<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ニーナ・ケイテルさんのリサイタル

実力派として評価されるメゾ・ソプラノのニーナ・ケイテルさんの公演が近づいてきました。地味な感じのプログラムですが、じっくりと。クーラ、R・シュトラウス、シベリウス、あとは有名アリアが3曲です。
a0041150_2224369.jpg

by masa-hilton | 2009-01-29 02:24 | コンサート・イヴェント告知

禁断症状ではないけど(笑)

1週間で鰻をどのくらい食べているかというと、大体週3回だ。だから3~4日食べないと禁断症状が起きる?いやいや!そんなことはないけれど(笑)、5日ぶりぐらいに食べると「おいしいな~」と身にしみわたる。これもまた幸せだ。

a0041150_6304542.jpg1月の「太田会」はひつまぶしの「備長」に。最近はテレビでもひっぱりだこになって、いつ行っても混んでいるし、「特上」「超特上」という鰻だらけの高いメニューも増えた。でもご飯をおかわりしないのなら、バランス的には「上ひつまぶし」で充分。太田さんきのこさん、管理人さんと、まずは新年をシャンパンで乾杯!そして黙々とひつまぶし!やはりうまい!もちろん好みもあると思うけど、ここよりおいしいひつまぶしは食べたことがない。すばらしい!また来るぞ!「太田会」のほうは、銀座の「ウェスト」に流れて、定番のシュークリームを食べて超満足のコースだった。めでたし!

この太田会のあと鰻を食べ損なっていて、ほぼ1週間後に「大和田」。今回は寝起きだったので(笑)「松」を戴いたのだが、これがうまかった!「うま~い!」って叫びたいぐらいうまかったな~。もちろんいつもおいしいんだけど、特別にうまかったのは、少し禁断症状になっていたのかな(笑)。「大和田」さんの味が「お袋の味」のようだよ。

a0041150_636931.jpga0041150_6362466.jpga0041150_636398.jpg
禁断症状って言えば、やはり天ぷらの「中山」さんも1週間に1~2度行く。人によっての好き嫌いがあると思うけど、あの濃い天丼の味。いいんだわ。まずは刺身がうまいでしょ。さりげなく絶品。そして今回はかき揚げ丼を注文したんだけど、見るからに凄いでしょ(笑)。いかにも高級天ぷら店の、コースのあとに出てくるような天丼じゃ満足できない。こうじゃなくっちゃ!大好きで通ってしまう。

ところで僅か2日前に行ったばかりなんだけど、どうしても我慢できなくて再び「仲巳屋」に行ってしまった。絶品の馬肉料理だ。店長さん、料理長さんも大笑い!「あら?また来ちゃったの?」みたいな。今日の先付けは「ヒレ肉」をあえている、うまい!そして前回と同じ刺身盛り合わせにレバ刺しを追加した。これがビックリするくらい新鮮ですばらしい。むしろあまりに新鮮で生きているみたいにリアルで、ちょっとかわいそうな気分すらする。「生き馬の目を・・・・」ならぬ「肝を」だからね(笑)、現実は厳しい弱肉強食の世界なのだと改めて感じる。そしてさらに申し訳ないけど、これが超うまい!まろやかで牛とはちょっと違う風味で大変美味なのだ~。

a0041150_639197.jpga0041150_6392643.jpga0041150_7114311.jpg
a0041150_648440.jpga0041150_6481930.jpga0041150_6483651.jpg
でもそんな感慨も吹き飛ばすメニューが登場!次の「ホルモンのにんにく焼」は凄かった。とてもおいしいのだが、このひと盛りに2切れだけ、動物園の臭さというか獣の臭いというかお尻の臭いというか(笑)、「うっ!」というのがはいっていて、さすがに大腸という感じ。長野のほうではあまり洗わず食べちゃうとかで、それは想像を絶する臭みとなるだろうね。同じ草食動物でも牛は臭わないけど、こちらはけっこう危険だ!でもうまいんだけどね。そして定番の馬のカツ!前回よりもさらにおいしい!ソースのつけかたにも慣れたし。やはりこれはグレードが高いね。あとは「ばらひも」のハリハリ鍋をしてもらって、それを雑炊にする。おいしい!シシ鍋ではないが中から火照ってくるような後味がいい!もう完全にクセになった!また行くよ~!ホント我慢できないおいしさだ。
by masa-hilton | 2009-01-26 07:06 | 趣味&グルメ

ブリの季節だ!ブリ尽くし

東京にいても「寒ブリ」ということで色々戴けるが、大変申し訳ないがこればかりは・・・・あの福井で食べたブリとは比べられない。手のひらサイズの切り身の大きいことおいしいこと、「弥吉」のブリはうまかった!それも880円!

ブリは好きだし、色々な料理になるので楽しい食材だ。昭和通りから三越にいく裏通りで「かっぽれ」という店の「ブリしゃぶ」が気になって出かけていった。「もう終わりだよ」と感じ悪く、めんど臭そうな態度にガックリ。そんなに嫌ならこちらも躊躇する必要もない。魚を扱う店での、イヤイヤやっているような空気は、たとえおいしくてもまずく感じるしね。

a0041150_346371.jpga0041150_3461434.jpgでも「ブリしゃぶ」は食べたいので、もう少し三越寄りの「一の倉」というモダンな店に行く。しかしここは個人のこだわりのお店ではなくて「チェーン店」だった(笑)。ちょっとガッカリ。オーダーを聞きに来る女性はお料理を何もわかってない感じだし。でも料理人の人がやってきて、あれやこれや楽しい話で対応してくれ、雰囲気も改善。よく考えると、今はハケン切やその再就職組で「自分に合っていない」「未経験な」仕事についている人も多いはずだ。本人たちも大変だろうけどホローに回る人たちも大変なことだ。

「一の倉」の「ブリしゃぶ」は感激するほどではないが、そこそこおいしく充分に満足。リーズナブルだしね。ほかの刺身やお料理もちゃんとしていたし、良かったのは鴨のローストを北京ダック風にしたもので、これはなかなか面白い。

もともと「ブリしゃぶ」が物凄くおいしいものではないかもしれない。おいしいけれども、塩焼き、照り焼き、刺身・・・・レギュラーの料理のほうが、やはり合っているのかもしれない。とても行儀が悪いけれど、誰も見ていなければテリヤキのブリをご飯に乗せてかき回して、のりをかけてお醤油かけて・・・・(笑)。別名「ニャンコめし」もおいしいよね。

さて、1月の「さの」も「ブリ」をメインにしたメニューだ。さすがに「さの」だから、最後に出てきたのが「ブリご飯」でも「ニャンコめし」じゃない(笑)。品よく味わい深く、生臭さも微塵もないおいしいご飯だったな。すばらしい!こういうブリのご飯なら高級メニューだね。うまい!

a0041150_4112695.jpga0041150_4114157.jpga0041150_4115446.jpg
a0041150_412498.jpga0041150_412143.jpga0041150_4122368.jpg
今回の「さの」はやや地味なメニューだった。前回食べた「あん肝」「せいこ蟹のごはん」が桁はずれにおいしかったので、そう思ったのかもしれない。とはいえ、揚げ物焼き物のうまさは絶品!前に食べたことがある「えび芋、蟹のあんかけ」もおいしかった。いつもながら超満足。
by masa-hilton | 2009-01-24 04:18 | 趣味&グルメ

絶品の馬肉、銀座の「仲巳屋」に行く

何となく気分が優れなかったので、銀座に出かけて「ロテスリーレカン」を覘いてみる。実は今月のメニューの「ビュルゴー家のシャラン鴨のフォワグラ詰」と「蝦夷鹿ロースのステーキ/シャンピニョンのボルドレーズ 秋の果実と栗を添えて」って何か超うまそう・・・・この2皿を!と狙っていたのだ。ところが、アラカルトの注文が出来ない!また組み合わせも変えられないということで、その場で失礼した。確かに厨房を見ると若いスタッフがケーキ屋さんのように働いている。多分シェフから任され、ゆえに応用が出来ないということなのだろう。三越新館の上にはいっている超有名イタリアンも(こちらは実際に食べたが)そんな感じでとてもまずい!というレベルで驚いたことがある。ここは退散に限るね。おそらく詰め物も神楽坂の「サン・マルタン」のほうがうまいだろう。客層もお任せで頼んでしまうような、おじいさんの紳士が多かった。・・・・と思うことにしよう!絶品だったらどうしようね(笑)。

というわけでちょっとガッカリしながら、それではと以前から気になっていた馬肉専門の銀座「仲巳屋」に行ってみる。これが大正解。超うまい!素晴らしい店だ。何でも本店は松山にあるということだが、松山では連れて行ってもらったことがなく、地元ではそれほど有名店でもなさそうな感じ。確かに馬といえば九州だし。かつて北海道でツアーしてた折も「焼肉」ばかり食べていた経緯もあるしね~。私たちって相当な馬鹿者ということになる(笑)。家の周りだって絶品の店をスルーしてそうだ。

まずは座ると自動的に850円ぐらいの先付けが強制的に出てくる(笑)。普通だったら「え?」みたいに思うだろうけど、これだけでも絶品にうまいのよ!出てこなかったら注文しちゃうぐらいうまい。馬の「もも」「たてがみ」等々の切り落としを菜の花とあえたサラダのようなものだ。そして続くお刺身は盛り合わせにしてもらった。本当は2人前からみたいなのだが、1人前でもOKとはすばらしい。お店の感じも親切でとても感じが良く、居心地も抜群なのだ。

お刺身も色々種類があって、人気なのは「くらした」つまり肩ロースの部分、焼肉屋だと「サガリ」の部分に当たる「ばらひも」、霜降りの「ばらおび」あたりらしい。最初「ひれ」を戴こうと思ったのだが、「たてがみ」「もも」「くらした」「ばらひも」「ばらおび」が1枚ずつの盛り合わせはやっぱり楽しくおいしかった。おっしゃるとおり「肩ロース」なんて想像以上にうまい!九州の「甘い」お醤油で戴くのがまたいいね。九州でも馬刺しはいっぱい戴いているけど、ここのはかなり上品でおいしい。そして馬の「ヒレカツ」。実はこれを楽しみに来たともいえる。うまい!中がレアになっていて柔らか。ちょうど人形町「キラク」のビーフカツに似ている?といえば似ているが、30倍ぐらいありがたく感じるのはお馬様のせいかな(笑)。1つ注文をつければソースがやや甘い。これを洋食屋のウスターソース、トンカツソースで食べられるともっとうれしいけど・・・・それじゃうまくないのかもしれない。とにかく大満足!

a0041150_582354.jpga0041150_583697.jpga0041150_584696.jpg
a0041150_585687.jpga0041150_591013.jpg「うまい」を連発していたら、ちょっと変な風に目立ってしまったのだろう、料理長さん店長さんと名刺交換(笑)!あはは、わけがわからん。でも仲良しになっていろいろメニューについても質問できた。ユッケ風のさくら丼は「ひき肉」ではないそうな。うまそ~。そして「ばらひもの味噌漬」というのがあったから、「刺身にヌタ」みたいな感じと思いきや味噌漬で焼くもの!私は牛肉の味噌漬、豚肉の味噌漬が大好物!思わず「うまそう~~」と絶叫すれば「ぜひ味見してください」と高価なのにサービスで出してくれた!やった~さすが斎藤雅広!強運でごわす!うまかったよ。これでご飯ガンガン食べられちゃうね。さて本当に注文していたのはステーキ丼!これもうまい。今半のステーキ丼を思えば卵が乗っていてもいいかなとは思ったけど、大変満足!

極上霜降にぎりとかのお寿司もうまそう!ハンバーグもあるそうで(笑)、また必ず行くぞ!夜中の3時までやっているのもうれしい。
by masa-hilton | 2009-01-23 05:28 | 趣味&グルメ

18日付「世界日報」誌に大きな記事が掲載

以前に対談でもお世話になったり、家田さんのコンサートの応援も戴いた新聞「世界日報」の日曜版に、ザ・スーパートリオのCDが大きな記事で取り上げられました。文化的なことにはとても積極的な新聞で、現芸大の学長先生やコシノジュンコさん、中曽根元総理等との対談や、私が参加した対談も、このたび本として出版されるそうですね。私としましてはとにかく、こうして演奏に注目が続いていることが本当にありがたく、皆様に感謝いたしたいと存じます。
a0041150_331394.jpg

by masa-hilton | 2009-01-22 03:36 | ニュース

2月11日はヤマハ銀座店をジャック!

a0041150_113961.jpg楽しい1日にしようと思っています。大変楽しいにぎやかな顔ぶれですよ!なんてたって無料イベント!ぜひぜひ遊びにいらしてください!

■開催日: 2009年02月11日(水) 会場:ヤマハ銀座店(仮店舗)6F

12:30開場/13:00開演
●華麗なるヴァイオリン・アンサンブルの世界
   高嶋ちさ子の12人のヴァイオリニストの皆さんから
15:00開場/15:30開演
●プッチーニの名曲と武満徹の世界
   池田卓夫、羽山晃生、家田紀子
17:30開場/18:00開演
●愛の挨拶 ヴァイオリンとピアノの素敵な関係
   奥村愛

ピアノ&ナビゲーター 斎藤雅広

各ステージ約30分/完全入替制
■料金:無料/各ステージごと予約制。問い合わせ:ヤマハ銀座店CD売場


詳しくは ヤマハ銀座店HP をご覧ください。
by masa-hilton | 2009-01-20 01:34 | コンサート・イヴェント告知

ブルーノート名古屋でのプログラム決定

2月27日 ブルーノート名古屋でのコンサートのプログラムは以下のように決定しました。

ファリャ            恋は魔術師より「火祭りの踊り」
ショパン           雨だれのプレリュード 作品28-15
                バラード第1番 ト短調 作品23
                アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
                スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
                ノクターン第2番 作品9-2 「愛情物語のテーマ」
                ワルツ第1番 作品18「華麗なる大円舞曲」
スタンダードから      ボーイ・ネクスト・ドア
リスト             メフィスト・ワルツ第1番
スクリャービン        エチュード 嬰ニ短調 作品8-12


名曲ぞろい!オン・パレードの滅多に出来ないプラチナ・プログラムです。休憩なしの70分X2ですからね(笑)。ぜひお楽しみに!
皆様のお越しをお待ちいたしております。

この日は遅くなりますから、仲間内では夜、私のお気に入りの焼肉店で宴会の予定を組んでいます!こちらもご参加くださいね!
お夜食のホルモン、刺激的!ギトギト~ききますよ~!
by masa-hilton | 2009-01-19 02:04 | コンサート・イヴェント告知

CDが「ぴあクラシック」で推薦

a0041150_1650038.jpgザ・スーパートリオのCDが「ぴあクラシック」2008~2009冬号のCD等の紹介ページに取り上げられていました。

うれしいですね。気難しいレコード藝術や音友でも大絶賛されて、それを受けてコロムビアのキャッチもヒートアップ!先日もライヴのVTRを見ましたが、これだけ強気のキャッチにも負けない、とっても素晴らしいステージで満足しました。同時に身を引き締めて、より良いものが出来るように、これからも謙虚に頑張って行きたいと思っています。

「人気と実力を兼ね備えた3人の音楽家が、超絶技巧&ブリリアントな音の悦楽という「クラシック芸」の境地に遊んだ最高のエンターテインメント」

自分たちがイメージした通りの評価を得られるって最高ですね。皆様に心から感謝したいと思います。
by masa-hilton | 2009-01-18 01:02 | ニュース

「トラットリア・ヴェリッタ」でいつものランチをやめて「パスタ祭」!(笑)

開店以来お気に入りの「ヴェリッタ」に行くと、シェフが1人になってしまったり、随分スタッフは変わった。不況だからね~仕方がないんだろうね。ピザのランチも値上がりしていた。でもランチコースはお得な2000円。いつもならお気に入りのこのコースなんだけど、今日は人を待っていて、おなかがすき過ぎてしまったので、アラカルトで「食い倒れのパスタ祭り」にした~(笑)。

ピザはトマトにモッツァレラを使用して、さらにたっぷりチーズと自家製のソーセージを散りばめて、こりゃうまいよ!まずいはずがない。先日知り合いが行ったときには「少ししょっぱいと思った」という感想を言っていたが、多分こういう自家製のハムやソーセージもののことだろう。これはこのぐらい塩が効いててあたり前だし、私は逆にこういう感じが個性があって好きなのだ。そうそう、サラダも食べなきゃね、という感じでシンプルなものをおまかせで作ってもらう。うまい!で、このあとはパスタが3つ。どれもこれはお気に入りだから、これらもうまくてあたり前!量多過ぎですが止まりませんよ~(笑)。

a0041150_4174849.jpga0041150_418666.jpg「アマトリチャーナ」はよそだとただ辛めのことも多いが、ここはナポリタンのような素朴さのほうが勝っていておいしい。今日はリングイネでやってくれた。トマトとパンチェッタとペコリーノチーズで出来ているんだけど、ここのパンチェッタはうまいので大満足になってしまう。鴨の肉をふんだんに使った「鴨肉のラグーソースのオルキュッテ」。これは最高だった!さすが鴨だよね。この味わいと香がたまらない。パスタとの相性も良く、味わえば味わうほどにうまい!大ヒット!そして大好きな「ゴルゴンゾーラのリガトーニ」。うまいね~。これは大好物なので、あるだけでごきげんだ。多分ブルーチーズが苦手の人も、この「ヴェリッタ」のものなら大丈夫かな?と思う。ホント、とってもとってもおいしかったけど、ちょっと今日は注文し過ぎだ~にゃはは。
a0041150_4245786.jpga0041150_425928.jpga0041150_4251981.jpg

by masa-hilton | 2009-01-17 04:26 | 趣味&グルメ

「ビストロ・トカチ」の2回目はハンバーグで

浜町の洋食屋さん「ビストロ・トカチ」。温かい雰囲気のする町の洋食屋さん、ちょっとせまいけど。けっこうお気に入りで、何を食べてもまずいはずがない感じのお店。ただご主人がピティナの有名な北海道の先生に似ていて、申し訳ないんだけれど何か笑ってしまうのだ。お料理もその先生が作ってくださったような気配がして楽しい。

a0041150_0391818.jpga0041150_0394097.jpga0041150_0395693.jpg
前回はステーキを食べてみたので2回目はハンバーグ。ただハンバーグというのは難しいね。これだ!というのになかなかお目にかかれない。ここのも普通だったな。ああ、私の理想のハンバーグよ、何処!ライスのかわりにピザをとってみたが、これが良かった。もちろん専門店のようなものではないし、出来合い風でもあったりするけど、チーズもたっぷりでおいしい。お土産に名物のメンチサンドというのがあったので買ってみたが、これは「宇田川」のカツサンドなどに比べれば落ちる。メンチだとさめると脂が強い感じになって、私個人は苦手だ。それに、やはり温かい情感のあるお店だから、作りたての温かいものを食べるに限るよね。
by masa-hilton | 2009-01-16 00:45 | 趣味&グルメ