「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

年末の人形町の狙い目

人形町はテレビなどにも多く取り上げられるから、観光気分で遊びに来る人も多いけど、ここは観光地ではない。ここはオフィス街のお食事処である。暮は提灯がともり、露店が並ぶのでお江戸な風情があるが、本来は祝日は休みの街だから、お正月は静かなものだ。表通りの店はそれなりに大売り出しを展開してから年明けだ。

私が毎年、暮の売り出しで心待ちにするのは2つ!1つはすき焼の名店「日山」の肉屋で売る「ボローニャ・ソーセージ」1000円だ(笑)。扇型をしたこのモルタデッラはとても美味しい。もちろん日本的なお味だ。懐かしい感じのお味だよ。缶詰の「スパム」よりはずっとしょっぱくないし、目玉焼きにもサラダにも、ゆで卵との朝食にも良い!便利な「ボローニャ・ソーセージ」は「ハム専門店」に行くと時々買ってしまうものだが、この「日山」の富士ハムのものは大のお気に入り。旨い。
a0041150_433254.jpg

もう1つは福神漬でおなじみの「酒悦」で店頭販売される「瓶詰3個500円」だ。私は「福神漬」より「鶏そぼろ」と「らっきょう」のほうが好き。特に上品な「らっきょう」はオススメ。瓶詰めの投げ売りは、当然お歳暮などの「箱」の売れ残りだから、もちろん通常のバラ売りよりも安い。だが私の狙い目は別。私のお目当ては「海苔の佃煮・わかめ入」。いわゆる「江戸むらさき」や「ごはんですよ」みたいなアレだ。「酒悦」のは「茎わかめ」の食感と相まって絶妙!とっても旨い!ところがこの海苔瓶は通常「箱売り」のみ。高い安いの問題ではなく「バラ」では買えないのである。だからこの時期は逃せない(笑)。早速買い占めた。

外食100%でもこういう便利な非常食はけっこうストックしてある。忙しい時はかじりながら仕事。もうあと3日で年も明けるんだよね。おおおお、忙しすぎ!ダラダラとテレビを見ていられない、残念!
by masa-hilton | 2012-12-29 04:43 | 日々の出来事

有楽町の中華「宝来」を探検

新幹線やJRで有楽町辺りで窓から見える中華の「宝来」。とくに旅行から帰ってきて列車の出口に並ぶと、この中華が街の風景として車窓で妙に印象に残ります。演奏家の多くがそんなイメージをもっているのではないでしょうか。
a0041150_2395333.jpg

私はけっこう行っています。以前もレポートしましたよ。ランチもあるのですが、ついつい食べてしまうのが1400円の定食。これが物凄い量なんです。おなかいっぱいになりますね。
a0041150_2402142.jpg

写真で全体を見回すとそうでもなさそうな感じですが、実際はボリュームに圧倒されます。メインは酢豚や海老チリなど、好きなものでいいのですが、メインの他にクラゲなどとサラダ、シューマイと春巻、水餃子のスープ。シューマイはお肉ぎっしり、特にスープがボリューミーで旨いです。水餃子とスープの味付けバランスがちょうど良いです。メインはいつも酢豚ですが、こちらも良いですね。美味しいです。おなか空いていたら即ギューギューになりますよ。
a0041150_2412421.jpg

a0041150_24146100.jpg

a0041150_2421171.jpg

a0041150_2423918.jpg

ここの中華は「アイスクリームの天麩羅」をいち早くやった店ということでも有名、また炒飯のメッカなんだそうです。かなり旨い炒飯!と聞き、それでは~と注文してみました。確かに良いお味ですね。でも普通ですよ(笑)。特に何が凄いというわけではないです。でも裏切られることなく美味しく戴ける。何気ない感じが良いですね。
a0041150_2433042.jpg

a0041150_243571.jpg

それよりも私は、ここの「焼き餃子」が好きですね。まず皮のモチモチ感は、ここが最高でしょう。高級中華のような肉肉しい餃子でもなく、かといって何が入っているかわからないようなアンでもないです。あんは家庭的で皮と焼き加減はちょうど良い。私は大満足。

さて美味しいと言われる炒飯で最も有名なのが「ふかひれスープチャーハン」。1400円です。普通に作られた炒飯にスープがかかっています。味は濃いけどしょっぱいこともなく、とても自然に戴けます。
a0041150_2454413.jpg

ちゃんとフカヒレも入ってますね。特別に「旨い!」と叫ぶほどではないのですが、食べ飽きることもなく、クセになります。最終的には旨い!と思ってしまう、バックハウスのような巨匠の味付けか(笑)。さすがスープチャーハン発祥の店!満足です。昔からある店ですし、この「何となく地味に美味しい」感じが長く営業できているのかもですね。

鶏カシューはカシューの多いこと!笑ってしまいました。これはしょっぱいです。ビールなどのつまみで食べれば良いと思いますね。
a0041150_2465485.jpg

「餃子」と「酢豚」と「フカヒレスープチャーハン」を食べに、また寄っても良いかな?という感じのお店です。
by masa-hilton | 2012-12-27 02:51 | 趣味&グルメ

月刊「音楽の友」1月号にインタビュー記事!

a0041150_1137566.jpg月刊「音楽の友」の1月号に赤坂達三さんと一緒に、ザ・ス-パーデュオのリリースについてのインタビュー記事が掲載されました。内容は他紙とほぼ同じですが、やはりクラシック演奏家ですから「音楽の友」の取材は嬉しいですね。

また新譜情報も次々。今月の「ぶらあぼ」の新譜情報にも掲載されていました。今回はコロムビアさんのスーパートリオやソロCDに比べると、やや展開は地味なように思ふ(笑)。がんばれソニー!引き続きがんばろう!評判は上々です。

3月にはやはり赤坂さん、新倉瞳さんとのトリオのCDのレコーディングをいたします。こちらはアニメの神曲「鳥の詩」なども入れる予定で、ぜひ来年、大きな話題にしたいと思います!!乞うご期待です。
by masa-hilton | 2012-12-26 12:14 | ニュース

演奏会は仕事納めです

今日25日で今年の演奏会は仕事納めです。今年も多くのコンサートに恵まれまして、心から感謝いたしております。多くの方に巡り合うことも出来、充実した1年となりました。デビュー35周年としても大成功でした。皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

さてニューオータニでの雨谷麻世さんのディナーショーは去年もお手伝いしました。リハーサルも十分ですので何も心配もいりません。去年もこれが仕事納めだったんですね。

サウンドチェックがありますので2時半までには会場入り。その前にお昼ごはんは天麩羅の「中山」さんと思ったのですが、今日も満席。とりあえずご主人と女将さんにご挨拶して、ステーキの「仁」へ。このランチもお得だよね。あまり有名になるとまた困っちゃうけど(笑)、こんなに美味しいステーキが1500円ですよ。先だって戴いた表参道の「雅灯」のステーキ・ランチの大きさの4倍はありますよ。値段は4分の1です。幸せ~旨い旨い!
a0041150_15455.jpg

ニューオータニに着いてランスルー。私たちはクラシックですからナマ音に慣れている反面マイク入りの音楽には抵抗がある人も多いのです。でも私はけっこう慣れている(笑)、だからこういう仕事が出来るわけですが、それにしても今日のPAはモカモカしていて音の分離が悪く、高音はキンキンしていてちょっと気になりました。上手な人がやるととても自然にできるんですが、逆に舞台上はごたついていても、客席にはちゃんと飛んでいる場合もありますし、そこは音響さんを信じるしかありません(笑)。お客様が良ければすべて良し!ですね。

去年もでしたが、リハーサルと本番の間が2時間以上あるので定番のKATO’Sダイニング&バーへ。ニューオータニ、例えば他が満席でもここは空いてる穴場、早い時間にいけば美味しいものが食べられます。去年も書きましたが、ニューオータニの本館へ行くガーデンコートの入り口のお洒落なスペース。バーラウンジながら、「ニューオータニ和食総料理長加藤達雄の繊細な日本料理の世界を、カジュアルに戴く」コンセプトの空間、厨房のほうは料亭と同じだそうだ。去年は鰻を戴いた。今年は・・・・やはり高くなっている!6500円!これにサービス料がついて来るわけだから、それだったらふぐのコースも食べられちゃう。見ると小ぶりの鰻重でセットがある。4800円の鰻御膳。これにしました。
a0041150_112255.jpg

a0041150_1125557.jpg

a0041150_1134465.jpg

a0041150_1141129.jpg

さすがにニューオータニ、ごま豆腐、特に「酢のもの」はとても美味しい!いやあ、意表をついて旨かったね。上品でしっかりとした味付け!文句なしでした。茶碗蒸しも良いお出汁だね。鰻は下手な鰻屋より絶対旨い(笑)。去年より美味しくなっていると思いました。お味が似ていると言えば「銀座鳴門」かな。濃い甘めなタレがとても美味しいね。本番前にすでに大満足に(笑)。食後の「ほうじ茶のアイス」も大変結構でした。

コンサートは大成功!お客様も喜んでおられました。クリスマスの曲は聴いていても自分が演奏するのも楽しいですね。このコンサートにはゲストにキューバサルサの世界的歌手であるロヒータスさんがゲストで参加。ロヒータスさんは本名はホルヘ・ルイス・ロハス。いまはカナダと日本で生活されていて、そのパワフルで情感豊かな歌声はどちらのお国でも人気がある。ご本人はとてもお人柄も優しく、良い人。すっかりお友達です!
a0041150_1185169.jpg

このあとは、年明け早々にコンサートが控えているので練習と編曲です。風邪はちょっと今日の本番で悪化。腰のほうも・・・・・。そのうち治るでしょう(笑)。それより事務的なことが処理できてません、困ったなあ。
by masa-hilton | 2012-12-25 23:58 | 日々の出来事

風邪ぎみだったり、最近は・・・・・あ、太田鮨さんが!

今年はコンサートもあと1本ですが、お正月4日から西日本でのコンサートのための移動があるので、年末の実感がありません。お正月は特に忙しく、2月はウィーンに行き、その後はレコーディングが2件ですので、バタバタです。今年は年賀状が大遅れになって失礼なことになると思います。あらかじめお詫びいたします。すみません。

そんな中、ちょっと風邪気味です。のどが痛いのをなおし、今度はくしゃみ、今日は朝から熱っぽい。熱があるせいか腰も痛い。やれやれ。昨日はリハーサルに来たフルートの萩原貴子さんも風邪だと言っていました。夕方からリハをやり、これでお正月の博多・広島のコンサートは大丈夫!浅草で「葵丸進」の海老の天麩羅を!
a0041150_169634.jpg

いつもの定食に、タラバガニの天麩羅をプラスして大満足!ここの天麩羅はいわゆる高級天麩羅ではなく、かといって「中山」さんのような家庭的なものでもなく、とにかく海老がでかい!!これがクセになって「あ~大きい海老天が食べたい!」と思って何度も行ってしまうお店です。昨晩もとても美味しかった。そして「西むら」の「どら焼き」も買って帰れました!!

風邪をひくなんて、鰻が足らないのでは?なんて言われそうですね。いや食べ続けております!あまりにも頻度が多くてブログに載せないだけですよ。先日も蠣殻町のリガーレの「喜久川」でも食べました。ややムラがあるお店ですが、この日は美味しかったです。そして末広町の「久保田」にも。ここは「あじぬた」「肝焼」もはずせませんね。旨いです。そして特上は柔らかに!満足!
a0041150_1612215.jpg

a0041150_161227100.jpg

a0041150_16125835.jpg

マリア・アレイダさんのコンサートの日は、お昼に「中山」さんの「海老天丼」を食べようとしたのですが、最近ホントに大行列。またまた食いっぱぐれです。そして珍し、「鮒忠」の人形町店。こちらは引っ越した当時は頻繁に伺っていましたので、大将とは顔なじみ。最近はあまり行くことがないですが、揚げ物からお刺身、焼鳥、焼肉に至るまで、人形町では便利な定食屋でもあります。またよその「鮒忠」に比べてお料理も上手。

ここの「鰻ランチ」2300円に挑戦。昔は1000円とか1500円だったよね。安ければ鰻は薄くて当たり前、「大和田」さんが安くてボリュームがあったので、それで行かなくなっちゃったのだけど、この日は他には見当たらなかったし、本番前だからボリュームがなくてもOKだったので。
a0041150_16152664.jpg

a0041150_16155397.jpg

ところが!なかなか良い「鰻重」じゃないですか。浅草の「前川」の高くて残念な鰻を思えば、分相応の良心的な鰻、美味しいです。そしてお刺身だって全然悪くない。

鰻重、お刺身、切干大根、肝吸、お新香で2300円はとても良い!合格!楽しい気分でしたよ。
a0041150_16163935.jpg

中華は時々「香港美食園」に行くけれど最近味が変わった。以前はマイルド、ここのところ味が濃くなって・・・・ちょっとしょっぱいかな。中では「レバニラ炒め」は許容範囲。「海老マヨ」は前のほうが美味しかった。中華はすぐ職人が変わるのか、あちこちの店で味が変わってしまうので、残念。それに安すぎて、材料面で怖いと思うこともある。
a0041150_16173139.jpg

a0041150_1617569.jpg

そんなこと言ったら、ここはどうだ(笑)!ついに気になっていた御徒町の「ホルモン番長」のランチに行ってみた。とにかく安い!安いからいっぱい食べられますよ。この日は1人で「レバー」「ギャラ」「ホルモン」「コリコリ(血管)」「やげん(鳥なんこつ)」など、2000円行きません。炭火の直火なのですぐ焦げちゃいますね、ご用心!
a0041150_1619554.jpg

a0041150_16194250.jpg

ま、安いお肉です(笑)。レバーなど値段相応の内容です。でもホルモンなどいっぱい食べられるのは嬉しいし、タレも甘めなので私はOK。もうちょっと質を考えればお近くの「陽山道」のほうが良いと思うけど、この安さで文句を言うのは、文句を言うほうがおかしいんじゃないの?

そして人形町に新規お目見えのポーランド料理「ポルスカ」に再訪。相変わらずメニュー少なし!!あ~あ(笑)。「この時期は忘年会だからメニュー出来ないよ」とドイツに住んでいたポーランドのオジサンが言う(笑)。しょうがないか。そういえばこの間の忘年会で話題にしたら下田幸二さん&高橋多佳子さんご夫妻が、この店に行きたがっていたよ。
a0041150_16205049.jpg

今回は「ピエロギ」を追加。ボーランド式の餃子だけど「失敗した肉まん」みたいな感じだった(笑)。こんなんだったかな~と思いめぐらす。ロシアのシベリア餃子「ペリメニ」のほうが美味しいね。あとは定番の「ジュレック」「豚ヒレ肉にリンゴハムを詰めたもの」、私はけっこう好きだ。管理人さんは「まぎれもない外国人の料理だ!」と言っていたが、まさにそんな感じだ。
a0041150_16215436.jpg

a0041150_16222880.jpg

太田鮨」さんに行くといつも握りだけを戴いているのだけど、この日は「まぐろの照り焼」を戴いた。やはり素材が良いし、味付けがお江戸風、好みにドンピシャだから、当然絶品に感じる。旨い~~~!!大満足。
a0041150_16235322.jpg

ところで太田さん、またお怪我をされて入院された。つい先日のお話だ。やっと以前のお怪我から完全復帰したばかりだから、ご本人はさぞや悔しい思いをされているのでは?と心が痛みますね。とりあえず手術され2週間の入院、その後はまたリハビリでしょう。店が再開したら皆さんで応援に行きましょうね!

そんな私は風邪だったね。少し薬も効いてきました。こちらはたいしたことはないけど、早く治さなければ。こういう時は「かき玉うどん」ですよ。実は大好物。病気の時ぐらいしか食べないからね、ちょっと楽しみでもあります。関西人は知らない人が多い「かき玉うどん」(笑)。お江戸ならではのものです。
a0041150_2024374.jpg

今日は日曜だったので「松竹庵」の「かき玉うどん」ですね。この辺りでは「東嶋屋」さんのが一番好きですけれど、「松竹庵」のほうがさらに濃ゆいお味で、実はこちらも大好きなんですよ。850円、ちょっと高いような?ではありますね。

ところで、食事中に大声で乱暴に入店しながら、扉も閉めない家族がいました。あまりの非常識ぶりに怒鳴りつけたくなるような気分でしたが、中国語でした。ならば仕方ないか・・・・。道のド真ん中で無遠慮に立ち話している非常識な奴らがいると思ったら、やはり中国語。でも中国人だから・・・・とするのは、私はやはり違うと思います。友人の中国人たちは誰もこんなお里が知れるような行動はしないですし。また昨今は電車内で騒ぐ子供を叱っても、叱ったほうが悪いと言われたりするようですよね。程度問題とは言え、絶対間違っていますよ。私の友人はそういうとき「怒鳴る価値もないクソだと思えば大丈夫(笑)」と言っていましたが、そうやって瞬時に相手を見下すというのもなじめないですね。

ま、編曲と練習のことだけを考えておきましょうか(笑)!!さて皆さんもお風邪など召しませんように!!
by masa-hilton | 2012-12-23 20:08 | 日々の出来事

マリア・アレイダさん大成功!

さて超高音の連発のマリア・アレイダさん、無事終了!お客さまも大喜び。終演後のサイン・撮影もかなり長時間なファンサービスになっていたけど、彼女はノープロブレムな感じでした。とにかくご本人はとてもかわいらしい人です。

前半のハイノートの難曲はどれも気を遣うものばかり。なかなかあんな風には歌えるものではありませんよ。すばらしい!グラナドスはご存じピアノ曲としても有名な曲でしたので、これはとても楽しかったです。そうは言っても難曲、ソロで弾くよりも難しいかもですね。とても雰囲気の良い演奏だったと思います。

難曲を舞台にのせるのは、スケートの選手権と同じくらいのプレッシャーがかかりそうだけれど、彼女は割とあっけらかんとされていました。そうじゃなきゃとても歌えないんでしょうね。今回のプログラムは初めて歌うものも多く、繊細でとても美しかった「ヴィラネル」も実はそう。後半のクリスマスキャロルも然り。とても風変わりな編曲の楽譜で(笑)、彼女が持参したものにもかかわらず、キーが合わなかったり(笑)、ちょっと不思議な感じでした。さすがに現代音楽テイストの「きよしこの夜」は前日に却下されましたが、ほかの曲もずいぶん即興でメロディもリズムも変えてました(笑)。逆にどんな編曲でも良かったらしいので、それならこちらでお洒落な編曲を用意してあげれば良かったね~。
a0041150_118184.jpg

こだわらないのびやかさ、声の美しさ、そして舞台マナーの艶っぽさ等、ぜひ大きくキャリアを伸ばして欲しい人ですね。アンコールの「キャンディード」はほとんど合わせもなく、ただいつもより「速め」なテンポをリクエストされていました。スリリングでしたね!こういう本番が大好きです。そして最高音の上の上の「ラ」も出ましたね!お見事。

今日1番嬉しかったのは、お客様が「今年も1年、素敵な演奏をありがとう。良いお年を」とお声掛けしてくださったことでした。こちらこそ、心から感謝いたしております。
by masa-hilton | 2012-12-21 01:24 | 日々の出来事

マリア・アレイダさんの曲目

マリア・アレイダさん、今日もリハーサルでしたが、ご自分の声を確かめるぐらいで早く終わりました。2転3転しまして曲目は以下の通りです。

1曲目から超高音!!ぜひご期待下さいね。

グローテ/ナイチンゲールの歌
デラクァ/ヴィラネル(牧歌)
グラナドス/嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす
グノー/おお、身軽なつばめよ(歌劇「ミレイユ」より)
ドリーブ/どこへ行く 若いインドの女よ?(鐘の歌)(歌劇「ラクメ」より)
ヴェルディ/慕わしい御名(歌劇「リゴレット」より)
オッフェンバック/生垣に小鳥たちが(オランピア)(歌劇「ホフマン物語」より)

ヘンデル/オラトリオ「メサイア」より第16曲「シオンの娘よ、大いに喜べ」
アダン/おお、聖夜
クリスマスキャロル/御使いうたいて(グリーンスリーヴス)
アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌
カリアッジ/幼子イエス
モーツァルト/モテット「 踊れ喜べ汝幸いなる魂よ」より「アレルヤ」

by masa-hilton | 2012-12-19 17:54 | コンサート・イヴェント告知

マリア・アレイダさんに会う

コロラトゥーラのソプラノ、マリア・アレイダさんに会ってきました。写真では長身の細身の女性かと思いきや、小柄なキュートな感じのかたでした。キューバの人?とかで、白人にはない魅力に溢れています。そしてお人柄もナチュラルで素敵。良い感じの人です。

かなり凄いコロラトゥーラとは聞いていましたが、それはもう高い高い音域で(笑)。凄いのなんの。例えばソプラノやテノールの高い声と言えば「ハイC」・・・・高いドに象徴されますが、さらにその上のレミファぐらいはあたり前、その上のソやラも出していましたよ。お見事です。本番、ぜひお楽しみになさってくださいね。

曲目は今日は決めきれませんでした(笑)。明日また告知いたします!
by masa-hilton | 2012-12-19 02:14 | 日々の出来事

月刊「バンドジャーナル」1月号にインタビュー記事!

a0041150_10415333.jpg今月10日発売の月刊「バンドジャーナル」1月号にザ・スーパーデュオ「ふたりでお茶を」のリリースをうけまして、赤坂さんとのインタビュー記事が掲載されています。「バンドジャーナル」と言えば、全国の吹奏楽コンクールの詳しい情報などが満載の雑誌ですね。先日告知しました雑誌「ザ・クラリネット」もそうでしたが、ピアニストはあまり手にしない雑誌ですので、こういう風に私もいっしょに取り上げて戴けるのは、楽しく嬉しいことです。

スタンダードの名曲を並べながら、クラシックよりもクラシックなイメージで「ぶれない」姿勢でのぞんだ感じが、多くの方に好感を持って迎えられているようですね。ありがとうございます。引き続きがんばります。
by masa-hilton | 2012-12-17 10:44 | ニュース

TOKYOFMミュージックバード「おはようサタデー」に出演しました

今日は朝早くに半蔵門のTOKYOFMにでかけてラジオの生放送に出演。土曜日は都会の喧騒も一服で、皇居前、雰囲気はとてもよろしいですね。プロデューサーのひのきしんじさんの名物番組「おはようサタデー」ザ・スーパーデュオのCD「2人でお茶を」をかけてくださるということで、20分のお話しこみの出演してきました。楽しかったです。
a0041150_155619.jpg

ひのきさんの奥様は元祖アイドルの本間千代子さん。この番組ではお二人のかけあいも楽しく、本間さんの変わらぬ優しい笑顔が、お声からも十分に伝わってナイスな感じです。

さて12月、ここへきて忙しい。編曲。ちょうど今1曲終えたのでブログ書いていますが、ピアノの練習譜読みもまた膨大。気が重くなりますね(笑)。忘年会のお誘いもあり、飲まないんだけどね(笑)、1年のシメですから可能な限り顔を出します。毎日誰かと会って打ち合わせです。

昨日はジャパン・アーツの田村さん&古川さんと作戦会議とプチ打ち上げを会社近くの表参道で。表参道は有名シェフの個人のレストランも多いんだけど、物凄く美味しいかと言えばそうでもなかったりと、特にランチ時間には、意外に適当な場所がないんだよね~。静かに打ち合わせも出来る場所ということで和食ダイニングの「雅灯」のランチを試してみました。おおおお、彩の美しい、そしてちっちゃなお料理です(笑)。もう少し大きいとね、良いですね(笑)。とは言いつつ都会ならではの料理です。セレブな感じで落ち着きますよ。

前菜というか八寸はなかなか旨いですね。「ゆずカステラ」「にしん昆布巻」「ぎんなん天麩羅」「しいたけ海老のはさみ揚げ」「丸十つくね」「うにの煮こごり」などなど、素材もよろしく味もまろやか、朴葉の上に美しく並びます。お刺身も悪くないですね。古川さんが気付かれたのですが、「つけ醤油」にもこだわりがある感じでした。
a0041150_15333517.jpg

a0041150_1536663.jpg


a0041150_1536567.jpg

a0041150_1537103.jpg

a0041150_1538792.jpg

a0041150_15403892.jpg

a0041150_15394235.jpg

そして名物の「牛肉の鮨」。物凄く美味しいと期待して行ったせいか、わりと普通だったかも(笑)。最近は生肉はNGだから仕方がありません。むしろ海老味噌仕立ての「ふろふき大根」のほうが個性的で美味しかったですね。モッツァレラ・チーズを使ったサラダに「鹿児島牛のステーキ」。肉は旨いけど小さいね。細かく切り過ぎかな~(笑)、でもとても美味しいお肉。おちょぼ口に上品に戴きました。「じゃこ飯」に「ゆずアイスクリーム」でシメ。

総合的にシティ・ホテルの和食のようでしたが、ホテルよりは美味しいと思います!お話も楽しく良い時間でした。

明日がまたリハだし、打ち合わせ、またリハーサル、本番、宴会と・・・・・12月ですね~。そうだ選挙!都知事がな~(笑)、誰にいれよう?
by masa-hilton | 2012-12-15 15:27 | 日々の出来事