「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ほぼ予定通り?2日遅れぐらいです(笑)

イヤあ、8月が終わってしまいます。忙しかった。しかしまだまだです。編曲は新しく音源が来たので、その整理に2日はかかりますね。また、もともとピアノ伴奏でやろうかと思ってたやつを、フルート・チェロ・ピアノのトリオにすることにしました。昔からある硬派な日本歌曲ですが、これが結構時間かかっちゃった。あの当時の曲は、すぐ主和音に帰っちゃうから(笑)。だからといって流れの良い感じのハーモニーにしちゃうと、ノスタルジーが消えてしまうんですね。

あとその歌曲、絶対メゾかアルトが歌うものでして、ソプラノにするには高く移調すればいいわけですが、これが高くすると相当高くなってしまい、キンキンしちゃうかも?という曲。他のコンサートでもそうですが、実際に演奏する人じゃないとそういうことまではわからないから、選ばれてしまう曲ってあるんです。それをNOと言うのは簡単ですが、何とか聴かせるための工夫をするのもできないわけじゃない(笑)。ただし時間はかかるということで、手間取りました。11曲、あと1曲、半分くらいを整理中です。8月一杯にという目標でしたが、大体目標通りに来ましたね。良かった良かった!へとへとです~~。

今日は日曜なので「イル・バンボリーノ」に行きました。なんか空いていたな、でも私にはその方が有難い。今日は普通はリングイネの「手長海老の濃厚トマトソース」を、リガトーニにしてもらいました。大正解!ソースが沁みて超旨い!これはオススメです!
a0041150_21512297.jpg

a0041150_2151817.jpg

後は小海老のマスカルポーネチーズのピザです。こちらもお気に入り。

週末は「太田鮨」でリフレッシュ。いや、リフレッシュまではできないな(笑)。でも美味しいことは大満足。
a0041150_2152798.jpg

まずこの「マグロの照り焼」ですよ!これだけで商売できますよ!お寿司にするマグロを焼いちゃうんだから、旨いに決まってます。その後に「生マグロ」を食べると、また格別に旨い!!奥の深さを感じます。
a0041150_21532261.jpg

a0041150_21533541.jpg

a0041150_21533352.jpg

いつもの「ゲソの甘辛」。完成されましたね、このお味。旨し!
a0041150_21541332.jpg

「鳥貝」も炙ってツメをつけます。
a0041150_2154469.jpg

「ひもきゅう」は赤貝のヒモで巻いてもらうものですが、「ヒモ」が品切れ状態。「じゃ、身で巻きますか」と巻いてくれたのがコレ。そりゃ、身のほうが旨いに決まっている。でしょ~?
a0041150_21561853.jpg

これは名付けて「身もきゅう」。赤貝がなくなっちゃうから。常連の人にしか出せないみたいだけど(笑)、「ひもきゅう」好きならたまらない旨さ!!最高ですよ。大満足の太田鮨ですね!

リガーレの「喜久川」さん、「食べ過ぎちゃだめよ」と女将さんに言われたから、鰻は富沢町の「喜久川」に行きました。ふっくら美味しい。こちらも大変肉厚でした。うれしかった!
a0041150_21562149.jpg

「大市」の親子丼」も美味しい。これもお気に入りだなあ。「すき焼き定食」も相変わらず旨そう。混んでいるのもあたり前ですね。
a0041150_21474855.jpg

混んでいると言えば最近「ぐるとん」混んでますね。美味しいもんね。この「チキンチーズパン粉焼」の認知度も増えています。こちらは、めでたしめでたし!
a0041150_21464434.jpg

a0041150_21465330.jpg

ランチスープも、夜の美味しいオニオンスープがベースですね。大好きです!!「ぐるとん」の「オムライス」や「ビーフシチュー」もまた食べたい。これぞ昔ながらの洋食!ですよ。仮に美味しくても、「ふわとろ」のは「オムライス」じゃないんだよ(笑)。

というわけで、音源確認もあるので楽譜完成は9月3日になるでしょう!よろしく!
by masa-hilton | 2014-08-31 21:57 | 日々の出来事

忘れられたブログ・・・ではありません

すみませんね。全然書いている時間がないです。活動はしていますよ~。徹夜三昧ですが、それなりに休息もしないと、だって死んじゃうし(笑)。仕事に追われている時は「中山」さんの天麩羅で決まりですし、旨いお刺身に癒されます。「孤独のグルメ」のせいで「天丼」がブレーク、忙しくなったのは嬉しいけど、常連がなかなか入れない店になっているのは哀しい。
a0041150_1527295.jpg

a0041150_1527508.jpg

忙しいとき、それから嫌なやつに遭遇した時とか(笑)、この店に行くと良いですよ。癒されてください。

鰻はリガーレ「喜久川」さんで!見て下さいまし!スゴイ肉厚のに当たった。うれしい~~~!旨い!
a0041150_15295325.jpg

週3回のペースだから、女将さんに「あんまり食べちゃ体に悪いわよ」と注意される。そんなことはない!鰻によって助かったことがあるので(笑)。

アンジェロ・コート東京」の今月のランチも戴いています。美味しかった!!前菜は小さい「フルーツトマトと桃の冷たいスープ」、そして新鮮な「マグロのマリネ・赤ワインのソース」。
a0041150_15302496.jpg

a0041150_15311982.jpg

「サバのアランチーニ(ライスコロッケ)」」これがなかなか!「スパゲッティ、白身魚と茄子のトマトソース メッシーナ風」。
a0041150_1533048.jpg

a0041150_1534158.jpg

今回はあっさりした感じですね。夏だからね、仕方ない。でもお洒落さは抜群、ご一緒した方はお洒落なかたなので喜んで戴けた。「レモンの葉で包んだ魚の蒸し焼」、一見平凡だが実はとても美味しい「仔牛フィレ肉のロースト・アンチョヴィ風味のヴィネグレットソース」。
a0041150_15363178.jpg

a0041150_1538247.jpg

お口直しに続いて、桃のコンポートは私のお気に入り!
a0041150_154093.jpg

a0041150_1541476.jpg

大満足でした。お洒落と言えば神楽坂の和食「九頭竜蕎麦はなれ」にも行きました。やはり旨いです!
a0041150_1542402.jpg

この前菜は見た目ばかりでなくお味も良い。お刺身も最高!
a0041150_15434931.jpg

a0041150_15441852.jpg

ここの名物「焼きサバ」寿司。これが食べたかった。この日のお相手は「サバ好き」でしたので、盛り上がります。
a0041150_15443932.jpg

a0041150_15452412.jpg

福井の名産品。いつもの通りの流れ。あれ?天麩羅~写真撮るの忘れちゃった。お話に集中してましたね。
a0041150_15464153.jpg

a0041150_1547284.jpg

当然お蕎麦でシメ。お蕎麦と言えば大好きな中野の「さらしな」にも行ってきました。こちらは買い物の用などがあって。お蕎麦はいつも通り、「さらしな」「田舎」は戴きます。暑い日だったせいか、やや生ぬるい。氷水じゃなくお水でしめてるんだね~~。
a0041150_15485164.jpg

a0041150_15491589.jpg

「焼きハマ」「川海老」旨し、管理人さんも絶賛。
a0041150_15492599.jpg

a0041150_15494075.jpg

お話にも夢中になり、写真をとり損ねましたが浅草のミシュラン星「オマージュ」にも行きました。連れて行って下さった方のお話だと、とにかく今まで全く予約がとれなかったそうで。まさに評判のお店です。暑い日でしたのでラフな格好して行ったら、ドレスコードあった!!しまった!でもよくこうした事件が起こるらしく、感じ良くお店が上着を貸してくれました。ありがとう!そしてごめんなさい。

お洒落な美しいお料理の数々!いかにも女性が好きそうな!アミューズからして、フレンチなのに「和」のテイスト。いかにもミシュランが好みそうなレストランです。生ハムやマカロン、リエットが仕込まれています。
a0041150_1522717.jpg

a0041150_15224036.jpg

ガスパッチョ、メジマグロ。さりげなく添えられたリゾットが美味しい。素材もお味も上質です。さすが人気の有名店という感じです。
a0041150_15234157.jpg

a0041150_15245528.jpg

フォークが粗悪品でした、変形しちゃってヤバイよ。これで私のTシャツと一勝一敗(笑)。「白金亭」ではないですが、ましてやドレスコードを気にするなら、バカラやクリストフルの備えであって欲しいかもね。

a0041150_1514963.jpgお話が弾んでお肉のローストの写真を撮り忘れ。違うメニューですが、お店のHPからお借りした写真。イメージはこんな風でした。お味は和風ですね。これを戴きながら、私は神戸の森谷商店の「牛肉の味噌漬」を思い出しました。無関係だけど(笑)。「あああ、味噌漬食べたい!」ってね。

こうしたお店は最近多いですね。皆さんの好みだし、お洒落だし文句なく美味しい。でも私は和のテイストとか、「日本人ならではのフレンチ」は1人なら行かないかも。フレンチはフレンチらしく、旨いスープとテリーヌ、豚足や鴨やウズラを使ってゴテゴテしたソースで食べたい。繊細な日本人ならではのベートーヴェンなんて・・・・どんなに優れていたとしても、むしろ優れていればいるほど残念な気がします。根本的に違うのだから。それに本当に優れているのなら、本物を王道を追求すべきかと。自分が日本人の演奏家だからこそ、強く思う憧れでもありますね。でもね、商業ベースに乗って、ビジネスを考えれば、そんなことも言っていられません。ちょっと考えさせられます。世界的な問題ですね、TVで見たカティアの演奏にしても、凄いと言えば凄いし変と言えば変だったし。

ただこのお店はロケーションが浅草ですから、和のテイストがあるのは良いアイデアです。「グラスワインの品質が良すぎるぐらい!」と、ご一緒した方もおっしゃっていましたよ。

そう言えばグレッグとロエが来ますね。イイノホールって?もっと良いホールでやらせてあげたい。ゆくゆく大きなマネジメントで呼ばれれば、話題にもなるでしょう。ぜひ日本公演成功させて欲しい。彼ら、日本では知名度イマイチですが映像は凄い!この「カルメン」は、何と10月に杉並公会堂で私と高橋多佳子さんがやるんですよ。あはは・・・・(汗)。

さて、話は戻って。そこへ行くと、ジャンクな食べ物って良いですよね。ハンバーガーが旨いアメリカのお店、上野の「TGIフライデーズ」に行きました。今回はハンバーガーではなくパスタ。「ビストロステーキパスタ」です。量が物凄いのでは?と心配しましたが、これは1人前で行けます!
a0041150_15183114.jpg

平打ちの太いパスタ、ミートソースです。そこにステーキが乗っていて、サワークリームで仕上げ。塩味のステーキが気になりはするけど、旨いです。上品であるわけがありません(笑)が、これは気に入りました。大満足!如何にもジャンクな感じですけど、お値段税別1790円はバカにできませんよ(笑)。

けっこう外食、高くなってますよね。物価ばっかり上がっている感じですが・・・・大丈夫かなあ、日本。
by masa-hilton | 2014-08-26 15:54 | 日々の出来事

もう日本じゃないですね

あいかわらず時間がなくてすみません。私は元気ですし、本来ならばブログに書くこともないくらい単調な生活ですので。ついつい筆不精です。

しかし今日は特に暑いような。日差しが!!サイパン並かな!日本ではないですね、もはや。

今日は「おが和」さんに行って「焼鳥重」戴きました。日本一の!人形町の宝のお味です。戦時中空襲の時、先代が「タレ」の入った壺を持って逃げたという「命懸けのタレ」が今日も濃く甘く、でも上品に旨しです!満席なので2階に通されます、意外にきれいなんですよ、広いし。
a0041150_17383881.jpg

焼鳥はもちろん美味しい。「中山」さんの「黒天丼」と双璧のお江戸のお味です。
a0041150_17395514.jpg

リガーレの「喜久川」にも行きます。「特」が3800円・・・さすがに週3回の鰻では考えますね。
a0041150_17394560.jpg

で今回は「上」にしました。こちらも3000円。高くなったなあ。
a0041150_17402418.jpg

当たり!この日の「上」はご飯、タレ、鰻の厚さなど絶妙な黄金比で美味しかった。めでたしめでたし。

好きなものと言えば「スパゲッティ・ミートソース」。「トーキョー・パスタ」さんの「東京ミートソース」も戴いています。
a0041150_17422882.jpg

「クリームスパゲッティ」も食べてみました。大量のクリームソースが洪水のよう、もしかしたらここで好みは分かれるかも。私は好きです。
a0041150_1743682.jpg

でも、やはり「ミートソース」で行きたいと思います(笑)。ミートソース大好きだから、ほかの物を食べてしまうと勿体ないような気分になるんです(笑)。サイドメニューのお菓子のようなピザ、そしてミートソースがはいっている餃子、海老カツなどもお気に入り。
a0041150_17435494.jpg

a0041150_1744938.jpg

a0041150_17442692.jpg

お盆の時期は、休みのお店が多かったので喫茶店の「ロン」の「ミートソース」とか、美味しそうでしょうが。
a0041150_17453492.jpg

懐かしのお味ですね。同じく、「カニコロッケ」とかも。
a0041150_17482426.jpg

昭和の感じ、冷凍食品的なんだけど洋食みたいな・・・昔はみんなこんな風だったね。

お盆の時はお蕎麦屋さんも有難い。表通り「松竹庵」の「天麩羅蕎麦」1000円。お味が濃いね、お江戸のお蕎麦。その濃い奴がその日は食べたかった。関西人には無理でしょうが、お江戸の人だから大丈夫。下手するとお汁飲んじゃうから、それはガマン。旨いけど相当濃いからね。
a0041150_17533581.jpg

龍盛菜館」も「開いてて良かった」のお店。ちょっとジャンクな「海老チリ卵炒め」。好きなんだよね。味はOK。もう少し海老がプリプリしてたら最高だけど、安いからそうもいかない。もともと「海老チリ」を安くごまかす料理だもんね、でもプリプリの海老ならさらに旨いに決まっている。

a0041150_17591057.jpg

酢豚も美味しい。肉多し。
a0041150_17594421.jpg

「冷やし中華」は「うさぎや」さんの近くにある中華厨房「福」の。久しぶりです。今年の冷やし中華は美味しかった。そしてこれ美味しいのだけど、氷がはいっているので段々味が薄くなるのは要注意(笑)。
a0041150_1750417.jpg

てん作」の「天丼」も健在。もっとお客さんが多くて良い店だと思うな。お酒を置いていないということがポイントでしょうね。ちなみにイカとアスパラのトッピング増やしてます。イカの大胆なポーズ!
a0041150_1804246.jpg

個人的には海老と、めごちを増やした時のボリューム感も好きです。
a0041150_20433723.jpg

あと、お寿司は欠かせません。昼間は「三崎丸」に。
a0041150_1824845.jpg

a0041150_1822492.jpg

夜は「太田鮨」に。
a0041150_185327.jpg

a0041150_1832920.jpg

a0041150_18438100.jpg

常連特撰「イカゲソの甘辛」。
a0041150_1862073.jpg

こんな感じで、変わり映えすることなく、普通に暮らしてます。8月末まで、声明コンサートのアレンジが出来るまでは、ブログ書けないですね。ところでその声明コンサート、チケット、もの凄く売れてるそうなんです!!感謝いたします。

ついでにティアラこうとうのショパンのコンサート、杉並の3大ピアノのコンサートほうも、ぜひよろしくお願いいたします!!
by masa-hilton | 2014-08-19 18:10 | 日々の出来事

今日はつぶやき

忙しくて、とてもブログまで手が回りません、参りました。頭痛を通り越して歯痛まで起きていますよ。とりあえず美味しそうな写真は貯まっているんですけどね。

この季節、戦争のドキュメントが気分を鬱にしますね。悲惨な悲劇を見るたびに、教育も含めて、国を指導して行った人たちの罪こそが本当に重いと思いました。いつの世も愚かな政治家ほど怖いものはありません。

あと鬱にしてくれたのは(笑)NHKのドキュメント、北海道で暮らす熊たちの話。ずっと成長を追っかけた小熊2頭が、最後はハンターに駆除されてしまうんですよ!こうして多くの人が鬱々とした気持ちになったのだから、ドキュメントとしては価値はあったと思います。しかし、これって生態系にかかわる問題ではないのだから、カメラを回して「駆除されました」と報告されるよりは、取材は打ち切ってでも、熊たちを捕獲し山に帰すとか動物園とか・・・・その命を守ってあげて欲しかったかなあ~。やりきれん。まあ色々な事情はあろうし、しかたがないのでしょうけど。

ロビン・ウィリアムスが自殺というのも驚きましたね。芸達者で温かそうなお人柄、スピルバーグも「つらいときは彼に電話する」と言っていたそうです。周りの人の悲しみを癒した人物なのに、自分の悩みは解決できなかったのでしょうかね?ま、本人に会ったわけではないので、その心の奥の苦しみはわからない。多少わがままで八つ当たりしてもいいから、健在であって欲しかった・・・・誰もがそんな思いでしょう。

思い出すのは「戦争で援軍を指揮する大将が2人。1人は川で溺れる市民たちをみつけて、これを助けたために合流に遅れ、本隊が全滅。1人は川で溺れる市民を見殺しにして、無事本隊に合流した。正しいのはどちら?」という質問。答えは「どちらも正しい」という。なぜならそれは「人間だから」という理由。良心、やるべき使命、どういう判断で生きるのかは、その場に居合わせねばわからないことです。

今日は・・・・フランス・ブリュッヘンが亡くなりました。指揮者として活動していましたが79歳。もっと歳かと思っていました。しかしやはり笛ですよ!彼の吹くリコーダーをはじめとする古楽器には、その一節で天才を感じさせる表現力が満ち満ちていました。まさに圧倒的な存在感、歌で言えばフィッシャー=ディースカウのような神。かつてのパガニーニやリストに例えている人もいますね。指揮者としても秀逸。おそらく死後、さらに評価を上げることでしょうが、やはりひとつの時代が終わったという、そんな気分が重いですね。

あとは・・・・アニメ「残響のテロル」の菅野よう子さんの音楽がすばらしい。アニメ、またはドラマの音楽で大事なものは「世界観」なんだと思います。菅野さんの音楽は、このクレージーなアニメの奥深い部分を揺り起こし、雄弁な語り口で、世界観そのものを浮上させています。良い音楽、良く作られた作品でも「平清盛」のように、全く世界観が重ならないと違和感たっぷりだから、面白いドラマだったのにそれが視聴率に響きました。黒澤作品でも「影武者」での珍妙な取り合わせはイマイチ空疎な雰囲気を醸し出しましたし、高度な音楽かどうかは別としても「トトロ」などは、やはりその世界観がビジュアルと一致しているのです。この辺りがプロの攻め技!ピアノ演奏で言えば「らしさ」でしょうかね?「ベートーヴェンらしさ」「ショパンらしさ」みたいなものだから、世界観が捉えられるというのは優れた才能の刻印なのです。プロの眼識でもありますが、同時にそれらは直感のようなものでもあります。

なんだかんだ言って、人間は動物ですから直感こそが大切!私はそう思います。刺激的に行きましょう!いずれにしても、その直感が導いた答えが真実であり正解であると思いたい。で、今はおうちに閉じこもり、悶々としながら仕事の山と向き合っているのですが、そんな私の直感は「やらねばならない」というところでしょうか(笑)。
by masa-hilton | 2014-08-15 03:37 | 音楽・雑記

10月22日は声明とのコンサート

今年のコンサートのビッグ・イヴェントの1つ、天台声明とのコラボのコンサートです。「主に即興的な演奏で、信頼のおけるいつもの共演者とともに」ということであれば、どんな異ジャンルでも良い感じで何回かやっています。今回はきちんと作り込んでいく形なので、慎重な方法で。初共演の演奏家がずらり、これは楽しみだし若い人たちとの共演は嬉しい。主催者のかたたちもデリケートです、声明は日本文化の神髄とも呼べるジャンルですからね。

良い感じのコンサートになれば、と願っています!!まさに今、構成などを試行錯誤で作っているところ!!今月末で仕上げられれば上出来!ま、慌てずにやります(笑)。

どうぞお楽しみに!!
a0041150_20335269.jpg

a0041150_2030324.jpg

by masa-hilton | 2014-08-08 20:36 | コンサート・イヴェント告知

嵐の高松に行ってきました

台風で豪雨の四国、被害も出ているようですが、私が昨日まで行っていた高松は、それまでも長雨のようではあったようですが、何事もなく無事帰ってきました。ただ電車が動かず、来られなくなったお弟子もいましたので、やはり場所によっては大変だったようです。

レッスンはいつものように。ここのところのレッスンでは、人の演奏を聴くと体調が悪くなるという(笑)、私自身が困った状況にありましたが、今回は元気。特別に睡眠が足りていたというわけでもないですが、多少頭痛がしただけで回復も早く、大変な思いをしないで済みました。Uさんの車に乗るときにバックが引っ掛かって(2回も!)、傷になり、思い切りテンションが下がりました。これが良かったのかもしれません(笑)。

いつもと違うことをしたと言えば、行くときの朝ご飯。私にしてみれば驚くほどの早朝!なので、ここも気をつけたほうがいいポイントですが、この日はメチャクチャおなかが空いていて、お弁当を2個食べてしまいました。ヤバイですね。空弁不味いと言いながら、これはいかん!

1つは私の中では評価が高いアベ鳥取堂のカニ飯。有名な定番のお弁当の1つですが、「峠の釜めし」などよりは断然こっち。何しろ強い酢飯が好き。そして脇にある塩昆布が地味に旨い!
a0041150_19182859.jpg

a0041150_1919174.jpg

1つは崎陽軒の「チャーハン弁当」。お気に入りなのですが、このお弁当でかつて何度も胃を壊したことがあります。チャーハンの脂と、炒めたご飯の消化の悪さ・・・・しかし!!崎陽軒のお弁当は朝だと様子が違う。作って間もないので温もりがあって、消化の悪さなども感じさせません。朝ならオススメのチャーハン弁当(笑)!
a0041150_1921968.jpg

a0041150_19212712.jpg

というわけで、おなか超いっぱい!!飛行機の中で、いつ離陸したか、いつコーヒーが来たか、全く知らず着陸のダダーンまで爆睡!お迎えの車も爆睡!そして高松では昼にいつもの「水仙」に行ったのですが、まだまだおなかいっぱいでした。それでもここは美味しいお店なので、まずは三豊のナスを田楽「焼き味噌仕立て」で!旨し!
a0041150_1922339.jpg

a0041150_19225220.jpg

あとは「海老フライ」定食を戴きました。しかしいつ来ても満席。凄いお店です。
a0041150_21514891.jpg

場所は特別に良いところというわけでもないのに、この盛況ぶりは驚き。たしかに高松に来て「美味しい」と思えたお店はここぐらいなんで、やはり「お客さんは知っている」ということでしょうか?

台風の気配はないですが、雨は降っていましたので夜ご飯はホテル「クレメント」で。この日は高松は右翼のパレードもあったようですが、ホテルは子供だらけ。それも大騒ぎ!これは参ったね。当然レストランでも大騒ぎだから、洋食系はやめて中華にしました。全日空ホテルだった時代は美味しかったですが、最近はまあまあです。
a0041150_19443059.jpg

a0041150_19444468.jpg

前菜は美味しいけどこのスープが良くないですね。具沢山過ぎるのかな?点心はOK。「海老チリ」があまり美味しくない。なぜだ?
a0041150_19453671.jpg

a0041150_1946289.jpg

「酢豚」は美味しい、チャーハンはイマイチかな?具が多すぎてご飯がパラッと行かない感じ?ちょっと残念、デザートは良いですね。ま、宿泊者用のコースは3000円ですから、それを考えればソコソコに美味しいです。
a0041150_1952829.jpg

a0041150_1952372.jpg

ホテルの朝ご飯は、毎度言いますがパンは豊富。でももっと種類があってもいいよ、美味しいから。目玉焼きがなあ、焼いた奴がお湯につかってプカプカ浮いてるんが、どうも(汗)。
a0041150_19541963.jpg

ところで朝も元気な子供たちが騒いでいて、もちろんそれを容認できない側にいるけれど、ここのところ、中華や鰻屋、狭い飲み屋で大声張り上げて下品に笑ったり怒鳴ったり、こちらの話がほとんど聞こえないくらい大騒ぎしている大人たちに頻度高く遭遇しています。子供たちに言うように「自分の家じゃないんだから」さ、少しは考えたほうがいいと思うよ。自由業でなければ遊ぶったってね、風俗にも行けないのだろうし(笑)、飲んで憂さを晴らすぐらいしか楽しみがないのかもしれないが、本当に人生はそこまで憂さがたまり発散が必要なんだろうか?大体同僚や友達と心から盛り上がっているのかどうかも、実際は疑問。絶対におかしい。これでは子どもに説教も出来ないよ。

また一方で日本でいちばんノーベル賞に近い人の1人だった笹井氏が自殺。エリートは脆いなあ、とは言いつつ世間の悪意のある叩きも尋常じゃなかったし、とにかく一番まずかったのは本人の会見だった。彼の罪は罪として、この人はきっと「飲み屋で大騒ぎ」はしない人だろうと思いますね。きっときちんとした人だったろう。となると、大騒ぎするくらいの人のほうがいいのかな~とかね。追い込まれた時に隙間がありそうです。世の中のことはプレスト・アジタートで通り過ぎて行くだけなので、大抵のことは我慢できるし、まあまあ、大騒ぎぐらい見て見ぬふりで、あきらめようか?う~ん。

さてさて午前のレッスンが終わり、また「水仙」へ。この日も満員でごった返しています。まずはかなりあっさりとした「ウニ入りのもずく酢」。
a0041150_21475523.jpg

定番の「ナゴヤフグの刺身」「オリーブハマチの刺身」、これは旨いね!
a0041150_21502663.jpg

a0041150_21505237.jpg

「天丼」も甘くて美味しい!!やはり「水仙」は良い店だね。満足満足!
a0041150_21521959.jpg

帰りの飛行機まで、今回は元気でしたよ。ソフトクリームを空港で戴いたら、かなりデカイのが来ました!!
a0041150_21525988.jpg

さてとご用は山積み、1つ1つ終わらせないとね。がんばります。
by masa-hilton | 2014-08-05 22:00 | 日々の出来事

打ち合わせラッシュ、その3

暑いさなか、結構出歩いているやもしれません。でもコンサートではないから楽チンです。次の打ち合わせ会は、銀座の「備長」。とても久しぶり。でも大好きなお店の一つだし、世間的にもとても有名で、いつ行っても満席状態です。この日はひょんなことから「鰻」談義で盛り上がって、「ショパン」の編集部のかたとご一緒に。そして秋からの新連載についても!
a0041150_22365691.jpg

「備長」の鰻は「ひつまぶし」ですから、パリパリと蒸さずに仕上がっていて、これに九条ネギ、お出汁と食べかたを膨らませます。これが旨い!「鰻重」派の私も納得のお味です。終わってからはレトロな銀座「風月堂」。こちらも定番。お気に入りの「プリン・ア・ラ・モード」。昔ながらのお味で良いんです!旨い!
a0041150_22373236.jpg

というわけで連載は「ショパン」10月号から。その打ち合わせもあって、アスペンの松田さんと管理人さんで「イル・バンボリーノ」。こちらはいつもの通り。好きな物のオンパレードで。「アドリア海のスープ」「オマール海老や野菜などのテリーヌ」、病みつきになる「ボロネーゼ」「リンゴとゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザ」「トマトの冷製スパゲティ」「子羊のグリル」。
a0041150_22381357.jpg

a0041150_22383095.jpg

a0041150_2239273.jpg

a0041150_22394254.jpg

a0041150_22402025.jpg

a0041150_22403870.jpg

好きなものばかりですから、大満足。めでたしめでたし。

新連載は私の日常生活そのままに。仲間のピアニストたちと美味しいものを食べ歩いているその情景をそのまま紙面へ。ピアニスト同士が仲が良いというのは、とても良いことじゃないですか。中身も普段ぽい話で盛り上げます。第1回を飾る大物は誰にしよう・・・・で、思いついたのが小川典子さん。ちょうど本の発売のころ、この演奏会もありますからね。
a0041150_22403923.jpg

ただ小川さんが8月の頭にすぐイギリスに戻られてしまうので、大急ぎでセッティング。楽しかった!!さあ、どこでどんなだったかは「ショパン」10月号でご覧あれ。とりあえずこんな感じ!おお二人でボーダーだ!ちなみにこのポロシャツは私のお気に入り。あまり見ない柄のバーバリーでウィーンで買ったもの。おまけにお値打ち価格(笑)!お買い物は外国がお得です(笑)。
a0041150_2246178.jpg

今後もゲストにスターピアニストたちをドンドンお招きしますので、この連載もぜひお楽しみになさってください!
by masa-hilton | 2014-08-02 23:00 | 趣味&グルメ

打ち合わせラッシュ、その2

少し前になりますが、ソプラノの江口二美さんが打ち合わせにやってきました。もちろん来年のクルージングについてのことで、レパートリーのあれこれ、お互いに資料を持ち寄っていろいろ試したりしました。

この日もメチャクチャ暑い日だったので、冷たいものを食べようということになり、いつもの「うさぎや」さんにでかけました。本当はイタリアンとかが良かったかもですが、マジ暑かったんです。いつもの通り「天せいろ」でお蕎麦二枚。
a0041150_2344425.jpg

a0041150_23451428.jpg

やはりうまいですなあ。お蕎麦はこの店が人形町に出来て、本当に幸せな選択が出来ます。打ち合わせの内容で難しいのは和物の取り扱いです。基本的に我々は純洋物の音楽なのでね・・・・。

さて告知が遅くなっていますが、10月の22日には和物も和物!驚異の和物!声明とのコンサートがあります。ジョイントというよりは、巧みな枠づけ。BGMではなく、でもうまく声明とコラボ出来ないといけません。このコンサート紀尾井ホールですし、真剣に編曲など悩ましい。今はちょうど、いろいろな可能性を試している段階です。こちらの打ち合わせ会が東京プリンスの和食、「清水」で。

ホテルの和食というのは、一般的には結婚式やイヴェントに左右されるものですから、レストランとしては難しいことが多いですが、こちらは以前もこだわりのある立派なコースを戴いたことがあり、こうした環境で美味しく戴ける稀な場所です。もちろんシェフと主催者のかたがお友達というのも強み!珍しい「さわら」の刺身や、広島にもいらしたことから「たこの炊き込みご飯」などの、特別な感じのお料理にも「おもてなし」のこだわりが光っていましたね。
a0041150_23465849.jpg

a0041150_2348379.jpg

a0041150_23491526.jpg

前回のは「洋風懐石」的な感じもしましたが、今回はシッカリ和風です。焼き物の「まこがれい」は骨も揚げてあってパリパリ食べられます。揚げ物は「はも」、定番ですが梅味を織り込んだ天麩羅。酢の物に続き「炊き込みご飯」です。
a0041150_2351519.jpg

a0041150_23521474.jpg

a0041150_23531628.jpg

a0041150_23533938.jpg

東京タワーのライトアップもすぐ後ろに見えて、ロケーションもバッチリ。むしろ「穴場の」美味しいお店と言えるかもしれません。また行きましょう!
by masa-hilton | 2014-08-01 23:54 | 趣味&グルメ