と「サメガレイのエンガワ」、サメガレイは珍しいから嬉しいね。旨い!
a0041150_10473723.jpg

「大トロ」「たい」、いつもの「サザエのつぼ焼き」。
a0041150_10475222.jpg
a0041150_10475850.jpg

「江戸浜」さんならではの美味しい貝を色々。
a0041150_10482876.jpg

これも珍しい「トゲシャコ」、下仕事が難しいということだけど、新鮮でおいしいね。「アジ」「アイナメ」等々。大満足。
a0041150_10485355.jpg

一応これで「海老フライ」中毒は収まりました。それを証拠に「富士㐂」ではトンカツ!
a0041150_10502265.jpg

いつもの厚切り。お値段にしては美味しい。ま、ささやかに幸せ。
by masa-hilton | 2017-10-20 11:02 | 日々の出来事

いろいろ比べるのも良いかも?

最近は良いよね、何事もセカンド・オピニオンという言葉で、昔で言えば「見積もり」が万事出しやすくなっています。医療の場合の診断だってそうなんだから、買い物はもっと楽チン。

今マンションの掲示板に、お風呂のガスボイラーの交換の表示が出ていて、マンションで「みんなで頼むから安くできます」ということだ。実は我が家では1年近く前、時期を外して調子が悪くなったので個人で交換。みんなで注文する場合でも35万とかだから、個人で変えるときは38万とか40万とか言われ、さらにガス屋さんが推奨するそのメーカーじゃないと、電気系統に故障が起きやすく、床暖房にもつながらないと説明された。で、一般のリフォーム業者に聞いてみたら鼻で笑われ「この最先端の時代、一流メーカーなんだから他のメーカーだって全然大丈夫!」と言う。正論です!おまけに費用も15万から20万ぐらいで交換できるとのこと。驚きついでにお風呂場ごとリフォームしてみようと、わざわざお高いガス屋さんにも見積もりをもらってみた(笑)。リフォーム自体で50万円もの差が出たので、もうこれはお話にならないね。マンションの管理組合にこの話をしてみても良いのだけど、責任問題にはされたくないので個人主義を貫くけど、なんかお気の毒。我が家は1年になるけど、床暖房も使えるし調子はすこぶる良い。それにしてもガス屋さん、この調子でぼったくりも恐ろしいので、自由化を良いことに、お支払いも別の会社にチェンジいたしましたよ。

比較できるというのはありがたい。それで何が正しいとか美味しいとかもわかる。でも比較だけで「これが良い」と決めるのも危険!良くないと思う。いつも柔軟であることが大切なんでしょうね。

アルザスに行って「タルト・フランベ」食べましたが、普通に食べても、日本のものとは比較にならないほど美味しかった。「タルト・フランベ」は閉店してしまった人形町の「ラ・シゴーニュ」がとてもお気に入りだったけど、今だったらわからない。随分違うかも。でも食べたくなってきたので、浅草橋で大人気のアルザス料理「ジョンティ」に行ってきました。お店の雰囲気は良い感じ。外国的な空気があるのは間違いなく、人気があるのもわかりますね。
a0041150_13405880.jpg

アルザスワインは管理人さんによると、安いものはかなり不味い(爆笑)との感想。
a0041150_13402224.jpg
ま、それは仕方がないでしょう。アルザスでおいしく飲めたものも、こちらだと倍ぐらい。どこもそうでしょうけど。メニューもアルザス風をうたっています。
a0041150_13410787.jpg
前菜はアルザス風であるかどうか、そこは全く不明ながら、これはお味は美味しかった。というより普通ですね、家庭的というか。満足です。
a0041150_13394756.jpg
エスカルゴは味はまあまあ、でも殻がないのがちょっとなあ。私は人工的であっても殻アリが好き。殻がないとガーリック・バターが早々に固まってしまいます。
a0041150_13384934.jpg
タルト・フランベ、見るからに(笑)、これはかなりショボい。基本的にこのお店、すべてがショボいですね、お値段を抑えるためのことでしょう、でもいくら薄く具をのせると言っても、これは味に深みがないです。
a0041150_13381567.jpg
羊の肉を使った「ベッコフ」。これも現地との差がかなりある。簡単に言うと「アルザス風のポトフ」ですが、ほんとに普通の「ポトフ」みたいだった。
a0041150_13373953.jpg
肉はむしろ臭みもある羊の肉で、これは好み。
a0041150_13370790.jpg
とにかくいろいろ考え方にもズレがありました。前菜の盛り合わせの中身を聞いても「シェフがこれから考えるからわからない」という答えが返ってくる。つまりこちらのメインに合わせて考えてくれるという良心的な理由なんですが、前菜をどうするかでメインも決めたいんですよ。行き違いもあったね。すごい評判の高いお店だけど私はダメかもだ。「シュークルート」が人気のようですが、それはあまり興味がないし。いずれにしてもせっかくの外食、もっと高くてもショボくないほうが良いと思います。

さて「タルト・フランベ」は人形町でもまだあるんですよね。こちらも大人気のお店「ユニオンサンドヤード(UNION SAND YARD)」。野菜が新鮮で豊富ということで、女子には特に人気がありますね。それなのに、ここもダメだったです。好みというのは仕方がないことですね。きっと私はそれほど野菜にこだわらないし、好きでもないのかもしれませんね。まずは最初からテンションが違います。食べログの写真なんかきれいに撮れてますが、私のこのやる気のない写真にすべてが象徴されていますよ。

まずはお手製の野菜ジュースが振る舞われます。皆さんおかわりしてますね。
a0041150_13562316.jpg
私はふた口ぐらいだったな。野菜類は確かに新鮮で、この写真よりずっと豊富にあります。
a0041150_13563472.jpg
キッシュなんかも丁寧な作り、お肉もハラミ肉などを上手に使い、自家製のハム、そしてソーセージなど・・・・今どきのお店ですね。とまあ、やる気のないレビューですみません。酒のアテなら旨いのかも?
a0041150_13564417.jpg
a0041150_13565343.jpg
a0041150_13570088.jpg
何でなんでしょうね?美味しいとは思うけど「オザミ」には行きたくないし、「オー・バカナル」なども苦手ですからね。お酒飲まないからでしょうね?お洒落な店は好きなんだけど、苦手なタイプのお洒落な店があるというか、素材の蘊蓄が多いお店は苦手!「素材が好きなら草でも食ってろ」とは誰の言葉でしたっけね?そこまでではなくても、作りこんだお料理やシェフの腕がモノをいうお料理が好き。さらにお江戸下町のお育ちだから上品でもないし。カレーも(笑)。
a0041150_13570901.jpg
別に悪くはないのですが、普通のが好きですね。
a0041150_13571888.jpg
「タルト・フランベ」は美味しいとは思わなかったなあ。でもとても人気のお店です。ハッキリ合わないというのは、逆にピッタリ合う人もいる!ということですから、ぜひご自身で試してください。でも本場で食べたものは旨かったよ、追ってレポートしますね。

ところでフランスでよく食べたのが「コルドン・ブルー」。これってカツのような揚げたお肉にハムやプロシュートを合わせて、チーズもふんだんに・・・ソースはお店によりいろいろと。もともとはスイスのシュニッツェルらしいですね、ウィキによると。いずれにしても食べやすいうえに飽きの来ないお味で、毎日食べていました。で、「コルドン・ブルー」ではない!とは思うのですが「ぐるとん」の「チキンチーズパン粉焼き」がとてもよく似ています。これは私のお気に入り。今日も美味しいですよね。

a0041150_13554422.jpg
ご主人は有名ホテルのシェフでもあった人ですから、これってマジで「コルドン・ブルー」のアレンジなのかもしれませんね。「ぐるとん」の奥様に聞いても笑っておられるだけでした。これは毎日でも行けます。
by masa-hilton | 2017-10-08 13:26 | 日々の出来事

All you need is ウナギ

いつも行っている大好きな鰻屋さん、新橋の「鳥かど家」さんですが、ご主人は根っからのビートルズ・ファン。私の「下校時間のクラシック」 に1966カルテットが一緒だったのを見て、「この人たちのCDも持ってますよ~。」っておっしゃっていました。1966カルテットは何と全員鰻好き!なので、それならばと連れておしかけました。ご主人大喜び!!
a0041150_08270932.jpg
さすがにうまくメンバーが全員揃うとは思わなかったので、これはラッキーでした。ご主人のビートルズのコレクションが凄い!これは全部リアル・タイムでの収集品です。
a0041150_08273460.jpg
伝説の武道館での来日プログラムもチケットなどもきれいに保管。これは見事なコレクションです。高嶋社長も興味を持たれていましたね、今度お連れしないと。彼女たちのサインもお宝に加わりましたね(笑)。
a0041150_08275099.jpg
普通に「鰻重」を戴こうと思ったのですが、特別コースを用意してくださいました。ま、もともと普通の「鰻重」と言っても、普通ではない大ぶり&リーズナブルなお店なんです。「煮こごり」的なオリジナル「鰻の汽車ポッポ」。
a0041150_08280315.jpg
江戸前の卵焼き、少しあっさり目で関西人のメンバーも美味しいと絶賛。卵焼きばかりでなく、この梅クラゲのような珍味がまた旨い。
a0041150_08281600.jpg
出ました!「鳥焼き」。これは絶対に注文しないとね、メチャ美味しいです。
a0041150_08283053.jpg
そして大満足の「鰻重」です。これぞ鰻。現在は鰻がいないということで薄不味い店が多く、おまけにバカ高い!でもここは違うんです、鰻はこうでなくては。お見事!1966の皆さんも大感激!
a0041150_08284987.jpg
ランチの1600円の丼だって満足できますからね~。でも食べるならやはりお重。大きいからついつい裏側からも撮ってしまう(笑)、これも恒例ですね。重なっているんです。
a0041150_08290846.jpg
美味しかった~~~。楽しく大満足でした。帰りに「アイリッシュ・タイムズ」にはしご、で、彼女たちとギネスで乾杯(笑)。

by masa-hilton | 2017-10-05 23:44 | 日々の出来事