<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

福岡に行ってきました

チェコフィルハーモニーの弦楽四重奏団のアクロスでのコンサートに、お弟子の後藤葵さんを推薦した責任があって、レッスンと本番観戦に行ってきました。このコンサートには朋友の萩原貴子さんも出演するので、それもまた楽しみでした。

コンサート、立派に終わりました。大成功!!パチパチパチ!!良かった良かった!そこら辺の若手よりグッと品格も自主性もある良い演奏で、さすがちゃんと勉強しただけのことはある。ウィーン流の良いモーツァルトでしたね。コンサートですから自由にやって全くかまわないのですが、伝統と言うか、そういう基本だけは守らないとね、音楽以前の問題になってしまいます。「先生は伝統の番人である」というのは、名ピアニストたちの言葉です。その伝統と個性がうまく調和されていました。

先日、「お願いランキング」でいつもは川越シェフなどが採点しているコーナーで、イタリア人シェフが採点する企画がありました。川越さんたちは最後は満点を出しますが(笑)、しがらみのないイタリア人は厳しかった。たった2点とか(笑)!その時彼らは「マルガリータは伝統ある基本のピザだから、そもそもいじってはいけないんだ」とコメントしてました。美味しい美味しくないの問題ではなく、それ以前の問題なんですよね。音楽と一緒です。どんなにうまく弾いても、ワルツがワルツでなければすべてが無駄!練習するのも無駄!弾くだけで恥さらしになってしまうんです。もっともっと下手で良いから(笑)ワルツに弾かなければいけない・・・・昔はそういうことを教えてくれる日本の先生は本当に少なく、苦労させられました。この部分に関しては100%!先生の責任ですからね~。萩原さんのフルートもドイツ音楽を熟知したフレージングがとても素晴らしかったです!パーフェクトな巨匠の演奏!めでたしめでたし!

私のほうも演奏会を抱えているので、ホテルには電子ピアノを。ありがたい!
a0041150_2362368.jpg

レッスンなどで時間はなかったですが、博多ですからね(笑)、美味しいものは食べたいですよ~。まず、夜はお気に入りの焼肉「栄山」。肉も旨いが野菜も冷麺も旨い。いいね~。ただし煙ボーボーになります(笑)。
a0041150_2313511.jpg

こちらはカルビでございます(笑)。霜降り過ぎてあまりに脂が強いのはイヤだから、私はいつも「並カルビ」。このぐらいでちょうど良いですよね。
a0041150_2323997.jpg

夜中には24時間スーパーでメロンを買ってお夜食。290円(笑)。値段の割には旨い(笑)!!風呂あがりにはジンジンしみる~~!
a0041150_3222359.jpg

新しいところでは天神の「博多廊」にも行きました。お洒落な和食。どちらかと言うと観光客などのビジター向き?とも言えそうな感じ。写真にはないけど、この店オリジナルの「塩ポン酢」というのが美味しいので、湯豆腐などもグッド!定番の「イカの活き造り」「つぼ鯛の味噌焼」、それに「海老しんじょう」、「水炊き」などのサイドでおなじみ「つくね&卵」など。
a0041150_3164310.jpg

a0041150_3132924.jpg

a0041150_3142676.jpg

a0041150_3242834.jpg

お気に入りの「博多餃子舎603」にもまた行きました。餃子も水餃子も旨かったけど、今回は「トマト餃子」がアタリ!プチトマトが中に入っているんですよ(笑)。
a0041150_32652.jpg

a0041150_3265730.jpg

お昼はサササと急ぎ、天麩羅の「ひらお」とかに行きます。安くて旨い!超人気店!!まるでスタンドの蕎麦屋みたいなノリ。
a0041150_3292589.jpg

でもお味は旨い!自由に食べて良い「塩辛」は最高!これはやめられないんだよね。天麩羅もね!お気に入り。バクバク戴きます!
a0041150_331416.jpg

a0041150_3322525.jpg

お昼は浄水にある「長崎阿蘭陀珈琲館」も良いね。私はここの「カツカレー」がお気に入り。
a0041150_3365096.jpg

コンサートの後は「せいもん払い」。最近多いパターン。お肉あり、お魚あり。とても美味しい。やはり「ゴマサバ」!これが大好物!旨い旨い!「つぼ鯛味噌焼」もまた。そして「卵かけご飯」が特別に美味しい。
a0041150_3382332.jpg

a0041150_3394248.jpg

a0041150_3421852.jpg

帰りはサポートに来てくれた管理人さんと、いつもの「ウェストパークカフェ」。空港第2ビルにあります。ここのハンバーガーがお気に入り!!
a0041150_3434665.jpg

実は出発のときもここで食べて行こう!と思っていたのだけど、タクシーが渋滞で行けなかった。出発はカウンター内にあるスタンドで。どうしようもなくスパゲッティ・ミートソースを急いで食べました。ウィーンやワルシャワの空港のパスタよりはずっと旨いけど、ちょっと虚しい(笑)。
a0041150_345214.jpg

スタンドだからしょうがないよね。黒人男性が、旨そうにカレーライスを食べていたのが印象的でした。外国人って日本式のカレーって苦手なはずなんだけどな(笑)。そうそう、忙しくなってくると食事にこだわっていられませんもんね。私も戻ってからは深夜の「天下一」さんにお世話になりっぱなし。
a0041150_7102432.jpg

最近の定番は「海老チリ卵炒めと半チャーハン」。もう少し海老が生き生きしていると良いのだけどね(笑)。
by masa-hilton | 2013-09-30 03:40 | 日々の出来事

月刊「ショパン」10月号のインタビューと特集記事

a0041150_014595.jpgおかげ様で、月刊「ショパン」にも新しいCD「神曲・秘曲・ダンディ・鳥の詩」についてのインタビューが載りました。昨日発売になり、嬉しい反響も戴いております。本当にありがとうございます。引き続きよろしくお願い申し上げます。

さてこの10月号の特集で「ショパンの作品の攻略法」と言うことで、私が主な作品に難易度をつけることになりました。これが難しいですね(笑)。難易度は人それぞれですし、どこをポイントに考えるかで全く異なると思うのです。あくまでも皆様のご参考の1つになれば嬉しいのですが、基本的には「簡単な曲など1つもない」というのが本音です。人前で弾くのは、どんな曲だって至難の業です。誰だって演奏に接すれば「これが良い」「これが悪い」「これが好き」「これが嫌い」はあると思うのですが、では実際にやって見ろ!ということになれば(笑)、ね~!とても軽くは語れません。

いつもストレスは音楽のことだけですし、それを解決するには音楽にのめりこむしかないし、喜びもまた音楽からもたらされる・・・・・こういう人生が良いんだか悪いんだか、楽しんだか辛いんだか(笑)。これが「良い」ということになるように自分なりに頑張るわけですけど、こうして真面目な原稿を書くと、さらに追いつめられるような気分になります(笑)。

イチローさんが「良い記録の裏には、倍以上の悔しい思いがある。その失敗に向かい合えることがプロの誇り」と言っておられましたね。すばらしいし、ホントに偉いな~と思います!どんな道でも安易なものなどは1つもないんだ!あらためてそう思いました。
by masa-hilton | 2013-09-27 00:42 | ニュース

月刊「音楽の友」10月号にインタビュー記事!

a0041150_104446.jpg音楽雑誌の老舗「音楽の友」10月号にもインタビュー記事が載りました。演奏会のことや、新しいCD「神曲・秘曲・ダンディ・鳥の詩」についてなどです。本当にありがたく、感謝いたしております。

新しいCDについてですが、「音友」には天才アレンジャーの清水一登さんについてもお話しました。クラシックのクラリネットもできる方ですが、作曲やピアノ、キーボードに至るまで、またはヒカシューのメンバーになっていたりと、まさに鬼才!!とても多才な方なのですが、ご自身の活動の中にはポピュラー・フィールドであっても、とてもアグレッシヴな現代音楽的な要素があったりと、円満なお人柄でいながらアーティストとしては燃えたぎるものを感じさせます。

1つだけ(笑)、楽譜は手書きで、その天才的な楽譜が(非常に丁寧に書いて下さったのですよ!)どうやっても判読できずに、何回も気絶しました(笑)。「ここは何の音でしょうか?」みたいなメールを数多く送ってしまいました(笑)。その都度、優しく丁寧に対応して下さり大感謝しています。結果、奥行きの深いCDが出来上がりこれも大満足です。

そしてCDはいよいよ本日リリース!!ありがとうございます!ぜひ聴いてくださいね。
by masa-hilton | 2013-09-25 10:18 | ニュース

月刊「ぶらあぼ」10月号にインタビュー記事

月刊「ぶらあぼ」に大きなインタビュー記事が載りました。前月も同じく「ぴっくあっぷ」に載っていたのですが、早いですね、あっという間に月日は経ちます。それに今月はコンサートの数が多いのでしょうね、本の分厚さもひとしおです(笑)。

さて今月号、「ぶらあぼ」ですからコンサートの告知が主ですが、もちろん新CD「神曲・秘曲・ダンディ・鳥の詩」についても。広告のほうも載せて戴けることになったので、華やかになりました。こちらのデザインは管理人さん、ナミレコード本体の広告もありまして、そちらには来月発売の藤井泰子さんとの共演盤についても告知されています。
a0041150_12422980.jpg

今福岡におりまして、帰ったら3大ピアノやリサイタル、また12月の白寿ホールの「寄席クラシックス」についても準備して行かなければなりません。皆さまにお会いできる機会も多く、またがんばります!引き続きよろしくお願いいたします。
by masa-hilton | 2013-09-24 12:46 | ニュース

月刊「ピアノ」10月号にインタビュー記事!

a0041150_013316.jpgアレンジされた楽譜や楽しい情報満載で、音楽誌の中では購読数も高い月刊「ピアノ」10月号に、大きくインタビュー記事が掲載されました。嬉しいですね。感謝いたします。

もちろん新CDの「神曲・秘曲・ダンディ・鳥の詩」についてのことです。この取材は帰国中だった新倉瞳さんも参加してくれて、とても内容の濃いインタビューになっています。最近の彼女の進境ぶりを伺わせる、しっかりとした考え方にも、思わず快哉を叫びたくなってしまいますね。すばらしい!

このCDは曲の選び方に最大の特徴があるのですが、リリースを前にして、私たち演奏者の組合せの面白さがとても大きな話題になっているようです。

世代的にもスタイルも本当に違いますし、それが実に良く溶け合っていて、これこそ音楽ならではの心の共有ですね。楽しい!ジャンルを超えてお誉めの言葉も戴いておりますが「近年まれな傑作の1つ」と、じんわり地味に評価をあげてきております(笑)。何しろ全てが「オタク造り」のテイストですからね(笑)。

いよいよリリースも間近になりました!!お楽しみになさってください。
by masa-hilton | 2013-09-23 00:18 | ニュース

やったー!売れたー!QVC無事終了!

23時からの生放送。実際に経験して、これは見ているよりは相当大変だな~と思いました。本番自体が夜中だし、帰ってきたのが午前2時半、ご飯食べて落ち着いたのが4時半でしょ。出かけたのが15時近くだから、さすがにドッと来ますよね。クラクラします。
a0041150_516526.jpg

しかし!!それにも増して驚きは、お客さまの温かなお心。おかげさまで信じられないような多くの売れ行きとのこと。凄いね!!深夜なのに!本当にありがとうございます。少しはお役に立てたようでうれしいです。感謝いたします。

ただでさえ生放送だから緊張する。演奏の合間のトークならまだしも、販売のルールもあるし言ってはいけない言葉もある。弾いては待ち時間、弾いては待ち時間・・・・・で結論、この仕事は半端なキャリアでは出来ないです。そのうち仕事として流行るかも?と思いますが(笑)、やってみてはじめて簡単ではないことがわかるでしょうね。私も若いころだったら手が震えちゃうかもですよ(笑)えらい!松井さんもよく頑張りました!何しろ音楽スタジオではないわけだし、大事な目標は商品の売り上げ(笑)、曲や詳細が決まるのは当然間際です。即興演奏でやることにしたビギン・ザ・ビギンも時間以内で弾けましたし(笑)めでたしめでたし。何よりもプロデューサー氏やレコード会社から大変感謝されて、私としては役目は果たしたという感じです。良かった。

でも今日は多分エネルギーを使うかと予想してしっかり食べました。お昼は「仁」さんのステーキ。旨い!!旨すぎる!!
a0041150_5191551.jpg

合間に、ホテルニューオータニ幕張の「カツサンド」!
a0041150_5311436.jpg

東京に戻ってからは、真夜中のジョナサン!いつものステーキ!肉じゃなきゃダメだ~~~!って感じでした(笑)。大変だったのは私だけではなく、サポートしてくれている管理人さんも車の送迎から、本番の雑事まで。お疲れだと思いますよ。
a0041150_5295429.jpg

栄養満点。これではまた太っちゃう。過酷に仕事をしていると、なかなかダイエットはできないですね~~。
by masa-hilton | 2013-09-21 05:20 | 日々の出来事

浜松アクトシティのワンコインコンサート

10月の17日は浜松のアクトシティ中ホールにて、ワンコインコンサートに出演です。浜松のアクトシティ!実はオープニングコンサートをやらせて戴きました。それはそれは大イベントでした。「アカデミー」の立ち上げの際もお手伝いをさせて戴いて、講習会は先生全員に総当たり制でレッスンを受けられるように!と提案したのは私です。その後も、コンサートなどでお邪魔する機会も割と多くあって。今回も大変感謝いたしますとともに、私としてはとても馴染みの嬉しい場所!鰻の故郷ですし(笑)。「いいね」です。
a0041150_1235786.jpg

ワンコインですから500円、事前の販売はなく当日券のみ。ここでお安く聴いて戴いて、その分アクトシティの美味しいレストランに行って戴く!!これが良いのです。私はホテルのレストラン「パガニーニ」のフォアグラ入りのハンバーグがお気に入り。最近行ってないからあるのかなあ・・・・(笑)。

コンサートの前日には「GOGOワイドらぶらじ」などのラジオ出演もあり、楽しいお話をいたします。こちらもお楽しみに。当日は開場11時、開演は11時半からです。曲目は・・・ありゃ、1時間にしては大変じゃ(笑)


a0041150_1236964.jpg
◆ファリャ
 火祭りの踊り~バレエ音楽「恋は魔術師」より
◆ショパン
 雨だれの前奏曲
 ポロネーズ 嬰ハ短調 作品26-1
 マズルカ ロ短調 作品33-4
 革命のエチュード
 スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
◆ドビュッシー
 金色の魚~組曲「映像」第2集より
 奇人ラヴィーヌ将軍~前奏曲集第2集より
 月の光~「ベルガマスク組曲」より
◆ラヴェル
 道化師の朝の歌~組曲「鏡」より


皆さまにお目にかかれるのを楽しみにいたしております。よろしくお願いいたします。
by masa-hilton | 2013-09-19 12:53 | コンサート・イヴェント告知

あさってQVC出演のリハーサルなどなど

前回の出演は大変好評だったので、再びお声がかかった次第のQVCです。20日の夜23時から。今回はBS放送のほうもBS12TWELLVで同時放映されます。何とウィーンで見たという人もいたり、私のCDと間違って、ついつい買ってしまったみたいな人もいらして(笑)。とにかく基本は「他人のCDを売る」という、全く新しいジャンルの仕事を開拓しているのです(笑)。

今回も素敵なヴァイオリンの松井利世子さんといっしょに、同じような感じでやります。また今回は松井さんのシューマンのCDと、私のほうは赤坂達三さんとの「スーパーデュオ」もあわせて売って戴けるということで、ありがたいことです。どうぞよろしくお願いいたします。おかげ様で前回は大変売れたということで、今回はややハードルも高く、何しろ生放送だからね~~色々緊張しますなあ、ははは(汗)。

今日は松井さんと、リガーレのほうの「喜久川」に行ったのですが、ありゃ珍し!いつもは早々に無くなってしまう「上」だけが残っている。この鰻が一番大きいのです。「特」のほうは小さい鰻が1.5。でも最近は他所の鰻があまりにも小さいから、この1.5が嬉しく戴ける。で、今日も1.5を目指して行ったら、ありゃりゃだったです。「何かお客さんが多くてね、ありがとね」と言われました(笑)。そうです!一生懸命宣伝してます!今や私の要のお店!繁盛してもらわなければ!

さてせっかく鰻好きの松井さんだから一計を案じて、普段1枚しか焼かない「上」の鰻で1.5は可能か?聞いてみました!!おおおお、OK!!そして来たら、これが超旨い!久々の大鰻だ。「大和田」さんで昔戴いていたような大きさ・・・・これは旨かった!!
a0041150_23214525.jpg

ただでさえいつもは一番先になくなる「上」の鰻だから、これで1・5をお願いできるのは、「太田鮨」の「コハダ丼」と同じくらい難しい!しかしまたチャレンジするぞ!!これはマジ旨い!!大満足!

そう言えば値上げしたと聞いたので「銀座鳴門」にも行ってみました。小さいほうのお丼ぶり。お味はそのまま!だから許せるかなあ。300円弱の値上げです。電車賃分ですね~近所で食べろってか。
a0041150_23181547.jpg

でもここは美味しいのでまた行きます(笑)。

昨日は天麩羅の「中山」さんに行きました。その前に「太田鮨」のおじいちゃんのゴキゲン伺いに行ったら、何と真嶋雄大さんがいらしててゴキゲンそうでした(笑)。こちらは寝起きみたいなスタイルだったから(笑)早々に退散。「中山」さんに行くと、ご近所で練習所を持っていらっしゃる清元美好大夫さんに遭遇。歌舞伎座の舞台のあとだったのか?その辺りはよくお伺い出来なかったけれど、バリバリ活躍なさっていらっしゃる。お弟子さんにも有名人が多い。色々な音楽のお話から始まって、近所の美味しい店の話まで盛り上がってしまった。

お食事のほうは大きなタコをサッと湯引きした、生ダコな刺身(笑)。その加減が絶妙で旨い!あとは天麩羅。もちろん美味しい。
a0041150_2362723.jpg

a0041150_2372852.jpg

最近はテレビでも有名になって、東南アジア辺りからもお客さんがやって来るような店になっちゃって。ほとんどの人が「天丼」ばかりだけれど、マジもったいないですね~。他人の情報を真に受けるだけじゃ人生つまらんよ。お魚の煮つけとか食べてみようね(笑)。

天麩羅と言えば、すっかりお気に入りになった「うさぎや」。ここは大好き。ギリギリまでに濃い味のツユ、コシのある蕎麦!本当に旨い!随分浸透してきて「蕎麦の蘊蓄語り」みたいな親父もチラホラ増えてきましたね。若い人に蘊蓄を披歴しながら・・・・(笑)。ま、これでお客さんが増えてくれればね、良いです。私は相変わらずわがままの言い放題ですけど、お店の感じの良さも抜群なので、ほっこり心が癒されますね。
a0041150_2385159.jpg

天麩羅も美味しい。お蕎麦屋さんとしてはかなりの上出来。全てが丁寧な感じです。
a0041150_23101793.jpg

a0041150_2311467.jpg

お蕎麦は2枚戴いてしまう。大盛りでもちょっと足らない。2枚目の蕎麦がまた旨いんだよね。私の定番は「天もり」+「もり」です。

相変わらず深夜の中華も行ってますよ、困ったことに(笑)。「天下一」だね。餃子が6個で300円を切っています。凄い!!最近のお気に入りは「カニチャーハン」。汗かいた後は特に旨かったりします。
a0041150_23123185.jpg

a0041150_23131249.jpg

また深夜の「ジョナサン」で、たまたま!!好評で復活していた「フォアグラ乗せハンバーグ」もすべり込みで食べられました。
a0041150_2323293.jpg

本当は2枚乗っているのが良いんだけどね。そのメニューはもう終わってました。残念。
by masa-hilton | 2013-09-18 23:25 | 日々の出来事

新CD、完成しました!!!

早々に、完成品がやってきました。写真で見るよりも現物は、お洒落でかわいい~という感じです(笑)。さすがデザイナーさんがすばらしい!そしていつもながら、リリースは感無量です!ありがとうございます。

市場に出るのは来週25日ですが、例によってアマゾンなどでは販売開始になっております。曲目の内容は以前に告知した通り。通好みの、濃く、そしてお洒落な内容になっています。お楽しみに!!!
a0041150_13591084.jpg

by masa-hilton | 2013-09-17 14:03 | ニュース

「ザ・クラリネット」にインタビュー記事

a0041150_311168.jpgクラリネットの専門雑誌、「ザ・クラリネット」第48号に赤坂達三さんとともにインタビュー記事が掲載されました。前回のCDのときも大きく取り上げて戴きましたが、引き続き今回も!ありがたいことです。

ピアノの専門誌はどちらかというと子供、学生が主流なので柔らかな優しいイメージが多いですが、クラリネットの雑誌は、大人のカッコよさを感じさせますね(笑)。

もちろん新しいCD「神曲・秘曲/ダンディ・鳥の詩」についての記事です。ダンディのトリオはピアノで言えばアシュケナージとかアルゲリッチとか、一流どころのCDは皆無なのです。どうしても曲を発掘する目的のメンバーなどによる演奏ではスケールも小さく、気ぜわしく、特にロマンティックな壮大さを持つ音源は入手困難でした。さらにドイツ系の人が演奏されることが多く、今後はフランス派の赤坂さんを擁するトリオ・ドゥ・ラヴァンチュールの演奏が1つのスタンダードになって行くのでは?というお声を多く戴いております。ぜひぜひお楽しみになさってくださいね。

この雑誌では赤坂さんの連載部分と2か所で告知されています。
by masa-hilton | 2013-09-16 03:14 | ニュース