<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

月刊「ショパン」5月号、今回は400号。私の記事もいっぱい。

a0041150_02380181.jpg今月の「ショパン」は何と創刊から数えて400号ということで、お祝い気分ですね。長い歴史ですよ。私は創刊のころからお付き合いがあり、色々お世話になってきました。こちらこそ感謝の400号です。

表紙も何回か務めさせていただきましたね。実は今年も!ありますよ!お楽しみに待っていてくださいね。

というわけで、今月の「ショパン」にはあちこちに載っています(笑)。有り難いことです。まずは400号を記念して、ピアニストから読者へプレゼント!とても良いノリの企画ですが、みんな困ったと思うな(笑)。あげられるものって・・・・CDぐらいしかないでしょ?でもそれじゃつまらないし。で、実際やはりCDばかりでしたね。私はウクライナで入手したプロコフィエフのソナタをつけました。前に上野優子さんに「あげる」と言っていたやつです(笑)、すまん!10年ぐらい前に、同じような一斉に読者プレゼントがあって、確か近藤くんが自分が使っているプッシュホンかなんか出して、ファンが喜んでいたっけね。今はちょっとそういう時代じゃないんだよね。CDが無難でしょう(笑)。

それから1997年の私がまだ文京区在住の時の密着の取材も掲載されていました。若いというか、めちゃくちゃなTシャツを着ています(笑)。このころも楽しく暮らしていましたよ。

また日本のピアノ演奏史のところにも書いていただき、こちらも大変光栄ですね。これからも頑張っていきます。

こうした雑誌の歴史は、すなわち私たち演奏家の歴史でもあるので、本当に懐かしく、楽しく読みました。皆さんもぜひお楽しみください。

対談のほうは若林顕くん。奥さんの鈴木理恵子さんとご一緒に。リラックスしたとても楽しい対談になりました。ぜひこちらもお楽しみに。ご飯のほうは「洋食」がいいということで、「グリルツカサ」さんに行きました。こちらも人形町のおなじみです。「煮込みハンバーグ」が大好きなお店です。まずは特製のスープ。美味しかった!
a0041150_04485027.jpg
サラダに続いて、ポークソテー。こちらも人気があります。
a0041150_04482042.jpg
a0041150_04491927.jpg
こちらは「カニ・コロッケ」。洋食屋の定番、旨いです!!よく食べています。
a0041150_04501970.jpg
そして、煮込みハンバーグ。大好物ですね。
a0041150_04494927.jpg
仕上げは「カツサンド」。これも有名。お土産というよりは「裏メニュー」のようにして戴きます。大満足。
a0041150_04504959.jpg
ピアニスト、舞台裏はみんなおんなじですね。大変で面白い(笑)。さて次回はフライブルグ音大の教授の小笠原智子さんです。

by masa-hilton | 2017-04-29 02:36 | 連載対談@お江戸で連談

人形町で朝カレーとしたら

人形町にはカレーはいっぱいあります。特に大盛カツカレーは昼の腹ヘリ男たちのパラダイス。ところで私は地方に行くと、ホテルで朝カレーとか食べたりするのだけれど、人形町ではないんですよね。ま、寝坊もするから。ロイヤルパークホテルもあるし、ファミレスなども「朝カレー」出してくれてます。カレーは好みがそれぞれだから、何が良いのかなんて言い出す方がアホくさい。

で、11時からのランチメニューになってしまうんだけど、私が今お気に入りは2軒だ。一つは焼肉屋さん「ここから」。こちら新規オープンのチェーン店の焼肉屋さんで、少しお安めでもあるので人形町でも人気店になっている。こちらのカレーがけっこう旨い。それを教えてくれたのは天麩羅の中山の若旦那だ。
a0041150_02313009.jpg
a0041150_02314002.jpg
焼肉屋さんだからお肉がいっぱい入っているし、そこそこにコクがあり辛すぎず美味しい。辛いのはね、朝カレーには向かないんだよ。これは700円だしとても良い、お気に入りだ。

もう1軒は、昔からお世話になっている喫茶店の「ロン」。働いているおじさんたちが、もうおじいちゃんだからね、営業時間も短くなってしまって。でもレトロな雰囲気は健在。ソフト麵のミートソースも大好きだ。ちょっと上品だから、見るからに朝カレー!昔から好き。
a0041150_02320635.jpg
先に玉ねぎのスープを飲んで、チョイと冷ましてから戴く。
a0041150_02321783.jpg
すると最初の一口からパンチがない、脱力のカレーだ。これが良いんです(笑)!美味しい!優しいお味が傷ついた心まで癒してくれる。そんなに美味しいのか?と思われるのは困るんだけどさ(笑)、食べると必ず後を引く~~~、また行こう!ってね。650円というのも良いよね。

by masa-hilton | 2017-04-26 02:35 | 趣味&グルメ

鰻はデカく、タレはしっかりと甘いのが好き

まあ、何を今さらですが鰻好きで毎週3度は戴くような感じ。スキだから何でも良いという部分もありつつ、やはりデカイのが良い。「デカイ鰻」が「良い鰻」かどうかはわからないですよね。鰻の名店に行くと、お年寄向きじゃないか?と思うほどに、パサパサと脂が落ちているところもある。どちらかと言えば私はギトギトが好き(笑)。小ぶりな鰻出された時ほど、テンションが落ちることはないです。

神田須田町「きくかわ」の「特選丼」は大好き。大きいし美味しいが・・・でも高い。鰻頻度が高いので、普段使いで食べる鰻としてはね(笑)、やはり3000円台でせう~。
a0041150_15084688.jpg
その意味で新橋「鳥かど家」は最高のお店。いつも行くお店なんだけど、久しぶりに行くとその美味しさに感動してしまう。ホント美味しかったね。人形町に支店を出してほしい。毎日でも戴きたいお店だ。
a0041150_15080732.jpg
これは「竹」。3000円しない。すばらしい。「肝吸い」の肝も大きい気がしますね。「鰻の汽車ポッポ」なる煮こごりも定番。
a0041150_15081782.jpg
a0041150_15082794.jpg
最近よく行くのは新富町の「青葉」さん。濃い味のてんこ盛りが嬉しい。鰻を食べる幸せを感じさせてくれます。
a0041150_15073773.jpg
a0041150_15074792.jpg
食べごたえもあって、元気になりますよ。上品で薄味で、そんな鰻はもう食べないぞ。鰻はガッツリ行きましょう。

by masa-hilton | 2017-04-23 14:18 | 趣味&グルメ

御徒町のディープゾーン再び

先日、美味しく焼肉を戴いた御徒町のディープゾーン。東上野のコリアン街辺りは、怪しいと言いながら大のお気に入りの場所だ。汚いのとトイレが外にあるという、驚くべきことを我慢できれば楽しく美味しい場所だ。先日も夜に「馬山館」に行ってきた。この風情ながら芸能人の来訪の多いこと。
a0041150_23591754.jpg
とても美味しいんだよね。ただし冷麺は夏だけだから要注意だ。まずはタン塩。
a0041150_23592698.jpg
「上」にすると厚いお肉が来る。タンだから薄めのほうが好きだったりするから「並」で。ごくごく普通の肉なんだけど、美味しく感じるのはなぜ?定番の「ハラミ」超旨いです。
a0041150_23593594.jpg
中落のカルビ。箸休めにもやしもとりました。
a0041150_23594329.jpg
a0041150_23595368.jpg
ホルモンのシマチョウ。美味しいね。
a0041150_00000383.jpg
またしても大満足!一人焼肉なのにこんなに食べてしまいました(笑)。

この一角のそばに美味しいお寿司屋さんもあるそうな。それとは別に、きまぐれで行ったのが中華「山海楼」。ここがまた人気があるんですね、いっぱいです。

そして怪しい。「横浜の中華」と大々的に書いているが、本店は中華街ではなく東神奈川(笑)。新横浜のお店はかなり大きいようですね。ここのお店の美味しいものはなんてたって「餃子」だ。中の具もギッシリ、肉々しいし、ぷっくりと膨らんで皮がまた旨い!いわゆる「餃子の名店」ではないけど、私は好きだ。
a0041150_00015455.jpg
そして「フルーツ酢豚」も(笑)。フルーツ入ってるの嫌いな人も多いみたいだけど、私は好き!何食べてもそれなりに美味しく。
a0041150_00020345.jpg
a0041150_00021036.jpg
強烈なのは蟹チャーハン。これニンニク入りでストロング!私はけっこう好みかも。
a0041150_00021952.jpg
というわけで、ちょっと好みな中華であったのです。また行く!

御徒町のこの辺のシンボルと言えば紫色の安売りビル「多慶屋」。大きな声では言えないが、ピアニストのダンタイソンがお気に入りのビルだ。もともとは韓国資本のビルということで、私の若いころは差別意識もあったような。最近はそんなことはないし、何より親切。実は家の空調が壊れ、急いでたからということもあり「多慶屋」さんに頼んだんだけど、安いうえに内税、工事の人も紳士的、そして古い奴を引き取ってくれる(かわりに捨ててくれる)という何とも素晴らしい仕事っぷりだった。薬関係も安いので、ビタミン剤などよく買いに行く。

この「多慶屋」の隣というか裏手というか、「やひこ」という呑み屋がある。ま、きれいな店ではない。でも人情が通じるというか、和む良いお店なのである。
a0041150_00001746.jpg
何がメインかわからない感じだが、「ふぐ」料理屋らしい。そして刺身や天麩羅、鰻や揚げ物まであって、定食は多数だ。
a0041150_00002740.jpg
ここは鰻だろう!ちゃんと焼いている気配がないけど・・・・仕込みがちゃんとしているから大丈夫だった。付け合わせもいける!
a0041150_00003756.jpg
けっこう立派だし美味しかったよ。
a0041150_00004719.jpg
鰻屋に比べれば1000円ぐらい安い。肝吸いはなくお味噌汁だ。
a0041150_00005822.jpg
なんだかんだ、この店にはまた行くつもり。御徒町・・・・なんと言っても学生時代に盛んに行っていたから懐かしい。


by masa-hilton | 2017-04-20 05:37 | 趣味&グルメ

音楽の友 5月号の特集記事に

a0041150_02523504.jpg月刊「音楽の友」5月号の特集記事は名曲100選。これを100人の演奏家が選ばれて語るという内容。

バロックから現代までのクラシックの曲を網羅して、その中でも作曲家が世に名を残すこととなった「名曲」を厳選、その作品の時代性、新たな作曲手法、その作品が受け入れられた社会背景などを考察・・・・ということです。まさに名曲解説ですが、それを近く演奏会で弾く演奏家にインタビューでということですね。

まずはこの100人の中に選ばれてよかった(笑)。私はラプソディ・イン・ブルーの担当でした。

音楽の友には、来月は中村あんりさん、そのあとは萩原貴子さんのインタビューも取り上げていただくことになりました。プロデュースCDのほうも、皆さんのお力を借りて、着々と仕上がってきておりますよ。ぜひお楽しみに。

by masa-hilton | 2017-04-19 02:51 | ニュース

中村あんりさんのCD、いよいよ

今月のぶらあぼ5月号に、先日行いました中村あんりさんのCDについてのインタビューが掲載されました。私の頑張っている若手を応援プロデュースする企画の第2弾です。CDは5月25日にリリースですが、こうしてインタビューが開始されて、いよいよ始まる!という感じです。演奏もフランスの香りが横溢するオシャレな内容で、楽しめるものになっています。プーランクのトリオとか、ピアニストにとっても非常に楽しい曲ですよね。またラヴェルの「クープランの墓」なども!
a0041150_03523667.jpg
「ぶらあぼ」のほうも「フレンチ・オーボエの魅力を伝える新星」と大きく取り上げてくださいました。プロデューサー冥利に尽きますね、本当にありがたいことです。ナミレコードの広告欄もぜひご覧ください。今月末からは予約販売も始まりますね。どうぞよろしくお願い申し上げます。

by masa-hilton | 2017-04-18 23:41 | ニュース

フランスの音楽祭「ムジカルタ」への打ち合わせ

7月に招待されています音楽祭「ムジカルタ」、フランスのアルザスの風光明媚なローカルな街で行われる有名なイベントだそうで、私はマスタークラスやコンサートなどで招かれています。7月の28日にリサイタルも決まって、いよいよ動き始めています。

日本からも一緒に参加して下さる方との打ち合わせも。ヴァイオリンの桑田みどりさんとお母さまでピアニストの桑田葉子さん。お二人が人形町にいらしたので、「イル・バンボリーノ」へ。相変わらず美味しい。まずはいつものスープ。ついに名前を「アドリア海のスープ」にしてくれたね。本当に美味しい、誰も頼んでないけど。絶対に頼むべき逸品です。
a0041150_20403681.jpg
野菜のテリーヌも定番。暖かくなってくると特にね。
a0041150_20404711.jpg
季節のパスタ、桜エビを使ってますね。
a0041150_20410060.jpg
ゴルゴンゾーラとリンゴのピザ、こちらに蜂蜜。いつもの私のコースだ。
a0041150_20411160.jpg
トリッパなどを使ったアマトリチャーナ風のリガトーニ。これも大好物。
a0041150_20412159.jpg
定番の子羊も美味しい。私はいつもポルトソースにしてもらっています。
a0041150_20413111.jpg
マスタークラスも外国のはフレキシブルだからね、あまり深く考えなくても大丈夫。行けば何とかなる。ホテルのこと、飛行機だけは早めに決めなきゃだけど。続いては管理人さん。こちらは銀座の「ダズル」。何となく大きく期待しない場所なんだけど、気分転換には良いと思っての選択。これが意外に美味しかったんだよ。良いね。
a0041150_20420189.jpg
とにかくバブリーな作りで有名なレストランだけど、あんまりそんな風にも思わない。今どきはバブリーなところはいくらだってあるしね。作りも昭和の香りがする。客層も心配したが落ち着いていた。まずは一口のテリーヌ、ホタテだ。美味しかったのでテンションも上がる。
a0041150_20421399.jpg
スズキのフリット。これがカダイフによるもので、見た目にもお味も抜群。カダイフはとうもろこし・小麦粉もとに作ったものを糸のようにしたもので、カタヤキそばの細い感じ?です。 フランス料理で時折お目にかかります、「天使の髪」といわれていますね。
a0041150_20422574.jpg
これは超美味しかった。そして黒糖を用いたソースのフォアグラのソテー。不味いわけがない。好きなものばかりだ。これは嬉しい。特大の満足!!
a0041150_20424040.jpg
つぶ貝のパスタ、アーリオ・オーリオソース。これは無難だね。とても普通だった(笑)。でもつぶ貝はちゃんとしていた。
a0041150_20425303.jpg
メインはイベリコ豚のソテー。バルサミコソースだし何か普通なイメージだけど、これが予想を超えて美味しかった。食感も柔らかくお肉の焼き具合も絶妙で。
a0041150_20430626.jpg
デザートのシンプルそうなアイスもなかなかだ。美味しくて良かった。
a0041150_20431650.jpg
コーヒーのお砂糖もちょっと凝ってるね。
a0041150_20432847.jpg

というわけで思いのほか美味しく大満足だ。またぜひ伺いたいですね。さて音楽祭は、管理人さんも息子さんと音楽祭に参加。こちらはアマチュアも楽しめる音楽祭、一流の講師陣と演奏会もできるので楽しいのだ。興味がありましたら、皆さんもご一緒に参りましょう。そしてさらなる打ち合わせは「やま田」でも。まずは前菜3種。今回は「稚鮎」にアスパラ豆腐、ボタン海老の活き造り。海老さんはピンピンしてますね(笑)、お皿から逃げ出しそう。かわいそうだけど美味しい。
a0041150_20381403.jpg
a0041150_20382438.jpg
a0041150_20383616.jpg
天麩羅は旬のたけのこ、これはごちそうだ。美味しいね。
a0041150_20384550.jpg
こちらも今の季節ですね、桜海老のかき揚。
a0041150_20385690.jpg
「はまぐり」の天麩羅も戴きました、これ美味しいですね、大好物です!
a0041150_20390656.jpg
そして「きんき」の酒蒸し。これは普通に煮魚が良かったね。もちろん美味しいけどやや小ぶり。
a0041150_20392024.jpg
ホタルイカのすき焼き風。これを卵につけて戴きます。大人の味~~満喫!「やま田」さんはこのように、気の利いた和食がお洒落に出てきますが、その割には高くないんですね。敷居が高いと思われている人が多いですが、とても気持ちの良いお店です。
a0041150_20393184.jpg
釜飯はグリーンピ-スとシラス。面白い組み合わせですがとても旨い。大満足。
a0041150_20394221.jpg
お話もご飯も進みましたね。エアフランスで行くことを決めたり、予定もだいぶ決まってきました。
a0041150_20395417.jpg
ところで「やま田」さん、もっと混まないと、中が広いだけに営業もキツイかもネ。でもこの静かな雰囲気が好きなんだなあ。今は常連さんが楽しくやっている感じだから、混むのも困る。悩ましい。また音楽祭についても詳しく告知しますね。

by masa-hilton | 2017-04-12 23:55 | 海外の活動あれこれ

焼鳥は「とり鈴」さんで「タレダク」

飲み屋が多い人形町は、当然「焼鳥屋」さんも多い。飲まない私だからそうそう焼鳥屋さん巡りはできないけど、最近人気があって評価もとても高かったので、気になっていた「鳥波多゛」さんに行ってみました。

ここの売りは希少部位があること、素材・鮮度も抜群で仕込みにもこだわりがあるとか、良いことばかり聞く。お店も小ぎれいで居住性も良いという。行ってみると相当の混雑で人気があるのはわかるが、狭すぎて居住性は良くはない。私が太りずぎかな?
a0041150_05251985.jpg
まず目に入るのは安いということだ。この安さもあって人も来るのだと思う。お店の人も親切でいろいろアドバイスもしてくれた。焼くのにも時間がかかるから、まずは「もろきゅう」から。
a0041150_05254958.jpg
砂肝、手羽などはやむを得ないとしても、基本は塩というのは苦手。ここはうるさいことを言わないみたいね。それはありがたい。焼鳥は断然タレなのだ!タレだからこそお店の味、歴史があるというもの。
a0041150_05261303.jpg
a0041150_05263832.jpg
値段が値段だからボリュームも不足かな。酒を飲まないから、しっかり食べたい私には不向き。タレも「濃く甘く」という感じではなく、好みから外れる。お酒を飲んでいれば、この軽さは食べやすいのかもしれない。
a0041150_05282279.jpg
a0041150_05270789.jpg
白レバーなども普通にタレで食べたいよね。もっと美味しくても良いと思った。値段を抑えているからね、仕方がないね。
a0041150_05303742.jpg
というわけで、何かつまらなくなって途中で切り上げ。何て身勝手なんだろうか(笑)。そして「とり鈴」さんにはしご。こちらは居住性も随分良いよ、静かだし。途端に質の良い刺身などにもありつけた。あおやぎ、江戸前だ。酢味噌和え。
a0041150_05310335.jpg
「から揚げ」も最高!焼鳥屋の「から揚げ」というのは楽しみの一つ。
a0041150_05313253.jpg
「焼鳥」もヴォリュームあるし、何せタレが美味しい。「タレダク」な感じじゃないとしっくりこない。やはり私はこちらだな。
a0041150_05322202.jpg
人それぞれ好みがあると思うけど、比べてはいけないくらい美味しかった。大体レアな感じが好きだから、好みは限定されている。このレアな感じが嫌いだという意見も聞いたことがある。あと私は「おが和」さんも大好きだ。もしかすると私は「肉質」よりも「タレ」の味なのかも(笑)。そういえば三越のイートインにもある「いづもや」の「鰻」とかもね。鰻自体は美味しいけど、タレが薄くてダメ!だと思っちゃうんだよね。
a0041150_05364149.jpg
こちらだって大人気のお店だけど。ま、とりあえず焼鳥は、やはり「とり鈴」さんで決まり(笑)!

by masa-hilton | 2017-04-09 23:49 | 趣味&グルメ

高松にも行ってきました

4月初の書き込み。何か知らないけど忙しい。ピアノを弾く暇もないくらいです。一体何だこれは(笑)。と本人もあきれるくらいに時間がなくてブログもすっかり遠ざかる。でも何もイベントがなかったわけではないので、まとめ更新になるでしょうね。

まずは高松に行ってきたことから。いつものようにマスタークラスです。朝早く起きて、いつものように羽田空港にて。
a0041150_09442873.jpg
いつものように崎陽軒。崎陽軒の弁当も朝は消化も良い感じ、作り立ての感じが嬉しいですね。
a0041150_09460592.jpg
レッスンは粛々とチェックしていきます。この夏、フランスの音楽祭に招かれているのですけど、そのマスタークラスに参加してくれる生徒さんもいます。その子はなんか弾んで幸せそうで、そういうのは音にも出るから良いと思います。バカみたいに毎年コンクール受けてるよりずっといい!コンクールばかり受けてる子はレパートリーも少ないし、課題曲もくだらない曲が多いから、そもそも音楽が深まらないよね。あれは何なんでしょうね?ただの行事のような・・・。大切な時間の浪費のように思えます。

それと将来のことやもろもろについて、相談されることが多いけれど、私が言ったとおりにやったとしても100%上手く行くとは限らない。でも「絶対だめだ」とか「やめたほうがいい」と言ったことを選択して成功した人は1人も見たことがない。一応我々は専門医のようなものであることは間違いないのだから、私に限らず、演奏家のアドバイスはまず間違っていないはずです。選択を誤れば当然の結果とても苦しい事態になる。昔は先生がどんな無茶ぶりをしても、死に物狂いでついていったものだが、最近はそんなこともないようだ。

さてお昼はいつものように「水仙」。ここは美味しい。よくぞ見つけたぞ、って感じです。事実いつ行っても激混みなんです。失礼ながら高松でも中心街でもなく、人口比を考えても毎日あれだけのお客さんで溢れるのはただごとではない。まずは「鳥天定食」。お初です。
a0041150_09480046.jpg
ジューシーな鶏の天麩羅。
a0041150_11044023.jpg
お刺身はオリーブで育てたハマチ&鯛、旨し。サイドの惣菜の味付けも良いんです。
a0041150_09482856.jpg
a0041150_09500505.jpg
これに「牡蠣の天麩羅」をつけます。これも旨い。もう最終の牡蠣です。
a0041150_09542588.jpg
最終と言えば本当に私のオーダーで最終!「牡蠣焼」がありました。嬉しい!こればっかりは東京では食べられません。高松ならでは!安いし旨い!
a0041150_09561234.jpg
牡蠣は10個。殻を外して食べ続けます。
a0041150_09572472.jpg
a0041150_09575827.jpg
a0041150_09582802.jpg
ポン酢で食べますがレモンやバターでも良い感じ。
a0041150_10062884.jpg
美味しくて止まりません。
a0041150_10070193.jpg
a0041150_10073420.jpg
いやあ旨かった。また来年、「牡蠣焼」行きたいですね。皆様も是非!高松にも安い飛行機が飛んでますよ。
a0041150_10141872.jpg
夜は、こちらも定番の中華「来来餃子館」。不思議な雰囲気のお店ですが、お客さんは絶えることなく。
a0041150_10162192.jpg
ここの「セロリ水餃子」大好きです!これは外せません。
a0041150_10172490.jpg
そして「酢豚」。薄切り肉の酢豚で、なんかお肉の生姜焼ならぬケチャップ焼のようなイメージ。これは他所にはないので、ついつい食べたくなりますね。旨いんですよ。
a0041150_10175163.jpg
なぜか好みの「チャーハン」(笑)。毎回書きますけど、肉らしきものもないし、全く冴えない感じなんだけど、しっくり来るんだなあ。料理人が名人なのかもしれない。これ美味しいんですよね。
a0041150_10182984.jpg
ホテルの部屋にはマッサージ機が備え付き!これは嬉しい、心行くまでマッサージです。深夜までオカルト映画を見ました。
a0041150_10551500.jpg
映画は「フォレスト(樹海)」です。ホテルでなんかで見る「有名でない」ホラー映画は、大体驚くほどくだらないことが多いんですけど(笑)、割と良かったんではないでしょうか?特別に怖い化け物とか出てこないのですが、樹海の撮影はけっこう大変だったんじゃないかなあ?とか想像したり。よく眠れました。

翌日のお昼も「水仙」、牡蠣はもうないです。私のせいです(笑)。この日は「お刺身定食」のご飯を「ミニ天丼」に変えてもらいました。
a0041150_10222696.jpg
お刺身旨いですね。炙りの塩ブリも美味しかったです。
a0041150_10225688.jpg
そして「天丼」。「水仙」の天丼は良い海老だし、とても甘いタレなので好み!大満足です。
a0041150_10232560.jpg
帰りは暑かったので空港でひと息。
a0041150_10243475.jpg
東京に帰ると「江戸浜」さんに行きました。こちらも混んでました。やはり美味しいのです。酔っぱらって「立ったままでも食べる」と無理矢理入店した人には閉口しましたが。
a0041150_10251119.jpg
貝類はもちろん美味しいけど、この日のベストはクロダイとマガレイ!!超美味でしたね。
a0041150_10255459.jpg
a0041150_10263025.jpg
ウニ、大トロ、アワビの肝も最高!
a0041150_10271697.jpg
a0041150_10294362.jpg
お客さんにロシア女性が入ってきたとたんに、店内の男客が色めきだってちょっかいを出していました。酔っぱらっているから仕方がないけど、そこまでやるならお金払ってあげればどう?
a0041150_10301249.jpg
あんまり恥ずかしいから、帰り際「私につけてクロダイとマガレイを彼女たちに握ってね」と大将に耳打ちして早々に退散。例えばイタリアンなどでも会社帰りの宴会、周りを考えずの馬鹿笑いの大声等々、酒を飲んだとしても、ホントに馬鹿なのではないかと呆れることが最近多いです。電車などで騒いでも怒られなかった子供たちが大人になったのでしょうかね?日本橋、お江戸なのに粋もくそもないです、嘆かわしい。そんなだから、花見に行くこともありませんよ(笑)。
a0041150_10304697.jpg

by masa-hilton | 2017-04-07 09:32 | 日々の出来事