「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京音大での講義

またまたブログ止まっちゃって。すみません。もともと日記を書く趣味がないので、いったん怠け癖がつくと止まりません(笑)。

さて今日は東京音大に行って講義して来ました。1年に1回、あったりなかったりの講座です。私のことですから偉そうなことは言えないので(笑)、学生さんたちにはありのままのことをお話して、これから音楽業界をしたたかに生き延びて欲しい!と、私の若い人たちに対する切なる願いをお伝えして来ました。一生懸命な学生さんたちで活気がありました。いいよね、19歳とかでしょ?人類の火星旅行も充分みることが出来る年代ですね・・・・うらやましい!
a0041150_2501712.jpg

帰ってからは「太田鮨」でゆっくり。今日は音楽のことに詳しいかたがいらして、お話も弾みました。
a0041150_2505221.jpg

シメた「さんま」も旨いっす。シャコも「太田鮨」のツメが最高に合います。
a0041150_251852.jpg

a0041150_2512542.jpg

「あなご」は日本一ですね。
a0041150_2514049.jpg

今日は少し歯が痛かったので、やわらかな「マグロ」多め。
a0041150_2515156.jpg

また商船三井のかたもいらしたのでクルーズのお話も盛り上がりました。
by masa-hilton | 2014-11-28 23:59 | 日々の出来事

ショパン12月号 連載「お江戸で連談」3回目

a0041150_17491768.jpg以前も書きましたが、月刊「ショパン」の連載対談「お江戸で連談」の第3回目は熊本マリさんの登場です。

セレブなピアニストの代表格といいますか、テレビのタレントさんとしても活躍されるなど、華やかなイメージとお幸せな感じしかないかもしれない熊本さんが、やはりプロとして生きて行く上では色々苦労をされていたり、または根性で苦難を跳ね返したりと、そうした普段感じ取れない雰囲気を行間から感じて戴けると思いますね。

これも同業者同士のダラダラした話(笑)だからこそ聞ける、本音の部分だと思います。というか、いい加減なチャラチャラした気持ちで活動している人なんて、この業界いませんから。いたらすぐバレてしまって追放です(笑)。

本のほうは最近多いラフマニノフ特集。で、みんな好きですよね。華やかで演奏効果も上がり・・・みたいに思っている学生諸子も多いと思いますが、昔は曲自体を弾いたことがない、よく知らないみたいな先生が多かったから目立っただけで、今となってはむしろ熟知した先生のほうが多い!!その中で意外に点の取れない、高く評価されるには難しい作品になっていますよ。

第3協奏曲なども弾けてしまえば、誰が弾いてもそうは変わらない曲になってしまって・・・・やはりホロヴィッツやアルゲリッチなど、その当時新しいやり方でアプローチをした天才たちは見事に素晴らしい!では今、そのやり方とは全く違う、個性的で感動的な演奏になんて、まずはお目にかかれません。無難に完成度高く弾くだけのものばかり聴かされ、興味が失いつつある曲になり下がりました。

さてさて、毎回私の行きつけの店で対談をするのですが、前回は加羽沢美濃さんと「太田鮨」。今回は熊本さんが「帝国はよく行くのに、そこは行かないのよね」と言うのでお連れした「ラ・ブラスリー」。私もホテル内あちこち行きますけれど、ここ「ラ・ブラスリー」が一番好き。このブログでも何回も書きましたが、若いころから行っていたのと、ベル・エポック的な雰囲気、そして何よりも帝国ホテルの伝統のレシピを出しているのは、今はここだけなので。しっとりとした郷愁もあるのです。

お昼に行ったので、普通にいつもの「ロースト・ビーフ」のランチで。前菜のものが、貧弱な感じの時もあったのだけれど、ここ最近はちゃんとしたものが出てくる。これは大変結構。ホテルだから「無難なものしか出来ないだろう」ということは仕方がないにしても、きちんと心がこもって伝統的な重みを描ければ、それがむしろ高い価値を持つものに化けることになる。先ほどのラフマニノフの演奏にも言えることだし、クラシック音楽にも大いに共通項があります。
a0041150_18401192.jpg

a0041150_18392437.jpg

アミューズから始まって「鰻のテリーヌ」なんて(笑)!私と天才ウナ子さんのためのメニューでしょうか(笑)。臭みもなく、オーソドックスなフレンチの味わいを感じさせました。そしてゴキゲンの「ロースト・ビーフ」。
a0041150_18382296.jpg

美味しいですね。満足!デザートは全種類!いつもだと「プリン」だけとか、なんですけれど。熊本さん、意外に「ガッツリ食べる派」なんですよね。ウナ子さんも「普段は少食」とか言ってますけど、彼女が少食だったことを見たことがありません。
a0041150_18345918.jpg

a0041150_18355134.jpg

さて、次回は三舩優子さん。もともとは三舩さんと仲良しでよく食べに行っている・・・・みたいなことから始まった対談、本命さんの登場(笑)。「牡蠣」が良いと言われたので銀座へ。銀座4丁目の「日産ギャラリー」の前で待ち合わせしました。
a0041150_18331718.jpg

が!何と「日産ギャラリー」がない!おおお、ビックリじゃ!時は動いていますね!寂しいことよ。
by masa-hilton | 2014-11-23 18:42 | 連載対談@お江戸で連談

例によってまとめ更新(3)

今日は高倉健さんの訃報が。時は進んでいるんですね。だれしも老いて世を去るものということを、あらためて感じ入りました。「網走」ものより「動乱」みたいな映画に誰にも出せない味があったと思います。合掌。あと本当に国会解散するんですね、議員さんも大変だ。デフレ脱却・・・・本当はデフレのままで給料だけ上がるのが良いですよね(笑)。多分みんながそう思っているから、景気も良くならないんでしょう。私が買いたいものは輸入雑貨がほとんどだから、急激な円安&値上げで購買意欲は萎えたままです~。

買い物しないから楽しみも少なくなります。食べることぐらい?以後、いろいろ良いことがありますように~と、またマリシテン様にお願いを!徳大寺です。たまたま御開帳の日でした。
a0041150_053773.jpg

帰りはいつもの「銀座鳴門」。上野・松坂屋のイートイン。「鰻丼」ですね。トロトロに柔らかい鰻で、とにかくタレのお味が甘く濃くて良い。
a0041150_0545788.jpg

バタバタとしてご飯が定時に食べられないときは、「銀座鳴門」もですが浅草の「かつき亭」も便利です。「海老フライ」旨しですよ。
a0041150_0552339.jpg

定時に食べられればカジュアルなフレンチ「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレアーレ」のランチにも伺います。素朴なテリーヌは欠かせません。けっこう好き。
a0041150_056231.jpg

この日は鴨でした。もちろんランチの鴨ですからソコソコではありますが、値段を考えればOKです。手軽なのとお店のあたたかな雰囲気はいつも良いです。
a0041150_057457.jpg

トウキョウ・パスタ」も相変わらず行ってますよ。ランチに行けばいつものように「東京ミートソース」。初めて食べた管理人さんの感想は「イタリアンじゃないよね」ということで、それは正解。普通にボロネーゼだと思ってきたイタリア人とかには理解できない(笑)日本的なミートソースだからね。
a0041150_0592615.jpg

いつも「サラダ」が小さいお皿で溢れちゃうと言っていて、私だけ大きいお皿でもらっていたけど、いよいよ全員大きいお皿になったみたい!
a0041150_101610.jpg

このサラダとても美味しいので、食べやすいほうが良いと思いますよ、良かったです。ここは、夜に行くとなかなか美味しいサイドもとれます。ソーセージも美味しいし、軽い「空飛ぶ絨毯風」なピザも好き。会社の宴会が多いお店でもあります。
a0041150_114241.jpg

a0041150_1247.jpg

またパスタにトマトを練り込んだ手作りのパスタも、夜に行くとあります。メニューにはないのですが、そのトマト練り込みのパスタで、特別に「ミートソース」を作ってもらいました。
a0041150_123971.jpg

これは旨い!絶対こっちのほうが旨い!これだったら完璧だなあ~日本人もイタリア人も大丈夫だよ(笑)。でもこれだと随分高くなっちゃうし、ランチなんかじゃ間に合わない・・・・ということで却下されました(笑)!美味しいのにね、残念!

もちろん定番、「大市」の「牛すきランチ」も頻度高く。美味しいもんね。高級すき焼きではない「牛丼系すき煮」の頂点の味だね。
a0041150_143075.jpg

便利に「龍盛菜館」の「酢豚定食」もありがたく。
a0041150_145939.jpg

ちょっと遠くても「須坂屋」に行って「へぎ蕎麦」も戴きます。これも美味しい、満足!
a0041150_1103621.jpg

この日のサイドは「カツ煮」です。これオススメです。「カツ煮」は夜だけですが。
a0041150_161081.jpg

本格的な「へぎ蕎麦」があるという情報を聞いて、評論家の真嶋雄大さんが遊びにいらっしゃいました。「東京のへぎ蕎麦は、ニセモノが多いけどこれはウマイ!」とのこと。写真・・・・良かった、上と別物に見えて(笑)。サイドは天麩羅盛り合わせ、これが500円ぐらいでしたね。
a0041150_181195.jpg

a0041150_183854.jpg

そんなこんなで、「へぎ蕎麦」はめでたしめでたし。そして真嶋さんは神田「きくかわ」の鰻、「特撰丼」を食べたことがないというお話だったので、作曲家&ピアニストの直江香世子さんと一緒に、「きくかわ」に出かけてトライ!
a0041150_112684.jpg

時間内に行ったのでちゃんと食べられましたよ!ホントにでかいんです!洗面器ぐらいあるんです(笑)。
a0041150_1124993.jpg

大満足ですね。あ、そう言えば悲しい?お知らせも。打ち合わせがあったので、管理人さんと白金高輪の「ル・ベルクレイ」に行きました。私のお気に入りのフレンチです。でも今月23日で閉店!残念。でも発展的なお話で何とアメリカに移住なさるとか!長年の夢だったそうです。それならばね!新天地で頑張って下さいね。

でも・・・・残念だなあ。今回も凄く美味しかった。何気ない「ハマグリ」の前菜も美味!
a0041150_1133216.jpg

「オニオングラタン」スープも濃厚!
a0041150_113563.jpg

そしてフォアグラや兎の肉を使った「テリーヌ」!こんな美味しいテリーヌは滅多にないよ!次元が違う!超旨い!
a0041150_114215.jpg

そして厚切りお肉は、普通にヒレステーキだと思うでしょ?これが「レバー・ステーキ」なんです。ウマイウマイ!大感激!つけあわせのフレンチ・フライド・ポテト!これも技アリ!
a0041150_1144459.jpg

a0041150_1145585.jpg

a0041150_1151014.jpg

とまあ、ここまでがまとめ更新。忙しい中、あちこち行っていました。
by masa-hilton | 2014-11-19 01:24 | 日々の出来事

例によってまとめ更新(2) ディナーショーに行って食べちゃった

富山に行ったり豊橋に行ったり、コンクールの審査の合間にディナー・ショーを2件やって来ました。二つともヴォーカリストの雨谷麻世さんのおつきあい。今回は我が家でのリハーサルということでしたが、日にちがクルクル変わり、11月5日。この日は「私、誕生日なんだけど」と言われてしまったので「イル・バンボリーノ」に行きました(笑)。いつものメニューで特別ではないけれども、美味しいので勘弁してね。

クロアチア風の魚介類の濃厚スープ、これは私は大好きなんだけど、あまり注文されないらしい。こんなに美味しいものを・・・・なんてもったいない(笑)。そして「マコモ茸とホワイト・アスパラ」の前菜。これもお気に入り。
a0041150_16561850.jpg

a0041150_16565822.jpg

ピザは大好きな「小海老とマスカルポーネ・チーズのピザ」、パスタはお誕生主のお好みで「トリュフのカルボナーラ」。
a0041150_16572893.jpg

a0041150_16575797.jpg

メインは「鹿肉」。とても美味しいけどこのカットじゃないほうが良いような。あ、自分で切れば良いのか(笑)。かじっちゃったよ(笑)野人なもんで。ぶどうのソースも大好き。
a0041150_16584611.jpg

美味しいから大満足してくれましたよ。良かった。私も満足。しかし15年以上もお会いしているが「豆が嫌いだ」とか「羊はイヤだ」とか(笑)、そんな好き嫌いは知らなくて「そうだったのか!」みたいに驚きました(笑)。

さて本番は豊橋の前日、横浜駅前のシェラトン・ホテルです。まさに駅前。
a0041150_172151.jpg

以前からお世話になっている横浜の大社長が幹事ということで、「斎藤君はグルメだからなあ」と楽屋弁当は人形町「今半」のにして下さいました。「今半」はご近所だと知っていてのお心遣い、全てのお心遣いが優しく大感謝でした。
a0041150_1765187.jpg

お客様も良い感じ。まずはめでたしですね~。
a0041150_17254532.jpg

ディナーショーなどはマイクを使うことが90%。そりゃナマ音が良いに決まっていますし、果たしてマイク音で、最善の演奏が出来るかも実は心配ですよね。でもNHKなどの番組で弾くこともまた「マイクを使う」ってことなんですよ。文句を言うのはたやすいし、今まで結構文句を言ってしまったこともあるのですが、いろんな条件でも個性を出してベストを尽くせるのがプロだと考えるようになり、最近はより上手く弾ける方法も見つけることが出来、満足しています。舞台には感謝の気持ちと謙虚さと喜びをもって、立ち続けて行くべきですね~。

さて2件目はコンクールを終えて間もなく、ホテル・オークラ東京です。こちらは立食のパーティーだったので、演奏後はお客さまに混じってオークラの「久兵衛」のお鮨などを戴きました。さすがに「トロ」など上品に旨い。でもさらにその後、当日の主催者であり、雨谷さんの後援会長でもあるサクラグローバルホールディングの松本会長にお誘いを受けまして、「バロン・オークラ」へ。折衷料理ですがフランス料理のコースに中華もアラカルトにした感じでできる、最近のワイン・バーとは違うセレブな食事を楽しめる場所。メニューはバランスも考えられていて、とても上品。

フカヒレの姿煮、素晴らしい前菜ですね。このセレブな空間バロンでは「桃花林」から本格中華が運ばれます。日本人向けにも作られている中華ですので、「伊勢海老とお野菜の炒め物」も美味しかった!
a0041150_17171061.jpg

a0041150_17172748.jpg

でも流れはフレンチ。しっかりとしたソースの白身魚のポアレですが、魚の下にはリゾット風なものが。魚の下にご飯を敷くのはフレンチ流ですね、このリゾットも濃厚な味わいでした。
a0041150_1718440.jpg

松本会長もゴキゲンです(笑)。そう言えば今月の「ウェッジ」にインタビュー記事が載っていらっしゃいました!
a0041150_17184571.jpg

メインは牛のヒレ・ステーキ。デザートではなくチーズが!これは嬉しい。
a0041150_1720233.jpg

a0041150_17202396.jpg

ほとんどのかたが、強いブルーチーズを残していらっしゃいましたが、私はこっそり蜂蜜などを頼んで、完食。チーズ好きなんだもん。〆はラーメン。やはり本格中華店のラーメンはもたれなくて良いですね。美味しかったです。
a0041150_17221226.jpg

大満足していると、すっかり夜も遅くなっていました。
a0041150_17205458.jpg

これではダイエット出来やしないな~と思っている矢先に、マネージャーの松田さんと新宿で打ち合わせ。松田さんは和食が良いと言ったのですが、「トロワグロ・カフェ」に行きました。メニューを見ているだけではピンと来ませんが、さすがに三つ星(笑)ちょっと手の込んだ個性的なものが出てくるんですよ

まずは「卵のグラタン」。見た目は普通のグラタンですが、中には焼きトマトやお肉やオニオン、スモークされたものが詰まっていて、これは濃厚な味わい。美味しいね、さすがです。
a0041150_1723861.jpg

メインでとったのはお魚。白身魚の下にご飯は、昨日の「バロン・オークラ」と一緒です。でもこちらはあっさり系で、マスタードが塗られて酸味のある感じで、まるで寿司のようなテイストになっているのです。和食希望だった松田さんも、思わずにっこり!
a0041150_17233471.jpg

デザートはタルト。個性的で、スタイリッシュな感じのデザートです。選択肢は他にもあったのですがアイスクリームがついていたので。
a0041150_17241731.jpg

女子アナでは断然森本智子さん派ですけれど、朝のおはよん天気予報で、お声も言葉もはっきりしている酒井千佳さんに「今日は寒いですよ」などと言われると、無条件に信じてしまう私なのだ(笑)。でも暑がりおじさんなので大抵汗だくになってしまいます。この時期団扇を持ち歩いているのも私ぐらいかもしれませんね~、全然寒くない!暑いぞ~!(つづく)
by masa-hilton | 2014-11-17 17:27 | 日々の出来事

例によってまとめ更新(1) 東南アジアツアーの再告知

昨日やっと暇になりました。今日はほとんど就寝(笑)。ここでやっとひと段落です。本当に大変だったのは10月のほうですが、何かと雑用に振り回されて、ブログは遠のきました。すみません。でもいつもの如くですからね。世間は総選挙?があるとかないとかで、それも別の世界のことのようで、やや隔世の感ありです(笑)。

忙しくなってくると、お近くの「ぐるとん」比率が高くなります。ランチで好きなのは「チキンチーズのパン粉焼」、「チーズ入りのメンチカツ」、オムライスなども作ってもらえますよ。これが絶品です。
a0041150_23215625.jpg

a0041150_23224932.jpg

ある日のこと、ここで管理人さんと打ち合わせしていると、天麩羅の「中山」さんが現れました。最近はよく食べにくるということで。お話も弾みまして楽しかったです。ちなみに「中山」さん、「チキンのチーズ焼き」を食べてました。さすが!

ちょうど来年の「にっぽん丸」東南アジア・ツアーの打ち合わせを色々していたのですが、コーディネーターの橋本さんが、忙しいけど「美味しいものも食べたい」と急に人形町に現れましたので、タイミング良く「中山」さんに伺えました。相変わらず美味しいですね。「黒天丼」だけを食べにくる人は本当にもったいない。まずは料亭のお味「ぎんなん」です。旨すぎる!
a0041150_23193761.jpg

自家製の「しおから」、そしてお通しの「煮物」。おふくろの味以上の絶品の味。こういうものが旨いから最高!
a0041150_23175538.jpg

a0041150_23184029.jpg

お刺身は「赤貝」を戴いて、あとは普通盛りにしてもらいました。白身魚の旨さ!格別!築地では喜寿司と同じところから卸しているだけのことはありますね。
a0041150_23155472.jpg

a0041150_23165954.jpg

「アスパラ」の天麩羅、お江戸の味「アナゴ」の一本揚げ。こちらは天丼のたれがついていて、山葵で戴く「通の味」です。
a0041150_2313294.jpg

a0041150_23145624.jpg

そして誉めても誉めても足らないぐらいに旨い「きんきの煮つけ」。お味が良いんですよ!最高!至宝の煮つけです。
a0041150_2311078.jpg

その煮つけの「あら汁」もまた濃厚!かき混ぜて戴きます!これもまた、本当に旨い。
a0041150_2395731.jpg

最後は小さく「かき揚げ丼」にして戴きました、お新香もごちそうさま。カブが好き!
a0041150_2382598.jpg

a0041150_23122187.jpg

お話のほう、「東南アジア」ツアーのほうは、まだ曲などの詳しい内容は決まっていませんが、流れは見えてきて楽しそう!お客さまのほうも、そろそろ予約が一杯になりつつあり、このカタログすら手に入りません。
a0041150_094457.jpg

a0041150_0104468.jpg

横のコメントは私が書きました!ぜひまたここでお目にかかれるのを楽しみにいたしております。お料理のほうもスペシャルらしいですよ。
a0041150_0113730.jpg

さて、私のほうはもちろん「鰻」もちゃんと食べていますよ(笑)。これは富沢町の「喜久川」、2200円の小さめの鰻。小さくてもふっくらしているので満足できますよ!
a0041150_2371466.jpg

忙しいと定時に食べられないので、妙に少なく食べたり、または多く食べ過ぎたりと良くないですね。でもそんなことも言っていられません(つづく)。
by masa-hilton | 2014-11-15 22:41 | 豪華クルーズ旅演奏会

日本テレビ「日テレアップDATE」に出演!

11月9日は朝の早い時間の番組ですが、日テレの重要な告知番組「日テレアップDATE」に出演いたしました。しっかりインタビューもあって!詳しくはこちら!お話は先日の声明コンサートのこと!私の今年のビック・イヴェントでした!

番組のHPにはこのように書かれています(以下引用)。

・・・・・音楽監督とピアノを手がけた斎藤雅広氏は「あまり音楽が主張し過ぎると聲明の意味が消えてしまうので、もともとの聲明のイメージに少し色を加えることができて一安心した」と話した。また、公演の後半ではソプラノ歌手の家田紀子が登場し、平安時代に庶民の間で歌われた流行歌に新たなメロディーをつけて歌った。クライマックスでは聲明とソプラノ歌手が競演した。

写真は家田紀子さんのブログからお借りしました。

a0041150_213247.jpg

by masa-hilton | 2014-11-11 04:02 | ニュース

豊橋は大成功でした!そして良い成果を上げたデザインKのコンクール!

実はいっぱい更新しなきゃいけないことがあるのですが、ちょっと忙しくてままなりません。ご容赦。順序が前後しますが、やはりコレですね。

豊橋の「とよしんふれあいコンサート」は大成功でした。ありがとうございました!素敵なスタッフと満席のお客様に支えられて、楽しいコンサートになりました!

朝は早かった!!鰻弁当があったので期待せずに購入!2300円!相変わらずに高いですね。それでもこの「東華軒」の鰻は微妙にお気に入りかもしれないのです。そしてこれ、揺れる車内で撮るの難しかった(汗)!奇跡の一枚です(笑)。
a0041150_0454965.jpg

まあまあ大きい鰻ですね(あきらめて新横浜で止まった時に撮影・笑)。さすがにこの値段だからね、前よりか大きいかなあ。味は普通ですね。
a0041150_0465065.jpg

ホールに着けば、おお、自分の名前!当然と言えば当然ですが(笑)、いつもながら何となく恥ずかしいような・・・あはは。頑張らねば!ですね。
a0041150_051150.jpg

この会場がいっぱいになりました。ありがとうございます。
a0041150_0524854.jpg

楽屋のお弁当も豪華でした!さらに感謝!
a0041150_1103378.jpg

ピアノ同士のアンサンブルを初めて聴いたかたも多かったようですが、お客さまには、とても喜んでいただけました。
a0041150_2240048.jpg

終演後は、ちょっと時間があったので共演の熊本マリさんとアソシア豊橋で一服。ロビーラウンジの「シーナリー」で軽食。私は「生ハム・ピザ」です。パリパリでなかなか旨い!ただし食べにくい(笑)。
a0041150_112158.jpg

そしてけっこう新幹線の時間が近くなってから「シュークリームが食べたいわ」と言い出したマリさん。おおお(汗)。
a0041150_1133155.jpg

食べて正解!美味しかった!新幹線も間に合いましたよ。東京はもう、すっかりクリスマス気分ですね~、ご近所の三越です。
a0041150_1144322.jpg

翌日は朝からデザインKのコンクール本選!他のコンクールと違い、演奏後に審査員がアドバイスをしていく形式だっただけに、皆さんの演奏の上達ぶりに目を見張りました。すばらしいことです。だって審査員に選曲のことや、どう弾けば良いかを聞けるんですよ(笑)。そりゃ、皆が皆うまくなりますよね。このように審査員を重厚な顔ぶれに出来たことも、運が良かったです。
a0041150_1182741.jpg

上位入賞者はどなたも見事でしたね。良い演奏がめじろ押し!たまたま点がそのように集まって順位がついてしまうけど、その辺りはコンクールの難しい所。また選外になられていても、実は1点差だったりもしていますのでね~。昨日弾いたかたは、皆さん胸を張って良いと思います!!

そしてコンクールとしても成功して良かった。デザインKにはこのあと、場所柄ツィメルマンが練習に来たりするらしいのですが(笑)、どうぞ社長!受賞者たちにたくさん演奏の機会を作って下さいね。
by masa-hilton | 2014-11-10 23:45 | 日々の出来事

豊橋3台ピアノコンサートのリハーサル

富山で名物の白海老を食べずに東京帰って、「三崎丸」で「白海老の唐揚げ」を戴いた(笑)。変な話だが、これはなかなか美味しいです。ま、良いってことよ。
a0041150_23424821.jpg

「白子の天麩羅」が食べたくて、天麩羅の盛り合わせ。これは安いだけあってそれなりなものでした。ここの天麩羅では「イカの天麩羅」がいいね、ボリュームもあるし。
a0041150_2343486.jpg

あん肝のステーキはややしょっぱいかな?味が濃いですね。
a0041150_2345536.jpg

オススメのお寿司は良かった。満足。
a0041150_23442732.jpg

a0041150_2344535.jpg

休日だったから、人形町はお休み期間中でしたね。ヘルプに来て下さった管理人さんと行ったのが「人形町ピザ・バル」。最近はとてもお気に入り。ピザ生地も旨し!「ハニー・ゴルゴンゾーラ」と「ディアボロ」、両方とも美味しかった。調和がとれていて大変すばらしい!
a0041150_2347048.jpg

a0041150_2347196.jpg

電車に乗ってしまえば浅草で「海老フライ」。季節の「牡蠣フライ」もつけて、こちらも美味しい。「かつき亭」ですね。
a0041150_23475474.jpg

浅草の人の出も、ハンパなく多いですね。
a0041150_23482095.jpg

そうやって時は巡る(笑)。そんなこんなで豊橋のトリプル・ピアノのリハーサル。この日はまず、親しくさせて戴いているかたの東京転勤の歓迎会を(笑)。クールでダンディなかたなので、ここは「全衆徳」のおいしい「北京ダック」を選択。150周年記念ということで、いつものメニューに、フカヒレの姿煮がプラス!すばらしい!

前菜からして美味しい。お味は非常に多彩。赤酢を使ったくらげ、自家製の焼豚など細かい丁寧な作りが優しい感じ。
a0041150_23511059.jpg

a0041150_23513463.jpg

そしてフカヒレの姿煮!あまりの美味しさに全員満足!笑顔!クールなダンディ氏が「心の中でキャッと叫んでます」と言われたのが(笑)何とも楽しかったですね。スープの美味しさも格別!これはぜひまた食べたいですね。
a0041150_23524374.jpg

豪華なアワビと伊勢海老のオイスターソース!旨いに決まってます!!
a0041150_2353124.jpg

そしていつものように「北京ダック」のイヴェント。
a0041150_2354692.jpg

皮に砂糖をかけて戴き、美味しいお肉に味噌をつけて。
a0041150_23551632.jpg

a0041150_2356794.jpg

そしてくるんで!
a0041150_23572288.jpg

a0041150_23582930.jpg

食事は太麺のソバ。高菜とアヒルの肉のソバで、あっさりと上品に旨い!これ以前にも戴いたことがあります
a0041150_2359563.jpg

a0041150_0172791.jpg

デザートも美味しく戴きました。その後はヤマハに出かけてリハーサル。リハーサルは無事に終わって、熊本マリさんが旗を振りだして(笑)鰻ひつまぶしの「備長」へ。ここを教えたのは私ですが、マリさんはとても気に入ったようですね。
a0041150_0121017.jpg

いつも通り美味しく戴きました。そんなこんなで私は美味しいものに溢れた日になりました!めでたし!
by masa-hilton | 2014-11-05 23:39 | 日々の出来事

富山に行ってきました

学校コンサートですが、スロヴェニア・マリボール国立歌劇場のソリストの人たちとのガラコンサートという豪華版でした。彼らの日本での18回の嵐のような公演スケジュールを追っかけて、その隙間で楽しくやってきました。そんな言い方をすると、ちょっと軽々しく聞こえますが、実際はリハーサルもままなりませんから、やはりプロフェッショナルな仕事人でなければ対応は出来ないことですね。またイヴェントですから、時間ピッタリに終えられるようにすることも大事。そんなこんな、またスタッフの皆さんに支えられて、無事にやって参りました。めでたしめでたし。

メンバーは今回のタイトルロールも歌っているソプラノ、クリスティーナ・コラルさん、ブラジル出身のバリトン、ダヴィド・マルコンデスさん、テノールはヅィーガ・カサギッチさん。とても良いお人柄の方々だったので、随分助かりました。「今からアイーダ歌う」っていうちょっと前に、ホールのピアノ庫(ピアノ庫といっても他のものも置いてあるカビ臭い物置でした。歌うにはひどい!)でリハーサルなんて、タフだから出来るんでしょうけど、よくまあやってくれましたよね(笑)。

というわけで、マリボールの「アイーダ」の金沢公演の合間にリハーサルをするということで、その日は朝早くに羽田です。またまた空弁かあ~と溜め息。期待せずに、今回は築地の人気店「又こい家」の羽田空港内のスタンドに。
a0041150_045431.jpg

実はちょっと気になっていたお店です。でもね。ま、美味しいわけないでしょう。ガッカリしました。板前さんたちの緊張感のないこと(笑)。ベラベラ私語で盛り上がってちゃ、いけないんじゃないの?で、結構お客には無愛想です。「マグロづくし」1200円ぐらい、安いから許せますけどね(笑)。
a0041150_0464250.jpg

見たら評価が高いんでビックリ。これだから人はあてにならないよ。デパ地下のパックのお寿司と変わらぬぐらいの感じなのに。もう2度と行かないでしょうね~、無難なものは嫌いだからね(笑)。だから私の言うことは、もっとあてになりませんよ(爆笑)。

小松空港に着いて、ゆっくりと高速バスみたいなリムジンバスで移動しようと思ったら、交通手段は飛行機到着15分後に出るバスのみ・・・・と急かされて、凄い早い時間に金沢に入ってしまいました。
a0041150_048325.jpg

香林坊にて下車、そうか、紅葉の季節か。観光客、外人さんもいっぱい。
a0041150_0572224.jpg

金沢の街はブランドショップが立ち並ぶお洒落な風景ですが、これは海外からの観光客向けってことですね。ゆっくりランチを・・・・と思いましたが、東京にもある店ばかり。そして私は荷物もあるからあまり歩けないので、観光はやめて(笑)、わかりやすく老舗のお寿司屋「蛇の目鮨本店」でお休みしました。
a0041150_0582685.jpg

ここは老舗の有名店ですが、こちらは評価ではイマイチのようなことが・・・・。だから絶対、人の意見はアテになりません。昔に比べてお客さんが少ないと言っておられましたが、イマイチな食べログが影響してるのかなあ?大体安いランチを頼むから美味しくないんですよ。ここは食べたいものを食べましょう!この時期に「アカイカ」は珍しいようですよ。蟹は当然旨い。
a0041150_153294.jpg

「ぶり」のことですが「がんど」と言ってこちらの名物ですね。ヅケのように仕事がしてありました。
a0041150_163513.jpg

「あじ」はネタが良かったですね。そして右は「バイガイ」。東京ではこんな大きいのはないです。というわけでピントは「バイガイ」に合わせて(笑)。
a0041150_173796.jpg

一番美味しかったのは「アカイカ」の「ナマゲソ」。こんな新鮮でこりっと美味しいのは初めて。これはおかわりしました。
a0041150_19483.jpg

私の感想は、お江戸に比べてシャリなど薄味ですね。お米をキツく握り過ぎていて、ネタとのハーモニー感が少ない感じもしましたが、そんなの好みの問題。仕事はとても丁寧で、イマイチのようなことを言ったら失礼です。おまかせ2500円にお好みを足して3500円ぐらい。これを考えても充分だったと思いました。満足!

ホールに入りましたが、歌手はまだ到着していません。客席でウトウト。
a0041150_1234747.jpg

ホールは客席は大きいですが、それでもオペラをやるような大ホールではない感じ。そこにコンパクトに舞台が設営されて行きます。
a0041150_1244018.jpg

さすがさすが、プロの仕事ですなあ。しかし待てよ、「公演聴いて行け」とか言われたら疲れちゃうかもだ。どうしよう!
a0041150_1253468.jpg

リハーサルは本当にあっという間に終わりました。何の問題もなく、歌手たちは「すばらしい!」と連発してくれたので、こちらもひと安心。「アイーダ」を聴いても良いけど・・・・やはりここは夜、美味しいものを食べるほうが良いな!と富山に移動することにしました。

オペラは大好きですが、明日のエネルギーを考えればその方が良いし、実際、移動がけっこう疲れたので富山に来てしまって正解でした。まずはホテルで仮眠。少し遅めの時間に街に出て、美味しい店を探します。パンフレットや食べログは参考にせず、自分の勘を信じて。見つけたのは「小料理屋・鎌倉」。ひっそりと情感ある感じのお店でした。お人柄の良さそうなご主人と女将さんがお二人でやっている。「紹介もないのに、よくぞうちの店を見つけて下さいましたね」と女将さんが笑う。確かにホテルから少し歩いたし、華やかなパンフには載っていなかったからね。

「飲まなくて悪いんだけど、美味しいものをください」とお願いした。メニューも何もない、すべてお任せのお店でした。あとから知ったのですが、大体「いくらでやってね」と言うのが常連のならわしだそうで、昭和の時代には全然予約が取れなかったという、知る人ぞ知る店でした。さすが、鼻がききますね~私は。

「里芋の田楽」「たらの子の煮もの」「ふろふき大根」「ばいがい」。煮物のお味が良い!早くも「当たり!」の予感!
a0041150_1281159.jpg

a0041150_1293589.jpg

a0041150_1302467.jpg

ビックリしたのはシイタケほどの大きさがある「なめこ」!お化けなめこの「なめこおろし」、めっちゃ旨い!
a0041150_1323930.jpg

お刺身は「かわはぎ」「かんぱち」「あおりいか」「あまえび」などなど、富山ならば「げんげ」の唐揚とか、あまり名産物にこだわらず、その日の良いものを出してくれるのが良い。ここは絶対良い店だという確信が!
a0041150_1382838.jpg

a0041150_1512076.jpg

焼き物は「ノドグロ」。魚そのものが抜群に旨いけれど、焼きかたも実に見事。人形町で言えば「中山」さんのようなお店だね。美味しい!
a0041150_1331152.jpg

そして「これはショウガ醤油で食べても美味しい」という言葉が示すように、何と!マグロの角煮!東京だと佃煮でもあるけど、甘くショウガをきかせて煮たものが焼き魚に添えられて・・・・これが旨い!何と言うバランスだろうか!ノックアウト!そして豪華なお椀!
a0041150_1334360.jpg

何しろお味が良い!マツタケ、銀杏、ハモ、甘エビ、カニと全てが主張していて誰も邪魔をしない。それはお出汁の味のせいだ。これは美味しい!私がミシュランなら星を7つぐらい進呈するよ!

紅ズワイの酢の物が、食事の前に出てくる。酢の物のお味も良いけど、シャイン・マスカットが入っていて、これが良い香りを演出。旨い!参りました!脱帽!
a0041150_1343461.jpg

お雑炊を作ってくれるというのだが、満腹になってしまった。お雑炊きっと旨いぞ~!残念!で、茶そば!もちろん美味しい。カブのお漬物がまた旨し!デザートにはシャイン・マスカットが再登場。
a0041150_1171514.jpg

a0041150_1182359.jpg

13000円ぐらいかな?と思ったけど7000円ぐらい!良いお店だ。何しろ温かくて癒される。こうでなくては!今は食べログでも地味な状態だけれど、きっとそのうち「孤独のグルメ」に見つかってしまうだろうな(笑)。それ以上の、ホントに価値の高いお店です。大満足!富山に来て良かった!

翌日、コンサートは無事に!めでたしめでたし!です。主催の片山学園はとても良い環境の学校の様子でした。スロヴェニア風のスープや「ますの寿司」をご用意くださるなど、温かいおもてなしにも感謝感謝でした。

帰りの飛行機、マナーの悪い人いましたね。それにCAさんもイマイチ感じが悪かった、珍しいかな。それはそうとして、空港のお土産売り場に「鯛蒲鉾」があって、「鯛」の身の蒲鉾かと思ったら「魚肉」としか書いてないので(笑)爆笑。鯛の形をしただけの蒲鉾だったんですね。正直「きもい?」とも思ったのですが、おばあさんが「かわいい」と言って買って行きました(笑)。あはは、「きもかわ」ですね。人の好みはやはりそれぞれです。
a0041150_114479.jpg

さてと、いよいよこのシーズンの忙しさも終盤に。これが終わったら、クルーズの企画を立てないとね。
by masa-hilton | 2014-11-03 01:51 | 日々の出来事