「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ショパン3月号 「お江戸で連談」は好調です

a0041150_24367.jpgさてブログ、お休みというか忙しくて書けませんでした。しばらく東南アジアGOGOGOはお休みです。この後もコンサートなどが始まってしまうので、ちょっとお待ちくださいね。何かと時間がありません。おまけに、いろんな人が相談に来たり(笑)。頼りにされて嬉しい限りだし、宴会好きなのでこれも大歓迎。もちろん新規コンサートの打ち合わせも多いんです。

そして今月も月刊「ショパン」3月号で連載の「お江戸で連談」は炸裂状態です(笑)。普段アーティストが雑誌でインタビューされるのは、CDやコンサートの告知が目的ですから、こうやってほぼ無意味に無駄話をするというのは画期的なことですね。

前回近藤嘉宏くんに続いて、今回は高橋多佳子さん&下田幸二さんのご夫婦。音楽家はいつでも明るくぶっ飛んでますからね(笑)、とても楽しい会になるのです。

高橋さんの希望で今回は「ひつまぶし」。ウナギ大好きですから私も天才ウナ子さんも大歓迎です。詳しい脱線話は呼んで戴ければ~と思います。ちなみに次号は松本和将くん。さらにその次は、ジャズピアニストの国府弘子さんと続いて行きます。こちらも楽しかったですよ、ぜひお楽しみになさってください。

さてさて「ひつまぶし」と言えば、当然銀座の「備長」へ。ここのひつまぶしが一番好きかも。いつもながら良いお味だ。パリパリと旨い!
a0041150_283837.jpg

クールな編集者、天才ウナ子は「う巻き」好き。いつの間にかメニューが追加されています。
a0041150_292836.jpg

肝焼きはこのような形で登場!これも旨し!ここで「肝焼き」初めてだったかな?これは良いですね。
a0041150_2102168.jpg

もちろん最近も鰻食べてますよ。仕事の打ち合わせでもプライベートでも。プライベートだとここんとこは上野松坂屋の「銀座鳴門」が多いかな。
a0041150_2105096.jpg

少し少なめだから、何せダイエット中ですからね(笑)。
by masa-hilton | 2015-02-27 02:12 | 連載対談@お江戸で連談

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その10)

24日の夜です。この日は和食。前菜から始まって「カツオのお刺身」、お肉は煮物で登場、お魚の焼き物は西京焼。
a0041150_4144177.jpg

a0041150_4154021.jpg

a0041150_416425.jpg

a0041150_4175138.jpg

揚げ物は「ふぐ」でした。デザートも毎日よく工夫されています。
a0041150_4191644.jpg

a0041150_420574.jpg

ところで私は寝坊なので、なかなか夜明けは見れませんが、きれいな夕日は何回も見ました。
a0041150_4211580.jpg

船の上だと太陽が天体らしく感じられますね。赤い太陽が海に落ちて行く瞬間は「地球が回ってるんだなあ」という大らかな気持ちになります。

夜は個人練習。このあとは3回目のメインショーと古川さんのサロンコンサートがあります。遅くまで練習していると、東京にいるのと同じサイクルになって来ますね。夜ふかし人間です。

翌日25日の朝は、夜ふかしもあって起きられず、朝食はパス。お昼もパスにして、「喫茶リド」でゆっくりしました。
a0041150_4214934.jpg

プールもあり、のんびりできる空間です。ここで美味しいハンバーガーを戴きます。
a0041150_4225015.jpg

もり蕎麦も美味しかったです。オレンジジュースも飲み放題!こちらも好きですね。
a0041150_4242181.jpg

この日は船は盆踊り大会(笑)。電球の細かな仕掛けが面白いですね。
a0041150_425429.jpg

a0041150_4264039.jpg

のんびりと日が暮れてゆきます。
a0041150_4275532.jpg

日差しはかなり強く、デッキでイベントをやっているクルーの皆さんも、顔を真っ赤に日焼けされていました。

夜ご飯は小皿料理。楽しく戴けました。小皿は10皿です。「あんきも」「いかの3種盛り」「バンバンジー」「絹豆腐のもろみかけ」「牛肉の八幡巻」「野菜のたらこ和え」
a0041150_4291143.jpg

「鰻の酢のもの」、とにかく鰻の登場で嬉しい!
a0041150_4301356.jpg

「佐賀牛の赤味噌煮」「ハマグリのグラタン」「枝豆のつまみ揚げ」、これらはとても美味しい。
a0041150_4311639.jpg

デザートは「柚子餡ロールケーキ」。
a0041150_4322027.jpg

盆踊り大会も覗いてみましたよ。子供のころからこうした行事には行ったことがないです。まさにビジターです。
a0041150_4333745.jpg

皆さん、普通に踊れるんですね。びっくりです。拍頭が踊りの頭とずれているような感じ。それだけで絶対無理(笑)。あれ、古川さんが踊ってるし(笑)!さすが隠密同心!
a0041150_4341786.jpg

江口さんと私は眺めているだけでした。この日も夜は練習。小皿料理だったので少しおなかがすいて、夜食はきっちり戴きました。韓国風冷麺とフルーツ。
a0041150_6333561.jpg

そして人気の「かぼちゃくん饅頭」も再登場(笑)。これ美味しんですよ。
a0041150_635326.jpg

翌日26日はマレーシア、コタキナバルに接岸します。もう随分近くですね。暑い~~~。
a0041150_638774.jpg

この日は私は、女性陣お二人と自力闊歩を選択しました。高野さんはツアーに参加でオラウータンに会いに行きます。朝は朝カレーでガッチリ。旨い!
a0041150_6392659.jpg

港では現地の民族舞踊ののお出迎え。奇声を発して、いかにも南国の民族のキャラクター!
a0041150_6402515.jpg

コタキナバルは都会です。同じ南の国でも洗練されている感じが。
a0041150_6433398.jpg

a0041150_6525094.jpg

港もベトナムとはちょっと違って、何となく小ぎれいな印象です。
a0041150_6535731.jpg

で、私たちは下船しました。美しいにっぽん丸・・・そして青空!で、気がつきましたよ。空がとても青い。青の色が濃いんです。これが今までとは違う。
a0041150_6545111.jpg

私たちはバスに乗り込みショッピングセンターへ向かいます。やはり街もずっと解放的な空気!カフェも用心せずに普通に使えそう~。資本主義の国ならではの華やかさがあるという感じでしょうか?しかし暑い!!
a0041150_722261.jpg

a0041150_76928.jpg

ショッピングセンターからは自由行動。人の良さそうなタクシーのおじさんをつかまえて、車で観光です(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-21 07:20 | 豪華クルーズ旅演奏会

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その9)

22日になりました。この日もホーチミンの街に出かけられるのですが、翌日はコンサートだし歳だし(笑)、私は船内でおとなしく、通常の生活に戻りました。普通に起きて朝ご飯も戴きます。
a0041150_2191040.jpg

a0041150_220202.jpg

a0041150_2232951.jpg

普通に朝食ですが、にっぽん丸の「パンケーキ」は美味しいし、フルーツも豊富で楽しい。午前中はゆっくり休んで、打ち合わせなども。お昼は「かわりそば」ということで、ビーフンのような冷たいお蕎麦。サラダ風なヌードルといった感じでした。
a0041150_2175776.jpg

さて、私がこうして船でゆったり暮らしている間に、メンバーの女性二人は再度ホーチミン市へ自力闊歩していました。朝ご飯に地元の美味しいフォーを食べたいということで、ちゃんと実行して来ましたね。
a0041150_2164361.jpg

私と高野さんが飲んだココナッツジュースもここで飲んだようです。さすが隠密同心のお二人(笑)!詳しいことは江口さんのブログへどうぞ

みんな合流しての晩ご飯、「手長海老とサラミ、キュウリの山葵和え」「しめたさわらとタコのお刺身」「牛フィレのサイコロステーキ」、和食ですからどんどん出て来ますね(笑)。
a0041150_2112669.jpg

a0041150_2124944.jpg

a0041150_2134669.jpg

「なます」もホッとするお味、「アナゴの煮つけ」と「カニの吉野揚」はとても美味しい。
a0041150_274733.jpg

a0041150_29026.jpg

a0041150_210956.jpg

デザートは梨と「柿羊羹」。こんな季節に梨が旨い!
a0041150_213759.jpg

健康にも気を遣った感じですが、オツな感じの晩ご飯でした。翌日はコンサートですから深夜練習はみっちりと!です。その前のお夜食は沖縄の「鶏飯」、そして「塩焼きそば」、馬力が出そうなメニューでした。フルーツもたっぷり戴きます。
a0041150_158932.jpg

a0041150_1593763.jpg

かなり遅くまでやりましたが、次の日は普通に早く起きれましたよ。

23日、2回目のメインコンサートの日ですね。あちこちに告知が出ています。
a0041150_157213.jpg

私は朝食は軽く、スープとサラダとパン、フルーツだけにしておきました。
a0041150_1553749.jpg

a0041150_1562730.jpg

昼食の後にリハーサルが来るので、昼食を遅くするわけにもいかず、朝で調整したのでした。でも調整しておいて良かった。この日はお昼がとても美味しかったのです。スープ、サラダ、フルーツもいっぱいで、メインは「オムライス」、でもクリームソースです。
a0041150_1524539.jpg

a0041150_1533320.jpg

私はフワフワの「オムライス」は嫌いで、ちゃんと巻いてケチャップかデミグラスソースがきちんと添えられたクラシックな「オムライス」でないと食べられないのですが、クリームソースになるとそれは別(笑)。別料理として戴けますね~。お味もちょうど良く、とても美味しく戴きました。

リハーサルも順調に行って、晩ご飯を(時間の関係で)慌てて戴きます(笑)。歌手の二人は喫茶「リド」で、自分の良い時間に食べるということだったので、これは古川さんと行きました。まずは「カニとアボガドのカクテル」、ジュレソースも美味しいし、こういうきれいな前菜は嬉しいですね。大満足!
a0041150_15137100.jpg

「蓮根のクリームスープ」「サーモンのポワレ」、何かレトロな感じのフレンチで良いです。
a0041150_1485382.jpg

a0041150_1495111.jpg

「マセドワーヌサラダ」に「ビーフウェリントン」。こちらは「牛肉のパイ包み」のことです。一時代前、一流ホテルのフレンチって、みんなこれだったような・・・・。そんな懐かしいメニューですよね。
a0041150_0123576.jpg

a0041150_1385355.jpg

デザートは「ガトーアールグレイ」と「メロン」!メロン好きですから嬉しい!
a0041150_1395075.jpg

コンサートは思い切り楽しく!というご要望にお応えして、爆笑の渦!船ブログにもレポートされています。大成功でしたね。メンバーもみんな役割を充分にこなして、盛り上がりました~~。終わってからはホッとしてお夜食。「ラーメン」「にら饅頭」、そしてフルーツでした。
a0041150_0102456.jpg

ここでメンバーはお疲れさまで、この日は解散しましたが、私は深夜練習しました。さすがにね、ピアニストは2週間思ったように練習できないと・・・きますね(爆笑)、来る予感がします。今回、よくわかりました。旅の前から「なるべく練習せずに弾ける」ようなトレーニングしていたのですが、そういう問題を超えてしまうであろう期限が2週間だと思います。何となく予感がしたので、8日目ぐらいから個人練習を夜中に増やすようにして、本当に良かったです。よくことわざのように「1日弾かないと自分に分かる、2日弾かないと女房に分かる、3日弾かないと全員に分かる」と言います。これは本当のことでもあるのですが、実際のプロはもっとタフでないと生きていけません(笑)。

24日、この日は高野さんの「歌唱教室」のコーナーが始まります。このコーナー、何回ぐらいやるのかが全く見えなかったので、沢山曲を用意して来ました。下船まで全4回になって「最後のグランド・フィナーレでは、お客さまがステージで歌えるように!」とそういう企画になりました。高野さんが歌唱指導、私が伴奏とサポートをします。これが午後1時ぐらいからだったので、まずは朝ご飯はキチンと戴きました。
a0041150_054949.jpg

a0041150_081268.jpg

やっぱり「パンケーキ」旨いですね。欠かせませんね。午前中にちょっと打ち合わせがあって、本番前に食事するかどうか・・・ホントはしなくて良い感じだったんです、講座の後に「リド」に行けば良いですからね。でもこの日のお昼が「ミートソース」!このブログ読んでる方はご存知ですよね、私は「鰻」と「ミートソース」は毎日でも食べたい・・・やむをえず(笑)、お昼食べてから講座に行くことにしました。旨そうなレトロな感じの「ミートソース」が出て来ました。
a0041150_23594613.jpg

やはり「ミートソース」美味しかったです!これは食べて良かった!!大満足!

そして高野さんのイベントも大成功!とても楽しく出来ました~~。
a0041150_235812100.jpg

全然気がつきませんでしたが、レストランの前に「ひつじ」が!
a0041150_23565194.jpg

いろいろ細かい演出も見事ですが、こうして毎日美味しいお食事を出してくれるキッチンの皆さん!ホントにありがとうございます、大感謝です(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-18 02:24 | 豪華クルーズ旅演奏会

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その8)

21日午後。私、高野さん、「自撮り棒ツグミ」こと江口さん、「鬼練のサユ」こと古川さん、メンバー全員はホーチミンで市内観光中~「メコン川の川下りとジャングル探検」のツアーに出ています。

いよいよ川下りを終えて対岸に上陸。熱帯地方の雰囲気。このあたりはミトーという場所になるそうです。次の目的地はミツバチの養殖している場所です。
a0041150_23574491.jpg

a0041150_1333865.jpg

ハチがブンブン!
a0041150_01766.jpg

ある意味ミツバチ君たち、大人しいとも言えますね。全然平気です。
a0041150_023886.jpg

天然、とれたてのハチミツを戴きます。これってアレルギーだったりするとヤバい。「天然もの、ナマっていうのは100%安全とは言えないものだ」とあとから聞かされましたが、全然大丈夫だよ。こちらは「ライチ」の蜂蜜ですね。
a0041150_061549.jpg

a0041150_0144520.jpg

こりゃ美味しい!いいね!
a0041150_01623.jpg

声楽家は蜂蜜やプロポリスを愛用している方も多く、高野さんは大量購入していました。フルーツも取り放題なのかな?休憩所では南国のフルーツをごちそうになります。
a0041150_0192391.jpg

どれも甘いね。見たことのないフルーツにも挑戦。ゆるんだ柿のようなお味でした。
a0041150_0202370.jpg

こちらはゆるんだ梨のようなお味(笑)。だいたいみんな「ゆるんだ」お味が特徴みたいですね。
a0041150_0221482.jpg

ベトナム、このミトーの町近辺は、美人の多い地方といわれているそうで、売店の姉さんもみんな美しく、特にスタイル抜群。とてもナチュラルな感じでお見事です。歌のプレゼントもありました。
a0041150_1305556.jpg

日本の曲も歌ってくれましたが、微妙にハーモニーが違っていましたね。ベトナム音階?によるアレンジでした。高野さんは通訳の人に「他人とは思えない」と言われ、ベトナムスタイルに変身(笑)。
a0041150_1322522.jpg

そしてさらに奥地に移動です。相変わらず鶏が飼われていますね。もちろん食用。そしてアヒルやガチョウもよく食べるんだそうですよ。
a0041150_1433473.jpg

a0041150_145929.jpg

確かにアヒルって美味しいんですよ、ヨーロッパではよく戴きましたが、こちらではどんな感じの料理なんでしょうか?

ジャングル探検とは言っても、もちろん整備されています。そして現地の人たちが随所で売店をやっています。
a0041150_1495921.jpg

その現地の人たちの家は、やっぱり豪邸。こちらでも盆栽が人気なんですね。富の象徴っていうわけでもないらしいですが。
a0041150_15111100.jpg

そしていよいよ泥川?を漕いで進みます。やった~!こういうのが大好きな音楽家一同!
a0041150_1565038.jpg

写真だ!写真だ!シャッターチャーンス!動画を回せ~!
a0041150_1581243.jpg

水に「浮いている」感じではなく、どっぷりと浸かっている感じ。沈みそうな感じもありありで
a0041150_224864.jpg

他の舟ともぶつかりそうな感じもありありで
a0041150_24516.jpg

な・な・な・なんなんだ?この隠密同心「自撮り棒ツグミ」のドヤ顔は?全員、撮影のことで頭がいっぱい?死して屍拾うものなし!(笑)
a0041150_284699.jpg

会心の作がこちら!
a0041150_2143388.jpg

良い思い出作りが出来ましたね~~。
a0041150_2193274.jpg

そうは言っても、この泥川に落ちたくはありません(汗)。私に限らず全員、降りるときは慎重でした(笑)。
a0041150_2212531.jpg

無事にツアーが終了!こちらの企画も本当に充実していました。
a0041150_2232721.jpg

ホーチミン市に戻るともう夜になっていました。旧正月に向けて、華やかなイルミネーションがあちこちに!
a0041150_2255045.jpg

こんな売店もありました、アヒルかな?かわいそうだけど、申し訳ない!おなかがすいて来ました。
a0041150_2273188.jpg

にっぽん丸に戻ると和食が待っていました。「鶏胸肉のマリネ」「イカの黄金焼き」「ピーマンとウルイの土佐和え」、「マグロとイカのお刺身」「豚肉と揚げ茄子のサラダ」。
a0041150_2344651.jpg

a0041150_2365960.jpg

a0041150_2375584.jpg

「金目鯛の山椒煮」「きびなごの酢味噌かけ」「小芋の鱧すり身衣揚」
a0041150_2415141.jpg

a0041150_24424100.jpg

a0041150_2452339.jpg

「キノコご飯」に「タラのすまし汁」「デザート」でした。美味しかった。大満足!
a0041150_251148.jpg

a0041150_2523666.jpg

a0041150_2533735.jpg

この日は船はホーチミンに停泊、揺れる心配もないので深夜のリハーサルも緻密に出来ました。私たちのステージはあさって、23日です(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-16 02:55 | 豪華クルーズ旅演奏会

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その7)

では続きですね。実はある人から「早くクルーズの話を再開して」と言われたので(笑)。皆さん少し飽きたかな?と思っていたのですが、嬉しい誤算です。読んで下さる方がいるというのは誠にありがたいことですから。

さて(その6)は20日の午後まで、ベトナム、ニャチャンのリバー・クルーズまででした。最初に小舟に乗った「船の駅」に戻ってきたところからです。
a0041150_624033.jpg

濃いマンゴジュースを飲んだあと、バスに乗って市街地に行きました。道端で魚とか売ってますね。そのまま料理して出してもくれるようです。多く売られているのが「赤貝」だそうで、それもビックリ。
a0041150_692385.jpg

食べ物の横で、例によってバイクが山ほど通っていますから、厳密に言うと排気ガスまみれと言えますね~。
a0041150_6103010.jpg

そして民芸品の畳(ゴザ?)を作っているおうちを見学。工房です。
a0041150_6152235.jpg

大きな畳だけではなく、小さな敷物も。商売上手でドンドン買わされてしまいます。ちなみにベトナムの通貨はドン!ドンでドンドン!
a0041150_616558.jpg

私は買いませんでした(笑)。以前この手のものを買って帰ったら、小さなアブラムシのようなダニのようなものがいっぱいいて、結局殺虫剤まみれにして捨てた経験があります。大体、外で飼われている犬がベタベタ上を歩いてるし(笑)。ちょっと怖い!

そんなこんなで民族的なものは衛生的に?だったり、現地で見れば風情もあるけど日本に持って帰ったらつまらないものに思えるものばかりで、良いホテルやにっぽん丸の中で売っている小物は小物で、日本でも手に入りそうなものが多かったので、今回はお土産が全く買えませんでしたね。というわけで友人たちよ!お土産何もないぞよ(笑)!悪しからず。

汚いとか言ってしまいまして失礼なことですが、こうして、きれいではない小屋風な作業場を見ると、非常に貧しくも見えてしまうのですが、実はこの人たち、かなりな豪邸に住んでいます(笑)。まず(その6)で書いた「七輪作っている人たち」のおうちだって、奥に立派なおうちが・・・・
a0041150_61943100.jpg

ゴザ御殿、椰子御殿、七輪御殿でも言いましょうか、拝観料をとれるほどの豪華な仏壇があったりします。「どうぞどうぞ」と見せてくださいました。
a0041150_6211685.jpg

その豪邸のお庭にはマンゴや椰子、バナナまでガンガンなっています。これも売れますよね(笑)。
a0041150_6281960.jpg

a0041150_6291727.jpg

普通に食べて、種をペッペッと捨てちゃうそうなんです。すると木がニョキニョキ生えてきて、また果物が出来るらしいです。恐るべし、植物の力!そしてそんなバナナを狙う高野さんが!
a0041150_6304688.jpg

このリバー・クルーズのツアーはとても快適で楽しく面白く、お得感満載の良い企画でしたね。ベトナム・ライフを楽しく体験できました。感謝!

さてニャチャンには「ヴィンパールランド」と呼ばれる、遊園地をはじめとする遊興施設満載の場所があって、海の上を行く世界最長のロープウェイで行けるのです。ちょうど港の上にかかっています。
a0041150_6321699.jpg

というわけで、船に帰って来ました。外は異国の雰囲気はあっても、空気も悪いしちょっと微妙。やはりお食事は「にっぽん丸」でディナーが良いですね~~。落ち着きます。本日は洋食。
a0041150_6335796.jpg

鯛の燻製、これはオリーブオイルのトマトソースです。ソワール・ド・パリという冷製スープ。これってステーキの「仁」さんのサラダと同じ形態ですね。
a0041150_6344959.jpg

a0041150_6355777.jpg

レタスの中身は海老やお魚です、これはレトロなフレンチという感じですね。とても美味しい。モッツァレラチーズのサラダ、お肉は牛の頬肉。
a0041150_13552611.jpg

a0041150_140826.jpg

デザートはアップルマンゴとチェリーのジュビレでした。
a0041150_1434630.jpg

もちろん深夜は練習します、その前に夜食コーナーでフルーツなどを戴いて(笑)。船も翌日の目的地ホーチミンに向けて不眠で航行しています。そして21日の午前には、海の上は船の行き来が多くなっていました。さらなる暑さですね。
a0041150_13533590.jpg

サイゴン川を通ってホーチミンの港を目指します。
a0041150_1445169.jpg

a0041150_145276.jpg

この日は朝ご飯パス(笑)。夜中に練習してますし、少しゆっくり寝たかったのです。この日も観光に出ますし、オフですから寝坊もOK。なのでお昼ご飯の「鮭のクリーム・パスタ」が朝ご飯でした。
a0041150_1464058.jpg

その間に上陸です。いやあ~暑い暑い!
a0041150_1491387.jpg

そしてホーチミンは港からして大都会なのが伺えます。
a0041150_141050100.jpg

この日は午後から、メコン川の川下りと、ジャングル探検のツアーに参加です。メンバー全員が参加、賑やかになります。まずは「アオザイ」姿の現地スタッフと記念撮影(笑)。
a0041150_1412047.jpg

大都会部は大きなホテルもあり、華やかな町です。でもすぐローカルな風景に。
a0041150_14204078.jpg

a0041150_1421434.jpg

とにかく鉄道事情の悪い国ですからね。都市部との格差が色々あるかもしれませんね。
a0041150_67461.jpg

そしてジャングルに出かける船に乗り込むための「船の駅」に到着です。メコン川の川下り?は外国人向けのポピュラーな観光のようですね。
a0041150_14233844.jpg

a0041150_14245722.jpg

ちょいと普通に遊覧船の雰囲気ですね。メコン川は国をまたぐ広さを持つ、母なる川です。
a0041150_14293330.jpg

a0041150_14313667.jpg

それにしても川の水が汚いというか・・・・泥ですかね?ドドンと濁っています。
a0041150_14325376.jpg

でもここで平気で泳いでいる人もいるんですよ。ガイドさんが「子供のころはみんな泳ぐ」とも言ってたなあ。ゲゲゲというか、じぇじぇじぇと言うか。実際泳いでいる人がいました(笑)。
a0041150_14455791.jpg

つまり魚とっていて・・・・刺身で食わないから大丈夫か(笑)。こうした養殖場のようなところがあちこちにあります。
a0041150_1447826.jpg

派手派手なのは漁船だ~~。なぜに派手派手?
a0041150_14443777.jpg

生活感のある水上のおうちも。養殖場も兼ねてるのでしょうか?泥棒に魚を盗られないように、小舟の上で犬も飼われています。私はちょっと・・・・暮らせないなあ(笑)、ちゃんと日本に帰ります(笑)。
a0041150_14423780.jpg

大きな船は砂を運んだりしています。ホーチミン市はビルの建設ラッシュなので、砂が大量に必要ということですね。鉄道もあまり普及していない国ですから、船がいっぱい。船が大事。まさにこれからの発展が期待されるベトナムならではの光景!
a0041150_14404238.jpg

私たちはこのあと浮島に上陸、いよいよジャングルに行きます~~(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-14 14:52 | 豪華クルーズ旅演奏会

ユリアナ・アレクシュクさんのリサイタル

a0041150_2157274.jpg4月の20日にはコロラトゥーラ・ソプラノのユリアナ・アレクシュクさんのリサイタルが、午後7時から武蔵野市民文化会館であります。

オブラスツォワ国際コンクール出身で今はロシアはもとより、アメリカなどでも多くの舞台をこなしていらしゃいます。グラインドボーン、ドレスデン国立歌劇場にデビューしたほか、モスクワのボリショイ劇場を始め、大きな舞台で驚くほどの超絶技巧ソプラノとして注目を集めています。

やはり歌手は何と言っても声の威力!強靭な歌声があってこそのオペラ歌手、これが基本です。定番の「夢遊病の女」やティターニアの他に、ウクライナのオペラ作品も用意されています!!普段知らない曲、それも特別なお国ものというのは、色々知識的にも得ることも多いし、とても楽しいです。

おそらくまた客席も盛りあがりそうですね。とても楽しみです!
by masa-hilton | 2015-02-13 22:00 | コンサート・イヴェント告知

エリア・ファビアンさんのリサイタル

a0041150_15253222.jpg3月9日、午後7時からはは武蔵野市民文化会館で、イタリアのすばらしい若手のバリトン、エリア・ファビアンさんのコンサート!「これでもかっ!」ていうほどの(笑)バリトン歌手の定番中の定番の、すさまじい名曲アリアのオンパレードのプログラムになっています。

この公演はもともと12月のものでしたが、いろいろ事情があって来月に延期になったものです。イタリアの声が満喫できる、凄いコンサートになると思います。

ミラノ・スカラ座、フェニーチェ歌劇場等で活躍されて、スカラ座に『ファルスタッフ』のタイトルロールでデビューされた大物ぶり!大いに期待できますし、とても楽しみですね。

私の父もバリトン歌手でしたのでバリトン歌手には親近感があります。「道化師のプロローグ」はピアノも難しく、父は芸大の卒業演奏会で田村宏先生の伴奏で歌ったことを、いつも自慢していました。リゴレットの「悪魔め鬼め」もピアノが難しい曲です。そして楽譜通り見事に弾いても効果が上がらない感じもあり(笑)、へたをすると歌の勢いを止めてしまうことも多い曲です。多くのピアニストが、歌いやすいようにオーケストラ的にも効果が上がるようにと、いろいろアレンジを変えてやっていますが、そういう作業はなかなか楽しく、醍醐味みたいなところがあります。
by masa-hilton | 2015-02-12 23:27 | コンサート・イヴェント告知

閑話休題 ひとやすみ~~

というわけで、クルーズのレポート、毎日読んでいただきありがとうございます。大体半分ぐらい来たと思いますので、ここで休憩(笑)。

ところで私は船の生活で、あれだけ食べて3キロやせたんですよ。凄いでしょ。普段いかに食べているかってこと?日本橋は美味しいから仕方がないんだよ!

でもせっかくだから続けてダイエット始めました。その後2キロやせましたから、1月13日の時点よりは5キロ軽くなりました。でもその時は、私としては生涯最高のデブだったので(笑)、まだまだって感じです。7キロやせてちょうど良い。10キロやせればよくやったというところでしょうね。どうなりますか!さすがに歳なので簡単ではないです。

船から帰ってきて思うのは、わずか20日間だけの留守なのに、見たことない芸人さんがブームになっていたりと・・・・やや浦島太郎状態になっています。もっともっと人に会ったりしないといけないかなあ~と思ふ。

あと小奇麗なレストランとかが以前より居心地が良かったりする・・・・そんな気がします。で、行ったところが銀座・松屋デパート内の上野精養軒。お気に入りのハヤシライスでゴキゲン。1人でも行きやすい場所なので、けっこう何度も伺っています。
a0041150_1411558.jpg

雰囲気が良いですね。そこへ登場のライスがコレ。
a0041150_142201.jpg

旨いデミ・ソースを思い切りかけます!
a0041150_1423916.jpg

a0041150_1435681.jpg

あたり前に旨いです!いいですね!それに落ち着きますね。

もちろん定番の鰻も食べていますよ。富沢町の「喜久川」、ふっくらとした「上」。これが今は2800円、一度値上がったものは下がりませんね~~。
a0041150_1474559.jpg

これも旨しですね。やはり鰻は良いです!週3回!これははずせません。

また今を逃すとしばらく食べられないから「三友」さんの「牡蠣フライ」も。毎度!です。
a0041150_1481417.jpg

やっぱり旨いなあ~~、俵コロッケのような牡蠣フライ!これじゃ日本橋は太るよね~~(笑)。

さてマネージャーの塩崎さんと管理人さんとで作戦会議?悪だくみ?情報交換?ですね。せっかくだから銀座天麩羅の「近藤」さんで!いつもながらの最高の天麩羅を満喫しました。
a0041150_1410897.jpg

名人のカウンター。名人が目の前ですし、上品な常連さんが静かに戴いているのに、写真はバシャバシャ撮れません。今回は遠慮気味に2枚だけ(笑)。この日に戴いたのは18品目。

「海老頭2」「海老2本」。この段階から超旨くて感激。「この海老10本続けて食べたい」とつぶやいてしまいました(笑)。野菜は名物の「さつまいも」はもちろん「小玉ねぎ」「アスパラ」「ふきのとう」「タラの芽」「みょうが」、そして絶賛されるべき美味しさの「しいたけ」。周りはカリカリに揚がっていて、しっとりとした厚い身!本当に美味しい。名人芸です。「キス」「わかさぎ」「すみいか」「アナゴ」「かきあげ」など、中でも「ホタテ(山葵で戴きます)」、「ウニ」、「白魚」は格別でちょっと言葉には出来ない美味しさ。名人に揚げてもらえばこそのお味、いつも変わらない最高の内容。名人という言葉は頑固なイメージを与えそうですが、近藤さんはとても気さくな良いかたです。

写真に撮った1枚はいつも撮ってしまう「ソラマメ」、やはりお味も格別だから?「にんじん」や「さつまいも」に並ぶワザの一品。美味しいのなんのって。
a0041150_14123149.jpg

もう1つは天然のトラフグの「白子」。高級素材の見事なさばき!超美味しい!ミルキーで大きなすばらしい白子!実は銀座では、競合店「七丁目京星」「いわ井」なども皆扱ってますね~、まさに技の競い合い。華のある一品と言えますね。堪能しました。
a0041150_14132479.jpg

本当に美味しかった~幸せです!また来ますよ。ありがとうございました!
a0041150_14141029.jpg

・・・・とこれは、どこから見ても大満足なご飯ですけど、高級じゃなくても(笑)美味しく食べられるところはあります。昔懐かしいスパゲッティ・ミートソースは「ラ・コンセルジュ」
a0041150_14143357.jpg

イタリアとかそういう問題じゃなく、母が作ってくれたような懐かしい味。こういうのも良いもんだ!1つの価値観ではなく、いろんなものを体験して、それぞれの良さを見つけて味あうっていうのが楽しい生き方でしょ~~。ちょっと了見が狭い江戸っ子(笑)だから、最近は特にそう心がけるようにしています。

とまあ、東南アジア・ツアーのレポートから離れても食い物のことばかり~これじゃ何も変わらないじゃんね(笑)。
by masa-hilton | 2015-02-11 01:23 | 日々の出来事

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その6)

20日です。ベトナムのリゾート地「ニャチャン」に近づきます。リゾート地らしく大きな建物が見えますね。きっと一流ホテルも多いのでしょうね。
a0041150_22234741.jpg

自力闊歩の市街観光も考えましたよ。何しろビーチがありますしね。でもツアーの「リバー・クルーズ」に参加しました。色々楽しそうかな?と思いまして。このツアーは高野さんが一緒でした。いよいよ着きますね。
a0041150_2225023.jpg

ツアーの出発は午後からです。お昼ご飯は6階で。「クラムチャウダー」と「ロースカツサンド」。
a0041150_22262264.jpg

a0041150_22284838.jpg

準備を整えて出発です。もう暑い!短パンになりましたよ~。さすがにリゾート地って感じですね。
a0041150_22334092.jpg

a0041150_2234336.jpg

リゾート地の部分は清潔というか、ゴミ一つ落ちてない感じ。整っている印象です。
a0041150_22382014.jpg

a0041150_2239424.jpg

a0041150_22402975.jpg

リバークルーズの起点、船の駅とでもいいましょうか。こちらもきれいな施設でしたね。中はセレブっぽいレストランになっています。
a0041150_22415373.jpg

a0041150_22423042.jpg

いよいよ乗り込み・・・遊覧船よりはワイルドな感じかな。
a0041150_22435694.jpg

「すみません、斎藤さんと高野さんは人数的に・・・・ちょっと考えます」とスタッフのかたが急におっしゃるので・・・・もしかしてこっち?心配になりました(爆笑)。確かに2人乗りだしね(笑)。
a0041150_22452132.jpg

これに乗ったらブログネタとしては最高ですが(笑)「後ろの小舟に乗って下さい」ということでしたね。良かったよ~!では出発。
a0041150_2311257.jpg

童心を忘れていない音楽家たち。
a0041150_22512343.jpg

a0041150_22514490.jpg

超良い感じですよね~~。お水は茶色く濁ってますが、これがベトナムです。陽は強く暑い、でも小舟の乗り心地は悪くないです。
a0041150_2333083.jpg

a0041150_22575073.jpg

椰子の実で商っているおうちのある島に上陸。熱帯気分ですね。
a0041150_2365740.jpg

a0041150_2372538.jpg

「普通に食べられるおなじみのフルーツの木が、普通~に生えているのデス」みたいなことを説明していたような(笑)。
a0041150_2381467.jpg

出た~!椰子の実!
a0041150_2393988.jpg

初めての生ココナッツジュースです。淡白なお味ですよ。
a0041150_23112995.jpg

次のステージで「椰子の実」を歌う高野さんは、念入りに味わっていました。
a0041150_23123725.jpg

再び小舟に乗って別の浮き島へ。
a0041150_23151949.jpg

昔はワニもいたそうですよ。
a0041150_2322535.jpg

次の船の駅はビア・ガーデンでした(笑)。
a0041150_23231081.jpg

結構、島といっても人が多く住んでいるのです。売店も数多く。バイクやスクーターも相変わらずに通ります。
a0041150_23251647.jpg

歩けば南の国。どこからどこまでがおうちかもわかりません。相変わらず犬もいっぱい、そして鶏がいっぱい!もちろん食用ですね。そして闘鶏用の鶏さんが!!雄叫びをあげていました。
a0041150_2357898.jpg

a0041150_23581824.jpg

闘鶏さんの後ろにも写っていますが、「七輪」を作っている場所を見学します。ここでも何気に実るフルーツに注目(笑)。
a0041150_029226.jpg

こうして、ああして。
a0041150_0225437.jpg

a0041150_0255362.jpg

焼いて、乾かします。
a0041150_0174824.jpg

日本じゃ使われなくなった七輪・・・・若い人は何の道具かわかるかなあ(笑)?昔はこれでサンマを焼いたりしたんだよ。

そして再び小舟に戻ります、リバー・クルーズの再開です。珍しい立派な橋に注目、数少ない鉄道の橋なんだそうです。鉄道そのものがないんですね。現在の列車の速度は遅く、効率が悪いようです。アベノミクスの新幹線計画をぜひここで。
a0041150_0154853.jpg

今度は良い景色が広がります。風も気持ち良く!
a0041150_0115257.jpg

a0041150_0143848.jpg

台風も地震も来ないベトナムだから大丈夫な、とても危なげな橋(笑)。通行は有料だとか。
a0041150_051293.jpg

泥温泉のあるとこ。にっぽん丸には「泥温泉に行くツアー」もありました。
a0041150_034434.jpg

レストランだそうな・・・・
a0041150_004154.jpg

遺跡のように見えますが、変な形の岩が山の上にあるだけ・・・建物じゃないそうです。下はお金持ちの家かレストランか。
a0041150_2354208.jpg

こちらのてっぺんにあるのは本物の「遺跡」です。
a0041150_23511557.jpg

ところで古川さんと江口さんは、この日は市内の自力闊歩を選びました。そして何とこの同じ時間に、この「遺跡」に行っていたそうです。さすが「遺跡好き」ですね。これが証拠の写真、撮るは隠密同心「自撮り棒ツグミ」(笑)。
a0041150_23371026.jpg

ビーチで遊んだそうです。これ、ちょっとうらやましいかも。密書を送信中の?隠密同心「鬼練のサユ」(笑)。
a0041150_2338446.jpg

そして人力車タクシー「シクロ」に乗ってゴキゲン・・・・ただしその後「ぼったくり」に遭ったそうな~(笑)。
a0041150_23394918.jpg

もちろん隠密同心のお二人ですから、悪いやつらはその場で斬って捨てたようです(爆笑)。その辺りは江口さんブログでどうぞ。

さてさて私たちのほうは、リバー・クルーズとしてはここで終了で上陸。濃~~いマンゴジュースのサービスを受けました。
a0041150_2350099.jpg

これは液体ではなく固形物でした(笑)。もちろん超美味しい。人生最高のマンゴジュースでした。ニャチャンの観光は、もう少し続きます(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-10 00:36 | 豪華クルーズ旅演奏会

東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その5)

さて19日の午後です。午前中にミーソン遺跡に行った後、やはり世界遺産の旧市街ホイアンを訪問。そしてお昼ご飯。ホントは屋台風なお店も美味しいのでしょうね。
a0041150_045248.jpg

この日はメンバーはそれぞれの選択。高野さんはツアーのダナン市街見学を選ばれました。人力タクシー(笑)の「シクロ」等にも乗られて、ベトナムの市民生活を楽しまれたようでした。江口さんはツアーではなく自力闊歩を選択。美味しいものを食べられたり、観光もバッチリ、さすが旅慣れている隠密同心「自撮り棒ツグミ」(笑)!こちらの様子は江口さんブログで。古川さんは元来の「遺跡好き」と弟さんが「ホイアンいいよ~」と言っていたので、この世界遺産ツアーに。私はクルーズのサブタイトルが「世界遺産を訪ねて」なのに、一か所も訪ねないのはイカンかなあ?と思っての選択でした。
a0041150_0473135.jpg

川があってイメージ通りのベトナムがそこに!
a0041150_0485397.jpg

ここで「3大名物料理」を戴きます。まず「ホワイトローズ」。海老蒸し餃子のようなものですね。
a0041150_050834.jpg

カオラウ、太めのラーメンという感じ。
a0041150_0511442.jpg

揚げワンタン。これが1番美味しかった。
a0041150_0524095.jpg

あとは中華料理もどきの野菜料理、魚、イカのトマト煮も美味しかった。やや甘いお味です。
a0041150_0541767.jpg

a0041150_0561876.jpg

a0041150_0573483.jpg

しかし道に直に食材を並べて売っているのを見ると、魚とか微妙な感じもしますね(笑)。デザートはクリーム・ブリュレ(笑)。
a0041150_0592349.jpg

このレストランの下がケーキ屋さんだったからね。これを含め、メニューは全体的に食べやすかった。ベトナム料理というよりは観光客向けなのかもしれませんね。近所にはピザの店とかもありました。でも旧市街、世界遺産!町には雰囲気があります。
a0041150_104558.jpg

どうしても湿気は多いし、日本のようには清潔ではないのは、これは否めません。でも日本もたまたま文化と経済が進んで、この泥くささが無くなっただけであって、時代劇を見ていると川があって、そこに屋台があって全く同じですよね。ベトナムは鉄道があまり発展していないために、問題があるようです。新幹線が出来たらあっという間に都市化が進むでしょう。

そして、いかにもベトナムの人々。ローカルな感じですね。
a0041150_115229.jpg

声をかけると大変!フォー(?)かなんか売ってるおばさんでした。結構しつこく商売して来ます。ただ運んでるのではなく、みんな売り物なんでしょうね。
a0041150_14322.jpg

中国ほどではないけど怪しい商品も(笑)。
a0041150_16188.jpg

あとベトナムは犬がいっぱいいます。あまり猫は見かけない。海や川の近くでは、犬は魚を守るための番犬として飼われていることが多いそうですが・・・・
a0041150_172361.jpg

すぐ手なづけることが出来ます(笑)。または寝ているし(笑)
a0041150_192334.jpg

中国の歴史を刻む福建会館。やはり中華チックですね。あたりまえか・・・・
a0041150_1194664.jpg

a0041150_1185560.jpg

a0041150_114290.jpg

町が古い時代、日本と中国に支配されていて、双方譲らず仲も悪かったとか。建物もそういう意味でも、これ見よがしかもですね。中に入ると狛犬も。狛犬なのかな?
a0041150_1221153.jpg

「あ・うん」ではなく両方とも口を開けて「あ・あん」でした。こいつはかわいい。
a0041150_1232033.jpg

ドラゴンもいます。全部意味があるようなのですが(笑)、ガイドさんの言ってることがイマイチわからない(笑)。興味あるかたはウィキペディアにどうぞ~(笑)。
a0041150_1252833.jpg

代々の位牌のようなものも飾られていたり、宗教色も強い。
a0041150_130616.jpg

a0041150_1312712.jpg

観光地の古い民家も訪ねました。豪華な家具とかが置かれていますけど・・・・
a0041150_134049.jpg

とにかく狭い!人がギューギュー詰めになって見学する感じで大変。家の外に出るとみんな微妙な表情に(笑)。
a0041150_1351667.jpg

そこで古川さんが「きれい!」と言ったので、思わず撮ってしまった一枚。
a0041150_1362966.jpg

「きれい!」なのは、家にかかるツタのことだったそうな。私は外国人のお姉さんのことだと思った(笑)。その後は「日本橋」へ。
a0041150_1375030.jpg

この辺りから町は日本系、その日本橋の中はこんな風。あまり日本的ではないような。
a0041150_14001.jpg

a0041150_141030.jpg

でも中華的な建物は絶対に派手!リッチだったんでしょうね。
a0041150_142243.jpg

街のお店でビーフサンドを食べました。おやつです。ま、お味は普通。
a0041150_1432517.jpg

絶対腹下しを起こすと言われた「氷」。うっかり氷入りのパイナップルジュースを飲んじゃいましたが、無事でした。というか、超美味しかった。さすが南国です。

二つの世界遺産を見て、にっぽん丸に帰船。お疲れさま。これからすぐ船のご飯ですね。
a0041150_1462376.jpg

晩ご飯は豪華な和食が待っていました。「牛肉の南蛮漬け」「白子豆腐」「揚げ京芋」などの前菜も美味しいけど、カニカニカニ!
a0041150_151491.jpg

a0041150_1523039.jpg

「カニ酢」美味しい。でもここで高野さんが「カニに触れない」ことが発覚!「銀だらの西京焼」「桜エビと水菜のかき揚げ」、またお肉の炊き合わせもあり、盛りだくさん。
a0041150_1532562.jpg

a0041150_156937.jpg

a0041150_1572937.jpg

a0041150_24487.jpg

翌日は20日。旅に出て1週間ですね。この日は目覚めが早く、日の出も拝みます。
a0041150_27623.jpg

船はニャチャンに向かっています。
a0041150_230467.jpg

「朝カレー」も美味しいですが、にっぽん丸の「朝パンケーキ」もとても美味しい。見た目は悪い時もあったりするのですが、ご愛嬌。お味は良いんです。
a0041150_2273320.jpg

そしてゆったりと朝ご飯。パンケーキではなく、フレンチ・トーストやクレープの日もありますけどね。
a0041150_2205815.jpg

a0041150_2215662.jpg

a0041150_2225368.jpg

美しいリゾート地のニャチャン。「ニャチャンは良いよ~」という話も聞いていたので、とても楽しみです。
a0041150_2251510.jpg

船もいつの間にか、ベトナム色に変わっていました(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-09 02:29 | 豪華クルーズ旅演奏会