「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

月刊「ショパン」、「ぶらあぼ」のインタビューを受けました

昨日は「ショパン」と「ぶらあぼ」のインタビューでした。今回のインタビューは新しいコンクール、デザインK国際ピアノコンクールの立ち上げについてです。
a0041150_23184252.jpg

昨今は大きなピアノコンクールに入賞出来ても、その後ピアニストとしての活動が稼働できない、優秀な、まだまだ若い人たちが演奏家をあきらめて教育活動に専心せざるを得ない、という「演奏家は食ってはいけない」状況がトップクラスの才能にまで及んできているのです。当然、ピアノ人口も最近は減る一方だそうで。それもあたり前なんでしょうね、悲しいですが。

演奏家への望み敗れ、自分の不運?境遇を嘆き?やがては他人を攻撃するだけのような、くだらない嫉妬に駆られるような人生になるのは簡単です。大変でも、それでも光明を見出そうと前向きに努力して、相手を傷つけるのではなく、みんなで仲良く手を取り合って前に進むほうが良いじゃないですか!そもそもは日本の音楽教育が、子供の頃にきちっとなされないので、むちゃくちゃな視点で音楽を聴いてしまう人間が多いのです。それは聴き手やアマチュアばかりではありません。私たちだってですよ(笑)、ヨーロッパで専門的に正しい教育を受けたからこそわかった!ということです。

かつてヴァイオリンのヨゼフ・スークと合わせたときに「君は正しいベートーヴェンを知っているし、僕も知っている。だからもうリハーサルしなくて良いんだよ」と言われ握手を求められたときに、初めて「演奏家になれたんだ」と思い、誇らしい気持ちにもなれました。音楽の本当のルールをわかっているかどうか、これは一番大事なことです。音楽と向き合う自分ばかりでなく、私たちは辛抱強く長い時間をかけて、自分のファンになって下さった人たち、そしてアンチの人たちとも向き合って(笑)、やがて正しい音楽を理解してもらえるように努めなければなりません。膨大なエネルギーがいりますね。

そのエネルギーの素として必要なのが「演奏できる場」です。「場」がなければ結局は枯れてしまいます。ですからこのコンクールは「受賞した人」「受賞出来なくても才能を見出せる人達」に「演奏の場」を与えるためにスタートします。デザインKの事業主である日下部さんからは、普段聞かないビジネスのモデルを学ぶことが出来るでしょうし、演奏家としてやっていく上でのノウハウを得るためのヒントを知ることもできるのではないか?と思います。演奏家の応援団です。ぜひ若い人には頑張ってほしいですね。

音楽のことを話し出すと深刻になるので参りますが、昨日はインタビューでもこうしたことを話しました。さらにそのあとはデザインKの日下部さんとは、お肉会議をしました!!六本木の「格之進R」です。
a0041150_23222438.jpg

外から見えるディスプレイで何を食べるか決められます。スゴイスゴイ!
a0041150_23232461.jpg

a0041150_2323429.jpg

a0041150_23235973.jpg

a0041150_23241734.jpg

新鮮でボリュームたっぷりなお肉を思う存分、大満足ですね。ただバルのような形式なので、お味は塩コショウばかりで今風のレストラン。常連になればいろいろなお味をリクエストできるのでは?と思います。
by masa-hilton | 2014-06-26 23:29 | コンサート・イヴェント告知

ガラ・コンサート盛り上がりました!ありがとうございました

ドイツ系のオペラ歌手4人組によるヘビーなガラ・コンサート、おかげ様で盛り上がりました。ありがとうございました。ここのところ武蔵野では、かなりズバ抜けた能力を持つ歌手が続いていたので、そういう意味ではちょっと損をした彼らかもしれません。が、とてもリラックスした雰囲気の中で、やはりドイツ系の歌に光るものがありましたね~。良かったです。

マジに彼らが自信を持って歌う得意な曲は、アンサンブルが難しいような曲でも合わせやすいんです。面白いもんですね~。それにしても彼ら、練習全然してくれませんでした(笑)。今日だって結構早く楽屋入りしたのに、充分ゲネプロできたのに合わせる気配は全くなく・・・・。ま、そういう人は逆に事故があっても気にしないし、型にはまるよりはスリリングなのが良く、自由な雰囲気が好きということですね。実際「共演できて楽しかった~」「とても感謝してマス、ありがとう!」みたいに舞台裏はノリノリで、とっても喜んでました。おかげ様でこちらも楽しかったです、ありがとうございました。めでたしめでたし。

ところで今日はまた新しい秘密兵器がデビューしました。舞台は照明が強いので本当に暑い。空調は絶対必要です。すると、楽譜が空調の風でめくれてしまう。かつて野外コンサートで楽譜が全部飛ばされ(笑)、演奏を止めたこともあります。けっこう悩ましい問題です。楽譜が動かないような重しがあれば!これです!
a0041150_13134876.jpg

飲みかけワインの栓ですね。これ、熊本マリさんからもらいました。彼女は私がワインをたくさん飲むと思ってくれたんですけど、サリーちゃんの魔法の杖のように見えます(笑)。とりあえず楽譜がめくれてしまうことは見事防いでくれました。

今日はお昼は「大市」で「すき焼き定食」。大好きです。人気もありますね、お店は最近いつもいっぱいです。
a0041150_13151642.jpg

夜はマーケットのお弁当が閉店時間で半額になっていたので(笑)買ってみましたが、これはNGでした。199円だもんな。深夜のジョナサンが前回楽しかったので、深夜のサイゼリア!!ビックリする安さですね。
a0041150_1316669.jpg

a0041150_13165198.jpg

ミネストローネスープ、悪くないです。トマトいっぱいで、ジョナサンより旨い&安い!エスカルゴも399円にしては旨い(笑)!ただちょっとシコシコしているカタツムリですね。どこのデンデン虫かな~(爆笑)。でもこれはまた食べても良いです。1人暮らしっぽい女性客が多いファミレスですね。
by masa-hilton | 2014-06-24 13:23 | 日々の出来事

トマシュ・ヴィヤさんたち、4人の歌手と会う(笑)、そして曲目

a0041150_10293926.jpg昨日はソーニャ・シャリッチさん、シュタイン・マリエ・フィッシャーさん、アッティリオ・グラセールさん、トマシュ・ヴィヤさんたちに会ってきました。実はこの4人の歌手は、ベルリン交響楽団の公演の歌手として来日されています。それも栃木!

「いいよ。リハなんかしなくて」と、そこまでハッキリ言ったかは分かりませんが(笑)、ほぼそんなノリだったのですが、今回のガラコンサートは、それこそ「バタフライ」や「トスカ」やナポリ民謡じゃなくて、この人たちがドイツ系ということもあり、モーツァルトやワーグナー満載のプログラム!そういうわけで「せめて1回は合わせてね」と栃木までお出かけしてきました。9時16分の新幹線。

思ったものと調が違っていたり、レチタティーヴォの有無など!合わせて良かったですよ。彼らも「ブンダバー!」と安心して、当日は6時からのゲネプロになりました。歌の人はみんなこんな調子ですね(笑)。でも今回の4人はさすがにドイツ系なので、同じように少ないリハーサルでも「出たとこ勝負」ではないんですよね。そこが面白いとこです。鼻歌リハーサルみたいなことはないし、やり出すとテンポの指定などは細かい。プログラムの変更もなくキチンとしていました。そういう面では安心とも言えます。

県庁の近くにある栃木県総合文化センターのホール。そこのリハーサル室にお邪魔いたしました。リハーサル室と言ってもオーケストラやバレエも出来そうな、とても大きなお部屋ですね。
a0041150_1101221.jpg

歌手の皆さんは、写真とはかなり違います(笑)!!皆さん優しい感じのいいかたで、ホントに良かった。ソプラノのシャリッチさんは豊かな体格から、伸びやかな声が響き渡ります。まだ凄くお若いんですよね?貫禄のワーグナーでした。メゾのフィッシャーさんは背が高く声は低め、スケールの大きな品の良い表現力!グラセールさんはお髭で(笑)、リリックな軽やかなテノールになるのでしょうけど、日本だったら充分ドラマティックなものも歌える感じでした。ヴィヤさんは話し声からバス歌手ですが、歌われると軽やかな感じ。見た目もピクニックに来たヨーロッパ人という感じで(笑)とても楽しそうです。

プログラムは以下の通り。こりゃゲネプロだけじゃ厳しいでしょ。

モーツァルト「フィガロの結婚」 より『すっかり用意ができた~眼をちょっと見開いて』 (フィガロ)-バス
Mozart: Le nozze di Figaro / Figaro: Tutto è disposto...Bass
モーツァルト:歌劇「ポントの王ミトリダーテ」 より『私は罪びとです』(ファルナーチェ)-メゾ
Mozart: Mitridate / Farnace: Son, reo l'error confesso Mezzo-soprano
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から『カタログの歌』(レポレッロ)-バス
Mozart: Don Giovanni / Leporello: Madamina Bass
グルック:「オルフェオとエウリディーチェ」から『エウリディーチェを失って』(オルフェオ)-メゾ
Gluck: Orfeo ed Euridice / Orfeo: Che farò senza Euridice Mezzo-soprano
モーツァルト:「魔笛」から『なんと美しい絵姿』(タミーノ)-テノール
Mozart: Die Zauberflöte / Tamino: Dies Bildnis ist bezaubernd schön Tenor
ベッリーニ:「ノルマ」から『清らかな女神よ』(ノルマ)-ソプラノ
Bellini: Norma /Norma: Casta Diva Soprano
ドニゼッティ:「愛の妙薬」から『人知れぬ涙』(ネモリーノ)-テノール
Donizetti: L’ elisir d’ amore / Nemorino: Una furtiva lagrima Tenor
ヴェルディ:「リゴレット」から『どうもあなたにはいつか~美しい恋の娘よ』-四重唱
Verdi: Rigoletto / Un di, se ben rammento mi ... Bella figlia...Quartett

ビゼー:「カルメン」から『恋は野の鳥』(カルメン)-メゾ
Bizet: Carmen / Carmen: L'amour Mezzo-soprano
グノー:「ファウスト」から『この清らかな住まい』(ファウスト)-テノール
Gounod: Faust / Faust : Salut! Demeure chaste et pure Tenor
オッフェンバック:「ホフマン物語」から『舟歌』(デュエット)-ソプラノ&メゾ
Offenbach: Les contes d'Hofmann / "Belle nuit..." (Barcarole) Soprano – Mezzo-soprano
ニコライ:「ウィンザーの陽気な女房たち」から『聞け、森で雲雀がうたうのを』(フェントン)-テノール
Nicolai: Die lustigen Weiber von Windsor / Horch die Lerch singt im Hain Tenor
R.シュトラウス:「ナクソス島のアリアドネ」~『愛も、憎しみも、希望も、ためらいも』(ハルレキン)-バス
Strauss: Ariadne auf Naxos / Harlekin: Lieben, Hassen Bass
R.シュトラウス:「 ぼくの頭の上に広げてくれよ おまえの黒い髪を 」 6つの歌 Op.19より-テノール
Strauss: Breit über mein Haupt Tenor
R.シュトラウス:「 献呈 」-テノール
Strauss: Zueignung Tenor
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集より『悩み』-メゾ
Wagner: Wesendonck-Lieder - Schmerzen Mezzo-soprano
ワーグナー:「タンホイザー」から『おごそかなこの広間よ』(エリーザベト)-ソプラノ
Wagner: Tannhäuser / Elisabeth "Dich teure Halle..." Soprano
ワーグナー:「タンホイザー」から『夕星の歌』(ヴォルフラム)-バス
Wagner: Tannhäuser / Wolfram "Das Lied an den Abendstern" Bass
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」から『静かな夜』(レオノーラ)-ソプラノ
Verdi: Il trovatore / Leonora: Tacea la notte placida...Di tale amor Soprano


彼らは4人で分担ですし、もともと体力のある外国人なので楽々ですが、私は休憩なしでのリハーサル、疲れましたね(笑)。とても宇都宮餃子を食べまくって帰る余裕はなかったです。でもひと安心。私としては朝も早かったからなあ~。朝ご飯は新幹線の中で「うなぎ弁当」1800円。高いのにまずい!
a0041150_1132737.jpg

鰻が希少なのに、こんなまずい料理にしてはいけません!
a0041150_11323690.jpg

大体駅弁で「ひもを引っ張ると熱くなる」ものはキライです。やはり駅弁はなかなか良いものがない。地下で売っていた「深川飯」の鰻だってまずかったからな、それでも、あのほうがかなりマシですね。

そういうわけでお昼は宇都宮ではなく、帰ってきて上野で。上野の大好きなトンカツ「武蔵野」に行きました。高級風な柔らか、そして分厚いトンカツがランチだと1000円で食べられるミラクルなお店です。昔から行っていました!最近思い出して通っています。肉厚なヒレカツを戴きました。旨い!
a0041150_1133568.jpg

店内写真禁止なんですよね。夜のメニューだと「トンカツの大」というのもあって、これがまた凄いのです。規則違反で撮影した写真が食べログには載っています。チェーン店でもないのに、こんな美味しいお肉を安く提供するのは、ただただ「お客さんのため」という心意気!それ以外はないと思うのです。それなのに「旨い」とか「まずい」とか「衣がどうの」だの勝手なことを言われ頭に来るぜ、全く!そんなところなんじゃないでしょうかね(笑)?

家に帰ったら爆睡!そして夜10時ごろから起き出してゴソゴソ。夜は夜中の「ジョナサン」に行きました。また新しいメニュー。ファミレスもがんばってますね。
a0041150_11352278.jpg

a0041150_11354237.jpg

a0041150_1136524.jpg

a0041150_11371660.jpg

定番のミネストローネに続けて、マッドシェルのフリット、蟹さんです。旨い!メインは赤海老とアボカドのトマトソースのパスタ。なかなか美味しいですね。バリラ社のパスタだそうで、この食感が良い。イタリアンのお店もウカウカしてられないですね。そして桃シャ-ベット&ソフトクリームが旨い。ぐっと沁みるね~。思いの外シャーベットも美味しかった。なんか暑かったからな。幸せなひと時でした(笑)。

夜中、静かなファミレスでこんな風にソフトクリームに至るまで(笑)、心いくまで自分の好きなものを注文しているおじさんって・・・・どうだろう?やっぱりやばいかな(笑)。TシャツのEA7がEATに見えてくるって?
by masa-hilton | 2014-06-22 12:14 | 日々の出来事

いつものように、です

今日の夜は天麩羅の「中山」さん。疲れた時や煩わしいことに追われている時は、ここにいると休めるんですよ。でもゆっくりはしませんでした。簡単に冷や奴とお刺身を少しと、特別な「かき揚げ丼」で!
a0041150_2334255.jpg

a0041150_2341052.jpg

a0041150_2343184.jpg

私の特注の「かき揚げ丼」、いつ食べても旨い!海老やイカも野菜も入っていて、とても贅沢です。しめて3200円也。昼間は富沢町の「喜久川」さんで小ぶりの2200円の鰻。今日はこの量でちょうど良かったのです。
a0041150_2323172.jpg

とまあ、更新してもいつもと一緒でしょ?違うと言えば夜食の中華「天下一」で「冷やし中華」。去年は「天下一」、「冷やし」やらなかったんだよね(でも現在はどれもこれも不味くなって、食べられなくなってしまいましたけど)。
a0041150_231378.jpg

「餃子」と合わせても750円ですね。昨年美味しかった「龍盛菜館」の「冷やし」、昨年は1位をつけましたが、今年はちょっとパワー不足ですね(笑)。残念。
a0041150_2201629.jpg

a0041150_2305742.jpg

ここのお店は「酢豚」など、好きなお料理がいっぱいあってお気に入りですが、「餃子」はいつもイマイチ。「餃子」が美味しいのはちょっとお高めですが「佳華」さん。丁寧に作ってあります!モチモチです。これはオススメ。
a0041150_219737.jpg

a0041150_2192293.jpg

「冷やし」も今年はここ「佳華」で決まり。懐かしいお味とともに、乗っている具が良いんですね。また行きますよ。「冷やし中華」も子供のころからお気に入りのメニューですが、その手のものに「スパゲッティ・ミートソース」があります。懐かしい「ミートソース」と言えば喫茶「ロン」のソフト麺(笑)。好きですよ。そして濃厚な「日勝亭」の「ミートソース」はさらに好き!ちゃんとしたイタリアンの「ボロネーゼ」も良いですね。「イル・バンボリーノ」のも好きですよ。でも最近のイタリアンの傾向は「ソース少なめ・肉多め」の物がよくあります。薄味で、これはチョイ好みではありません。

マスターが良い感じのイタリアンの飲み屋「BANCO」(バンコ)さん。こちらの5月のランチが「ミートソース」だったので気になっていて、ついに伺いましたが、これが最近の傾向のやつ。
a0041150_29524.jpg

a0041150_2102971.jpg

残念ながら軽くて、ちょいと私の好みに合いませんでしたが、女性陣ならむしろこの方が良いのでは? このお店はお酒飲めたら、夜に行けば楽しそう。うるさすぎない大人な感じがいいですね。

普通の「ミートソース」なら、久松警察前の喫茶レストラン「ボンテ」のほうがそんな感じ。
a0041150_275620.jpg

これはなかなか!充分なんですが、マイルドさの中にちょっとピリ辛な感じも。若い人はこのほうが良いんでしょうね。で、以前も書きましたが最近見つけたのが「トーキョー・パスタ」さんの「東京ミートソース」。これこそは万人向きでしょう!量も多い。これは私も好きだし若い人も大丈夫。今回は夜に行ってソーセージと一緒に。旨し!やはりこれは良い!
a0041150_21844.jpg

a0041150_212921.jpg

a0041150_214799.jpg

なんか、ランチの時よりも味が濃厚?かもしれないですね。ではではランチ再訪。大盛サラダがついてきますね、テイクアウトもできます。
a0041150_22398.jpg

a0041150_231159.jpg

ほら、ちょっと薄いお味だよ。忙しいからかな?(笑)。ちょっとネギがレア?味を変えてる?ここでシェフ登場!「え~~っ!同じように作ってますよぉ~~(汗)」(爆笑)!!シェフはまるで「ゆるキャラ」のような人だった。この優しい感じがちゃんとお料理に出ているんですね。ますますお気に入りです。ではもう1度夜に!だ。
a0041150_25418.jpg

a0041150_252431.jpg

やっぱり濃厚なような(笑)。でもかまわない。私はどちらかと言えば濃厚なほうが好き!夜に来よう!サイドの「カニコロッケ」は・・・・見た目が冷凍ぽくて、これは損だ。しかしこれは「高級洋食屋さんのような見た目イメージにしてみたんですけどぉ~~(汗)」ということだった(笑)。なるほど、確かにそんな感じだね。ま、バルだからもっとワイルドなほうが良かったりするかも。お味も良いがお人柄もとても良く、さすが人形町の客もよくわかっていて、結構お店は流行っていますよ。これからもぜひ応援したいお店、またいろいろ食べてみよう、ピザもあるんだね。

ピザと言えば「人形町ピザバル」。バル特有の居心地の悪さはあるけど(椅子がお尻が痛い)、ピザはとても美味しい。日曜やっているのが良いよね。今回はゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザを戴く、「ハニー・ゴルゴンゾーラ」。
a0041150_1594293.jpg

a0041150_1595666.jpg

蜂蜜をかけなくても十分美味しい。むしろ蜂蜜をかけるとチーズが負けちゃうかな。その「しつこくないところ」がウケるのだろうと思う。私はもう少し臭いチーズでも良い(笑)けど、十二分に許容範囲。前回は何となくピザが小さい気がしたけど、今回はそんなこともなかった。最近は美味しいピザが食べられるところが増えたね。表通りにもいくつかあるけど段違いにこちらが旨い!
by masa-hilton | 2014-06-21 02:36 | 趣味&グルメ

あともう一戦!

サッカー、見てるだけで疲れますね(笑)。惜しい!そこだ~~!皆さんそんな感じで朝からハイテンションになったのでは?

レスリングみたいに体の大きさの階級があるわけではないので、もともと体力差や身体能力の差がある相手との戦い、いくらメンタルが強くても攻撃的であっても、走り回っても、ホントは難しい気もしますね。理論的に考えても、普段なかなか陸上では金メダルが取れないのですから。それに日本は豊かな国だし、戦争経験のない若者たちですから、「戦う」という気持ちも他国とは違い、貴族的だと思うのですね。

だから、ダントツに技術が優れていることが必要だと思います。最小限の走りで効果的な攻撃みたいな・・・・サッカーでは無理か?野球ならあり?

そんな中、選手の皆さんは「現代日本人の限界」のところで、立派に戦っていると思います。頑張りが足りないなんて、よく言えるなあ・・・・。他人にあおられることなく、もうひと試合、思う存分に!

さてさて、ひさしぶりに足立さつきさんがやってきました。人形町は混んでていっぱいで、上野のがんこ寿司に行きました。アラカルトで食べるとなかなか楽しいです。お好み寿司の「がんこ鯛」や「やりいか」などは絶対オススメ。
a0041150_11122356.jpg

a0041150_11113983.jpg

a0041150_11115932.jpg

お好みのお寿司の他には、なめろう・うざく・たこわさのセット、黒豆豆腐。
a0041150_1113411.jpg

a0041150_11133783.jpg

a0041150_11135363.jpg

a0041150_11142542.jpg

焼鳥や蟹グラタンも。青森のコンサートの打ち合わせも順調に進みました!
by masa-hilton | 2014-06-20 11:02 | 音楽・雑記

雑務に追われ、まとめ更新~~!

やることが多いと、ついついブログから離れてしまう。おまけに鰻が絶滅危惧種等と言われると、毎度戴いている鰻の写真が貼りにくいではないか(笑)。鰻は輸入元が中国なので、国際ルール超えたフィーリングで出荷し続けてくれるような(笑)・・・・でも「ニセ鰻」ってこともあるかな?それは困るな。やはり正規のルートで(笑)!とりあえず私は心配しつつ週三回、お店にあるうちは戴こう(笑)。今日は「銀座鳴門」。
a0041150_21561650.jpg

鰻がなくてはこちらも絶滅しそうだから(笑)。それにあんまり暑くなると鰻は食べづらい。世間は鰻は夏に食べるものだと勘違いしているから。今のうちに食べておこうと、雨の谷間に富沢町の「喜久川」に出かけて遠慮気味に「上」。ここは小さくても美味しい。
a0041150_21573134.jpg

お天気も定まらず、蒸し蒸し暑いけれども、つかの間で薄着がこたえる時も!ちょうど美味しいお蕎麦が食べたかったので「うさぎや」で「鴨南蛮」。
a0041150_21582892.jpg

やはり美味しい。鴨肉の質が違うんだから、あたり前だ。
a0041150_21584728.jpg

美味しいお蕎麦と言えば、打ち合わせを銀座の「田中屋」で。ここはお料理も美味しいので、管理人さんがリクエスト。加茂ナスの田楽旨~~~い!大当たり!
a0041150_21594745.jpg

かき揚げとお蕎麦。お蕎麦は盛りが少ないから二枚は必至。
a0041150_2203389.jpg

a0041150_2205764.jpg

続いてはハンバーガーの旨い店、「T.G.I.フライデーズ」上野店にも再訪。よく行く。定番のジャック・ダニエル・ソースで濃厚に!好きだなあ。
a0041150_2223572.jpg

これをしっかり重ねて、ガブッと行く。じゃないとね~。その下は、つまみにとった「ポップコーン」。スパイシーでも蜂蜜にからめてあるので食べやすい!旨い!
a0041150_2215778.jpg

a0041150_2252286.jpg

ディレクター氏には昨年オープンのイタリアン、内臓肉の旨さで評判の「ノード・ロッソ」に連れて行ってもらい、肉肉しい内臓系の見事なメニューにテンションも高く。当然パンにつけるリエットなどもさり気に美味しい。
a0041150_2283494.jpg

トン足なども使ったテリーヌ。看板のレバーのソテーは最高のテイスト。
a0041150_229297.jpg

ハラミやおっぱい、タンの根っこの所、ハツのミックスグリルといったところ。美味しいが塩味なので、素材の良さを味わう感じ。ハツが凄い!
a0041150_229409.jpg

a0041150_22104247.jpg

〆はパスタ。クリーム系を選んだが、これもなかなか旨い。ぜひ次回はボロネーゼを!ディレクター氏のひと言「斎藤さん、野菜も食べなきゃダメですよ」(笑)。

人形町に熊本マリさんが遊びに来て「イル・バンボリーノ」。こちらはいつものメニュー。ちょっと久しぶりだったのでとても美味しく感じた。オマール海老&ホタテのテリーヌ。ホワイト・アスパラももちろん良い。お気に入り!
a0041150_22135870.jpg

a0041150_22144428.jpg

パスタはランチメニューにもあるトマトの冷製パスタ。これがとても旨い。グランドメニューには冷製パスタは、確かウニかなんかのものだった記憶があるが、この新しいパスタのほうがずっと旨い。パスタの太さのバランスや硬さの加減もすばらしいよね!
a0041150_2216476.jpg

a0041150_22164780.jpg

メインは子羊で決まり。そしていよいよワールド・カップも始まり、ますます忙しい~(笑)。ブラジル・クロアチア戦はシッカリ見てしまった!
by masa-hilton | 2014-06-13 22:31 | 趣味&グルメ

ジェシカ・プラットさん、圧倒的な歌声で大成功!

今日も素晴らしいコンサートでしたね。勢いのある素晴らしい歌手の連チャンで、本当に幸せなときをプレゼントして戴いたような気分です。

ジェシカ・プラットさん、やはり自然なフィーリングでのびやかな歌声、ボリュームもありますが気品もあって良かったですね。リハーサルとは随分違う(笑)。あはは、やっぱり本番はそう歌うのか~と思いながら合わせていました(笑)。リハの時はサラサラ流していたんですね。本番はゆったり感が多くなって、よりスケールも大きくなりました。素晴らしい!

彼女と彼女のマネージャー氏からは「ブラビッシモ!」と言って戴けて、まずはひと安心。「上手くホローしてくれてありがとう!」って、とても純真な感じで大喜びのプラットさん。お人柄の良さもピカイチでした。

武蔵野のディレクター氏は「椿姫なんかよりも、はるかに難しいその価値をわかってもらえるといいなあ。ピアノだって音が少なくても難しいわけだし」とおっしゃってました。きっと彼女の持つテクニックは専門家ほど評価が高いものかもしれないですね、訪れた歌のかたも絶賛されていましたが、やはり「自然に聴こえてくる」って凄いことです。歌のかたが「ピアノと歌のバランスが見事に美しく、絶妙なアンサンブルで良かったですよ~」とおっしゃって下さったので、ゆるりとした気分になれました。ありがとうございました。

昨日は大雨かと思いましたら、東京は昼間では晴れていました。とりあえず鰻で栄養補給。富沢町の「喜久川」さん
a0041150_1037356.jpg

ああ、鰻いつ安くなるかなあ~。鰻ばかりではないですね、消費税アップで外食は値上がりしましたね。料理作れないからしょうがないですが。

で、昨日は暑かったですね。ご存じ三鷹の駅にあるジュース・スタンド。「メロン・ジュース」生搾り!美味しそうじゃないですか~~。戴いてみました。
a0041150_10353717.jpg

おお、甘い。よく見ると蜂蜜ドリンクのお店なんですね。蜂蜜とフルーツの組み合わせでした!

本番後は、今回は「香港美食園」。管理人さんがイカが食べたいと言ったからです(笑)。「ピータン」「エビチリ」「ホタテ・イカ・海老の炒め」「海鮮チャーハン」。
a0041150_1028315.jpg

a0041150_10285077.jpg

a0041150_1029925.jpg

a0041150_10292222.jpg

またちょっと味が変わったような。気のせいかな?「海鮮チャーハン」はとても美味しい。このあとは打ち合わせと編曲ラッシュが始まります。
by masa-hilton | 2014-06-10 10:38 | 日々の出来事

ジェシカ・プラットさんの曲目

プラットさんが「リハーサルは夜じゃなくて昼間にやりたい」と言われたので、14時から。吸音されているリハーサル・ルームを嫌がって、声を出さない歌手が多いですけど、プラットさんは気にせず淡々と、元気に歌い続けました。

昨日もやっていたエクササイズは、トランペットの人が開発した「呼吸法」のエクササイズだそうです。それをやると、とても落ち着くみたいですね。

さて合わせは「OK、OK」でありがたいのですが、あまりにも何もおっしゃらないので「テンポはどう?」「ここは歌いやすい?」と私が聞くことが多かったです。「全然大丈夫よ~!」と言われるので「明日またね!」ということで(笑)。まさに「オペラ歌手の貫録」でお顔の表情の演技もついて。リハ時間はサラサラと終わってしまいましたが、普通はサラサラなんて歌えない狂乱のプログラムです。ぜひお楽しみに!!

■ロッシーニ Rossini

フィレンツェの花売り娘
‏La fioraia Fiorentina
別離
La Separazione
歌劇「セミラーミデ」より『麗しい光が』
Semiramid e: Bel raggio lusinghier

■ベッリーニ:Bellini

お願いだ 私の美しき理想のひとよ
Per pietà, bell'idol mio
優しい妖精、マリンコニーア
Malinconia
歌劇「清教徒」 より『あなたの優しい声が』
I Puritani: Qui la voce sua soave...Vien diletto è in ciel la luna

■ドニゼッティ:Donizetti

ジプシーの女
La Zingara
舟人
Il Barcaiolo
歌劇「ランメルモールのルチア」より『ルチアの狂乱の場』
Lucia di Lammermoor: madness scene

by masa-hilton | 2014-06-08 22:10

隠岐の島クルーズを終えて・・・・ジェシカ・プラットさんに会う

前回の記事の後は、深夜の練習再び・・・・朝はカレー・・・・で、輪島を後にしました。
a0041150_9391612.jpg

a0041150_9394678.jpg

港では歓迎イヴェントが!楽しそう!
a0041150_9404243.jpg

能登空港から、東京に戻りリハーサル。帰りの飛行機は、おぼん・こぼんさんと一緒でしたが、本当に感じの良いかたたちで、大御所でいらっしゃるのに心遣い優しく、見習いたいなあと思いました。

さて自宅に戻るとさすがに疲れていました。ここで少し寝ればいいのですが、練習を選ぶのがピアニストの気質ですね。身を削ると言いますか、苦しいんだけどそういう選択をしてしまうのがピアニスト。みんなそうだと思います。だから私はピアニスト仲間を尊敬しているし、仲良しでもあるんです。ただね(笑)、今さらここで2時間練習しても、中身は変わらないんですよ、ホントはね(笑)。

疲れ果ててはいましたが、会館に到着するとジェシカ・プラットさんが行方不明!!じぇじぇじぇ?大丈夫なの?それでリラックスできました(笑)。そして30分遅れて無事登場しましたが、リアル迷子になったようです(笑)。イケメンの広報担当の男性がご一緒です。

いきなり「イエ~イ」みたいな音を出されてビックリ!ユーチューブ?普通アイホン持っていると、録音とかヴォカりーズとかに使う歌手が多いですが、エクササイズをするようですね(笑)。リハーサルの途中もやられていましたので、ウォーミング・アップは発声そのものより、体全体の筋肉ほぐしのようです。面白い!

強そうなわがまま風な女王様みたいなお写真でしたが、写真よりぐっと貫禄のある感じで歌手ならではの恵まれたパワーがいっぱい!みたいな印象です。自然でむしろ素朴な優しい感じの素敵なお人柄で、ニコニコと感じの良い人でした。一回歌って親指立てて「ブラボー、サンキュー」で終わりました(笑)。この瞬間に、「やっぱり練習を選んで良かった」と幸せな気持ちになりましたよ。めでたしめでたし。

初対面なので様子見と言いますか、とてもストレートに、あまりテンポ・ルバートもなく歌われて行きました。ナチュラルなお人柄と同じですね。クセがある歌手みたいなことを聞いていましたが全然!これだから他人の意見は信用できませんよ。ここのところ武蔵野に登場した誰よりもむしろ自然、オーソドックスな流れを大切に、高音も無理なく歌われて行く感じ。装飾はあまり聞かないやりかたのものあって、高いESが思わぬところに登場したりしますがシンプルで、「ため」てみたりとかしないので、変にこちらが裏読みすると合わなくなるというか、「音大出たばかりのきちんと弾くだけ」のようなピアニストでも合わせられる&どんな指揮者でも短い時間で対応できるオーソドックスな解釈と柔軟性、そこに第一線で忙しく活動するプロの技を感じます。

とはいえ初日ですから遠慮されていたのかもしれません。おそらく無尽蔵に出る凄い声なのではないでしょうか?もう1回のリハーサルでより自由なものになってしまうかもしれませんよ(笑)。

そしてここまで「うまく行った!」と言っても、やはり疲れ果てて帰りました私。食欲もなく、「佳華」さんで「冷やし中華」。毎年懐かしいお味で、私の中で上位のお味ですが、今年も美味しかった。今年のは肉肉しい具が良いし、この夏は「佳華」が1番で決まり!オススメ!
a0041150_9431156.jpg

その後は久しぶりに「藤倉」に行ってマッサージをして戴きました。そして爆睡!今日はだいぶ元気です。
by masa-hilton | 2014-06-08 09:55 | 豪華クルーズ旅演奏会

にっぽん丸で隠岐の島へ GO!GO!GO!(最終回)

というわけで船は隠岐の島、西ノ島近くに停泊中です。隠岐の島は隠岐諸島、4島あるんですね。初めて知りました。
a0041150_15581744.jpg

さて朝食は朝カレー!にっぽん丸伝統のカレーと言われるものですが、初めて食べました。旨い!これは良いなあ!
a0041150_1605758.jpg

さて「中ノ島」に上陸です。船にはもちろんオプションで観光ツアーがいくつもついているのですが、私達はお客さまではないので、こっそり自由行動というところでしょうか?まずは連絡ボートで。
a0041150_16253895.jpg

見るからに揺れそうな船ですが、これが快適!簡単にすぐ上陸です。港では「岩ガキの酒蒸」と「イカ焼き」でお出迎え。私は白イカの活き作りを期待しての上陸でしたが、今日は水揚げがないということ。レンコ鯛がいっぱい漁れてましたよ~~。
a0041150_16274934.jpg

それじゃということで、別府のほうに行ってみることにしました。そこは後醍醐天皇が流された場所で御所の跡がある場所です。バスに乗って約30分、別府港に着き歩くことほんの10分程度でしょうか?
a0041150_1816648.jpg

美しい景観の海岸線を行くと、後醍醐天皇の流されていたお住まい(御所)は、黒木神社の中にありました。階段を上がった上がった、ハアハアゼイゼイでございます。
a0041150_18225852.jpg

a0041150_18241581.jpg

このお社の先に御所が。何と小さな空間!それは流罪ですからね、豪勢ってなわけにはいきません。
a0041150_18262268.jpg

歌碑の脇での短パン姿!良かったですよ短パンで、暑くて死にそうでした。
a0041150_1828519.jpg

後醍醐天皇はここから脱出して、建武の中興を行っていくわけですが、後鳥羽上皇のほうは隠岐の島で長く流され、火葬されています。歴史を背負った島ですね。
a0041150_18345917.jpg

さて港と言えば中心街?とは言ってもお店が多いわけではありません。生きているイカもいないということで、「磯四季」というホテル隠岐のレストランを選んでみました。生きてはいなくても「白イカ」の刺身はね、注文しないとね~。もちろん美味しい。そして「甘エビの唐揚げ」も軽く美味しく戴く。サザエは特産とはいえ普通ですね(笑)。東京で戴くほうがグッと旨いかもしれません。
a0041150_18385339.jpg

a0041150_18524959.jpg

a0041150_18422910.jpg

そしてここで登場した「岩ガキのカキフライ」、これが凄い!メチャ旨い!シーズンということもありますが、特大のカキフライは、まるで白身魚のフライのようです。
a0041150_184517100.jpg

食感といい味わいといい、これは食べた人じゃないとわからない。旨かった!!幸せ!大満足!

そして戴いたのが、珍味「亀の手」。ホントに亀の手ではなく貝のような、フジツボのような。不思議なものです。結構普通にあるものらしいですね、知らなかった!超リアルじゃありません?
a0041150_2063716.jpg

割とお魚っぽい味がしました。食べやすいです。海にはいろんなものがいるんですね~(汗)。
a0041150_2084017.jpg

にっぽん丸に帰ってきて、とにかく暑かったからゴディバの「ショコリキサー」戴きます。これは定番。
a0041150_20202735.jpg

夜ご飯は和食。本日も美味しかったです。
a0041150_20171052.jpg

a0041150_20173836.jpg

カサゴの煮たのも良かったし、海老そぼろ大根も!美味しい!
a0041150_20191339.jpg

a0041150_20223014.jpg

a0041150_20245926.jpg

a0041150_2026382.jpg

きれいな夕日が見えています。今夜も遅くに練習して、明日は朝早くに輪島で下船して、東京に戻ってジェシカ・プラットさんとのリハーサル。気が抜けませんね~!
a0041150_20284487.jpg

雨があまり降ると飛行機も心配だし。羽田に降りられなかったらどうしよう!そこは運を信じて。何とかうまくいきますように!

そして皆さま、お世話になりました。本当にありがとうございました!
by masa-hilton | 2014-06-07 00:01 | 豪華クルーズ旅演奏会