<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お芝居見物

またしてもご招待状を戴いたので、サンシャイン劇場にお芝居見物に行ってきました。素晴らしい舞台でした。

麻実れいさん、金田龍之介さんの2人芝居「サラ」。伝説の女優サラ・ペルナールの回想を、ユーモラスかつ深く掘り下げた舞台で、今回で再々演。きっと本物のサラはもっと意地悪でわがままだったのだろうなと思いつつも、充実した演技を鑑賞してきました。金田龍之介さんの変幻自在の演技は、名人芸の域に達していました。

で、ボクは芝居ファンではないので、色々と考えさせられることが多かった。まずお客さんは良く反応して笑ったりしているのですが、ボクはまったく笑えない。泣いている人もいたし、感動してスタンディングしてた方もいましたがこちらはとても冷静な気持ちでした。演技者に不満があるわけではないのですから、ひとことで言えば「舞台とはこういうものか」という感じですね。感動と言うより「感心する」という感覚。不慣れと言えば不慣れな、その場所で自分を解放できないような感覚。ボクの個人的な問題です。

だからクラシックを聴きにいらした「特にファンでもない」方って、こんな感じなんでしょうね。考えさせられましたね。こちらは大サービスのつもりでも、こういうお客様に曲をたくさんやっても疲れさせてしまうかもしれないし、どんな優れた演奏でもあまり難解な曲が続けば、意味も成さなくなって来るかもしれません。プロから見たって、誰もが知っている通俗曲をうまく弾ける人こそ真の実力者なわけですし、そういう曲が多くていいし、時に斬新な演出も強いキャラクターも必要なんだろうと思いました。

でもこんどは熱心なファンにとっては、かつてブログに僕が書いたように、オペラであまり斬新な演出をやられるとしらけてしまうのと同じで、オーソドックスでいかにも濃い内容のものの方が良かったりするはずです。逆に個性が強いものは排除されたりもするし、批評家のような目と耳が出来上がってしまっている場合だってある(笑)。結局演出だの何だとケアしてあげなければならない人たちは、真の音楽好きではないわけでしょうが、だからと言ってそれを無視してしまっては、業界がまた冷え切ってしまう。閉鎖的なものになってしまうのです。

誰が食べても美味しいと思えるものもあるはず!誰が見ても素敵だと思うものもあるはずです。その視点の路線を目指すと芸術家としては低く見られがちです。ですが、それが「妥協」ではなく「合意」であればやはり素晴らしいし演奏家としての人生そのものが、さらに楽しく輝くのではないでしょうか。シンプルなようで一番難しいかもです。

ああしかし 妥協の多き この世かな いたしかたなし やるせなきかな(笑)
by masa-hilton | 2005-10-31 23:58 | 音楽・雑記

今日は収録

今日は「誰でもピカソ」の第1回目の収録がありました。今回はミニコーナーということですが、主役は私ではありません。酒井敏也さん・・・・お名前はもちろんお顔を見れば誰しもピンと来る俳優さんですね。この酒井さんが始めてピアノを触り、弾きこなすまでのドキュメント?イヤイヤ、そんななまやさしくありません。オンエアでは「1ヶ月の間に彼がピアノを弾けるようになるのか?」という設定です。

そのコーチ役として私がそっと登場する!というわけです!!酒井さんは楽譜が読めないので、きっとご苦労が多いとは思いますが、音楽の意味、演奏のあり方は、舞台俳優の表現に通じるものがあるはずですので、私はそこら辺りから攻めて行こうと思います。

この番組がちゃんとオンエアーできるかどうかは酒井さんの毎日の努力次第!がんばってください!!

ちなみに課題曲はたけしさんに敬意を評して「サマー」、オンエアー中に楽譜はHPに置いておきます。ぜひご一緒にお試しくださいね。
by masa-hilton | 2005-10-28 03:40 | 日々の出来事

11月の楽器フェア

楽器会社って言うの?それがこんなにたくさんあったんだと改めてビックリの楽器フェアが11月に行われます。
ここで私のバーチャルコンサートが、ヤマハのブースで行われます。ヤマハのブースはB-17で、私自身は
そこに現れるのではなく、ヤマハの魔法のようなシステムのサイレントアンサンブルピアノXP特注についての
プロモDVD収録をこの間してきました。それが流れるわけですが、起動型DVDM310と言う特殊能力発令の
DVDで、画面から一気にその場に出てきてしまいそうな勢いなんですよ。

フェアそのものの開催日程はこちら→ http://www.musicfair.jp/ 今回はみなとみらいか~!お帰りは
中華でも・・・ってか(笑)。色々遊べそうなロケーションです。

◆さて、ヤマハブース内の斎藤雅広のバーチャルコンサートは、

     11月3日(木)11時~11時10分
    11月4日(金)16時~16時10分
    11月6日(日)11時~11時10分


・・・・・の3回で予定されています。 どうぞよろしく、お運びくださいね。
by masa-hilton | 2005-10-24 14:20 | コンサート・イヴェント告知

NHK趣味悠々2005のDVD

いよいよ発売が秒読み段階になってきまして、プロモーションに追われる日々です。ひきあいもすでに
けっこう多いという、大変うれしいニュースも!VTRも同時発売です。

本屋さんがメインですが、全国のヤマハ、山野楽器、新星堂あたりでも扱ってもらえるとの事。これで
ますますピアノにトライして下さる方が増えるといいですね。

さて再放送の件は順調に行けば火曜日の朝10時半からNHK総合テレビで。でも国会が入ると順延(笑)
番組と郵便局の運命は小泉首相の手に!(笑)
a0041150_1485376.jpg

a0041150_1492230.jpg

by masa-hilton | 2005-10-24 01:51 | 趣味悠々2005関連

12月2日戸塚でのリサイタル

12月2日、旧戸塚女性フォーラムでのコンサート、曲目が決まりました!

現在は男女共同参画センター横浜という名称のホールです。18時開演というのも珍しい。たぶん17時半開場か?
主催は、とつか生涯学習サークル。チケットは大川さんまで045-851-1937です。

ぜひよろしくお願いいたします!!

● プログラム ●

ファリャ         火祭りの踊り
ムソルグスキー    組曲「展覧会の絵」より(抜粋)
リスト          ハンガリア狂詩曲第11番イ短調
              リゴレットパラフレーズ
ラフマニノフ       練習曲「音の絵」ニ短調 作品39-9

              (休憩)

セヴラック        ロマンティックなワルツ
ドビュッシー      月の光(ベルガマスク組曲より)
ショパン         バラード第1番ト短調 作品23
              スケルツォ第2番変ロ短調 作品31
              夜想曲第2番変ホ長調 作品9-2
              夜想曲 嬰ハ短調 遺作
              ポロネーズ第5番嬰へ短調 作品44

a0041150_2074963.jpg

by masa-hilton | 2005-10-23 19:50 | コンサート・イヴェント告知

続・コンサートだと言うのに徹夜してしまった

a0041150_9414176.jpga0041150_942025.jpg





藤沢の有名な
遊行寺を激写!

渡り廊下も
印象的だ。

a0041150_9421511.jpg今日はウィーンフィルのメンバーとの室内楽
ここのお寺は「行く年来る年」の「除夜の鐘」でもおなじみの時宗の総本山。いつものことと言うか、リハーサルなし。当日のゲネプロだけで本番だけど、今日はそのゲネプロもやらなかった。久々なのにちょい音出し程度!絶大なる信頼?本番弾きながら「繰返しはするのかいな?」みたいなノリだが、そんなことは感じさせない。お互いに正しいシューベルトを知ってれば何もしなくても合う!究極の考え方だし、絶妙のアンサンブルだ。「君は、もう1人のウィーンフィルだね」というお褒めの言葉通りに気質も同じなのだろう。何の問題もなくウィーン人の独特の速いテンポに乗った流動的な音楽作りは全く苦にならない。

別日には彼らはロシア人とも共演したが、カッチリと弾くタイプの人なので逆に疲れたらしく「ロシアの鱒は泳がない」(笑)等と言っていた。キチッと弾くと言えばさんざんショパンコンクールで周到な準備を重ねた演奏を聴いたが、おじさんたちは別世界に行って、活きた音楽を楽しんできたって感じだね。

お客様もやっている本人も幸せな、ステキなひと時じゃったよ。
by masa-hilton | 2005-10-23 01:10 | 音楽・雑記

コンサートだと言うのに徹夜してしまった

だってショパンコンクールの結果が出るから(笑)。1位は当然かも。プレリュードを弾いた時から、私も昔
ポーランドの先生達から習ったあのフレージング、ショパンらしさのコツみたいな表現が、身についている人
だと思った。クラシックは伝統芸術だから、やはり伝統の重みは無視できないからね。

兄弟が同位というのは、イヴェントプロデューサーならば、真っ先に考えることで、話題もあるし人情もある
気のきいた結果だが、これはイヴェントじゃないわけだから(笑)超すごい。兄弟がそろって名ピアニストと
いうのは、アントン・ルービンシュタイン以来かも。世界的に注目されていくことでしょうね。

そして山本貴志さん、関本昌平さんおめでとう!素晴らしかった!!でも同位だからこれからは何かと比較
されて、きついかもしれないけど。「二人が大の仲良しの親友でいてくれたらステキだな~!」とおじさんは
願っています。そして、おじさんは眠いけど、これからコンサートをやってきます(笑)。
by masa-hilton | 2005-10-22 08:50 | 日々の出来事

趣味悠々DVD(VHS)いよいよ

a0041150_10133344.jpg
番組DVD、発売が迫ってきました。総合テレビでの再放送も
国会中継の関係で、いつからスタートするかわかりません!
(^_^;)・・・またまたお騒がせいたします。

で、DVDはヤマハでも山野でも置きますが、基本的には
本屋さんです。全2巻、そうそう、DVDばかりじゃなくVHS、
ビデオ版もあります!ご安心を。よろしくお願いいたします。

直接のお問い合わせは中録サービス。こちらです http://www.rakuten.co.jp/dengaku/651947/#02
by masa-hilton | 2005-10-17 11:10 | 趣味悠々2005関連

そして今宵は

a0041150_2343595.jpg今月は宴会ばっかだ~(笑)。きょうはフランス料理でしっとり・・・・・やる予定だったのですが。だって第一線のピアニスト達が、一緒に食事をしている光景って珍しすぎ!!同業者同士で仲が悪いとか、そんな印象あるでしょう?でも実際それはなくって特にボクはこちらから嫌っている人は1人もいませんし、同業者で敵対している人っていないと思う。そうは言っても、特にピアニストは一人でコンサートが出来ちゃいますから仕事的にもあまり交われないし。あらためて会うとなると想像を超える!!(笑)。でも、今日こうして3人で会ってみてこんなに楽しいものかって感じでした。

お相手は今はときめく三舩優子さんと及川浩治さん、セレブ的にも大人気のピアニストですから、少し気取って行きつけの美食フレンチにしたけど、次回は新宿ホルモンでいい(笑)。これからも定期的に会って食事をしようという面白い事になってしまいました。また素晴らしい仲間が出来て嬉しい!本当に幸せな斎藤でした!!もちろん3月の立川のコンサートの曲を決めるためのミーティングでもあったわけで、即決5分!

ピアニストの華麗にして秘められた生活について語り合い大騒ぎした一夜でした。
by masa-hilton | 2005-10-15 12:17 | 日々の出来事

それ行け、焼肉!

a0041150_11243940.jpg明日はフランス料理!!楽しみにしてるし、仲間と行くことになっています。

きょうは前夜祭で焼肉!行ったぞ新宿ホルモン

新宿ではもう超人気の焼肉店。焼肉といっても肉はなし。名前の通りにホルモンばかり。

メニューを見てもらえば、聞いた事のない名前の怪しい物もいっぱい(笑)

ホームページはこちら。すごいですよ。

お店の中は、もろレトロなポスターや看板が置いてあり、古きよき時代の飲み屋さんのような不思議な感じ。かかっているテレビでは力道山の放送とかが流れている!28席だけだから予約は必要ですね!また行こうっと。行きますとも!

a0041150_1114496.jpg一番美味しいのはレバテキ!上の写真ですね。豚のレバーをナマに近くいただくものです、これが超うまい!!

ミソ味の壷付けホルモンが激うま!!あとはギャラ芯、のどがしら。5つ星つけたいぐらいのテールスープも超うまい。さっぱりした梅肉入り冷麺、そしてなぜかハヤシライスと・・・ゴキゲンなラインアップ。

いやーーーすばらしい。味付けも良いのです。

ちなみに今回ヤマハアーティストの方と行きました。だって地元なのに知らないんだもの。そしてすっかり魅せられたヤマハの方々は後日、ショパンコンクールの調律で奮闘、活躍された鈴木俊郎さんをねぎらう会というのをここでされたそうであります。ただ鈴木さんはまだポーランドの空の下(笑)。ただの口実と言うのか、なかば偲ぶ会?でしょう、それじゃ。ヤバ過ぎです(爆笑)。がはは。

鈴木さん、今度ご一緒しましょうね。
by masa-hilton | 2005-10-14 01:13 | 趣味&グルメ