カテゴリ:日々の出来事( 833 )

高松に行きました

年内最後の高松行きでした。今回は何事もなく平穏というか、淡々と行ってきました(笑)。もうコンクールの時期でもないし、それら行事が全部終わって、皆さん賞をとったりコンサートが上手く行ったりで、私も通っている甲斐があるというものです(笑)。めでたしめでたし。そして、この何も行事のない時期こそ、しっかり勉強が大切ですよね。

羽田、朝早いから崎陽軒の「チャ-ハン」の弁当。朝は出荷して間もないらしく、脂っこくなく美味しくいただけますよ。シューマイ弁当でなくてもシューマイは入っているし、大好きな甘く煮たタケノコも入っているのでOK。
a0041150_03261288.jpg

高松に着くと、いつもの「水仙」に行きます。ものすごい混みかたですね、大繁盛店です。ますます混んじゃってるという感じ(笑)。今回は焼肉のセットを戴きました。
a0041150_03262041.jpg
お肉も良い感じですね。
a0041150_03262916.jpg
ここは何を食べても美味しいですね。サイドに戴いた「さんまの刺身」がまた良い感じ。
a0041150_03263873.jpg
夜は洋食の「グラッツェ」。いつもながら落ち着く場所です。お気に入り。
a0041150_03264584.jpg
今回は「蟹コロッケとエビフライ」を合い盛りにしてもらいました。もちろんメニューにはありません。
a0041150_03265389.jpg
エビフライがずっと気になっていまして、今回初めて食べられた。普通でした(笑)。ここはやはり「ビーフカツ」が一番かな。帰りがけに道で猫が寄ってきました。しばらく遊んでいましたよ。
a0041150_03270080.jpg
今回はホテルはクレメントです。お部屋は良いですが、お食事がイマイチ。朝ご飯はさらにレベルが落ちていました。前はパンが山ほどあったのに。
a0041150_03270951.jpg
なんとなく客層もオシャレな感じではなくなっているような。色々言われていますが、安くパックにしますから不景気な感じがしていますね。ホントは外国人が増えてホテル儲かっていると思うんですけどね。

お昼はまたまた「水仙」。いつもの天丼セット。甘いお味で美味しいんだよね。
a0041150_03272935.jpg
美味しいハマチなども付いていて。
a0041150_03273928.jpg
さらにまた「さんまの刺身」を追加しました。
a0041150_03274965.jpg
ずいぶん温度は低いんですけど、なんか暑いような気がして空港ではアイス。
a0041150_03275516.jpg
東京についてからは「三崎丸」へ。最近店長が変わってお味もイマイチな感じでしたが、この日は昔からいる野村さんが握っていたので入店しました。野村さんが握れば大丈夫です。
a0041150_03280589.jpg
a0041150_03282063.jpg
a0041150_03282971.jpg
イカの天麩羅も!定番ですね。
a0041150_03284115.jpg
若くて才能があってもしくじってクビになってしまったり、お店(会社)の中では色々あるというお話も聞きました。何を職業に選んでも大変です。色々やることが多くて、さらに真夜中には「富士そば」。当初よりお味が良くなってきたような。お店の人が慣れてきたのかもしれません。
a0041150_03343279.jpg
いずれにしても、こんな生活は体には良くなさそう(笑)。でも真夜中は蕎麦は旨い!

by masa-hilton | 2016-11-07 04:03 | 日々の出来事

出雲の休日

出雲、そういうわけでオフの時間もたっぷりあったので、お寿司の毎日でしたが、量を調節してチョコチョコ美味しいと言われる名物ものも食べてみました。ブラブラと歩きましたね。まず駅前にあったので、期待しないで食べてみた「出雲蕎麦」、「そのやま」さんです。
a0041150_11251520.jpg

期待してないから「まずい」とも思わなかった。ま、普通というか、逆に旨い蕎麦でこの食べ方はないんじゃないかな(笑)ぐらい。この店はとても評判悪いようですね(笑)、私はそうも思いませんでした。一応店には粉屋さんの暖簾がありますしね。普通ですよ。お安いし。
a0041150_11272463.jpg

こんな駅前にあるのに、大きく期待して行く方がおかしいとも言えますよね。

やはり駅前にあるお店の「山頭火」、こちらは人気もあって評価も高いようなです。しかし私は全く趣味に合いませんでした。
a0041150_11301587.jpg

ここのお店の「宍道湖のシジミ」はイマイチです。青森の十三湖のシジミにかなり負けていますね。出雲のシジミがルーツだという話も聞きましたが、十三湖はアサリぐらいの大きさもあるし味も深いです。
a0041150_1129427.jpg

この「シジミの酒蒸」はこの「山頭火」が発祥の地だそうですが、何しろお味のほうがダメダメだ。「残ったお出汁を飲んで下さい」と言われたが、飲めやしないくらいの塩辛さ。これじゃ脳卒中へゴーゴーゴーだよ。宍道湖の鰻もいただきましたが、こちらも残念すぎる。
a0041150_1130514.jpg

小さいから刻むのか?かといって安くもないし。東京の鰻を想像してはいけないですね。大きさ、旨味・・・すべて悲しいくらいの貧しさに見えてしまいます。肉厚のでかいのが好みです、ちなみに関西系の人とか、そういう鰻を知らない人もいるみたいですよ。場所場所によって印象も違うはずです。下の写真は東京の大和田さん。
a0041150_10471772.jpg

ま、お店の感じも客層も全て、私には合わないお店でした、これは破談だ。

小学校の先生がオススメされていたから、行ってみたトンカツの「とんき」。お店の雰囲気は良いけれど、これで「トンカツ」の専門店は「ない」と思いました。色々親切にはしてくれるんだけどね、残念。
a0041150_18313630.jpg

これでは普通のメシ屋のトンカツだしね~。やはりもっとぶ厚いのを期待しますよね。
a0041150_18364829.jpg

和風でポン酢のようなソースもあってサッパリ戴けるというのが売りみたい。でもそれ以前にお肉が貧弱だ。せめて平田牧場とか1000円でも旨い武蔵野とかね、ああいうお肉が欲しいところではないでしょうか?どうやら名物は「かをり焼き」の方だったようですね、失敗。また行くことがあれば(笑)リベンジしたいですね。

やはり競争が少ないから、のんびりしたお店がほとんどですね。食べるべきものは地元のモノです。エキナカをふらふらしているとおじちゃんが「のどぐろの唐揚」を無造作に売っています。なんかまずそうで汚らしいんだけど、これが旨い(笑)!
a0041150_18375035.jpg

安くて旨くてご機嫌だ!その横ではお寿司屋のおじいちゃんが、哀愁の出店を出しています。何かしょぼそうなんだけど、「東京から?」とか言ってまけてくれたので、買ってみました。「かに寿司」です。
a0041150_18380228.jpg

で、これも旨い!さすがですね!こういうもの食べないとね。
a0041150_18381020.jpg

あとシャイン・マスカットが安い!普通のスーパーで買いました。
a0041150_18421181.jpg

これ東京じゃ、安くても2000円近くしますよね。うらやましい。

地元の人に聞いたら、美味しいのは「庄や」だって言うんだよね。なわけないだろう?まぢか?「お刺身も安くててんこ盛り!で良いし」とオススメされた。行ってみたら「大海老天丼」があったので、海老好きだから迷わず注文してみたが。
a0041150_18422100.jpg

海老の大きさはまあまあとして・・・これは不味い(笑)。ダメだ!まず油が合わなくて気持ち悪かった、予想通りというか仕方がないよね。やはり他人様を信じてはいけない。こうして毎日「呉竹鮨」ということになった私です(笑)。

「呉竹」だったら何を食べても美味しいからね(笑)。で、何とその「呉竹」の大将、店がお休みの日曜に焼き鳥屋で、偶然にパパス弦楽四重奏団のみんなとバッタリ会ったんだと。そして「斎藤先生は今日美味しく食べているかなあ」と心配していたそうな(笑)。

さて出雲と言えば神様の土地。
a0041150_1082533.jpg

特に世間の神無月と反対にこちらは神在月ということで、やはり出雲大社に出かけるのが良いんでしょうね。お天気も良かったので、行ってみましたよ。
a0041150_1093637.jpg

ふり返ればさらに美しく。人生も景色もたまにはふり返って見てみるもんですね(笑)。
a0041150_1011364.jpg

まさに日本ならではの風景!良いですね~。
a0041150_10132681.jpg

a0041150_10222530.jpg

a0041150_102347100.jpg

おおこの風景は?金の玉?
a0041150_10451311.jpg

これは幸魂奇魂(さきのみたま・くしみたま)と言います。この御力をかりて、大国主命が国を作ったそうな。神話って凄い、ほぼアニメの世界ですね。
a0041150_10251951.jpg

御社殿ですね。
a0041150_10264943.jpg

a0041150_10274644.jpg

中は入れませんし、見えないし、写真もダメ。
a0041150_10292384.jpg

だから横からがベストショット。
a0041150_18544963.jpg

白兎くんたちもいます。
a0041150_18550281.jpg

小さい宝物館みたいなのを見ました。
a0041150_10311950.jpg

a0041150_10322041.jpg

偉い人(人間)と神様が一緒に並べちゃってますが。良いんですかね?ちょっと(笑)。
a0041150_10345232.jpg

うっそうとした裏側もまた良い感じです。
a0041150_1037696.jpg

出雲大社からまたバスに乗って今度は日御崎に行ってみます。灯台があって雰囲気があると言われました。ウミネコでも有名だそうです。で、到着するとそこは神社、日御崎神社でした。
a0041150_9562285.jpg

こちらは天照(あまてらす)大御神ゆかりの神社なんですね。
a0041150_9584021.jpg

a0041150_9593237.jpg

こちらは素盞嗚尊(すさのおのみこと)ゆかりの社殿。
a0041150_1001711.jpg

a0041150_1011524.jpg

大物の有名どころの神様お二人がいらっしゃる神社です。あちこち工事中でしたが。
a0041150_1025440.jpg

そのわきの道を上っていきますと、灯台に行きます。
a0041150_104068.jpg

a0041150_10434563.jpg

a0041150_10413975.jpg

危険ですけど海に降りられるというか、崖というか・・・・
a0041150_18573468.jpg

まさに日御崎とありますね。
a0041150_18575051.jpg

きれいに風景の1部になってしまうので、簡単に作られているような感じもあります。
a0041150_10392543.jpg

そばに行くと大きい。
a0041150_10402081.jpg

中に入りましたが、超絶的な階段、息が切れて超やばい。とてもハードでした。
a0041150_858827.jpg

上るとけっこう足がすくみますね。クラクラしますよ。
a0041150_911544.jpg

風が強いのと、足場も斜めになっているので、けっこう怖いです。
a0041150_931657.jpg

a0041150_941560.jpg

降りるのも大変でしたね。この日は観光客もたくさんでなく、ちょっとさびれた感じでしたが、その感じも悪くないですね。来て良かったです。
a0041150_1061746.jpg

バス停に戻るまでにお土産や食堂がいっぱいあります。海ではサザエなどゴロゴロとれるらしく、気軽に焼きサザエが食べられます。
a0041150_18580997.jpg

2個で500円。2個で1000円の店もあるのでご用心(笑)。お味は素朴ですね、まあまあです。
a0041150_18581862.jpg

イカ焼きもあります。こっちの方が美味しいかな。
a0041150_18583144.jpg

ホテルのほうに戻って街中ではなく、このあたりでしっかり食事することにしました。「花房」さんだけは「生うに」が食べられると書いてありました(笑)。
a0041150_18585696.jpg

それではということで、ウニたっぷりにしてもらって「ウニ・サザエ・白イカ」の海鮮丼。名物を集めてみました。メニューにはなかったのですが、これは当然のように旨かった。大当たりで大満足!ただし安くはなかった。
a0041150_18590501.jpg

見ると生きたアワビくんが暴れていました。「これ3000円。ステーキでもバタ焼きでも、もちろん刺身でも何でも。いかが?」と言われました。美味しそうだけど、美味しくステーキになるかが心配。
a0041150_18591551.jpg

で、結局パスしました。今回の出雲で、このアワビをパスしたことだけが心残りです。食べれば良かったよなあ(笑)。ううう。

東京に帰りの空港内の食堂ではリベンジを。レストラン「至誠」です。宍道湖のウナギと出雲蕎麦(笑)。
a0041150_18595786.jpg

a0041150_19000732.jpg

ここのお店、お味が良いですね。決して空港ならではの「いい加減なもの」ではなかったです。手打ち蕎麦のお店です!立派。お蕎麦も普通に美味しかったです、想定内の感じですが。でも鰻はやっぱり小さくて。鰻は東京でですね~~(笑)。

なかなかハードでもあったけれども、出雲はとても好印象。楽しかったです。また来れると良いなあ!と思える場所でした。出雲大社は縁結びの神様だし、またご縁がありますように!
by masa-hilton | 2016-11-02 20:50 | 日々の出来事

出雲大作戦

ホントに時間がなくて、ブログが止まっていますね。でも元気ですよ。普通にやってます。食べ物のほうも、毎週3回鰻食べて日々繰り返しでございます。大変だった出雲の学校コンサートも、実は今月頭のことなのに、気分的には半年ぐらい前の感じになっています。

この出雲が何で大変だったかというと、普段あまりアウトリーチやらないので、ディープな学校コンサート仕事は知らない世界!予想を超えていました。18公演というのも凄いけど、問題は楽器のことだ。普段お気に入りの調律師をよんだり、気に入らなければピアノを運んだりしてもらっているからね~、調律なし&アップライトもあり&古いピアノは30年前以上?これが当たり前の体育館の楽器(笑)、もちろん覚悟はしていたから文句はない。でも、そもそもこういう文化のあり方って誰が考えたんでしょうね?音楽教室もね、アーティストがアーティストらしい姿を見せて、初めて子供たちにも勉強になるってもんじゃないでしょうか?ピアノの楽器って寿命8年ですからね、車と一緒です。日本の教育委員会も政治家の皆さんも、まじめに予算をつけましょうよ!政治資金・領収書、散々ごまかしやがってるくせに、ね~、それを考えると嫌になるよね。滅せよ、汚れし者たちよ!(笑)でもね、演奏、必死に死力を尽くしてやってみますと、必ずしも最悪の楽器の時に最悪な結果ではないんですね。面白い。舞台人は全力を尽くすことが命だと、あらためて思い知りましたよ。頑張って良かった!やって良かったし、意義も感じた。聴いて下さる方の心に残るようにすれば、やはり何かは残すことができるようです。

また大変だった理由はもう1つ、この前日までが世界遺産のクルーズだったのです。大洗の港に夜6時半に帰ってくる・・・・この段階で、出雲の朝までに電車や飛行機で移動するのは無理。新大阪まで新幹線で行って、そこからは管理人さん運転のレンタカー作戦を計画。でもそれももし船が遅く着岸したらアウトでした。船の客室で夕方からドキドキ!
a0041150_1415063.jpg

さすがにっぽん丸!6時に着岸するという情報が!すばらしい!30分も速かった!
a0041150_1425439.jpg

でもそれでちょうどよかったんです。普通に6時半だったら間に合わなかったかも。水戸までタクシーで行って、予定通り品川駅で管理人さんと会えて新幹線に。そこにエキナカの「酢豚弁当」が用意されていた!食べ物があって助かった~。さすが管理人さんだ!
a0041150_144466.jpg

新大阪につくと雨です。深夜の高速を走るにはこれもまた障害。山の中は大雨でしたからね。なぜか車種は燃費は良いけど馬力のないスズキの車でスピードも出ない。いやはや。高速をひた走りに走っていますが、時間は遅い。コンサートは朝9時スタートなので、出雲のホテル集合は朝7時半です、間に合うかどうか。ドライブインで戴いた関西の「ぼっかけうどん」!神戸発の「ぼっかけ」は牛スジ肉とこんにゃくを出汁で煮込んだもので、癖になるお味!深夜のお夜食にはピッタリ!
a0041150_147965.jpg

次の休憩はこちら。この蒜山高原では休んでるトラックのおじちゃんたちしかいませんでした。24時間営業でも食べ物はやってませんでした。
a0041150_1492835.jpg

昼間来るときれいなところで、美味しいものもいっぱいあるようなことを聞きました。

何だかんだあって出雲のホテルには朝6時半に到着。シャワー浴びてすぐ出発。この日から1日3公演ずつ!それも午後3時には終わっている(笑)。普段から睡眠時間少ないから、強行軍の初日も意外に平気だったよ。2公演と3公演の間に学校で目立たないようにお弁当、まさに仕事してるって感じだ(笑)。ちなみに月曜日。
a0041150_151181.jpg

火曜日。
a0041150_15219.jpg

水曜日。
a0041150_1523716.jpg

木曜日。
a0041150_1533535.jpg

金曜日。
a0041150_1544685.jpg

また月曜日。
a0041150_156357.jpg

ホテルの朝ごはんこそ毎日同じで、あまり食べるべきものがない。ただし火曜から金曜までは朝カレーがあったので助かった。ある朝はこんな感じ。
a0041150_1574975.jpg

またある朝は・・・・同じや!
a0041150_1582718.jpg

カレーのない日はこんな感じ、お子様ランチのよう(笑)。
a0041150_1585581.jpg

でもホテルはとても広く快適だった。大浴場などもあったし。それに夕方からは自由行動。この辺りはのどぐろが美味しいところだし、まず着いたその日は管理人さんと慰労会!管理人さんの運転がなければ、この仕事は穴があいていました。大感謝!よくぞ無事着いたし、無事弾いた~。めでたし!で、前知識はなかったけど、やむを得ずネットの評価を信じて「出船寿し」に行きました。
a0041150_20890.jpg

a0041150_203597.jpg

のどぐろ、ヒラマサなど現地のお魚がズラリ!旨い!
a0041150_214160.jpg

a0041150_22172.jpg

白イカやアワビなども美味しい出雲!当たりで良かった「出船寿し」。
a0041150_23185.jpg

a0041150_233634.jpg

ここのお店の特徴は見た目の仕事がきれいだね。どれも美味しそうで癒される。ただし、都会のお寿司とあまり変わりないので、美味しいけど特別な感激はあまりない(笑)。
a0041150_241989.jpg

トロも美味しかったけど、たこ、ウニなども良し!
a0041150_25597.jpg

a0041150_2546100.jpg

のどぐろアゲイン!
a0041150_275026.jpg

ホッと一息の時間、ホント落ち着きました。めでたしめでたしだ。

火曜日からは管理人さんも東京に帰り、車もないので、ホテル近くで食べるように探しました。気になった店はありますが飲み屋が多い。それは困るので、やはり寿司かな?と「呉竹鮨」に行きました。こちらは松方弘樹さん風のかっこいい感じの大将で、ちゃんと好みを見抜いてくれる。お店の雰囲気も良い感じで、好きなタイプのお寿司屋さんだった。「出船寿し」も美味しかったけど、総合的に「呉竹鮨」が好きかも!魚の塩焼きや煮魚など、お料理も上手!またお醤油が九州のように甘いたまり!これが嬉しい。

もう最初の「ひらまさ」から段違いに旨い!
a0041150_84678.jpg

マグロの子供「よこわ」をタタキで。東京人には珍しい。
a0041150_8471191.jpg

結局「トロ」とかは築地からきているということで、ちゃんと近海で漁れたものを出してくれている。
a0041150_850586.jpg

鯵やカニや全部美味しいのだけど、主役の登場。「白イカ」と「のどぐろ」の炙り。これは絶品だ。
a0041150_8512930.jpg

「サザエ」と「うに」も主役だな。
a0041150_85211100.jpg

a0041150_852331.jpg

a0041150_8532237.jpg

そして「のどぐろ」の塩焼!超旨いです!!これも凄い!
a0041150_858022.jpg

お1人様なので3分の1戴きます。最後に「バイ貝」と「のどぐろ」の生!

a0041150_8572198.jpg

大将に「いつ休みか」を聞いて、ひたすら毎日行きました。今日も「呉竹」明日も「呉竹」で、大将もビックリ。ここは常連になりたいお店だし、何しろお料理が旨いのだから!気に入ったら毎日毎日同じものを!~これが「私」なのです。

日によって大将が付出しを変えてくれます。お気に入りのバイ貝の酢味噌和え。
a0041150_913665.jpg

「のどぐろ」の卵を出してくれる日もありました。美味しい!
a0041150_9181464.jpg

お寿司は私の定番通りでエヴリ・ディ。日によっては「くえ」なども出ます。
a0041150_942490.jpg

a0041150_94523.jpg

a0041150_954462.jpg

a0041150_961628.jpg

「サザエ」は外せませんね。コロコロと漁れるそうだし。
a0041150_97882.jpg

「のどぐろ」は私がしっかり注文した「生」より、大将が黙って出した「炙り」が断然旨い。というわけで大将のする通りに、毎日「炙り」で(笑)。
a0041150_9132291.jpg

のどぐろは「煮つけ」の日もあり!煮つけも旨いね。「呉竹鮨」が上手いとも言える!
a0041150_9222737.jpg
最後にヒラマサと白イカをアンコールして、「梅きゅう」で〆る・・・・いつの間にかそういう事になっていました(笑)。
a0041150_9241030.jpg

a0041150_9244641.jpg

毎日行ける店を見つけられて本当に良かった。落ち着くし、ハードなスケジュールも全くハードに感じません。一緒に行ったメンバーと懇親会?打ち上げ?で食事会となったときも、全員が私が毎日通う「呉竹鮨」を希望!毎日通うなんて、驚いたんだろうね。メンバーは若い「パパス弦楽四重奏団」。
a0041150_9591618.jpg

彼らはアレンジして「マリオ」とか「スターウォーズ」「トトロ」とかをやっちゃうんだよね。子供たちの笑顔が炸裂!でもファミリーコンサートではないのだから、音楽教室としてはどうなのだろう?と最初は思っていたりしたんだけど、どうやら音楽教室も最近は様変わりして、そういう曲が主流のようだ。むしろニーズに応えているかもしれない。そこでアレンジなどに凝って、より質の高いものを目指していく・・・・質が高ければそもそもオッケーなわけだし、お若いのにトークなども上手で手慣れていましたね。

今や教育現場も、例えばピアノのレッスンだって生徒がお客様化している。生徒のためを思って叱ったりするとパワハラとか言われてね(笑)・・・・そういう子はどうせ大成しないし、それで良ければそれで良し!と、こちらもエネルギー節約(笑)!必死でもないものを上手にしてやる義理もなし!と割り切れれば良いけど(笑)、あくまでも伝統文化を守ろうと生きちゃうから、むしろ本格的なものをより真剣にやらざるを得ない。結局自己満足なのか?ただ損しているだけか?と自問自答しちゃうけど、世代的にはそれが本能のようなものになっているので、若い優秀な人たちと共演して新たな感覚に接するのは良いよね。

というわけで、彼らとの共演も毎日楽しいし仲良しになった。この段階で懇親会でもないので、美味しいものを食べる目的に集中して「呉竹鮨」で宴会となる(笑)。私の定番を出して戴いた。せっかくだからゲソの焼き物や天麩羅も!
a0041150_1015095.jpg

a0041150_10153198.jpg

お寿司にはみんな大感激!
a0041150_1016579.jpg

a0041150_10172317.jpg

a0041150_10175310.jpg

a0041150_10182934.jpg

途中でナマハゲのようなのが乱入。お酒をごちそうされたら、謙虚に最敬礼してたのがおかしい。
a0041150_10434334.jpg

a0041150_1019129.jpg

a0041150_10193664.jpg

「斎藤さんのどぐろおかわりしていいですか?(涙目)」「どうぞどうぞ」
a0041150_10204594.jpg

「僕はサザエとバイ貝だな」
a0041150_10214761.jpg

a0041150_10224190.jpg

a0041150_10233858.jpg

のどぐろの塩焼きも、3分の1は尻尾になったり真ん中だったり。どこも旨い!
a0041150_9204138.jpg

というわけでハードではあったけど、有意義だった1週間でした。土・日は休みだったので出雲大社にお参りに行きました。次回はそれを書きますね(笑)。
by masa-hilton | 2016-10-31 10:25 | 日々の出来事

また~打ち合わせラッシュ

打ち合わせとリハーサル!まあ、演奏家の宿命ですが楽しくもあり。唯一の困ったことは練習というか、個人の作業が進まなくなることですね。

ますはレコーディングに向けて順調。今度は日本一のフルーティスト萩原貴子さんとのCD。フランクのソナタ、ライネッケのソナタ、プロコフィエフのソナタというプログラミング。もうリハーサルからうまいうまい!もうぶっちぎりですね。これはものすごいCDになりそうです。

今回はリハーサル後にはお気に入りの「ラ・シゴーニュ」で。定番のフルーツ&野菜ジュースもここのは美味しいですが、カナッペみたいなものでも、ちゃんと手が入っています。美味しい。
a0041150_8144963.jpg

キッシュや、チーズナス、大根を隠したサラダ!
a0041150_816926.jpg

a0041150_8163382.jpg

タルト・フランベ!最近流行ってますが、やはりここが一番おいしい。
a0041150_8171769.jpg

メインはお肉でおなかいっぱい。デザートはとてもヨーロッパ風なお菓子な味。チーズを使ってますね。
a0041150_8174994.jpg

a0041150_818869.jpg

夜に行けばさらに楽しいレストランです。

実は来年なのですが、フランスの有名な音楽祭のオファーが来ています。今検討中ですが、音楽祭も素晴らしいですがロケーションが素晴らしい。観光にだけ行っても良いような素敵な場所で、前向きに考えているところです。そんなこんなで打ち合わせも多いですね。管理人さんとは和食の「いい田」さんに。ステーキを戴きました。
a0041150_8364535.jpg

「いい田」さん、前菜などはランチの折はいつも変わらずですね。
a0041150_838420.jpg

ホテルで戴く和食の安定感がありますね。
a0041150_8384041.jpg

ステーキは和食だけに黙っているとシッカリ焼かれてしまうので、「レアで!」とかなり何回も言わないと(笑)。レアで美味しかったです(笑)。
a0041150_8395443.jpg

a0041150_8401859.jpg

このお豆腐も美味しいんですよ。デザートにも心遣いがあります。良い感じですね。
a0041150_841234.jpg

私たちは東銀座の「ヴォメロ」さんもとてもお気に入りです。音楽家はみんな好きなお店かもね。夜のお得意、前菜盛り合わせ。
a0041150_85212100.jpg

フォルテという具沢山のピザ。
a0041150_8523151.jpg

大好きな太いショートパスタのパッケリ。トリッパもが美味しいですね。最高です。
a0041150_8531120.jpg

とてもお安いですが「萬福楼」も行けばお味が評判が良いですね。管理人さんのお気に入りは「いかと野菜の炒め物」。
a0041150_8481813.jpg

私のお気に入りは「牛肉とニンニクの炒め物」。
a0041150_8484936.jpg

オーボエの中村あんりさん絶賛の「萬福楼・特製焼きそば」も美味しい。中村さんのCDは5月にリリースの予定ですよ!こちらもお楽しみにです。この焼きそばは管理人さん絶賛のほか、天麩羅の「中山」さんでも評判(爆笑)。広めようと思います。
a0041150_8491494.jpg

お酒も安いけど、私にはあまり関係ない。相変わらず、注文を取りに来る人が、メモを取らず暗譜で接客!その賢い感じもお店の不思議な魅力かもしれませんね。

さてプロデュースするかどうか、まだ未定ですがソプラノの市川倫子さん。大先輩だし、日本を代表する彼女ですが、音大も退官されて時間もできたらしく、いろいろ相談されています。若い人にはそれなりに気を遣いますが、ベテランも別の意味で丁寧に考えないといけないことがありますね。

打ち合わせを終えて渋谷「松川」で打ち合わせ。フランス行きが可能かどうか、管理人さんと。これが進めば今度は音楽事務所などと詰めていきたいと思いますね。
a0041150_8494461.jpg

鰻旨し!!この日の鰻は大当たり、良い感じでした。やはり鰻だ!毎日食べたいぞ。
by masa-hilton | 2016-10-24 08:59 | 日々の出来事

真嶋雄大さんの「面白クラシック講座」大盛況大成功

甲府のコラニー文化ホールにて、年に何回か行われています真嶋雄大さんの企画「面白クラシック講座」に出演させていただきました。
a0041150_11595133.jpg

この講座、もちろん内容も楽しく深く、さらに真嶋さんのお人柄を慕う有名一流アーティストが我先にと出演していますので、当然大人気なのです!お客様はいっぱい。またそのいっぱいのお客様が家族のように暖かく、この会の長きにわたる充実ぶりと人気ぶりがさらに伝わってきます。

お話は対談形式で脱線することもしばしばなので、さすがのトークコンサートの名人と言われる私でも、演奏との緊張感を保つのは難しい(笑)。笑いすぎに注意です!!おかげさまで楽しんでいただけまして、良かったです。めでたし!CDもよく売れました。ピアニストの小林侑奈さん、冨永愛子さんも来てくれて盛り上げてくれました。共演の布能美樹さんも内容のある演奏でファンを喜ばせていました。皆様本当にありがとうございました。

この日は朝8時半には特急に乗る!ということで、例外的な早起きでお出かけです。でもたまに早起きすると空気が気持ち良いですね。東京駅ではなく新宿でお弁当。これが選べないほどいっぱいあって。南口のお弁当売り場は充実していました。
a0041150_1214056.jpg

結局選べなくて「宮川のうなぎ弁当」アベ鳥取堂の「マツタケごはん」、2つ買ってみました(笑)。でもね、コンサート13時からだし、もしかすると合わせもあるのでリハーサルでいっぱいになって、食べる時間もないかもしれない・・・・だから2つは正解なのです。実際本番前はほとんど食べることなどできませんでした。
a0041150_1222891.jpg

いつもの東華軒の「うなぎ弁当」2300円に比べると小さいけれど、さすが宮川!良いウナギです。1800円。タレのお味は東華軒が良いかもですが、食感がややゴムみたいですからね。こちらの方が断然良いですね。
a0041150_123239.jpg

もう一方のアベ鳥取堂は一関の斎藤松月堂とともに、数少ない美味しい駅弁を販売しているところ。そこの「マツタケごはん」だし、さらに美味しいという噂だったので期待しましたが、これは普通でしたね、やはり他人を信じてはいけませんね、評価などあてにならないもんです。でもさすがアベ鳥取堂!サイドの煮つけなどが旨い!こちらは1200円です。

コンサートのほうがわいわい終わりますと、さらに大宴会が(笑)。以前にもお伺いした「シーズ」です。和食中心のなんでもアリの店。真嶋さんが好みで色々頼むこともあって、お味の方も日々洗練されていき、とても楽しめます。すばらしい。お酒も良いものがいっぱい置いてあるようで、布能さんのお母さんも酔っ払いに転じ、笑い上戸が止まりませんでした(笑)。

地方に行くとバイガイはでかい(笑)。このぐらいの大きさで驚いてはいけませんが、やはり美味しいです。煮物のお味も良い!
a0041150_1251392.jpg

お刺身も活きが良く、シシャモなど。
a0041150_1274926.jpg

a0041150_12894.jpg

そしてプリプリの「海老フライ」です。海老好きの私のために特別に大量に用意されています。旨い!
a0041150_1285036.jpg

そして「海老天」。海老好きのための偏向的メニュー(笑)。ほかの皆さんは大丈夫なのかな(笑)?
a0041150_1292571.jpg

「たい茶漬」はゴマ風味でとても美味しい。大満足!
a0041150_1295496.jpg

帰りの特急の時間がありますので、宴会は4時半過ぎから始まっていました。たくさん食べていますが、深夜はおなかが空きます(泣)。やばい。東京に戻ってからは深夜に「ジョナサン」です。季節の牡蠣とマツタケごはんの定食。これ旨いですよ!
a0041150_12111481.jpg

きっと冷凍なんでしょうけど、「カキフライ」もわりと旨いです。去年もそうだったのを覚えていたのでした
a0041150_1212946.jpg

牡蠣の「味噌味の包み蒸」もいけてますよ。牡蠣は小ぶりですがお味が良い。
a0041150_12125783.jpg

マツタケごはんも香り良し。
a0041150_12135255.jpg

これは夜中にけっこう大満足(笑)。最近のファミレスは偉いよね。

なんだかんだと時間がなくあわただしいです。編曲や元気間に合うかなあ。がんばります!
by masa-hilton | 2016-10-17 12:19 | 日々の出来事

出雲大作戦・・・は次回に!今日はリハーサルでした

皆さん、すみません。なんか忙しいんですよ。時間が全くとれません。雑誌の原稿もすっかりお待たせしてるぐらいですから。そんなこんなでブログ止まっています。ホントは出雲大作戦書かなきゃいけません(笑)。きっと3回シリーズぐらいの大作になりそうです。でもちょっとこれは先のお楽しみにさせてください。マジ参りました、バタバタしております。

で、今日はリハーサルでした。週末のコンサートではフルートの布能美樹さんと共演で、その合わせ。布能さんと後見人の真嶋雄大さんが来訪。布能さんはフランスから帰ってきて、1番最初ぐらいに私と共演したんではなかったけか?その後いろいろなアーティストたちと共演、真嶋さんがどんどんコンサートに出演するようになさった効果も絶大、音楽家としてかなり成長されていました。とても大事なことだし素晴らしいことです。そんなこんなもありとても楽しくできました。コンサートのほうも楽しみですね。

リハーサルの後は「太田鮨」さんで宴会。いつもながら美味しい。このお魚の厚み、これは他所のお寿司屋さんでは味わえないものです。日本全国回っていますが「太田鮨」は旨い!
a0041150_3333522.jpg

モズクも最高!「カンパチ」「ヒラメ」も美味しいね。
a0041150_3342583.jpg

a0041150_3362211.jpg

a0041150_3351742.jpg

「アワビ」「赤貝」「マグロ」大満足!「アナゴ」はもちろん日本一!
a0041150_3371435.jpg

大好きな「マグロの照り焼」。
a0041150_3375027.jpg

常連限定の「イカゲソ」、これがまた最高なのだ。「スルメ」と「白イカ」。
a0041150_3383034.jpg

a0041150_3392272.jpg

a0041150_3394870.jpg

そして雰囲気も最高、癒される場所です。最近お魚を食べていますね。以前書きましたが「呑舟之魚」さん、最近は「サバ」ではなく「きんき」の確率が増えてきました(笑)。そのせいかどうか、お昼は激混みになっていましたね。
a0041150_3422428.jpg

「きんき」ちょっと小さい。これだと食べるところ少ないね。イワシ並みの大きさです。
a0041150_343487.jpg

でも「きんき」は「きんき」、やはり美味しい。お刺身もとても良かったです。
a0041150_344947.jpg

これで980円なんだから文句を言ってはいけない。頑張っていると思いますし、実際、ランチで美味しいお魚を安く食べようと思ったら、ここと「魚久」のイートインぐらいでしょうね。「魚久」さんも行きますよ。
a0041150_3451153.jpg

私は「ギンダラ」とかじゃなくて、注文して「カレイ」を焼いていただくんです。これが旨い!
a0041150_354560.jpg

お魚ランチ、あとは「サンマ」の美味しいそうなところを周ってみようと思います。魚ライフは充実。さすが人形町は良いとこです。では「出雲大作戦」もお楽しみに!
by masa-hilton | 2016-10-11 23:27 | 日々の出来事

まずは順調順調

今日は雨。雑用で忙しく昼下がりに三越で「いづもや」の鰻
a0041150_17368.jpg

いつものように鰻の品質は良いが味は薄い。ここの鰻を「銀座鳴門」のタレで食いたいと思っている人、けっこう多いと思う(笑)。調理場がガラス張りなので、職人さんたちが丁寧に仕事をされているのが見える。その心意気は感じられるお料理、だから人気なんだろうね。そこはすばらしい。

今月初めにオーボエの中村あんりさんとの録音をやったばかりなのに、フルートの萩原貴子さんがやってきてリハーサル。確かにレコーディングは11月だからグズグズはしていられないし、誰もがやるフランクのソナタと来ては、細心の吟味も必要だ。何度も弾いているけど、思いもつかなかった指遣いを今回発見。これは弾きやすいぞ(爆笑)、へへへ。

かつて巨匠クラウディオ・アラウが65歳を過ぎて「昔よりテクニックがあがって何でも楽に弾ける」みたいなことを言っていたが、長年の経験で簡単な指番号を見つけることができるようになる・・・・ってことなのかもしれない等と1人納得。

萩原さんが「ピザが食べたい」と言ったので銀座の「ヴォメロ」でランチ。ピザはここがなかなかに旨いから!
a0041150_182075.jpg

キッシュやソーセージなどのあるいつもの前菜の後は「しらす」を使ったチーズベースのピザ、そしてトマトベースに肉などが具だくさんに盛られた2種。美味しいね~~。
a0041150_19253.jpg

a0041150_193298.jpg

大満足・・・と言いつつ、実はこの前の日も「ヴォメロ」に行っていた!!それは管理人さんと打ち合わせのあとに「ピザの美味しい店があるよ」とお互いに思っていた店が同じヴォメロ」!!これは行かなきゃでしょ!
a0041150_110294.jpg

前菜の盛り合わせが楽しいよね。これが美味しいからテンションが上がる。そして具だくさんの「カプリチョーザ」。
a0041150_11028100.jpg

以前にも食べたトリッパのパスタ。トリッパの美味しいこと。そしてこの自家製パスタがまた良いのである。
a0041150_110559.jpg

デザートはオススメのプリン。プリン好きの私にはたまらない!これも超旨くって大満足。
a0041150_1113093.jpg

打ち合わせというのは地方公演に行く乗り継ぎが微妙で、そこんとこの精査。これが今、重要なポイントだ。うまく行けると良いのだが・・・「頭が痛いね」と言いつつ餃子に行く!悩み多きときは浅草「餃子の王さま」で!餃子を底なしに食べられるのが良いね。
a0041150_11211.jpg

美味しいね!野菜餃子の「王さま餃子」が大好き!いくらでもお代わりしたくなる。止まらない!
a0041150_1122754.jpg

そしてこれに合うのは甘酢のきいた「天津丼」!これが最高のコンビネーション!旨すぎる!
a0041150_113444.jpg

リハーサルは確実に上手く行っています。若手のパパス・カルテットとも楽しくやっています。
a0041150_1133514.jpg

チェロの奥村景くんはヴァイオリンの奥村愛さんの弟さんだ。お姉さんはデビューのころから知っている。カルテットのアレンジも奥村くんが担当のようで、手の込んだ才能豊かなサウンドがしていたね。ヴァイオリンの青山英里香さんはお母さんが私を知っているとか・・・・(笑)。リハなどで、こうして急いでいるときは食べはぐることも多いので、ちゃんと食べて出動しないと。そういうときって食欲がわかない。

そんなときは「困ったときの小春軒」というか「小春軒」さんは家庭的な味なので、食欲不振の時も美味しく頂けちゃう。グルメ番組も常連の人形町の有名店だけど、私は最近ここの「海老フライ」にご執心。だって今半の売店だって1本600円近いし、大抵1800円ぐらいで2本?みたいなことが多いけど、「小春軒」はプリプリのしっかりした身の海老が3本で1400円。コロッケを追加でつけても1600円ぐらい。今現在、人形町で海老フライなら「小春軒」で決まり。
a0041150_114411.jpg

衣がしっかり密着している「小春軒」の揚げ物はノスタルジックなお味で大好き。そして海老が好き。海老好きだから蕎麦屋の天丼にも行く。「松竹庵」の天丼もまた食べちゃったよ。
a0041150_1145245.jpg

これも良いんだよね。食欲無くてもイケる!「蕎麦屋の天丼」は無駄な衣が美味しく美しい(笑)。
by masa-hilton | 2016-09-23 01:15 | 日々の出来事

豊洲は選手村にしちゃおう!だめ?

豊洲市場、大変なことになってますね。もともと移転には反対です。オリンピックのために日本橋の上に高速を架けてしまったりするのと同じくらい、文化的にはよろしくない、残念なことだと思います。いっそのこと移転中止して、現在の豊洲の建物をオリンピックの選手村に改造するのはいかがでしょう?それで外国人が喜んでやってくるのであれば、それで良いじゃないですか。めでたしです。試しに世界に発信してみましょうよ。そこで問題になるようなものなら、問題発生の危惧があるようなものなら、ヤバイということで(笑)。だめ?

音楽家は非常識というか、私は特に「何を言っているかわからない」ということでバカにされていますが、前に国会議員と話した時に不景気だというから「日銀がお札をすればいいんじゃないの?」と言って笑われましたが、その後黒田総裁がそんなことをやって私がビックリしましたよ。同じように、尖閣などの領土問題は「本土に向かって埋め立ててくればいいじゃん。埋め立てた土地を米軍基地にすれば?」と言って笑われましたが、中国がそれに似たようなことを始めてるじゃないですか。自分を非現実的と思って気楽に意見を述べていましたが、最近はあまり発言しないようにしています(笑)。

しかし!たまにはそんな非常識なアイデアがアテにされることもあるようで(笑)、何かと相談に来る人も多かったりします。先日は調律の岩崎さんから、若い調律師を育てるためにどうすればいいか?の相談を受けました。それで武蔵野のプロデューサーさんと3人で打ち合わせ会。学校つくると言っても簡単ではないし。現在ヤマハとカワイの社内にあるのと、あとは国立音大の中にアカデミーがあるけどね。よくわからない輩も・・・変な調律師も多いしね、実は困った問題です。

話の内容は公開できませんが、一緒に食べた美味しいものはしっかり公開。東銀座にあるフレンチで、お肉祭りのお店ともいわれています「イバイア」、なかなか美味しい。前菜は「コロッケ」。お店の雰囲気はバル風ですね。メニューもそれほど多くはないです。
a0041150_13431249.jpg

「ハツの串焼き」「トリッパのフリット」
a0041150_1341499.jpg

a0041150_1342945.jpg

肉質はとても良いですが、「ハツ」のほうは普通にある感じのメニューです。炭火焼とか塩味物には、あまり興味がない私。「トリッパ」のほうは、揚げちゃうのが珍しいですね。美味しかったのは「モツのソーセージ」、これは良いです。塩が強すぎることもなく、モツの風味がうまく凝縮されて、旨味の塊といった風情です。
a0041150_13395031.jpg

お店の名物料理の1つ、「岩中豚のバスク風ロースト」は香草の香りはありますが、私には塩味のお味で普通な感じです。ただし豚の肉質は素晴らしいので、その辺りで人気があるのでしょうね。
a0041150_13381735.jpg

特別に旨かったのは「ビーフカツ」、これは最高です。毎日でも食べたい。2切れで3200円ですが1切れで100グラムぐらいありそう。さすがに塩ではなく、ワインとビネガーのソースで戴くのですが、これも旨し。
a0041150_13373887.jpg

とにかく塩味で焼くだけの店は苦手ですから、バルにはなかなか行かないのですが、ここは大満足です。またこの「ビーフカツ」を食べに来ますよ!

お昼は鰻だ。鰻は良いね。リガーレ「喜久川」さんで戴きました。
a0041150_1336888.jpg

最近は「鰻率」少し落ちてます。イカン!
by masa-hilton | 2016-09-15 13:44 | 日々の出来事

お別れの会

今日はご存知のように中村紘子先生のお別れの会が、サントリーホールでありました。私は三舩優子さんと一緒に伺いました。

静かに演奏などもありました。そうではなくて「ご本人の演奏が流れる」というのが良かったか、悲しみをこえて「活きの良い若い世代が弾きまくる」というような会でも良かったかな?などと思いつつ、選曲が先生のお好きな1曲という感じではなかったので、逆に「死」が思いもかけない突然なものだったとわかります。またこのように大きく、これだけの著名人たちが集まる会に、参列者は改めて先生の功績の大きさを感じたと思いますが、会を終えて残るものは「ご本人の無念さ」だったような気がします。悲しみとはまた違う、念の重い空気が流れていました。

終わってから全日空ホテルで三舩さんとお茶。正しくはお茶じゃなくてパイナップルのジュースです。
a0041150_2565085.jpg

2人でいろいろ話しましたが、悔いのない人生は無理だとしても、思い残すことがない精一杯の人生を頑張るだけですね。
by masa-hilton | 2016-09-13 03:00 | 日々の出来事

月刊「ムジカノーヴァ」レッスン密着レポート

何月号かわかりませんが「ムジカノーヴァ」の人気コーナー「レッスン密着レポート」に登場することになりました。でも教えてないんだよな。そしたら露出好きなアマチュア・ピアニストの人に登場してもらって、レッスンをしてみるとか。彼らはコンクール前にはうちに来たりするのでね。でも昼間じゃ仕事してるでしょうし。じゃ、ピティナさんにでも頼んでレッスン希望の人を呼ぶとか、イベントにしちゃうとか。これもめんどくさそうだね(笑)。じゃ、お断りかな?と思っていたら、九州の後藤姉妹の妹の栞ちゃんがコンサートをやるからレッスン希望ということがあって、「それで行こう」ということに。そして取材も無事完了!ブラームスの5重奏というプログラムも良い!

とにかく普通の先生と違うから、異例づくめで、取材に来られたライターの方(武蔵野の講師のかたでした)もみんな目をシロクロさせて大爆笑するやらで。楽しいひと時でした。どんな記事になるか、とても楽しみです。

場所は銀座のヤマハのいつものお部屋でやったのですが、せっかくだから終わってからは「銀座ハヤシ」!!銀座「松屋」の「上野精養軒」でいつものハヤシライスです。ついこの間行ったばかりですが。ここでも編集長と栞ちゃんと大盛り上がりして、何の取材だったか忘れるほどでしたよ。まずは「ポタージュ・スープ」、さすが洋食の老舗、こうしたものは旨いですね。
a0041150_1342836.jpg

「ハヤシ」にはご存知の通り「ヒレステーキ」が乗っています。濃厚なデミグラスソースが最高ですね。
a0041150_13589.jpg

a0041150_1353178.jpg

アイスも旨し。
a0041150_1361370.jpg

ところで少し前に、幅広く活躍されている音楽ジャーナリストの飯田有抄さんから「お宅訪問のレポート」をしたいような話を伺っていました。それって、どうやらこの取材のことだったようですね。あいにく日にちが合わないで、結局ライターは彼女にはならなかったのですが、そんなこんなで「とりあえず家をきれいにしなきゃな~」とか、勝手に思い込んでいました。そういえば漫画の主人公のように、携帯とかメガネや手帳を家のどこかに置き忘れ、大騒ぎする日が多く続いているので、ピアノの部屋にある「ゾウさんの机」をリビングに移動させ「小物置き場」にしようかな?とか、このクソ忙しい中を余計なことも考えていたり(笑)。さらに気が付いて、慌てて「夏物のスリッパ」を買いに行ったりしましたよ。そしたらちょっとした「兵隊さんの置物」が気に入ったので衝動買い!これをピアノの部屋に置けば、ゾウさんの移動も可能になるわけです。

というわけで「兵隊さん」買いました。兵隊さん・・・「ドンキホーテ」みたいな顔?ドンキホーテさんでしたか?
a0041150_1371684.jpg

鎧の感じははドンキホーテじゃないと思うんですよね?ま、どうでもいいや。リオのオリンピック記念ということで名前は「ウサイン松友」にしました。我が家はこうした人形にはすべて名前がついています。鈴木さんとかね。思った通り、松友さんは違和感なくピアノ部屋に。
a0041150_1393890.jpg

で、ゾウさんの机はリビングに。こちらも便利になりました。ちなみにゾウさんです。
a0041150_140639.jpg

というわけで、この取材のために思わぬ模様替えになりましたが、こちらも無事成功しました・・・と自分は喜んでいるのですが。とにかくどうしてこういうガラクタ好きなのでしょうかね?せまい部屋の中はガラクタだらけにしたい。きっと広いお屋敷になっても、ガラクタ集め止まらなそう(笑)。いわゆるスタイリッシュな、ガランとした何も置かない部屋って苦手なんですよね。孤独は好きだけど寂しいのは嫌い?ってことか。
by masa-hilton | 2016-09-12 01:42 | 日々の出来事