「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

重大な企画。打ち合わせなど

打ち合わせがどんどん進んでいて、順調と言えるのでしょうね、ありがたいことです。次々整理して行かないと見落としをしそうですね。皆様のおかげでコンサートが大変好評ですので、次の仕事への移行もスムーズです。本当にありがとうございます。感謝いたしております。

コンサートの作り手である立場で、某プロデューサーから「音楽家としての大成は、耳の良いお客さまに恵まれるかどうかに限る」と教えられましたが、それは「お客さまにこちらの意図したことを享受できる能力が無ければ、コンサートに成功というものはない」ということなので、それは「運」かもしれないし、「企画」がお客様を呼ぶのであれば、企画こそ最重要事項!ということになるわけです。

ウィーン帰国後は歌手とのレコーディングにすぐ入りますが、その前に今日は様々な大事な演奏企画をマネージャーの松田さんと打ち合わせしました。すでに膨らんできていますし、一環の3月のレコーディングなどについては、ヤマハさんからのご協力も得られました。こちらも大変感謝いたしております。

さてさて松田さんに聞くと「今日は夜は洋食だから」ということだったので、銀座の「かなわ」に行きました。お気に入りの店、広島の有名料亭の出店。よく行きます。前回は食べはぐったので今回は「焼き牡蠣」を戴きました。2個ついて1500円弱です。小さめながら旨いです!
a0041150_1351064.jpg

a0041150_1361783.jpg

a0041150_1364762.jpg

a0041150_138387.jpg

そしてメインは「牡蠣フライ定食」1200円、リーズナブルです。ここの「牡蠣フライ」は美味しいけどチョイ小さい。今日は小さいながらも、いつに増して旨い。たぶん入店が早かったので油がきれいだったのではないでしょうか?牡蠣は油を痛めますからね。ご飯は「牡蠣ご飯」です。これが大好物。全て満足で3重丸の昼食でした。

夜はまた鰻に行こうかと思ったのですが、それはやめて「宇田川」さんのヒレカツ!2300円。これマジ最高ですね。けっこう久しぶりだったのですが、だからこそ、これがいかに旨いかがわかるというもの。来て良かった~~~!揚げ物万歳!大満足。
a0041150_1434154.jpg

こんな美味しいものに何か言う人がいるとしたら(笑)、それはただのアホと断言したい。やっぱり美味しかった!他のお客さんも感激していましたね。幸せ!!ご家族もお元気そうでなによりです。また来よう!
by masa-hilton | 2013-01-31 01:58 | 日々の出来事

事務的なこと

音楽家は事務的なことをしないとお思いでしょうが、これがあるある、たくさんあるのです。一番の事務仕事は楽譜を作ったり、送ったりすることです。これが結構時間がかかる。おまけに紙を触るので、指を切ったりもしますので慎重にやらないと。そんなことで徹夜三昧になってしまい、マウロ・ペーターさんの2日目のリハーサルは16時からだというのに、仮眠をしたら目が覚めたのが14時47分!!慌てて服を着て(笑)飛び出しましたが、中央線の中央特快に救われて5分前に到着。超運が良かっただけで、マジやばかったです。しかしペーターさんも時差ボケで居眠りされたそうで、チョイ遅れてやってきたので、それにも救われたのでした。2日目のリハーサルは寝起きの二人の合わせでした(笑)。

事務仕事のもう1つは荷造り。旅行ばかりではありません、コンサートも荷造りが重大事。よく忘れ物をするんですよね~。

さて今日はウィーン行きの荷造りと買い物に追われました。あちこち飛び回りまして、ヘルプの管理人さんに何が食べたいかを聞くと「大海老天丼」(笑)。普通関西人は絶対に選ばない選択だと思いますが、誰しもあの大きな海老はたまに食べたくなるもんですよ。用を済ませて「葵丸進」へ。前回同様あの変な団体名が玄関に!すごいよね。いつも爆笑です。

今日は特に美味しかった。すばらしい大海老。丼ぶりからはみ出す感じが麗しい!!
a0041150_301367.jpg

大きな衣の中は海老でいっぱいですよ。プリプリ!
a0041150_32463.jpg

食後は「纏」に行って「コーヒーと小団子」。これもいつもの定番コースです。食後の「そば茶」がまた大好きです。
a0041150_332580.jpg


家ではレパートリーのチェック。曲の選び方。練習の順序を考えるのもある意味事務仕事です。気がつくともう遅い時間になってました。こういう日が最近続いてますね。こういう時は呑み屋の「鮒忠」!人形町の「鮒忠」はバラエティに富んでいて、こういう時にはありがたいお店なのです。焼肉から焼き魚、チキンカツ、そうそう、鰻もありましたね。ここの鰻で2200円が高いように思っていましたが、先日伺って見直しました。
a0041150_2545821.jpg

ちょっと少なめでしたが、お味は良かった。旨い!よい選択でした。さて明日はマネージャーの松田さんとミーティングです。毎日人と会い、レッスンもはいってますよね、こりゃ編曲は間に合わないか。
by masa-hilton | 2013-01-30 03:48 | 日々の出来事

マウロ・ペーターさん お客様熱狂!

マウロ・ペーターさんとのコンサートは大成功!水車小屋でこれだけ熱狂されるか?というほど盛り上がりました。ありがとうございました。

全曲終わった時の空気が良かったです。この空気で終われることが、すなわち成功を意味しています。彼は26歳とかそんな年齢。不安のない声。若いから暗譜などの失敗もないし、すばらしい出来でしたね。彼は10年後?15年後?うまく行けばペーター・シュライアーのようになれるかもしれないとプロデューサー氏。既にウィーンやドイツではひっぱりだこで、もう大物ぶりが垣間見られます。

終わった後、客席に沁み渡るこの作品の芸術的な空気とは別に、舞台袖にはいるや即高い声で大笑いして「ビールが飲みたい!」って(笑)、相変わらず明るい人でした。このタフさが良いことですね。「ブラボーブラボー、グレートプレジャー」とはしゃいでほめてくれましたが、息子のような年齢の彼です。大成を心から祈りたいと思います。私はお客さまからも「ますます充実しているね」とほめられ、これも嬉しい。温かく応援して下さっている皆さまのおかげです。年とともに良い演奏をすること、これこそが演奏家の最大のチャレンジですからね、またがんばります。

何となく長かった1月!これからは編曲して(間に合うかな~)、真冬のウィーンに飛びます。あちらでは2月後半のレコーディングのリハーサルもしようと、イタリアとも連絡。3月のレコーディングの準備も片づけて戻って来れれば良いなあ。まずは準備準備~!
by masa-hilton | 2013-01-29 00:48 | 日々の出来事

マウロ・ペーターさんに会う

バタバタしていますが、テノールのマウロ・ペーターさんに会いました。リートにあう声、美しい響きを持った人でしたが、それよりも何よりも「明るい」お兄さんです。イタリア人でもないのにこんなに明るい人に会うのは珍しい。そして元気!元気な大男です。お若いのですね。「水車小屋」なのに「ピアノ全開で大きな音で弾いてくれ!」と言っていました(笑)。いいんかな~(笑)。それに解釈がモダンでスッキリしていましたね。若いから伝統的なものより、自分のフィーリングに重きを置く感じです。のびやかでドラマティックなシューベルトになりそうです。

彼のお人柄はこちらにも。物凄く元気いっぱいですが小声で「昨日着いたばかりでとても疲れてるんだ」と言ってました(笑)から、きっととても気を遣われているんでしょうね。良い人です。

いわゆる巨匠の粋にある共演者でも「ここはこうあるべきだ」という解釈が、人によって真逆だったりすることもあります。私たちの音楽は、大事なのは伝統的なスタイルで、違いは表面上のことだけで、中身はいっしょでなければなりません。最終的に、ひ弱な精神の夢見る男の情けない顛末を、愛情深く描いていければOK!毎回このプロセスが楽しいのです。良いアンサンブルに仕上げ、とても満足できたリハーサルでした。

お昼はひさしぶりに「イル・バンボリーノ」のランチを食べてみたりしました。夜のメニューに比べるとやや限定的なイメージですが、安いから、そこは仕方がないです。お客様いっぱい。溢れていますね。夜も予約が取れない日も増えているそうですが当然ですよ(笑)。さすが!
a0041150_2493664.jpg

a0041150_250249.jpg

a0041150_2504427.jpg

ランチはいつものスタイル。パスタはミートソースを選びましたが、以前よりはっきりしたお味になっていました。このほうが良いですね。ピザはトマトベースのハムや野菜を使ったもの。ここのピザは風味があって好きです。もっといろいろ食べたくなりましたね。また夜に来ようっと!

先日も書きましたが、忙しくて時間が良い時間に食べられないので、通しでやっている京樽のチェーン店「三崎丸」でサササと食べることが多くなっています。「太田鮨」さんがまだ全快されていないので、お鮨を食べはぐっているせいもあります。もちろん「三崎丸」はお安いし手軽だから、最高のものを求めるところではありません。赤貝、まぐろ(中トロまで)は残念な感じもありますよ。でも続けて通ったせいか、何が美味しいかの見分けがついて、けっこう楽しめます。「あん肝と白子の合盛」が好きですね。ま、500円ぐらいだからね、そこそこの物なんだけど十分ですよ。満足!ポン酢で美味しく戴けます。
a0041150_316740.jpg

a0041150_3163235.jpg

a0041150_3165711.jpg

お寿司は「ヒラマサ」が旨い!これはアタリ!そして「寒ブリ」、脂の乗った「メジナ」、これらは美味しかったですよ。「やりイカ」「あわび」も合格です。あと「うなぎ」が良いですね、お気に入りです、こちらはWで(笑)。これで1800円だからやはりお安い。ゴキゲンだし悪くないです。また行こう!!

鰻と言えば、打ち合わせがあって「久保田」に行きました。こちらは行きつけですし、いつものメニューです。ところでこの日のお相手が敏腕ディレクター氏。氏がお酒好き(というよりお酒通)だったので、初めて知ったのですが(笑)ここには「お金を払っても飲めない幻のお酒」があるそうです。へ~ビックリですよ。「14代何とかかんとか」・・・・(笑)だそうです。やっぱり超旨いらしいですよ。満足されてました。
a0041150_3202812.jpg

a0041150_322444.jpg

a0041150_3251971.jpg

私はいつもの「あじぬた」「肝焼き」「特上重」。上品でむっちりした鰻。やはりこうでなければ(笑)。ね。
by masa-hilton | 2013-01-27 03:32 | 日々の出来事

音遊人3月号にインタビュー記事!

a0041150_11565178.jpg毎回美しい写真と楽しい取材内容で多く読まれてる「音遊人」(みゆうじん)3月号に、赤坂達三さんとの「ザ・スーパーデュオ」のインタビューが載りました。時期が外れちゃったので、ちょっと大きな扱いにはなりませんでしたが、内容はとても詳しく書いて戴き、ある意味「ザ・クラリネット」並みに充実した記事でした。ぜひぜひご覧ください。

私は気軽に言った冗談のひと言が、活字になったら大言壮語になっていました(笑)。あはは、やばい?

・・・・・「最近のCDリリースはコンサートなどと連動して売らんかなだけど、これはそうしないゆとりあるリリース。今時こんなことが出来るのは僕らとシナトラぐらいだろう」と言って斎藤は笑った。

はい、言いましたね、すみません(汗)。でも、内容は本当ですよ。本来CDというものはこういう風に出すのが理想ではあるんですね。このブログ中でも謙虚に言っていました(笑)。

少しCD販売も上向きだとか。いろいろな試みをして演奏家仲間たちの苦労の少ない業界にすべく、今後もがんばって参りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします(笑)!
by masa-hilton | 2013-01-26 12:11 | ニュース

普通な人形町ライフに戻る

ややひと段落。実は重大な編曲1曲と武蔵野の大事な「水車小屋」をかかえています。シューベルトの「美しい水車小屋の娘」はおそらく私にとっては、フランス歌曲のもろもろ、シューマンのリーダークライス等と並んで得意なレパートリーかも。しかし調子に乗ってはいけません(笑)。プロは普段は必ずしも好きな曲を弾いているわけではないから、自分の好きな曲に当たるとつい調子に乗っちゃうんですよね。さ、ひきしめて細心の神経をはりめぐらせて!(笑)

編曲のほうは(笑)、今取り組んでいるのはアニメの世界では「国家にすべき」とまで崇められているAIRの「鳥の詩」です。これにクラシックの香りを出すのが難しいんだなあ(笑)。静かなワルツにしてモダンにするのは可能なんですけどね。でもそれだとかなりイメージが変わってしまうので、少し原曲の感じも残したいかなと思うのですよ。歌をなくしてしまうと「戦場のメリークリスマス」のように、とても東洋的なラインの曲になるので、そのアジアンなテイストとの戦いです(笑)。ムズカシイ。

さてさて二日ほど休むことが出来ました。遊び呆けて(笑)時間にもとらわれず、普通のいつもの人形町ライフに戻った感じです。お昼を時間に食べはぐり、通しでやっている鰻「喜久川」に行きました。今回は蠣殻町、リガーレのほうですね。今日は大きめの鰻の「上」がありました。ダイエットを開始したので(初日で2キロやせた!やった!)、「特上」でなくてもいいかなとこちらを選択。「特上」は「並」の鰻の数が多いだけですから、本来はこの「上」の鰻が美味しいのです。
a0041150_12132910.jpg

ちょっと焦んがりですね。でも美味しい。ここは割とさっぱりしていますが、薄味でもないので私としては許容範囲で通います。ひさしぶりの鰻になりました。満足!やはり鰻は良いですね。

ブログには書くことはありませんでしたが、パン屋さんの「まつむら」。よく行くんです。山田邦子さんも絶賛のとても有名なお店。そしておじいちゃんたちが素敵!イートインもあり大好きなお店なんです。特に大好きだった「こばやし」が「スタッフ全員高齢のため・・・」ということで閉店しちゃいましたから、今は特に大切なお店です。有名すぎるくらい有名ですが、イチ押しは「クリームパン」。他のパンも美味しいですけどね。
a0041150_12141352.jpg

鰻を小さくしましたから、その分でイートインで戴きました。今ではケーキよりも好きかも!です。最近のケーキは凝り過ぎですよ。元祖「焼きそばパン」はまだ食べたことがないです(笑)。

また久しぶりにフレンチの「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレアーレ」にも行きました。家族的なフレンチを出す、カジュアルな普段使いの良いお店です。もちろん最高のフレンチを追求するような人には向きませんが、私は嫌いではありません。むしろお気に入り。ただし個人的な好みで、時々メニューの当たりはずれを感じるので慎重にセレクトです(笑)。で、今回は当たり!前より美味しくなったかな?テリーヌ!良いじゃないですか。こういう肉々しいシンプルなのは大好きですね。
a0041150_12145110.jpg

a0041150_12151767.jpg

日替わりは鴨?だったか鳩?だったか、入り口の表記では絶対「鶏」ではなかったと思うのですが、ちょっと鶏っぽい胸肉が出てきましたね。でも大丈夫です。無難に美味しい。この「無難に美味しい」というのがとても大切!かなりな誉め言葉です。日替わりランチだと質を落としたり、フレンチと思えないような種類のメニューだったりと、がっかりさせられることも多いです。並びのフレンチ「プチ・ニース(今はまた名前が違う)」でも、ガッカリしたことが数度ありましたよ。なので、こちら「シェ・アンドレ」のほうは随分工夫されて頑張っているイメージです。また行きますよ!お蕎麦屋さんのほうもね(笑)。けっこう幸せです。
by masa-hilton | 2013-01-23 17:28 | 日々の出来事

おかげ様で大成功!VIVA!JTコンサート

おかげさまでJTコンサート、大成功でとても喜んでいただけました。ありがとうございました!これだけ名人が集まっているのですから、すばらしくないはずがありませんね(笑)。JTのホールはまさに室内楽のために造られたようなホールです。お子様のお客様も当然多いコンサートですが、全くそれと感じさせない、緊張感もある静かな、そしてあたたかな客席でした。それもすばらしい!
a0041150_9471794.jpg

それぞれが持ち味を発揮して凄かったなあ。お互いにお互いを絶賛の嵐!シンプルな曲の中に見せる名人芸は皆さん絶妙です!ホント巧い人たちですよ。私はメンデルスゾーンの「春の歌」があり、子供も弾く曲ですが、本来はエロティックな大人の曲で腕の見せ所(笑)、ワクワクしながら楽しくできました。ヴァイオリンの金関さんがすかさず「ギーゼキングかそれ以上に巧かったよ!」とほめてくれましたが、確かにこの曲、巨匠ヴァルター・ギーゼキングの演奏はGOODで最高。さすがに詳しい!逆に感心しちゃいました。
a0041150_1095024.jpg

終わってひと安心。みんな最高でした!私の自慢の友人たち、さすがの名手です!お疲れ様~~。写真は家田さん提供。

コンサートの終了後、グズグズしていたら取り残されました(笑)。そしておなかがすきましたね。お弁当も豪華なのが出ましたが(笑)、昨日のコンサートは打ち合わせもあり、ほとんど食べませんでしたからね。JTホールから近くてサササと簡単に、でもそこそこ美味しく食べられるところ・・・・日曜だし・・・・無難な選択で全日空ホテルのカフェカスケイドかな?1番大変だったかもしれないマネージャーの松田さんもお誘いして打ち上げ。

ここは気軽ですよね。それに打ち合わせも多く、コンサート前の食事も数知れず。よく「特製ハンバーガ」など食べたものです。最高のものではなくてもハズレではない感じのお店。食事をしていると、よく旧知のウィーンフィルの連中とお会いすることが多い場所(笑)。あまり時間も取るのもなんですので、3500円のセット(軽いコース)にしました。おおお、割と当たりだ!美味しい。
a0041150_10111316.jpg

a0041150_10113862.jpg

a0041150_1012134.jpg

スープは「ショウガとポテト」。とても変わったお味ですが、私は変な味のスープが大好き。これにバターを塗ったパンをつけて戴くと美味!気に入りました!大満足。お肉はほどほどの物ですが、ソースのお味も良いし焼き方も上手!これは良いじゃないですか?管理人さん曰く「コンサート後の胃にはちょうどいい」、そんな感じですね。充実です。デザートのオレンジケーキも大丈夫でした。

まずはホッとしましたね。そしてこの企画はやはり良い!と再確認です。確かに誰にでもできるものではなく、われわれ世代ならではのものです。曲目は主催者様の希望で変えられるし、演奏していても楽しいコンサートですね。皆さまのおかげです。ありがとうございました!
by masa-hilton | 2013-01-21 23:38 | 日々の出来事

順調に進んで来ました

いよいよ明日はJTのコンサートです。楽しみです!
a0041150_0383117.jpg

リハーサルも順調に終わりました。皆さん演奏家は名人ぞろい。サクサクと終わりました。リハーサルは時間が合わない人がいたので2回に分けました。その1は銀座でしたので、少しショッピングなどの用もこなして、サササと食べられるように「銀座・かなわ」でランチしました。大好きな「かなわ」です。
a0041150_1161333.jpg

a0041150_1163997.jpg

「牡蠣のリゾット」のお味は濃厚。美味しいね。ただイタリアンではないから、リゾットでお米が立っているようなアルデンテ感はないです(笑)。普通のご飯を使った感じですが、それでも牡蠣の風味と濃厚チーズのお味は良いです。満足。牡蠣フライはここのはいつもながら小さいですね。上質な感じはしますが、小さいから(笑)満足感が低い人もいるかもしれませんね。

リハーサルその2は人形町。すなわち今日。これもササと終わって夕方の変な時間です。通しでやっているのは「三崎丸」ぐらいだから、迷わず「三崎丸」でお寿司です。回転寿司のほうじゃないほうです。
a0041150_114972.jpg

a0041150_121519.jpg

ここは安さと手軽さで勝負だから、もちろん最高のものは望むべきではないです。でも握り手によってお寿司は美味しいことも多く、競合店の「すし鮮」や「すしざんまい」に比べればずっと良いと思います。「季節の5カン」は「寒ぶり」などが上品に握られて美味しかったし、「つぶ貝」も「鰻」も戴きましたよ。

でも、忙しいとゆっくり美味しいものを食べに行けないのがやや残念。ああ「炙り一徹」に行って大きな鰻が食べたいですね。

ところで人形町の出店中の毛皮屋さんの飼い犬が、とても大きなワンちゃんで人だかり。物凄い大きさですが、心やさしいワンちゃんで、小さい犬にほえられてスゴスゴとしてました(笑)。かわいい!!
a0041150_131382.jpg

忙しくて時間がなかなか取れないのですが、先日は熊本マリさんと銀座でご飯。とても楽しかったです。熊本さんはプライヴェートもとてもお洒落ですね。場所は私の大好きな「全衆徳」。またまた「北京ダック」です。旨かった!ここのは最高です。お肉部分も単独で食べられますし。
a0041150_141275.jpg

a0041150_145242.jpg

a0041150_151521.jpg

a0041150_154013.jpg

a0041150_16462.jpg

a0041150_171658.jpg

海老チリやチャーハンもとても良いですね。よいお味です。デザートの右側はご存じ「月餅」ですが、中に塩漬けされた北京ダックの卵が入っています。

さて明日の本番、けっこう打ち合わせが朝からで(笑)。そろそろ支度をしないとです。ではまた!
by masa-hilton | 2013-01-20 01:23 | 日々の出来事

月刊「ショパン」2月号の特集記事に

a0041150_081117.jpg月刊「ショパン」の2月号の特集記事に私も登場しました。

ピアニストが選ぶCDイチオシという内容で、そこにピアニストの基本的な考え方が垣間見られる、とても楽しい企画です。

世の中には様々な名演がありますし、名ピアニストの選び方も価値観の相違が生じるので、それらに順位づけすることは不可能なことだし不道徳でもあります。でも絶対的なものというのもまた存在するし、それはプロの同業者なら必ず見抜けるし、気がつくものです。

そういう意味で他の人と重なることも必至と考えましたが、意外にも重なっていませんで(笑)。とりあえず良かった~。だれか1人ぐらいエドヴィン・フィッシャーのブラームスの協奏曲を選んで欲しかった、バックハウス(モノラル)のワルトシュタインとか、フランソワのシューマンの協奏曲。複数ならこんなものを選んだかもしれません。

それにしても、存じ上げない若いピアニストたちの多いことよ。隔世の感あり。
by masa-hilton | 2013-01-18 23:49 | ニュース

おお!ひと段落、雪合戦(笑)

すぐ更新のはずがまた遅れましたね。今日は東京ですが雑務整理。やっと片付いた感じです。昨日はご存じ大雪ですよ。その中を帰還しました。これが大変な騒ぎでした。その前の日はリサイタル2公演で疲れて寝てしまって・・・まあ要するにナマケモノです。

ではでは前の記事の続きです。コンサートがとてもうまく行って夜は博多の「せいもん払い」に行きました。最近はこのパターンが多いですね。ここには森山さんが大好きなロースの炙り焼きステーキがあります。浅草の「ちんや」の肉ですから、マジ旨いです。今回は前回行った時よりも一段と美味しいような気がしました。そしたら「おなか空いてるんですよ、同じですよ」と森山さん(笑)。

「ゴマサバ」もどこにも負けていない。しっかりとしたゴマの風味で身は厚い。絶対美味しい!満足。「つぼ鯛の味噌焼」は定番。この甘い味がたまらない。味噌のお味もとても良い。ケースの中で太刀魚の切り身が肉厚で美味しそうだったので、「太刀魚の塩焼」を。こりゃ旨い!さすがにお魚自体の味が違う。しっとりとホクホクの身が嬉しい。
a0041150_2119471.jpg

a0041150_21201937.jpg

a0041150_21204247.jpg

a0041150_21242694.jpg

このステーキも私は以前戴いたときよりさらに美味しく感じられた。味つけが良い。美味しいよ。大正解。以前ももちろん美味しかったのですが、やはりわかって好きなものを注文すると違う。常連になったりとか、お気に入りの店ができるというのは、こういうメカニズムによることなので「評価」なんて言うのは「評価」ではないし、個人的な理由によるものだと思うんですよね。

さらに絶品なのが「卵かけごはん」450円(笑)!
a0041150_20394098.jpg

何がどうなっているのか知りませんが、甘いお味、コクもあるし・・・・。博多のお醤油は甘いですがそれだけではないですね、この卵にどんな秘密があるのかわからないけど、めちゃめちゃ旨かった。大満足です。幸せ幸せ!

翌日は広島本番です。朝早くに新幹線移動。お昼間のコンサートまで何も食べられないかと、朝からドカドカ食べてしまいましたが、広島県民文化センターの中に「イル・ヴェント」というイタリアンがあって、そこに行きました。というか私は3回目ですね(笑)。ここは広島の駅弁当さんの店だということですが、あの落合シェフのプロデュースだそうです。いつも仕事の合間で印象が薄かったですが、今回はとても美味しかった。またお店の人がとても感じが良く「今日のコンサートは聴きに行きたかったですね」とおっしゃってくださったのも嬉しかったです。ランチは前菜とパスタ。
a0041150_20355169.jpg

a0041150_20362250.jpg

モッツァレッラとトマトのパスタを選んで私は正解でした。とても良いお味です。おかげ様でコンサートも楽しく、大成功で終わりました。萩原貴子さんもご縁が出来て、次のコンサートが決まりました。めでたしめでたし。

会場近く、原爆ドームの近くの行列店「長田屋」でお好み焼きにて打ち上げ。森山さんからすると「広島のお好み焼きはこんなものではない」というお話でしたが(笑)、十分にエッセンスは伝わるお店で、何より1枚が超大きいし、具も多く入っていて、悪いことはないですね~。満足しました。でも、そのもっと美味しいお好み焼を食べてみたいです。次回の楽しみに。
a0041150_20464939.jpg

a0041150_20503247.jpg

特に美味しいのは「牡蠣焼」ですね。プリップリの広島の牡蠣、旨~~~い!これはご当地ならではの物ですね。東京では無理です。本番の日に美味しいものを戴けて、お正月から幸せ者です。

そのあと出演者はそれぞれ次の地にバラバラに向かいます。私は府中に。翌日のリサイタルのためです。1日2公演は全然大丈夫ですが、ブルーノートでやったように間休憩があまりないので、こういうのはなかなか経験がいりますね。経験があっても体力がないとダメか(笑)。そのために食べていたみたいですね。何とあの「朝日新聞」に大広告が出ていました!!
a0041150_2054535.jpg

コンサート当日は、ちょうど「とんど」の日でした。府中土生の「とんど」は有名らしく盛り上がっていました。やぐらを間近で見ることが出来ました。こちらのサイトに詳しいですが、干支が何とも良い表情ですね(笑)。
a0041150_2155533.jpg

大きなやぐらはあっという間に燃えてしまいます。
a0041150_21572588.jpg

この1年間の幸せを願って!私もついでにお願いごとを。

コンサートの前には、森山さんの奥さまの煮物が「旨~~~い!」と撮ってしまいました。
a0041150_21583626.jpg

写真の奥にオニギリがありますが、これは「牡蠣飯」ですよ。こちらもめちゃ美味しい!

おかげ様でリサイタル!頑張ることが出来てとても喜んでいただけました。大成功で良かった~!万歳!前回のアンドリュー・フォン・オーエンよりもずっと評判が良かったようで、本当にありがたいことです。めでたしめでたし!また福山のディナーコンサートでお世話になったソロプチミストのかたもいらして下さいました。こちらも本当にありがとうございました。終わってからのライオンズの方たちとの打ち上げも楽しかったです。

さて翌日は東京帰り!1月4日からですからマル10日ぶりです。飛行機は9時。そんなこんなで7時50分にロビーで待ち合わせ、森山さんの車で府中出発。朝は6時起きですね。お天気は良くなかったですが、だんだん道行くと雪景色に。ビックリです。
a0041150_2215510.jpg

「おお。きれいですね」なんて暢気なことを言っていましたが、高速が閉鎖されあちこちで車が事故ってました。「もしかしてやばい?」なんていっているうちに車が動かなくなり、おまけに立ち往生しているバスとトラックの間に挟まれてしまいました。マジ「ヘリコプターでも来なけりゃ脱出は不可能かも」という感じです。
a0041150_2225697.jpg

東京の管理人さんに連絡して飛行機会社への手配を頼みましたら、私の飛行機はすでに欠航でした(笑)。さあ、どうするか?でも一応次の飛行機が10時14時とあるので引き続き飛行機を選択です。30分ほどしたらどこからかバスがチェーンを持ってきて(笑)どきましたので、Uターンして「道の駅」まで戻れました。雪用のタイヤをはいたタクシーを呼び、空港には10時5分着。飛行機は10時20分でしたが遅れていて、11時半に飛ぶとのこと。空席アリ。とてもラッキーですね。ここで食事もとれました。お土産用の「穴子鮨」。ちょっとお弁当として食べるものではなかったような(笑)。
a0041150_226736.jpg

a0041150_2265690.jpg

ちょっとくどい感じの穴子でしたが、ここでしっかり食べたのが運が良かったんです。

11時半には乗りましたが、雪の様子を見て、実際に飛んだのは12時ごろ。東京着は13時という話でしたがもちろん遅れましたよ。おまけに羽田が閉鎖寸前で「大阪に戻って降りるかも」みたいな機長の話。でもこの機長、タダ者ではなく(笑)、見事羽田に降りました。ほとんどの飛行機が戻ったにもかかわらず、この飛行機だけが降りたんです。かなり奇跡的。

さて降りたには降りたんですが何も起こらない(笑)。というわけで降りたままの状態で閉じ込められました。そのあとかなり時間があって、フラフラ動き出し何とか駐機場までは行ったけど、迎えのリムジン・バスが来ない。さらにはタラップが来ないで3時間ぐらいはあったかな。

だんだんイライラしてきて、CAの笑顔さえウザくなってきたぐらいですから(笑)、相当なもんですよ。JRだとこういうときって払い戻ししてくれますが、飛行機は違いますよね。しかしバスやタラップ車が走れない滑走路によく降りたものですね。機長はエライ!しかしその機長はその後「会社に連絡していますが、誰も出ません」とか「飛行機同士で話してますが、何も情報がありません」とか、結構とぼけたことをアナウンスし続けていました(笑)。

とにかく何やかんやで飛行機を降りると、空港は確かにパニックでしたね。これは待たされても仕方がない。ほとんどの人は、一度預けた荷物を取るのが大変だったらしく大混雑!一部の荷物は山のように放置されていて、非常時なので外部からも出入り自由になっているので、これがイタリアかなんかだったら全部持っていかれてしまったのでは?とヘルプに駆けつけた管理人さんが言っていました。実際に我々は飛行機に閉じ込められていましたが、荷物のほうは早々に出てきて放置されていたそうです。キープしてもらって良かった。これがなくなると大変、楽譜がなくなって今週のJTのコンサートが出来なくなってしまいます。

着陸も出来たし、よく考えるととても運強いスね!おかげさまです。初詣行ってから出かけて良かった!

飛行機の中では、スナックが配られましたがMAXおなかがすきました!もう食べるしかない!と、大のお気に入りの「ウェストパークカフェ」に飛びこみます。ここのハンバーガー大好きです。いつも戴いていますよ、「チーズバーガー」じゃなくて普通の「ハンバーガ」です。おなかすいてたからもあって、超旨い。そして「ピザ」まで頼んじゃった。もちろん「リンゴジュース」も忘れずに!
a0041150_22145533.jpg

a0041150_22154782.jpg

a0041150_22164297.jpg

これ「マルゲリータ」なんですけど、ちょっと違いますね。むしろ好きなタイプ。ニューヨーク・ピザですね。チーズも濃厚でいっぱい乗ってます。これで少し疲れはとれました。

さあ、やることは山積み。次が待っています。編曲の手直しもあるし、また気ままなブログ更新となりますが、お許しください。
by masa-hilton | 2013-01-15 22:22 | 日々の出来事