「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

NHK「趣味悠々」再放送のお知らせ

趣味悠々「かっこよく弾く・簡単ピアノレッスン」がNHK総合テレビにて再放送されます。
10月19~21日、25~28日、11月1~2日、4日、8~11日で朝10時半からの放送です。
by masa-hilton | 2005-09-27 01:23 | 趣味悠々2005関連

タクシー派

私はタクシー派です。どこに行くのもタクシー。うちから都内どこへ行っても渋滞さえなければ3000円以内で行けます。タクシー会社と契約もしているので、時間に黒タクの送迎でとても便利です。昔はよく歩いたし(笑)電車も好きなので、時間が読めない時や急ぐ時、中途半端に遠い時は地下鉄&電車のお世話にもなります。でも歳とともにタクシーに頼る生活に。

羽田空港も自宅からすいていれば17分。7000円かかるが友人に言わせれば「7000円で行けちゃうの?いいなあ」ということに。お金のことを言えば、とても安い車を買って都内で毎日使いまわすと、最低17万はかかるといいます。友達にレヴェルを合わせると、車はBMWかなんかになるだろうし、駐車料も日本橋だと月5~6万だから30万ぐらいかかる計算。毎日タクシーで出歩いても18万ぐらいだろうから、疲れた状態で運転することを思えば、タクシーに乗るのです。

男は「タクシー、床屋、バー」の中では態度が大きくなって、ため口で社長みたいな口調になる人が多いね。でも自分が運転手になった時のことを考えると感じよく接してあげたいと思う。嫌な職業かもですよ。非常に態度の悪い運転手さんも時にはいるので困りますが。困るといえばa0041150_16491530.gif東京駅から自宅に帰る時、ワンメーターなので気が引ける。長々と行列して客待ちをしているので、「あ~あ」みたいな気が伝わってくるし、実際に舌打ちされたこともある。でも駅から乗るんだから近間に決まってるんだよね。遠いとこなら引き続き電車に乗るだろうしね(笑)個人的にはオレンジ色タクシー、あの色は嫌いですね。全部クラシック・カーにしてしまうっていうのはどうでしょ?
by masa-hilton | 2005-09-26 03:37 | 日々の出来事

今日は

いにしえのセレブのメッカ、綱町の三井クラブにてコンサートがありました!!先日いにしえの三越劇場
でのコンサートに「おお、鹿鳴館!」気分を満喫しましたが、今夜はさらにそれを上回るもの。特権階級と
いうか、日本にもこういう場所があったのだなと、歴史のこともを思い、いろいろ複雑に感じ入りました。

さて演奏の方はばっちり!楽しかったな。知り合いの方にも偶然お目にかかりびっくりしました。こういう
コンサートなら毎日でもいいなあ。ほんとに!少し待ち時間が長かったけど、美味しい料理をつまみ食い
していました、あははは。
a0041150_1311026.jpga0041150_13114496.jpg
a0041150_13153868.jpga0041150_13173054.jpg
by masa-hilton | 2005-09-23 00:58 | 音楽・雑記

12月の戸塚

久々に戸塚でコンサートです。ぜひお楽しみに。18時開演・・・珍しいですね。

a0041150_13251175.jpg
by masa-hilton | 2005-09-20 04:09 | コンサート・イヴェント告知

ますだ

・・・おかだではありません(笑)。そういえば売れていない頃の彼らと共演したことがあります。辛いですね。結構おもしろくても売れてないとウケなかったりします。先入観なくしてよい物はよい!と識別できる能力が日本人には欠けていると嘆く向きもありますが、そうなんですかね?

確かにグルメ本も誰かが美味しいと言うところに行くわけで、それって本当はつまらないです。1つは忙しいから探すのも面倒、1つはお金がもったいないから、すでに認知された安心して行けるところに行く。でも、その時間とお金の無駄使いが文化の基本です。貧乏暇なしでは文化は栄えない(笑)。

ってことは真の文化人になるのって難しい!どうしよ~~~~、あははは。

さてと「ますだ」と言ったのは、10月のコンサートがよそで告知されているのを見て、「あっ!鱒を弾くの?」と知ったということです。てっきりドヴォルザークを弾くんだと思ってたボク。やっぱりウィーンフィルのメンバーだし、鱒だな。またしても藤沢のお寺コンサート。

詳細はミューズの森へ!
by masa-hilton | 2005-09-16 01:20 | コンサート・イヴェント告知

間近なお知らせ

掲示板にも書きましたが、藤沢リラホールでの演奏は無料イベントではないようです。なんと立派なチラシも
ありました!!(笑)映画音楽を弾いてほしいというのと1時間ぐらいという要望だったので、こんな感じです。

9月18日 リラホール 14時半開演

ファリャ     火祭りの踊り
ドビュッシー  月の光
ドビュッシー  ゴリウォーグのケークウォーク
ラフマニノフ  前奏曲嬰ト短調 作品32-12
映画音楽コーナー(追憶、アンダルーサ)
ショパン    夜想曲 嬰ハ短調 遺作
ショパン    スケルツォ第2番 作品31
ショパン    夜想曲第2番 作品9-2
ショパン    ポロネーズ第5番作品44
ショパン    英雄ポロネーズ 作品53


という訳で、どうぞよろしくお願いいたします!
a0041150_13402944.jpg

by masa-hilton | 2005-09-14 23:39 | コンサート・イヴェント告知

ニューイヤーコンサートのお知らせ

a0041150_2340297.jpg

恒例の調布のコンサートがオープンになりました。一般発売は9月16日から、ぱれっと会員は明日からです。
いつものメンバー、来年1月14日ですね。調布市グリーンホールです。ぜひどうぞ、お子様とご一緒においで
下さい。お待ちいたしております。10名で団体割引ありです。リクエスト曲の演奏や、当日の舞台で私たちと
「エリーゼのために」を一緒に演奏する企画もあり、それぞれ募集中です。

その前に関西地方の方とは西宮に新しくお目見えしたホールでお目にかかります。スーパートリオもますます
ノッてきました!あ、明日も埼玉だった・・・クローズですが、抽選当たった方いらっしゃいますか?
by masa-hilton | 2005-09-08 11:32 | コンサート・イヴェント告知

CDついに完成!

a0041150_23494520.jpgショパン:夜想曲 遺作
ショパン:前奏曲「雨だれ」
ショパン:幻想即興曲作品66
ショパン:夜想曲 第2番
ショパン:子守歌 作品57
ドヴォルザーク:ユモレスク
ルービンシュタイン:
 へ調のメロディ 作品3-1
ベートーヴェン:
     エリーゼのために
グリーグ:君を愛す
バッハ~ヘス:
  主よ人の望みの喜びよ
サティ:グノシェンヌ 第1番
サティ:ジムノペディ 第1番
ドビュッシー:月の光
ドビュッシー:夢
シューマン:トロイメライ / ハーライン:星に願いを 全16曲


+ボーナストラック収録/ユモレスク(別マイクによるサウンドチェック用)  

という訳で、もう生産を待つのみになりました!

ヤマハの特典CDは、以前は中村紘子先生や清水和音さんのCDからカッティングされたものや藤井一興さんが
録音したものがずっと使われていて、今回本当に久々の新録音だそうです。趣味悠々の課題曲じゃないけれど、
こういう曲での録音はかえって難しいですね。ロマン派の派手な曲や、難解な近代曲のほうが安心だったりも
します。でもそれはそれです。こういうのがやっぱり楽しくていいんです。

↑夜のイメージということで、こんな感じで・・・・一応、第1礼装なんですけど、あはは。
by masa-hilton | 2005-09-07 19:37 | ニュース

趣味悠々「発表会」が大反響!&裏話

「先生のいうことを100%信じて、曲作りとイメージと心を込めることをやれば、あそこまで出来るんですね。凄いですぅ」

・・・おいおい、それは弟子の言うセリフか?「100%信じて・・・」ってさ~?(笑)。
「信じてもらわないと困るだろ。そんなだからコンクール落ちるんだよっ!」って言ってやったら、
「あはは、そうですね~(笑)」って一緒に爆笑するなよな~お前はさぁ・・・・(爆笑)

という訳で、趣味悠々の最終回が、周りですごい話題になっております。もちろんそれは「弾けるようになった事への驚き」で。本当によかったですよね!でも最初、ボク自身もちょっとは心配してましたよ、何せ時間がないんですから。番組は3ヶ月の番組ですが、実際の収録は1ヵ月半でした!!ますます驚いた?ますます凄いでしょ?でも楽譜の正しい読み方(曲の構成とかも含む)を伝えてあげれば、絶対にできると確信していました。趣味番組の最終回で、結局上達していなかったというような場合も実は多い。でもその分「苦」が無く、楽しく出来たというのならば、それはそれですね。ボクの場合はやはり「上達してこその楽しさ」というスタンスだから、多少「苦」が伴っても(笑)どうしても「うまく」なって欲しかったんです。

特に青田さんの演奏にはずいぶん共感が寄せられました。実際の収録の時も、みんな「泣きそうになった」と言っていましたから、その「ジーンとした」感じは画面からも伝わるはずですね。
「私はショパンやリストの大曲も弾けるけど、青田さんみたいに気持ちを伝えられているか自信がない。」と言うお弟子もいました。
「再放送を見てしっかり勉強しなおします!」ってさ、その前にレッスンに来れば?久米さんの『ノリ』も見習いなさい!っていう感じです。

「斎藤先生は容赦しないですからね~」と言ったお弟子も。これは当たっているでしょう。
  *ペダルだって初心者にしては複雑なものを要求した。
  *音大生だってよくわかっていないフレージングについても説明した。
  *定番の一言だった「200%練習して、やっと本番に80%出るか出ないか」のコメントは、
    優しそうな希望を持たせる言い方だが、考えてみれば「練習しろ~ぃ!」と言われている
  *再三「発表会はきちんとドレスかタキシードでね」と言ったのは「晴れ舞台は楽しいから
    ステキにね」とも聞こえるが「プロと一緒であなたの一人舞台だよ。誰も助けてくれない」
    という真理がある。そして着た瞬間に深く思い知ることになる。

優しく教えていても「演奏する」ということは「甘えでは出来ない」ということが、生徒さんにも当然伝わって、ただ「うまく弾けるか?」という緊張感以上の緊張を、発表会ではなさっていたに違いありません。画面を見ながら一緒に緊張してしまったぜ~(笑)と言っていたピアニストが何人かいましたし。
a0041150_065456.jpg

(写真左から久米さん、ボク、谷川さん、青田さん、制作会社テムジンの吉田さん、川島女史)

実は発表会収録の何日か前に、青田さんから「タキシードは着れません!」といった連絡がありました。
「自分のような未熟な演奏しか出来ないものが、そんな衣装を着て、まるではしゃいでいるかのようにしていては、ご覧になってる皆さんに失礼だし、晴れがまし過ぎます。」ということでした。
それに対してボクは
「タキシードや燕尾服は、天皇陛下や国賓でいらした大統領とお目にかかるような時に着る第1礼装です。つまり『私は、あなたに最大の礼を尽くします』という意味があるのです。だから人前で演奏する時にそうした晴れがましい衣装を着るのは、決してはしゃいでいるためではないのです。まして青田さんには、そんな謙虚なお気持ちがあるのですから、むしろ絶対にタキシードを着なければいけませんよ」とお伝えしました。
タキシードとてもよくお似合いでした!!

どんな場合でも、もちろんメソードや先生の実力がゼロではだめですが、生徒さんが弾けるか弾けないかはその生徒さん次第です。今回の番組は、本当に生徒さんに恵まれました。
by masa-hilton | 2005-09-05 13:47 | 趣味悠々2005関連

知っていればこそ。太田鮨はうまい!

マネージャーの川島女史と先日渋谷で打ち合わせがあった。もともとセレブでおしゃれな感じの女史がなぜか「ドンブリ好き」という事なので(笑)、こちらも全く遠慮なくウナギ屋に直行である。子供の頃からよく行っていた松川本店である。坂の下の良い場所にあるからご存知の方も多いだろうが、ボク自身はもっと好きなウナギはよそにあるという印象だったので、川島女史ともども期待せずに注文しいかだ重を食べる。が、超うまかった!ウナギだけは安いものを食べてはいけない。そういえば松川で前いただいたのはランチのようなものだった。音楽でもちょっと聴きかじりみたいなのが最も始末に悪いのと一緒で、店の特徴がよくわかるまで通うことが必要である。家の近所の大和田本店のウナギは、タレがかなり甘くてこってり。2700円の「桜」だと2.5枚のウナギが私には重いので2100円の松に決定していて満足。これも「知っていればこそ」である。(後記:でも食べ続けているうちにこの「桜」もペロリと食べられてしまうようになった(笑)。大和田は、鰻屋さんでは最もお気に入りの店になっている。毎日でもいいな)

a0041150_271998.gif大体私の住む人形町という町は「常連になってこそ楽しい」という店が多い。看板ランチを大々的に宣伝している「玉ひで」は、むしろこの街的やり方ではないように思う。そんな中まさにこの街にぴったり、日本全国どこで食べてもこの店に帰って来たいと思う太田鮨は絶品の鮨屋。ここの煮ハマ、あなご、こはだ、玉子、干瓢巻き等、粋な職人芸とお江戸の味には、どこの店もかなわない。

よし町・太田鮨は昭和2年の建物、先代はジュディ・ガーランドと同じ年、その先代も昼間は板場に立つ。これがまた人気で、はいれないほどの盛況である。2代目がまたいい人で、お店の居心地も最高。ただランチはランチ、夜もおまかせがあるけど絶対お好みで食べるべきだ。「知ってればこそ」の人形町の名店なのだから。言わなきゃ出てこない陰メニューにも注目し、ヅケマグロ等も見逃せない。ここのあおやぎも凄い。蒸しえびだって車えびでなかなか食べられない品物だ。そして吉原巻!人形町は元・吉原という立地なのです。

ある時、「あん肝」をある人に食べさせてあげたくて無理を頼んだこともあった。
   「・・・・と言うわけで、特別に作れます?」
   「大丈夫です。ただ問題は座っただけで3万取られる料亭の『あん肝』を使うか、
    普通の店が出す『あん肝』を使うかなんですよね~。全然違うから」
   「そんなに違うの?でも太田さんが作ってくれるなら絶対美味しいはずだから・・・
    良い方にしようかな」
   「そこまで言ってくれるんですか?良い方使うんですね。わかりました。最高のもん
    作ります!」
   「こうなったら、もう、とことんお願いします。なんか楽しみになってきた」
   「はい。男の約束です。腕によりをかけます!・・・・」

・・・・と仁侠映画のような大げさなことになって(笑)、出てきたあん肝は今まで出会った事のない凄いもの。もう他のあん肝は食べられないだろう。しかし!「おいしそ~」と言っておねだりした隣の親子に2切れ取られムカついた(笑)。「子供の食うもんじゃね~ぞ!たく~」。あんな素晴らしいものを子供のうちから食べたら性格が悪くなるに違いない(笑)。

「ここは江戸前をきちんと継承する店じゃなく、自分の信じるおいしいと思う味と江戸前を融合した個性的な店といえる。斎藤君のショパンみたいな感じだね。自分と似てるから好きなんでしょう?」(笑)と、ある人に言われて、ますます好きになったかも。また2代目が同世代だというのも楽しいので、こちらも毎週行くようになったから、随分と親しくさせていただいている。顔見知りの常連の人もいる。趣味悠々の番組も見てくれていて、スーパートリオ@三越劇場のチラシもお店に貼っていてくれたり、応援してくれている。

「こんな良い店に、普段から普通に来れちゃうなんて、うらやましいようなつまらないような・・・でもやっぱりうらやましいぞ(笑)」と友人らも絶賛!常連になったあかつきにはタイラ貝のヒモをつけて珍味も出てくるぞ。

太田鮨の写真等はこちらのブログでお楽しみください。人形町での食べ歩きのブログって、実はあちこちいっぱいあるみたいです。でもきのこさんのブログを見ていると、ネットも楽しいなという良い気分にさせてくれます。思わずコメントも書いてしまった。私のブログ内ではこちらとかこちらとかでしょうか(笑)?かなりいっぱい記述がありますので、検索からご覧ください。

先日帰りしなに、太田鮨さんもいよいよコンピューターを買うと言っていた。ボクのHPもどんなものか是非見てみたいとのこと。掲示板にもちゃんと書き込んでくれるそうだ。

「  戻りガツオ はいりました おおた  」  (笑)
by masa-hilton | 2005-09-03 04:32 | 趣味&グルメ