<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ユントゥネンさん、コスケラさん、サロマーさんに会う、そして選挙の日

バタバタと忙殺中(笑)。今日は9月1日のコンサートのリハーサルにでかけて、曲目も無事決定した。

●Mr. Petteri Salomaa
Robert Schumann: Dichterliebe op. 48

●Ms. Helena Juntunen
Toivo Kuula: Suutelo
Toivo Kuula: Karjapihassa
Toivo Kuula: Tuijotin tulehen kauan

●Ms. Tiina-Maija Koskela
Jean Sibelius: Våren flyktar
Jean Sibelius: Var det en dröm?
Jean Sibelius: Svarta Rosor
J.Sibelius: Flickan kom ifrån sin älsklings möte

●Ms. Helena Juntunen
Puccini: Mimi, Si Mi chiamano Mimi

●Ms. Tiina-Maija Koskela
Bizet: Carmen, Séguidille

●Ms. Helena Juntunen
Mozart: Fiordiligi, Come scoglio

●Ms. Tiina-Maija Koskela
Mozart: Dorabella, Smanie implacabili

●DUETTO
Mozart, Cosi fan tutte: Ah, quarda sorella


まずホールに行くとユントゥネンさんに遭遇。彼女とは2回目の共演だ。そうそう、こんな感じの人だったという感じ。何となく小動物的というか、かわいらしくチョコチョコと元気な人だ。クーラの曲はいつになく大変でとらえどころがない部分も。明日のリハでいろいろ試してみよう。「ボエーム」のミミのアリアは大変すばらしい。と言うか「かくあるべき」というロング・ブレスでロマンティックな演奏。こうでなくては音楽の本質が薄れてしまう。ブレスと声の伸びと、感情表現!日本人だと「なかなかこのようには歌えない」という見本のような演奏!大変感動した。

コスケラさんは若々しい感じの人。メゾながら本当に得意な曲はカルメン以外のものにありそうだ。シベリウスの曲で垣間見せた圧倒的な声量がすばらしい。ちなみにモーツァルトの「コシ」のアリアは、絶対ピアノ伴奏では不向きな曲だと思うんだけど(笑)どうなんだろう。伴奏専門の人に聞いてみたいな。きっと粛々と弾いていくだけなんだろうね(笑)。完成度が高いと絶対ピラピラしちゃうし(笑)、オケっぽくやるとテンポに間に合わない感じ・・・・と思って弾いていたけれど、彼女のほうは何の問題もなさそう。とりあえずOKとしよう(笑)。

サロマーさんは大きい人だった。1M90ぐらいあるのかな?「詩人の恋」を歌うということでなのか、何となく神経質なご様子だったがそれも最初だけで、ほとんで1回通して終わり。何の問題もなし。曲によっては太い声を活かしての、シューマンの枠を超えたヘビーな表現をするところもあるようだ。幻想的な色合いよりは現実的な感じになるだろうし、その部分はピアノ伴奏も多少個性的になるはず。このようにコンサートでは、自分の解釈や意思でもない解釈に対応して弾くことは多く、私は楽しんでいる。その解釈が「何であんなふうに弾くの?」等と批判されれば、それはもう笑うしかないんだけれど(笑)、でも普通ちょっと考えれば何でか?すぐわかることなので、実は聴く側にあってもとても楽しめる要素なのだと思う。

彼らに「明日は台風がくるんだよ!」と言うと3人とも「ワオ~!」と喜んでいる様子(笑)。面白い。何か「エキサイティングだ」というイメージらしい~。暴風雨の中を喜んで歩いちゃいそうな勢いだった(笑)。もちろんこちらは大したことないことを祈っている。ズブ濡れも嫌だしね~。この時期に風邪はひきたくない。

そういえば今日は選挙。結果は予想通りだったね。やはり「責任力」ってコピーが悪かったのでは(笑)。もともと責任は「果たす」よりも「とる」ものだから、キッチリ責任とらされちゃった自民党だ。気がついたのは(党首討論のときもそうだったけど)麻生さんってとても良いスーツを着ている。私は声高に「エコ」を叫ぶ人は信用できないので「クールビズ」も反対。国会ではむしろフォーマルな身支度でお願いしたい。鳩山氏も同じように高そうなスーツを着ていたけれど、麻生さんのはそれにしても上物だった、これは評価か(笑)。「エコ」といえば負けた「小池元環境大臣」選挙事務所が、冷房23度設定だったというのがいい!人間は動物なんだから、その場その場でもっと自由であるべきだというのが私の「マニフェスト」(笑)。民主党のほうは、政見放送の音楽で、オーケストラではなく「打ち込み」で処理していたのが気になった。そこは無駄なお金ではないような気もするのだが(笑)。

テレビの速報も凄い。開票0%でバンバン当確!今まであまり何とも感じなかったが、今日はフジテレビの高島アナがとても綺麗だ。よく観察するとメイクがしっかりしてある。特にアイシャドー!お化粧は入念にちゃんとしてある人、または濃いほうが好きなのだが、それは子供のときからだ。何でだろう(笑)?自分がお洒落したり、着飾った人を見たりするのも好きだった。だから麻生さんのスーツも気になったのだろう。個人的にはテレビ東京の森本アナがとても好きなのだが、テレビ東京の選挙速報は遅くて見ていられない(笑)。BSではペライアがシューマンの協奏曲を弾いていて上手そうだったのだが、この選挙のあわただしさの中では味わえるわけがない(笑)。

選挙中だから一昨日の「朝まで生テレビ」では、地球温暖化を提唱する科学者と、実は(太陽の黒点が消失したことから)地球は軽い氷河期に向かう過程で一時的に温度が上昇しているという科学者が、次元は高いのだろうけど子供のように激論しているのが楽しかった。少数意見だろうから一応後者を信じよう(笑)。10年もすれば結論がでるだろうね。
by masa-hilton | 2009-08-31 02:50 | 日々の出来事

9月12日はザ・スーパートリオ@神戸

そして週末は神戸に参ります。スーパートリオが兵庫でやるのは2回目かな。ありがたいことです。いつもながらの楽しいプログラム。笑って泣いて?(笑)。素敵な時間がご一緒できるようにがんばります。またまたみなさま、どうぞよろしく!

9月12日神戸文化ホール(中ホール)、午後2時開演です。あとは「ウィーンわが夢の町」「すみれ」「恋とはどんなものかしら」「ポギーとベスのメドレー」「ジュディ・ガーランドのメドレー」等を演奏します。お楽しみに。
a0041150_2051101.jpg


by masa-hilton | 2009-08-27 02:25 | コンサート・イヴェント告知

9月10日は「斎藤雅広&三舩優子のピアノ三昧ブリランテ」

またまたド迫力の曲ばかり集めて2台ピアノのコンサート。「ダッタン人」「プーランクの2台の協奏曲」、「ハンガリア狂詩曲第2番」までありますね。これ予想外にけっこう難しいです(笑)。「ピアノ三昧ブリランテ」なんて食いしん坊の私だと「鰤ランチ」になりそうですけど(笑)。

あとすみませんが、「美しき青きドナウ」は「英雄ポロネーズ」か「メフィストワルツ」に変更します。どちらにするか悩み中~~。結論の締め切りは明日までだそうです(笑)。

9月10日(木)岩手県民会館中ホール18時30分開演です。お目にかかれるのを楽しみにいたしております。どうぞよろしくお願いいたします。
a0041150_19502082.jpg


by masa-hilton | 2009-08-26 00:34 | コンサート・イヴェント告知

月刊「ショパン」9月号 連載記事とお祝いのメッセージが掲載

a0041150_19443093.jpg月刊「ショパン」9月号には連載の5回目が掲載されています。今回はカラオケでも大人気の「ハナミズキ」でした。ポピュラー音楽ですので、コラムにはフィーリングについての一言を書いています。おかげさまで読者の方からも評判も良く、楽しみにしてくださっているという声もありました。ありがとうございます。

で残念ですが、あと1回です。次回が最終回になるわけですが来月号は夏休みということでお休みを戴きます。次の号おそらく11月号での第6回が最終回です。また楽しい生徒さんの登場をお待ちしております。

今月号はデビュー50周年を迎えられた中村紘子先生の記念特集号ですばらしい!とても豪華!また横山幸雄さんと対談する辻井信行さんが、とても微笑ましいです(笑)。
by masa-hilton | 2009-08-25 00:24 | ニュース

9月6日は青森市民ホール「斎藤雅広ピアノリサイタル」

a0041150_69542.jpg久々の青森です。これはNPOの「音楽ネット青森」の主催事業です。障害のある方、70歳以上の方、小中学生、寄付をされている方、会員の皆様には無料というコンサート。年間10回ぐらいのコンサート活動をされています。9月6日(日)午後2時開演です。どうぞよろしくお願いいたします。

代表の方は、とてもおいしいレストランのオーナーでもあるということで「青森でゆっくりおいしいものを食べてのんびりなさってください」とおっしゃってくださいましたが、いつもながらそうも行かない感じです。このあと神戸のコンサートもあるのですが、これももしかすると日帰りになってしまいそう。暑い中、いよいよ体力勝負の時期になってきました。がんばります!

プログラムは左の曲にいつもの「火祭り」「英雄ポロネーズ」「メフィストワルツ」等が加わります。アンコールは・・・・まだ考えていませんでした(笑)。何にしましょうか。
by masa-hilton | 2009-08-24 05:30 | コンサート・イヴェント告知

9月1日は「オペラ・ガラ・コンサート」

先日体調不良でキャンセルとなったヒルケ・アンデルセンさんは、来年2月に再公演があるようです。ぜひお楽しみになさってください。ところで以前やはりキャンセルなさったペテリ・サロマーさんが来日されます。今回も前回と同じく「詩人の恋」での共演ですが、折り紙つきの大歌手ということで大変楽しみです。ソプラノのヘレナ・ユントゥネンさんは2004年に共演しました。再会がとても楽しみですね。ティーナー=マイヤ・コスケラさんは初対面です。豪華なガラ・コンサートが低料金(笑)!当然完売しておりました。

モーツァルトのコシのアリアは歌い手にとってもなかなかハードなものだそうですね。モーツァルトはピアノも、オーケストラの色合いを出すべきか、ピアノの響きとして弾いてしまうかが悩みどころ。外国人がほとんどの場合それを望むからですが、私は常に前者の立場です。日本では少数派ですね(笑)。「詩人の恋」は個人的にコルトーの2つの録音とホロヴィッツの名演が忘れられません。最近そのコルトーのライヴのショパン協奏曲を入手!その感想はまた後日です!
a0041150_0205126.jpg


by masa-hilton | 2009-08-23 00:42 | コンサート・イヴェント告知

また変なものが!

前に「自動譜めくり機」というものが開発されたという話を書いた。好意的に書きすぎたかな(笑)とか思っていたら、なんと今度は「自動練習機」とも言うべきものが開発された。友人から聞いたところでは、「それをはめるだけで弾けるようになる」という売り文句!「コンサートハンズ」という品。それがこれだ・・・1・・・2・・・3。動画もここで見れる。

今までカシオの電子ピアノ等で、次に弾く音の鍵盤が光ってガイドしてくれるものがあったが、光るだけでなく指にはめたサックに連動させて動かしてくれるものだ。なるほどね。科学の発明としてはアリだ。よく考えたね。でもどうだろうか。

私はアマチュアの入門編もTV講座で体験したから、いろいろ見ることもできたのだが、この手の器具があるということは「ピアノを弾く」行為が「ただ音が出れば良い」ことだと思っている人が多いということなのか?それは「車を運転することは、ただ車輪を回すことである」と言うのと同じ。ドライブで好きな場所に行ってこその車だ。自分の気持ちや意思なしに演奏して音楽は成り立たない。誰も感動しないわけで、機械によって弾かされている姿等「ただの馬鹿者」である(笑)。

・・・・であるのだが(笑)、このシステムでもの凄く精密で高度なものができると、今までどうしても弾けなかったところもこの機械で1度クリアーできれば、そのイメージを体が覚え、弾けるようになるかもしれない。また、ホロヴィッツのような特殊な指遣いをするピアニストのデーターが入っていたら、それも体験できる。皆さんもご経験があろう?指遣いを選ぶときに、ゆっくり弾けばパターンAが弾きやすくても、速く弾いたときにはパターンBだったと、コンサート間近に変更せざるを得なくなったときの不安感。そうしたことも解消されるかもしれない。もともとそういう「勘」みたいなものは「才能のうち」だったが、それを機械がカバーする世の中が来るのかもしれない。「馬鹿とハサミは使いよう」の諺を改め「馬鹿はハサミを使いきる」ということか(笑)?これで我々全員ボルトのような超人になれる!? まったくシビレちゃいますね。
by masa-hilton | 2009-08-22 00:59 | 音楽・雑記

忙しすぎて・・・息抜きも瞬時に

a0041150_0181237.jpgん?遊んでるみたいって?違いますよ!いつも仕事です。人形町の夏はいつも甚平で過ごします。日本橋界隈までこのスタイルで歩いていますが、ウィークディの昼間はやや注目度が高いですね(笑)。夜になればこんな格好の人も多いので、どうってことはないです。でも家田さんのお弟子さんが「人形町で斎藤さん見ました。団扇パタパタしてました・・・・」と、忙しく動き回っているので(遊び回ってではありません!呉々も)目撃情報も多数です。本人のんびりしてそうに見えますが、寝る間もないほどです。

ちなみにここは喫茶「ロン」。あの大好きな「スパゲッティ・ミートソース」がある店です。ナポリタン、チキンライス、カレーライス、焼きそば、焼きうどん、プリン等も好き。働いていらっしゃるおじ様とも仲良し。「とてもお似合いですね」と微笑みながら、小声では「金魚すくいに行くのかと思った」とか言ってました(笑)。
今日は仕事の後始末もあって、マネージャーの川島女史と管理人さんと3人で行動。川島さんのバイタリティーと明るさにはいつも癒されます。今日も頭痛だったのだが、話しているうちに全快。管理人さんも先週に続いてNHKの番組も大評判ということですばらしい!今回のオンエアは聞いてみましたが、就職試験の数学の準備にあたり「2桁の計算は2秒で答えを出さなければいけない」ということで、その凄ワザを披露!椿姫彩菜さんたちを驚かしていました。「こんな計算力をもってCD販売を手伝っていたのか~(笑)。」と感心(笑)!

打ち合わせはいつものクラブ・ハリエ!ホットケーキみたいにおいしいバームクーヘン!最高!戴きつつササと用を済ませ、ある提案!「実は今日は年に何回かのエルメス・ソルドの日。招待状で3人入れるよ!」・・・・行くしかない!みんな疲れているので(笑)、息抜きも計算みたいに瞬時でできるのがよろし。川島さん曰く「来日中の南方のどこかの国の王子」みたいな(笑)怪しい甚平男、川島女史だってどこかの国のアジアン・テイスト!エルメスの皆様も、うやうやしくお迎えです(笑)。

いつもは売れ残りと言うか、肝心なものがないソルドですが、今回は数が多い。世の中不景気だからですね。さすがにコートとか良いですね~超高いですよ。ちょっとしたバックも!半額ぐらいになっても100万してました。また今回はいつもは置いてないネクタイが多数。これは良いですね。というわけでネクタイをゲット。やはり仕上がりが良いから、舞台でもとても映えます。普段だと3万近くするのでラッキー!女性陣は「靴」に視線。さすがにお洒落な感じ。

帰ってからはまた仕事に。ある人がメールで「下の「冷やし中華特集」も面白かったけど、自分は夏は鰻を食べる」みたいなことを書いてきました。私は「鰻重」や「すき焼き」はオールシーズンで、週に何回も食べるので「夏だから食べる」みたいなのはよくわからないですね。最近もお盆に入る前に、いつもの「大和田」でおいしい鰻を(写真下左)!その後、夜遅い日が多かったので何回か鰻串焼きの「心天」に行きました。まずは「きも」「皮」を戴いてからいつもの「関西重」、ちゃんと注文が来てから鰻を捌いてます。今日は特にコッテリ(笑)。この3つで2000円しないからリーズナブル。「お重」ものは忙しいときには瞬時に食べられるから、ありがたいです。早く仕事にメドをつけて落ち着きたいですね。

a0041150_0474139.jpga0041150_0475747.jpga0041150_0481036.jpg

by masa-hilton | 2009-08-20 01:23 | 日々の出来事

では、今から寝ます(笑)

やっと今、編曲完了。やれば出来るというものでもないし、今回はジャズ的なものだったので、アドリブを楽譜におこすのが大変だった。弾かなきゃない曲もいっぱいたまっている。まずは編曲と、いよいよ気合を入れて2日徹夜したおかげで、世界陸上も見られた。人が真剣に何かにかけているものってやはり見入ってしまう。ずいぶん手が止まったが見れて良かった。「明らかな身体能力の差」「ゆるぎない自信」が勝利を導く。音楽家も似たようなものだ、あとは才能。スポーツ選手にもセンスと言うものがいるだろうから同じかも。どちらも賢い練習によってのみ身につくものの、自信はふとした一瞬に揺らぐし、身体能力も上には上がいる。その日の体調というものもある。それを超えられる人間とは・・・・・目の当たりにすると、やはり普通ではないね~(笑)。
by masa-hilton | 2009-08-18 11:31 | 音楽・雑記

人形町「冷やし中華」大作戦~途中です(笑)

(さらに後日記)2012年は華子はなくなるし、龍盛飯店も不味くなっちゃって、途方に暮れています。中国人の店は平気で質を下げてきますよね。ちょっと驚きますね。今は普通に「日高屋」で我慢。そのうちまた「佳華」と「福(中華厨房)」にいってみようかなと。

(後日記)ここでナンバーワンにした「大衆」の冷やしが、最近(2010年7月)麺とかすっかり変わってしまってダメになっちゃった!あ~~残念なご報告だあね(泣)。ま、仕方がないか・・・・さて2011年は「龍盛菜館」のが好きで通ってます。また続編はこちらに

#########################################

夏と言えば、冷やし中華。私は子供の頃から「冷やし中華」が大好き。以前、人形町の寿司屋を全店制覇したように「冷やし中華」全店制覇を目指して始めたのだが、数が半端じゃない。どこの場所までにするか、ファミレスや日本蕎麦屋の冷やし中華だってあるし、さすがに夏ばて防止のメニューで充足感はない食べ物だから、毎日食べていたら病気になりそうになって来た(笑)。とりあえずここらへんで1度アップしてみようと思う(本文中のピンクはわかりやすくするためで、リンクではありません)。

ご近所ではまだ「生駒軒」「紅菜館」には行っていない。そういえばメインストリートにあるのに「生駒軒」って行ったことないかも。不思議だ。そのうち補巻ということで追記してもいいかな。浜町付近の「崋山」「燕慶園(冷やしはあるのかな?)」とかも領域かもしれないし、新大橋通りは超えていないのでロイヤルパークや「翠蓮(姉妹店の四川亭も)」も含めて行っていない。「雲海閣」は昔の「味中味」時代にはゴマ味しかなかったから覗いていない。まだまだ全然駄目だね。(その後の続きはこちら

好き嫌いは個人的なものだからあてにならないが、「冷やし中華」は特にあてにならない(笑)。まずお気付きの方も多いと思うが、私は普段ラーメンをあまり食べない。1つには魚系のだしをとる店が多くなったからだが、麺を煮るときのあの湿度の高い感じ、生乾きの臭いみたいなのが嫌いなのだ。でも冷やし中華は好き(笑)で、餃子やチャーハンも、ギトギトした汚い店で出される何が入っているかわからないような、屋台的な味わいが好き(笑)。冷やしはしょうゆ系しか食べないが、しょうゆ系でゴマ味とミックスされているのは大丈夫。タレは濃く、甘さが強いのが好き。酢もほどほどに存在感があってほしいが黒酢は苦手。

a0041150_144518.jpga0041150_15190.jpga0041150_151050.jpg
私のこの好みにあっているのは人形町通りを小伝馬町に向かったところにできた比較的新しい「大衆」、清洲橋通りを馬喰町に向かっていくガソリンスタンドのとなり「中華厨房」の2店だ。2店とも面白いことに氷が入っている。暑いときには特においしい。とにかく甘めだ。私と同じく「甘めの冷やし」が大好きだという太田鮨さんの太田さん(笑)。早速「大衆」を教えてあげたら、大好きだ!と喜んでいた。

大衆」の「冷やし」(写真上左)の方は「しょうゆゴマ味」ということで、その分コクもあるし、具も玉子焼きがそのままだったりと何となく豪華。これはいいよ。とてもおいしい!ただ「大衆」はその他のお料理にはあまり惹かれない。お店の感じも何となく居住性が悪いし暑いときがあって、ちょっと閉口してしまうことも。

中華厨房」はお客さんが多いことでもわかるようにお安いサービスの店だし、他のお料理も手際よく、昔懐かしい中華屋さんといった味わいででてくる。こちらも甘い「冷やし」(写真上中)。ちょっと大衆に比べれば上に乗っている具が安っぽいかもしれないが、わびしいことはない。酢豚も戴いたが700円とリーズナブルでおいしかった。タマネギがややナマっぽいのが好き。これからも何回も通いたい店だ。

a0041150_23265165.jpga0041150_23275647.jpga0041150_23343913.jpg
続いて良いと思われるのは日本橋小学校近くの「華子」の「五目冷やし中華」(写真上右)だ。ここは大き目のプレート内で具が分けられて、海老やカニ等もトッピング。やや高級なイメージがする。特別に甘めの味ではないが、バランスの取れた濃い味でとても満足できる。具がやや現地っぽい中国的な味付けなので、そこで好みが分かれるだろう。他のお料理では「ピータン」や「春巻」等もおいしいが、「酢豚」はさすがの私でも味が強過ぎて食べられなかった。この日は「餃子」もなんかベチョッとしていたよ(笑)。これまでもよく調理人が変わる店なので、味も一定ではない。また丸テーブルなので、見知らぬ人と合い席になって静かに食べていないといけない(笑)。ただし冷房がガンガン効いているのは嬉しい。他のメニューも試してみたいね。

高級感があるのは表通りにある「明華園」の「冷やし中華」(写真下左)だ。何となく見た目もきれいで、具にしっかりクラゲなども入っていて嬉しいが、お値段はその分高め。味は酢が強い。スッキリする。お皿ではなくすり鉢の式のガラスの丼?で来るので、かき回すと味が麺に馴染む。悪くはない、むしろ良いほうだとおもう。私はこういうのも好きだったりする。ちょっとお金を足すとチャーハンがついてくるが、これがベチョッとしていた。たまたまかもしれないが、チャーハン頼まず大盛りにしたほうが良かったかな(笑)。

a0041150_2311249.jpga0041150_2340960.jpga0041150_23402171.jpg
有名な「玉ひで」の前にある喜多方ラーメン「くらしっく」は、地元ではおいしくないと評判だ(笑)。でも何回か料理人が入れ替わっているのでわからない。今は巨人軍「命」の原監督の背番号Tシャツを着ている人(笑)。私は以前ここで「冷やし」を食べておいしかった印象があったから再度訪問した。「冷やし中華」ではなく「冷やしラーメン」の表記(写真上中)。麺はプリプリしているし味も大丈夫。どちらかと言えばしょうゆが強い感じで、確かに「冷やしラーメン」というイメージがあっている。餃子も別にまずいということはなかった、大丈夫。ここが評価が厳しくなるのは「喜多方ラーメン」を名乗るからかもね。ラーメン通は厳しいもんね。

a0041150_23431567.jpga0041150_23433340.jpg人形町おなじみの店「あづま軒」の「冷やし」は薄かった(写真左)。薄いと言うよりはアッサリ感を追求したのであろう。酢が強いというのではなく、甘さとしょうゆが弱いという印象。それにしても具が貧弱だ。私はいつも紅生姜を除けて戴くのだが、「あづま軒」は紅生姜がメインになっている(笑)。「冷やし」に海苔が乗っているのも苦手。ここのニラレバや麻婆は大好きなんだけれど「冷やし」はパスかな。ごめん。

もう1つ同じく「菊水軒」の「冷やし」もパス。どちらかというと「大衆」のような味を目指しながら薄くなっちゃったみたいな感じ(笑)。きっとベースのしょう油または酢が原因しているのだろう。妙に味がぼけているし麺もボテボテしている。そうは言っても、ここはカレーライスをはじめ、おなかいっぱい食べられる面白い店で大好きなのだ。

お料理がおいしく、いつも「ピータン豆腐」「エビマヨ」「カニチリソース」「海鮮チャーハン」等々、好んで通っている「香港美食園」の「冷やし中華」(写真下左)もちょっとパスだ。細麺で本来はおいしいはずなんだけど(笑)水切りが悪いのか、薄まってしまっている。とても残念だ。サッパリ感はあるのだが物足らない。他のメニューは何でもけっこう好き。サイドで注文した「イカげそフライ」もとてもおいしかったよ。

a0041150_22592256.jpga0041150_22593891.jpga0041150_0482980.jpg
「明華園」ではないが、ランチだとチャーハンがついているという点では、今半の裏の「佳華」の「冷やし」(写真上右)がおすすめだ。このチャーハンは「冷やし中華」にもよくあう感じ。「冷やし」はわずかにピリ辛。それを除けばごくごく普通の感じ。実はここの「冷やし」は芸大の学食「キャッスル」(それも30年前だ!)の「冷やし」にとてもよく似ている。個人的には大変懐かしい味で時々行ってしまう。私にとっては昔ながらのスタンダードという感じだ。

まるで家で作ったみたいな感じなのは「佐々舟」。ここの「冷やし」は昔行ったときにはけっこう個性的な味で、それが原因でこの店に行かなくなった。今回行ってみたら何の違和感もない。ちょっと厨房が目の前なので暑く、湿度と麺の臭いは強い。でもここは本来ならば感じの良い人形町的な店。常連も多いし流行っている。久々に行って食べた「冷やし」(写真下左)も「餃子」もまさにお母さんの手作り風。上に乗っている具も家庭的(笑)、さらにそれが手作り風なのは「冷やし」なのに具が温かかったりするからだ。それが悪いということではまったくない。

a0041150_034129.jpga0041150_04632.jpga0041150_039969.jpg
やはりちょっと家庭食っぽい感じがあるのは清洲橋通りの「成暁」の「冷やし」(写真上右)。よく観察すると、ゴマが振ってあったりするせいかもしれないね(笑)。でもここは私の好きな濃い甘の路線であるし、一生懸命テキパキ働くお姉さんも含めて、とても好感が持てるお店。他のお料理も無難においしい。「冷やし」は去年より今年のほうがおいしい気がする。が、なぜか細かいことはあまり印象に残っていない。

チェーン店でおなじみ「日高屋」の「冷やし」(写真下左)はとにかく安い。具は別に来た。安い割には頑張っていると思う。きゅうりがぶつ切りなのはアルバイトでもできるようにという配慮か?「黒酢の冷やし」だがジャンキーなので黒酢は微量らしく(笑)ほとんど感じない。私にはそのほうが良い。以前は安かろうの悪かろうの餃子がだったけど、今回はそうでもなかった!やや改善されている。個人的に海苔はNG(笑)。

a0041150_23204010.jpga0041150_0194775.jpga0041150_01839100.jpg
天下一」の餃子(写真上中)も安い。でもここの餃子は好きなんだ(笑)。よくあるパターンの、ちゃんとお肉とかが入っていない感じのやつだが、こういうのってなぜかうまいんだよね。そしてさすがジャンキーの「冷やし中華」(写真上右)は「カニ風味かまぼこ」がてんこ盛りでちょっと臭いが強い(笑)。あとしょうゆが強すぎる感じで好みではなかった。去年のほうがおいしかったような。そういえば最近「麻婆」の味も変わった。ちょっとスパイシーすぎるのではないだろうか?前のほうがおいしかった。あいかわらず「天津飯」「かた焼きそば」等は好き。真夜中によく行く。

安い餃子と言えば「ピーコック」の隣の「ハッスルラーメン」の餃子も250円と安い。でもこれは値段相応でちょっとガッカリ。「冷やし」のほうは(写真下左)、しょうゆが勝った味で好みではなく麺が硬い(笑)。コシがあると言うよりは「硬い」という感じでビックリした。もともと「つけ麺」が売りのお店だから、こういうスタンスなのだと思う。

a0041150_23151839.jpga0041150_2313389.jpga0041150_2314839.jpg
桂園」の「冷やし」は特殊。韓国冷麺と冷やし中華を合わせたようなもので、これ自体は別にまずいとは思わなかったけど、冷やし中華と呼べるものではないね。別ジャンル。サイドで食べたモツの炒め物は大変おいしかった。

食べ比べてみると意外に違いがあるものだよね。シーズンが終わる前に「維新号」やロイヤルパークにも行ってみたいな~。
by masa-hilton | 2009-08-16 01:30 | 趣味&グルメ