<   2014年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

蕎麦のお気に入り店「うさぎや」さんの温かいお蕎麦

人形町では1番のお気に入りのお蕎麦、「うさぎや」さんで温かいお蕎麦を戴きました。蕎麦の旨い店では、どうしても冷たいお蕎麦を食べてしまうので、なかなか温かいお蕎麦を戴く機会がないのです。でもこう寒いとね(笑)。冷たいのはムリ!

「うさぎや」さんは夜はちゃんとお酒が飲める店。お酒のあてもあるので、粋な呑み助にはもって来いというところ。もっとお客さんが溢れてても良いと思うのですが、あまり酔っ払いで混んでいるのも風情がないので、この感じも良いですね。どうぞ、美味しいもの好きな「粋な酔っ払い」の皆さんは、ぜひぜひ大集合!

事情でしばらくお店を休んでいたんだって。それもビックリ!大好きなパスタの「孔雀の舌」もどうやら撤退のようす。「俺のフレンチ」とかに負けちゃうんだよね~。私はじっくり美味しいお店にしか興味がないから、こういう図式はとても残念。ウィーンなどに支店出したら繁盛したと思うのにな~!美味しいお店、本当に頑張って~~!

さてさて話は「うさぎや」さんに戻って。いつものように静かにお蕎麦を待ちます。
a0041150_316259.jpg

「鴨なんばん」にしました!とても旨い!
a0041150_3215287.jpg

ほらほら、どう見ても旨そうでしょ~(笑)!これはまた来ましょう!肉とつゆの味の融合も好みです。
a0041150_323087.jpg

美味しい天麩羅もあるし、この「鴨なんばん」とで親しいお友達を誘ってみようと思います。
by masa-hilton | 2014-01-27 23:58 | 趣味&グルメ

美味しいものを食べる?

私の新年会の多くは気のあうお友達と「美味しいものを食べる?」ということですね。もちろん美味しいものは1人でも食べられますよ(笑)。

今日は神田で途中下車して、鰻の「きくかわ」で特撰丼を食べました。また値上がりしてました。4000円。でも今どき、この大きさなら、その価値はありますよ。

洗面器のように大きな丼ぶりが!!
a0041150_2324268.jpg

顔ぐらいデカい鰻が!!(笑)
a0041150_2341397.jpg

これは大満足です。美味しい!私の鰻はこうでないとダメです。

昨日は、昨年来からお仕事の打ちあげをしよう!とお約束をしていたジャーナリストの伊熊よし子さんと「アンジェロ・コート東京」に行ってきました。ここはお気に入りだった「カノビアーノ東京」の後継店。以前行ったときよりも、お味は一皮むけて洗練されていました。これは美味しい!大満足!ぜひまた行きたいと思います。

「真ダコのボイル・バジル風味・季節野菜のスパイス煮込みとクスクスを添えて」と書いてこの写真だと、結構平板なお味を連想しがちですが、これが凄く美味しい!!ハーモニーが上品で幸せな情感を思い起こさせるほど。
a0041150_2361963.jpg

「低温調理した鱈のカルパッチョ、カボチャとオレンジ、クミンのソース」はクミンの香りが印象的で、通常のカルパッチョのような安易な感じがしない。「カペッリーニを巻いた赤座海老のグラティナータ、人参ソース」はパリパリ春巻のようにくるまれているが、人参のソースとともに控えめな感じ。海老が非常に旨いから、ここにも美しいハーモニーを感じますね。
a0041150_2311382.jpg

a0041150_2383515.jpg

パスタはカザレッチェ。「豚もも肉のラグー、リコッタチーズのアクセント」。私はパスタはもう少しイタリアの強くて開放的なお味が好き。シンプルなボロネーゼ風なものだと、コースとしてのバランスは崩すから難しい選択だったのだろう。しかし全てに細かい配慮がとられた一皿!
a0041150_2394828.jpg

1番最初の「真だこのボイル」と並んで、コースのベストは「サーモンのポワレ、ウイキョウとミニトマトのソース、根セロリのピュレを添えて」。サーモン自体が特別に美味しいものだったけれど、ウイキョウを使ったソースも根セロリも、美味しくないものが1つもない。それが上手く絡み合っているのだから、名手たちの楽しい室内楽のようだった。美味しい!
a0041150_23121522.jpg

メインは「子牛のロースト」。子牛ならではの上質な肉の美味しさが満載!このお肉でミラノ風カツレツを作って欲しいくらい!レモンのシャーベットが来て「ガトーショコラ」。上のアイスは何と、プラネタ社のEXヴァージンオイルのジェラートだ。何とも香り豊か!!
a0041150_23133034.jpg

a0041150_23144971.jpg

a0041150_23153490.jpg

真嶋雄大さんとは新大久保の「栄寿司」。面白いところが大好きな真嶋さん、ということだけれど、さすがにビックリされていました~(笑)。相変わらず個性的な栄寿司のマスター!大好きです。とてもお元気でした「イエッ!」。「大トロ」「赤貝」「あなご」などを「イエッ!」
a0041150_23175551.jpg

「イエッ」「イエッ」「イエッ!」
a0041150_2320172.jpg

「イエッ」「イエッ」「イエッ」「イエッ」「イエッ!」
a0041150_23211623.jpg

マスターが「イエッ」と言うたび「ビクッ」とされてました(笑)。気合一発!!初めての人は驚きますよ。大きな声ですし。でも美味しい!行くかたは「すじこ」も忘れずに!!相変わらず楽しいお店です。

デザートに寄った新宿「カフェ・トロワグロ」のケーキも印象的。ピスタチオの「エクレア」。まさにピスタチオ100%なお味(笑)。
a0041150_23223233.jpg

もちろんいつもの「太田鮨」でも。こちらは活動方針について語り合う会!
a0041150_23233433.jpg

「太田鮨」さんは昨日も伺いました(笑)。こちらは打ち上げでした。楽しかったです。
a0041150_23333241.jpg

a0041150_23344114.jpg

a0041150_23352654.jpg

新年会、銀座「華味鳥」もいつものメニュー!「水炊き」は温まりますね。「唐揚げ」がまた旨い!
a0041150_23375260.jpg

a0041150_23384380.jpg

a0041150_23395893.jpg

遅い時間の打ち合わせは「イル・バンボリーノ」。こちらももちろん美味しい!いつものスープに始まり、いつものアスパラ、いつものお祭りピザ。
a0041150_23411358.jpg

a0041150_2342643.jpg

a0041150_23425910.jpg

結局は同じ場所をぐるぐるですから、同じものになってしまいます(笑)。ここで管理人さんのひと声「きのこのパスタ」!これは選んで良かった、美味しいです。
a0041150_23442963.jpg

ディレクター氏のチョイスでは築地の中華「プープールー」に行きました。こちらは初めて。「歩歩路」と書きます。和食?フレンチ?と思わせるほどの繊細な心のこもったコースでした。難を言えば「これが中華?」というところで(笑)、普通に中華を食べたい人には向かないかもしれませんね。東京らしいお洒落なお店。

カルパッチョ風な「築地のひと皿」というアミューズからして驚き。さらにすばらしいのが前菜群。
a0041150_23454463.jpg

a0041150_2347118.jpg

細かく1つ1つ美味しい。これは手が込んでいますね。特に良かったのは「牡蠣のオイスター・ソース」「あん肝のジャン」「わかさぎの甘辛煮」、「蛸の青さ和え」「巻海老の甘辛揚げ」「ホタテ・数の子の紹興酒漬」等々。
a0041150_23502546.jpg

a0041150_23511930.jpg

通常のコースに「あわびの姿煮」をプラスしました。これが美味しい!!
a0041150_23522888.jpg

この「あわび」と前菜の「アラカルト皿」が一番だったかな。

スープのように見えますが茶碗蒸し!
a0041150_23534927.jpg

殻がついた海老にアヒルの卵ソースをかけたもの、おこげ付。ワタリガニのチリソースみたいなものだけど、手はこんでいますよ。ちょいとクセもありますがお味は良い。ただ食べにくいかもですね(笑)。海老の足が舌に突き刺さって痛かった(泣)。
a0041150_23545827.jpg

「牛肉の山椒煮こみ」はピリ辛。辛いのは苦手だから、私はちょっと困りました。お粥が来て、デザートも中華とは思えない感じで、お洒落。
a0041150_23561926.jpg

a0041150_23571175.jpg

a0041150_23582472.jpg

好きなものを自由に注文できなさそうなのがちょっと残念ですが、厨房では寡黙なご主人が1人で作っていましたから、わがままは無理でしょう。カウンター客がほとんどだから、笑顔のパフォーマンスは必要かもですね。誠実なかただと思うのですが、これではきっと誤解されてしまうかも?と心配です。またいつか行ってみたいですね。

最近また美味しいと思っているのが「ダロワイヨ」のパン。以前凝ったことがありますが、最近はカレーパン。これは私のカレーパンの中ではトップクラス!
a0041150_23592012.jpg

クリームの「コロネ」も旨いですよ!おやつを食べたりするのはいけないんだけどね(笑)。
by masa-hilton | 2014-01-23 23:28 | 趣味&グルメ

月刊「ショパン」2月号の特集記事に/失われて行く感性

a0041150_14382919.jpg月刊ショパンの2月号。今月の特集記事は「変奏曲」。そこに登場しています。

しかし現行盤でCDを選ぶとこんな感じになるのかとショック(笑)。隔世の感あり。自分のジイ様度をグッと感じました(笑)。特にシューベルトの「ます」とか、バッハやブラームスなど、優れた演奏よりも、こうした本でこそ伝統を伝える名盤を選んで欲しいと思うけどね。そこはしがらみもあって、これは苦渋の選択かと思います。私が書いてもきっとこんな感じになるでしょう。だいたい名演は国内盤では廃盤が多く、そりゃもともとが無理(笑)。「CD売れない」「クラシック特に売れない」からって、文化遺産は別枠。どこかに消えてしまうような補助金が出されるなら、こうした部分(名盤の保全と流通)にも充てられて良いのではないでしょうか?

今時バックハウスやケンプとか、シェリングとかシゲティとか、聴く人もいないのかな。でもそうして、失われて行くものがあればこそ、私たちの出番もあるというものですね(笑)。

a0041150_2102025.jpga0041150_2111690.jpga0041150_2104196.jpg別の話ですが、敏腕ディレクター氏とお話していて、彼の娘さんがプッチーニの「マノン・レスコー」を聴いていて、ドミンゴの声は受けつけないというのです。ドミンゴ=カバリエの「マノン」は、モダンで美しく完成度の高い演奏。一般的にはオススメなものですが、マノンに狂ってこの世の果てまで追って行ってしまうデ・グリューには、賢そうなドミンゴではなく、デル・モナコのような激烈な明日のことなど考えていないような、頭では歌わないタイプが良いと言うのです。これはすばらしい!いい話です!

私はデ・グリューは同じく、熱狂のディ・ステファーノが好きですが、今はこのタイプの歌い手もいませんし、こうした感性も、時代とともに段々失われて行くのでしょうね。

何て言ってるうちにアバドが亡くなりましたね。アバドなんて、私の中では若い指揮者のイメージしかなかったのに。
by masa-hilton | 2014-01-20 14:40 | ニュース

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(最終回)

深夜の練習が終わってから、船の事務局に行くこともありました。クルーやスタッフは本当に誠心誠意、寝ずのケアー体制。ホテルマンのようです。何が起きても大丈夫ですね。
a0041150_1961098.jpg

1月4日の朝早くに、進路変更のアナウンスがありました。お客さまに具合が悪くなられたかたがいらして、ドクター・ヘリで搬送されるにあたり硫黄島に寄ったそうです。さすが迅速な対応!!「もしかしたら東京着が遅れるかもしれません」とのことでしたが、結局それは遅れずに到着したのでした。すばらしい!!

進行ルートが変わったので、北硫黄島とか見ることは出来ました。
a0041150_197503.jpg

さて話は戻って私たちは1月4日はメインコンサート。船内新聞には私の例の「おっとっと」写真が(笑)!!
a0041150_1910577.jpg

夜21時過ぎからですから、よく考えて、朝ご飯は軽くパス。しっかり寝て早めのお昼!出た!皿うどん!お魚の唐揚げとともに。
a0041150_19121824.jpg

a0041150_1913536.jpg

そしてリハーサル。しっかりラン・スルーです。
a0041150_19162816.jpg

甲板散歩で時間をつぶします。全然平気ですが、少しずつ寒くなってきています。
a0041150_19202317.jpg

萩原さんや家田さんは操舵室で遊んでいました。海図とかあって面白いんですよ。
a0041150_19221929.jpg

a0041150_19231215.jpg

やがて夕暮れです。いい感じですよね。
a0041150_19243252.jpg

「リド・テラス」で、本番に備えてハンバーガーとスープで腹ごしらえ。
a0041150_1934541.jpg

2回目のコンサートは日本の歌とウィーン!こちらも前回より以上に楽しく終わりました。感謝です!コンサート終了後にご飯。今回のツアー、最後の晩餐ですね。
a0041150_19352211.jpg

a0041150_19363587.jpg

高級魚、オナガダイ。萩原さんは釣り上げたことがあるとのこと(笑)。
a0041150_19372563.jpg

a0041150_19382283.jpg

この肉の感じ、とても懐かしい。子供のころホテルで食べるとよく出てきましたよ。昔のパリのカフェ風とあったけど、それはよく知らない(笑)。へ~そうなんだ。
a0041150_19394126.jpg

a0041150_2011056.jpg

さて翌日は、いよいよ下船の日です。東京に近くなれば外は寒く、コートも必要!冬に戻ります!
a0041150_20324761.jpg

私もセーターを着ていますね。
a0041150_20352213.jpg

自分の家のようにしていましたから、荷づくりに時間がかかりました。その合間に朝とお昼を戴いたって感じです。

最後のイヴェント、高野さんとの「みんなで歌おう」コーナーも無事終えて、お仕事はすべて終了!大成功でした。これもお客さま、共演の仲間たち、クルーの皆さま、スタッフの皆さんのおかげです。ありがとうございました!!

船は東京湾近くに。周りに船が増えてきます。
a0041150_20363566.jpg

a0041150_20381079.jpg

この辺りになると携帯も通じるので、連絡がバンバン入ります。かくして南の島ツアーも終わり。今年も楽しいコンサートが数多く出来ますように!お祈りしながら、海に別れを告げました。
a0041150_20392840.jpg

めでたしめでたし!
by masa-hilton | 2014-01-19 00:19 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その6)

マニャガハ島から帰ってのお食事は和食。そう言えば何もお土産買わなかったね~とか、そんなことをみんなで話しながらパクパク(笑)。けっこう好きな感じのメニューでした。
a0041150_21145836.jpg

なす田楽やカツオのお刺身は見るからに美味しそう。
a0041150_2117980.jpg

a0041150_2118780.jpg

a0041150_21185473.jpg

a0041150_21231974.jpg

この日もきちんと深夜のリハーサルをしました。明けては1月3日の朝です。もうすっかり早起きの癖がつきましたね。
a0041150_2120359.jpg

しっかり朝ご飯。早い時間でも習慣になって食べられちゃう。同じ洋食でも毎日少しずつ違うので嬉しいです。ご飯のときは、たくさんのお客さまからお声がけして戴けます。色んなお話が出来るのも楽しい。
a0041150_21212628.jpg

a0041150_2122143.jpg

船は北マリアナ諸島を全速力で駆け抜けています。全然揺れることもありません。目の前に広がる風景もあっという間に通り過ぎます。大迫力!!
a0041150_2124259.jpg

a0041150_21293242.jpg

本日は萩原さんとのラウンジコンサートが2回あります。お昼はパスして適当な時間で「リド・テラス」に行っての軽食。この日はハンバーガーでなく、ホットドックでした。旨い!!2つ食べちゃおうかな?
a0041150_21274088.jpg

コンサートは楽しい雰囲気でこちらも成功!2回とも聴いて下さったかたもいらっしゃいますが、基本的にはお客様は入れ替えなのです(笑)。
a0041150_21311181.jpg

私は全部で延べ8回のコンサートですが、ここで6回終了!あとはメイン・コンサートと「みんなで歌おう」を残すのみ。遊んだ日もありますが、充実した毎日です。外はまだまだ暖か。ゆったりとした時間を甲板で。
a0041150_21322225.jpg

夜ご飯は「豚しゃぶ」です。蟹の酢の物や山菜の天麩羅などがついていました。
a0041150_21333923.jpg

a0041150_21344250.jpg

a0041150_21355387.jpg

a0041150_21365978.jpg

a0041150_21374726.jpg

船から見る夕陽・・・・・美しい!そして深夜は練習(笑)。
a0041150_2138589.jpg

帰路まっしぐら!ゆるりとした時間も終わりつつありますね。(つづく)
by masa-hilton | 2014-01-18 00:23 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その5)

グアム市内から帰って、船でお食事。1月1日は洋食のコース。ちょっと古風な感じのフレンチ。このアンティークな感じが、船旅というイメージに合っていますね。先人たちの贅沢な遊びの気分を、現代に呼び起こしてくれるような気がします。
a0041150_1433074.jpg

a0041150_1442938.jpg

a0041150_1452318.jpg

a0041150_1463262.jpg

a0041150_1472554.jpg

a0041150_1482194.jpg

この日もこの後はちゃんと、夜中の12時からのリハーサルをやりました。そしてその後は爆睡。久々に爆睡したような(笑)。この日は歩きましたからね。そしてかなりリアルな初夢を見ました!!そのお話はまたの機会に!です(笑)。

さてさて夜が明けると、もう船はサイパンにいました。この日遊びに行くマニャガハ島もハッキリ見えますね。
a0041150_1491793.jpg

それにしても海の青が!!美しい色です。これはもう別世界ですね。すばらしい。
a0041150_14102956.jpg

朝ご飯を戴いたのは午前7時。演奏家にとってはあり得ない時間(笑)。やる気満々ですね!!この日は高野さんは市内観光へ、私と家田さん、萩原さんはマニャガハ島で泳ぎまくる!というスケジュール。既にその辺りはご報告済でしたね(笑)。

朝ご飯は昨日の豪華「おせち」の残りかと思いきや、普通に一般的な和食です。おせちは、みんな残さず食べちゃったんですね(笑)。
a0041150_14113430.jpg

ご飯の後、バスに乗って島に行くための観光船乗り場に移動です。ワクワク!さすがに強い日差し!日陰は快適。いい感じです。
a0041150_14124813.jpg

a0041150_1413453.jpg

見えました!近づいてきました!まさに南の島ですね!美しい!周りでは海を楽しむ人々が思い思いに遊んでいます。
a0041150_14144954.jpg

上陸です。砂も真っ白ですね!!
a0041150_14154351.jpg

日本人や中国の観光客でいっぱい。まずは私達も買い物をしたり、泳いだりもぐったりと、大いに楽しみました。お昼はここでのバイキング。現地のスタンドが作ったようなお料理でしたから、これは軽く適当に。私は辛いものは苦手ですからね(笑)。

あちこちから「にっぽん丸のクルーズだ。いいなあ」の声が頻繁に聞こえてきましたよ。そうおっしゃる皆さん!!ぜひ次の機会に参加、体験なさってくださいね!
a0041150_14173392.jpg

それにしても、女性のビキニ姿というのは「ほとんど裸だ~」と再認識。もちろんこの場所だから出来る姿でしょうけど、「人間、主義主張を頑なに譲らぬような人でも、極めてイージーに環境に順応できる」というようなことを、改めて得心した次第(笑)。
a0041150_1420376.jpg

けっこう遊びまわったので、今度はパラ・セーリングをやることにしました。楽しそう。全然違うツアーの方たちですが、やはり男1人の女性2人のグループの日本人がいたので、ご一緒することにしました。モーターボートで海を爆走!沖合に出かけます。スタッフの現地人さん曰く「アノネ、メガネ、海、落チル、探セナイヨ。ダイジョブネ?」って、確かにうちら男は2人ともメガネでした(笑)。
a0041150_1421062.jpg

モーターボートも揺れてるし・・・・高いところは平気だけど、空も揺れるかなあ・・・・気持ち悪いのはイヤだなあ・・・・やめようかなあ・・・・どうしよう・・・・
a0041150_14222955.jpg

って、やるんかい?・・・・死ぬ時はこのおじさんとか・・・・ちょっとイヤだなあ・・・・むこうはもっとイヤだろう・・・・仕方がない・・・・飛べない豚はただの豚だ・・・・
a0041150_14234099.jpg

飛んだし~~~~~!ギャオ~~~~~~~!
a0041150_1424452.jpg

あれ?全然平気じゃん・・・・おおおおお・・・・これは楽しいかもだ。ウヒャヒャヒャ!
a0041150_1426670.jpg

高っ!気持ちエエエエ~~~~~!
a0041150_1426551.jpg

で、なぜ落ちる~~~~~~~~?
a0041150_1428916.jpg

「あ、落ちたね」「重いんだね」「ダイエットしろって言ったのにね」「いなくても明日コンサートやろうね」「そだね」
a0041150_14291249.jpg

フン!帰って来たもんね!!・・・・びしょびしょやけど
a0041150_14301646.jpg

今度は私たちの番ですわ・・・・あら、ちょっと!くすぐるのやめていただけません?・・・・チップあげないわよ!!
a0041150_14311658.jpg

家田さんと萩原さんコンビ、余裕で楽しそうなお2人です!飛びました~~!!
a0041150_1432438.jpg

そんなわけで遊び疲れて木陰でマッサージをたっぷり。これが超気持ち良かったです、最高。もんでくれるのは現地の女性でした。「お客さん、ホテルどこ?」「夜も行く?」と営業熱心!!でもマッサージもとても上手です!私が船で「夜は無理」と言うと「お客さん、色白いね。ウラヤマシイ」「お客さん、とてもいい匂いするネ」と微妙な方向に会話が進行。
a0041150_1433980.jpg

楽しいことをいっぱいしまして、帰ってきました。やっぱり大きいですね!!素敵です。
a0041150_143347100.jpg

さっきまでこの海の中にいたんですねえ~。
a0041150_1434485.jpg

部屋に帰ってよく見ると右肩の一部だけ日焼けしてました。「え~!日焼け止め塗ったのにぃ~~?萩原さん家田さんも手伝ってくれたけどなあ」ううう、いい加減にぬられた~(泣)。あたたた。仕方ない(笑)。
a0041150_14353745.jpg

じきに船は港をあとにします。ご飯を待って、その後は深夜の練習ですね。

お遊びはここまで!と演奏会モードに切りかえて帰路へと。(つづく)

閑話休題・・・みなさん、少し読み疲れてきましたでしょ(笑)。すみません。あと2回!ファイトです!
by masa-hilton | 2014-01-17 01:10 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その4)

元旦。朝早くからご飯!私たちもこの日は休日で、グアムに上陸。もちろん前夜から接岸していますし、夜にそっと上陸したりしてみました(笑)。港は軍事施設なので撮影禁止!ウロウロも出来ません。日本のようにお気楽な状況ではないですね。

さてさて、お正月と言えば「おせち」!ですね。朝食、朝も早いのに1人で3人前ぐらいの分量がある豪華な「おせち」!量が量だから全部食べられるかどうかはともかく、豪勢な気分で幸せ!さすが!!とても美味しかったし!
a0041150_17553346.jpg

手前のピンクの「寿」は羊羹です。伊達巻、昆布巻、縁起の良いものが並んでいます。
a0041150_17564798.jpg

真ん中はお赤飯。右は「エビ」「ふき」や「とこぶし」「煮ダコ」「くわい」等が盛りだくさんに!
a0041150_17574738.jpg

a0041150_1759335.jpg

もうここまででおなかいっぱいですよね、早朝ですから。でもこれにさらに「刺身」が続きます。
a0041150_180116.jpg

さらに「なます」「数の子」、そしてこれまた縁起物の3種盛、そして煮物が続く~~!
a0041150_1811828.jpg

a0041150_1835097.jpg

a0041150_1844960.jpg

加えて、昔の結婚式の定番「伊勢海老のグラタン」!!これは食べちゃうでしょ。
a0041150_1865558.jpg

そうそう、「お雑煮」もお忘れなく!デザートは「ウサギと亀」饅頭?桃山のような感じです!
a0041150_1882841.jpg

a0041150_1895543.jpg

とても楽しめましたね!!良いですね!これが今回のメインですね。動けないくらい、おなかいっぱい!!ですがグズグズしていられません(笑)。個人行動も何ですので、オプションの観光ツアーに半分参加して、その後で自由行動に移ることにしました。

バスに乗っていた観光ガイドさんはテキトーなおばちゃんで(笑)、何を言っているかよくわかりませんでした(笑)。これはもう地元気質ですね、許してあげましょう。でも通り過ぎてから「あ、今のはね~」って説明するのやめてほしい(笑)。そのおばちゃんに連れられ「それパワーストーンだから触っておきな」と言われ全員集合!
a0041150_1812330.jpg

公園内には、日本兵が戦った悲惨な遺跡も残されています。グアムやサイパンはいたる所にですよね。最近は中国人や韓国人が、心ないいたずら書きをしたりガムを捨てたりと、反日感情で最悪のマナーを呈しているらしいですよ。だからと言って、ガイドのおばちゃん「もう少しがんばってたら、今もここは日本の領土だったのよ~」と言うのは、ちょっとまずくないか?大らかなおばちゃんでした。

それはそうと、当然暑いです。日差しも濃いですね。日陰に入ればひと安心。気持ちが良いです。この日は時折、急な強い雨にも出くわしましたが、舞台に立つ身としては日焼け止めクリームは必携です(笑)。
a0041150_18133482.jpg

スペイン広場を抜けて、聖母マリア大聖堂が見えてきました。家田さんだと思ってついて行ったら、別のツアーガイドのお姉さんでした(笑)。やばし!!
a0041150_1815403.jpg

さすが南国の教会!という趣き。
a0041150_18165562.jpg

このマリア様、「涙を流した」というお話があるそうです。ガイドのおばちゃんが言ってました。
a0041150_127855.jpg

そしてイパオ・ビーチ周辺へ。水温も温かく海は青く、これは泳いでみたい気持ちでいっぱいになります。
a0041150_1232453.jpg

a0041150_1251472.jpg

水遊び・・・・楽しい!本当に「ゆかいな仲間たち」になってしまいました。ここにずっといたい気持ちになりました。
a0041150_1284660.jpg

「おーい、置いていかないでくれ~~~!」・・・・お財布(換金したドル)は萩原さんがまとめて持っているんだぞ~(汗)。「お出かけはひと声かけて声かけて!」
a0041150_1311665.jpg

そうそう。「恋人岬」にも行きました。愛のために命を絶った二人・・・・そんな悲しい場所を、こんな観光地にしてしまって良いのだろうか?安っぽいハートのお土産はともかく、伝説のストーリーはプレートに!
a0041150_1323020.jpg

a0041150_1333525.jpg

広場には、愛を誓う鐘もありました・・・・それを鳴らしたカラフ・高野(笑)。「トゥーランドット!トゥーランドット!」カ~ン!カ~ン!カ~ン!果たしてハッピーエンドやいかに!!
a0041150_121419.jpg

美しいと言えば美しい!断崖絶壁!!そして透き通る海!
a0041150_1345382.jpg

a0041150_1361341.jpg

ツアーは街中のショッピング・センターDFSギャラリアで終点。免税店!高級ブランド多し!日本や中国の綺麗なお嬢さんたちで賑わっています。でも円安だし日本で買うのと大差なし。おじさんは全く食指が動きません。
a0041150_1373040.jpg

高野さんはここで船に戻りましたが、私達は街中に出ました。やはり日本人が多いですね。
a0041150_1414754.jpg

お昼はアメリカンな、ビッグ・ハンバーガーで、決まりでしょう!!
a0041150_1402454.jpg

本当にでかい。日本版とは違って、ハンバーガーのお肉の上にステーキ肉も乗っています!サイド・ディッシュに何か頼まなくて本当に良かった。そしてオープンなバスに乗って、ちょっと郊外なショッピングモールにお出かけ。というか、家田さんと萩原さんのお伴です。バスに乗っていると、ちょっとした市内観光が出来ますね。
a0041150_14347100.jpg

運転手さんもアバウトな感じ!
a0041150_15717.jpg

ショッピングモールでは試着室に入ったお2人からの「もう1つ小さいサイズのものを!」「色違いは?」などの指示に従い、黒執事のように働きました(笑)。私は子供の頃、レッスンの帰りの母の買い物に根気よく付き合いましたので、女性の買い物について歩くのはあまり苦じゃないし、おせっかいにもお見立てもいたします(笑)。結局私のお見立てした服も買ってしまったお2人(笑)。今ごろ後悔しているかもしれませんね(笑)。そして暗くなる前に中心街に戻りました。
a0041150_146381.jpg

船に帰って、ゆったりと夜ご飯を待ちます。こうなると自分の家に戻ったように落ち着きますね(笑)。ご飯の後はちゃんと夜中の12時からの練習を予定しています。次のコンサートは3日のラウンジ、萩原さんと2回の公演です。(つづく)
by masa-hilton | 2014-01-16 00:09 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その3)

31日朝、この日の夜にはグアムに着きます。甲板も海も、暖かいというよりは暑くなってきています。南国の予感です。
a0041150_1431361.jpg

夕刻グアムに着いて即上陸、この日の夜はグアム市内のホテルに1泊されるお客さまもいらっしゃるとか。それは素敵ですね~。とても贅沢ですが良いかも!旅の醍醐味って感じです。我々はカウント・ダウンのコンサートでおもてなし!演出のかたとしっかり打ち合わせも出来ました!大事な1日の始まりです。

この日初めて、朝ご飯を戴きました。洋風の朝ご飯。フルーツもたくさんあり、スープも美味しい。卵料理はもちろん目玉焼(笑)。
a0041150_1443424.jpg

a0041150_1452229.jpg

お部屋のお掃除は1日2回やってくれるのですが、私は部屋では裸族(笑)。ぐずぐずお仕度をしていると、服を着るのが間に合いません(笑)。朝ご飯の間にやってもらえるようにするのが1番ですね。そうして朝ご飯から帰って来ると、扉がお正月モードになっていました。さすが!
a0041150_1471625.jpg

日本は今頃どうなっているのかなあ?等と思いつつ散策。ちょっとゆっくり出来る時間。まずは喫茶スペースの「リド・テラス」で名物「ゴディバ」の「ショコリキサー」を戴いたり(笑)。家田さん、毎日飲んでましたね。
a0041150_152952.jpg

これはとても人気があります。もうこのテラスのプールが泳げるようになっていて、子供たちが喜んでいました。私はフラフラと船の最上階まで行ってみましたよ。暖かくて気持ちいい!暑いけれど潮風が良い感じなんです。
a0041150_1584271.jpg

お昼御飯は皿うどん(かた焼きそば)。これは再登場しました。人気メニューなんでしょうか?カレーコロッケにかやくご飯。
a0041150_20254.jpg

そのあとは「ドルフィン・ホール」にて「カウント・ダウン」の細かいリハーサル。クルーのかたが司会をされます!ホントに皆さん芸達者で凄いですね。我々はコンサートでお手伝い。年末はしっとりと、年始は華やかに。
a0041150_224637.jpg

コンサート自体は23時半から24時半までだから、それまでには時間がありますね。ここで入国審査があります。もちろん我々もです。人間だけではなく、グアムから査察官がやってきて船全体も衛生上の検査など、上陸にあたってはかなり厳しい審査が行われるらしいです。日本人のほうがずっと几帳面なはずなのに、疑うなんて・・・・面白いですね。

そして夜ご飯。夜ご飯は18時からのグループと19時半からのグループに分かれます。メインショーが21時過ぎからですから、うまくセッティングされているんですね。今日は洋風な和食コースです。
a0041150_211529.jpg

a0041150_262241.jpg

a0041150_271912.jpg

a0041150_29237.jpg

この焼き魚美味しい!
a0041150_2181796.jpg

a0041150_227711.jpg

a0041150_2275962.jpg

実は22時半から23時半までは、お夜食コーナーがあります。もちろん夜遅くまで、いくつかのバーもやっています。私は酒は飲まないので、行けば夜食のほうですね。「たこ焼き」があったり「ビーフン」があったりと、なかなか美味しいんです。この日は大みそか!当然「年越しそば」が出ました。
a0041150_2293865.jpg

コンサートが23時半からでしたので22時半ジャストに飛び込んで、10分で戴いちゃいました。「きつね」そばでしたね。

カウント・ダウンもコンサートも無事に終わり、乾杯の宴も華やかに!
a0041150_2304448.jpg

まずはひと段落ですね。私達もひと安心です。この日だけは深夜の練習はお休みにして、夜中にみんなで乾杯いたしました。そして南の島に見る「初日の出」!!何とロマンティック!!
a0041150_2331440.jpg

今年も良いことがいっぱいありますように!あらためまして、あけましておめでとうございます!!
a0041150_2363731.jpg

本年もどうぞよろしく!(つづく)
by masa-hilton | 2014-01-15 01:07 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その2)

当初は乗りこんだその日にコンサートがあるような話もあったのですが、コンサートは2日目から。これで助かりましたね。体調は完全復活。ホント、ラッキーでした~!

まずは例の新しい島!見ました。西之島新島ですね。これはこれは!
a0041150_3123029.jpg

まだ煙が出ていますね。出来立てのホヤホヤなんですね!目の前の風景は迫力ありますが、望遠にしたらボケてしまった。
a0041150_316948.jpg

この日、29日のお昼は体に優しい「温麺」!それと「チラシ鮨」があったので、復調直後にはとてもうれしい感じ!
a0041150_3195897.jpg

a0041150_3213595.jpg

アスパラ巻のお肉もぺロリ!あれ?すでに食欲も戻っているし(笑)!お味も良かった。
a0041150_324010.jpg

食べてすぐ、13時からコンサートのサウンド・チェックとラン・スルー。スタッフの皆さんはとても手際が良い!ピアノはその都度舞台に移動します。
a0041150_3254976.jpg

リハーサルが終わり、本番は21時15分から。私たちの夜ご飯は本番終了後になります。つまりこの間は自由時間。寝ても良し、映画を見ても良し、ジムに行って体を鍛えるも大浴場に行くも良し!テレビ放送は艦内放送で電波は入りませんが、結構面白い映画などもやっていたようです。よく家田さんと萩原さんが「あれ見た?」みたいな話をしていましたね。私は・・・ほとんど寝ていました(笑)。

寝るのに飽きたらプールサイドにある「リド・テラス」という喫茶コーナーで時間をつぶしていました。リゾートな空間。外の風にもあたれますし「ハンバーガー」や「ホットドック」などのおやつを戴くことが出来ます。家田さんや高野さんは、いつもここで次のオペラの勉強をされていました。
a0041150_328277.jpg

夜ご飯まで時間があるので、この日はおやつの「ハンバーガー」を食べました。美味しい!お気に入り!思わず2個食べちゃった!これはヤバイ!(笑)
a0041150_331989.jpg

コンサートは大成功で!お客様にもとても喜んでいただけたようです。時間もオン・タイムで終わり、スタッフの評判も大変良かったです!
a0041150_1255281.jpg

で、この写真(笑)、この私の表情は船が一瞬揺れて「あっ!」と思ったときにシャッター!!ありゃりゃりゃ!面白くて良いけど(笑)。次のコンサートのメイン写真にもなっちゃって(笑)。

コンサートの後のお食事はフル・コースで大満足!やはり船には洋食が似合うかも。ゆったりとした気持ちになります。
a0041150_3402272.jpg

a0041150_12191893.jpg

a0041150_1220468.jpg

伊勢海老とステーキ!昔風なフレンチの感じが船旅をロマンティックに演出しますね。満足満足!
a0041150_1222215.jpg

a0041150_12244294.jpg

a0041150_12255018.jpg

それにしてもコンサート初日、うまく行って本当に良かったです!そのあとも深夜12時、また少しばかり練習とリハーサルをやりました!次の日はとても忙しい1日になりそうでしたからね。

30日朝、もう鐘にも驚かず早起き体制!まずは船内新聞にあるように、21時から家田さんとラウンジ・コンサート!このリハーサルとサウンドチェックもあります。
a0041150_12322879.jpg

その前に高野さんと「みんなで歌おう」のコーナー。リハーサルが10時過ぎ、本番11時15分から!
a0041150_3331875.jpg

皆さんと楽しく出来ました!オン・タイムで終わって急いでご飯。「ネギトロ丼」です。
a0041150_3365926.jpg

時間を見て甲板に出ると、ずいぶん暖かくなっていました。何となく太陽も眩しいですね。
a0041150_12171626.jpg

翌日は「大みそか」。当初予定になかったのですが、「カウントダウン」も私たちのコンサート形式でやることになりましたので、細かい打ち合わせもします。船のクルーの皆さんは有能であるばかりでなく、芸達者で器用でもあります。大喜利や仮装もするし、楽器も自在に弾けたりしますので、打ち合わせも段取り良く進みます。

さてこの日はラウンジ・コンサートの前にお食事となりました。夕刻になると海の風景はまた素敵ですね。
a0041150_12415274.jpg

この日もフル・コースの洋食でしたので、お誕生日を祝ってくれているようでした。実は私の誕生日です。共演者の皆もお祝いしてくれましたよ~。感激!
a0041150_12392586.jpg

a0041150_12434357.jpg

a0041150_12472547.jpg

a0041150_12511448.jpg

a0041150_1252876.jpg

a0041150_1253309.jpg

夜のラウンジ・コンサートもお客様が入りきれないくらいの盛況ぶりで、こちらも大成功で盛り上がりました。みなさまに感謝です。1つ1つ丁寧に作ってきたコンサート企画、みんなうまく行ってとても嬉しい。ナイスな誕生日になりました。(つづく)
by masa-hilton | 2014-01-14 00:53 | 豪華クルーズ旅演奏会

南の島にクルーズで!GO、GO、GO(その1)

昨年末から年始はにっぽん丸によるグアム・サイパンのクルーズでした。年頭のご挨拶ほんの少しだけの写真紹介帰国のご挨拶だけですみませんでした(笑)、レポートして行きますね。お待たせしました!「斎藤雅広と仲間たち」、今回のメンバーは家田紀子さん、萩原貴子さん、高野二郎さん。素晴らしいメンバーで、お正月をはさんで本当に楽しいクルーズになりました。

出発の日、ずっと横浜だと思っていた出港が晴海だったので、随分と移動が楽でした。ありがたかったです。朝早い横浜だったら、この荷物でどうしようか?と管理人さんにも相談していたところでした。萩原さんのお子さんの福ちゃんも、ちょっとの間にとても成長していて「お母さんが酒を飲み過ぎないように見張って下さい」みたいなことを言って(笑)。楽しく出港!!前日までは何となく定まらないお天気が多かったので、晴れの日の出発でラッキー!東京タワーも美しく!
a0041150_19544882.jpg

東京湾は船も多く賑やか、だんだん陸地をあとにして・・・・という雰囲気になって行きます。シャンパンで乾杯しながら、良い感じですよ。
a0041150_19551232.jpg

もちろん私たちはお客ではないので、お部屋などは空き具合と相談です。今回は偶然デラックスなお部屋が1つだけ空いていて、私は運良くそこに収まりました。おおお、ラッキー!これはセレブな気分でおじゃる!
a0041150_1956357.jpg

1人部屋なのでコンパクトですが、お風呂もついているVIPルームで何か申し訳ない。これはもうシティホテルですね。でも大浴場が素敵なんですよ~!おススメです!
a0041150_2005385.jpg

すぐ持っていった練習用の電子楽器を設置。練習用と言っても練習ではないのです(笑)。もちろん鍵盤には触れますが、逆に良いお部屋なので、音を出しては他のお客様のご迷惑になります。これは不測の事態で曲が増えたり、急遽編曲をしたりするための備えです。
a0041150_2023757.jpg

お部屋もすっかりカスタマイズしまして、今後の予定についての打ち合わせです。我々のグループは「斎藤雅広とゆかいな仲間達」というタイトルになっていましたね(笑)!さらに細かい打ち合わせも綿密に。船の中はイヴェントが満載ですから、まずはテレビの放送のようにオン・タイムで進めなければいけません。でもこれは私には得意分野です。

また今回はご厚意で、我々はお客さまと一緒のお食事をして良いことになりました。「斎藤さんは食事にうるさいから」とか笑っておっしゃっていましたが(笑)。最初のお昼と夜は和食!とても健康的な感じのメニューです。長旅ですからね、この配慮は必要です。さすが!!
a0041150_20113737.jpg

a0041150_20122816.jpg

a0041150_20133432.jpg

このお昼と夜の食事の間に、萩原さんが船酔いで死にました(笑)。いや、笑いごとではないです。すぐ医務室に走って行って注射をうったので、夕方にはすっかり元気に復活されていました。良かった良かった。船の夕暮れはドラマティックな情景です。
a0041150_20483826.jpg

あ~それで、船酔いは他人事ではありませんでした。実は夜ご飯から深夜のリハーサルの間の6時間に、私も死にました(笑)。特に深夜のリハーサル時はMAX!!「だから乗船したときに、すぐ注射しなさいって言ったでしょ!」とディレクターの橋本さんに怒られましたが、橋本さんのおかげで深夜にもかかわらず急患扱いの注射ができまして、翌日からは復調しましたぁ~。セーフ!ありがとうございました!

酔いながらも、この日は普段の私から思えば、サッパリしたものを食べてましたから、ちょっとだけ幸運!助かりましたね。この日の朝は家の前の「カフェ・ド・クリエ」のサンドイッチ。看板の写真と違う!・・・と物足らない感じがしたのですが(笑)、これは良かったのです。おお、神よ。
a0041150_20285627.jpg

萩原さんは普段から船の沖釣りが趣味だったり、私も「かなり揺れても大丈夫」という自信があり、これが裏目になりました。揺れというのは大きい小さいではなくて、個人的に「大丈夫な揺れ」と「ダメな揺れ」があるのですね。勉強になりました。これからは乗ったら即・注射。酔い止めも離さないことにします(笑)。ご心配かけてごめんなさい。

コンサートのラン・スルーやサウンド・チェックを含む大きなリハーサルは、当日の午後などにあるのですが、演奏者サイドのリハーサルや練習は、夜中の12時や1時、お客様がおやすみになってからになります。コンサート会場のドルフィン・ホールはホテルで言えば大宴会場ですが、ちゃんと音が届くのでとてもやりやすい感じです。
a0041150_20181181.jpg

翌日は午後からリハーサルでしたので、さらに安心。用心して朝ご飯をあきらめて、ゆっくり寝てスタートしようと思ったら、朝7時ぐらいから船内放送が(笑)!!そして毎朝8時には鐘が鳴ります(笑)。これは「八点鐘」というのだそうで、これに続いてキャプテンの「どうして地球はできたか」みたいなお話が、ゆったりと始まります。普段、家で「午前中がない」生活をしている身としては(笑)ビックリ仰天。見ると朝ご飯も8時45分までなんですね~。これも私にはかなり早いです。とりあえず毎朝、この時間を「洗濯の時間」にあてることにしました(笑)。

この日は完全復調していましたが、予定通りに朝ご飯はパス!船内には船内新聞で、コンサートが大々的にアナウンスされていました~~。さあ、がんばろう!
a0041150_20391865.jpg

甲板に出るとさらに風が気持ち良く!!まだ日本の近海ですから寒さがありますが、寒いの大好きだから平気平気!何よりも良いお天気です!まさに船上のピアニスト!
a0041150_20201146.jpg

お客様は船旅のベテランのかたが多く、皆さんお元気!いつも笑顔で素敵なかた達ばかりです。「いやあ、昨日はちょっと揺れたね」「帰りはもっと揺れるからね、何てことはないさ」なんて会話が聞こえてきました!さすがさすが!(つづく)
by masa-hilton | 2014-01-13 01:42 | 豪華クルーズ旅演奏会