<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レコーディング無事終了!そしてテレビ朝日出演に

ここのところバタバタとしています。アレンジや打ち合わせ、他人のもののプロデュースと自分のコンサートや演奏のこと以外のこともあるので、もともとてんやわんやの日常ですが、思い入れのあるレコーディングがあったので、ここはさらにヒートアップいたしました。そしてレコーディング無事終了!やった~!

ヤマハホールでの録音は前回の「メランコリー」に続いて2回目ですから、いろいろ今回は事前に自分のやりやすいことが指定できたのは、とても良かったです。先週からの緊張感ある日々もこれでめでたく終了。本当にみなさまのおかげで、良いCDが出来そうです。内容は決まっていますが、タイトルなどはこれから。リリースは12月15日くらいに。心から感謝いたします。ありがとうございます。

終わればまた鰻で打ち上げかと・・・・なぜかそういう気分にならず、次の準備に即入りました。そんなこんなで深夜には珍しく自分でパスタ作って食べました。上手にできましたよ!
a0041150_09033115.jpg
鶏肉と筍、「鶏肉のトマトソース煮」のソースを使ってのパスタ。パスタソースじゃないから、少し味が薄めになるだろうと、ソースが絡みやすいファルファーレにしたのが大成功。これはかなり美味しいです(笑)。でもイメージ的には伝統の「ロリギッタス」のトマトソース!つまりこれってお祝いの時に戴くパスタです。

翌日はテレビ朝日での収録。番組内容は言わないのが良いと思うのですが、テレビ朝日で深夜に放送されている人気番組「なら≒デキ」が、6月18日という日曜日ほぼ夜7時のゴールデンでやる特番に出演です。この番組「一流の人に無茶ぶりをする」企画番組で、先だっては「中村孝明さんが腕自慢の子供と料理対決する」みたいなことをやっていましたね。今回、誰が対戦するのかは内緒ですが、私は審査員です。六本木へGO!
a0041150_09042106.jpg
テレビ朝日の入り口、けっこう楽しい遊び場ですね。
a0041150_09045848.jpg
さすがゴールデンの番組!きれいなスタジオ・セット!ピアノはスタインウェイでした。
a0041150_09082873.jpg
a0041150_09072162.jpg
審査員は誰か、公表しても良いでしょう。私のほかは青柳いづみこさん、米津真浩くん。そして進行役はクラシック業界にも多くのファンを持つ聡明な大木優紀アナ、輝いていますね。
a0041150_09090976.jpg
ぜひオンエアをお楽しみに!と言いつつ、私の出番はカットされているかもしれませんね(笑)。以前同様の番組で友人の三舩さんがその憂き目にあっています。さ、どうなりますか(笑)。

帰ってからは、久しぶりにゆっくりとした食事。美味しいものを食べてないわけではないですが、ゆっくり和やかに戴くのは久しぶりです。となると天麩羅の「中山」さん。人形町の私の家族のようなお店です。さりげなく出される野菜が旨い。
a0041150_09115334.jpg
フキだって、こんなに美味しいのよそには絶対にない!!お味が良い!
a0041150_09123449.jpg
天麩羅いっぱい。え?何が何だかわからない?ピーマンと人参と海老はわかるでしょ?
a0041150_09132017.jpg
では角度を変えて。実は海老3本、キス2枚、玉ねぎをやってもらいました。美味しい!幸せだ。
a0041150_09183252.jpg
〆の磯辺焼き!常連限定!これも大好きなんです。
a0041150_09192435.jpg
1つのヤマ場をこれで無事超えようとしています。次は7月!大変なことばかり。時間は待ってくれない。

by masa-hilton | 2017-05-31 09:33

7月の萩原貴子さんとのコンサートです

a0041150_10211939.jpg
a0041150_10260501.jpg
東京文化会館でのコンサート。今からとても楽しみです。ぜひよろしくお願いいたします。浜松でもあります。CDも予約販売が始まりました。どうぞよろしくお願いいたします。
a0041150_10214056.jpg


by masa-hilton | 2017-05-27 10:13 | コンサート・イヴェント告知

レコーディング順調です

22日、23日はヤマハホールで新しいソロCDのレコーディングでした。40周年を記念するもので、私の今年のメインイヴェントの1つです。22日、23日、そして29日の3日間ですが、室内楽や伴奏の時のように、ホールの響きが良ければ多少のことはOK!みたいなことはなかなか妥協はできず、贅沢なロケーションになりました。やはりピアノの録音として、最高の楽器と最高のホールというと(好みはあるでしょうけど)、何と言ってもヤマハホールは筆頭ですね。

レコーディングで1番困ることは録り残してしまうこと。実はコンサートもそうなのですが、時間内に出来るか?というのが何よりも大切なことなのです。今回は3曲、シューマンの謝肉祭、プーランクのナゼルの夜会、スクリャービンのワルツという内容。ピアニストの味や個性が前面に出る大人のプログラムでもあります。また3曲とは言いつつ組曲ですから、実際は33曲あります。初日にプーランク、2日目にスクリャービンと謝肉祭半分OKテイクが録れれば大丈夫でしょうという目算です。

2日目には雑誌「ショパン」の表紙の取材と撮影が入りますので、その辺りも流動的!まずは体力ですね!前日は上野松坂屋「銀座鳴門」で鰻。
a0041150_07574175.jpg
体力のためというよりは、ただの好みです、美味しいね!

初日は朝10時半に入るように起床、準備をしていたらアクシデントその1が勃発!!急に歯がトラブルでヤバイ!やはり演奏は歯に負荷がかかるんですよね、よく大事なコンサート前に割れたり折れたりしますが、行きつけの小林歯科に立ち寄ってからホールに向かうことになりました。コンサートにもいらして下さる鹿野先生とは仲良しだし、私の事情も承知だからバッチリ!

無事にホールにたどり着いて、サウンドチェックをやりだした時に今度は忘れものに気が付きました。う~ん、ま、なくても大丈夫なものですが・・・・あったほうが良い・・・・銀座は近いからと思ってタクシーで自宅に取りに戻りました。で、自宅についたら「鍵がない」(笑)。オーマイゴット!!ホールに置いてきた。

やはり演奏のことに頭が行っているから、ダメだ!!そのままそのタクシーでホールに戻り・・・・でも諦めない!!また自宅に戻って、今度は忘れ物はとりました(泣)!そしてまたホールへ。タクシー2往復!大散財!お?カネゴンの広告も泣いているではないか(爆笑)。
a0041150_07580248.jpg
でも解決しました、良かったです。散財はバカやったから仕方がないし、タクシーの運転士さんは幸せにしてあげられましたよね(笑)。誰かを幸せにできたならめでたし!対価を払えば良いことがあるものです。

何しろホールもピアノも良い状態なので、ゴキゲンなのです。今回もヤマハのアーティストサービスの皆さんに万全のケアを戴きました。心から感謝いたしております。鈴木俊郎さんの調律もパーフェクト。陣中見舞いを下さった皆さんもありがとう。
a0041150_07583192.jpg
初日はこうしたトラブルで、ずいぶん時間がとられましたが、結局はプーランク全部完了。他のレパートリーもOKテイクを3分の1は残せました。予定をかなり上回るぺースとなり、良かった良かった!そして人形町に戻り、少し遅めの夜ご飯。最近人形町に出来たトンカツの「冨士㐂」です。厚切りロースカツ定食1180円は安い!
a0041150_07581319.jpg
ホントにぶ厚い!!良いですね。お肉も値段色々で種類を選べます。
a0041150_07582235.jpg
「万豚」「紅虎」「まめとら」系のチェーン店だけど、ここは良いと思います。実はよく行っています。

朝ご飯は急いでいるので「松屋」の牛丼とかになってしまいますね。お肉は小皿を取って量を増やし(笑)!いただきました。
a0041150_07575186.jpg
昔に比べると結構おいしくなっているように思いますね。グルメのように言われていますが、私は「松屋」が近所にあれば生きていけると思います(爆笑)。

二日目も予定を上回るペース。もうあとちょっとというところまで出来ました。撮影のほうも順調。カメラマンはいつもの巨匠!村尾昌美さんに来ていただきました。編集のカルビーナさんもいつもながら有能ですし、こちらもとても楽しく進みましたよ。
a0041150_08033670.jpg
やはり最高のスタッフと準備でのぞむことができたことが、順調な勝因ですね。心から感謝いたします。録音はお気に入りのナミレコードです。
a0041150_07594689.jpg
終了後は管理人さんが鰻屋さんでプチ打ち上げをしてくれました。まだ途中ですからね(笑)、安心するのは早いですが。で、銀座の鰻と言えば「ひょうたん屋」。関西風ながら美味しくいただける名店です。ここは「竹」を注文するのが常連。値上げしたけど2600円は今どきお値打ち。旨い!落ち着いた~~。
a0041150_07584056.jpg
美味しく頂きました。さて続きも含めまして、頑張ってまいりたいと思います。CDは年内リリースになると思います!ぜひお楽しみに!!

by masa-hilton | 2017-05-25 07:04 | 日々の出来事

月刊「ショパン」6月号、対談は同級生

a0041150_00233626.jpg

今月のショパンは留学についての特集だね。いやあ、留学という名の勉強期間は、人生で一番楽しい時期ですよね。真面目に勉強しても良し、遊び狂っても良し!こんな楽しい時期は2度と来ないんだから、思い切り謳歌すべきだとおじさんは思います(笑)。外国の音楽祭の情報もあり、ムジカルタも載っています!

しかし毎回この雑誌を読むたびに思うのだけど、ピアニストっていっぱいいますね。ホントに!若いうちは、人の活動を見て焦ってしまうことも多々ありましたよ。でもそういう刺激を受けることは大事ですね。やはりがんばらないとどうにもならない世界ですから(笑)。刺激だけでなく活動へのヒントも吸収して、何事もポジティヴに身につけないとね。もちろん大変なエネルギーがいります!何事もやりすぎは注意!・・・ではあるかもしれません(笑)。

例えば一生懸命なあまり、または正しいことを論ずるがあまり、人間的な本質を見失ってしまうこともよくあります。ピアノなんか特に、閉じこもって必死で練習していくわけですから、何が大切かを忘れないようにしないといけない・・・とそこだけは気を付けています。たとえば今日の毎日新聞による学者先生の意見。私は右翼でも左翼でもないし、おまけに無神論者だからどの立場にもないけれど、それでもこれはひどいんじゃないか?と思ったよ。理屈はそうであったとしても。

少しでも若い人や仲間たちの手助けになるようにプロデュースとかを始めましたが、そういうことも空回りしないように心がけています。できることは僅かだし、何をやるにしてもみんなが喜んでくれるようにと。今月号には私がとりもった上野優子さんと中村あんりさんの、楽しそうな記事が掲載されていました!これは感謝です。

さて今回の対談の相手は小笠原智子さん。外国でしっかり教授におさまっている同級生、立派だと思います。実は彼女もムジカルタ音楽祭に招かれているんですよね。ちょうど良いので情報もいろいろ聞きました。やはりワインは最高らしい。

今回のお食事処は穴場の中の穴場です。銀座の「入母屋」さん、和食です。ここは何と!あの銀座「ライオン」の和食部門なんですよね。逆にサッポロビールのグループ企業ですから安心です。和食部門は高級感もあり、なかなか美味しい。ロケーションも良いですよ。また銀座「ライオン」はオペラ!ということでアルバイトさんも音大生やオペラ歌手の卵、支配人さんもクラシック通なのです。何度も行きたい場所です。

5種の前菜盛に続いて、ハマグリのお椀、お味も良いです。
a0041150_01142673.jpg
a0041150_01145686.jpg
刺身は真鯛の薄造り、本マグロ、ボタン海老。
a0041150_01173350.jpg
伊勢海老の焼き物です。俵のお赤飯がついた祝い膳です。
a0041150_01293002.jpg
桜道明寺蒸し、桜麩のかかった餡も旨いね。天麩羅はズワイ蟹とキス、ししとう。
a0041150_01294976.jpg
a0041150_01343679.jpg
赤貝の黄身酢かけ、これ大好きだなあ。
a0041150_01345449.jpg
桜エビのお蕎麦、とっても旨い!そして抹茶ケーキ。
a0041150_01351134.jpg
a0041150_01352508.jpg
なかなか良いコースだったように思いますよ。気軽にも食べられる和食ですし、個室も多くホントに穴場!オススメです。さて次回は實川風さんです、こちらもお楽しみに。

by masa-hilton | 2017-05-21 23:22 | 連載対談@お江戸で連談

来月は「ショパン」の表紙です

40周年ということもあり、久々に表紙になることになりました。何年か前に「レッスンの友」のほぼ最終号の表紙になりましたっけね。写真はレコーディングの合間に、ラフな感じでできればと思っています。ぜひぜひ登場をお楽しみになさってくださいね。

インタビューの中でおなじみの「オステリア・ブッピーノ」にも行き、シェフの日高さんも楽しく撮影。ちゃんと使われると良いなあ。そのまま打ち合わせに入りました。

いつもの鯵のミルフィーユ、定番ですね。美味しい。
a0041150_04343133.jpg
パスタは手長海老のトマトクリームソースと鴨肉のラグーソースでボロネーゼで。
a0041150_04350129.jpg
a0041150_04353178.jpg
メインは豚をポワレしたものです。こちらも美味しい。
a0041150_04360022.jpg
ちょうど録音を控えて練習の合間に食べ過ぎて、かなり太ってしまいました。レコーディングは体力勝負なのでやせるわけにもいかないね。

by masa-hilton | 2017-05-18 02:23 | コンサート・イヴェント告知

今年もやります!杉並公会堂での3大ピアノコンサート

今年もしっかり予定が組まれています3大ピアノコンサート。おかげさまでCDも好調で、たくさんの方に喜んで戴いております。ありがとうございます。

さて今年はまた面白い組み合わせ!実力みなぎるお二人と弾きあう、すごいコンサートになりそうです。ぜひお楽しみに!
a0041150_10364937.jpg
a0041150_10370161.jpg

by masa-hilton | 2017-05-16 23:30 | コンサート・イヴェント告知

レコーディングに向けて

今月末、何と豪華!銀座ヤマハホールで新しいCDのレコーディングを3日間行います。今回はソロCD。デビュー40周年にリサイタルを行うのも良いのですが、記念に残るもののほうを選びました。

曲はお弟子さんや共演者、そして周りにいる人たちから「それいいね」「それもっと弾いて」とリクエストを戴いた曲の中から選んでみました。シューマンの謝肉祭、プーランクのナゼルの夜、スクリャービンのワルツです。全編舞踏会のような、夜会というか、インヴィテーションを差し上げるような感じの豪華さもありますし、夜のイメージもあり恋のイメージもあり、ロマンティックなCDが出来上がるのでは?と楽しみにしています。

個人的にはパーティーならば幽霊船の舞踏会のような(笑)、レトロな豪華さと怪しさや妖気が出れば良いなあと思います。スクリャービンのワルツと言えば今は「かわいい若い女の子もきれいに弾いている」ようなレパートリーですけど、これほどセクシャルなものと結びついている曲はありません。生あたたかい肌から立ち上る蒸気のような(笑)、昔のピアニストはその辺りをちゃんと弾けるんだから凄い。シューマンもプーランクもそのお祭りの中に実在の人物が登場してきますので、表向きはロマンティックでステキな描写でも現実感があり「明確な悪意」なども盛り込まれているのです。過去の名演奏家たちも、そこを捉えた人たちだけが「大人の演奏」というか、1つランクの上のものを弾いていると思います。なかなか手ごわいですね(笑)。実在の人、現実の行為そのものを描くということは、作曲者にとってはナマナマしいことなのでしょうけど、時を離れた私たちにとっては、まさに死者たちの舞踏会そのものになります。亡くなった人がパーティーに来ていて、キスをされた夢を見たことがありますが、その感触の冷たかったことが忘れられません。もしかして、その夢がこの選曲に結び付いたかもね(笑)。変なアニメの見過ぎかもしれません。

さて人形町は神田明神のお祭りの合同祭。小雨が降っていましたが、そんなことは関係ない。
a0041150_16195459.jpg
久松町や小伝馬町のほうでも、お神輿が!!
a0041150_16194545.jpg
江戸っ子ですが「お祭り野郎」ではないんです。性格はお祭り男っぽいかもしれないけど、人が集まるところが嫌いだし(笑)。人が集まるところが嫌いで、よく演奏家などやっていますよね。人間の持つ矛盾こそがすばらしい!人生そんなものです。

CDは年内にリリースの予定です。ぜひお楽しみに!!

by masa-hilton | 2017-05-14 15:25 | 音楽・雑記

普段がいいと

私は社交的なように見えるのだけれど、本当はそうではないのです。だからパーティーとか宴会や接待は苦手。もちろん親しい人たちとの会は別の話ですが。けっこう、正直なところが顔に出ちゃうところが未熟者というか(笑)、歳を考えてもかなりヤバイ。普段が外食で人形町・日本橋のレベルが相当高いから、かなりゴージャスな接待をされても「うちの近所が旨い」と思ってしまうことも多々あり、どうもそれが顔に出ているらしいんだよね、ヤバくないか?とても失礼だし(笑)なるべくご辞退する方向が一番、でもそれでは人の輪も広がらずよろしくない。

お祝い事があってちょっと気分転換にコレドに入っている日本橋「鰤門」に再訪。一流なお寿司を比較的リーズナブルに戴けるお寿司の有名店だ。前回はテーブル席で一皿一皿出されるのが珍しく、好印象だったけど今回は普通という感じでした。行った時間が悪かったせいか、ちょっとシャリがホカホカというのも、一流店にあるまじきナメた姿勢だと思いますね。と言いつつ再訪はしたいお店なので、ぜひ改善されたし。
a0041150_14470393.jpg
a0041150_14473586.jpg
a0041150_14480554.jpg
キューブ状のガリ、大好きです。見れば見るほど崎陽軒のお弁当のタケノコに似ている。
a0041150_14483649.jpg
これという特徴はないのだけれど、吟味された素材のお寿司。セレブな空気は漂ってますね(笑)。そういう意味での充足感はあって、心静かに落ち着きます。
a0041150_14494103.jpg
a0041150_14501412.jpg
a0041150_14504424.jpg
a0041150_14513315.jpg
a0041150_14521563.jpg
a0041150_14524514.jpg
a0041150_14534238.jpg
a0041150_14541247.jpg
a0041150_14544281.jpg
でも結局そのあとに行った「江戸浜」さんで、味に関しては全然負けてないし、むしろ美味しいと思ってしまうんだよね。ガチャガチャした中で、やや会話も品がなくしている中で、一見粗雑そうに見えるけどそんなことはない。両方に行った管理人さんも同意見だ。またその会話の主が次期ノーベル賞候補の博士だったり、日本橋老舗の社長さんたちだったりするので、実は粋で手ごわい客筋に半端な仕事が許されるはずもない。
a0041150_14592577.jpg
a0041150_15000239.jpg
a0041150_15015937.jpg
貝類は特にオススメ。
a0041150_15030846.jpg
あら煮も最高!煮魚の味つけが江戸前なのです。
a0041150_15035217.jpg
普段がいいというのは、それが当たり前になってしまうと幸せだけれども、感覚も鈍る。何事にも感謝の気持ちが必要ですね。太田鮨にもまた行きたいなあ。

by masa-hilton | 2017-05-10 11:58 | 趣味&グルメ

萩原貴子さんのCD制作佳境に

オーボエの中村あんりさんのCDが完成、予約販売も始まりリリースを待つのみになっていますが、今はフルートの萩原貴子さんのCDの製作が佳境になってきています。深々と良い感じなのですが、本人たちの予想よりも若々しく激しい感じのエネルギーもいっぱいで、お楽しみいただける内容かと思います。長年の共演なので音楽づくりはその場で!ですので、その一瞬のテンションを捉えた感じというのでしょうか、今日やったらまた別の演奏になっているかもしれません。良いものがお届けできますように、がんばります。

さてさて打ち合わせは「ラ・シゴーニュ」のことが多いですね。お気に入りです。とても美味しい。
a0041150_03403356.jpg
日替わりの野菜ジュースも美味しいし、ご存知、中にキッシュなどが隠れた豪華なサラダ。
a0041150_03404541.jpg
フランス風のピザのような「タルト・フランベ」。周りにも出すお店が増えてきましたけど、ここが一番ですね。
a0041150_03405807.jpg
お昼のセットでは2種類楽しめますよ。
a0041150_03410937.jpg
メインは肉団子でした。これも美味しい。
a0041150_03411906.jpg
合わせ物のCDは本当に楽しいですね。自分としても共演者によって色の出し方が違ってきます。それは意識しているのではなく自然に。そこが醍醐味です。

by masa-hilton | 2017-05-08 03:27 | 日々の出来事

ゴールデンウィークと言えば

世の中が休みの日は人形町も連動して美味しいお店も閉めてしまう。でも最近は随分様子が変わってきていて、休日をずらしたり、なんだかんだ開いている店が増えてきたよね。祝日などは昔はそれこそ久松町のほうの「鳥元」さんにお世話になっていたけど、「鳥元」さんが祝日休むようなこともあって、今年のGWは「ザ・築地」さんにお世話になった。今年はこの後すぐまたソロのCDのレコーディングがあるから、その準備でこもって練習していたしね。
a0041150_15280515.jpg
「ザ・築地」は海鮮丼ではおそらく人形町では1・2を争うコスパの高いお店。種類も多く、肉天丼やカレーも「男めし」で、量も多くて「デカ盛り店」としても有名。チェーン店のようだが、しっかりと根を下ろして営業している感じだ。
a0041150_15273402.jpg
ま、とにかく「鳥天丼」とか凄すぎて、最近は歳だから少し遠慮気味に。まずは特大カツカレー(笑)。これは前にも食べたことがある。
a0041150_15265893.jpg
ま、こんな感じならよそにもあるよ。カツは大きめ、でも硬め。でもなんか上質な柔らかい肉が乗っているのは、逆に頼りなくて美味しくない。それもあってチキンカツカレーとかが好きだけど、とりあえず満足。さらに「腹ペコ向きの満腹カレー」という休日限定のものがあり、これの「ハヤシライス」があったので食べてみた。トンカツは同じだが、まずは意外にエビフライが大したもんだ。海老天丼もメニューにあるからね、ウフフ。それに「唐揚」も美味しい。よく塩味のキツイ唐揚げが多いが、ここはそういうこともなく!良いね。
a0041150_15292632.jpg
おまけにハヤシライスの中に吉野家の牛丼のようなお肉がギッシリ。1000円だし文句なし。でもこれはおなか一杯、一杯過ぎてそのあと爆睡に至り、その日は使い物にならなくなったよ(笑)。そしてすっかり顔も覚えられて、翌日は何と「鰻丼」。
a0041150_15300404.jpg
飲み屋の鰻だから、マーケットの鰻みたいではあるけども、ご飯も味噌汁も刺身もついて1000円だ。
a0041150_15323956.jpg
このオマケで出てくる刺身が意外といける。さすが海鮮丼が強いお店だね。
a0041150_15303687.jpg
そして「天丼とお刺身のセット」。天丼は海老2本キス2枚にイカ天。海老が2本いてくれて嬉しいね。
a0041150_15331011.jpg
もちろんお刺身付き。パッと見たときは少ない?とか小さい?とか思ったけど、これでちょうど良かった。
a0041150_15342457.jpg
食べ過ぎはイカン!で、最終日は鶏の唐揚の「タルタル定食」。「唐揚」美味しかったし、タルタルかけるの大好き。不味いはずがないメニューだ。
a0041150_15412046.jpg
大満足。これが一番好きかもだ。鶏の唐揚自体も普通サイズ。大き過ぎずちょうど良かったね、850円。
a0041150_15531108.jpg
こことはまた資本が違うんだけど、「築地食堂・源ちゃん」という似たようなお店もある。こちらはあちこちにあるチェーン店らしい。
a0041150_15534816.jpg
物によってだと思うけど、生のお魚は「ザ・築地」のほうが美味しいね。でも揚げ物はなかなか。前に行って牡蠣フライとアジフライを戴いた。
a0041150_15552135.jpg
けっこう「アジフライ」は絶品かもしれない。単独で頼むと2枚来る(笑)。
a0041150_15555156.jpg
というわけで、昼間は「ザ・築地」に行ったのに、夜は「築地食堂・源ちゃん」の揚げ物。海鮮フライセット。このお店の良いところは、私のように飲めなくてこういう定食を食べに来たお客にも、とても感じの良い接客なところだ。飲んでるお客は暴れているけど(爆笑)。
a0041150_16003753.jpg
イカフライがややフニャッとしていた以外は美味しい。とにかく貴重だよね、安く美味しく食べられるお店。
a0041150_15571542.jpg
時間がないので回転寿司の「海鮮三崎港」にも久々行きました。オープン当初のころ?はひどかったけど、最近はけっこう評判も良いみたいだ。
a0041150_16182180.jpg
a0041150_16183463.jpg
確かにひどくはなくなったね。でも一人で2500円ぐらいだったんですけど(笑)、高くないすか?それならもっと別のものを食べたほうが良かったよなあ。やはりこのお店とは相性が悪いみたいだ。

夜中はご存知「天下一」。麻婆豆腐の定食とか。眠いときには山椒で目が覚める。
a0041150_16024620.jpg
たまに食べるとここの餃子も美味しいね。ハーフサイズが良い。
a0041150_16032071.jpg
真夜中や早朝には「松屋」にもお世話になった。いつものように「カルビ焼肉定食」が定番。
a0041150_16054514.jpg
お肉は多めにもできるね、最近。多めにしてもらいました。
a0041150_16064879.jpg
豚肉のニンニク焼も悪くない。特に早朝だ(笑)。
a0041150_16071821.jpg
十割蕎麦かどうかわからないけど、24時間営業の立ち食い蕎麦の「はせ川」にもお世話になる。天麩羅は割と本格的に揚がっていますね。(セルフサービスなので写真が撮りにくく、これはけっこう前の写真です)
a0041150_16050779.jpg
というわけで、なんとも地味に暮らしたGWだったです。

忘れてはいけないのは、午前中に行けば必ずあるかな?「魚久」さんの焼いてあるお魚シリーズ、僅かですけど店先に並んでいます。その中でイカ!!!ウマ~~イ!マジに旨いです。大好きです。
a0041150_19314426.jpg
この写真は3月のものですが、今も販売してますよ。賞味期限は本日中、本日中と言えば、真夜中のお夜食。温かなご飯さえあれば!

by masa-hilton | 2017-05-06 14:22 | 日々の出来事