<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

3月6日は新潟、見附にてコンサート

またまた楽しいコンサートの新企画です。3月6日見附市文化ホール、アルカディアの大ホールでのコンサートです。マロさんとのこういう形でのものは初めてですね。どんな感じになるのか、私も大変楽しみです。また詳細は追って告知いたします。皆さまにお目にかかれるのを、心待ちにいたしております。(見附市メルマガ情報はこちら

a0041150_17523639.jpg

by masa-hilton | 2011-01-31 17:59 | コンサート・イヴェント告知

寒いせいか・・・「天麩羅そば」が重宝

a0041150_1312075.jpga0041150_1313080.jpg寒いせいか、あまり活発に動いていない。食欲もイマイチかな(笑)。最近は「天麩羅そば」にこっていて、いつもの「東嶋屋」さん以外にもよく戴くようになった。その筆頭!やはり美味しいから通っちゃうのが、浅草「尾張屋」。これは「並」で、「並」はクマ海老だからやや大ぶり、上は「車海老」で上質といった具合だ。やはり大海老好きだから「並」がいいのだ。

ただ「ゆず」が浮いているのが気になる。全体に「ゆず味」になっちゃうからである。サッサと取りだしてってしまえば、もうこっちの好み。旨い!

帰りにはいつもの「西むら」で、最近お気に入りの「茶饅頭」を買って帰る。「どら焼き」はどこよりも美味しい「西むら」だが、この饅頭も好み。

by masa-hilton | 2011-01-29 01:37 | 趣味&グルメ

新しい中華、水天宮の「龍盛菜館」で食べすぎた

人形町は中華が多い。どんどん新しい店が出来て行く。ほとんどが中国人の店だ。新しい店に行ってみると大体がちょっと味の濃い雑な感じの中華である。美味しいものとそうでもないものが落差があるので、好みを定める必要があるが、そうしているうちに料理人が変わるのか、お店自体の印象が変わってしまうから、なんか困っちゃう。

今一番新しいのは水天宮近く、新大橋通りにできた「龍盛菜館」だ。「焼肉屋が出来るのかな?」と思うほどに大げさな建物だが、中は1階2階、もしかしたら3階ぐらいまであって、さらに地下もあるようだからやる気満々の中華だ。お店は川崎に本店を持っていて、渋谷や台場にもあるようだから商売熱心も頷ける。おまけに店には「書」が飾られていて、どれも「千客万来」のような内容(笑)。いっぱいお金を儲けたいとあからさまに書いてあるようで、ちょっと落ち着かない。

試しにコースを食べてみたが、とにかく量が多い。参ったな~ビックリだ。ベーシックな「ラーメン」や「チャーハン」がイマイチみたいな評判だったけど、確かにチャーハンはまずい!「ふかヒレのスープ」もラーメンスープのような怪しさ(笑)。あと「揚げ魚のレモンソースがけ」が戴けない。ベトベトだしもたれそう。でもこれはソースのせいのようだ。基本的に揚げ物はどれも美味しかった。「鳥のから揚げ」のようなものだ。なかなか美味しかったし「春巻」も大丈夫。

前菜の「くらげ」や「チンジャオロース」も悪くない。「酢豚」「海老マヨ」はかつての「香港美食園」を思い出させる強烈な甘さ。実はこの甘いのはけっこう好き。というわけで「酢豚」とか食べに再訪するかもしれない(笑)。けっこう人は入っているね。

a0041150_0571134.jpga0041150_0573113.jpga0041150_0574683.jpg

a0041150_0575994.jpga0041150_0581366.jpga0041150_0583574.jpg

a0041150_05847100.jpga0041150_0585977.jpga0041150_0591367.jpg

by masa-hilton | 2011-01-28 23:58 | 趣味&グルメ

焼肉「天壇」は女性向きかな?

大体B型たるもの、仕事以外は予定通りなど動いたためしがない。カニ好きのマネージャー塩崎さんから「三原橋にできたかに道楽銀座本店は結構良いよ」という話を聞いて、ノコノコと東銀座へ。でも結局行ったのは「かに道楽」の同じビル、1階下の「天壇」というお店だった(笑)。だって美味しそうだったんだもん。

「天壇」は知らずに入ったのだけれど、この銀座の地区では超人気の焼肉屋だった。もともとは京都で40年の焼肉屋で、特徴は「つけだれ」が「お出汁」なこと。だから漬け込んだ肉を焼いた後、ちょっと洗って食べるような感じ。私はちょっと嫌だなあ。逆に焼肉の臭みを嫌う女性は大喜びかも。そんな私でも別にお出汁で洗わなければ、ちゃんと漬け込んだ「タレの味」は十分で、普通に美味しく気にしない。ランチで行ったけど、とにかく「ロース」を選ぶべし。旨い!そして追加肉もあるのでたっぷり食べられる。すばらしいのはキムチ、ナムル、チヂミの類がバイキングで食べ放題。これは健康的。そしてどれも美味しいから嬉しくなってしまうね。眺めも良いし、オススメスポットだ。

a0041150_345554.jpga0041150_351973.jpga0041150_353350.jpg

by masa-hilton | 2011-01-23 03:08 | 趣味&グルメ

真岡市でのリサイタルです

今まで伺ったことがない真岡市にてコンサートです。2月19日、真岡市民会館大ホールです。嬉しいですね。皆さんにお目にかかれるのを心から楽しみにいたしております。

その前にはマリンさんのリサイタルもありますが、三鷹で幼稚園児のためのイヴェントというのもあります。こちらも実はとても楽しみにしています。

先日、歩いていて視線を感じるなあ~と思って振り向いたら、可愛い赤ちゃんがニッコリと笑っていました。何か感じたことがないような幸せな気持ちになりました。この闘争的な私が・・・・です(笑)。歳なんでしょうかね~(笑)?

引き続き楽しいコンサート頑張ります!!

a0041150_21424332.jpg


by masa-hilton | 2011-01-21 01:17 | コンサート・イヴェント告知

スイートベイジル無事終了、もう次が!

昨日スイートベイジルも無事終了。演出も良かったとか、曲の並びも良かったとか、関連性があって良い構成だったとか(笑)、MCの流れのやり方もディレクターの皆さんから大好評でした。ホントは演出も曲の並びも関連性もそれほど良くはなかったので(笑)、ややこちらの力技でまとめたという感じです。そこは長年過酷な番組収録とかで鍛えられたおかげですね。いろんな出会いがあり、先輩たちから教えて戴いたことは本当に財産です。心から感謝いたしております。

コンサートで今やトークは不可欠ですが、時間の長さを考えられないような人もいますし、演奏に響いてしまっては本末転倒です。また今回のようにジャンルの違うものが混在するコンサートの場合には、出演者の技量も均等に見えるような配慮が必要となりますし、色々と目に見えない難しさがあります。またピアノの演奏のほうでもそうした環境づくりと心遣いが必要で、昨日は万事うまく進み、お客様も喜んでくださったようでホッといたしました。お友達のキャスターの児玉さんや玉手さん、また青森で共演した相馬さんもいらして下さり、こちらもうれしかったです。ありがとうございました。

a0041150_196769.jpga0041150_1961879.jpga0041150_1963475.jpg

前回の出演時と同じく楽屋にもちゃんとお料理が出ましたね。牛の頬肉・・・・また無難なメニューのほうを選びましたが、そうはいっても演奏前ですから簡単なもののほうが良いのです(笑)。濃厚ではなく「濃い」味付けという感じでしたが、なかなか美味しかったです。サイドのサラダもチーズなどがアクセントになっていて山盛りでしたね。ちょっと抜けだしてミッドタウンでお茶して快適。やはり都心は楽しいですね。

さてさてお遊びコンサートに続いては、悩ましい編曲の山、譜読みの山・・・・素敵なことでありますがメジャー・レーベルでのレコーディングとなると、どうしても細やかに、神経もたくさん使います。こちらは責任重大。ああああ、ゆっくり休めるのはいつのことだ~。
by masa-hilton | 2011-01-20 19:22 | 日々の出来事

リハーサル終了

スィートベイジルのリハーサルも無事終了。若い方々はそれぞれキャラは立っているが、とても感じの良い方ばかりで、お忙しいこともあって気ぜわしく終わり(笑)。とにかくこの業界で生きていくことは大変だ。若い方を見ていると、自分のその当時の年齢を振り返って独特な感慨がある。リハは私ならばいつもの銀座のヤマハ、また都合であとの半分はニコタマ(二子玉川)のホールでということになった。初日のほうはそのあとに赤坂達三さんや評論家の萩谷由喜子さんともお目にかかれて、楽しい時間だった。ニコタマのほうはヴァイオリンの木野雅之さんがブラリと訪ねてくれて、こちらも嬉しかった。

あとは面白いことと言えば、ソプラノの田井中さんは私のお気に入りのシンガー、タイナカサチさんのお姉さんだった。ちょっと驚き。向こうも驚いていたが、「深夜のアニメ族」であることが判明してからはオタク族と思われてしまったか、もろもろの反応が冷たくなった(爆笑)。

ところがである、何のきっかけだかわからないのだが最近は早朝に起きる毎日。深夜のアニメはおろか、ニュースステーション前に寝ている生活。続けてみていた海外ドラマも断ち切れた。これでは編曲もできないなあ(笑)。おかげ様で最近ニュースはとても詳しい。けれどやはり夜型でないと困ることのほうが多い。食事も困る。今月はまたダイエットをしなければいけないけれど、そういう予定も立たなくなる。

リハの合間はサンドウィッチにお世話になった。銀座の裏手、昔の銀座第一ホテル(今は病院の近く)近辺にある都会のオアシス、喫茶「リーフ」をご存じだろうか?ここは35年やっている喫茶店。レトロ感満載ながら、最近はちょっと困るモクモクの喫茶店だ。ここのスパゲティは大盛にして目玉焼きを乗せると、学生やサラリーマンの懐かしの味、ガツガツ食いたい男たちが癒される場所だ。でも和服姿の銀座のお姉さんの姿もチラホラ。近所のちょっとした料亭からも「ショウガ丼ダブルでね」などという出前も入るぐらいだから、あなどれない。銀座の穴場的空間。ここで戴く「玉子サンド」が旨い。昔ながらの手作り感いっぱいで嬉しくなってしまう。450円ぐらいだったかな。いいねえ!

a0041150_11542960.jpga0041150_11544376.jpga0041150_11545755.jpg

ステーキの「スエヒロ」の大きな「メンチカツサンド」も良い。これはデパートなどで売っている。宇田川のカツサンドは別として、市販のカツサンドと言えば「万カツサンド」「まい泉」のものを連想する方が多いと思うが、お土産市販品なら、このメンチカツが断然お勧め。ぎっしり肉が詰まったメンチがトーストサンドされている。ちなみにハーフサイズもあるがビックでないとダメ。

a0041150_1156963.jpga0041150_1214863.jpgお正月の間は浅草の有名店はどこも行列でいっぱいで、全く使えなかった。浅草は近いので、家でグズグズしているんだったら、行ってしまった方が早い場所。

もちろん狙いは葵丸進の「大海老天丼」または三定のお化けのような「かき揚げ丼」尾張屋の「天丼」または「天麩羅蕎麦」といったところ。私に限らず、昭和のおじさんは「大きなエビ」が大好きなものである。とにかく1月上旬はこれらの店は表通りにあるということもあって、絶対無理な状況だった。それで思い出したのが「飛松」。大海老のマイ・ブームもここから始まったのだった。ちゃんとした料亭であるし、ボリュームは負けでも海老の質はむしろ天麩羅屋より「飛松」のほうがずっと良いかもしれない。久しぶりに美味しかった。

さてさて食後は浅草をあきらめて日本橋に戻り「三越本店」にはいってる銀座「ウェスト」の支店へ。こちらは「ウェスト・レトロカフェ」という。落ち着いた雰囲気だし、打ち合わせにもピッタリの場所だ。ここでは定番のシュークリーム。それもカスタード100%のやつ。シュークリームも今ではいろいろ種類があるみたいね。生クリーム物にはあまり手が出ない。
by masa-hilton | 2011-01-17 12:17 | 日々の出来事

ディレッタ・リッツォ・マリンさんのコンサート

また若く美しいソプラノ歌手との共演です。多彩な曲目が色々提案されていて、まだプログラムを詰めている段階ですので、また追って告知いたしますね。
a0041150_12552445.jpg

by masa-hilton | 2011-01-15 12:55 | コンサート・イヴェント告知

19日はスィートベイジルで!

19日はスィートベイジルで楽しいライブがあります。若い人たちとの公演で、内容的には「斎藤雅広とまだあまりよく知らない仲間たち」でのコンサートです(笑)。今日銀座のヤマハでリハーサルをするので、初めてお会いするのが楽しみです。

一般論として若い人とのお付き合いは難しい!まず極力口を出さないようにしているのです。この業界は完全な縦社会なので、口を出すと高圧的になりがちです。ついつい遠慮してしまうのですが、最後になるといろいろ見ていられなくなって口を挟み(笑)逆に強烈に感じの悪い「うるさい爺さん」で終わってしまうことも!・・・あはは、今後の課題です。

若い人たちも全く感覚が違う人もいらして、私たちがピリピリと先輩たちと付き合ってきたような心遣いを持ち合わせていない人も多いようです。私のように組織と関係ない一匹狼でも「ちょっとまずいんでないの?」と思うのですから(笑)、そういう人たちは普段許されているようでも、肝心なときには仕分けされちゃうんでしょうね~。それもお気の毒です。

昨日は人形町の某お寿司屋さんに大御所!矢沢のえーちゃんがいらしておりました(笑)!あはは、裏情報でした。えーちゃん!六本木や麻布ではお説教するお姿が多々目撃されている情報もアリですが、やはりどのジャンルでも世代を超えてやる仕事は難しいということですね。でも仕事を続ける以上、こうしたことはドンドン増えていくと思うので、仲良く楽しく良い関係を作れるように頑張っていきたいと思います。そうしたチャレンジの第一弾のコンサートです。

それにしてもスィートベイジル!過去にはこんなこともあったけど、今時ちょっと厳しい場所だよね(笑)。とくにクラシック組には響きの問題があるしPAだし、お料理も一流レストランとまではいかないわけだし、私の周りのお客様には敬遠されがち(笑)。こりゃやばい!


~音楽の宝石箱~2011年01月19日

斎藤雅広のピアノにのせて、オペラで活躍中の上本訓久、古澤利人、エスコルタリーダーの結城安浩、そしてソプラノ・田井中悠美 とメゾソプラノ・ナムユカのユニット「イプシロン」によるオペラからカンツォーネ、ミュージカルナンバーまで、あらゆる ジャンルの曲を。

曲目(まだ未定)

ファリャ/火祭りの踊り、ショパン/ノクターン、カタリカタリ
セレナーデ〜歌劇ドンジョヴァンニより、踊りあかそう、Nella Fantasia、
オリジナル曲~雪、Nuovo cinema paradiso、その他
ハバネラ、闘牛士の歌〜歌劇カルメンより、私のお父さん〜歌劇ジャンニ・スキッキより
誰もねてはならぬ〜歌劇トゥーランドットより、馬車にだって?〜歌劇ラ・ボエームより
我が心を受けたならば〜歌劇コジ・ファン・トゥッテ、
メリーウィドーのワルツ〜喜歌劇メリーウィドーより、乾杯のうた〜喜歌劇こうもりより

斎藤雅広(pf)、上本訓久(ten)、古澤利人(bar)、結城安浩(vo)、イプシロン(sp/alt)
music charge ¥5,000 door open: 18:00 show start: 19:30

a0041150_1405142.jpg

by masa-hilton | 2011-01-14 09:32 | コンサート・イヴェント告知

月刊「ショパン」1月号の特集記事に

a0041150_8513962.jpg月刊ショパンの今月の特集は年初に対して「ピアニストの川柳」ということで、そこに登場しました。お笑い芸人じゃないんだから・・・ということなのか、さすがに他のピアニストさんからは不評な企画だったそうで(笑)、本人が作らず「マネージャーまかせ」の方もいらっしゃいました。それもちょっと・・・・お客様を大切に思えば何でもできるはずです。でもね(笑)、あまりうまくはできないですよ。

私は「譜読みが大変だ」というネタにしたのですが、同じ題材の人が何人もいて、プロのピアニスト~ギリギリのところでみんな頑張っている様子が、謀らずも伝わってきました。「演奏活動」というものには憧れがあるものですが、結局は仕事ですから、イメージとはかなり違うものです。音楽ビジネスというのも厳しいものだし。

さて、ここには各ピアニストからプレゼントが出品されています。自分のCDや楽譜が多いのは、現在の不景気が反映されているのでしょうか(笑)?10年前の出品企画にはもっと色々なものが出ていましたね。かくいう私もCDにしようかと迷ったのですが(笑)、未成年お断りの「お酒」を出品(笑)。とりあえず「みんなで楽しく宴会したい」という実生活そのままです。
by masa-hilton | 2011-01-12 08:58 | コンサート・イヴェント告知