<   2016年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

清水市でコンサート

クラリネットの武田忠善さんとの共演で静岡の清水に行ってきました。もともとは国立音大のコンサート、部外者ながら(笑)私もお手伝いに呼ばれたということでした。

国立音大の校風というのか、先輩後輩の間柄、先生生徒の間柄がとても温かい。そして非常に強い信頼関係で結ばれていて、その素敵な環境に感動しました。芸大は「芸大生臭さ」というのが昔ありましたが、このような温かさではないし、昨今「卒業生やOBが教員に迎えられないシステム」になってからはその臭さも希薄。母校に対する愛着や結束力も日々薄れて(笑)崩壊してるんじゃないですかね?個人主義の団体ですよ(笑)。そこへいくと、いつまでも先輩が温かく後輩を支えている国立の関係は、音楽の温かさにもつながっているようで、コンサートも良い空気に包まれていました。素晴らしい。

さて、この日は日帰り、早起きして新幹線に乗り込みました。そしていつもの「鰻弁当」
a0041150_10322076.jpg

やはり2300円は高いように思いますが、ほかの弁当よりはマシです。何といっても「鰻好き」だから。
a0041150_10315467.jpg

会場は、清水市文化会館「マリナート」。リハーサルも楽しく進み、あっという間に休憩。お昼は「日本一美味しいマグロを出す」ことで超有名な名店「末廣鮨」に行きました。料亭のような佇まいです。
a0041150_10312023.jpg

自慢のマグロが!!スゴイね。
a0041150_10304764.jpg

「中トロ」ぐらいのものから。もうお味が全然違います。築地などに買われる前に、この店に仕入れされるのです。これはマジ美味しかった。
a0041150_10301874.jpg

「はがし」は大トロとも違う希少部位。さらにトロトロ。
a0041150_1029476.jpg

「ヒラメ」はゆずと塩で。身のしまりかたがちょうど良い。だからなおさら、私は普通にお醤油が良かったなあ(笑)。貝類も美味しいね。
a0041150_10243374.jpg

a0041150_10245517.jpg

a0041150_10251811.jpg

「あなご」は半分はツメで手巻きにして、半分は塩で。やはりこれも普通にツメで戴くのが良いなあ(笑)、江戸っ子だから。すべての店の全ジャンルにおいて「塩でどうぞ」というのは、本当に嫌いなのであるよ(笑)。「塩でどうぞ」って、文化でも何でもないと思うんだよね。
a0041150_10211427.jpg

「かつお」「ウニ」、「かつお」は焼津が近いから上質なネタだけど、「ウニ」の美味しさには負けた(笑)。「ウニ」は超大盛でした。
a0041150_10282769.jpg

a0041150_10204723.jpg

そして極め付け「あわび」。蒸しアワビで5時間蒸しだそうだ。すべてに按配が良く絶品。
a0041150_10201845.jpg

高価なお寿司に、さらに生産者チャンピオンのマスクメロンが4分の1。千疋屋で2万円で出されるものと同じものなんだそうで、そりゃ美味。食べごろの熟れ時!!
a0041150_10185697.jpg

超高級なばかりでなく「良いお味」なお寿司でした、素晴らしい。名店であっても丁寧で、仕事が高飛車な感じがしません。お見事!お見事と言えば、コンサートは武田さんの名人芸がいつものように炸裂!全てめでたしめでたしでした。
a0041150_1033085.jpg

打ち上げは静岡に移動して、グランドホテル「中島屋」さんでバイキング。カレーやパスタから肉料理まで、どれも美味しかったですが、ベストは「牛煮込みのラグー」かな、良いお味でした。自慢のシラスなどをうまく使った南蛮漬もお気に入り。
a0041150_1015511.jpg

a0041150_10161167.jpg

ちらし寿司も大変旨く!大当たり。
a0041150_10151649.jpg

懇親会にお邪魔していましたが、お若い方はみなさん純粋でキラキラしています。昨今の東京の若手のような貪欲さだけが先走った印象もなく、清々しい思いでした。演奏家でいるためには、その引き換えにいろんなものを犠牲にするわけですが、本質的な魂まで汚れては、最後のところで結局良いステージには残れないと思いますね。

東京に帰って、珍しく深夜の「天下一」に行きました。一時驚くほど味が落ちて、ひどい目にあったので行かなかったのですが、「冷やし中華」が始まったので(笑)。今年は果実がベースのタレとか、宣伝されていました。もちろんサイドに餃子も。
a0041150_10125560.jpg

a0041150_10134785.jpg

味は濃いですが、特別なこともなく「昔ながら」風の「冷やし中華」でした。ま、これならまた行っても良いかな?夜中のジャンクな「天津丼」は魅力的ですもんね。
by masa-hilton | 2016-05-30 10:35 | 日々の出来事

「コミュかる」に掲載されました

杉並区の芸術文化の情報誌「コミュかる」の5月vol.25の一面にインタビューが掲載されました。
a0041150_0413472.jpg

以前も書きましたが18万部も読まれているんだそうです!!
by masa-hilton | 2016-05-28 00:43 | ニュース

5月25日に無事リリースいたしました。

告知をしましたように、3大ピアノのCD無事にリリースされました。こちらタワーレコードです。
a0041150_3272736.jpg

また放送セレクションのほうもネットで予約が開始されました。併せましてよろしくお願い申し上げます。
by masa-hilton | 2016-05-27 03:30 | ニュース

国立音大でリハーサル

クラリネットの武田忠善さんとのコンサートがあるので、そのリハーサル。武田さんは偉大なる名人でもあるけれども悪友でもあって、そして今や学長先生なので悪友と呼ぶのもちょっとね。コンサートはやり取りがきっちりできるので、最高に楽しいパートナーのお一人。

学長先生になってお忙しいということもあって、リハーサルというと国立音大まで行かなきゃならないのが、私としては少し大変。玉川上水だからね、遠いよ。で、今回行ったら、学生たちに公開リハーサルになっていた。そんなつもりがなかったので、しっかり準備していかなかったけど、まじめな学生だったら途中経過を見るほうが勉強になるでしょうからね(笑)、ま、いいか。いいことにしよう。

やはり勤め人ではないという弱みか、混雑電車に弱い。電車に長く揺られるのも苦手かも。そして今時、みんな電車じゃスマホ見てるでしょ。私はメールでも来ない限り見ないから、他人のお顔をじっと見ている(笑)。ヤバイ?かもしれないね(笑)。書いたかもしれないけれど、六本木で「会長、お久しぶりです。」と人違いで丁寧に挨拶されたのだけれど、ここ10年社長にしか見えないと言われていたのが、さらに老けて会長になったかと思いきや、管理人さんの「髪を染めた軟派な会長というのもいない」という意見が!!「〇✖会の会長」という意味?(笑)すなわちまともな職業には見えないということだから(笑)、さらにヤバイかも。

さてさて遠出をした理由づくりに、乗り換えの高田馬場で以前から行きたかったロシア料理「チャイカ」に寄ってみることにした。駅前のドン・キホーテの2階にある。日本のロシア料理は本格的なお店は少なく、日本人向けにアレンジされているところが多いが、こちらはけっこう本格的と聞いて楽しみにしていた。
a0041150_2501637.jpg

前菜は思ったよりしっかりしたお味だ。これは飲むことが前提になっている味付け。カニとコーンのサラダやにしんの酢漬け、それにもまして白身魚と人参の甘く濃いマリネがおいしい。
a0041150_2512439.jpg

ボルシチは非常にコクがあって美味しい。本格的かどうかより、これはマジ美味しい(笑)。渋谷「ロゴスキー」などよりは本場に近いが、このコクの美味しさは現地でもなかなか無い感じ、おかわりしようかと思ったほどだ。
a0041150_2522879.jpg

ピロシキは見た目が悪いけど、味は美味しい。
a0041150_2525074.jpg

ペリメニも素晴らしく旨い。気に入った!
a0041150_2531366.jpg

前菜系のものより、お料理のほうが美味しいね。今回は一人だったのでメインまで食べられなかったけど、次回は肉料理などぜひ試してみたい。温かみのある家庭的な感じのするお店。行って良かった。

同じく行ってみたかった銀座コリドー街の近くのガード下のスゴイ店。新橋のガード下みたいな魚河岸「魚〇本店」。新鮮なお魚が食べられる超汚い店だ(笑)。その汚さはわざと演出したもの。食のプロデューサーが演出するお店、その雰囲気にすっかり騙されてしまう(良い意味ですよ)。アイデア見事ですね。24時間営業ということでも人気も高いようだ。
a0041150_2544848.jpg

ただし実はそんなに内容はイケてないと思った。それは仕方がないでしょ、そうは言っても「何とか水産」等の兄貴分みたいな感じなのだからね。ここで1800円のランチを頂いた。盛りだくさんには見える。
a0041150_2554292.jpg

お刺身に焼き魚、ホタテの刺身などは新鮮だった。
a0041150_2585092.jpg

a0041150_332419.jpg

さらにエビフライ、カキフライ。悪くはないね。
a0041150_3334789.jpg

ウニも取ってみた。これは間違いなく旨いね!ただし安くはない。
a0041150_3344624.jpg

カニコロッケが名物というので追加。こちらはちょっと・・・イマイチだな。たいていは美味しい洋食屋にはかなわない、そちらで食べるべきだった。
a0041150_3363466.jpg

なんだかんだ頼んだから、結構高くついた。この金額払うんだったら、もっと良いところに行ったほうが良いね。面白いから行ってみたけど、外側だけだった。大体飲まないから、この汚さや演出は私には必要ない。ここは再訪なし(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-25 23:29 | 日々の出来事

お知らせ・インタビュー記事が続きます

以前にも告知しましたが、CDがリリースされたこともあり、各雑誌のインタビュー記事などが続きます。「ぶらあぼ」では5月号にプレ・ステージで大きく取り上げていただきました。
a0041150_1321682.jpg

今月6月号は広告なども載っておりますが(笑)、4月号にサントリーホールでの広告も載りましたので、華やかなアクティヴ・モードな展開でした。
a0041150_13221790.jpg

「CDジャーナル4月号」「音楽現代5月号」「レコード芸術5月号」ではプロデュースさせていただいた益子さんとのCDが、大変好評を頂戴いたしました。厚く御礼申し上げます。プロデュースばかりでなく、自分の演奏でも存在感を示すことができ、企画として成功いたしましたことを、関係者の皆さんに心から感謝いたしたいと存じます。

現在、月刊「ショパン」の6月号にインタビュー記事が載っております。来月には「音楽の友」や「モーストリー」などにも登場していきます。引き続き一歩一歩がんばります!どうぞよろしくお願い申し上げます。
by masa-hilton | 2016-05-23 13:35 | ニュース

月刊「ショパン」6月号、対談はさらにヒートアップ

a0041150_2125753.jpg「ショパン」今月号はクララ・シューマンの特集。これは良いですね。この件については私もいろいろ論じたいことがあります。これはまた後日ですね。

と言いつつ、ちょっと触れますね。憤りを感じるのですが、女性の作曲家というのはヨーロッパ圏でも軽視されてきました。日本だったらわかるけれど、女性を大事にする外人さんも?と思われるかもしれません。でも一見紳士的に見えて、外国人こそ人種差別などの偏見がいまだに強いですからね。微妙なところです。例えばマーラーなんかは人間が小さく、奥さんが自分の曲より良い曲を作ることを恐れたりして。こういうやつは大嫌いです。特にピアニストというものは、私は男女差というものはないと思っています。「男性らしい演奏」という「力強い弾き方」は確かにありますが、語尾を短く切り上げたり、アクセントもヒステリックな弾き方は、女性のピアニストにだって多いですし、レベル以下だと男のピアニストのほうが総じてタッチが悪い、フニャフニャしていますよね。あれは何?例えば、クララ・ハスキルのピアノなど、女性だからああ弾けるのではなく、やはりニュアンスが見事なのです。特にクラシック音楽は伝統の継承ですから、きちんと深く学んだ人のものしか感銘を受けません。「好きだから」とか興味本位で、お気楽に弾かれるクラシックほど、聴くに堪えないものはないですね。

さてさて対談は大須賀恵理さん。若い人の伴奏など大車輪のようにがんばっていらっしゃるかたなので、その辺の面白いお話がうかがえるのではないか?とお声を掛けました。まさにプロフェッショナルに徹したかたです。クラシックを支えている人はこういう人たち、耳を傾けるべきはこちらです。キャラクターもとても面白いので、期待通りに楽しい対談になりました。

場所はご存知「とり鈴」さん。焼き鳥の美味しい店は人形町には多々ありますが、お刺身からちょっとした小皿まで、繊細で粋なお料理を出せるお店はここが最高だと思いますよ。私はお酒は飲めないのですが、特別の内緒の銘酒なども常連にはふるまってくれます。最近、真嶋さんをお連れしたら大絶賛!再訪してくださっているようです。何しろ居心地も最高ですからね。

先付けから始まり、レバーのあぶり。生レバーはいけないんでしたっけ。ナマに近い味わいで最高。
a0041150_2341940.jpg

a0041150_234452.jpg

「とり鈴サラダ」、絶品の「唐揚げ」。超旨いです。
a0041150_2352015.jpg

a0041150_2354493.jpg

お刺身は甘エビとホタルイカで。
a0041150_236442.jpg

砂肝に海老の頭。
a0041150_2451260.jpg

a0041150_2453550.jpg

レバーにハツ。「とり鈴」の「ハツ」は日本一ですよね。旨いです。
a0041150_2463049.jpg

「ねぎま」に「かわ」、あと何食べたかな?結構な量を戴きましたよ。
a0041150_247277.jpg

〆は「とり鈴そば」。
a0041150_2473462.jpg

ゴキゲンでしたね。いつも通り素敵な時間でした。大須賀さんは「自分らしい面を引き出してくれてありがとう」と対談の原稿もかなり満足してくれました。めでたしです。次回は海老彰子さんです、また楽しいお話をご期待ください。
by masa-hilton | 2016-05-21 23:46 | 連載対談@お江戸で連談

3台ピアノのCD!いよいよです!お待たせいたしました

昨年から取り組んできました3台ピアノのCDがいよいよ5月25日にリリースされます!ここまで盛り上がりましたのは、本当に皆様のおかげです。どうぞよろしくお願いいたします。
a0041150_1545840.jpg

豪華絢爛、百花繚乱、荘厳美麗、綾羅錦繍等々、どんな美辞麗句を並べた
ところで、このディスクの前には朧と霞んでしまうに違いない。─真嶋雄大

Suginami Koukaidou presents
杉並公会堂・華麗なるピアノ3重弾!斎藤雅広と仲間たち

近藤嘉宏 熊本マリ 松本和将 三舩優子 関本昌平 須藤千晴 高橋多佳子 冨永愛子

●ホルスト:惑星より「ジュピター」(直江香世子・編曲)
●ドリーブ=ドホナーニ:コッペリアのワルツ
●ムソルグスキー:展覧会の絵より「ババヤーガの小屋」「キエフの大門」(斎藤雅広・編曲)
●リスト=ホロヴィッツ:ハンガリー狂詩曲第15番「ラコッツィ行進曲」
●ベルリオーズ:幻想交響曲より「断頭台への行進」(轟千尋・編曲)
●シャブリエ:狂詩曲「スペイン」(橋田波子・編曲)
●ビゼー:アルルの女より「ファランドール」(斎藤雅広・編曲)
●アントニオ・カルロス・ジョビン:ボサノバメドレー(斎藤雅広・編曲)
●リスト:愛の夢 第3番
●サン=サーンス:死の舞踏(サン=サーンス・編曲)
●レスピーギ:ローマの松より「アッピア街道の松」(轟千尋・編曲)
●J・ウィリアムス:スターウォーズのテーマ(石川芳・編曲)

2015年4月 杉並公会堂/録音セッション ナミレコード WWCC-7806  2,500+税


なお楽しいレコーディングの風景アーカイブはこちらでどうぞ!()、()、()。
by masa-hilton | 2016-05-19 02:00 | ニュース

高松に行ってきました

またまた高松でレッスンです。世の中さすがにゴールデンウィークあとの影響でしょうね、空港はガラガラです。おかげさまでずいぶん楽でした。
a0041150_3564487.jpg

高松につくと、以前からずっと気になっていた「五風十雨」というフレンチに行きました。これは自然の豊作を意味するような言葉らしいですね。それを象徴するかのように、広々とした田舎屋敷のレストランです。
a0041150_3574034.jpg

a0041150_358174.jpg

a0041150_3583273.jpg

用意ができるまで庭を散策するように言われました。
a0041150_3592228.jpg

a0041150_402154.jpg

a0041150_404737.jpg

お庭は確かに良いですが、私は自然にはあまり興味がないし、今回雨じゃなくてよかったなあと思いました。また暑くなって来たら虫もいっぱいいるでしょうしね(汗)。
a0041150_3595386.jpg

a0041150_433473.jpg

レストラン内も家屋の雰囲気あり、人気のようですね、いっぱいになりました。
a0041150_435956.jpg

レストランとしては、私はもっと技術の優れたものを期待しましたが、内容は普通です。とにかくコースしかない均一メニューがべらぼうに安い。この値段だったら大したことができるはずがないので、これ以上のものは無理なのでしょうね。もう少し値段を上げて質というか、中身の濃さを示すべきかと思いますが、それも集客の事情が許さないのかもしれません。

いきなりの前菜は「オリーブ・サーモンの低温調理」です。オリーブハマチが有名ですが、サーモンもあるんですね。例えばこの前菜の前に、ワンスプーンの大きさでもよいので、フォワグラのプディングでもあればずいぶん印象も変わると思いますね。
a0041150_462636.jpg

「玉ねぎのスープ、コンソメのジェル」、こちらは玉ねぎの香りとお味が豊かなテイスト。ただしフレンチだから、具なしのコンソメスープとか飲みたい。
a0041150_483296.jpg

「タイのポワレ」「地鶏のコンフィ」と続きますが、鴨とかウズラが食べたいです(笑)。味は普通です。こうして考えるとアメリカに移住された「ベルクレイ」のランチなんか、メチャ旨かったなあ。
a0041150_492127.jpg


a0041150_4111823.jpg

「レモンの皮のパンナコッタ」やお茶菓子などで軽めの1人前。
a0041150_412145.jpg

a0041150_4121875.jpg

でも騒がしい客もいないし、静かに落ち着いてランチできるという点ではとても良いです。鰻重1人前も食べられないようなお値段だし、魚か肉1品だけなら1800円、これで文句は言えませんね。

レッスンは粛々と厳しく。曲はいい加減にまとめてはいけないですね。大変でも丁寧に時間をかけて。もともとピアノなんて楽しいものではありません。だからよほど好きじゃないと続けられないんだと思いますね。

夜は「高松でウナギを食べるなら」と以前から聞いていた名店「南風」へ行ってみました。名店といっても飲み屋の風情。
a0041150_413269.jpg

おおお、東京ではありえない安いお値段!
a0041150_4133978.jpg

「特上」で2600円。こんな感じ、この雑な盛り付けは四国の鰻屋さんの特徴のようですね。鰻は柔らかく薄く、ベチョッという感じです。
a0041150_4141039.jpg

でも鰻好きだから大丈夫。それに以前広島で食べたワイルドなのより良いし、九州の佃煮のような鰻とは違いますから、また行くこともあるかな?と思います。微妙ではありますけどね。この夜はリーガロイヤルに泊まりましたが、考えたら初めて泊まったのは30年ぐらい前!フロントのお姉さんも驚いていました。

朝は色々あるけど、朝カレー。鯵の南蛮漬けも美味しかった。
a0041150_4151743.jpg

お昼はいつもの「水仙」。お気に入りの「水仙」ですが、混みすぎです。スゴイ繁盛していますよね。確かに高松ではオススメのお店だと思いますが、予約していてもドンドンお年寄りとか関係なく座っちゃうから、たまらない。客層まではコントロールできないですね。でも美味しいから許しちゃう。

「ウニ刺、ゆば刺しの盛り合わせ」、合体すると倍旨い!これは東京ではなかなか食べられない質でしたね。とても美味しいです。
a0041150_4174499.jpg

トンカツなんかもけっこう美味しいし、天麩羅も良い海老プリプリ、いつも満足!
a0041150_4181488.jpg

a0041150_4183570.jpg

「海鮮丼」も酢飯で美味しい。刺身の質が違います。
a0041150_419364.jpg

うまい予定の組み方で、この日は早く帰れました。空港ではこんなお菓子をゲット。
a0041150_4211015.jpg

マロングラッセが砂糖まみれになっていないようなお菓子でした。ところで帰途ふと思い出し、羽田から新橋に向かってまっしぐら!大好きな「鳥かど家」さんに行きました。閉店前ギリギリセーフでめでたし!美味しいのに大きくて安い!「竹」2600円です。
a0041150_4214649.jpg

前川の6000円より良いですし、「いづもや」なら4~5000円はするかな、お味はこっちのほうが良いですし!これぞ文句ナシですよ。ついつい逆方向からも撮ってしまいのです。
a0041150_4221720.jpg

とても旨い!大満足!毎日食べたいお味です。過去の記事読むと、高松から帰るとすぐ鰻屋さんに行っていることが多いみたい(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-18 04:27 | 日々の出来事

秋にリリースのソロCD、ヤマハホールにて無事録音完了

あの素晴らしい響きと楽器があって、多くのアーティストが録音するなら!と思っているヤマハホールで、CD録音させて戴きました。ヤマハ・アーティスト・サービスの皆様の温かい応援とサポートをいただき実現しまして、超ご機嫌で演奏できました。感謝いたしております。
a0041150_1314661.jpg

最高の技術と美音を誇る鈴木俊郎さんの調律で。レコーディングの時は付きっきりですから、調律の人も大変です。
a0041150_1323114.jpg

とんとん拍子に進んで、早いペースで終了。早すぎて夜ご飯や宴会もナシ(笑)、みんなそれぞれ仕事に戻りましたとさ。そんなわけで(笑)、私も家に着くとケータリングで用意したサンドウィッチなどを食べるにとどまり、やや拍子抜け。でもこれぞ本当の二重丸ですよね、めでたし!

前日はリラックスもしたかったので「太田鮨」に行っていました。美味しかったし、とてもゆったりとした時間、有り難かったです。
a0041150_133327.jpg

赤貝にシメた鯵!この大きさは他店にはないのです。
a0041150_1335758.jpg

そして他店にはないツメ、濃厚で甘い!4つ連続、まずは「煮はま」から!お江戸の味、極みです!
a0041150_1342182.jpg

a0041150_137258.jpg

a0041150_1351473.jpg

アナゴも日本一ですね。
a0041150_1354211.jpg

珍しくカニ!これは売り物ではなくて、常連の森さんが太田さんにバレンタインのチョコのおかえしにホワイトデーに用意したもの。興味があったので仕入れてもらっておきました(笑)。
a0041150_1361251.jpg

さあ、この後、結構私はおしりに火がついています。さあ、何から譜読みをしたらよいんだっけ(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-14 01:39 | 日々の出来事

銀座で爆買いしないけど、浅草で爆食いします

大きなキャリーケースを転がしながら銀座で爆買いの中国の人も、すっかりおなじみになってしまって違和感もありません(笑)。それに対抗したわけではありませんが、浅草で爆食いシリーズ。普段おとなしく、上品に健康志向の管理人さんは時々「餃子が食べたい」「肉を思いきり食べたい」と不思議なテンションになります。そのテンションならまかしとき。私はいつもそのテンションですから(笑)。「特に餃子はガンガン食べたい!」というのはよくわかるよね。太田鮨の妹さんをはじめ、他の友人からもそんな話を聞きました(笑)。

餃子、最近よく行くのは浅草にある「餃子の王さま」です。ここは旨いですね!特に野菜餃子の「王さま餃子」は私の好みにドンピシャリ。お店自体はとてもディープな感じです!行列の時もあります。
a0041150_4559100.jpg

餃子は表面はカラッと、中はジューシー!いくらでも行けますね。
a0041150_464815.jpg

肉餃子もありますし、水餃子もある。でも野菜餃子の「王さま餃子」が好き!ドンドンおかわりしちゃいます。
a0041150_471033.jpg

餃子以外のものの評判はさまざまで、人によっては得手不得手があるようですが、とても「昭和な感じ」ということなんだと思います。私には結構合います、好み!「ソース焼きそば」とかね、何とも良い感じですよ。
a0041150_475794.jpg

「チャーハン」とかもきっと、パラッとしていないのだと思います。それが昭和!高級中華のチャーハンより、ちょっとべとつくぐらいのほうが好き(笑)。これもそのうち食べてみますね、楽しみ。次に行ったとき「ピータン」と「天津丼」食べました。これも旨かった!
a0041150_482387.jpg

a0041150_48393.jpg

私は「天津丼」大好きですが、このシンプルなお味はかなりお気に入りです。それがまた餃子によく合います。幸せだぞ!
a0041150_49290.jpg

餃子を焼いているお父さんの厳しい表情が素敵ですね。そして仕事の手際がとてもきれいなんですよ。ピアノで言うとカサドゥシュの演奏のようです。至高の境地だ。ここは何度も再訪することでしょうね。

「餃子の王さま」の向かいには鰻の名店「小柳」があります。浅草は鰻の老舗が多いですが、全部が全部美味しいわけではないんですよ。「小柳」は役者さんや落語家さんなど、浅草ゆかりの芸能人も御用達のお店。こぎれいな感じのあっさり系の鰻ですね。もちろん悪くないです。
a0041150_49345.jpg

肝吸いは塩気が強い。
a0041150_410091.jpg

値段が割とお安いから、少し小さめ薄めでも文句ないです。「銀座鳴門」に似た感じの鰻ですが、あちらのほうがタレが濃いから好き。さらに私はボリュームがほしいので、「小柳」再訪はないかもしれません。

ボリュームといえば「いきなりステーキ」浅草店。前回、結構満足したので。
a0041150_4103985.jpg

立ち食いステーキのお店ですが、ここは座れるので良いですね。今回のお肉、総グラム450グラム也。
a0041150_411648.jpg

大根サラダ、見た目は雑な感じですが、美味しいです(笑)。
a0041150_4113261.jpg

意外に楽勝でしたね。ヤバいなあ。最上のお肉ではありませんが、量食べる目的で行けば、かなり満足できるかも。人形町にもあるといいなあ。

爆食いをした後は、京急の入り口近くの「クローバー・カフェ」がお気に入り。ここのシフォン・ケーキが美味しいのです。
a0041150_4132732.jpg

これで大満足!爆食いはぜひ浅草で!ね(笑)。
by masa-hilton | 2016-05-11 23:42 | 趣味&グルメ