<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いつもごきげん タランテッラで!

タランテッラ、確かにリストのタランテラもラフマニノフのタランテラもテンション上がりますけど、ちょくちょくお邪魔している白金高輪の「タランテッラ・ダ・ルイジ」さんのことです。

先日もちょっと用があって、その打ち合わせ前にランチ行ってきました。
a0041150_02231723.jpg
何といっても前菜の盛り合わせが楽しく美味しい。普通にカルパッチョでも工夫があって良いんだよね。
a0041150_02271258.jpg
この前菜があるので、ランチはコースを戴きます。パスタとピザが選べますが、この日はパスタ。何とフレゴーラです。クスクスのようなお茶漬けのアラレのような、細かい切れ端のような粒パスタ。めったに食べられませんが美味しいと思ったことがない!でもさすがのタランテッラ!超旨い!ずっとこのまま食べていたいほどでした。これはサルディーニャ島のお料理です。
a0041150_02274311.jpg
お味のほうはペストカーレ!ここではミートソース系より魚介系のパスタのほうが美味しい!あとニョッキも格別に美味しいのです。デザートもいただいて大満足。
a0041150_02444941.jpg
ちょっと前に伺った時も、前菜は豪華でしたね。同じものもありますが、飽きないようにちゃんと変えてきますよ。
a0041150_02451564.jpg
この日はピザ!何といってもピザ職人のお店ですから、ピザ目当てのお客様は多いです。常連なので好みを聞いてくれます。トマト系、チーズ多め、パンチェッタもたくさんね。
a0041150_02455695.jpg
当たり前ですが、本格的に美味しいですよね。濃厚な感じ、大好きです。

夜も行きますよ、宴会もできます。夜に行くと前菜をどう選ぶか悩んでしまうのですが、そこは顔なじみなので「ランチみたいに盛り合わせにします?」と聞いてくれます。
a0041150_02464635.jpg
いいですね~~。こういう感じだからこそ幸せな気分になれます。世の中的にはもっと高評価で良いお店ですよ、文句なしに旨い!
a0041150_02523204.jpg
前菜でもう1つとったのは、鰻のパイ包み焼。サルディーニャ島のお料理だそうです。
a0041150_02553647.jpg
さらにハムの盛り合わせをサービスしてくれました。実はこの日は私の誕生日だったのでした。
a0041150_03220923.jpg
そして大好きなニョッキ!ソレント風?トマト風味です。超旨いです。
a0041150_03223196.jpg
ピザはいつものトマトベース。チーズ多めで濃厚に!
a0041150_03263195.jpg
前回来た時に超・気に入ったタリアータ。やはり美味しいね。焼き具合の按配が上手!
a0041150_03265956.jpg
デザートにもお心遣いを戴きました、本当に有難う!
a0041150_03273973.jpg
ちなみに昔、私のお誕生日というと「かに瀬里奈」に行くというのが行事だったのです。それをして下さった方は先年亡くなられてしまって、今も本当に寂しく悲しい思いです。でもこの行事は今では管理人さんが引き継いでくれています。ただ年とともに「蟹しゃぶ」が重く感じられ、さらに私本人が図々しくもわがままを言うようになってしまい(笑)、今回は帝国ホテル「ラ・ブラスリー」でエリザベス女王が食べられたという「海老と舌平目のグラタン」を食べようということになりました。

前菜的にフォアグラのポワレです。普通に贅沢に美味しいです。間違いのないお味。さすが帝国!
a0041150_03281273.jpg
海老と舌平目のグラタンは想像してたほどではなかったですね。何だろう、これは。でも本当にエリザべス女王来日の時に、有名な村上シェフが考案して、喜んで戴いたというメニュー。普通に本場のフランス料理が食べられる現在と違って、昔は情報もなく、自分で考案するしかなかったんですね。
a0041150_03284963.jpg
シュニッツェルは和式ですが美味しいです。帝国ホテル伝統の味ですが、これもまた本場のものとは全く違います。でもこれはなかなか美味しい、これでオッケー。たまに食べたくなります。
a0041150_03295237.jpg
十分なる贅沢でしたが、さらに「タランテッラ・ダ・ルイジ」にハシゴしたという超特大に贅沢なお話。と書いている先から、また行きたくなってきちゃったよ。タランテッラさん、次はパッケリやラザニアをぜひ食べてみたいね。

by masa-hilton | 2017-03-30 10:07 | 趣味&グルメ

中村さん、CDジャケットの撮影

私がプロデュースを担当しているオーボエの中村あんりさんのCDのジャケット撮影。こちらも楽しく順調に終わりました。素晴らしい1枚が撮れているので、ぜひ乞うご期待です。メンバーはいつもの通り、カメラマンは村尾昌美さん、メイクは三上宏幸さん。最強の布陣です。
a0041150_02043833.jpg
私は後ろからギャーギャーと(笑)、ああでもないこうでもないと口を挟むだけですが、それが割と功をなしているようで、いつも女性陣の写真は上手く行きますね。商売替えしようかなあ(笑)。
a0041150_02050719.jpg
CDは音のほうも着々と進んでいます。ファゴットの霧生吉秀さんにもチェックを入れていただいて、今はもう1度曲順などを丁寧に精査しているところです。CDは聴いてくださるかたがどのように思われるか、もちろんそこは最大限に気遣いするところですが、何よりも私たちが最善を尽くし心を込めて、自分の1部のような、大切な子供を世に送り出すような気持で演奏し作り上げることを肝に命じております。このあとも色々リリースしていきますが、常に謙虚で誠実な気持ちで、大胆な音楽を奏でていきたい!これが私の幸せです。

おっと、この写真は使うかどうか?でも良く撮れてますね。
a0041150_02055346.jpg
写真もメイクも一つの芸術。このチームではいつもそういう風に感じます。
a0041150_02062601.jpg

by masa-hilton | 2017-03-29 23:50 | 日々の出来事

ヤマハのサイト、ピアニスト・ラウンジに登場しました

ヤマハのホームページ内、ピアニスト・ラウンジのアーティスト・インタビューに登場いたしました。CD「メランコリー」のことについて等等、大きく取り上げていただいて、大感謝ですね。
a0041150_10050794.jpg
こんなコーナーもありますよ。
a0041150_10103103.jpg


by masa-hilton | 2017-03-26 23:55 | ニュース

ロゼ・コンクール、本選も終わりました

今年もロゼ・コンクールの本選、無事終わりました。今年の本選はやや低調だった気がします。

まず午前中の2部門については、まだとても若い人たちのカテゴリーですが、選曲が背伸びしすぎでした。若いのに「こんな曲が弾ける」というのは、点を取りに来ているということでしょうけど、リスクも大きい。大人のためのフランス音楽やスクリャービンとか、子供にはわからない官能の世界は描けるほうが稀でしょう。ロマン派をちゃんと弾けるには、確実なアーティキュレーションの把握と、細かいペダリングとそこから来る音色の多彩さが要求されてきます。基礎がしっかり出来ていないことを、かえって露呈することになりがちでした。

午後のほうでは、もちろん自由曲だし曲によって優劣があるわけでもないし、どんな曲だってやれば難しいわけで・・・・だけれど、かたや一方で難曲に取り組んでいる人がいる中で、終始タラタラしている曲や子供でも弾けそうな曲を選ぶのっていうのは、良くないと思いますね。背伸びもダメ、余裕こいてるのもダメって(笑)、じゃどうするんだい!やはり場に合った選曲ってあると思うんだよね、いかがでしょう。

選外でも、予選の時からあまり点は集まらなかったけど、ショパンの「ボレロ」はスタイルがあって、私は良かったと思います。同じく「バラード」の4番の人は、表情の細やかさとかフレージングの後処理が繊細でないのがいけなかったけど、一見無造作でも音楽は流れていて味があり、昔のフランス派のショパン、安川加寿子先生の演奏などを思い出させてくれて、私は超・良い点をつけました。「シャコンヌ」の人はホールが広くなった分、音楽が小さくなったのでそこで損をしたと思います。「つかの間の幻影」の人も同じくで、せっかく多彩に弾いているのにあまり聴こえて来なかったですね、1位でも良かったと高い点をつけましたが、賞に届いて良かったです。予選は小ホールですが本選は中ホールなので、そこは考えるべきことかもしれませんね。

朝は早起き、おまけにウィークディということで混雑。ラッシュを知らずに40年(笑)、なかなかこたえます。前回美味しかった「天喜代」の「天丼」弁当を探したのですが・・・・ない!!前回は特別の出店だったらしいのです。なあんだ。というわけでいつもの「鰻」。
a0041150_00233380.jpg
これ2300円と高いので、まあまあ大きい鰻ですよ。メチャ美味しくはないけど、鰻好きだから許す!そんな感じです。
a0041150_00241711.jpg
そして午前の審査が終わり、お昼のお弁当!実は毎年これなんですよ!今年は何か美味しくなかったなあ(笑)、なぜだ?
a0041150_00251618.jpg
ほれほれ、1年前も同じでしょ?実はその前もずっとだから(笑)、このお弁当屋さんの心意気も凄いね。

朝、そういうわけで「天丼」を食べられなかったから、その「天喜代」さんのお店のほうに行ってみることにしました。東京駅のグランルーフにあります。「旭鮨」の系列ということで刺身も充実、お客さまもいっぱいでした。貼り紙はいかにも美味しそう。
a0041150_00255878.jpg
a0041150_00263738.jpg
迷いましたが、初めてだし食べてみたい「ハマグリの姿揚げ」と「うにの磯辺揚げ」が入っていた「特上天麩羅膳」3600円を注文。それに時季の「やりいか」の天麩羅を食べようとすると、おばちゃんから「そんな量、食べられないわよ」と止められました。でも万が一美味しくなくて、一期一会になることもあるので「ヤリイカ」も強行注文です!食べてみたら、全然大丈夫でしたよ。海老も大きくないし、めごちだし。
a0041150_00271869.jpg
むしろ衣がボテッとしています。おまけによく揚がっていませんね、とても名人とは言えない。もとは寿司屋なんだから仕方がないか(笑)。カウンターに座れば良かったのかな?お客さんが多いし、おしゃべりしながら揚げてるんだから、腕は相当良くないとこんなんなるでしょうね。海老の裏にはお野菜が!素材は良さそうです。
a0041150_00292989.jpg
左からアナゴ、これは少しもたれる感じかな?黒いのは「うにの磯辺揚げ」。ちょっと海苔の中の「うに」が少なくて残念な感じ。
a0041150_00301186.jpg
美味しいのは右の「ハマグリの姿揚げ」。これは良いです。美味しいです。こればっかり食べていたいですね。満足!「ヤリイカ」は想像していたのと随分違った。すぐ衣が脱げちゃって。
a0041150_00305232.jpg
当然、「かき揚げ」も重めな感じですかね。具材も趣味に合わない。
a0041150_00313775.jpg
このボテッとした衣だから、「天丼弁当」が旨かったんですね。私はどっちかというと「蕎麦屋の天丼」が好きですからドンピシャ。また駅売店に出店してくれないかなあ~~、あの1000円は美味しかった。お店のほうにも食べに行くなら「天丼」かなあ?定食は無理かも。

しかし、これしきの量で多いなんて!!「あんた!「葵丸進」や「三定」の「かき揚げ」を食べたことねえだろ」って(笑)!あれこそスゴイのなんの(笑)。

by masa-hilton | 2017-03-25 23:58 | 日々の出来事

月刊「ショパン」4月号は同窓会気分で!

a0041150_01475285.jpg月刊「ショパン」4月号、今月の連載の対談は1年先輩の阿部裕之さんです。

彼とは芸高時代からのお付き合いですが、ひとクラスに男子が1人・2人しかいなかったこともあり、先輩と言っても同級生のように親しくしていただきました。ラヴェルのスペシャリストで今年全集を出すという情報を知ったのでね、お声をかけてみました。

表紙はご存知牛田くんだ。大きくなりましたね(笑)。でもやせてない?自分が太っているせいもあるんだけど(笑)これは細く見えました。私もダイエットしなきゃなあ。

さて特集記事のほうにも今回は登場しました。電子ピアノについてですね。最近はコンピューター技術が進んで、自分で新しい機能をつけられちゃうぐらいだから、むしろベーシックに生ピアノの代わりになれる質の高さが求められているようですね。

私はヤマハさん、ローランドさんともお仕事をしています。これはね、価値があることなんです。例えば私は「生ピアノ」では国産ならば絶対にヤマハしか選ばない。だからでしょうか、この40年、カワイピアノさんからは1度も仕事をもらったことがないんだよ、これも凄い(笑)。メーカーそれぞれに特徴があるのですが、電子ピアノではやはりヤマハとローランドが群を抜いているでしょう。当然ライバル同士で最先端の戦いを繰り広げていますが、それは私たちにとってはありがたいこと。どんどん進化させてほしいと思うし、その両方を弾くピアニストを大事にする度量の広さというのが、向上心の現れであり誇りの象徴のようにも思えます。何事にも心意気がないと良いものはできないんですよね~ by 江戸っ子(笑)。

今回はヤマハの電子楽器について書きました。さすが楽器メーカーならではのプロフェッショナル志向の素晴らしい楽器です、ぜひお試しくださいね。

さて阿部さんとの対談は同窓会気分で楽しく、今は彼は京都だからちょうどコンクールの審査で上京してきた機会を狙いました。審査が王子ホールだったので、近くの銀座に本店がある「渋谷ロゴスキー」さんへ。お気に入りのお店ですね。

前菜のニシンとかが好きです。ロシア料理、大体好きなんですけどロゴスキーさんは「日本人に合う昔ながらのロシア料理」、日本で初めてのロシア料理店、帝国ホテルのような伝統があります。
a0041150_02264723.jpg
ペリメニ大好き!ロシア料理で1番好きかな?嫌いな人いないでしょうね。超旨いです。
a0041150_02272276.jpg
そしてボルシチ!決して本場の味ではないんだけど(笑)、これも好き。ついつい食べたくなるお味です。
a0041150_02290899.jpg
玉子とひき肉のピロシキです。
a0041150_02293314.jpg
熟成牛肉のロースト、ジョージア産赤ワインソースです。
a0041150_02305199.jpg
きのこと鶏肉のつぼ焼き、子供のころから大好きだったメニューです。
a0041150_02340432.jpg
旧友と会うと、全てが昨日のことのように思い出されます。お互いいつまでも元気で、楽しくいたいですね。来月は若林顕くんと奥さんの鈴木理恵子さんです。

by masa-hilton | 2017-03-24 02:34 | 連載対談@お江戸で連談

月刊「ぶらあぼ」の取材

オーボエの中村あんりさんのCDリリースがそろそろ迫ってきました。まずは月刊「ぶらあぼ」の取材です。彼女は経歴も面白いのでインタビューもなかなか濃いものになっていました。ライターは東端さんだったので安心。私も何回もインタビューなどをしていただいていますが、管楽器の出身の方だとずっと思っていましたが、そうではなかった!

若い人のプロデュースは2回目、努力している人が認められるように、少しでも役に立ちお手伝いが出来ればと思っています。

バタバタしている日は、ご飯もいつになるかわかりません。食べられるときにガッツリ系と。お昼は「大市」さんの「牛すき焼定食」。定番ですね、大好きです。
a0041150_12093835.jpg
すき焼の名店に行けば、確かにお肉は美味しいのは間違いない。だって高いもん。でもね、お味が美味しくないと思うときは実は多かったりするんだよね。難しいのかなあ?すき焼。その点、間違いなくお味が美味しい「大市」さんの「牛すき」750円(笑)。お客さんもいっぱいです。
a0041150_12101091.jpg

by masa-hilton | 2017-03-22 12:11 | 日々の出来事

御徒町の怪しい一角

世の中怪しいとか、わけわからない事件が起きてますね。怪しいものは怪しい、感じの悪いものは感じが悪い(笑)!森友学園も豊洲も我々が感じた通りのことなんだと思いますよ。ファースト・インプレッションというのは、人間に残された数少ない動物的な部分。ここは絶対に間違いないものだと思うし、ここが曇っては動物としての能力の低下を意味しますね。石原さんみたいな人を、苦手じゃない人っているんだろうか。

誰が見ても怪しい空間、御徒町のコリアン街(笑)。大体上野・御徒町は焼肉屋も多いし、そもそもがコリアン街なのですが、その中でもディープを極めた一角があります。東上野2丁目、キムチ横丁とも呼ばれているらしいです。ここに群がる焼肉屋さんはどこも美味しいそう。そして汚らしく怪しい(笑)。3軒連続して食べ歩いてみましたら、それぞれが個性的で楽しかったです。

まずは「東京苑」さん。細い路地、怪しい路地の中ほどにあります。怪しすぎます。全世界どこででも、怪しいところを平気で歩く私こそ怪しいって?(笑)
a0041150_23153770.jpg
ハラミの発祥の地と言われているお店、数々の芸能人も訪れて超人気店です。美川さんのサインもあります。
a0041150_23160857.jpg
お店の中ではなく外にトイレ、これも怪しい。この辺一帯のお店がそこの外トイレを使います。公衆便所といった趣ですから、女性はちょっと気をつけたほうが良いかもですね、汚そう。お店ももちろん狭く、2階などは傾いています。
a0041150_23173968.jpg
焼けばモクモクでも(笑)接客は優しくスマートですね。「一人焼肉&酒飲めない」でも嫌がらずに丁寧にしてくれました。実際のところ、本当に美味しかった。最初に「もろきゅう」をとってお肉を待ちました。
a0041150_23163427.jpg
a0041150_23180887.jpg
やっぱりハラミは美味しい、本当に!お代わりしちゃいました。
a0041150_23184300.jpg
a0041150_23202323.jpg
モツ類もたくさんありますね。ホルモン系が旨いのも嬉しいですね。
a0041150_23194856.jpg
ここの特徴はタレがお醤油系のさっぱりした味です。個性的ともいえるかもしれません。

またここらあたりのお店のランチも凄いらしいんですよ。量が多く味も美味しく!ぜひ来てみたいです。とりあえずその様子は、フォーリンデブさんのブログを見て気絶してくださいね(笑)。

次に行った「馬山館」さんにもやはり怪しさが漂っていますが、こちらは「味噌味」のタレです。昔からある焼肉屋さんという、いい意味でのイメージがありますね。好きです。
a0041150_23225905.jpg
芸能人の来訪多数。中居くんのサインもありました。
a0041150_23234572.jpg
お肉のボリュームがあります、良いですね~~。食べがいがあって嬉しい。味噌ダレも好きだからとても良い感じです。
a0041150_23243353.jpg
彼女を連れてくるならこんな店でしょうかね?(笑) 2人で煙とニンニクにまみれて臭くなる!最高かもしれませんね。
a0041150_23252544.jpg
ホルモン盛でとってみました。美味しい!センマイ焼いたの初めて、これはキツイ(笑)。シマチョウが美味しい。
a0041150_23261152.jpg
とにかく大満足。このお店のランチがまた凄いらしいですね。ぜひ来てみたいです。次は「板門店」さん。
a0041150_23265605.jpg
外から見ると薄暗くて、板門店なんて名前だし、いかにも陰謀に巻き込まれそうな感じだけど、入店するとキレイです。ここなら対談だってできるよ!!
a0041150_23280989.jpg
ここのタレは「オレンジ」色の謎の自家製!素晴らしいと思いませんか?隣接する焼肉店が全部違う個性で営業しているんですよ。「オレンジ」色のタレも美味しいです。この一角の中では最古参だそうです。岩崎良美さんも来てましたね。
a0041150_23285844.jpg
またここは「ホルモン」などハーフでとれるから、バラエティもあって良いですね。こちらはミノ、美味しい。
a0041150_23293677.jpg
ホルモン、レバー最高でした。
a0041150_23301259.jpg
カルビやハラミはがっちり戴いて、こちらも旨いね。A5ランク以上のお肉を使用とのこと。誰でも満足できるお店じゃないかな?
a0041150_23305558.jpg
a0041150_23314239.jpg
大満足。ここなら接待もアリです。焼肉大好き!雰囲気も最高です。ガキンチョはいない(笑)大人のお店、大人の空間。楽しい3日間でした~~~。

by masa-hilton | 2017-03-20 23:44 | 趣味&グルメ

萩原さん、CDジャケットの撮影など

盟友の萩原貴子さんとのCDが6月25日にリリース予定です。フルートの中でも大曲ばかりのCDで、仕上がりはまだ音が出来てきていないので、当事者としては不安と期待でワクワクというところでしょうか?やりがいのある録音でした。ホント楽しみです。

そんな彼女のCDもプロデュースを手伝っています。CDはジャケットも大切ということで、今回も素晴らしいカメラマンの村尾昌美さんのところに伺ってきました。
a0041150_10421651.jpg
メイクは巨匠の三上宏幸さん、多くの女優さんたちに頼りにされていますよね。流行をとりいれながらの名人芸。
a0041150_10430120.jpg
スタイリッシュでファンタジックなロマンを感じさせる村尾ワールド全開で楽しく。ちょっとパソコンを覗いてみました。まだ非公開だから逆さにしときました(笑)。
a0041150_10441511.jpg
私のCDなども撮って戴いていますが、毎回楽しい村尾さんとのセッションでした。
a0041150_10454905.jpg
人形町に戻って「太田鮨」さんに行こうとすると満席。仕方がないなあと思って、餃子でも食べるかと思った時にピアニストの冨永愛子さんからラインが。「ごめんなさ~い、先にやってま~す。私の膝の上なら空いてますよ」って「太田鮨」にいるんかい。どうも真嶋雄大さんも一緒で、太田さんにそのラインを書かされたとか言っているが「これから本番、クロマグロ!ヒュ~~」とか挑発的なラインが来るではないですか(笑)。その写メたるや!!
a0041150_10521539.jpg
それではこちらも黙っていられない、餃子はやめて和食の美味しい「やま田」さんに行って負けじのラインで応酬しました(笑)。まずは「蟹しゃぶ」、定番ですね!蕎麦ツユで戴くナマの「有明のり」。
a0041150_10463087.jpg
a0041150_10471153.jpg
素晴らしい舌ざわりです。そして「真鯛のベーコン」。珍味です。
a0041150_10475306.jpg
次はサラダですが、摘みたての新鮮さ。
a0041150_10483825.jpg
これを5種類の味噌で戴きます。最高ですね。どの味噌も美味しいです。
a0041150_10491813.jpg
三種の肉焼き。相手が寿司ですから(笑)こちらはお肉です。
a0041150_10500070.jpg
それぞれ違う味わいで戴きます、まず鴨肉。これは果物をミルフィーユのように挟み。
a0041150_10513769.jpg
子牛のフィレはワサビで。
a0041150_10532006.jpg
大好きな豚の西京焼!超旨し!
a0041150_10540495.jpg
わきに鶏も(笑)!たいやき風に。この中は和牛の肉味噌が入っています。美味しい。
a0041150_10545834.jpg
a0041150_10555537.jpg
ホタルイカと桜エビの釜飯です。
a0041150_10563849.jpg
大人のお味、やや苦みとホタルイカの味噌が癖のあるハーモニー!お酒と戴くとなお一層美味しいのでは?という感じです。
a0041150_10572148.jpg
デザートはサービス、チーズのお汁粉風!そしてコーヒー!大満足。
a0041150_10582103.jpg
「やま田」さんは外見は高級で高そうだけど、実はリーズナブル、そして美味しくきれいなお店。広いのも嬉しいよね。地元民にも絶対おすすめのお店です。また行きますよ。
a0041150_10590442.jpg
で、終わってから「太田鮨」に顔を出しまして爆笑大会。ところでこの2日後の話なんですが、また冨永さんが夜人形町に!「イル・バンボリーノ」さんでご飯を食べているというので、ちょっと遅れて合流しました。実は彼女もCDを作るので、その打ち合わせや取材などで飛び回っているのでした。真嶋さんが色々ヘルプして内容のあるゴージャスなCDになりそうですね、こちらもぜひお楽しみに。その打ち合わせなどの帰りに、人形町に寄ってくれたというわけです。

お二人は既にコースの半ばだったので、私は一人メニュー。もちろん味見シェアはさせてあげましたよ(爆笑)。まずは定番のゴルゴンゾーラのピザ!蜂蜜トロ~リで美味しい!
a0041150_10594790.jpg
定番のミートソース。イタリアから帰ってきたシェフが以前よりももっとベーシックなボロネーゼを出してくれて、私は大喜び。
a0041150_11005725.jpg
もう今は「イル・バンボリーノ」では出していないチーズソースのトンカツ!これ美味しいんだよね。でも手間がかかり過ぎるのでメニューから消えています。そこはお願いして作ってもらいました。
a0041150_11013844.jpg
相変わらず美味しく、嬉しく、素晴らしいお店「イル・バンボリーノ」。こちらも大満足でした。そしてみんな、頑張ってますね~~。さあ、私のほうのCDも頑張ります!!演奏もプロデュースも。良いものがお届けできますように!

by masa-hilton | 2017-03-18 11:11 | 日々の出来事

ロゼ・コンクールの予選

富士市のロゼ・コンクール、今年も審査員で行きました。予選はスルスル終わり、あまり疲れることもなく順調でしたね。

絶対に受かるべき人が3人ぐらい、残念ながら絶対ダメであろう人は4人ぐらいがそれぞれのカテゴリーにいらして、あとは審査員の点の合計でどうなるか?みたいな状況です。実力は拮抗していますし、レベル自体も高かったので落ちられても悲観されることはないと思います。

今回感じたのは、やはりショパンのエチュードって難しいなあということです。なかなか音楽的にも深く、冴え冴えとピアニスティックに弾けるのって、多く聴くことはできないものですね。プロのピアニストでは練習曲全曲みたいなプログラム組む人が多いですけど、むしろ全曲だと紛れてしまうんでしょうか、1曲1曲質の高い演奏を求めていく難しさは、何よりも聴く方も耳慣れていますから、キリがないものだと感じました。

朝は東京駅の南、地下のお弁当のブースで、全く思いもかけず「天丼」を買いました。グランルーフにある「天喜代」のお弁当です。盛り合わせ天丼1000円、安いのに見た目から美味しそう!
a0041150_13151753.jpg
これが意外にも見た目通り、美味しかったんです。これは良い発見です。旭鮨さんの系列店だそうですね、ネタも安心です。大体がまずい東京駅の駅弁。美味しいのはデパートなどの高い弁当。安くて旨くないとね、駅弁って感じにならない。次回もこれにしようかな!

お昼は、現地での幕の内弁当。これもなかなか。美味しかった。
a0041150_13172096.jpg
夜は夜で面倒くさかったので、定番のお弁当の「崎陽軒のシューマイ弁当」。甘いタケノコが好きなんだよね。
a0041150_13132883.jpg
朝から晩までお弁当。私は平気。ただし不味いのはゴメンだけどね。
by masa-hilton | 2017-03-16 13:19 | 日々の出来事

打ち合わせの書き忘れ

ブログの更新がおくれているときに書き忘れてしまった打ち合わせなどをまとめてみましょう。

先ごろ三舩優子さんが新録音を終えたようなのですが、その録音について相談していました。日本橋でも会ったんですよ。最近CDでここ何年かを集約すると、外国人ピアニストの若い女性の、もちろんコンクールなどでも賞を取ったりはしているのですが、あまり聞かない名前の女性たちがバンバン出していますよね。CD産業が後退している中、この状況はますます混沌として来そう。何人かは買って聴いてみています。ま、日本でもそう、男女問わずに。思わぬ人がブレイクしてしまうのは、営業努力だし、私は良しとしています。しかし三舩さんと専門家同士で会うと、なんでかねえ~不思議だねえ~どこ聴いているのかねえ~みたいな話になってしまうのは仕方がないですよね。私たちも負けずに営業努力!・・・・なかなかそれも難しいことなので、頭も痛くなります。

日本橋は再開発が進み、新しい建物が続々。もちろんそこには新しいお店が!でも食べ物屋さん、均一化というか、つまらないですね。なんでも日本人は均一化してしまいます。同じような店ばかりですが、商業ビルの東京日本橋タワー内、杜の都 太助 日本橋もそんな感じ。時間もなかったのでここで「牛タンランチ」をしました。
a0041150_13010487.jpg
とても普通。なんか食べログとかそういうものも、書かなくてもよい店に全部書きすぎのように思いますね。個性ある美味しい店が紛れてしまって、つぶれちゃうじゃないですか。つまらない話だ。

家田紀子さんとの打ち合わせ、こちらも楽しいのですが話す内容は、引っ越しの話とか、住宅事情、公的年金(笑)などなど、とてもアーティストとは思えない現実的な生活の話が多い。でも本当は何よりもプライベートな部分だから、この辺りのことを相談できるというのはかなり貴重、ありがたいのです(笑)。今のマンションだってね、私は九州にいたので、代わりに家田さんに見てもらったんですよ。「大丈夫そうだよ」と言ってくれたから、何も見ずに地方から手付けを振り込みました。

この日は緊張感のある話はナシ。ちょっと合わせをして、「マンチーズ・ダイナー」に行きました。まずは懐かしいレモネード!
a0041150_21343560.jpg
もちろんコブ・サラダ、大好きです。
a0041150_13015134.jpg
アボガドのフライ!珍味ですけど美味しい。外せませんね。
a0041150_21344723.jpg
そしてチーズバーガ!とろ~り旨い!!
a0041150_21345227.jpg
いつもながら美味しかったです。ほっこりしますね。

萩原貴子さんとは最近はレコーディングの話ばかり。実力者だからこそ!かもしれませんが、音が出来てくるまで心配しています。良さがちゃんと録れているだろうか・・・・みたいなことです。日大の教授になって別なことでも忙しいようですが、美味しいものは大好きなので人形町にはしばしば訪問されます。この日はなんと甘酒横丁で、以前スカラ座のテノールのカッツァニーガさんとの共演の時にお世話になった石本さんにもバッタリ!それでは!というので3人で「イル・プロフーモ」に行きました。

実は私の家から一分半ぐらいの場所にある「イル・プロフーモ」は、なんと私が大好きだった「カノビアーノ東京」「アンジェロ東京」の支配人だったソムリエの淵本さんが独立して、新規営業されているイタリアン。淵本さん!ご近所になるとはね~~。素晴らしいソムリエです。色々お世話になったし、美味しいものではお互いに交流もあるので「イル・プロフーモ」は毎日でも行って応援したいお店なのですが、コース一本のお店!!!うううう、なんでやねん。それ苦手なんだよな。

お昼も3000円ぐらいのコースが一本で、少し好みを言うと5000円のコース・・・・月二回ぐらいでメニュー入れ替えでは毎日は行けないし、夜もお高いコースのみ。もちろん淵本さんならそうしたいのはよく理解できますよ。しかし凝った料理よりもベーシックな濃厚なイタリアン好きだし、気持ちとは別になかなか伺えないでいたお店でした。

イル・バンボリーノ」などは、私はメニューにないものを注文して美味しく戴いていますよね。そういうことができないとなるとちょっと難しい。スープやもう一皿パスタかリゾットがないと物足りない気分も?でも1つ1つのレベルは高いんですよね。下町の人形町に溶け込むお店作りをされると、もっと繁盛するであろうと思うのですが。

シンプルなグリーン・サラダ。ここは「オステリア・ブッピーノ」さん「タランテッラ・ダ・ルイジ」さんのような楽しい前菜が欲しいよね。これだと質から言えば抜群でも「トーキョー・パスタ」さんの大盛サラダのほうが絶対満足感はある。「ラ・シゴーニュ」の、中にキッシュなどが入っているサラダも!シゴーニュのランチは1500円だもんね、美味しいし。ここが1番の競合店かもしれない。
a0041150_13000838.jpg
自家製のフォカッチャ、美味しいオリーブオイル2種で戴くのですが、となるとフォカッチャも2個は欲しい(笑)。おかわり出来るのかなあ?
a0041150_13001879.jpg
パスタはイカで作ったボロネーゼ。このアイデアはナイス。そしてアーモンドはシチリア料理の象徴!そんなことがわかるお客がいるんだろうか?レベル高すぎて高く評価できる人がいないかもしれない(笑)。他所のイタリアンの1000円パスタのほうが良いなんて言われたらかわいそうだ。もう1品あって2種のパスタになると、もっと人形町風になるやも。
a0041150_12595943.jpg
黒鯛がメインでした。ほうれん草のグリーンソース、ちょっと並びの色彩感に不足か・・・・ランチで色々工夫している事情が何となく伝わりますね。それでもこの辺りでは3000円は高いランチ。もっと安く賑やかな他店との比較もあるし。
a0041150_12595289.jpg
デザートのイチゴのブランマンジェは文句なしですね、豪華豪華。
a0041150_12594556.jpg
何か身内気分になっていますね(笑)、身内気分が過ぎて絶賛のコメントが書けていない(笑)、ごめんなさい!でも美味しいんですよ!心から応援しています。自分の好みのものが戴けないのが困るだよ~~、十分に美味しいのに!だからア・ラ・カルトをやってくれ~~~。とにかくもっと繁盛してほしいなあと思ってます。また行ってみよう(笑)。

大好きなロシア料理の店、高田馬場の「チャイカ」さんで管理人さんと打ち合わせです。管理人さん最近オーボエを始めて、アマチュアながら進歩が早く、1年になるかならないかで何とサンサーンスのソナタに挑戦中。それは先生が良いから!初心者から一流演奏家に習えば無駄なく、変な癖もつくことなく、ちゃんと上達ができるのですよ、あたり前。ちなみに先生はあの名手!宮村和弘さんなのです、素晴らしい!!

管理人さんのレッスンが新宿であるというので、打ち合わせもそっち方面で探しました。そして「チャイカ」に。前菜は盛り合わせにして、「ニシンの酢漬け」など戴きます。
a0041150_13113636.jpg
ここのボルシチは旨い!日本人向けでもロシアに近く、とにかく旨いんです。毎日でも食べたい!!!
a0041150_13114789.jpg
大好物!!ペリメニ!!!シベリア風餃子です。これも旨いんですよ!大満足!
a0041150_13115767.jpg
定番の「ピロシキ」と「きのこ風なつぼ焼き」でおなかいっぱいですね!!
a0041150_13120742.jpg
a0041150_13121727.jpg
ここはお店の感じも庶民的というか、民族的で落ち着く場所です。大好き。すぐまた行きたい。

最後はCDのリリースに伴う打ち合わせ。オーボエの中村あんりさん、萩原貴子さん、真嶋雄大さんです。先日行ってチェーン店ながらもなかなか個性的で美味しかった「銀座・麹蔵」に伺いました。やはり美味しいんだよね。ここは素晴らしい穴場です。メニューは「すき焼きのコース」、これに馬肉のお刺身を追加しました。

打ち合わせも進みました。お店で「飲み放題」にもできて良かったのですが、萩原さんが酔っ払いになり(笑)、中村さんが変人ぶりMAXになり(笑)、さすがの真嶋さんがおとなしく見えました(笑)。でもでも、とても楽しかったです。

ゴーヤが乗ったゴマ豆腐、黒糖が付いたピーナッツなど、さり気に美味しい!「もろきゅう」の味噌、とても旨い!
a0041150_13270606.jpg
「きびなご」の刺身は酢味噌につけて、これも良いね。好みです。美味しい!
a0041150_12573920.jpg
飲み屋だから全然期待していませんでしたが、馬肉の刺身が美味しかったです。これは得した気分。続く「鶏肉ときのこ」は普通でした(笑)。
a0041150_12572903.jpg
a0041150_12571967.jpg
「ワカサギ」は不味いわけがない!!そしてこの皿のうしろにあった「辛子レンコン」のお団子が最高でした。続く「さつま揚げ」。これは前回食べてとても美味しかったものですね、特にサツマイモ入り。要するにレンコンのお団子と言い、ねりあげものは得意!ということだ(笑)。
a0041150_12570658.jpg
a0041150_12565584.jpg
それで「すき焼き」。良いじゃないですか!リーズナブルに美味しくいただけて大満足です!
a0041150_12564738.jpg
a0041150_12563608.jpg
バタバタと時は過ぎていきますね。ちゃんと時間を把握していかないと取り残されてしまいそうですね。

by masa-hilton | 2017-03-09 13:27 | 趣味&グルメ