「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ついに

来週の新潟での演奏会も中止になりました。主催者はやる気だったようなのですが、県などの決定だったとのこと。やむを得ないことだと思います。

私に限らずほとんどの演奏家がいよいよ活動の場を失い、死活問題になって参りましたが、私たち個人よりも音楽マネジメントのほうが、いったい何社が倒れずにここを乗りきれるのか?大変心配ですね。

しかしながら現実はさらに深刻です。問題にならないほど厳しい状況に置かれている被災者の皆様の、またギリギリのところで原発に立ち向かう最前線のかたがたのご無事を、何よりも心からお祈りしたいと思います。

日本存亡の危機、がんばって生き抜きましょう。
by masa-hilton | 2011-03-17 01:49 | コンサート・イヴェント告知

急告!クリストフ・ゲンツさん全公演中止となりました!

下に書きましたように「計画停電」のために中止になりましたゲンツさんの演奏会は、引き続き武蔵野市民文化会館、大阪フェニックスホールでの演奏会も中止となりました。こちらの2件は主催者側としては問題がなく、公演を強く望んでおりましたが、ゲンツさん自身の強い意向によってキャンセルとなりました。大変繊細な感じのテノールでしたし、ご家族の心配も強く、そういう精神状態では(ピアノなら可能かもしれませんが)歌だと歌えないとのご判断だと思います。

地震の日に来日されましたからね・・・・かわいそうと言えばかわいそう。リハーサルも真剣にやってくださいました。

詳しいことは武蔵野のHPをご覧ください。応援を戴きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

ps  ちなみに武蔵野市民文化会館は停電除外ですから、ものによってはコンサートはありますので、各出し物について、今後のスケジュールを確認してくださいね。
by masa-hilton | 2011-03-14 23:17 | コンサート・イヴェント告知

急告!高崎のコンサートは中止です

昨日の輪番停電を受けまして、明日の高崎のクリストフ・ゲンツ公演は中止となりました。詳細は高崎の主催のほうへお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

個人的には十分想定内と申しますか、私はある意味ホッといたしました。私どもはこういう職業ですから何があっても構わないのですが、お客様には何かあったら大変なことです。高崎は東京よりも北寄りになりますし、余震や原発の再度の爆発など、音楽を聴いていただくような状況ではないとも思えます。

続く公演につきましては今のところ連絡は何もありませんので、私どもは最善を尽くすべく公演の準備を続けております。また何かありましたらご報告いたします。
by masa-hilton | 2011-03-14 12:15 | コンサート・イヴェント告知

こんな中、コンクールの審査に行ってきました

a0041150_2125980.jpg朝早くに起き、予定の新幹線より1時間早めに出発しましたが、新幹線は時刻通り。何事もなかったかのようにサクサクと予定が進みます。帰りも時間通りでしたので、今日はとてもラッキーでした。

お天気も良く、目の前の富士山も絶景です。

コンクールは当然のことながら棄権者が10人近く出ました。でも富士辺りですと何も危機感はありません、平和でした。審査員もお2人が不参加。ピンチヒッターのことを相談されたのですが、来日中のモスクワ音楽院のアレクサンダー・セメツキー先生のことを思い出して、セメツキー先生にいらして戴きました。お久しぶりだったのでお話も楽しく、審査も何の問題もなくスッキリと決まりました。良かったです。

セメツキー先生も原発を心配してらして「何で世界中からポンプを持ってこないんデショネ?」「各国の軍隊に充電を頼メバイイノニ?」と昨日来、私がイライラしている基本的な部分を同じように指摘していました。なかなか現実は難しいんでしょう。でもやはり後手後手の印象を皆に与えているということですね。会見に出てくるのも技術者ではなく、お役人の対応ですから嫌になりますし、心配です。

さて明日から輪番停電がはじまります。いよいよコンサート活動もどうなるかもわかりませんね。今後は移動も難しいですね。これはやむを得ないとは思いますが、最善の政策なのか?とも思います。止めなくてもよい経済まで止めてしまうでしょう。元気に動ける人が思い切り動けなければ復興もままならないと思うのに、これで動ける人も動けなくなります。在来線が走らないし物流も厳しい。倒産しなくても良い企業が倒産するやもしれません。さらに日本が沈んでいくような予感で心配。大丈夫なのか管総理!何か良い方法はないんでしょうか?

ところで相撲協会の力士の皆さんが、その並外れた力で、現地の復興に力を貸すのは良いことになると思うのですが。いかがでしょう?私たち音楽家もできることを探し、助け合い、この危機を乗り越えなければね。
by masa-hilton | 2011-03-14 02:17 | 日々の出来事

大地震・・・・さらに深刻そう

大変な災害です。今17時20分ごろです。またやや強い余震がありました。まだ電話も使えず連絡もつきませんが、皆さんご無事でしょうか?

今朝は予定が山積みで、やっと遅いお昼ごはんを食べようとしたら、第1回目の地震です。家具が破損、友人たちにも愛されていた照明の「鈴木さん」が全壊しました。あ~(涙)!

a0041150_17145877.jpga0041150_17233199.jpga0041150_1719193.jpg

私は幸い無傷でしたので、遅めのお昼ということで不謹慎にもおなかがすいてしまい、何か買うつもりで外にでましたら大変な騒ぎ。お店というお店の人がみんな外に出ていて、お勤めの方も外で不安げにされてごった返していました。太田鮨などは水道が壊れたそうです。お店もどこも営業どころではありませんし、そんな折に2回目の大きな地震が。悲鳴などが大きく聴かれました。猫は騒いでいるし犬は震えているしで、事が深刻であることを再認識です。

ただ一店、鯛焼き屋さんだけは鯛焼きを焼いていました。そして3人並んでました。可笑しいと言えば可笑しいし、火もガスも使ってあぶないといえばあぶない。

ちょうど共演するゲンツさんも来日されてすぐ!さぞかし驚かれたでしょうね。コンサートどころじゃないかもしれません。まずは皆様のご無事を重ねてお祈りします。

####################################

今は夜10時ぐらいです。被害は相当深刻なようです。ニュースでは「帰宅困難者」と言っていますが、人形町もそんな人達で溢れています。普段は不味くて2~3人しかいないようなラーメン屋さんも行列。松屋、カレー屋さん、どこもいっぱいですね。吉野屋、マックは閉まっていました。確かに店を開けるというのも危険が伴う感じもします。また新大橋通りは歩いて帰ろうとされる方の人の波でした。コンビニはどこも閉店時のような品不足。お菓子の果てまで何もありません。

友人たちの無事も少しずつ確認されています。何しろ原発がやばいですね。ここはちゃんと隠さず報道してほしいと思います。専門家も口ごもってますね。冷却装置がそろそろ限界だそうですが、3キロ四方の避難で大丈夫なのでしょうか。万が一ここが爆発するようなことがあれば、こんな思わぬことで私たちはジ・エンドです。

失礼ながら管総理には民主党代表選の時から、良くも悪くも小市民的というか、「教授職」にしがみつく才能のない学者のようなイメージと重なります。こういう種類の人は自分の椅子を守るために、意見も変え友を裏切り仲間を捨て、国まで売りかねないほど自分を守ることにナリフリ構わぬわりには、才能のない悲しさか、基本的な危機管理に関してはとても見通しが甘かったりするものです。心配・・・・。
by masa-hilton | 2011-03-11 17:26 | 日々の出来事

心温めながらの毎日

何かと忙しい。そしてまだまだ寒い。人形町の猫もちっちゃく丸くなっている(ちょっとこの子はお歳かな?)。こういうときはいつもの心温まる店に行くに限る。ホントにいつも書いているし、あまりにしょっちゅう行くので、いちいちアップこそしていないけれど、お決まり「天麩羅の中山」と「太田鮨」だ。

「中山」さんのランチの日替わりはお刺身が付いてくるのだけれど、一見冴えないように見えても、とっても美味しい「かんぱち」だったりする。名店「喜寿司」と同じ店での仕入れなのだから、まずいはずがない。

a0041150_3154848.jpga0041150_316615.jpga0041150_3163244.jpg

夜はもっと自由にお刺身を選ぶ。普通は1人前作ってもらうわけだけれど、私は少なめにその日の好きなものだけ。女将さんがお料理上手だから苦手のセロリだって、美味しいおつまみに。「けんちん汁」も旨いね。久々に「あわびの天麩羅」を戴く。肝を酢の物にしてさらにご機嫌。仕上げは濃厚「かき揚げ丼」だ。普段は三つ葉と貝柱だけの「かき揚げ」だが、これは特製。本当に心温まるお店というにピッタリ。幸せだね。

a0041150_31039100.jpga0041150_3105194.jpga0041150_311211.jpg

a0041150_3121120.jpga0041150_3122236.jpga0041150_3123371.jpg

お決まりの「太田鮨」さんでも特別。普段お忙しいときはおとなしくしているが、たまたま手すきになった日には特製メニューを作ってもらう。いつもの「こはだ丼」も相変わらず旨い。絶品だね。そして「ウニ8、イクラ2」の割合の軍艦。両方とも成人病なら尿酸値を高くしてしまうものだから名付けて「尿酸の舞」(笑)。体に悪いとしてもだ、真面目な話、驚くほど旨い。この比率が大事だね、イクラが多いとイクラの味が強いからウニが死んでしまう。最近はこれは毎回戴くのだが、「尿酸巻ください」と言えば、どなたにもきっと作ってくれると思う(笑)。またこの日はたまたま「ヒラメ」のコブジメがあって、これがとても美味しかったので、他のお客の目を盗んでこれを「お茶漬け」にして戴く。美味しかったな~。そう言えば先代はよくまかないで食べていたそうな。さすがだね!これは旨い!旨すぎる。ちょっとぜいたく気分だ。

a0041150_384150.jpga0041150_39080.jpga0041150_391843.jpg
by masa-hilton | 2011-03-10 23:57 | 趣味&グルメ

今月は新潟続きです

3月25日は新潟県民会館にてコンサートがあります。若い演奏家を応援する演奏会、私は昼間の部では演奏もしますが、夜の部はナビゲーターです。楽しいコンサートになりますように、頑張ります!

出演者は大野有佳里さん(ヴァイオリン)、五十嵐冬馬さん(フルート)、山宮るり子さん(ハープ)、横坂源さん(チェロ)の皆さんです。楽しみですね。

a0041150_2162580.jpg

by masa-hilton | 2011-03-09 23:20 | コンサート・イヴェント告知

見附での演奏会は大成功で!

ヴァイオリンの篠崎史紀さんとのコンサート、おかげさまで大好評で終わりました。楽しいコンサート、何が起こるか分からないコンサートというノリでしたが、さすがに余裕の舞台でのエンターテインメントという感じで、お客様もこちらも楽しく終えることが出来て感謝です。

金曜日にマロさん(篠崎さんの通称)とお会いしました。こういう形での共演は初めて。2日間のリハーサルを取っていましたがサクサク1日で完了。演奏も自由な雰囲気が魅力の、さすがにトップ・ヴァイオリニストの貫禄十分。また「良い演奏家は良い人である」というのが殆どであるように、お人柄も気持ちがよく「絶対良いステージが作れる」確証を得た、安心のリハでした。

お仕事的には問題はないのですが、こちらは寝不足がたたりお疲れ気味。体力補給に上野の「陽山道」で焼肉。そこへ赤坂さんからメールが来たので「今、焼肉してま~す」とお返事したら「そういう(焼肉するような)お友達って意外にいないですよね~いいな」みたいなメール(笑)。「こちらもひとり焼肉なんですから、お友達がいません!」とお返しして大爆笑しました。カルビも美味しかったし、名物のホルモンやレバーなども大満足でした。ここはリーズナブルだしホント良いですよね。

a0041150_13174736.jpga0041150_13175917.jpga0041150_13453140.jpg

さてさて本番の日(6日)です。東京はそこそこに寒い?けっこう暖かかな?と微妙な感じでしたが、日帰りでしたから午前中から活動(笑)。久々に朝からお弁当を食べるというヘビーな予定になりました。東京駅のお弁当は相変わらず不味いです(笑)。

a0041150_1325423.jpga0041150_13251971.jpg新幹線に乗っていると見る見る雪景色になって行きました。季節を考えるとあたり前ですが、その割には軽装だったかも?と不安。特に長岡辺りは寒い。本日のコンサートが新潟であることを改めて認識(笑)。長岡はもちろん浦佐、燕三条とコンサートで降りたことがありますが、見附は初めて。駅に降りると・・・・タクシーがいません(笑)。タクシー会社に電話して待つこと10分。車の横にひらがなで「みつけ」と書いた可愛いタクシーがやってきました(笑)。

ホールはとても良いホール。ピアノはベーゼンドルファーでしたので、ソロのコンサートならばちょっと気を遣うことになるやもしれません。でも音は良く出ていましたし、ゲネプロのあとの個人練習で馴れて、音色も色々出るようになりました。

コンサートは楽しく大成功でした。ものすごく多くのお客様から「もう10年ぐらいごいっしょにやっていらっしゃるのですか?」と聞かれましたので、息もピッタリだったようで(笑)安心いたしました。「リハ1回だけです」ともお答えできませんしね(笑)。「このホールでこれだけ熱狂したのは初めてです」とホール関係の方にも誉めて戴きまして、めでたしめでたし!皆様のおかげです。心から感謝いたします。

感謝と言えば、今回も楽屋のお弁当がとても素晴らしかった(写真下左)。おかずの種類がとにかく多い。お魚の西京漬けが特に美味しかった。大満足です。有難うございました。

a0041150_13253433.jpga0041150_13273292.jpga0041150_13275581.jpg

帰りは全員別々の新幹線。私は長岡で1時間近くフリーの時間が出来たので、駅ビル内にある有名店「小嶋屋」に行って「へぎそば(天麩羅つき)」を戴きました。「へぎそば」は大好きなんです。天麩羅は普通。お蕎麦屋さんとしては美味しいほうでしょう。「へぎそば」も蕎麦自体はなかなか美味しいですね。美味しいんだけど海苔がかかっていて、またこの海苔が風味豊かな良い海苔のために、海苔の香りが強く蕎麦が味わえません。残念です。海苔さえなければもっと美味しいのに。「良いものをかけ合わせれば、もっと良いものになる」というのは、いくら80周年の「田舎もん」でも田舎臭さすぎます(笑)。粋ではないですよ。次回伺う時は「海苔なしにしてください」とお願いしなきゃ(笑)。でも良かったです、気分良く戴けました。

帰りの新幹線は越後湯沢からスキー客がドヤドヤ乗り込んできて、ホントにマナーが悪く閉口しました。お遊び気分ですから仕方がないとしても、グリーンで騒ぐのはやめて欲しいし、ちゃんと着席して欲しい。常識を欠いています。おまけにイタリア人の団体が!!!こりゃどうしようもありません。たまらずその子供たちに、少ないボキャブラリーで注意してしまいました~(笑)。参った参った(笑)恥ずかし~し。乗車時間が妙に長い時間に感じて東京着。

a0041150_14391266.jpgところでちょうど今、ユジャ・ワンが日本ツアーしてるんですよね。とても聴きに行きたかったけど、自分のがあるからパスしてしまいました。将来、東洋人で初めて「世界最高のピアニスト」と称されるであろう資格を持った唯一の存在です。すばらしいテクニックと音楽の持つエネルギーはむしろ表面的な魅力で、構成力の確かさと音楽の持つストーリー性の豊かな内容、底知れぬ才能と実力を内在していますよね。あまり弾けないようなピアノの先生に限って、彼女の悪口を言ったりするものですが、恥ずかしいとは思わないんですかね~(笑)。日本ではランランなども才能が才能通りに高く評価されないことがあり、憤りを感じます。とにかく今後もさらに楽しみですね。そう思ったら何か中華が(笑)、それも「冷やし中華」がどうしても食べたくなってきました。この寒い時期に「冷やし中華」を食べさせてくれる店なんて・・・・あるんですよ。演奏会の後の遅い時間に行くにはありがたい、いつもの「香港美食園」です。

a0041150_141436100.jpga0041150_14144757.jpga0041150_14145977.jpg

あれ?改装したんですね。より中華屋さんらしくなりました。300円ながら上質な感じの「焼き餃子」をサイドにとって、これは美味しい!「冷やし」は去年と味が変わったね。酸味と甘みが少なめです。もうちょっと甘酢っぱいほうが好きです。そんなわけでちょっとお酢をかけてしまいましたが、具だくさんなので美味しく戴けました。「このままマッサージとか行きたいな~」と思ったのですが、すぐ次が続きますのでのんびりしている暇はなかったです~。がんばります!またよろしくお願いいたします。
by masa-hilton | 2011-03-07 15:06 | 日々の出来事

御徒町の怪しすぎる絶品中華「新東洋」にハマる

a0041150_045699.jpga0041150_0451992.jpgアメ横と言えば戦後のゴタゴタ感があって、やや怪しい雰囲気が残っている場所ではあるが、その雰囲気ドンピシャで営業されている「新東洋」。さすがの私も昔からその存在は知りつつも、なかなか行けないでいた店(笑)。ガード下のジーンズなどが怪しく売られている洋服屋さんの2階。まるで日本じゃないようなディープな場所にあるのだが、実はここは知る人ぞ知る名店。多くの人に愛されていて、何しろ美味しいのだ!私も中華と言えばナンバーワンにこの「新東洋」をあげたいくらいである。もちろん高級中華ではない台湾料理で「麺」「チャーハン」「餃子」の類は絶品である。リーズナブルで超旨い。入ってみると店内は意外なほどにきれいで、まあまあの広さがある。もちろん天井の上は線路だから、落ち着いた雰囲気ではないけれど(笑)。

ここの店で気をつけなければならないのは、昼間しか食べられないものと夜しか食べられないものがあるということ。「美味しいから作って~」と強引に頼んでも、そのあたりは忙しいのでなかなか対応してくれない。有名なのは「ローメン」(左2枚)。うまにソバとも違う独特なものだ。あんかけの中に麺があって、卵をトロ~ッと落とす。ちょっと調味料の加減でカレー味風にも感じる「パイコーメン」(右写真)とともに、癖になる。私はどちらかというと「パイコー」のほうがハマったかな?ボリュームもあるし、このカツカレー風味な味わいがたまらない。

a0041150_055625.jpga0041150_0552098.jpga0041150_0554785.jpg

a0041150_195869.jpga0041150_1134342.jpg実は私はここのところ「ラーメン」が苦手である。それは「麺」のテイストと最近の「魚介ダシの強さ」に原因がある。ここの「ラーメン」はまだ戴いていないけれど「ローメン」「パイコーメン」は共々、とてもその「麺」が旨いと思えた。おまけに普段絶対に食べない「あんかけ焼きそば」!この「新東洋」のものだと食べられる。旨いよ~!私は子供のころから「カタヤキ」「皿うどん」は大丈夫なのだが、「柔らかい焼きそばのあんかけ」は、何か脂が麺に廻っているような感じがして、食べると必ず気持ちが悪くなるのだ。ところが「麺」が太くサラッとした風味、ちょっとしたおこげもある、ここ「新東洋」のものだと平気。私の人生で最高の「あんかけ焼きそば」だ。すばらしすぎる!これなら喜んで食べちゃう!もちろん人それぞれの好みがあると思うが(笑)。

「餃子」も最高に旨い。羽根つきには意識的にしていないので、その日によって羽根つきになったり色々。また一人で小さなテーブルや他の方と相席している場合は、最初からタレ付きで出される。このタレがまた旨い。「餃子」は高級中華だと「肉料理」みたいな感じになって、ちょっと不満に思う時がある。また安い中華だと、美味しいんだけど何が入っているか分からない複雑なお味で、いつまでも「おくび」が出てしまうようなこともある。ここのはその両方の良いところを取ったような、「旨い餃子」なのである。大好きだ。ただし昼間はできないので要注意。

a0041150_1215211.jpga0041150_1235492.jpgランチのメニューは定食と麺類で、種類は限られている。時間は午後4時までやっているから、アメ横で働く人たちに優しいよね。そこで注目は「あんかけ焼きそば」が美味しいんだから当然美味しいはずの「中華丼」。これも絶品~すばらしく旨い。かなり有名なんだということ。ただしこれは夜は出せないみたいだね(笑)。面白いね~。その代わりお昼はサイドメニューで「小さい中華丼」も選べる。これはオススメだ。

早速このサイドの「中華丼」と定食を組み合わせて、選んだのは「酢豚」好きの私としては「鶏の甘酢あんかけ」だ。これはかなりディープなお味。万人向けとはいえないかも。でも私は好き。「酢豚」は夜のメニューにあったが、こちらも写真で見る限り普通でない感じだった(笑)。次回は是非!

経営は中国の皆さんだが、とても気さくで感じが良い。夫婦喧嘩をしているカップルがいれば仲裁に入り、学生さんにはお母さんのようでもあり、常連さんが離れて行かないのもよくわかる。夜はもちろんコースもあって正式な感じでも食べられる。とりあえず普通に「バンバンジー」や「ニラレバ」などをとってみたが、標準的な感じ。レバーの質が思いのほか良かったね。よく「せんべい」のようなレバーが出てくる中華が多いが、ここはちゃんとしている。そして私はここの「チャーハン」が大好きだ。これは理想的に旨いというか、子供のころに食べた懐かしいチャーハンだ。管理人さんも絶賛していたから、私の偏った意見ではないと思う。特に好きなのは「シラスチャーハン」だ。旨い!旨すぎる!ここは通ってしまうね。

a0041150_1365120.jpga0041150_137669.jpga0041150_1371762.jpg

by masa-hilton | 2011-03-03 01:44 | 趣味&グルメ

打ち合わせは「カノビアーノ東京」で

なるべく早く済ませたい、でも美味しく打ち合わせをしたいという要望があって(笑)、ドンピシャと言えばカノビアーノ東京だ。今日は3組だけだったので、雰囲気もさらに落ち着いて、じっくりと良い打ち合わせもできた。赤坂さんたちが頼んでいたワインも、ブランデーのようなテイストでかなり良かったらしい。とりあえず美味しかったので皆さんに喜んでいただけた。良かった。

当然私のことだからアラカルトなのだけど、先だって戴いたのは「ボタンエビ」だったので今日は「ウニ」で「生ウニの冷製カッペリーニ」。もっとウニのソースになっているのかと思ったら、お味はボタンエビのものと同じく、フルーツトマトが強い。これならボタンエビのほうが良いかもしれない。もちろんこの「ウニ」だってとても美味しい。細く腰のあるパスタも相変わらず絶品だし、トマトを泡立てた演出もかわいらしい。ウニもふんだんだ。前回も美味しかったので、トリッパを丁寧に下処理をしトマトとともに煮込んでペコリーノチーズのアクセントをつけた前菜。旨い!文句なしに最高のトリッパだね。今日は「そら豆のリゾット」も戴く。これも絶品だった。ここの人気メニューということらしいが、納得できる。チーズのリゾットではなく、赤座海老のグリルが添えられているように、その海老を下味に使っているから芳醇なお味なのだ。いいねえ!これ!

a0041150_442061.jpga0041150_4423039.jpga0041150_4434178.jpg

a0041150_444418.jpga0041150_4441615.jpgメインはお肉料理を2つにした(笑)。まずは「鴨のコンフィ」。ソースは自分の好みでからめるようになっていて、塩を基調にしている。普段だったら苦手なタイプだが、とてもヨーロッパっぽいテイストに仕上げられていて、大感激。旨いよ!ソース(2種)ももちろん美味しいので楽しみが多い一皿だ。低温でやさしく調理した鴨もも肉ということで、香りが良かったし、新たまねぎなどの野菜とのハーモニーも秀逸。そして「子羊のカツレツ」。イタリアンでこのメニューは定番でもあるから、あまり期待していなかったのだけど、まずは肉質も良く、個性的にフレッシュトマトとバジルのみずみずしいソースをかけて戴く。これ超旨い!ガッツリメニューなのに繊細さがあって絶妙!大満足だ。上に乗っているのはハーブの小さなサラダ、サイドに野菜のグリルがセットされていた。

とにかくここは便利だ。あいにくの雨だったがすぐに地下街にもぐりこめたし。絶対にまたまた行ってしまうだろうね~!
by masa-hilton | 2011-03-02 04:58 | 趣味&グルメ