<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出雲大作戦

ホントに時間がなくて、ブログが止まっていますね。でも元気ですよ。普通にやってます。食べ物のほうも、毎週3回鰻食べて日々繰り返しでございます。大変だった出雲の学校コンサートも、実は今月頭のことなのに、気分的には半年ぐらい前の感じになっています。

この出雲が何で大変だったかというと、普段あまりアウトリーチやらないので、ディープな学校コンサート仕事は知らない世界!予想を超えていました。18公演というのも凄いけど、問題は楽器のことだ。普段お気に入りの調律師をよんだり、気に入らなければピアノを運んだりしてもらっているからね~、調律なし&アップライトもあり&古いピアノは30年前以上?これが当たり前の体育館の楽器(笑)、もちろん覚悟はしていたから文句はない。でも、そもそもこういう文化のあり方って誰が考えたんでしょうね?音楽教室もね、アーティストがアーティストらしい姿を見せて、初めて子供たちにも勉強になるってもんじゃないでしょうか?ピアノの楽器って寿命8年ですからね、車と一緒です。日本の教育委員会も政治家の皆さんも、まじめに予算をつけましょうよ!政治資金・領収書、散々ごまかしやがってるくせに、ね~、それを考えると嫌になるよね。滅せよ、汚れし者たちよ!(笑)でもね、演奏、必死に死力を尽くしてやってみますと、必ずしも最悪の楽器の時に最悪な結果ではないんですね。面白い。舞台人は全力を尽くすことが命だと、あらためて思い知りましたよ。頑張って良かった!やって良かったし、意義も感じた。聴いて下さる方の心に残るようにすれば、やはり何かは残すことができるようです。

また大変だった理由はもう1つ、この前日までが世界遺産のクルーズだったのです。大洗の港に夜6時半に帰ってくる・・・・この段階で、出雲の朝までに電車や飛行機で移動するのは無理。新大阪まで新幹線で行って、そこからは管理人さん運転のレンタカー作戦を計画。でもそれももし船が遅く着岸したらアウトでした。船の客室で夕方からドキドキ!
a0041150_1415063.jpg

さすがにっぽん丸!6時に着岸するという情報が!すばらしい!30分も速かった!
a0041150_1425439.jpg

でもそれでちょうどよかったんです。普通に6時半だったら間に合わなかったかも。水戸までタクシーで行って、予定通り品川駅で管理人さんと会えて新幹線に。そこにエキナカの「酢豚弁当」が用意されていた!食べ物があって助かった~。さすが管理人さんだ!
a0041150_144466.jpg

新大阪につくと雨です。深夜の高速を走るにはこれもまた障害。山の中は大雨でしたからね。なぜか車種は燃費は良いけど馬力のないスズキの車でスピードも出ない。いやはや。高速をひた走りに走っていますが、時間は遅い。コンサートは朝9時スタートなので、出雲のホテル集合は朝7時半です、間に合うかどうか。ドライブインで戴いた関西の「ぼっかけうどん」!神戸発の「ぼっかけ」は牛スジ肉とこんにゃくを出汁で煮込んだもので、癖になるお味!深夜のお夜食にはピッタリ!
a0041150_147965.jpg

次の休憩はこちら。この蒜山高原では休んでるトラックのおじちゃんたちしかいませんでした。24時間営業でも食べ物はやってませんでした。
a0041150_1492835.jpg

昼間来るときれいなところで、美味しいものもいっぱいあるようなことを聞きました。

何だかんだあって出雲のホテルには朝6時半に到着。シャワー浴びてすぐ出発。この日から1日3公演ずつ!それも午後3時には終わっている(笑)。普段から睡眠時間少ないから、強行軍の初日も意外に平気だったよ。2公演と3公演の間に学校で目立たないようにお弁当、まさに仕事してるって感じだ(笑)。ちなみに月曜日。
a0041150_151181.jpg

火曜日。
a0041150_15219.jpg

水曜日。
a0041150_1523716.jpg

木曜日。
a0041150_1533535.jpg

金曜日。
a0041150_1544685.jpg

また月曜日。
a0041150_156357.jpg

ホテルの朝ごはんこそ毎日同じで、あまり食べるべきものがない。ただし火曜から金曜までは朝カレーがあったので助かった。ある朝はこんな感じ。
a0041150_1574975.jpg

またある朝は・・・・同じや!
a0041150_1582718.jpg

カレーのない日はこんな感じ、お子様ランチのよう(笑)。
a0041150_1585581.jpg

でもホテルはとても広く快適だった。大浴場などもあったし。それに夕方からは自由行動。この辺りはのどぐろが美味しいところだし、まず着いたその日は管理人さんと慰労会!管理人さんの運転がなければ、この仕事は穴があいていました。大感謝!よくぞ無事着いたし、無事弾いた~。めでたし!で、前知識はなかったけど、やむを得ずネットの評価を信じて「出船寿し」に行きました。
a0041150_20890.jpg

a0041150_203597.jpg

のどぐろ、ヒラマサなど現地のお魚がズラリ!旨い!
a0041150_214160.jpg

a0041150_22172.jpg

白イカやアワビなども美味しい出雲!当たりで良かった「出船寿し」。
a0041150_23185.jpg

a0041150_233634.jpg

ここのお店の特徴は見た目の仕事がきれいだね。どれも美味しそうで癒される。ただし、都会のお寿司とあまり変わりないので、美味しいけど特別な感激はあまりない(笑)。
a0041150_241989.jpg

トロも美味しかったけど、たこ、ウニなども良し!
a0041150_25597.jpg

a0041150_2546100.jpg

のどぐろアゲイン!
a0041150_275026.jpg

ホッと一息の時間、ホント落ち着きました。めでたしめでたしだ。

火曜日からは管理人さんも東京に帰り、車もないので、ホテル近くで食べるように探しました。気になった店はありますが飲み屋が多い。それは困るので、やはり寿司かな?と「呉竹鮨」に行きました。こちらは松方弘樹さん風のかっこいい感じの大将で、ちゃんと好みを見抜いてくれる。お店の雰囲気も良い感じで、好きなタイプのお寿司屋さんだった。「出船寿し」も美味しかったけど、総合的に「呉竹鮨」が好きかも!魚の塩焼きや煮魚など、お料理も上手!またお醤油が九州のように甘いたまり!これが嬉しい。

もう最初の「ひらまさ」から段違いに旨い!
a0041150_84678.jpg

マグロの子供「よこわ」をタタキで。東京人には珍しい。
a0041150_8471191.jpg

結局「トロ」とかは築地からきているということで、ちゃんと近海で漁れたものを出してくれている。
a0041150_850586.jpg

鯵やカニや全部美味しいのだけど、主役の登場。「白イカ」と「のどぐろ」の炙り。これは絶品だ。
a0041150_8512930.jpg

「サザエ」と「うに」も主役だな。
a0041150_85211100.jpg

a0041150_852331.jpg

a0041150_8532237.jpg

そして「のどぐろ」の塩焼!超旨いです!!これも凄い!
a0041150_858022.jpg

お1人様なので3分の1戴きます。最後に「バイ貝」と「のどぐろ」の生!

a0041150_8572198.jpg

大将に「いつ休みか」を聞いて、ひたすら毎日行きました。今日も「呉竹」明日も「呉竹」で、大将もビックリ。ここは常連になりたいお店だし、何しろお料理が旨いのだから!気に入ったら毎日毎日同じものを!~これが「私」なのです。

日によって大将が付出しを変えてくれます。お気に入りのバイ貝の酢味噌和え。
a0041150_913665.jpg

「のどぐろ」の卵を出してくれる日もありました。美味しい!
a0041150_9181464.jpg

お寿司は私の定番通りでエヴリ・ディ。日によっては「くえ」なども出ます。
a0041150_942490.jpg

a0041150_94523.jpg

a0041150_954462.jpg

a0041150_961628.jpg

「サザエ」は外せませんね。コロコロと漁れるそうだし。
a0041150_97882.jpg

「のどぐろ」は私がしっかり注文した「生」より、大将が黙って出した「炙り」が断然旨い。というわけで大将のする通りに、毎日「炙り」で(笑)。
a0041150_9132291.jpg

のどぐろは「煮つけ」の日もあり!煮つけも旨いね。「呉竹鮨」が上手いとも言える!
a0041150_9222737.jpg
最後にヒラマサと白イカをアンコールして、「梅きゅう」で〆る・・・・いつの間にかそういう事になっていました(笑)。
a0041150_9241030.jpg

a0041150_9244641.jpg

毎日行ける店を見つけられて本当に良かった。落ち着くし、ハードなスケジュールも全くハードに感じません。一緒に行ったメンバーと懇親会?打ち上げ?で食事会となったときも、全員が私が毎日通う「呉竹鮨」を希望!毎日通うなんて、驚いたんだろうね。メンバーは若い「パパス弦楽四重奏団」。
a0041150_9591618.jpg

彼らはアレンジして「マリオ」とか「スターウォーズ」「トトロ」とかをやっちゃうんだよね。子供たちの笑顔が炸裂!でもファミリーコンサートではないのだから、音楽教室としてはどうなのだろう?と最初は思っていたりしたんだけど、どうやら音楽教室も最近は様変わりして、そういう曲が主流のようだ。むしろニーズに応えているかもしれない。そこでアレンジなどに凝って、より質の高いものを目指していく・・・・質が高ければそもそもオッケーなわけだし、お若いのにトークなども上手で手慣れていましたね。

今や教育現場も、例えばピアノのレッスンだって生徒がお客様化している。生徒のためを思って叱ったりするとパワハラとか言われてね(笑)・・・・そういう子はどうせ大成しないし、それで良ければそれで良し!と、こちらもエネルギー節約(笑)!必死でもないものを上手にしてやる義理もなし!と割り切れれば良いけど(笑)、あくまでも伝統文化を守ろうと生きちゃうから、むしろ本格的なものをより真剣にやらざるを得ない。結局自己満足なのか?ただ損しているだけか?と自問自答しちゃうけど、世代的にはそれが本能のようなものになっているので、若い優秀な人たちと共演して新たな感覚に接するのは良いよね。

というわけで、彼らとの共演も毎日楽しいし仲良しになった。この段階で懇親会でもないので、美味しいものを食べる目的に集中して「呉竹鮨」で宴会となる(笑)。私の定番を出して戴いた。せっかくだからゲソの焼き物や天麩羅も!
a0041150_1015095.jpg

a0041150_10153198.jpg

お寿司にはみんな大感激!
a0041150_1016579.jpg

a0041150_10172317.jpg

a0041150_10175310.jpg

a0041150_10182934.jpg

途中でナマハゲのようなのが乱入。お酒をごちそうされたら、謙虚に最敬礼してたのがおかしい。
a0041150_10434334.jpg

a0041150_1019129.jpg

a0041150_10193664.jpg

「斎藤さんのどぐろおかわりしていいですか?(涙目)」「どうぞどうぞ」
a0041150_10204594.jpg

「僕はサザエとバイ貝だな」
a0041150_10214761.jpg

a0041150_10224190.jpg

a0041150_10233858.jpg

のどぐろの塩焼きも、3分の1は尻尾になったり真ん中だったり。どこも旨い!
a0041150_9204138.jpg

というわけでハードではあったけど、有意義だった1週間でした。土・日は休みだったので出雲大社にお参りに行きました。次回はそれを書きますね(笑)。
by masa-hilton | 2016-10-31 10:25 | 日々の出来事

また~打ち合わせラッシュ

打ち合わせとリハーサル!まあ、演奏家の宿命ですが楽しくもあり。唯一の困ったことは練習というか、個人の作業が進まなくなることですね。

ますはレコーディングに向けて順調。今度は日本一のフルーティスト萩原貴子さんとのCD。フランクのソナタ、ライネッケのソナタ、プロコフィエフのソナタというプログラミング。もうリハーサルからうまいうまい!もうぶっちぎりですね。これはものすごいCDになりそうです。

今回はリハーサル後にはお気に入りの「ラ・シゴーニュ」で。定番のフルーツ&野菜ジュースもここのは美味しいですが、カナッペみたいなものでも、ちゃんと手が入っています。美味しい。
a0041150_8144963.jpg

キッシュや、チーズナス、大根を隠したサラダ!
a0041150_816926.jpg

a0041150_8163382.jpg

タルト・フランベ!最近流行ってますが、やはりここが一番おいしい。
a0041150_8171769.jpg

メインはお肉でおなかいっぱい。デザートはとてもヨーロッパ風なお菓子な味。チーズを使ってますね。
a0041150_8174994.jpg

a0041150_818869.jpg

夜に行けばさらに楽しいレストランです。

実は来年なのですが、フランスの有名な音楽祭のオファーが来ています。今検討中ですが、音楽祭も素晴らしいですがロケーションが素晴らしい。観光にだけ行っても良いような素敵な場所で、前向きに考えているところです。そんなこんなで打ち合わせも多いですね。管理人さんとは和食の「いい田」さんに。ステーキを戴きました。
a0041150_8364535.jpg

「いい田」さん、前菜などはランチの折はいつも変わらずですね。
a0041150_838420.jpg

ホテルで戴く和食の安定感がありますね。
a0041150_8384041.jpg

ステーキは和食だけに黙っているとシッカリ焼かれてしまうので、「レアで!」とかなり何回も言わないと(笑)。レアで美味しかったです(笑)。
a0041150_8395443.jpg

a0041150_8401859.jpg

このお豆腐も美味しいんですよ。デザートにも心遣いがあります。良い感じですね。
a0041150_841234.jpg

私たちは東銀座の「ヴォメロ」さんもとてもお気に入りです。音楽家はみんな好きなお店かもね。夜のお得意、前菜盛り合わせ。
a0041150_85212100.jpg

フォルテという具沢山のピザ。
a0041150_8523151.jpg

大好きな太いショートパスタのパッケリ。トリッパもが美味しいですね。最高です。
a0041150_8531120.jpg

とてもお安いですが「萬福楼」も行けばお味が評判が良いですね。管理人さんのお気に入りは「いかと野菜の炒め物」。
a0041150_8481813.jpg

私のお気に入りは「牛肉とニンニクの炒め物」。
a0041150_8484936.jpg

オーボエのアンリ中村さん絶賛の「萬福楼・特製焼きそば」も美味しい。中村さんのCDは4月にリリースの予定ですよ!こちらもお楽しみにです。この焼きそばは管理人さん絶賛のほか、天麩羅の「中山」さんでも評判(爆笑)。広めようと思います。
a0041150_8491494.jpg

お酒も安いけど、私にはあまり関係ない。相変わらず、注文を取りに来る人が、メモを取らず暗譜で接客!その賢い感じもお店の不思議な魅力かもしれませんね。

さてプロデュースするかどうか、まだ未定ですがソプラノの市川倫子さん。大先輩だし、日本を代表する彼女ですが、音大も退官されて時間もできたらしく、いろいろ相談されています。若い人にはそれなりに気を遣いますが、ベテランも別の意味で丁寧に考えないといけないことがありますね。

打ち合わせを終えて渋谷「松川」で打ち合わせ。フランス行きが可能かどうか、管理人さんと。これが進めば今度は音楽事務所などと詰めていきたいと思いますね。
a0041150_8494461.jpg

鰻旨し!!この日の鰻は大当たり、良い感じでした。やはり鰻だ!毎日食べたいぞ。
by masa-hilton | 2016-10-24 08:59 | 日々の出来事

月刊「ショパン」11月号、楽しい対談は続きます

a0041150_1933536.jpg月刊「ショパン」11月号は、シューマンの特集ですね。シューマンのピアノ曲って本当に凄いと常々思っているんですが、世間的にはどうなんでしょうね。おそらくピアノ音楽史上最も凄いピアノ作家は1番がシューマンで2番がショパン、3番がリストなんじゃないかな。どうしてそう思うかというと、その前の時代のピアノ曲と別次元の作品だからです。

ピアノ曲の多さ、多彩さからいうと最終的にはショパンのほうが偉大かもしれません。でもショパンは最初のころは試行錯誤していました。それは作品的にではなくピアノの扱い、技法的に。シューマンは作品1のアベッグ変奏曲からミラクル!大胆な和声もそうですがその前の時代には聴いたことのないようなサウンド、描いている抒情性の雰囲気もモダンです。あまり知られていませんが作品4の間奏曲とかも、同じようにピアノの扱いそのものがモダンなんです。傑作ではない作品、イマイチな曲も曲の内容がふるってないだけで、ピアノの扱いはいつも個性的で完成されているのがシューマンなんですね。特にピアノソナタの第1番は大傑作と思うんです。

そしていつものように「ショパン」を読んで「ピアニストってたくさんいるなあ」と思いますね(笑)。もちろん玉石混交なのだろうけど、顔は見たことがあっても、ほとんど演奏を知らない人ばかり。ちょっと不思議な現象ですよね、名前を先に売るのは新しい!また私の対談がきっかけで多く顔を出すようになった人もいて、それは三重丸です!とても嬉しい。ま、とにかく厳しい業界であることは間違いない。引き続き頑張っていこう!

対談のほうは小原孝さん。お互いマスコミに出ていたりすると、競合するからピリピリしてそうに思われがちですが、実は私たち仲良しでした~(笑)。情報交換もするしアイデアも出し合ったりと、今回もとても楽しい内容になりました。ぜひご覧ください、お楽しみに!

裏話だけど小原さん、随分と攻撃されたり、嫌な目にあってるんだそうな。ま、そういうことする嫌な人たち、しょせん小物ですから(笑)気にしないでいいし、うるさければ食ってしまえばいい(byニャンコ先生・笑)。なんかいつも悪口を言っているようなの、いますね。人の悪口を言う前に自分が努力しろよ、って言いたい。私たちってすべて自己責任ですよ。不幸は人のせいではありません。

さてさて、対談の場所は最近お気に入りの和食の「やま田」。私の好きなものだけをコースにしてもらいました。前菜、まずは「かにのしゃぶしゃぶ」。
a0041150_1849025.jpg

いつもの絶品の「いかめし」、ブドウの生ハム巻。
a0041150_18505844.jpg

「タコの活き造り」「のどぐろの塩焼」は絶対に外せません。私の超お気に入り。
a0041150_18523661.jpg

a0041150_18532161.jpg

「アナゴの柳川」、何しろお味が良い。
a0041150_18542452.jpg

実は一番好きかもしれない「豚の西京焼」、これ超旨い!
a0041150_18555535.jpg

〆はいつもの「いくらと蟹の釜飯」、これも美味しいですね。
a0041150_18572331.jpg

デザートもちょっと洋風「生キャラメル」で、コーヒーが付くんです。
a0041150_18585971.jpg

今回も美味しかった!また行きます。さて対談、次回はチェンバロの武久源造くんです。お楽しみに!
by masa-hilton | 2016-10-20 19:03 | 連載対談@お江戸で連談

真嶋雄大さんの「面白クラシック講座」大盛況大成功

甲府のコラニー文化ホールにて、年に何回か行われています真嶋雄大さんの企画「面白クラシック講座」に出演させていただきました。
a0041150_11595133.jpg

この講座、もちろん内容も楽しく深く、さらに真嶋さんのお人柄を慕う有名一流アーティストが我先にと出演していますので、当然大人気なのです!お客様はいっぱい。またそのいっぱいのお客様が家族のように暖かく、この会の長きにわたる充実ぶりと人気ぶりがさらに伝わってきます。

お話は対談形式で脱線することもしばしばなので、さすがのトークコンサートの名人と言われる私でも、演奏との緊張感を保つのは難しい(笑)。笑いすぎに注意です!!おかげさまで楽しんでいただけまして、良かったです。めでたし!CDもよく売れました。ピアニストの小林侑奈さん、冨永愛子さんも来てくれて盛り上げてくれました。共演の布能美樹さんも内容のある演奏でファンを喜ばせていました。皆様本当にありがとうございました。

この日は朝8時半には特急に乗る!ということで、例外的な早起きでお出かけです。でもたまに早起きすると空気が気持ち良いですね。東京駅ではなく新宿でお弁当。これが選べないほどいっぱいあって。南口のお弁当売り場は充実していました。
a0041150_1214056.jpg

結局選べなくて「宮川のうなぎ弁当」アベ鳥取堂の「マツタケごはん」、2つ買ってみました(笑)。でもね、コンサート13時からだし、もしかすると合わせもあるのでリハーサルでいっぱいになって、食べる時間もないかもしれない・・・・だから2つは正解なのです。実際本番前はほとんど食べることなどできませんでした。
a0041150_1222891.jpg

いつもの東華軒の「うなぎ弁当」2300円に比べると小さいけれど、さすが宮川!良いウナギです。1800円。タレのお味は東華軒が良いかもですが、食感がややゴムみたいですからね。こちらの方が断然良いですね。
a0041150_123239.jpg

もう一方のアベ鳥取堂は一関の斎藤松月堂とともに、数少ない美味しい駅弁を販売しているところ。そこの「マツタケごはん」だし、さらに美味しいという噂だったので期待しましたが、これは普通でしたね、やはり他人を信じてはいけませんね、評価などあてにならないもんです。でもさすがアベ鳥取堂!サイドの煮つけなどが旨い!こちらは1200円です。

コンサートのほうがわいわい終わりますと、さらに大宴会が(笑)。以前にもお伺いした「シーズ」です。和食中心のなんでもアリの店。真嶋さんが好みで色々頼むこともあって、お味の方も日々洗練されていき、とても楽しめます。すばらしい。お酒も良いものがいっぱい置いてあるようで、布能さんのお母さんも酔っ払いに転じ、笑い上戸が止まりませんでした(笑)。

地方に行くとバイガイはでかい(笑)。このぐらいの大きさで驚いてはいけませんが、やはり美味しいです。煮物のお味も良い!
a0041150_1251392.jpg

お刺身も活きが良く、シシャモなど。
a0041150_1274926.jpg

a0041150_12894.jpg

そしてプリプリの「海老フライ」です。海老好きの私のために特別に大量に用意されています。旨い!
a0041150_1285036.jpg

そして「海老天」。海老好きのための偏向的メニュー(笑)。ほかの皆さんは大丈夫なのかな(笑)?
a0041150_1292571.jpg

「たい茶漬」はゴマ風味でとても美味しい。大満足!
a0041150_1295496.jpg

帰りの特急の時間がありますので、宴会は4時半過ぎから始まっていました。たくさん食べていますが、深夜はおなかが空きます(泣)。やばい。東京に戻ってからは深夜に「ジョナサン」です。季節の牡蠣とマツタケごはんの定食。これ旨いですよ!
a0041150_12111481.jpg

きっと冷凍なんでしょうけど、「カキフライ」もわりと旨いです。去年もそうだったのを覚えていたのでした
a0041150_1212946.jpg

牡蠣の「味噌味の包み蒸」もいけてますよ。牡蠣は小ぶりですがお味が良い。
a0041150_12125783.jpg

マツタケごはんも香り良し。
a0041150_12135255.jpg

これは夜中にけっこう大満足(笑)。最近のファミレスは偉いよね。

なんだかんだと時間がなくあわただしいです。編曲や元気間に合うかなあ。がんばります!
by masa-hilton | 2016-10-17 12:19 | 日々の出来事

出雲大作戦・・・は次回に!今日はリハーサルでした

皆さん、すみません。なんか忙しいんですよ。時間が全くとれません。雑誌の原稿もすっかりお待たせしてるぐらいですから。そんなこんなでブログ止まっています。ホントは出雲大作戦書かなきゃいけません(笑)。きっと3回シリーズぐらいの大作になりそうです。でもちょっとこれは先のお楽しみにさせてください。マジ参りました、バタバタしております。

で、今日はリハーサルでした。週末のコンサートではフルートの布能美樹さんと共演で、その合わせ。布能さんと後見人の真嶋雄大さんが来訪。布能さんはフランスから帰ってきて、1番最初ぐらいに私と共演したんではなかったけか?その後いろいろなアーティストたちと共演、真嶋さんがどんどんコンサートに出演するようになさった効果も絶大、音楽家としてかなり成長されていました。とても大事なことだし素晴らしいことです。そんなこんなもありとても楽しくできました。コンサートのほうも楽しみですね。

リハーサルの後は「太田鮨」さんで宴会。いつもながら美味しい。このお魚の厚み、これは他所のお寿司屋さんでは味わえないものです。日本全国回っていますが「太田鮨」は旨い!
a0041150_3333522.jpg

モズクも最高!「カンパチ」「ヒラメ」も美味しいね。
a0041150_3342583.jpg

a0041150_3362211.jpg

a0041150_3351742.jpg

「アワビ」「赤貝」「マグロ」大満足!「アナゴ」はもちろん日本一!
a0041150_3371435.jpg

大好きな「マグロの照り焼」。
a0041150_3375027.jpg

常連限定の「イカゲソ」、これがまた最高なのだ。「スルメ」と「白イカ」。
a0041150_3383034.jpg

a0041150_3392272.jpg

a0041150_3394870.jpg

そして雰囲気も最高、癒される場所です。最近お魚を食べていますね。以前書きましたが「呑舟之魚」さん、最近は「サバ」ではなく「きんき」の確率が増えてきました(笑)。そのせいかどうか、お昼は激混みになっていましたね。
a0041150_3422428.jpg

「きんき」ちょっと小さい。これだと食べるところ少ないね。イワシ並みの大きさです。
a0041150_343487.jpg

でも「きんき」は「きんき」、やはり美味しい。お刺身もとても良かったです。
a0041150_344947.jpg

これで980円なんだから文句を言ってはいけない。頑張っていると思いますし、実際、ランチで美味しいお魚を安く食べようと思ったら、ここと「魚久」のイートインぐらいでしょうね。「魚久」さんも行きますよ。
a0041150_3451153.jpg

私は「ギンダラ」とかじゃなくて、注文して「カレイ」を焼いていただくんです。これが旨い!
a0041150_354560.jpg

お魚ランチ、あとは「サンマ」の美味しいそうなところを周ってみようと思います。魚ライフは充実。さすが人形町は良いとこです。では「出雲大作戦」もお楽しみに!
by masa-hilton | 2016-10-11 23:27 | 日々の出来事

下校時間のクラシック 第2回目

ティアラこうとうで「下校時間のクラシック」第2回目が行われることになりました。このコンサートは私の企画。学校で流れていた校内放送、懐かしい名曲を味わうコンサートで、かつては「夕焼けコンサート」など、いろいろな名前でお届けしていました。今回は第2回目、昨年ティアラこうとうでご好評をいただきまして続編ということで、嬉しく楽しく華やかに!はりきって参ります!

とにかく出演者が多い(笑)!!来年の2月です!ぜひお楽しみに!
a0041150_1061231.jpg

a0041150_106527.jpg


by masa-hilton | 2016-10-06 23:00 | コンサート・イヴェント告知

続・東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO(その12)

さていよいよこのシリーズ、最終回になりました(笑)。めでたく大団円。長いことほっておいてごめんなさい!

今回はフィリピン・ナイトの次の日からのレポートです。この日、1月28日は古川はるなさんとのイベントがありましたね。
a0041150_212142.jpg

前の晩から掲示板に貼り出ました。28日の朝は早起き!軽くサラダとスープだけ。
a0041150_21213369.jpg

お昼は同じ「春日」のダイニングで「海老カレー」でした。
a0041150_21215645.jpg

コンサートは2時45分からと3時45分からの2回公演です。楽しくオシャレにできました。
a0041150_21222894.jpg

夜ご飯は和食です。サーモンのお造り。
a0041150_21225891.jpg

鰆の木の芽みそ焼き、肉団子の旨煮、鶏肉のポン酢かけ。
a0041150_21233224.jpg

a0041150_21235359.jpg

a0041150_21241934.jpg

小鉢は「桜エビと水菜」。
a0041150_21245287.jpg

そして「鯛めし」。
a0041150_21253974.jpg

デザートはミカンと胡桃餅です。
a0041150_2126764.jpg

最後のオン・ステージが近いので、深夜はみっちりリハーサルを開始しました。お夜食もいただきます。
a0041150_21263051.jpg

29日は高野さんの「みんなで歌おう」のコーナーがあります。お昼過ぎです。ゆっくり起きて「リド」のハンバーガーで朝ご飯。
a0041150_2127119.jpg

無事に楽しくイベントを終えて、リドで今度は「焼うどん」。美味しい!
a0041150_2127293.jpg

この日はジャパニーズ・ナイトと名付けられていました。いよいよ日本に帰る日が近いということですね。夜ご飯は小皿料理と言いますか、品数多く和食が並びました。
a0041150_21281646.jpg

何があったかというと「マグロと甘えびの刺身」「鴨ロースト」「豆腐の味噌漬」「磯つぶ貝」「きゅうりの酢味噌和え」「カサゴの煮つけ」「しゃぶしゃぶ」「天麩羅」「ほっき貝の土佐ゼリー」「マツタケごはん」
a0041150_21292440.jpg

a0041150_21294161.jpg

a0041150_21313577.jpg

a0041150_21295686.jpg

a0041150_21302229.jpg

a0041150_21303763.jpg

a0041150_21305962.jpg

マンゴスチンと梨でシメ。
a0041150_21332175.jpg

ステキなジャパニーズ・ナイトでした。シェフは本当に偉いです!!
a0041150_21334956.jpg

夜はもちろん練習。だからお夜食(笑)。
a0041150_21354270.jpg

確かに日本が近いですね。あんなに暖かかったのに冬の海になってきましたね。
a0041150_21363693.jpg

我々のラストのコンサートも掲示されました。
a0041150_21371599.jpg

30日は私たちのショーがフェアウェル・ディナーと連動していて、フォーマルな夜です。ショーのほうは夜遅いので朝ご飯はしっかりと。
a0041150_21374570.jpg

a0041150_2138269.jpg

a0041150_21382190.jpg

外は寒くなっています。
a0041150_21385265.jpg

お昼もしっかりと戴いてリハーサルに向かいます。ナポリタンだ!
a0041150_21392442.jpg

a0041150_2140962.jpg

メインショーも楽しく終わりました。お客様はフルコースの洋食をフォーマルなドレスコードでお食事されましたが、私たちはショーが終わってからの食事。船のご厚意でお寿司になりました。船のお寿司は贅沢ですね。
a0041150_21404157.jpg

a0041150_21405985.jpg

いやあ、ホッとしました。ここまでくればもう安心。一生懸命つとめましたが、無事にコンサートも終わり、めでたしめでたしです。

31日はお別れのグランド・フィナーレはありますが、メインの演奏ではないので楽チン。あ、でも高野さんの「みんなで歌おう」は午前にありますね。朝は美味しい「朝カレー」を満喫!
a0041150_2142824.jpg

イベントを終えてお昼はピラフ。美味しいね。
a0041150_21425693.jpg

これで私たちのコンサートは終わりました。船長さんにもお世話になりました、ありがとうございます!
a0041150_2144467.jpg

グランド・フィナーレの前に晩御飯。和食です。これが最後の晩餐になりました。
a0041150_21453342.jpg

a0041150_21455421.jpg

a0041150_2146951.jpg

a0041150_21463530.jpg

a0041150_21465410.jpg

楽しい船旅もグランド・フィナーレ!ぐっすり休んで起きると快晴。もちろん寒いけど。
a0041150_21473966.jpg

2月1日10時過ぎには下船です。朝ご飯はまた朝カレー!だって美味しいからさ。
a0041150_2148620.jpg

もちろんほかのもの食べてました。だんだん横浜に近づきます。
a0041150_21483925.jpg

a0041150_21485789.jpg

富士山がきれいに見えていました。
a0041150_2149297.jpg

多くの方のお世話になって、楽しいクルーズとなりました。本当にありがとうございました。皆様に感謝です。(おわり)
by masa-hilton | 2016-10-02 21:51 | 豪華クルーズ旅演奏会

続・東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO(その11)

これは備忘録です。日時は2015年の1月26日です。コタキナバルに上陸したまででレポートが終わっていました。気になっていましたが忙しく書けず、今になって書く次第です。カテゴリーの「豪華クルーズの旅演奏会」をクリック頂ければつなげて読めますよ。

さてコタキナバルに来たからには、見たいのは2つのモスク、まずは市立モスクへ。水の上に浮かぶような美しいモスクです。市内も美しい。
a0041150_21104428.jpg

南国の美しさというか。
a0041150_21111442.jpg

そしてモスクです。
a0041150_21114292.jpg

周りはこんな風。
a0041150_2112577.jpg

中はこのようになります。
a0041150_21123334.jpg

a0041150_21124775.jpg

もちろん入るためには、イスラム教の衣装で。あまりにも似合いすぎると、現地の人にまで笑われた私です。
a0041150_21132081.jpg

そういえば昔の「快傑ハリマオ」的な?あれはインドだっけ?さて町中を通り、今度はサバ州のモスクへ向かいます。
a0041150_21214279.jpg

これはマンションですかねえ?やはり南国、でも住みやすそうな町ですね。
a0041150_21223562.jpg

a0041150_21225388.jpg

来ました、サバ州モスク。
a0041150_21233836.jpg

なんか科学技術館のような建物でした。
a0041150_21241281.jpg

中はこちらです。
a0041150_21243695.jpg

a0041150_21245595.jpg

もちろん、イスラム風な衣装に着替えないとダメです(笑)。
a0041150_21254144.jpg

車でウォーターフロントに向かい、ここからはさらに自由行動。
a0041150_2126420.jpg

ふらふら歩いて女性陣はカレー屋さんに入ります。
a0041150_21263312.jpg

辛いの苦手だし、手で食べるのもちょっと。私はさらに歩いてホテルで食事を目指します。
a0041150_21265798.jpg

a0041150_212711100.jpg

メリディアン・ホテルでご飯。辛い物をよけたので普通のフライドチキンになりました。でもとても美味しかった。それに安かった。
a0041150_21274319.jpg

a0041150_2128788.jpg

a0041150_21282878.jpg

コタキナバル良いなあ。また来たいという感じ。女性陣と再び合流、裏通りなども歩いて船に向かいます。
a0041150_21291765.jpg

船ではサバ州舞踊団の皆さんが民族舞踊を披露。
a0041150_21294065.jpg

そして出発です。夕陽が美しい。
a0041150_21303097.jpg

夜ご飯はお箸で戴くフレンチ。まずは生ハムとパパイア、カッペリーニとイクラ、スモークサーモン。
a0041150_2131899.jpg

コンソメ茶碗蒸、蟹のあんかけ。
a0041150_21314388.jpg

マダラのムニエル、温野菜、テンダーロインビーフ。
a0041150_21321162.jpg

a0041150_21324494.jpg

a0041150_213377.jpg

デザートはマンゴとガトープラリネ。
a0041150_21335933.jpg

この日は夜練習するので「祇園ささ木」のお夜食を頂きました。正直、にっぽん丸のお料理のほうが美味しいですね。
a0041150_21343779.jpg

a0041150_2135675.jpg

次なる日は「フィリピン・ナイト」、私たちは出番がないので朝はのんびり寝ました。お昼はお蕎麦とお重に入ったお弁当です。
a0041150_21355912.jpg

a0041150_21364059.jpg

a0041150_21371336.jpg

a0041150_21375962.jpg

暖かな日ですね。
a0041150_21384071.jpg

a0041150_21385553.jpg

海がきれいですね、この青!
a0041150_21393750.jpg

夜ご飯はフィリピン・ナイトということで華やかに!現地のお食事です!
a0041150_2141795.jpg

a0041150_21412821.jpg

バイキングで様々なフィリピン料理が!お気に入りはギナタアン・カラバサ(海老のココナッツミルク煮)、はたのエスカペッシュ(揚げ魚の甘酢あんかけ)、カレカレ(オックステールのピーナッツソース煮)。
a0041150_21421520.jpg

a0041150_21431515.jpg

a0041150_21434243.jpg

豚くんは丸焼きです。
a0041150_21443153.jpg

ちゃんと日本人が食べられるようになっているので、誰が食べても美味しい感じでした!
a0041150_2145750.jpg

いよいよ次は最終回に近づきます!(つづく)
by masa-hilton | 2016-10-01 21:45 | 豪華クルーズ旅演奏会