<   2012年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

3月31日は銀座ヤマハホールと浜松でコンサート

昔コンコルド(飛行機)が飛んでいたころ、ウィーン・フィルの友人が、ニューヨークとウィーンで同じ日の同じ時刻にコンサートをしたのですが、私も東京と浜松で同じ日の同じ時刻にコンサートです(笑)。こちらはハイテクの賜物です。ピアノの鍵盤が同じように動くんだそうです。どうなるんだろう?1度しっかり電気関係のリハをしないと不安ですね。でもリモート・ライヴ・・・・・これから流行るかもですね。遠距離のレッスンも可能になる夢の企画。凄いことです。

というわけで、ちょうど桜の開花予想の日、3月31日の午後、銀座でコンサートです。

a0041150_449302.jpg

a0041150_4495710.jpg

おおお、チェックしたつもりが雅広の字が間違ってんじゃん(笑)。いま気がついた・・・よく見えなくてこちらはローテクですね(笑)。って、これはまだゲラ刷りなのでヤマハさんのほうが気がついて直して下さったとのこと、やはりあちらはハイテクだ!!!さて下は浜松。とりあえず、停電にならないように心配しなくちゃね(笑)。いろいろ楽しみです。
a0041150_453307.jpg

by masa-hilton | 2012-02-29 05:03 | コンサート・イヴェント告知

戸塚のコンサートもおかげさまで無事終了!

恒例の戸塚フォーラムでのコンサート、無事に終了いたしました。良かった良かった。「また来年も来て下さいね」「ピカイチですよ~」みたいなお声を直接に頂戴いたしまして、大変有難く恐縮いたしております。ご存じのようにホールは残響がなく、ピアノも扱いにくい古い小さなスタインウェイで(笑)、いつも苦労しながらの本番なんですが、お客様の温かい応援に支えられて、楽しくのびのびと・・・・ずいぶん長く続けさせて戴いております。「この場所としたらかなりイケてます」と調律の磯村さんも言ってくれましたし、めでたしめでたし。おかげ様でCDもたくさん売れました。ありがとうございました。奥村さんも誠実なお人柄がにじむような良い演奏でしたね。

さてさて~ところでコンサートの前日って、静かに暮らしたいような、誰かと話をしたいような。しっとりと良い気分でいたいものですよね。いつもこういうときは、行きつけのお店でゆったりとします。鰻好きだから「大和田」さんもよく行ったけど・・・・やはり残念ですね。そんなこんなで今回は天麩羅の「中山」さん。美味しいお刺身、特に平目は最高だったなあ、それと大好きな天麩羅を。親指2本分ぐらいの「アスパラ」も凄かったし、懐かしいお惣菜風の「にんじん」とか好きだなあ。海老も美味しい!

a0041150_555094.jpg

a0041150_556192.jpg

お話もしみじみと。やはり良い店だね。人形町と言えば「中山」。最近は新規オープンのお洒落な店が多いけど、味わいなど感じられない。やはり「ただ美味しいだけ」じゃいけないよね。この日もさすがだった「中山」さんでした。

コンサートの日は、帰宅すると疲れと共にガクッとおなかがすいてしまうもの。今回は管理人さんのリクエストで「龍盛菜館」。ここはメニューにムラがあるんだけど「ワンタン」とか「冷やし中華」が美味しい!この日も当然「ワンタンスープ」。800円とは思えないたっぷりした量。そして海老も入ったワンタンがマジ旨い!これは最高だね。。
a0041150_5582456.jpg

a0041150_6121353.jpg

a0041150_6125864.jpg

色々いっぱい食べるつもりで、まずは「前菜3種1500円」とこれもお気に入りの「海老マヨ」を注文。これにどんどん追加するつもりだったのだが、この前菜のお皿の大きいことよ!写真だと小さく見えるが30~40センチはあるビックリの大きさだ。これは4人前ぐらいあるな~。もうこれだけでおなかいっぱい(笑)。クラゲもバンバンジーも大変美味しい。焼豚はあまり味がないから、海老マヨと一緒に戴いてグー!海老マヨは甘い(笑)。それが好きなんだよね。とても満足したような、ちょっと物足らないような・・・・でも動けないほどおなかいっぱい。今日も幸せな1日でした~。
by masa-hilton | 2012-02-27 06:17 | 日々の出来事

北九州「響ホール」でピアノ三重弾!華麗に

昨年杉並公会堂で行われた恒例の「ピアノ三重弾」。この仲良し三人組というか、派手な三人組がついに地方公演も実現させました~~!!とにかく楽しくて華麗、豪華なコンサートですからね。ノリノリです。

私だけではなく、最近はこうしたピアニストの3台4台のコンサートも多くなりましたよね。でもその中でもこの組み合わせはなかなかでしょう?ね!ハリウッド・ギャングのような(笑)明るいステージで、ゴキゲンです。ぜひ皆さんお楽しみになさってくださいね。
a0041150_0523156.jpg


さて杉並公会堂の本公演ですが、今年もありますよ!!10月です。今年はなんと全員男!!なんと全員斎藤!!なんとなんとなんと!!いやホントです(笑)。あのご兄弟のピアノデュオ「レ・フレール」を迎えてお贈りすることに決定!さあ、何をいっしょにやるかなあ?こちらも楽しみです。
by masa-hilton | 2012-02-24 00:56 | コンサート・イヴェント告知

4月はレナート・カッツァニーガさんとのコンサート

昨年大好評でしたイタリアのテノール、レナート・カッツァニーガさんとのコンサートが名古屋と東京であります。もちろんメゾの上村洋子さんも一緒、いっぱい歌われます!

4月13日は美味しいイタリアワインが、20日のほうはこのブログでもおなじみエリオさんのレストラン「エリオ・ロカンダ・イタリアーノ」のお味が楽しめます。それを考えればお安いかも?ですね。お楽しみに!!
a0041150_0182467.jpg

福岡のほうは、私が昨年もナビゲーターをしたお弟子さんのコンサートへ、みんなで応援に駆けつけてしまう(笑)ナイス・タイミングな企画!若い人には経験が1番ですからね~、共演もできるし良かった。昨年はウィーンの学生のお友達同士のジョイントでしたが、私がかかわる以上お客さまも大喜びのコンサートにしたい!とプチ・プロデュースしました。こうじゃなきゃね(笑)。こちらも楽しみです。
a0041150_021746.jpg

併せて、ぜひよろしくお願いいたします。
by masa-hilton | 2012-02-23 23:47 | コンサート・イヴェント告知

月刊「ショパン」3月号の特集記事に!!

a0041150_5302389.jpg月刊「ショパン」の3月号が発売されました。特集2の「この春夏絶対聴きたいピアニスト」のインタビューコーナーに登場しております。

私が今年デビュー35周年ということでインタビューをしてくださるということになり、楽しくワイワイとやったのですが、「ピアニストの近況」みたいなところに小さくさりげなく載るとばかり思っていたのです。

そしたら・・・・・でかい!!カラーページの1ページでした。おまけに今月の特集のメインページだったとは~!!友人から「ショパン見ましたよ。なんか嬉しいですね~」みたいなメールが来ましたので、ひょっとしたら目立つ所に載ってるのかなあ?なんて(笑)、のん気に構えておりましたよ。これでますますCDリリースにも力が入りますね。

35周年をこうしてお祝いして戴き、心から感謝です!本当に嬉しいですね。記念の1冊になりました。ありがとうございます。ポーランドの国際音楽祭も告知して下さいましたね。夏はぜひ皆さん、一緒に行きましょう。
by masa-hilton | 2012-02-22 06:13 | デビュー35周年関連

そしてティファール

音楽なんてやっている人は・・・・相当ずぶといか、繊細か?よくはわからないけれど、簡単に人に影響されないという点は全国共通。流行にもあまり乗らない。そのくせ突然「良い」と思ったら電光石火。自分の嗅覚・欲望・価値観が優先。それって動物と一緒のような(笑)。

最初はコーヒー飲むぐらいだから小洒落た「やかん」で沸かして、綺麗なポットで保温していた。人に「電動ポットが良いですよ。いつでもお湯があるんですから」と言われたが無視。無視じゃなくて興味がわかないというか・・・・しかしある無精な友人の家に行ったら「電動万年ポット(万年床の様なポットのこと 笑)」があって、その便利さに魅せられて即購入。「万年ポット」にしたからすぐ汚れが落ちなくなって頻繁に買い替えるも、このパターンが何年も続く。

a0041150_5265471.jpga0041150_5271186.jpgその後「飲みたいだけ瞬時に沸く電子ポットみたいなのが良いですよ~。ティファールとか・・・・」と言われるようになったが、それも無視。無視じゃなくて興味がわかない。最近は地方のホテルにコレがある。あっても何とも思わなかった。ところが先日の福山ニューキャッスルホテルで、沸かす間「青く光るティファール」を見て、たちまち欲しくなってしまう(笑)。即購入で、現在私はちょっと幸せ気分だ。

確かに便利、でも「青く光る」から使う。光らなかったら絶対買わなかった(笑)。おまけにこのポット、けっこうでかいのに、水は半分しか入れちゃダメ。この無駄無駄な感じ、ゆるい間抜けな感じがさらに気に入った!おかげ様でここの所コーヒー飲み過ぎ。
by masa-hilton | 2012-02-20 22:20 | 日々の出来事

ホイットニー・ヒューストンのこと

a0041150_0183314.jpg彼女がいかに天才的な歌手だったかは誰にでもわかること。48歳の死、やはり思い出すのはジュディ・ガーランドだ。私は特にジュディが大好きだから。ジュディは風貌的にもっと歳を喰っている感じもあるが、同じような年齢だった。彼女も生きていれば90歳だ。トニー・ベネットが85歳で元気にガンガン歌っていることを思えば「人間の死」というものの持つ意味の重さを考えさせられる。

2人とも私生活は順風満帆とはいかずに、これだけの才能の持ち主であっても、本人には幸福の実感が得られていないというのも悔しい。人は立場がどうであっても、誰にも同じようにそれなりの苦悩があったりする。あまり納得がいかないことだ。

実は私は彼女に会ったことがある。正しくは「見たこと」かな(笑)?1988年。時間にすれば1時間半ぐらい。彼女は来日公演ツアー中、その日はたまたま新幹線で移動していた。当然グリーン車一両まるまるがホイットニーの来日メンバーという中、ひと席だけ空いていてそこに私が座っていたのである(笑)。セキュリティー的には大変なミスだと思うのだが・・・・・。でしょ?ホイットニーは細かった、そして輝いていた。彼女は車両の真ん中ほどに陣取って、メンバーとワイワイやるために、椅子から身を乗り出し後ろ向きに騒いでいたので、こちらからはお顔もよく見える位置関係だ。とにかくパーティーでもやっているかのごとく、賑やかで大変な騒ぎだったが、次の駅名を伝えるアナウンスが入る時に流れるジングル(曲)、「ミー・ミファ・ソ・ド・ラー・ソファ・ソー」みたいなアレ、これが始まるとコーラスのメンバーたちがすかさずこれにハーモニーをつけヴァリエーションが展開、ホイットニーもゴスペルよろしく歌い出して、華麗なるフィニッシュを決めるのである。それも毎回だ。音楽が好きなんだなあ~というか、クレージーと言えばいいのか(笑)、とにかくこれがすばらしい。おそらく世界広しといえども、ホイットニーのJRソングを聴いた人間(それも間近のナマである!)は、かなり僅かなはず(笑)。

私はホイットニーの歌では「Saving all my love for you」が大好きで、もちろんオリジナルの録音もとても魅力的で十分満足だが、90年代の頭のころのライヴでは完全に自分のものにしきって歌いあげ、その姿が忘れられない。例えばこれ

ジュディもそうだが2人とも麻薬にやられていた。彼女たちの歌にある「解放された感情のとてつもない飛翔」を得るには、犠牲も大きかったということか。もちろん直接的な理由はとりまく環境である。その死にも薬物は影を落としている様相。それにしても、彼女の死の直後に突然ダウンロードの料金を釣り上げたソニー・ミュージックさんに驚いた(笑)。
by masa-hilton | 2012-02-18 00:25 | 音楽・雑記

福山でザ・スーパートリオはゴキゲンでした!

楽しく大成功で帰って参りました。福山はここの所ご縁があり、コンクールの審査で毎年お伺いしておりますし、この5月も(広島もですが)コダーイ弦楽四重奏団のファルバイさんとのコンサートがあるのです。私にとっては、そんな馴染みある場所でスーパートリオのコンサートが出来て、とても嬉しかったです。

新幹線で余裕の出陣。朝ご飯を兼ねたお弁当ですが、東京駅の弁当は不味いんですよね。ホント困ります。鰻の「大和田」さんが閉店になって、鰻に飢えている毎日なので、「ゴムのような感触の鰻」であろうことは百も承知で「鰻弁当」にしました。消しゴムのような「とんかつ弁当」は本日はパスです(笑)。
a0041150_0153949.jpg

お値段は1600円強。これ微妙なお値段で、以前かなり前の話ですが1500円のときもあったし、最近の値上がりぶりを考えると良心的かもです。おまけにそんなに不味くなかった!予想外!多少は「ゴムな感じ」ですが「また食べても良いかも」と思ってしまいましたよ。
a0041150_0165091.jpg

見たら制作は小田原の「東華軒」!!以前は東京駅弁当と言えば「日本食堂」が独占、独占でも美味しければ良いんですが・・・・・(笑)。最近はコンビニのお店のライセンス商品のように、それぞれに委託しているんですね。委託された弁当会社のほうも競争だから頑張る!・・・・値段の努力もそうですが、以前の鰻弁当に比べたら◎です。

しかし新幹線、マスクもしないでゲショゲショ、それも大きな咳をしているおじさんに、行きも帰りも困惑しました。いくら病気でもですよ、あれは遠慮がなくひどすぎる。車掌の目を盗んでタダで座っているおばあさんもいましたね。若い人たちが態度が悪いとかマナーが云々言われますが、こういう非常識は熟年に多いように思います。いけませんねえ。

さて福山、さすがに遠いです。9時半ごろに乗って4時間です。ニューキャッスルホテルはジャスト駅前です。お部屋もなかなかきれいだし、私は大好きなホテルの1つです。駅のすぐ向こう側にはお城があって、お部屋が15階だったので良い眺めです。ただこの日は雨でしたから、ちょっと寒かったかな。
a0041150_0532725.jpg

打ち合わせをするとリハーサルは3時からだということ。そんなにおなか空いてませんが、これは微妙な時間ですね。ホテルの場合、照明や音響の打ち合わせもあるので時間がかかる。5時までかかるとすると何か食べておかないと・・・・こういうことで、仕事が忙しいと太ってしまうんですね。結局無理にお昼を食べることにしたのですが、でもこれは的中して、照明や音響は一生懸命やってくれているのですが東京のスタッフのような迅速さがなく、申し訳ないのですがけっこう疲弊させられ、足立さんは特にかわいそうでした。私は無理して食べておいて良かったですよ。

お昼はホテル内で簡単にと思ったのですが、お昼のサンドイッチやパスタ・・・・何となくサンプルを見る限りはイマイチな予感が。ホテル値段だしね、不味いと嫌だな。それにフレンチのランチコースも、とてもつまらなそうなメニューでした。それで地下に降りて中華に行ったら「日替わり定食・酢豚950円」とありましたので、これに決定(笑)!不味かったらお肉だけつまめばいいし、安いし惜しくないし・・・・等と気楽に構えていたら、ぎゃ~~!凄い量だ!なかなか見た目も豪華な定食の登場でビックリ!
a0041150_051123.jpg

ここ「又来軒(ゆうらいけん)」はホテルの中華と思いきや、岡山に本社を持つチェーン店の支店でした。この日替わりは「酢豚」も甘くカリッとした感じもあり、好みのタイプで満足だったんですが、海老と蟹を使った大きな茶わん蒸しも美味しい!真ん中にある野菜のかき揚げも良いではないですか。あとはスープとサラダとデザート、そしてご飯のおかわり自由と営業努力が見える良いランチでした。美味しかったんで予定外にたくさん食べちゃったなあ。ヤバイ!

コンサートのほうは広い宴会場にもかかわらず大入り満員ということ。かなり椅子をタイトに並べてギッシリでした。これは本当に有難いですね。ホテルのピアノはなかなか厳しいのですが、寡黙な調律師さんが頑張って下さったおかげで、本番はわりと弾きやすく助かりました。ディナーショーながら2部構成!バレンタインコンサートらしい、愛の話題を中心に楽しく終了です。
a0041150_115147.jpg

コンサートが終わると、広島に移り住んでご無沙汰の赤坂さんを囲みゆっくり飲み会。でも遅い時間だったし駅前であまりお店の選択肢がなかった。さすがに東京にもある「はなの舞」じゃ味気ないだろうと「福福屋」に。「これはきっと福山で福があるみたいな、福山の地のものを食べさせてくれる店だろう」と思いきや「白木屋」の姉妹店(笑)。あはは、力が抜けちゃったよ。でもお話が楽しかったから良かったです。

a0041150_1335984.jpgホテルに帰って深夜、前から見たかったオカルト映画「ザ・ライト(エクソシストの真実)」を観賞しました。何と言ってもオカルト好き、それよりも名優アンソニー・ホプキンスの大ファンであるから。かっこいいですね。タイプは全然違いますが、ショーン・コネリーとかも好きです。平たい言葉ですが存在感の魅力~。

私はオカルトばかりでなく、外国の宗教がらみの話というのが大好き。こればかりは日本人の価値観からは生み出せない価値観とストーリーの展開が期待できるからです。そう言えばこの映画、震災のために上映が延期されたんでしたよね?「ザ・ライト」とは儀式。見た感想としては大して怖くなかったです。そういう意味ではちょっと期待外れです。ただこのストーリーは実話だそうなので、それを考えればそれほどドラマティックでなくてあたり前かと。ヨーロッパ的な宗教の価値観には触れられました。悪魔の憑依は精神異常なのかを悩む場面はリアルな感じでしたね。しかしいつもこうした悪魔映画をみていると「悪魔ってけっこう人間のことが好きなんじゃないか」とか思いますよ。まずは積極的に接触してくるし、また気さくによくしゃべる(笑)。神様とは違って直接お話をしてくれてますからね~(笑)。ご用心ですかね。そして4時に就寝。私にはいつもの時間です。

そんなこんなで朝寝坊。ホテルの朝食を食べはぐりました。楽しみにしていた「朝カレー」は無しです。残念!そして中途半端な時間。新幹線までには1時間もあって。どうしようかという感じ。福山の駅ナカがけっこう広いので歩いていると「うなぎ」の文字が!!!!「魚屋さんの食堂・瀬戸内魚処」なる、やや大げさな看板があって「鰻重」もあるみたいなので入りました。「つぼ井」というお店で、どう見ても居酒屋でした。確かに刺身なども安い。「あんきも」も「牡蠣フライ」も「カニみそ」も350円!けれど鰻は2100円。で、来たのがコレで。え~!!!!ちょっとなあ・・・・。
a0041150_231977.jpg

南の地域の「鰻重」らしいっちゃらしいですね。この手は多い。まさに「飲み屋の鰻重」という感じで、これが2100円ではもったいなかったかなあ~とまずはガックリ。でも食べてみると、見た目よりはずっと良かった(笑)。とても肉厚でしたね。肉厚だから美味しいか?と言えば違うんですけどね(笑)。ま、いいです。とりあえず鰻好きですからね、幸せです。それにコンサートもうまく行ったし言うことなしです。お店の神棚には大黒様とえびす様が仲良くゴキゲンに笑っていました~。何か良いことがありますように!!そしてVIVA福山!また5月に!
a0041150_274591.jpg


by masa-hilton | 2012-02-16 02:16 | 日々の出来事

福山でザ・スーパートリオのコンサート

今日の夜は福山のニュー・キャッスル・ホテルにてディナー・コンサート。ザ・スーパートリオのコンサートです。是非お楽しみに!

プログラムはこちらです。

ジーチンスキー/ウィーン、わが夢の街
ディズニー・メドレー/ララルー~いつか王子さまが~いつか夢で
ピアソラ/リベル・タンゴ
アイルランド民謡/ダニー・ボーイ
ファリャ/火祭りの踊り
ジュディ・ガーランド・メドレー/ローナ~虹の彼方に~フォー・ミー&マイ・ギャル~トロリー・ソング

(休憩)

a0041150_2339331.jpg歌劇「カルメン」メドレー/ジプシーの歌~ハバネラ~セギディリヤ
サティ/あなたが欲しい
ショパン/ノクターン第2番作品9の2
プッチーニ/私のお父さん(歌劇「ジャンニ・スキッキ」より)
カーン/煙が目にしみる
ラテン・メドレー/アマポーラ~シェリト・リンド~グラナダ


福山のニューキャッスルホテルと言えば「朝カレー」が美味しかった思い出が(笑)!楽しみですね。
by masa-hilton | 2012-02-14 02:57 | コンサート・イヴェント告知

プチ骨休み

忙しい合間を縫ってプチ骨休みに行ってきました。普段旅行嫌いとか言ってるくせに、です。確かに~。特に団体ツアーとか練り上げた計画とかが苦手だし、オフの旅行には騒がしいイベントも不必要ですね。ただ美味しいものが食べられて、基本ブラブラしているのは通常生活も一緒なんだから(笑)、どこにいても同じではないか?と言われれば、まさにご指摘通り。いつものように浅草にご飯を食べに行くようなものです。

まずは羽田でハンバーガーのリベンジをしましょうか。美味しかったはずの「ウェストパークカフェ」、今度はチーズバーガーではなく普通のを注文。やはり旨いではないですか!良かった良かった!美味しそうだったサラダも注文したら凄い量です!!これは普通にサラダですね(笑)。意外なお気に入りはアップルジュース。洒落た小瓶で出されますが、これ良いですね。とても甘いんです(笑)。見た目もハチミツっぽい。クマのプーさんになった気分で一気飲み!とにかく大満足で北海道にひとっ飛び~~!

a0041150_15343844.jpga0041150_15345937.jpga0041150_15351593.jpg

まあ寒いし「雪まつり」とかさえ見なければ、空いているはずだぜ北海道。と言ってもスケジュール的に1泊が限度だからね~、行けるところは限られます。市内にあって都会感の薄い「定山渓温泉」あたり。確かに雪は深く、マイナス10度にも近い気候ですが、乗り物や家の中が暑すぎるぐらいなので、あまり寒いとか思いません。それはウィーンでもそうでしたね。今回も窓を開けて寝ましたよ。

a0041150_15444911.jpg

お宿は行ってみたらとても豪華な感じだった「第一寶亭留(ホテル)翠山亭」。ここを選んだ理由はただ1つ。お部屋に温泉風呂が入っているお部屋があったから。温泉場の大浴場は気持ちが良いようですが、不潔感満載ですからね(笑)。もちろん行ってしまえば行きますけど、自分でセレクトする場合は微妙です。お部屋の温泉につかりっぱなしで、完全引きこもりが好き~ということは、旅行の意味はあまりないですね(笑)。自分の家に温泉があれば良いということです。でもこのホテルはかなり良いホテルでしたね、いろいろ細かな心遣いがあちこちにも見える感じでした。

さてさて温泉旅館の食事なんて・・・・・全く期待をしていなかったのですが、奇跡のように美味しい晩御飯が!これは驚きました。とても美味しい!すばらしい。ちょっと普通ではあり得ないかもでして、ラッキー!でした。先付の「うにの寄せもの」のお味の良いこと!もちろん素材が良いのでしょうけど。そして5品の前菜が続きます。

a0041150_1622311.jpg

a0041150_1632463.jpg

「まだらの田楽」「なまこのこのわたかけ」「菜の花のおひたし」「美肌麩」「彩博多」、この「博多」とは、切り口が縞模様になるように材料を重ねた料理のことで、博多帯の織柄から呼ばれるものです。干し柿などがミルフィーフのように降り重ねられて、とても美味しいです。また「たらの田楽」も旨い。京都風な和食ではないのですよ。そこが無理がなく良いのかもしれません。上品ではありますが、しっかりとお味がバラエティ豊かに楽しめます。

続くお椀は日高昆布のお吸い物に「百合根の饅頭」。これも美味しい。
a0041150_1650795.jpg


a0041150_1683530.jpg

a0041150_16113156.jpg

お造りは「活きヒラメ、、ボタンエビ、蟹のあらい、ホタテ」と北海道ならでは。当然あたりまえに美味しいです。

揚げ物は「あんこう」をしそで巻いたもの。こちらも小樽のあんこうで素材が良いですね。またちゃんと天つゆで戴けるのが、昔の江戸っ子としては嬉しい。煮物は柔らかな増毛産の「たこ」とくわいでした。ここまで全く「はずれ」がなく、東京あたりでも、かなりちゃんとした和食に行った感じのレベルで楽しめました。
a0041150_16234538.jpg

a0041150_16251998.jpg

a0041150_16222354.jpg

さてメインは「アワビ」。アワビの雪見焼ということですが、柔らかく美味しい!ああ、もう少し大きければなあ・・・・って旅館の食事としては最上級ですよ。肝もついていて美味しかったです。後はご飯とお味噌汁とデザートのフルーツ。
a0041150_16355258.jpg

このあと貸切の温泉なども使えたので、ふやけるほどに入浴三昧。見ると「十割そば」が宣伝してあったので、お夜食コーナーに出かけて行って戴きましたが、これはイマイチです。ま、蕎麦屋じゃないんだから(笑)これでも上出来という見方もあります。

また夕食に比べると、朝食もお味的にやや貧弱な感じでしたね。夕食が良すぎたということかもしれません。ただ朝食御膳についてきた「ほっけ」の焼き物はさすがに旨かった!基本的には大当たりのお宿でしたね。
a0041150_16413611.jpg

a0041150_16422759.jpg

さて市街に帰って、何時の飛行機に乗っても良かったのですが、お昼の時間ですよ。すすき野の狸小路辺りを散策しましたが、人があまりいません。いくら昼間とは言え、札幌ってこんなんだったけか?と思いきや、何と中央駅から立派な地下道が出来ていたんですね。人はそちらにたくさんいました(笑)。確かに地上は足元も雪で危ないし、この地下道のおかげで「すすき野」から「札幌駅」までも簡単に歩けるようになったというわけです。その分、地上のお店は苦戦を強いられているようで、潰れてしまった名店も多いようですよ。なわけで、狸小路で探していた鮨屋は閉店。とりあえず刺身かなあ?と思いつつ「何でもいいや」のノリで「お刺身居酒屋」の「瑠玖(るっく)」というお店に入ってしまいました。

「瑠玖」は地元のサラリーマンにはけっこう人気な飲み屋らしいですね。またメガネ屋さんが経営していることから、この名前なんだそうですよ(笑)。刺身3種盛り1200円で、「にしん、つぶ貝、イカ」で行きました。でかい!つぶ貝そのものはでかくはないですが、これは量が凄い。そうは言っても北海道、やはり新鮮な感じだし、これは超お得でしょう。予想外に美味しかったです。

それでは!というわけで、ついでに「たちの天麩羅」も戴きましょう。「たち」は「たらの白子」のことです。こちらも上物ではない感じだったけれど、そこそこに旨い!値段を考えたら十分に満足!「そい」の「あら汁」を戴いておなかいっぱい。
a0041150_1713586.jpg

a0041150_1713476.jpg

しかし札幌まで来て、鮨も食わずにゃ帰れまい~。すすき野の「ひのき」に行きました。上質なお鮨をリーズナブルに戴ける有名店です。あたり前のように旨い!大満足です。

まずは美味しい「ウニ」を心ゆくまで。「そい」「さめがれい」「ほっき」なども大変美味でした。「やりいか」もゲソも戴きましたが、こちらも最高。もちろん「カニ」や「イクラ」も食べないとね。
a0041150_17491098.jpg

a0041150_17433530.jpg

a0041150_17503416.jpg

大きな「たこ」のナマ足があったので、こちらを甘い煮ダコにして戴く。旨いね。好物の「あんきも」も頼んじゃった。「ホタテ」「金目」も旨かったが、「ヒラメ」なども戴いて大満足。ここでも「白子」を戴いたが、昼間と比べればかなり上質。美味しい。最後には「キンキ」を使った「あら汁」。東京人にしてみれば贅沢なお味!大満足。やはりお鮨食べて良かった~。
a0041150_17541459.jpg

a0041150_1755625.jpg

a0041150_17442389.jpg

a0041150_1752525.jpg

a0041150_17563917.jpg

さてさて明日は福山へ!スーパートリオのコンサートですね。広島に移り住まれた赤坂さんとの再会も楽しみ!
by masa-hilton | 2012-02-13 23:12 | 日々の出来事