「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

銀座の隠れ家さがし

隅田川の花火・・・・近所ではあるが出かけない。あるテーマパークでたいそうな花火を見たことがあるが、全くの無感動で怒られたことがある。人間、興味のないものには興味がないからね。音楽家らしくはないかもしれないが、それはそれだ。でも浅草にはよく出かける。それは「アリゾナ・キッチン」にカニクリームコロッケを食べに行くためである。

銀座にもよく出かける。こちらは半分は仕事、仕事といっても会食も多いのが銀座。なんと言っても銀座は銀座、おいしい名店は数限りなくあるし、名ばかりの店も多い。個性豊かで良い味を出していても潰れていく店、はやらない店もあって、どの世界もきびしいものだ。また銀座はその回転も速い。こちらも次々と新しい良い店を見つけなくては間に合わない感もある。

銀座でのおいしい店もさすがに「ロオジエ」ぐらいになれば、誰もが満足が行くだろう。最近あまり行かないが「ホテル西洋」も昔ほど高くない感じらしい。和光の「アルペッジォ」も鮑で人気の店だ。が、デートには向いても仕事となれば話は別。こちらが案内しても先方が払ってしまうこともあるから気を遣う。またお遊び気分の客ばかりでは成果も上がらない。出来る限りおいしく、リーズナブル、椅子の間隔も充分あり、少し隠れ家的な感じの方が良い。しかし便利だからといって帝国ホテルの「ユリーカ」ではあたり前すぎる。特に「ユリーカ」は遅くまでやっているので音楽家の多いこと、必ず誰かに会ってしまうので落ち着かない。ならばメニューでも地階の「ラ・ブラスリー」の方がずっと良いが、窮屈だし(笑)。

a0041150_22465871.jpga0041150_22474350.jpg川島女史と一緒だったので、今回は隠れ家探しに協力してもらった(笑)。二人で歩くと最近はウナギばかりなので、たまにはフレンチも良いだろう。で、前から狙いをつけていた「レシャンソン」、これが大当たりだった。「レシャンソン」はリーズナブルでお洒落なホテル「メルキュールホテル銀座東京」の2階にある。このホテルは外国人宿泊客が多いのでサービスもそんな感じ(笑)で、場所もわかりにくい。おかげ様でおのぼりさんの利用客が少ないのが好都合。レストランスタッフも外国人で、なかなか気分が変わってよろしい。行儀の悪い客も少なくなる。

全体的にはカジュアル。パリのビストロにも負けない!という意気込みのコンセプトだが、どちらかといえば近代的なスッキリとしたイメージ。団体客がいたが、それほど気にはならない。
a0041150_2393267.jpgまずグラス・ワインは高くはないのに選択肢があって、飲みやすいものを選ぶことができ満足した。「フォアグラのテリーヌ」「ほろほろ鳥とオマールエビ」「頬肉」と思った以上においしく、その味がちょっと想像していたものと違うのがとても良い、これが私にとっては大事なことだ。今日はデザート付きのコースを選び、さらにフランスチーズの盛り合わせを別に注文。良いバランスでセレクトされたチーズは、ワインともよく合って、大正解だった。デザートはやや重め、これはいらないかもしれないね(笑)。もしここが外国と同じコンセプトで作っているのなら、デザートが強烈でも仕方がない。私は特に「脳細胞が破壊されるくらいの甘さのケーキ」とか、どれほど食べただろうか、本当に苦手だ。体に良い物を食べようなんという気持ちは微塵もないが、あのケーキだけは、間違いなく海外にいると太るという意識を充分に納得させてくれた。なので何か足らなければ、むしろオードブルを別に増やす方がいいだろう。コースにコーヒーがついていないのも面白いね。倹約して1階のマクドナルドで飲んでもいいけどさ、まあ、そうは言ってもこれだけ食べて1人7000円ちょっと!超リーズナブルで驚いたよ!!充分に使える場所だし満足した。

「レシャンソン」とは王や皇帝などと、家臣や功労のあった者とが報奨の儀式を行う際、双方の盃に酒を注ぎいれる役を行う神官の意味だそうで(笑)、それは大げさとしても、銀座の隠れ家のひとつとしてはとても良かった。

PS レシャンソンその後の関連記事はこちらこちら
by masa-hilton | 2006-07-30 00:03 | 趣味&グルメ

さらに告知

続きましてこちらもよろしくお願いいたします。日ごろの皆さんの応援に感謝いたしまして、私の方で割引販売にさせていただきます。

S 6000円→5000円に A(希少) 5000円→4200円に

それぞれいたします。常連の方々、そして以前通販でお申し込みになった方から優先的にさせていただきたいと思いますので、メール・掲示板等でのご連絡をお待ちいたします。
a0041150_13334090.jpg

a0041150_13373666.jpga0041150_13374845.jpgまた以前に告知しましたリサイタルシリーズもよろしくお願いいたします。光が丘IMAホールと、藤沢湘南台です。

また府中のファミリーコンサートの方も、家田さんのCDの発売りになる予定で楽しみにしているところです。CDは家田さんの方で曲順も決まったみたいですね。とてもさわやかでモダンで、それでいて情感たっぷりといった素晴らしい印象です。

あわせてよろしくお願い申し上げます。

PS 倉敷のフックスさんとのコンサートのほうは、まだチラシを戴いておりません。告知はもう少しお待ちくださいね。
by masa-hilton | 2006-07-28 11:45 | コンサート・イヴェント告知

クラリネット対決!

立川では「ピアノ決戦」でしたが、今度は広島で「クラリネット決戦」です。楽しみです。
終わった後の宴会も凄そう・・・・(爆笑)!

10月10日夜のコンサート、エリザベト音大のホール、宿泊はリーガロイヤル
常連の皆様、どうぞ松山のと共にツアーを組んで行きましょう!

●プログラム●
シューマン     3つの幻想小曲集 作品73 (フックス)
ミヨー        デュオコンチェルタンテ 作品351 (フックス)
プーランク      2本のクラリネットためのソナタ (武田&フックス)
プーランク      クラリネットソナタ (武田)

ヴィドール      序奏とロンド (武田)
ドビュッシー     ラプソディー第1番 (武田)
サン=サーンス  クラリネットソナタ 作品167 (フックス)
メンデルスゾーン  2本のクラリネットのための小協奏曲第2番 作品114 (武田&フックス)

a0041150_1140035.jpg

by masa-hilton | 2006-07-26 01:15 | コンサート・イヴェント告知

夢の実現に向かって

a0041150_23385479.jpg内田勝人先生は、フランス音楽を継承された作曲家だが、私にとっては高校時代、大学時代と、楽しいソルフェージュの授業でとてもかわいがって戴いた。先生が急に亡くなられて、ご縁があったのだろう、先生の子供のための連弾曲「二人のピアノ」のレコーディングに協力させていただき、これが大変好評。楽譜の方もこの秋再販になるので、ここでお知らせいたします。内田先生にはイラストレーターの「芳野さん」というお嬢さんがいらして、彼女も銀座で個展を開く等、アーティストとして大活躍のご様子である。

その芳野ちゃんから一昨日、この「二人のピアノ」に歌詞がついた曲を、NHK「みんなのうた」でとりあげてもらえるのが夢だと伺った。これはなかなか大変ですね。実はボクも今から10年以上前、友人であり著名な指揮者の榊原栄さんと「みんなのうた」に自分の曲をとりあげて欲しくて、色々やったことがある。「みんなのうた」はアニメがついているので、それも考慮し実は何曲も作ったんですよ。例えば「5月5日はタンゴ♪」(笑)なんていう「たんごでタンゴ」とか、外国からの転校生との友情を楽しく歌った「パーフェクトだぜっ!フレンズ」、怖くないお化け・妖怪が就職先を探す「何かようかい?」とかね・・・・いい曲ぞろい(笑)。お化けの曲はその後似たような曲が出てきたから、アイデアだけとられちゃったかもしれないな。結論的に言うと、当時はレコード会社からのプッシュがないと無理ということで、個人でのプロモはあきらめたんだ。とにかくいっぱい企画書や曲、デモテープが届くらしいから超難関みたいなんだよね。あとは周囲の人にNHK宛てにハガキを書いてもらって盛り上げてもらうのもいいよね、有線大賞の歌手とボクたちは同じ業種、みんなが盛り上げてくれてこそ夢が実現するわけです。ステキですよね。なわけで、芳野ちゃんをぜひ応援してあげようじゃありませんか?皆さん!

遠慮していてはダメですよね。よく音楽雑誌を見て「この人ばっかり取り上げられている」とか「私のところに取材がない」とかひがんでいる人がいますが、大間違いです。雑誌社にきちんと企画として売り込んで、その数少ない良いページを確保するものなんですよ。椅子とりゲームなんです。待っていては何もありません。そのためには人生は積極的でなければ!そこに心から応援してくださる方々がいらっしゃればもっと幸せです。ボクも必死で一生懸命やっていますが、まだまだ自分のことに手一杯で非力でちょっと情けない(笑)。もっともっとビッグになって、才能のある人たちを思い切り応援したいと思っているのです。
by masa-hilton | 2006-07-24 00:30 | 音楽・雑記

しお・しお・しお

最近上野にしろ秋葉原にしろ、駅の様子が様がわり。おいしい店も増えている。東京駅も八重洲北口にキッチンストリート、地下に黒塀横丁なるものが出現。興味を持っていた。特に仙台名物の牛たん焼き「喜助」の東京初出店は気になるところ。

ところで今日は管理人さんとご飯を食べることにして、出かけていったのだが「焼肉が食いたい」といわれて、あっちこっちをぐるぐる(笑)。知っている八重洲付近の焼肉は3軒。狙っていた「炭火職人」は土曜は休み、「昌月苑」は混んでるし、ボク個人の好みでタレが苦手。「一力」はご商売の女性が立っている中を突っ切らないとはいれない(笑)ということで断念。あとから調べたら「やえす館」とか「べこ」という店もあったようだが、急だったから仕方ない。

で、駅内の新しいキッチンストリートで「肉を食べよう」ということになりステーキの「ビモン」へ。肉の部位を選んで焼いてもらえる本格派だが、ハンバーグも「トロハンバーグ」と「すねハンバーグ」の2種がある。これをシェアして食べることにした。個人的には「すね」がいいかな。でも塩・こしょうなんだよね。おじさんはソースが欲しい!ソースで食べないハンバーグなんて(泣)。でも肉は上質、レアな感じ。若い人ならいいね。

a0041150_21202958.gifさて、もともと管理人さんにはお渡しするものがあったのだが、それを家に忘れてきて、ただ会っただけという全く無駄な、じゃなかった、全く有意義な時間となったのだった(笑)。この辺りのお店は11時過ぎまでOKなので、今後使えそうだ。

今日は昼間は暑かったけど、夜はまあまあ快適、日本橋高島屋まで歩いて地下鉄に乗った。夜の都会は人がいなくてお気に入り。詩情も豊か。たまには早く寝ますか。
by masa-hilton | 2006-07-23 00:34 | 趣味&グルメ

ひと段落?示談の頭突き

a0041150_22184555.gifあ、間違えた、ジダンでした(笑)。でもね、人間が戦争するのは名誉を守るのと家族を守るためですから、自然な行動かもですよ。さすがサッカーの選手、手を出さないところがいいじゃないですか(笑)。ピアニストなら指が心配だから「蹴り」かな。もちろんカッカするのは大人げないし、教育上良くないことも事実。でもカッカさせる奴はさらに悪い奴だね。悪い奴には報いが来るし、幸せにはなれないので自らが手を下すこともない。だからジダンさんも早く心を示談にしてくださいね。平穏というのも家族のためです。

ボクはそんなに怒る方ではないけど、前に千住真理子さんが言っていた事が素敵。「自分以外はみんな変わってる人だと思えば」(笑)。確かに腹も立たない。ガーシュインの「僕は失敗している暇もない」というのもいい言葉だし「立ち止まっている暇がない」という感覚はナイスなアイデア、先を見ていればスキップすべきものは自ずとわかります。大体やることが多すぎて、時間はいくらあっても足りない物でしょう?

a0041150_22174856.gif先日中田ヒデさんの特番を見た。見て良かった、好感度アップ!思いは深いね。ボクが思うのは、やり続ける方がもちろん大変だと思うけど、やめてしまうのには勇気がいるということ。どちらの選択もハンパではできない。ピアノの場合はやり続けることができるかどうか、それが一番。多くの障害がある。自分自身(守り・弱さとかマイナスの気持ち)が一番の敵だったりもする。おまけに逃げの選択肢も色々ある。でもボクはやり続けますよ。それはゴールは臨終の時と決めているから。自分の人生が終わる時が、自分のゴール!っていうの、いいと思わない?それこそ最高の人生、男の魅力!誰もが羨む人生だからです。そうやってみんなに羨ましがられて旅立てるように、まずは今日も練習ですね(笑)。こればかりはスキップ不可能~!頭突きせずとも頭痛になりそう(笑)。
by masa-hilton | 2006-07-22 00:16 | 日々の出来事

以前告知した通りに

a0041150_1335433.jpg今月号(8月号)の月刊ショパンに「譜めくり」についてと、及川浩治さん&三舩優子さんとのトリオの命名式の会食記事が掲載されています。もう役割が決まっていて、面白い記事を期待して頼まれているせいもあるけれど、結構はじけていて面白い。こうしてあとから考えると爆笑だったりすることも多いけど、譜めくりの苦労話は誰しもが経験することだよね。

その取材当日、及川さんは残念欠席だったんだけど、命名式は人形町の今半でやった。編集部の人は当日のメニューもそりゃ満足だったが、私のお気に入りの「ヒレステーキ丼」がその後気になってしまい、今日はご一緒にめでたく「ヒレステーキ丼」を食しつつ、今半にお礼を言いつつ、楽しいお昼となりました!「もう、死んでもいい、満足」っておっしゃってましたが、まだまだ(笑)。おいしいものはいっぱいあるぜ~。デザートは「果山」でメロン・ババロア。その昔「ババロワ」って言ったら「それじゃロシア人だ」と爆笑されたけど、どっちが正しいの?ま、いいさ、とにかくおいしいんだ!!ここはフルーツのロールケーキもいいよね。

都心に住んでいて良い事は、友人や仕事仲間、お弟子さんやファンの方が気軽に遊びに来てくれること。遊び癖もつくけど(笑)いいじゃないの、そうは言ったって僕たちは何年かで50歳になろうっていう歳なんだしさ、何を今さらだよ~。ホント毎日が楽しいデス。ありがとう!ちょっと涼しいし、今のうちにまた買い物にでも行っておくか(笑)。
by masa-hilton | 2006-07-21 00:10 | ニュース

トンカツ好き

私の父が芸大を卒業した時に、新聞社がインタビューに来たそうである。私の父はバリトンの斎藤達雄といい、子供の頃は童謡歌手として活躍して「かわいい魚屋さん」等をヒットさせている。芸大卒業後は藤原義江にかわいがられ、藤原歌劇団創成期の幹部として、数々の舞台をつとめている。有名なのは「マイスタージンガー」日本初演のベックメッサーとかで、来日したフンパーティンク氏にも絶賛され、すぐ一緒に外国での公演を勧められたのだが、「外人は嫌い」とか言って断ったとか(汗)。ま、私の父親だから・・・と言うよりは私よりもさらに武勇伝の多い人物なのだ。その卒業時のインタビューに話を戻すと、「1番好きなものは?」と聞かれ「2番目にトンカツです」と答え、1番目については「ここでは言えないようなこと」と答えたらしい(大汗)。現在の音楽界の長老ともいえる怖い大先生方も、父の話になると「たっチャンはね・・・」と笑顔で懐かしそうに話してくださる。とてもわがままで、とても愛された父だった。

a0041150_12211359.jpgさてわがままといえば、先日の松山でも「ぎやまん」のプリンが薄い!(笑)とか失礼な発言をした私。ま、これもコッテリ系のプリンが好きだというそれだけのことだったりする。むしろ世の中の傾向は私の好きなプリンは少ないしそれも承知している。濃いプリンと言えばホテルオークラの「カメリア」、近所の「つくし」の「人形町風鈴」あたりだ。オークラの方は最近行ってないので、薄めに変わっているかもしれないね(泣)。

で、親ゆずりの「トンカツ」好きなのだが、これにもプリン同様の好みがあって実に微妙。肉が柔らかいのがイヤ(笑)。「・・泉」系のやつだね。少し硬めで歯ごたえがあった方が良い。それとパン粉が少なかったり細引きなのが苦手・・・これは単純に3000円ぐらいの高級トンカツに多い。かといってパン粉多すぎはもっとイヤなので、高級店でもなく安トンカツでもない「お袋の味」的トンカツということになり、外食だと難しい。東日本橋?というか富沢町の方にあるカウンターのトンカツ屋「はしや」は、そんな私のお気に入り。とにかく安い!650円でロースカツ定食が食べられる。この値段だからぶ厚切りではないけれど、充分だと思う。むしろ大きめなトンカツで、それもカラッと揚がっている。値段から考えてここの店の悪口は誰も言えないだろう。カツカレーもうまい。昼時は座れないほどの混みよう、また夜まで休まないから私のような中途半端な時間に食べる人間にはありがたい。グルメなレディたちも完食!!気に入ってくれている。ホントによく行く店~とても満足。お弁当もあるようで、こちらも安く需要も多いようす。買ってみようかな~。
by masa-hilton | 2006-07-20 00:08 | 趣味&グルメ

徹夜だ徹夜、徹夜明け

昨日は徹夜になってしまった。コンサートの方は一段落だけど、何かと忙しい。コンクールのシーズンということもあって、レギュラーでない飛び込みの人も含めてレッスンも多いし。レッスンもまた「いつでもいいよ」みたいなのではなく、やはりきちんと毎週やった方が確実にうまくなるので、時間の許す限りはしてあげないとだし。なるべくみんなの希望に沿いたいと思ってはいるんですよ。

a0041150_3122111.jpg徹夜になったのは、春に録音した新しい家田紀子さんのCDの曲順を決めるため。ま、僕が決めるわけではないけれど、サンプルと簡易な編集でCDのイメージ作りのお手伝い。自分のCDでもそうなんだけど、どの曲からどの曲へ、また前半後半のバランスといったそんなことで、演奏の印象や良し悪しが変わって聴こえてくるからとても重要。毎回神経を使うところです。家田さんのCDはHPのトピックスにもあるように、各方面から取材をうけ、もう先行予約も相当来ているそうで、これまたうれしい。ボクもインタビューを受けていて、かなり大きくとりあげられてますね。このインタビューの内容がすこぶる濃くて良いですね。ゆくゆくは本になるそうです。

そんな感じで徹夜明けで1日中レッスンをし、家田さんがやってきたのは夜11時近く。それから編集を聴き、2時までやっている焼鳥の「とり鈴」へ。やっぱり「とり鈴」は最上級な焼鳥屋だね。先だって高級焼鳥店で食べた「白レバー」も、ここの普通のレバーといい勝負なんだから。焼鳥ばかりでなく「今日のおすすめ」もおつなものが揃っている。今日は朝に仕込む「おぼろ豆腐」。おぼろというのは「おぼろ月夜」のおぼろ。円く仕上げられた形が月に似ているという風流な食べ物。これが実にうまかった。夜も2時を回っているのに常連客が大騒ぎ(汗)で夜7時ぐらいの感覚。せっかくのおいしい店なんだから、その辺の焼鳥屋の雰囲気にしないような心遣いも、常連さんにはお願いしたいところですね~(笑)。ま、時間も時間だし固いことは言いっこなしだけどね。というわけで自由人、音楽家ならではのゴキゲンな不摂生を、今日も満喫しております。
by masa-hilton | 2006-07-19 03:13 | 日々の出来事

新しいCDのこと

皆さんのリクエストもあって、そろそろ新しい録音をしなければいけないのですが、CDというものがかつてのLPレコードのように、なくなってしまうのではないか?と思わせるほどダウンロードの社会になってきている今、私たち演奏家はどのようにすべきか、どう時代を見切るかというところも悩みどころです。

自分の本当の希望は「ショパン:マズルカ全曲」のようなCDを作りたい。マズルカって本当に芸術的な価値が高いし、とても好きな作品。でも思うような曲では絶対にリリースは無理なんですね。セールスのことを第1に考えなければ~お遊びではないのだから。もしマズルカを録りたければ、清水君のようにショパン全曲レコーディングを敢行しなければならないのでしょう。それだからといって結局売れ筋は決まっているのだから、最終的にはマズルカは廃盤の憂き目にあうことも(笑)。難しいんだな。

なのでこういうスタンスではない面白い企画は?と思って、グズグズしてしまっているわけです。そうは言ってもレコード会社のデイレクターの一言で決まってしまうかも。「展覧会の絵」がそうでした。まさか自分が「展覧会」のCDを出すとは思ってもいなかったんだけど、それが特選盤になったりしちゃうのだから、自分の意見より誰かのリクエストに沿うのが一番なのかもしれません。「弾いて~」「はいよ!」・・・これが演奏行為の基本ですもんね。今までも依頼があってアイデアを出す・・・・こういう方が得意でした。なんせ怠け者だから~~(笑)
by masa-hilton | 2006-07-18 00:40 | 音楽・雑記